米国株決算

Microsoft Corporation(マイクロソフト)2022年度第1四半期決算【MSFT】

MSFT-2021-Q1-title

2021年10月26日の引け後にマイクロソフト(ティッカー:MSFT)の2022年度第1四半期決算発表がありました。

概要は以下の通りです。

  • EPS: 予想$2.08に対し、$2.27
  • 売上高:予想440億ドルに対し、453億ドル
  • 売上高成長率:前年同期比+21.8%
  • アジュール売上高:前年同期比+50%
  • プロダクティビティー&ビジネスプロセス部門売上高:予想147.1億ドルに対し150.4億ドル
  • インテリジェントクラウド部門売上高:予想165.8億ドルに対し169.6億ドル
  • モアパーソナルコンピューティング部門売上高:予想126.8億ドルに対し133.1億ドル

 

資料出典:Microsoft社IRページ

 

カンファレンスコール日本語訳

Microsoft Corporation (NASDAQ:MSFT) Q1 Fiscal 2022 Earnings Conference Call October 26, 2021 5:30 PM ET

会社の参加者

サティア・ナデラ – 会長 最高経営責任者

ブレット・イバーセン – ゼネラルマネージャー兼インベスターリレーションズ

エイミー・フッド:最高財務責任者

アリス・ジャラ:最高会計責任者

Keith Dolliver:デピュティ・ジェネラル・カウンセル

電話会議参加者

Keith Weiss – モルガンスタンレー

ブレント・ティル(ジェフリーズ

カール・キーステッド(UBS

マーク・モアードラー – バーンスタイン・リサーチ

カシュ・ランガン(ゴールドマン・サックス

ライモ・レンズチョー(バークレイズ

ブラッド・バック – Stifel

ブラッド・シルズ – バンク・オブ・アメリカ

オペレーター

マイクロソフトの2022年3月期第1四半期決算説明会の電話会議へようこそ。[この電話会議は録音されていますので、ご注意ください。それでは、司会者のブレット・イバーセン(ゼネラル・マネージャー兼インベスター・リレーションズ)をご紹介いたします。どうぞよろしくお願いします。

ブレット・イバーセン

本日はお集まりいただきありがとうございます。この電話には、会長兼CEOのサティア・ナデラ、チーフ・ファイナンシャル・オフィサーのエイミー・フッド、チーフ・アカウンティング・オフィサーのアリス・ジャラ、デピュティ・ジェネラル・カウンセルのキース・ドリバーが同席しています。このスライドデッキは、本日の電話会議における私たちの準備された発言を補足するためのもので、GAAPベースの財務指標とNon-GAAPベースの財務指標との差異を調整しています。

特に断りのない限り、この電話ではNon-GAAP指標を参照しています。提供されているNon-GAAP財務指標は、GAAPに則って作成された財務業績の指標に代わるもの、あるいはそれに勝るものと考えるべきではありません。これらの指標は、投資家の皆様に当社の第1四半期の業績をさらにご理解いただくために、これらの項目や事象が業績に与える影響を明確にするために掲載されているものです。

本日の電話会議で行う成長率の比較は、特に断りのない限り、すべて前年同期に関連するものです。また、為替変動の影響を除いた基礎的なビジネスの業績を評価するための枠組みとして、恒常為替レートでの成長率が入手可能な場合には、それを示します。成長率が同じで恒常通貨建ての場合は、成長率のみを参照しています。

準備された発言は、完全な記録が入手可能になるまで、通話終了直後に当社ウェブサイトに掲載します。本日の電話会議はウェブキャストでライブおよび録画されます。ご質問があれば、その内容はライブ配信、記録、および今後の録音の利用に反映されます。通話の再生や記録の閲覧は、マイクロソフトのインベスター・リレーションズのウェブサイトで行うことができます。この電話会議では、将来の事象に関する予測、予想、その他の記述である「将来予想に関する記述」を行う予定です。

これらの記述は、リスクや不確実性を内包する現時点での予測および仮定に基づいています。実際の業績は、本日発表した決算発表資料、電話会議でのコメント、ならびに米国証券取引委員会に提出したForm 10-K、Form 10-Q、その他の報告書および届出書の「リスク要因」の項に記載された要因により、大きく異なる可能性があります。当社は、いかなる将来予想に関する記述も更新する義務を負いません。それでは、サティアに電話をおつなぎします。

