米国株決算

Duck Creek Technologies, Inc.(ダッククリーク)2021年第3四半期決算【DCT】

DCT2021-3Qtitle

2021年7月8日の引け後に損害保険業界向けのソフトウェアを開発するダッククリークテクノロジーズ(ティッカー:DCT)の2021年第3四半期決算発表がありました。

概要は以下の通りです。

  • EPS: 予想-$0.01に対し、$0.00
  • 売上高:予想6,381万ドルに対し、6,790万ドル
  • 売上高成長率:前年同期比+26%
  • サブスクリプション売上高:3,360万ドル(前年同期比:+56%)
  • 純ドルベースARR:133%
  • 2021年第4四半期EPSガイダンス:$0.01~$0.02
  • 2021年第4四半期売上高ガイダンス:6,850万ドル~6,950万ドル
  • 2021年通期EPSガイダンス:$0.07~$0.08
  • 2021年通期売上高ガイダンス:2.58億ドル~2.59億ドル

 

ダッククリークテクノロジーズ社IRページへのリンク

 

テンバガー候補title
【テンバガー候補】楽天証券で買える米国株、IPO後まだ若いピカピカ銘柄10選!【金の卵】こんにちは、赤虎です。 最近、プラットフォームのコア銘柄として投資していたズーム・ビデオが決算をミスる、という残念な出来事...

 

カンファレンスコール日本語訳

ダッククリーク・テクノロジーズ(Duck Creek Technologies, Inc. (NASDAQ:DCT) Q3 2021 Results Conference Call 2021年7月8日 5:00 PM ET

会社の参加者

ブライアン・デニェー – ICR社 IR担当

マイク・ジャコウスキー – 最高経営責任者

Vinny Chippari – 最高財務責任者

コンファレンスコール参加者

スターリング・オーティ(JPモルガン

トーマス・ロデリック(Stifel

クリストファー・マーウィン(ゴールドマン・サックス

サケット・カリア(バークレイズ

シェリー・グオ(BofA証券

ババン・スリ – ウィリアム・ブレア

アレクサンドル・ズーキン – ウォルフ・リサーチ

カイル・ピーターソン – ニーダム・アンド・カンパニー

ロバート・シモンズ – RBCキャピタル・マーケッツ

アレクサンダー・スクラー – レイモンド・ジェームズ

ピーター・ヘックマン – D.A.デビッドソン

オペレーター

ダッククリーク・テクノロジーズの2021年第3四半期および会計年度決算説明コンファレンスコールにお集まりいただきありがとうございます。現在、すべての参加者はリスニングオンリーの状態になっています。スピーカーのプレゼンテーションの後、質疑応答を行います。[オペレーターの指示】です。] 念のため、本日の番組は録画される可能性がありますので、ご了承ください。

本日のプログラムの司会者、インベスター・リレーションズのブライアン・デニーをご紹介いたします。どうぞよろしくお願いします。

ブライアン・デニヨー

本日は、5月31日に終了した2021年度第3四半期のダック・クリークの決算説明会にお越しいただきました。本日の電話会議には、ダック・クリークの最高経営責任者であるマイク・ジャコウスキーと、ダック・クリークの最高財務責任者であるビニー・チッパリが参加しています。当社の業績に関する詳細な情報は、本日発表したプレスリリースに掲載されており、当社ウェブサイトの投資家情報セクションでご覧いただけます。本日の電話会議は録音されており、会議終了後に再生することができます。

この電話会議での発言には、当社の財務状況、製品、顧客需要、事業、COVID-19の当社事業への影響などに関する将来の見通しに関する記述が含まれます。これらの記述は、リスク、不確実性、および仮定を前提としており、本日時点での経営陣の予想に基づくもので、将来的に更新されない可能性があります。したがって、これらの記述は、その後のいかなる時点においても、当社の見解を表すものとして依拠されるべきではありません。

また、投資家の皆様に追加情報を提供するために、特定のNon-GAAP財務指標を参照しています。非 GAAP 型財務指標と GAAP 型財務指標の調整表はプレスリリースに掲載されていますが、主な差異は株式報酬費用、無形資産の償却費、偶発的なアインアウト負債の公正価値の変動、およびこれらの調整に関連する税効果です。

それでは、マイクに電話をおつなぎします。

マイク・ジャコウスキー

ブライアン、ありがとうございます。ダッククリークは、SaaSプラットフォームであるダッククリークオンデマンドの需要拡大に支えられ、第3四半期も高水準の業績を維持していることを報告します。世界の損害保険業界はクラウドへの移行を進めていますが、当社はSaaS市場をリードしていることで、このトレン ドから大きな恩恵を受けています。

まず、第3四半期の業績について簡単に説明しますが、すべての指標でガイダンスを大きく上回っています。総売上高は、前年同期比26%増の6,790万ドルとなりました。これは、SaaSからの収益であるサブスクリプション収益が3,360万ドルとなり、前年同期比で56%増加したことに支えられています。また、当四半期の調整後EBITDAは550万ドルとなり、利益を計上しました。

損害保険市場のすべてのセグメントで、引き続き強い需要があります。当四半期に契約した案件の中には、スペシャリティラインの保険および再保険の世界的なリーディングカンパニーであるAXIS Insuranceとの重要な契約も含まれています。AXISは、Duck Creekのオンプレミス版の既存顧客であり、Duck Creek OnDemandを選択することで、オンプレミス版で新製品を発売するよりも早く新製品を市場に投入し、ビジネスの成長を促進するために当社への投資を拡大しています。この新しい契約により、AXISはクラウドへの重要な第一歩を踏み出し、SaaSプラットフォームとしてDuck Creek OnDemandを活用しています。

また、Duck Creek OnDemandを購入した既存のティア1のお客様は、Duck Creek OnDemandプラットフォームの導入範囲を拡大しています。これは、当社のSaaSプラットフォーム上で新しい製品ラインを6ヶ月以内に迅速に展開した、このティア1キャリアの大きな成功に基づくものです。この重要な拡大は、ティア1の保険会社がSaaS技術を継続的に採用している例であり、大規模な顧客との間に無限の可能性を秘めていることを示しています。

また、当四半期には、特殊な保険商品の引受会社であるArgo Groupが、Duck Creek OnDemandのポリシー、請求書、クレーム、業界コンテンツ、インサイト・ソリューションの導入に取り組んでいることを発表しました。Argo社は、生産性の向上と経費削減のために、テクノロジーとアプリケーションの統合と簡素化を目指す複数年計画の一環として、Duck Creek OnDemandを導入しています。

当社のパートナーエコシステムは、Duck Creekのオープンアーキテクチャの力を活用して、顧客がパートナーのソリューションと簡単に統合できるようにしています。当社は、最も広く利用されている損害保険業界のデータおよびサービスソリューションに対する製品化された統合の広範なコレクションを構築しており、これにより市場投入までの時間を短縮し、顧客に魅力的な業界機能を提供することができます。

