米国株ニュース

Royalty Pharma plc(ロイヤリティ・ファーマ)会社概要 日本語訳(3)【RPRX】

RPRX会社概要3タイトル

ロイヤリティー・ファーマの会社概要日本語訳の第3回です。

1回目、2回目の記事はこちらになります。

 

RPRX会社概要日本語訳1タイトル
Royalty Pharma plc(ロイヤリティ・ファーマ)会社概要 日本語訳(1)【RPRX】MY銘柄の中軸、ロイヤリティ・ファーマのCorporate Presentation(会社概要)の日本語訳です。 この会社...

 

RPRX-corporate-presentation2タイトル
Royalty Pharma plc(ロイヤリティ・ファーマ)会社概要 日本語訳(2)【RPRX】ロイヤリティー・ファーマの会社概要日本語訳の第2回です。 第1回目の記事はこちらになります。 https://mas...

 

※日本語訳に関してはDeepL翻訳を使用し、一部加筆・修正を行っております。

以下、プレゼンテーション資料の出典はロイヤリティーファーマIRホームページ(https://www.royaltypharma.com/download-center

ご参考になれば幸いです。

 

ROYALTY PHARMA Corporate Presentation(May 2021)

製品、TA、ブルーチップマーケターに分散している(P.21)

RP Corporate Presentation (May 2021)_21

<左図>

  • 2020年 製品別ロイヤリティ収入

<中図>

  • 2020年治療分野別ロイヤルティ収入
    • 希少疾病:24%
    • 癌:22%
    • 神経学:16%
    • 伝染病:14%
    • 糖尿病:9%
    • 血液学:6%
    • 心臓病学:4%
    • その他:4%

<右図>

  • 2020年マーケター別ロイヤルティ売上高

 

トップラインとボトムラインの両方の観点からの多様性

 

業界をリードするブロックバスター製品への露出(P.22)

RP Corporate Presentation (May 2021)_22

濃色:最終市場での売上が30億ドルを超える製品

淡色:最終市場での売上が10億ドルから30億ドルの製品

ロイヤリティーファーマは大企業のバイオファーマに比べて圧倒的に多くのブロックバスター製品(最終市場での売上高が10億ドル以上)に直接アクセスできる

 

変革をもたらす医薬品を常にポートフォリオに補充していくこと(P.23)

RP Corporate Presentation (May 2021)_23

グラフ:10億ドル以上のブロックバスターズの数

2011年:10→2015年:11→2020年:21

市場をリードする新製品を加えることで持続的成長を実現する差別化能力

 

長く耐久性のある特許寿命によるポートフォリオ保護(P.24)

RP Corporate Presentation (May 2021)_24

ロイヤリティ・ファーマ・ポートフォリオの加重平均
平均ロイヤリティ期間は約15年

2025年以降の特許寿命を持つ製品が30以上

 

2021年第1四半期のロイヤルティ総収入は19%の伸び(P.25)

RP Corporate Presentation (May 2021)_25

表はプロダクト別のロイヤリティ収入額と成長率Y/Y(@Q1,2021)

 

2021年第1四半期の調整後キャッシュフローの力強い転換(P.26)

RP Corporate Presentation (May 2021)_26

2021年第1四半期 調整後キャッシュフロー(Non GAAP)

  • 項目左から:
    • ロイヤルティ収入:6.49億ドル
    • 非支配持分:-1.26億ドル
    • 調整後受取現金収入(非GAAP基準):5.24億ドル
    • 営業費用およびプロフェッショナル費用:-0.42億ドル
    • 研究開発費:-0.03億ドル
    • 利息-純額:-0.63億ドル
    • その他:-0.07億ドル
    • 調整後のキャッシュ・フロー(非GAAP基準):-4.09億ドル
  • 調整後キャッシュレシート:営業コスト=8.0%、ACF=78.1%

 

60億ドルの無担保社債を魅力的な利率で発行することに成功(P.27)