サティア・ナデラ

ありがとうございます、ブレット。2022年度は、マイクロソフト・クラウドの四半期収益が初めて200億ドルを突破し、前年同期比36%増となるなど、幸先の良いスタートを切ることができました。デジタルトランスフォーメーションの必要性は、かつてないほど切迫しており、明確になっています。デジタルテクノロジーは、インフレ経済の中で、デフレを食い止める力を持っています。大小を問わず、企業はテクノロジーを高密度に構築することで、生産性を向上させ、製品やサービスの価格を下げることができます。Microsoft Cloudは、この移行と変化の時期を乗り切るために企業が必要とするエンドツーエンドのプラットフォームとツールを提供します。

ここでは、Azureをはじめとするマイクロソフトのイノベーションと勢いの例を紹介します。すべての企業は、アプリケーションをどこでも迅速に構築、管理、展開するために、クラウドとエッジにまたがる分散型コンピューティングファブリックを必要とするでしょう。私たちは、Azureを世界のコンピューターとして構築しています。他のどのプロバイダーよりも多くのデータセンターリージョンを持ち、重要なデータ保持の要件に対応しながら、クラウドサービスへの迅速なアクセスを実現しています。

また、米国のAT&TやVerizon、欧州のTelefonicaやBG、アジア太平洋地域のTelstraやSingTelなどのモバイル事業者と提携し、新しいビジネスモデルを導入したり、超低遅延のコンピュートパワーやストレージをネットワークやエンタープライズエッジに導入したりしています。フォーチュン500社のうち78%が当社のハイブリッド製品を利用しています。また、Azure ANCにより、Nokia、Royal Bank of Canada、SKFなどのお客様は、エッジやマルチクラウド環境でアプリケーションを展開・実行することができます。

また、企業は、日々利用するミッションクリティカルなアプリケーションの電源としてAzure ANCを利用しています。G HealthcareとProcter & Gambleは今期、重要なワークロードをAzureに移行しました。また、ベルテルスマン、キンバリー・クラーク、NBAソフトバンク、ディセント・クロップなど、あらゆる業界の大手企業が、SAPのワークロードにAzureを採用しています。さて、データについてですが、組織におけるデジタルトランスフォーメーションの成功の主要な指標は、データを分析・予測バーに変換する能力です。

Azure Synapseは、データ統合、エンタープライズデータウェアハウス、ビッグデータ分析を包括的なソリューションとして提供します。Synpase Link for Dataverseを使えば、Power PlatformやDynamics 365などのビジネスアプリケーションのデータを数回のクリックで分析することができます。Synpase Link for Cosmos DBを使えば、業務データをETLなしでリアルタイムに分析することができます。また、Power BIを使えば、組織の誰もがこれらのインサイトにアクセスすることができます。現在、何千ものPower BIのアクティブなお客様がSynapseを利用しています。すべての企業は、これまで以上にデータ資産の全体的な理解を必要としています。

現在一般的に利用可能なAzure purviewは、フェデックスのような企業が、オンプレミス、マルチクラウド、SaaSのデータを管理し、統制するのに役立っています」と述べています。次に開発者についてですが、すべての企業がデジタル企業になると、既存のアプリケーションを近代化したり、新しいアプリケーションを構築したりするために、標準化されたツールが必要になります。GitHubからVisual Studioまで、あらゆるプラットフォーム上であらゆるアプリを構築するために、最も利用され、愛されている開発者ツールが揃っています。GitHubには7,300万人の開発者が参加しており、3年前の買収時に比べて2倍に増加しています。

ますます多くの企業がGitHubエンタープライズを選択し、開発者チームにソフトウェアの構築、出荷、保守のための最先端のプラットフォームを提供しています。今期だけで70以上のエンタープライズ機能を導入し、フォーチュン100社の84%がGitHubを利用しています。また、デジタルネイティブ企業や世界的に有名な企業の利用も増えています。PinterestからProcter & Gamble、StripeからSociety Generaleまで、私たちはAIの革新を急速に進めており、私たちの大規模なモデルは、会議の議事録やTeams、GitHubでの開発者のコーディング支援、Dynamics 365での次の最適なアクションなど、あらゆる場面で力を発揮しています。

また、機械学習が成熟していくにつれ、モデルのライフサイクルの管理やML opsが普及し、Azure MLはデータサイエンスチームの常用ツールとなっています。そして、エコラボからプロビデンス・ヘルスケアまで、大規模な組織がAzure AIを頼りに、顧客のニーズによりよく応えています。さて、Power Platformへ。Power Platformでは、ローコードやノーコードのツール、ロボティック・プロセス・オートメーション、バーチャルエージェント、ビジネスインテリジェンスなどにより、ドメインエキスパートが生産性を向上させることを支援しています。現在、Power Platformの月間アクティブユーザー数は約2,000万人で、前年比76%増となっています。