当四半期には、これらの新機能を利用することを選択したお客様からいくつかのアップセルを獲得しました。特に、Builders Mutual社とCore Specialty Insurance社がその一例です。テキサス州で労働者災害補償保険を提供している Tier2 の大手保険会社である Texas Mutual 社は、9,000 以上の代理店の登録、コンプライアンス、報酬を管理するために Duck Creek Distribution Management を採用しました。

また、34州で事業を展開する特殊な保険会社であるTopa Insuranceは、Duck Creek Reinsurance Managementを活用して出再を管理します。私たちは、これらの保険会社と協力して、それぞれのビジネス戦略をサポートできることを楽しみにしています。これらの受賞はいずれも、顧客にこれまで以上の価値を迅速に提供するための適切なツールを求めているキャリアを表しています。このような考え方は、6月上旬にバーチャルで開催されたvFormationユーザーズカンファレンスでもはっきりと示されました。昨年から仮想環境に移行して以来、3,000人以上の参加者が継続的に交流し、ベストプラクティスを共有したり、ビジネスを改善するためのダック・クリークの能力について学んだりする、活気あるコミュニティを構築してきました。

今年のイベントのテーマは「Creating The New Standard」で、通信事業者が現在および将来のお客様のニーズに合わせてビジネスを改革できるような、柔軟なビジネスアプローチへの移行が始まっていることに焦点を当てました。私たちは、新基準を技術的な文書やタスクのチェックリストとは考えていません。むしろ、通信事業者が既存の静的なビジネス戦略から、柔軟で予測可能なサービスモデルへと移行するための実証可能な能力であると考えています。

私たちがお客様からいただく一貫したご意見は、現在のITスタックとハードコードされたビジネスルールが、加速する市場の変化への対応を妨げているというものです。基調講演では、米国の全保険料の約40%が営業費と損害調査費に費やされているという、目を見張るような統計を紹介しました。これは過去10年間で大きく変化しておらず、キャリアが現在のテクノロジーソリューションから効率的な利益を得られなくなっていることを意味しています。レガシーITシステムのアップグレードの60%は、近代化の過程でキャリアのビジネスの何らかの側面を破壊することになりました。61%の保険会社が、新製品のアイデアから導入まで6〜12ヶ月かかっていると回答しています。これは、今日のダイナミックな市場においては、あまりにも長すぎると言えます。また、保険会社の3/4が、テクノロジーと人をより人間中心に融合させるために、顧客体験を再構築する必要があると考えています。

簡単に言えば、基幹システムの現状維持は不可能だということです。保険会社は、新しい顧客の嗜好や行動に迅速かつ大規模に対応するためには、基幹システムが柔軟性と使いやすさを備えていなければならないという認識を強めています。通信事業者のデジタルトランスフォーメーションへのアプローチはさまざまですが、Duck Creek OnDemandは、通信事業者がそれぞれの状況に最も適した方法を簡単に取ることができるように設計されています。当社のローコードプラットフォームは、プロセスルールの開発を外部に委託し、キャリアが反復可能でカスタマイズ可能なエンドツーエンドの製品工場を確立できるように設計されており、製品ルールを迅速かつシームレスに反復することができます。

このアプローチの実例として、UPC保険が挙げられます。UPC保険は、Duck Creek OnDemandを利用して、中核となる代理店ビジネス向けの新製品を含む新しいデジタルプラットフォームを立ち上げただけでなく、新しい保険スタートアップ「Skyway Technologies」の立ち上げを発表しました。Skywayは、UPCにとって全く新しい販売チャネルであり、オムニチャネルを通じて消費者に直接販売します。消費者は、合理的で使いやすいデジタル購入プロセスを経て、2分以内に拘束力のある見積もりを発行することができます。ダッククリークの最新デジタルプラットフォームを活用することで、UPCは数ヶ月で新しいビジネスモデルを立ち上げることができました。これは、お客様がダック・クリークの上で行われた既存の投資から価値を高める新しい方法を素早く見つけ出すことができるという素晴らしい例です。

また、Duck Creek OnDemandプラットフォームが継続的に採用され、お客様が成功を収めていることにも非常に満足しています。当四半期には、IAT、Auto-Owners Insurance、American National、The Doctors Companyなど、業界を代表する企業を含む20社のお客様がDuck Creek製品の導入に成功しました。ここで、当社の保険技術におけるリーダーシップを示す具体的な事例をいくつか紹介したいと思います。

米国第2位の民間乗用自動車保険会社であるGEICO社が、50州すべてでDuck Creekを利用した自動車およびオートバイ事業の展開を完了したことを発表できることを誇りに思っています。GEICO社は、卓越した顧客サービスを提供するという彼らの継続的な取り組みをサポートするために、保険契約と請求に関するコアプラットフォームを近代化するという非常に野心的な戦略を実行しました。GEICOは、Duck Creek Policy and Billingのライセンスを取得し、当社のソリューションをMicrosoft Azure Cloudに導入して、顧客と契約者にカスタマイズされたシンプルなユーザーエクスペリエンスを提供する基盤としました。そしてGEICOは、2017年に開始して以来、Duck Creekの利用を拡大し続けています。このコミットメントは、GEICO社との継続的なパートナーシップと実証済みの成功の上に成り立っています。現在、GEICOは数百億ドルの書き下ろし保険料をDuck Creek上で展開しており、これは大手Tier1パーソナルライン保険会社の中で、新しいコアシステムを全社的に展開する際の新たなベンチマークになると考えています。この成功により、GEICOは将来の顧客要求の変化に迅速に対応し、卓越した顧客サービスを提供できるようになりました。

また、米国以外の地域でも成功を収めています。法律事務所に専門家賠償責任保険を提供している Lawcover 社での展開が成功したように。2020年度第4四半期の決算説明会で発表したとおり、Lawcover社は基幹システムの近代化に向けてDuck Creek OnDemandのフルスイートを選択しました。我々は、Lawcover社がわずか11ヶ月で我々のコアスイート、保険金請求、クレームの本番稼動に成功したことを発表できることを誇りに思います。

最後に、この四半期には、The Hartford社がDuck Creek OnDemand SaaSプラットフォーム上で、2つの州で新しい個人向け自動車保険商品の展開に成功し、重要なマイルストーンを達成しました。この新しい技術プラットフォームとHartford社の商品設計を組み合わせることで、現代のデジタルで柔軟な体験を顧客に提供し、Hartford社の個人向け保険の成長を促進することができます。私たちは、Hartford社とのパートナーシップを誇りに思っています。