RP Corporate Presentation (May 2021)_27

<左図>

加重平均クーポンレートがバイオファーマの中で最も低い

バイオファーマの中央値 3.19%

<右図>

バイオファーマの同業他社と同等の加重平均残存期間

バイオファーマの中央値 11.9年

 

ロイヤルティー・ファーマ社には特有の競争力がある(P.28)

RP Corporate Presentation (May 2021)_28

表の上段から:【RP:ロイヤリティーファーマ、O:その他のバイヤー】

  • 規模と多様性
    • RP:現在のポートフォリオは45製品以上
    • O:同等のポートフォリオは存在しない
  • 構造
    • RP:安定したキャッシュフローがあり、ポートフォリオ全体を活用できる上場企業
    • O:幅広いポートフォリオを活用できないシリアルファンド構造
  • 資本コスト
    • RP:無担保債務のコストは2.125%、推定加重平均資本コストは1桁台半ば
    • O:資産別の負債および株式のコストはともに1桁台後半から2桁台前半
  • 買収能力
    • RP:無担保社債および公開株式の資本市場へのアクセスが良好で、大型案件への対応力が高い
    • O:アセット・スペシフィック・デットや個人投資家からのエクイティに限定される
  • リサーチ力
    • RP:バイオ医薬品に特化した、経験豊富なベテランチーム
    • O:ヘルスケアおよびその他の産業を対象とした複数の投資戦略
  • 業界との関係
    • RP:長年の協力関係、業界との深い関係
    • O:業界での歴史が浅い

 

 

ロイヤリティファーマは2012年以降、全体の60%のシェアを維持している(P.29)

RP Corporate Presentation (May 2021)_29

推定ロイヤリティ市場規模および取引額別シェア、2012年~2021年5月

濃色:ロイヤリティ・ファーマ

淡色:その他のバイヤー

 

2020年の取引活動は、2019年の強力な取引フローに基づいている(P.30)

RP Corporate Presentation (May 2021)_30

ロイヤルティ獲得のための年間現金支出額、2012-2020年

  • 2012年から2020年までのロイヤルティ獲得のための平均年間現金支出額:17億ドル

<下段上から>

  • 最大規模の買収
  • 取引の数

過去2年間の取引活動の多様性により、リスクプロファイルが低減し、目標に沿ったリターンが予測される

 

成長を続けるための明確な戦略プラン(P.31)

RP Corporate Presentation (May 2021)_31

<図版左から>

  • 承認された治療法
    • 市場をリードする承認された治療薬のロイヤリティを獲得する
  • 後期開発
    • 強力なPoCデータを持つ後期治療薬のロイヤルティ獲得
  • M&A
    • M&Aによるロイヤリティの獲得

 

新規ロイヤリティ獲得を促進するための強力なバランスシートの流動性(P.32)

RP Corporate Presentation (May 2021)_32
  • 2021年3月31日現在、18億ドルの現金、現金同等物および市場性のある有価証券を保有
  • 2021年第1四半期に5億2,100万ドルの資本を投入
  • 投資適格社債60億ドル
    • 総レバレッジ3.4倍
    • 純レバレッジ2.4倍

<右グラフ>

現金、現金同等物および有価証券

  • 現金および有価証券 2020年12月31日:19.92億ドル
  • 調整後キャッシュフロー:4.09億ドル
  • 買収:-5.21億ドル
  • その他:-1.02億ドル
  • 現金および有価証券 2021年3月31日:17.78億ドル

 

脚注(P.33)

RP Corporate Presentation (May 2021)_33

1)比較可能性を高めるために、2019年の各四半期の数値は、未監査のプロフォーマベースで表示されています。このプロフォーマベースでは、ロイヤルティファーマ社の組織再編取引(2020年6月17日にSECに提出された当社の最終目論見書(以下「目論見書」)に記載)および新規株式公開(以下「IPO」)が2019年1月1日に行われたかのように、特定のキャッシュフロー項目を調整しています。
2019年1月1日に行われていたことになります。プロフォーマ数値と報告数値の最も大きな違いは、組織再編取引によって生じた新たな非支配持分です。新たに発生した
組織再編取引により新たな契約上の非支配持分が発生し、プロフォーマベースでは過去の期間と比較して非支配持分に対する分配額が増加しています。
非支配持分に対する分配額が過去の期間と比較して高くなります。また、その他の製品のロイヤルティ収入、営業費用および専門家費用の支払額、支払利息(純額)、および以前の金利スワップに関連する支払額にも重要性の低い差異が生じています。
また、その他の製品のロイヤルティ収入、営業費用および人件費の支払い、支払利息(純額)、旧金利スワップ契約に関連した支払いも重要ではありません。