Power Appsは、ローコード・ノーコードツールでは誰もが認めるマーケットリーダーであり、現在1,000万人の月間アクティブユーザーを抱えています。Fortune 500企業の91%がアプリケーション構築にこのサービスを利用しており、3M、EY、GSK、Marks and Spencer、Sony、ZF Groupなど、129の組織が10,000人以上のユーザーを抱えています。さて、Dynamics 365についてですが、今後、すべてのビジネスプロセスは、データやAIを活用したコラボレーティブなものとなり、デジタルとフィジカルな世界の架け橋となります。Dynamics 365は、このハイパーコネクテッドなビジネスプロセスの時代の先駆けとなるものです。

私たちはDynamics 365でシェアを拡大し続けており、Rockwell AutomationやWillis Towers Watsonなどの企業が、組織全体でデータやインサイトを表面化させるのに役立つ、完全な新しいカテゴリーのコラボレーションアプリケーションを生み出しています。Dynamics 365 Customer Insightsはこのカテゴリーをリードしています。Meyerなどのお客様は、Dynamics 365 Customer Insightsを使用してお客様の360°ビューを作成し、よりパーソナライズされた体験を提供しています。顧客プロファイルの数は、前年同期比で174%増加しています。次は産業分野です。

業界クラウドは、Microsoft Cloud全体の機能に加えて、業界固有のカスタマイズを行うことで、価値実現までの時間を短縮し、俊敏性を高め、コストを削減します。ヘルスケア業界向けの新しいインダストリークラウドは、お客様の間で急速に普及しています。また、金融業界や製造業界向けのクライアントは、来週からより広く利用可能になります。持続可能性は、今日の社会とすべてのビジネスにとって不可欠な優先事項です。そして、サステナビリティへのアプローチを考えるとき、それは単に自社のデータセンターのカーボンフットプリントだけではありません。

持続可能性のためのMicrosoft Cloudでは、企業が事業全体のカーボンフットプリントをモニターできるよう、まったく新しいビジネスプロセスのカテゴリーを構築しています。例えば、世界最大の製パン会社であるGrupo Bimbo社は、当社のツールを使用して、事業を展開するすべての国で排出量を報告、記録、削減しています。今、LinkedInでは、世界の労働市場で大きな再編が行われています。人々は、どこでどのように働くかだけでなく、なぜ働くかについても考え直しています。

そして、かつてないほど多くの人々が転職をする中、LinkedInを利用してつながり、学び、成長し、採用されるという記録的なエンゲージメントを目の当たりにしました。LinkedInの会員数は現在約8億人。このプラットフォームで確認された採用数は、前年同期比で160%以上増加しました。今期は、求職者が自分の希望する働き方に合った職務を見つけられるよう、新しい方法を導入しました。急速に変化する労働市場において、企業は従業員のスキルアップや再スキルアップのためにLinkedIn Learningを利用するようになっています。

現在、LinkedIn Learningの企業顧客は15,000社を超えており、LinkedIn Learningの講師がオーディエンスを構築し、学習者とライブでつながるための新しい方法を提供するなど、クリエイター経済における機会を拡大しています。企業は、プロフェッショナルにリーチするための信頼できる方法としてLinkedInを選び続けています。LinkedIn の広告収入は、前年同期比で 61% 増加しました。次は Microsoft 365 とチームです。柔軟性と生産性は相反するものではありません。

私たちは、自宅でもオフィスでも、そしてその中間でも、人々が影響力を発揮できるように革新を続けています。Microsoft Teams は、人々のあらゆる働き方をサポートする唯一のソリューションです。利用率はかつてないほど高くなっています。現在、138の組織でTeamsのユーザー数が10万人を超え、3,000人以上、そして1万人以上のユーザーを抱えています。新しいAIポッドカメラや空間オーディオなど、Teamsの部屋のアップデートにより、すべての会議参加者が常にファーストクラスの参加者であることが保証されています。ハイブリッドワークの台頭により、企業の電話市場は大きく変化しています。