ダッククリークのプラットフォームの力を認めているのは、お客様だけではありません。先日、独立した業界アナリストであるXCelent社から、EMEAの損害保険部門において、ダッククリーク・クレームが最先端のクレーム技術とサービスとして2つの賞を受賞したことを嬉しく思います。XCelent社は、Duck Creek Claimsのユーザーとのディスカッションで、システムの機能性とスピード、そして顧客とのパートナーシップに対する我々の全体的なアプローチが重要な差別化要因であると評価しました。

当社のソリューションは現在も優れていますが、お客様に提供する価値を高めるために、当社のプラットフォームや製品への投資を続けています。その一例として、オンデマンドの運用・開発機能への投資があります。この機能は、IT運用やDevOpsプロセスの合理化・改善を目的としたツールやソリューションをお客様に提供するものです。これは、お客様のITオペレーションチームが、Duck CreekのSaaSアプリケーションと、そのアプリケーションを中心に構築された拡張機能や統合機能を、独立して変更、監視、制御できるようにするユーティリティです。コントロール・ハブは、オペレーターがSaaS環境を管理し、Duck Creekアプリケーションのステータスと健全性を一箇所で確認できるワンストップショップとして機能します。

また、当社は製品の機能拡張に引き続き注力しており、一般的な保険事業に特化した機能を追加しています。最近では、労災保険市場を対象としたいくつかの拡張機能をリリースしました。これにより、保険会社は医療費請求書の承認、負傷者への給付金の計算、規制機関へのデータ報告をより効率的に行うことができます。

第4四半期以降に向けて、私たちはDuck Creekのビジネスチャンスに大きな期待を寄せています。損保会社の間では、クラウドへの移行に対する関心がかつてないほど高まっており、Duck Creekは業界で選ばれるSaaSプラットフォームとしての地位を確立しています。当社は、ローコード・プラットフォームへの投資を継続していくことで、保険会社にとっての価値をさらに高め、顧客が求めるプロダクト・イノベーションやサービス・エクスペリエンスの提供を可能にしていきます。当社はこの数十億ドル規模の市場機会に早くから参入しており、予見可能な将来にわたって高水準の利益成長を実現できると確信しています。

それでは、CFOのVinny Chippariにお話をお伺いします。Vinny, over to you.

ヴィニー・チッパリ

ありがとう、マイク。本日は、2021年度第3四半期の業績の詳細と、第4四半期および通期のガイダンスについてご説明します。第3四半期の総収益は、前年同期比26%増の6,790万ドルとなりました。総収益のうち、SaaS製品のサブスクリプションのみで構成されるサブスクリプション収益は、前年同期比56%増の3,360万ドルとなりました。

当四半期において、サブスクリプションはソフトウェア収入の79%、総収入の49%を占めています。オンプレミス型ソフトウェアからの収入であるライセンス料250万ドルと保守料630万ドルは、予想通り緩やかな成長を示しており、総収入の13%にまで減少しています。サービス収入は、前年同期比6%増の2,560万ドルでした。サービス収入は予想通りで、いくつかの大規模なサービス契約を開始したことにより、前四半期から顕著に増加しました。

2021年5月31日時点のSaaS ARRは、前年同期比64%増の1億2,400万ドルとなりました。SaaS ARRは引き続き強い勢いを示しており、当社のSaaSビジネスの強さを反映しています。注意点として、SaaS ARRは、期間の最後の月に収益を計上しているサブスクリプション契約のスナップショットであり、タイミングによって影響を受けることがあります。

例えば、当四半期における最大の案件は、当四半期中に収益を計上しなかったため、5月31日時点のARRには含まれていません。

2021年5月31日時点のSaaSの純ドルリテンションは133%で、最近の過去の範囲を大きく上回っています。これは、高い売上維持率、既存顧客への新製品の販売、およびSaaSプラットフォーム上ですでに運用されている製品のDWPの拡大が組み合わさった結果です。これは主に、既存顧客へのいくつかの大規模な販売と、最初にディストリビューション・マネジメントを購入した顧客へのコア・システムのアップセルによるものです。以前の電話会議でも述べたように、当社の長期的な売上には、土地の購入と拡大の機会が比較的バランスよく含まれていますが、パイプラインの進行状況に応じて、期間ごとに変化することがあります。現時点では、第4四半期には正味のドル保有額が過去の水準に戻ると予想しています。

では、損益計算書をさらに詳しく見てみましょう。これらの指標は、特に明記されていない限りNon-GAAPベースであり、プレスリリースにはGAAPベースの財務情報とNon-GAAPベースの財務情報との調整表が掲載されています。まず、GAAPベースでは、当四半期の売上総利益は4,020万ドルで、営業損失は54万4,000ドルでした。また、加重平均発行済み基本株式数1億3,160万株に基づく当期純損失は35万7,000ドル、1株当たり0.00ドルとなりました。

非GAAP基準の業績に目を向けると 当四半期の売上総利益は4,220万ドル、売上総利益率は62.2%でした(前年同期は59.2%)。当四半期の加入者利益率は68.5%となりましたが、これは特定のタイミングで発生した項目と、引き続き加入者収入が堅調に推移したことによる規模の拡大効果によるものです。新規採用のタイミングや新規案件の再調達による売上総利益率の好転は、第4四半期には減少する見込みです。当社は、サブスクリプションマージンが引き続き好調であることに満足していますが、特定の契約の収益認識開始のタイミングや新規導入の初期段階での費用計上のタイミングなどにより、四半期ごとに変動する可能性があることをお伝えしておきます。サブスクリプションマージンは、SaaSプラットフォームのスケーラビリティとパフォーマンスを示す重要な指標であると考えています。

当四半期のサービス・マージンは45%となり、予想を上回りました。これは、プロフェッショナル・サービスの売上が前四半期に比べて増加したことと、この分野の従業員数が増加したタイミングに起因しています。当四半期のサービス・マージンは45%となり、予想を上回りました。これは、プロフェッショナル・サービスの売上が前四半期に比べて増加したことと、プロフェッショナル・サービス部門の従業員数が増加したタイミングによるものです。

次に、営業費用について説明します。研究開発費は1,250万ドル(売上高の18%)で、売上高に対する比率は前年同期比で若干減少しました。研究開発費が前年同期比で22%増加したのは、お客様に付加価値を提供する製品ソリューションや機能への継続的な投資を反映したものです。セールス&マーケティング費用は1,090万ドル、売上高の16%で、売上高に対する比率としては前年比でわずかに減少しました。前年比20%の増加は、米国および国際市場における市場開拓のためのリソースを継続的に拡大していることを反映していますが、COVID-19の影響により、出張関連費用や一部のマーケティングプログラムは引き続き通常の水準を下回っています。

販売費及び一般管理費は1,410万ドル、売上高の21%で、前年同期の18%から上昇し、予想通りの結果となりました。販管費が前年同期比で増加したのは、主に8月のIPO後に発生し始めた公開会社の費用に関連しています。今年度に入り、販売費及び一般管理費の対売上高比率は低下しており、今後も高いレバレッジ効果が期待できるコスト領域であると考えています。