2)調整後現金収入は、キャッシュ・フロー計算書から直接入力して算出する指標で、(1)ロイヤルティ収入:(i)ロイヤルティ資産(金融資産および無形固定資産)からの現金回収、(ii)ロイヤルティ資産(金融資産および無形固定資産)からの現金回収、(iii)
ロイヤリティ収入:(i)ロイヤリティ資産(金融資産および無形固定資産)からの現金回収、(ii)その他のロイヤリティ現金回収、(iii)非連結子会社からの分配金、(iv)売却可能な負債証券からの収入、(iv)非支配持分への分配金を差し引いたもの
(非支配持分への分配金は、特定のレガシー投資家が保有していたロイヤリティ・ファーマ・コレクション・トラストの最小持分に帰属する過去の非支配持分への分配金、および非支配持分への分配金を表しています。
これは、特定のレガシー投資家が保有するロイヤルティ・ファルマ・コレクション・トラストの最小持分に起因する歴史的な非支配持分への分配、およびレガシー投資家に関連する2020年2月の交換取引の結果生じた新たな非支配持分への分配です。
パートナーシップによる旧RPIの約18%の保有に関連して、2020年2月の交換取引の結果、新たな非支配持分が生じました。追加の議論については、2021年2月24日に米国証券取引委員会に提出した当社のフォーム10Kによる年次報告書を参照してください。2021年5月11日付の当社のForm 8 KによるカレントレポートのGAAPからNon GAAPへの調整を参照してください。

3)調整後キャッシュ・フローは、調整後キャッシュ・レシートから(1)営業費用および専門的費用の支払い、(2)継続的な開発段階の資金の支払い、(3)支払利息(純額)を控除して算出しています。
(4) スワップ担保の差入・差受(純額)、(5) スワップ解約金、および(6) 非連結子会社への投資を控除し、さらに(1) 非支配持分の研究開発からの寄付を加えたものです。
これらはすべて、キャッシュ・フロー計算書に直接対応しています。

4) ロイヤリティファーマは、特定の金額を正確に予測・定量化することが本質的に困難であるため、現時点では 2021 年度の非 GAAP 方式のガイダンスを、最も直接的に比較できる GAAP 方式の指標である営業活動によるキャッシュ・フローに調整していません。
これは、調整に必要な特定の金額を正確に予測・定量化することが困難であるためで、主に営業費用や専門費用の支払い、非連結子会社からの分配金、受取利息などが含まれます。
の分配金、受取利息などです。当社は、現時点では、GAAPベースの営業キャッシュ・フローを予測するために必要なすべての調整を、合理的な確度で予測することはできません。
現時点では、GAAPベースの営業キャッシュフローを予測するために必要なすべての調整を合理的な確度で予測することはできません。

 

その他の詳細(P.34)

RP Corporate Presentation (May 2021)_34

脚注:

1.各製品のマーケティング担当者が報告した2020年暦年の最終市場での売上を表しています。市場関係者からの報告がない場合は、EvaluatePharmaの予測に基づいています。Crysvitaの売上はEMEAのみを表しています。ロイヤルティ収入は製品の業績に1四半期遅れて発生します。
ロイヤルティ収入は製品の業績に1四半期遅れて発生しますが、製品ごとに公表されているロイヤルティ率を前四半期の販売業者の純売上高に適用することで推定できます。