そして、PSTNとVoIPの両方でシェアを獲得しています。今期は、チームチャットからの通話が前年同期比で50%増加しました。Operator Connectにより、企業は既存のサービスを直接Teamsに導入することができます。Schlumberger、Westpac、ZF Group、REI、SAPなど、あらゆる業界のリーダーたちが、社内外のあらゆる通話ニーズを満たすために、今期はTeams [Indiscernible]を選択しました。今後、組織は、顧客サービスの群集化やサプライチェーンの回復力といった重要な課題に対応するために、組織の枠を超えたデジタルファブリックを必要とするでしょう。

Teams Connectでは、複数の企業に所属する社員が、テナントを切り替えることなく、一つの拡張チームとしてチャットやコラボレーションを行うことができます。プライベートプレビューでは、すでにLVMHやWPPなどの企業から強い関心を持って利用されています。また、Teamsは、アプリケーション開発のための第一級のプラットフォームとなっています。例えば、NTTデータの子会社であるLevi Strauss社の社員は、Teams Draxの重要な情報を仕事の流れの中ですぐに利用できるアプリケーションを現在サービスとして利用しています。

また、企業はPower Platformを使って、集荷から介護チームの調整まで、あらゆる場面で独自のリッチなコラボレーション・アプリケーションをTeams内に構築しています。10,000人以上のユーザーを持つ企業では、サードパーティのアプリケーションや基幹業務アプリケーションをTeamsに統合するケースが、前年比で82%増加しています。私たちは、コミュニケーション、ナレッジ、ラーニング、リソース、インサイトを統合するMicrosoft Veevaによって、まったく新しいカテゴリーを創造しています。

また、急成長している目標と成果のカテゴリーのリーダーであるAlly.ioの買収により、従業員がハイブリッドワークにおいてアウトプットだけではなく成果を上げるための新しいツールが加わりました。[Indiscernible]社、Old Mutual社、PayPal社、Toyota North America社はいずれも、従業員とミッションの間のつながりを強化し、従業員とマネージャーの間のつながりを強化し、個人のエンパワーメントを促進するために、[Indiscernible]社を選択しました。Microsoft 365全体では、すべてのセグメントで成長が見られ、前年比で3桁の使用率、最前線でのTeamsの成長などが見られます。[オーストラリア最大の小売企業の 1 つは、12 万人以上の最前線の従業員に双方向のコミュニケーションを提供するために Teams を採用しました。

また、Chevron、H&M、Lumen、St. Judeといった企業が、高度なセキュリティ コンプライアンス、音声、分析のために Microsoft 365 E-5 のプレミアム製品を採用しています。次にWindowsです。今月初めには、この10年間で最大のOSアップデートとなるWindows 11を発表しました。私たちがどのように仕事をし、どのようにつながり、どのように遊ぶのか、その未来を振り返ってみると、一つのことがはっきりと見えてきます。このパンデミックの影響で、PCの需要は構造的に変化しており、私たちはWindows 11への早い対応を喜んでいます。

また、私たちのエコシステムでは、次世代のハードウェア・イノベーションを実現しました。OEMパートナーと協力して、今年の年末には、最も幅広い選択肢のWindows 11デバイスを、あらゆる価格帯、あらゆるフォームファクターで提供できることを嬉しく思っています。私たちは、生産性、学習、ゲームのための最も差別化されたデバイスを世界中の人々や組織に提供するとともに、Windowsのエッジ機能やAI機能をクラウドと組み合わせて活用する新しいクラスのアプリケーションを生み出す膨大な機会を提供します。

また、Windows 11は、最もオープンなプラットフォームでもあります。Windows 11は、最もオープンなプラットフォームでもあり、AmazonやEpic Gamesが自社のマーケットプレイスをMicrosoft Storeに導入することで、新しいストアコマースモデルやポリシーを開拓しています。次はセキュリティについてです。サイバーセキュリティは、今日の企業が直面している第一の脅威です。私たちの目標は、すべてのクラウドとすべてのプラットフォームにまたがるエンド・ツー・エンドのソリューションに構築されたゼロ・トラスト・アーキテクチャーを通じて、すべての組織が防御を強化できるようにすることです。当社は、電子メール、エンドポイント、アイデンティティにまたがる24兆以上のシグナルを毎日分析し、このインテリジェンスを革新的な機能に変換してお客様を保護しています。

過去1年間だけでも、700億件以上の攻撃を防いできました。現在、当社のセキュリティソリューションを利用しているお客様は、前年比50%増の65万人近くにのぼります。また、[Indiscernible] HealthcareやSiemensなどの企業が、自社のエンドポイントを保護するために当社のセキュリティソリューションに切り替えました。アイデンティティでは、Azure active directoryの月間アクティブユーザー数が5億人を超え、サードパーティ製アプリの利用率が前年比で1.5倍に増加しています。また、セキュリティの未来はパスワードレスです。