第3四半期の調整後EBITDAは550万ドルで、ガイダンスを大幅に上回りました。これは主に、収益が予想を上回ったことと、コストが予想を下回ったこと、および新規採用のペースに関連した費用が発生したことによるものです。当四半期の調整後EBITDAマージンは、前年同期の7%から8%になりました。当四半期の調整後EBITDA利益率は、前年同期の7%から8%に上昇しました。これは10四半期連続で調整後EBITDAを黒字化したことを意味し、高水準の加入者数増加を収益につなげる能力を示しています。

当四半期の非GAAPベースの1株当り当期純利益は、完全希薄化後の加重平均発行済株式数約1億3,520万株に基づき、0.03ドルでした。

貸借対照表とキャッシュ・フローについて説明します。当四半期は、3億7,200万ドルの現金、現金同等物、および短期投資を保有し、引き続き無借金経営を続けています。当四半期のフリー・キャッシュ・フローは660万ドルで、予想通りの結果となりました。

最後に、第4四半期の業績見通しをお知らせします。総売上高は6,850万ドルから6,950万ドルを見込んでいます。サブスクリプション収入は3,200万ドルから3,250万ドルを見込んでいます。調整後の売上総利益率は59%から59.5%を見込んでいます。調整後のEBITDAは350万ドルから450万ドル、非GAAPベースの純利益は150万ドルから250万ドル、完全希薄化後の1株当たり0.01ドルから0.02ドルと予想しています。

21年度通期の見通しは、総売上高を2億5,800万ドルから2億5,900万ドル、サブスクリプション売上高を1億2,400万ドルから1億2,450万ドルと予想しています。調整後の売上総利益率は60.5%から61%と予想しています。調整後のEBITDAは1,560万ドルから1,660万ドルと予想しています。また、非GAAPベースの純利益は960万ドルから1,060万ドル、完全希薄化後1株当たり0.07ドルから0.08ドルを見込んでいます。

なお、第4四半期のガイダンスには、SaaSのARR計算から除外していた契約が終了したことによる影響を反映しています。この契約が終了することは以前から指摘しており、21年度のガイダンスにも反映されています。短期的には、この契約を含む前年同期と比較すると、サブスクリプション売上の前年同期比の成長率に影響があります。

最後になりますが、ダッククリークは当四半期も好調でした。我々は、この事業の業績と将来への展望に満足しています。損害保険業界のクラウド化が加速する中、Duck Creek OnDemandが広く採用され、関心を集めていることも追い風になっています。私たちは、この再構築の初期段階にあり、今後数年間、強力なサブスクリプション収益の成長と収益性の向上を実現するための素晴らしいポジションにあると信じています。

それでは、質疑応答の時間を設けたいと思います。オペレーター?

質疑応答

オペレーター

[オペレーターの指示に従ってください。] 最初の質問は、JPモルガンのスターリング・オーティさんからお願いします。

スターリング・オーティ

GEICOの展開は業界でどのくらい知られているのでしょうか?もし知られているのであれば、ガイドワイアが数年前にNationwideが稼動したときに経験したようなインバウンドコールの増加を目にするようになったのでしょうか?

マイク・ジャコウスキー

ありがとう、スターリング。そうですね、よく知られていることだと思います。正確な日付は覚えていませんが、数年前にプレスリリースを発表しました。というのも、GEICOは我々のプラットフォームで成功を収めてから公開することを望んでいたからです。しかし、その後、私たちは発表しました。しかし、このたびGEICO社が全米50州での展開を完了したことを発表できたことを、大変誇りに思うとともに、大変うれしく思っています。

個人向け保険業界の他のトップティア1キャリアがどのような取り組みを行っているかを見てみると、GEICO社との間で5年以内にこのような全面的な展開を行った当社の能力と比較して、これは業界をリードするものであり、ダッククリークのプラットフォームの能力を実証するものであると考えています。

スターリング・オーティ

それは納得ですね。1つ補足があります。ガイドワイアと同様に、あなた方を利用してクラウド・プラットフォーム上で新製品を市場に投入した企業が多数あることを発表しましたね。これらの企業の成長に伴い、これらの契約から得られる可能性のある収益貢献の増加について、どのように考えればよいでしょうか?

マイク・ジャコウスキー

新しいスタートアップビジネスの収益貢献度を見ると、スターリング社の場合は、自律的に運営されているビジネスラインであることが多いと思います。そのため、最初の契約機会は比較的小さく、時間の経過とともに大きくなっていきます。しかし、ほとんどの場合は、大手のTier1キャリアが小規模なビジネスから始めて、クラウドの経験を積もうとしています。そして、本当のチャンスは、既存のビジネスをOnDemandプラットフォームに移行することだと考えています。

繰り返しになりますが、多くのティア1キャリアが、新規事業を立ち上げたり、小規模な事業を立ち上げたりして、クラウドを使いこなそうとしています。

運営者

次の質問は、Stifel社のTom Roderickさんからです。

トーマス・ロデリック

GEICOに関するSterling氏の質問に、私も少し答えたいと思いました。複数の回線に展開されているという点だけでなく、50州すべてに展開されているという点から、規制に関する問題や、キャリアが州から州へと移動する際の課題が浮かび上がってきました。このような複雑な問題をどのように解決したのか、また、このような拡張を考えている他の通信事業者にどのように適用できるのかについて、少しお話いただけますか?また、クラウドはこの問題にどのように関わってくるのでしょうか?

マイク・ジャコウスキー

ご質問ありがとうございます。GEICO社への導入の詳細については触れたくありませんが、ダッククリークの優位性と、競合他社よりも早く州ごとの導入を実行できることを強調したいと思います。また、私たちはローコードプラットフォームについてよく話しています。ローコード・プラットフォームの要素のひとつに、「継承」という技術用語があります。これにより、通信事業者は、製品セット全体や製品のルールを継承し、そこからわずかな変更を加えるだけで、新しい派生製品を発売したり、新しい州で発売したりすることができるようになります。

レガシー技術では、通信事業者はハードコードされたロジックを多く持っています。ニューヨーク州であれば、これを行い、このドキュメントを発行する。カリフォルニア州であれば、このドキュメントを発行します。当社のプラットフォームでは、共通のルールセットをよりシームレスに再利用することで、キャリアが複数の州で非常に迅速かつ最小限の労力でサービスを開始できるようにしています。これがローコード・プラットフォームの真の利点だと思います。

Thomas Roderick

はい、それは素晴らしいですね。素晴らしい詳細ですね。それから、ヴィニー、ガイダンスとディスカッションポイントで強調されていましたが、長い間期待されていた契約の1つが、実際には次の四半期に解消されることになっています。サブスクリプション収入のガイダンスにはそれが反映されているように思います。純ドルリテンションやARR、その他の付随的な指標について、どのように考えればよいでしょうか。

また、特定の顧客については、その顧客はもう記録に残らないのでしょうか?それとも、将来的に別の製品ラインでその関係を維持、拡大する機会がまだあるのでしょうか?