2. 嚢胞性線維症フランチャイズには、以下の承認済み製品が含まれます。Kalydeco、Orkambi、Symdeko Symkevi、Trikafta Kaftrio。
各製品のマーケティング担当者が報告した2020年暦年の最終市場での売上を表しています。市場関係者からの報告がない場合は、EvaluatePharmaの予測に基づいています。Crysvitaの売上はEMEAのみを表しています。ロイヤルティ収入は製品の業績に1四半期遅れて発生します。
ロイヤルティ収入は製品の業績に1四半期遅れて発生しますが、製品ごとに公表されているロイヤルティ率を前四半期の販売業者の純売上高に適用することで推定できます。

2. 嚢胞性線維症フランチャイズには、以下の承認済み製品が含まれます。Kalydeco、Orkambi、Symdeko Symkevi、Trikafta Kaftrio。

Kalydeco、Orkambi、Symdeko Symkevi、Trikafta Kaftrio。

3. HIVフランチャイズには、以下の承認済み製品が含まれます。アトリプラ、トルバダ、エムトリバ、コンプレラ、ストリビルド、ジェンボヤ、 デスコビ、オデフシーなど。Symtuza、Biktarvyが含まれており、ロイヤリティはエムトリシタビン部分の売上に対してのみ支払われます。

4.他のDPP IV製品からのわずかな貢献を含む。

5. 同一製品で複数のロイヤルティを得ている最終市場での重複販売を除く。Kombiglyze、Nesina、Onglyza、Soliqua。

6. その他の製品には、以下の製品のロイヤリティが含まれます:Bosulif、Cimzia、Conbriza Fablyn Viviant、Entyvio、Lexiscan、Mircera、Myozyme , Nesina , Priligy , Soliqua , Prezista , Thalomid です。その他の成長製品には、レガシーSLP権益からの拠出金、Mercken社からの分配金、Avillion社からの分配金が含まれています。
2020年に開発中止となったMerck KGaA社の抗IL 17ナノボディM1095(以下「Merck KGaA資産」)に関するAvillion社からの分配金、および
バイオヘブン社からのバイオヘブン社シリーズA優先株式の追加資金調達の行使オプションの失効に伴う支払い。

7.2021年1月にロイヤルティを取得。

8.omecamtiv mercarbilに関連する金融ロイヤリティ資産は、omecamtiv mercarbilの将来が不確実であることから、2020年12月31日に終了した3ヵ月間で償却されました。
omecamtivの将来の不確実性に鑑み、2020年12月31日に終了した3ヵ月間で償却しました。

 

まとめ:ロイヤリティーファーマはもっと注目されて良いと思う

以上、3回に分けてロイヤリティーファーマの概要について、会社のプレゼン資料を日本語訳してみました。

 

結論:もっと注目されて良い!

 

けど、伸びるのはジワジワくる感じでいいからね。

今後ともよろしくお願いします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

↓1回目、2回目記事はこちらから

RPRX会社概要日本語訳1タイトル
Royalty Pharma plc(ロイヤリティ・ファーマ)会社概要 日本語訳(1)【RPRX】MY銘柄の中軸、ロイヤリティ・ファーマのCorporate Presentation(会社概要)の日本語訳です。 この会社...

 

RPRX-corporate-presentation2タイトル
Royalty Pharma plc(ロイヤリティ・ファーマ)会社概要 日本語訳(2)【RPRX】ロイヤリティー・ファーマの会社概要日本語訳の第2回です。 第1回目の記事はこちらになります。 https://mas...

 

↓2021年第2四半期決算

 

RPRX-2021-Q2タイトル
ロイヤリティ・ファーマ(RPRX)2021年第2四半期決算2021年8月11日の寄り前にロイヤリティ・ファーマ(ティッカー:RPRX)の2021年第2四半期決算発表がありました。 概要は以...
ABOUT ME
赤虎めだか
こんにちは。【赤虎めだか】です。 よろしくお願いします。 ・アラフィフ(男) ・うお座のB型 ・職業:BPMコンサルタント ・副業で太陽光発電所を2基 ・グロース銘柄を中心に米国株投資を実践 ・趣味はめだかのブリーディングと焼き物(食器)集め