これまでに2億4,000万人近くのユーザーがパスワードレス・ログインを採用しており、消費者は個人のMicrosoftアカウントからパスワードを完全に削除できるようになっています。そして、私たちはこれで終わりではありません。今後5年間で200億ドルを投じて、セキュリティソリューションを進化させ、お客様を保護していきます。さて、次はゲームです。当社は、過去1年半の間に獲得した新しいゲーマーを引き続き魅了し、維持しています。第1四半期の収益性とエンゲージメントは記録的なものでした。

今年のホリデーシーズンには、これまでで最大のコンテンツと専用ゲームのラインアップを用意しています。「Halo Infinitive」を含む3つの新しいAAAタイトルをGame Passサブスクリプションサービスで提供します。また、XCloudゲーミングを初めて家庭用ゲーム機に搭載し、Xboxユーザーがクリックするだけで100種類以上のゲームのストリームを発見し、ストリーミングできるようにします。クラウドゲーミングは、当四半期時点でオーストラリア、ブラジル、メキシコ、日本を含む26カ国で提供されています。

トップスタジオだけでなく、独立系クリエイターとの機会も拡大しています。Azure PlayFabのアップデートにより、開発者は自分が作ったゲームにクリエイターマーケットプレイスを簡単に統合できるようになりました。また、BungieからCraftenまでの大手パブリッシャーは、ゲームのスケーリングや運営に当社のクラウドを利用しています。最後に、当社は最も多様なデジタルビジネスを展開しており、この新しい時代にお客様を支援するために、ポートフォリオ全体で機会を拡大するための革新を行っています。

来週は、旗艦イベントであるIgnite Conferenceを開催し、[Indiscernible]から大規模AIまで、ハイブリッドワークからハイブリッドインフラまで、Microsoft Cloudの次の章をお伝えします。私は、この先のビジネスチャンスについて、これ以上ないほど楽観的です。それでは、エイミーにお話しをお伺いします。

エイミー・フード

サティア、そして皆さん、こんにちは。第1四半期の売上高は453億ドルで、前年同期比22%増、恒常為替レートベースでは20%増となりました。1株当たり利益は2.27ドルで、当四半期の無形固定資産の譲渡に関連する純税効果33億ドルを調整した場合、25%増、恒常通貨では23%増となりました。当社の営業チームとパートナーは、今年度の好調なスタートを切ることができました。商用部門では、お客様は引き続きマイクロソフト・クラウドを選択されています。当四半期も、Azureの消費型ビジネスが堅調に推移し、TeamsやPower Platformなどの製品の利用が増加しました。

オンプレミス型ビジネスでは、Office to Serverのアニュエーション・パフォーマンスが、予想を上回る契約の組み合わせにより恩恵を受け、期中の収益認識が高まりました。また、LinkedInでは、人材ソリューション事業が引き続き雇用市場の改善の恩恵を受けました。コンシューマープロダクツ事業では、サプライチェーンの制約が続いているものの、成長するPC市場において、WindowsのOEMビジネスが予想以上に好調でした。また、Windows 11の発売に先立ち、当四半期に製造されたほぼすべてのデバイスがアップグレードの対象となるなど、需要のシグナルが確認されました。Microsoft 365サブスクリプションの成長は、Officeコンシューマ製品の業績を牽引し、広告市場の成長は、LinkedInや検索連動型ニュース広告が今期も好調に推移しました。

また、ゲーム分野では、需要が供給を上回っているにもかかわらず、XboxシリーズXおよびSを予想以上に出荷することができました。それでは、全体の業績に移ります。好調だった前年同期に比べ、比較可能な売上高は11%、恒常為替レートベースで14%増加しました。当四半期の成長は、時期が予測できないAzureの大規模な長期契約が少なかったことによる影響を受けました。その結果、コマーシャルの残余支払義務は28%(恒常為替レートで29%)増加して1,370億ドルとなり、12ヶ月以内に認識される収益と12ヶ月以降に認識される収益がほぼ同じ割合となりました。

また、年金構成比は前年同期比で2ポイント上昇し、95%となりました。Microsoft Cloudの売上高は、前年同期比36%増、恒常為替レートベースでは34%増の207億ドルとなり、予想を上回りました。Microsoft Cloudの売上総利益率は、前年同期比でわずかに減少し、71%となりました。サーバおよびネットワーク機器資産の耐用年数に関する会計上の見積りの変更による影響を除く。Microsoft Cloudの売上総利益率は、AzureおよびOffice 365を中心としたクラウドサービスの改善により、約4ポイント上昇しましたが、売上構成比がAzureにシフトしたことにより一部相殺されました。