Vinny Chippari

最初の質問は私が担当しますので、顧客関係についてはマイクに聞いてください。Accenture社を切り離したときから、最終的にはこのアカウントがなくなることがわかっていたので、ARRと純ドル保持率の両方の指標から、常に意図的にこのアカウントを除外してきました。そのため、この契約の収益源がなくなっても、2つの報告指標には影響しません。

ただ、ARRの伸びと契約収入の伸びの間に存在していたギャップは、来年以降、その契約の影響がなくなるにつれて、まとまってくるでしょう。ご指摘の通り、この契約はガイダンスで考慮されており、利用料収入以外の他の2つの指標に影響を与えることはありません。

マイク・ジャコウスキー

はい。トム、あなたの質問の後半部分についてだが、彼らは戦略を変更したため、この契約を更新しなかったか、ロールオフした。しかし、このお客様とは強い関係を維持しており、他のビジネス分野でもダッククリークの製品を使い続けています。私たちは、この顧客との関係を拡大することを強く望んでいます。

運営者

次の質問は、ゴールドマン・サックス証券のクリス・マーウィンさんからお願いします。

クリストファー・マーウィン

大口顧客の意思決定プロセスに関連してお聞きしたいことがあります。GEICO社との取引では、その拡大について言及されていましたね。これまでは、特定のビジネスラインのオーナーがどのシステムを使用するかを独自に決定するという、非常に分散化されたアプローチがとられていたと思いますが、これらの大規模な企業では、システムをクラウドに移行するベンダーを選ぶ際に、より集中化されたプロセスが見られるようになってきたのでしょうか?このパターンには何か変化がありますか?また、GEICOのような大きなロゴ企業での成功については、どのように考えればよいのでしょうか?

マイク・ジャコウスキー

そうですね、クリス、どちらもあります。意思決定をより集中的に行う傾向があると思います。もちろん、保険会社も、すべての企業と同様に、調達や企業全体の組織化に投資しています。しかし、保険会社の中には、特に大手のTier1企業のように、独自の意思決定が可能なP&Lや分散型のオペレーティング・ビジネスを持つことに誇りを持っている企業もあることを忘れてはなりません。

このような保険会社では、分散型の意思決定が行われており、独自の意思決定権を持っていると思います。その場合、企業全体で情報を共有することもあるでしょう。しかし、私たちが拡大しているいくつかの大規模なティア1では、私たちがそのグループのリーダーや企業のリーダーと協力しているため、ダック・クリークでの成功を見て、より集中的な方法で幅広いコミットメントを行っていると思います。このことは、現在行っているいくつかの事業拡大にとって良い兆候だと思います。

クリストファー・マーウィン

よし、完璧だ。それから、ARRについてVinnyにフォローアップをお願いします。前四半期比で約600万ドルの改善があったようですが、これは明らかに大きな成果です。前四半期比での改善は、1年前に比べて少し少なくなっています。ただ、ここでの季節性をどのように考えればよいのでしょうか。当四半期に入ったり出たりする案件について、他に何か注意すべき点はありますか?その他、ARRに関連して注意すべき点があれば教えてください。

Vinny Chippari

はい。クリス、他にも…繰り返しになりますが、明らかに1四半期単位で見ると、案件の規模が大きかったり小さかったりするので、連続的な変化にはあまりこだわらないようにしています。とはいえ、第3四半期は通常、季節的にやや低調です。第2四半期と第4四半期は、より強い季節性のある四半期です。特に第3四半期は、第2四半期の大型案件が第2四半期のARRに貢献し、第3四半期の大型案件が第3四半期に貢献しなかったため、前期はかなり好調でした。ですから、これはタイミングの問題であり、ARRの変化を1四半期だけでなく、もっと長い期間にわたって見ることを引き続き奨励したいと思います。

運営者

次の質問は、バークレイズのSaket Kaliaさんからお願いします。

サケット・カリア

マイク、最初にお願いしたいことがあります。ここ2、3四半期のコンバージョン活動の増減について、少しお話いただけないでしょうか。あなたは、コンバージョンは顧客主導型であり、必ずしもダック・クリーク主導型ではない、と明確に述べています。しかし、今期、コンバージョンに関する会話のペースに何か変化があったかどうか気になります。これは意味のあることでしょうか?

マイク・ジャコウスキー

そうですね、サケット。ペースが変わったと言えるかどうかはわかりません。それは、お客さまの戦略に焦点を当て、お客さまがどのようなビジネス目標をお持ちなのかを把握し、お客さまが新しい製品を市場に投入したり、これまでとは異なる方法でデジタル変革を行ったり、新しいチャネルを立ち上げたりといった戦略的な変曲点を迎えたときに、お客さまをオンプレミスからクラウドやダッククリークオンデマンドに移行させるための努力を惜しまないということです。

私たちは、この戦略がうまく機能していることを実感しています。私たちは、お客様がクラウドを採用することについて、お客様と非常に有意義な会話をしています。また、先日発表したAXIS保険との事例のように、お客様のビジネス戦略と、そのビジネス戦略を加速させるために当社がどのように支援できるかについて、お客様と非常に有意義な会話をしています。

このように、私たちは重要な進展を遂げていると言えます。今回のAXISの発表により、Duck Creek OnDemandのコアソリューションを有意義な形で移行・採用しているオンプレミス型のコアカスタマーは7社となりました。これは良い進歩だと思っています。ただ、このアプローチでは、私たちがタイミングをコントロールできないことに注意してください。タイミングをコントロールするのはお客様であり、私たちはこの方法で戦略を進めていくつもりです。

Saket Kalia

はい、わかりました。Vinnyさん、あなたへのフォローアップですが。GEICO社との契約に注目が集まっているのは明らかですね。全米50州で契約が成立したことは素晴らしいことです。しかし、先ほどマイクが言っていたのですが、確か5年計画で展開していたと思います。そこで、ARRへの貢献がどのように機能するのか、お話しいただけますか?特定の顧客について詳しく話したくないのはわかりますが、ロールアップが完了したということは、今期のARR貢献にも意味があるのでしょうか?それとも、ARR貢献のほとんどは、過去にロールアウトが行われた際に発生したものなのでしょうか?

Vinny Chippari

まず、GEICOとSaketに関連する話ですが、これは2017年にライセンス契約を結んだものなので、ARRの数字には含まれていません。しかし、もっと一般的に言えば、当社の大規模なティア1アカウントは、多くのアカウントで継続的に増加していますが、特にティア1アカウントでは、新製品を追加したり、システムにDWPを追加したりしています。

そのため、1つの簡単な参考資料として、純ドルリテンションがあります。多くの場合、ドル保持率が上昇するのは、大口顧客への継続的な展開や導入量の増加に基づいています。ですから、大口顧客の成長に伴って時間の経過とともにARRドルが追加されることと、純ドル保持率に貢献することの両方が見られると思います。

運営者

次の質問は、バンク・オブ・アメリカのブラッド・シルズさんからお願いします。

シェリー・グオ

ブラッド・シルズさんに代わって、シェリー・グオです。シルズさんについてお聞きしたいのですが。国際的なビジネスチャンス、特にヨーロッパとアジア太平洋地域でのビジネスチャンスについてお聞きしたいと思います。当四半期におけるこれらの地域の需要環境や注目すべき活動について、何かご意見があればお聞かせください。

マイク・ジャコウスキー

Sherry、ご質問ありがとうございます。海外での投資は引き続き順調に進んでいます。COVIDの影響と出張がまだ増えていないことから、ヨーロッパ大陸での進展にはまだ慎重になっていますが、アジア太平洋地域ではLawcoverの稼動開始やパイプラインがかなり強化されていることから、引き続き成功を収めています。

また、欧州では、大規模なティア1企業のお客様との話し合いに非常に満足しています。これらのお客様は、欧州地域で新製品を発売したり、デジタルトランスフォーメーションを実現したりする新しい機会を求めています。これは22年度に入ってからも役立つと考えています。このように、今後もさまざまなことが起こるでしょう。今回の投資では、すぐに結果が出るわけではなく、22年度以降に成果が出てくるものもあると考えています。

シェリー・グオ

そうですね。また、新規獲得やアップセルに関して、製品別に見た非中核資産の割合を教えてください。また、近い将来および長期的に、この傾向はどのようになるとお考えですか?

マイク・ジャコウスキー

はい。非中核製品の割合については、四半期ごとの数字や詳細は公表していません。しかし、ここ1~2年の予約状況を見ると、大まかに言って、予約の約75%がコアシステム(保険契約、請求書作成など)によるもので、その後、非中核の追加資産が約25%となっています。そして、それが私たちが見てきたものです。今のところ、この傾向はしばらく続くと思います。非中核製品を拡大する機会も検討していますので、時間とともに変化するかもしれません。しかし、今のところ、この傾向は私たちにとって安全な前提だと思います。

質問者

次の質問は、ウィリアム・ブレアのBhavan Suriさんからお願いします。

Bhavan Suri

今回もお疲れ様でした。欧州での事業拡大について少し触れたいと思いますが、製品面に焦点を当ててみましょう。歴史的に見ても、ヨーロッパはクラウドの普及や成長という点で米国に比べて遅れていると言われています。これまでの実績を見ると、いくつかの優れた実績がありますが、これは投資成長の分野であり、そこでの販売は、クラウドのアイデアだけでなく、ローコード、ノーコードのアイデアを好む福音主義者がどれくらいいるのでしょうか。ローコード・ノーコードは米国で話題になっています。まったく新しい方法で導入し、顧客に独自のルールやワークフロー、テンプレートなどを管理させるというものです。ヨーロッパのお客様との間では、このような会話はどのように行われているのでしょうか?遅れているのか、それとも理解し始めているのか、実際にフライホイールが少しずつ動き出しているのか。ヨーロッパへの投資について、需要と受容の観点から、どのように展開しているのか、どのように見ているのかを考えてみてください。

マイク・ジャコウスキー

いい質問ですね。確かにタイムラグはありますね。その理由の1つは、大規模なグローバル・ティア1の顧客との対話を進めていることだと思いま す。ヨーロッパではフライホイールが回り始めていると言えるでしょう。4、5年前にさかのぼると、ヨーロッパではSaaSを受け入れていましたが、本当はオンプレミスのサービスを 求めていたと思います。

今日、私たちのパイプラインを見てみると、彼らはSaaSに非常に前向きですが、オンプレミス型のサービスも 求めています。彼らはこの2つのバランスを取っているわけですが、私たちはオンプレミス型の製品を提供することはありません。つまり、ヨーロッパの新規顧客にオンプレミスのインストールという選択肢を与えることはありません。これは私たちにとってちょっとした逆風になると思います。しかし、市場の動きはかなり早いと思います。特に、パンデミックを乗り越え、旅をして、実際に会って、ヨーロッパでより効果的にブランドを構築し始めると、その効果は大きくなると思います。そして、いくつかの証明が得られれば、市場の状況は大きく変わると思います。

Bhavan Suri

ありがとうございます。それは助かります。私が予想していたように、ラグの部分が少し出てきましたね。サイバー攻撃の機会についてお話ししたいと思います。以前にもこの話をしましたが、最新の情報を教えてください。このようなサイバー攻撃やランサムウェアなどの話題を耳にすることが多くなりました。この質問には2つの側面があると考えています。1つ目は、お客様が「サイバー保険商品が必要だ」とおっしゃっていることです。そして2つ目は、それにどう対処するかということです。そのためのアルゴ、データ、保険数理などの作業は行われているのでしょうか?というのも、これは本当に初期の段階で、ネットワークがどのようにセキュリティベースになっているのか、セキュリティにどのくらい投資しているのかなど、その要因がわからないからです。あなたがどのように考えているのかわかりませんが、例えば、あなたの顧客がそこで提供する製品について考えているかどうかを知りたいのです。今日は明らかに小さなDWPですが、これは成長分野になるかもしれません。その中でDuck Creek OnDemandは、製品の観点からどのように位置づけられるのでしょうか?

マイク・ジャコウスキー

そうですね。私たちは、Duck Creekでサイバー商品やサイバー保険を提供している、非常に大規模で成功したサイバー保険会社数社と提携しています。このような保険会社と仕事をするとき、私たちは商品の定義、価格設定、販売方法に重点を置いて仕事をしています。というのも、すべての通信事業者がサイバーリスクの分析にどのように取り組んでいるかを見ると、使用している手法やデータ、プロバイダーなどが非常に異なっており、中にはサイバーについての考え方が異なるものもあります。

この製品は急速に成長しています。当社の製品構成能力は、多くの通信事業者に、市場に合わせてカスタマイズできるという自信を与え、それがダック・クリークの強みになっていると思います。また、Duck Creek社はインシュアテック業界にも目を向けています。この分野でデータや分析を提供している企業は数多くあります。その中には非常に魅力的なものもあります。中には、保険会社が試しに使ってみて、その後、別のものに移っていくものもあります。

私たちが目指すのは、エコシステムを継続的に採用し、これらのプロバイダーを簡単に接続できるようにすることです。これは、使用ベースの保険のために、運転手が高度なアルゴリズムを使用して価格設定できるようにするために、従量課金制のプロバイダーを接続するのと同じです。このように、すべてのインシュアテック・プロバイダーに対してオープン・アーキテクチャのアプローチを維持することが、私たちの戦略となります。

運営者

次の質問は、ウォルフ・リサーチのアレクサンドル・ズーキンさんからです。

アレクサンドル・ズーキン

ダッククリークを採用した新規顧客が新しいロゴを立ち上げ、新しいブランドを立ち上げるというスターリング氏の質問に、最初の1つだけ質問させてください。新しいロゴが採用された割合を考えると、コアシステムの変更やリプレースではなく、そのような活動から得られたものはどのくらいあるのでしょうか?