米ドル安に伴い、FXにより「企業の生産性向上およびビジネスプロセスとインテリジェントクラウド」の売上高が2ポイント増加しました。予想通りの結果となりました。一方、パーソナル・コンピューティング分野の売上高は1ポイント増加しましたが、これは予想に反しています。 この影響により、コストは1ポイント増加しましたが、予想通りであり、営業費用への影響はなく、予想より若干有利でした。売上総利益率は、ドルベースで21%、恒常為替レートベースで19%増加しました。

売上総利益率は70%で、前年同期比で若干低下しました。前述の会計方針の変更による影響を除くと、売上総利益率は約1ポイント上昇しました。これは、前述のクラウドサービスの改善によるものですが、クラウドへの売上構成の変化により一部相殺されました。営業費用は、予想を下回る11%の増加となりましたが、これは主に、投資が将来の四半期にシフトしたことによるものです。これは、クラウドのエンジニアリング、セールス、カスタマー・デプロイメント、ゲームなどの主要分野への投資を継続しているためです。

営業利益は前年同期比27%増、恒常為替レートベースでは24%増となり、営業利益率は前年同期比2ポイント上昇し45%となりました。会計上の見積りの変更の影響を除くと、営業利益率は前年同期比で約4ポイント拡大しました。次に、セグメント別の業績です。生産性向上・ビジネスプロセス分野の売上高は150億ドルで、恒常為替レートベースで22%および20%の成長を記録しました。これは、オフィス、コマーシャル、LinkedIn(リンクトイン)の各分野で予想を上回る業績を達成したことによるものです。Officeのコマーシャル収入は18%、恒常為替レートベースで16%増加しました。Office 365 の売上高は、すべてのワークロード、すべての顧客セグメントにおけるインストールベースの拡大、および ARPU の増加により、前年同期比で 23%および 21%増加しました。

当四半期のE5収入は、高度なセキュリティ、コンプライアンス、音声サービスに対する需要が引き続き堅調に推移しました。Office 365 の有料会員数は、中小企業向け製品および第一線で活躍する従業員向け製品の堅調な成長によ り、前年同期比で 17%増加しました。これは、前述の期末時点での収益認識が高かったことによるもので、予想を大幅に上回りました。Office Consumer(一般消費者向け)製品の売上は、Microsoft 365サブスクリプションが予想を上回る成長を遂げたことにより、前年同期比で10%、恒常為替レートベースで8%増加しました。

過去2年間で、Microsoft 365の加入者数は50%以上増加し、当四半期には5,410万人に達しました。Dynamics」の売上高は31%増、恒常為替レートベースでは29%増となりました。Dynamic 365の収益は48%、恒常為替レートベースで45%増加し、Power Appsに対する需要は引き続き高く、恒常為替レートベースで202%、197%増加しました。また、LinkedInは、マーケティングソリューションが引き続き好調で、タレントソリューションが雇用市場の改善により予想以上に好調であったことから、収益は恒常為替レートで42%と39%増加しました [Indiscernible]。

これは、マーケティングソリューションが引き続き好調であったことと、雇用市場の改善によりタレントソリューションが予想以上に好調であったことによるものです。売上総利益率は、全クラウドサービスの改善により、チーム会計の影響を除いて約2ポイント上昇しました。営業費用は7%増加し、営業利益は恒常為替レートベースで33%、29%増加しました。次に、インテリジェントクラウド分野です。差別化されたハイブリッド製品やクラウド製品に対する顧客の継続的な需要に支えられ、売上高は170億米ドルとなり、予想を上回る31%の増加、恒常通貨では29%の増加となりました。

差別化されたハイブリッド製品やクラウド製品に対する顧客の需要が継続していることが要因です。Azure およびその他のクラウドサービスは、消費型サービスが牽引し、恒常為替レートで予想を上回る 50%および 48%の成長を遂げました。ARPUユーザービジネス、エンタープライズ・モビリティーおよびセキュリティのインストールベースは、30%増の1,960億シートを超えました。オンプレミス・ビジネスの既存売上高は、前年同期比で14%、恒常為替レートベースで13%増加し、予想を上回りました。

年金ビジネスであるStrengthenは、マルチクラウド環境で稼働するWindows ServerおよびSQL Serverを含むハイブリッド製品への需要が堅調であったことに加え、Windows Server 2022の発売に先立って行われた年金購入による利益など、期中の収益計上が増加したことが要因となりました。エンタープライズサービスの売上は、マイクロソフトのコンサルティングサービスおよびエンタープライズサポートサービスの成長により、9%(恒常為替レートベースでは8%)増加しました。技術売上総利益率は、前年同期比で28%増加し、恒常為替レートでは26%となり、売上総利益率は約1ポイント低下しました。

会計上の見積りの変更による影響を除くと、売上総利益率はAzureの改善により約2ポイント上昇しましたが、Azureへの売上構成の変化により一部相殺されました。営業費用は前年同期比で13%、恒常為替レートベースで12%増加し、営業利益は前年同期比で39%、37%増加しました。次に、パーソナル・コンピューティング分野ですが、売上高は、Windows OEMおよびゲーム分野の業績が予想を上回ったことにより、前年同期比12%増(恒常為替レートベースでは11%増)の133億ドルとなりました。

Windows OEMの売上は、PC市場、特に1ライセンスあたりの売上が高い業務用セグメントが予想以上に好調だったことにより、10%増加しました。これらの結果には、一般提供開始前にOEMに販売したWindows 11ライセンスに関連する2億1,000万ドルの収益繰延べによる影響が約7ポイント含まれています。この延期は、OEMメーカーが当四半期の早い段階で対象となるデバイスの請求書をアップグレードすることを優先したため、予想を下回ったものです。Windows 商用製品およびクラウドサービスの売上は、Microsoft 365 の需要に牽引され、恒常為替レートベースでそれぞれ 12%、10%増加しました。

Surfaceの売上は、前年同期比で17%、恒常為替レートベースで19%減少しました。サージ」と「ニュース」の広告収入である「XTech」は、前述の広告市場の恩恵を受け、期待通りに恒常通貨ベースでそれぞれ40%、39%増加しました。ゲーム分野では、ゲーム機の供給が予想を上回り、需要も引き続き堅調であったことから、収益は16%(恒常為替レートベースで14%)増加しました。その結果、Xboxハードウェアの収益は166%、恒常通貨ベースでは162%の成長となりました。Xboxコンテンツサービスの売上は2%増加し、好調だった前年同期と比較して恒常通貨ベースではほぼ横ばいとなりました。

セグメントの売上総利益率は、ドル建てで10%、恒常通貨建てで8%増加しました。売上総利益率は、ゲームハードウェアへの売上構成の変化により、前年同期比で約1ポイント低下しました。営業費用は、ZeniMax社の買収やWindows 11のマーケティング活動などにより15%増加しました。営業利益は、前年同期比で7%、恒常為替レートベースで5%増加しました。次に、会社全体の業績について説明します。設備投資額(ファイナンス・リースを含む)は予想通り74億米ドルで、有形固定資産に支払った現金は58億米ドルでした。

データセンターの新設や既存の地域での拡張を含む設備投資は、引き続き顧客の大きな需要と使用状況のシグナルに基づいて行われました。営業活動によるキャッシュ・フローは、好調なクラウド関連の請求および回収により、前年同期比27%増の245億ドルとなりました。フリー・キャッシュ・フローは、前年同期比30%増の187億ドルとなりました。当四半期のその他の収益および費用は、主に投資関連の純利益により、予想を上回る2億8,600万ドルとなりました。当四半期のその他の収益および費用は、予想を上回る2億8,600万ドルとなりました。

非GAAPベースの実効税率は約16%でした。最後に、自社株買いと配当金を通じて109億ドルを株主の皆様に還元しました。さて、見通しに入る前に、いくつかの注意事項をお伝えしたいと思います。第一に、特に断りのない限り、見通しは米ドルベースであること。第二に、次の四半期に関する私の発言には、第2四半期末から第3四半期初めまでに完了すると予想されているNuance社の買収による影響は含まれていません。

それでは、第2四半期の見通しに移ります。コマーシャル・ビジネスでは、差別化された市場ポジション、魅力的なソリューション・ポートフォリオ、そして一貫した実行力により、第2四半期も好調に推移するものと思われます。商用部門の売上高は引き続き堅調に推移すると思われますが、第2四半期のXFreeベースの小幅な成長と、前述のとおりAzureの大規模な長期契約による通常の四半期ごとの変動の影響を受けます。Microsoft Cloudの売上総利益率は、前述の会計上の見積りの変更による影響を除くと、前年同期比で約2ポイント低下しました。