マイク・ジャコウスキー

というのも、さまざまなキャリアがさまざまな戦略をとっているのを目の当たりにしているからです。私たちは非常に満足しています。例えば、今回発表したAXISとの取り組みは、長年にわたってオンプレミス型の関係を築いてきたものです。彼らは、何か新しいものを素早く市場に投入するという新しい戦略を持っており、オンデマンドが非常に迅速に何かを成し遂げることができると考えました。これは、当社のオンプレミス製品に多くの経験をお持ちの既存のお客様と協力した例です。

しかし、新しいロゴマークに関しては、新しいビジネスチャンスを立ち上げるものではなく、既存のビジネスを再構築するものがほとんどです。既存の製品を再構築しているだけなのです。ですから、当社のパイプラインを見てみると、非常に楽しみにしているのですが、新しいロゴの機会の多くはデジタルトランスフォーメーションだと思います。例えば、保険金請求やクレーム処理のシステムを交換したいと考えています。また、新しいチャネルや販売のフロントエンドとデジタル機能を備えたものも必要です。今でもそのような機会が大半を占めていると言えるでしょう。

アレクサンドル・ズーキン

分かりました。大変参考になりました。それから、Vinnyさん、2つの指標について少し掘り下げてみてください。第3四半期にあった最大の案件が今期の数字に含まれていないというコメントがありましたが、今期のSaaSのARRへの影響をもう少し詳しく、あるいは大まかに把握することはできませんか? 大まかにどのような影響があったのでしょうか? また、この数字はどのように変化したでしょうか。また、2Aの質問で申し訳ありませんが、ガイダンスをご覧になる際に、サブスクリプション売上に計上されていない案件がどの程度あるのかを大まかに覚えておいていただければと思いますが、もしそうでなかった場合、前四半期比ではどの程度の成長率になるでしょうか。

Vinny Chippari

はい。2番目の質問については、守秘義務の観点から、契約終了時の金額の詳細をお伝えすることができません。ですから、そのようなことはできません。成長率への影響については、最近の成長率、つまり第4四半期のガイドに対する四半期成長率を見ると、これが変化の大部分を占めていることがわかります。しかし、金額面での具体的な詳細をお伝えすることはできません。これに関連して……すみません、質問の最初の部分を思い出してもらえますか?

アレクサンドル・ズーキン

四半期ごとのARRの伸び。

Vinny Chippari

四半期ごとのARRの伸び。はい。繰り返しになりますが、特定の案件の金額についてはコメントしたくありません。しかし、1四半期や2、3、4四半期よりも長い期間を見て、四半期ごとの平均値を見てみると、1つの案件が四半期ごとにどのように変動するか、その影響がどのようなものかを知ることができると思います。

前にも言いましたが、コアシステムの案件は数百万ドルから一桁台前半から半ばの金額になる傾向があります。このような案件は、四半期ごとに変動するため、少しずつ大きくなっていきます。だからこそ、第2四半期には大きな取引があったのに、第3四半期にはそれほどでもなかったのです。

質問者

次の質問は、ニーダム社のマヤンク・タンドンさんからお願いします。

カイル・ピーターソン

実はカイル・ピーターソンがマヤンクさんに代わっています。私からの質問は1つだけですが、皆さんが行っているアップセルの進捗状況が非常に好調であることを確認したいと思います。既存顧客へのアップセルのうち、顧客が製品を追加したことによるものと、DWPを追加したことによるものとでは、どの程度の差があるのか、もう少し詳しく説明していただけないでしょうか。

マイク・ジャコウスキー

まず第一に、アップセルとクロスセルの能力に非常に満足しており、特にこれらの大規模なティア1のお客様で拡大を続けています。これは、お客様がDuck Creekで成功を収め、その成功に基づいてさらに購入していただいていることを示すものだと思います。お客様の中でどのように成長しているのか、それが新製品なのか、プレミアム商品なのか、あるいは新しい部門やビジネスラインなのか、その割合を示す情報はありません。

しかし、私が言いたいのは、会社の中の新しい部門、新しい地域や新しい部門へのライセンス供与が、私たちの主なアップセルの機会であるということです。そしてその次が、主要な主力製品のクロスライセンスです。この2つが大きな原動力になると思います。さらに、通信事業者が保険料を増額すれば、より多くの収益(加入料収益)を得ることができます。しかし、これは階段状になっているので、収益貢献という点では3番目になるでしょう。以上、大まかな順番をご紹介しました。

運営者

次の質問は、RBCキャピタル・マーケッツのロバート・シモンズさんからお願いします。

ロバート・シモンズ

私はRishiさんに代わります。第4四半期の売上総利益率の見通しについてお聞かせください。前四半期比でかなり急激に減少しているように見えます。これは単に採用のタイミングによるものなのでしょうか、それとも何か他に注意すべき点があるのでしょうか?

Vinny Chippari

ご質問ありがとうございます。第4四半期の利益率の低下は一段落しました。これは、第4四半期がより典型的であるかどうかよりも、第3四半期が異常に高かったことに起因しています。第4四半期の利益率の低下は、第3四半期が異常に高かったことによるもので、第4四半期が典型的なものになるかどうかというよりは、第3四半期が異常に高かったことによるものです。これには、主に雇用のペースに基づいて非常に高くなっていた契約マージンが、第4四半期にはより正常な範囲である60%台半ばまで下がるという前提が含まれています。

さらに、第4四半期にはサービスマージンの若干の低下を見込んでいます。しかし、現在の稼働率が非常に高いため、長期的にはサービスマージンを下げることに依然として取り組んでいますが、第4四半期は合理的に — かなり堅調に推移し、少し下がるかもしれませんが、第3四半期から大きく下がることはないと思います」と述べています。

ロバート・シモンズ

了解しました。次に、売上総利益率について、シングルテナントとマルチテナントの違いをどのように考えればよいでしょうか。また、今後数年間において、粗利益率はどの程度の影響を与えるでしょうか?

マイク・ジャコウスキー

現在、私たちはマルチテナントサービスの成功と、その利用率に満足しています。しかし、多くのお客様は依然としてシングルテナント方式を選択されています。しかし、多くのお客様がシングルテナント方式を選択されています。当社としては、お客様が当社のマルチテナント・プラットフォームへの移行に不安を感じているにもかかわらず、それを無理強いするようなことはしたくないと考えています。つまり、私たちは、本質的にはミックスモードで動いている状態なのです。マルチテナントのお客様もいれば、シングルテナントのお客様もいます。マルチテナントの顧客もいれば、シングルテナントで多くのDevOpsや自動化を行っている顧客もいます。混合モードでは、マルチテナントの効率性を十分に発揮することができません。

そのため、現在の当社の長期計画では、マルチテナント化による利益率の向上には取り組んでいません。これまでにも述べてきましたが、購買行動や移行の状況を見ていると、ほとんどの場合、当社がサービスを提供している通信事業者のITオペレーションの成熟度に関連していると思います。もしそれが変化し始め、マルチテナント化がさらに進むようであれば、もちろんマージンプロファイルを見直すことになるでしょう。しかし、今はまだ、そのような約束はできません。

運営者

次の質問は、Raymond JamesのAlex Sklarさんからです。

アレックス・スカラー

マイク、大局的な業界の質問ですが、幅広いIT予算についてはどうでしょうか。今年の保険料でIT予算はまったく伸びなかったのでしょうか?また、その中で、コア・モダナイゼーション製品に向けられるIT予算のウォレット・シェアは増加していますか?

マイク・ジャコウスキー

業界のことを聞いていただけて嬉しいです。それは私にとって重要なことです。IT予算は堅調に推移していると思います。成長しているかどうかはわかりませんが、デジタルトランスフォーメーションや基幹システムのリプレースが、特にパンデミックを乗り越えた後も、大手保険会社の最優先課題であることから、堅調に推移しているのだと思います。

さて、業界とパンデミックの影響を見てみると、業界全体の成長率はやや低下していると言えるのではないでしょうか。歴史的に見ると、米国の保険料の伸びは平均して4.5%から5.5%でした。2020年には約2.5%の成長となりました。これは主に、パーソナルラインの自動車保険料が減少したことによるものです。約10%の減少です。

これらの保険会社に見られるのは、積極的に予算を変更していないということです。デジタルトランスフォーメーションへの投資は継続しています。しかし、実際にはコアの変革に投資しています。その結果、当社ではパイプライン全体が強化されました。当社のパイプラインはこれまでと同様に強力で、前四半期比で成長を続けています。このように、業界がデジタルトランスフォーメーションとテクノロジーへの投資に注目し続けていることに、私たちは非常に満足しています。

アレキサンダー・スカラー

ヴィニー、SaaSのARRについてもう1つ質問があります。特にサブスクリプション売上(年率換算)とSaaS ARRの差は、4四半期前以来の大きさになっているようです。契約満了が1つの要因であることは分かっていますが、他にもこの差に影響を与えているものがあれば詳しく教えてください。

Vinny Chippari

契約のタイミング以外には、特にありません。もちろん、最大の影響はレガシー契約の影響で、それ以外は単にタイミングの問題だと思います。

オペレーター

最後の質問は、デビッドソンのピーター・ヘックマンさんからお願いします。

ピーター・ヘックマン

マイケル、最後のポイントである、DWPの過去の成長率についてです。市場の価格設定が硬くなってきている、あるいは特定のラインでかなり硬くなってきていることを考えると、DWPの成長率はおそらく今後2~3年で4~5%を超えると思われますか?

マイク・ジャコウスキー

業界全体がそうなるかどうかは分かりませんが、ピーター。私は、コマーシャルラインの成長を期待しています。コマーシャルラインは、市場のおよそ半分、あるいはもう少し少ないと考えています。現在、コマーシャルラインの成長率は、労災保険が足を引っ張っています。労災保険は給与に直接結びついているため、過去2年間で約5%縮小しています。しかし、市場が硬直化していることから、来年はコマーシャルラインの保険料の伸び率が高くなると思います。しかし、何とも言えません。

ダッククリークにとっての良いニュースは、これまでにも言ってきましたが、厳しい市場では、保険会社は保険料を取る場所や方法、保険料の上げ方などについて、より明確にしようとします。そのためには、より優れたテクノロジーが必要であり、商品設計の柔軟性、データの使用やデータの視覚化によるプライシングアルゴリズムの柔軟性が求められます。そして、それは常にテクノロジーの話につながります。今回の厳しい市場は、通信事業者との間で交わされている、テクノロジーのバックプレーンに関する会話や、市場の硬直化に対応して戦略を実現するために当社がどのように支援できるかという会話に、間違いなく役立っていると思います。

ピーター・ヘックマン

なるほど、それは参考になります。パンデミック後に旅行やT&Eが再開され、私たちがマーケティングを再開するのを見て、通常の状態に戻るには100ベーシスポイントほど必要でしょうか?それとも、海外でのマーケティング活動が活発になることを考えると、もっと大きくなるのでしょうか?

Vinny Chippari

いいえ、必ずしも大きくなるとは思いません。1、2四半期前には、売上の1ポイント程度の影響があると考えているとコメントしていたと思います。この影響は、ほとんどがセールス&マーケティング部門に含まれています。ですから、22年度に入ってからは、売上高に対する影響が少しずつ戻ってくると思います。

マイク・ジャコウスキー

加えて、プロフェッショナル・サービスについては、利益率の低い再建費用を取り戻すため、若干の影響があると思われます。

運営者

以上で本日のプログラムの質疑応答を終了します。それでは、マイク・ジャコウスキーさんにプログラムをお渡しして、ご発言をお願いします。

マイク・ジャコウスキー

ありがとうございました。皆さん、第3四半期決算説明会にご参加いただきありがとうございました。最後に、現在の業績と市場での成功に非常に満足していることを強調したいと思います。これは、当社のDuck Creek OnDemand製品に対するお客様の関心が高まっていることを反映していると考えています。保険業界が基幹システムのクラウド化を進める中で、当社は有利な立場にあるだけでなく、保険会社がクラウドを活用して迅速にイノベーションを起こせるよう、業界全体の移行を可能にし、リードしていると確信しています。改めて、本日ご参加いただいた皆様に感謝いたします。ありがとうございます。どうか安全で健康で元気でいてください。お気をつけて。

オペレーター

本日のカンファレンスへのご参加ありがとうございました。これでプログラムは終了です。これでプログラムは終了です。ありがとうございました。

ABOUT ME
赤虎めだか
こんにちは。【赤虎めだか】です。 よろしくお願いします。 ・アラフィフ(男) ・うお座のB型 ・職業:BPMコンサルタント ・副業で太陽光発電所を2基 ・グロース銘柄を中心に米国株投資を実践 ・趣味はめだかのブリーディングと焼き物(食器)集め