Hughの売上総利益率は、Azureへの収益構成の変化にもかかわらず、サービス全体の継続的な改善により、約2ポイント増加する見込みです。長期的には、Microsoft Cloudの売上総利益率は、Azureへの売上構成比の変化、Microsoft Cloudサービスの利用の増加、および顧客の成功を支援するための継続的な戦略的投資によって影響を受けると予想しています。また、金額ベースでは、需要拡大に対応するための投資を継続することから、資本支出は前四半期とほぼ同水準になると見込んでいます。

次に為替についてですが、現在の為替レートに基づき、当社全体および各分野の売上高を約1ポイント増加させ、売上原価や営業費用の増加には影響しないものと見込んでいます。次にセグメント別ガイダンスですが、プロダクティビティ&ビジネスプロセス分野では、157億米ドルから159億5,000万米ドルの収益を見込んでいます。オフィス・コマーシャルでは、売上高の成長は再びOffice 365に牽引され、顧客セグメント全体で健全な成長を遂げ、E5の勢いが継続します。

オンプレミス分野では、お客様のクラウドへの移行が進んでいることから、売上高は10%台後半の減少を見込んでいます。Office Consumerは、Microsoft 365 Consumerのサブスクリプションが引き続き好調であることから、売上高は10%台半ばの成長を見込んでいます。LinkedInについては、堅調な雇用市場とプラットフォーム上での継続的なエンゲージメントにより、30%台半ばの収益成長が見込まれ、Dynamicsについては、第1四半期と同様の収益成長を見込んでいます。Powerhouse、Intelligent Cloudの継続的な成長を含むStrengthとDynamic 365が牽引し、181億ドルから183億5,000万ドルの収益を見込んでいます。

引き続きAzureが収益を牽引しますが、Azureは四半期ごとに変動する可能性があります。これは主に、ユーザーごとのビジネスや、契約の組み合わせに応じた収益認識によるものです。第2四半期は、最近の傾向と同様に、Azureの消費事業が健全に成長すると見込んでいます。ユーザー単位のビジネスでは、Microsoft 365のスイートモメンタムの恩恵を引き続き受けているものの、ハイブリッドソリューションへの継続的な需要により、一桁台半ばの収益成長を見込んでいます。

企業向けサービス分野では、一桁台後半の増収を見込んでいます。パーソナル・コンピューティング分野では、 163億5,000万ドルから167億5,000万ドルの増収を見込んでいます。これには、第1四半期から第2四半期に収益をシフトさせた1,000万ドル規模のWindow 11feralによる6ポイントの影響が含まれます。Windows 商用製品のクラウドサービスでは、Microsoft 365 や高度なセキュリティソリューションに対する顧客の需要が、二桁台前半の成長を牽引します。

Surfaceは、プレミアムデバイスを中心にサプライチェーンの不確実性への対応を進めていることから、1桁台の減収を見込んでいます。検索およびニュース広告X技術分野は、20%台前半から半ばの成長を見込んでいます。サプライチェーンの不確実性により広告予算が削減された場合、当社の業績はマイナスの影響を受けます。また、ゲーム分野では、新型ゲーム機の発売やXboxコンテンツサービスの強化など、前年に比べて高い水準で推移していることから、一桁台後半の増収を見込んでいます。

ゲーム機の販売は、AAAタイトルが複数発売される年末商戦に向けて、Xboxプラットフォームを中心に引き続き好調に推移すると思われます。それでは、当社のガイダンスに戻ります。[営業費用は127億ドルから128億ドルを見込んでいます。その他の収益・費用では、受取利息と支払利息が相殺されます。そして最後に、第2四半期の実効税率は約17%になると予想しています。最後に、FY22は好調なスタートを切り、持続的かつ長期的な収益成長を促進する大きなチャンスを得ました。

当社は引き続き、差別化されたマイクロソフト・クラウド製品の高付加価値な利用を拡大し、Windows 11、Surface、Xboxゲームプラットフォームなど、エキサイティングな新しいコンシューマ体験を提供することに注力しています。堅実な営業活動を継続しながら、これらの機会やその他の将来の機会のために投資するという一貫したアプローチにより、FY22以降の業績は堅調に推移すると考えています。それでは、ブレット、質疑応答に移りましょう。

ブレット・イバーセン

ありがとう、エイミー。それでは、Q&Aに移ります。他の参加者に配慮して、質問は1つだけにしていただきたいと思います。オペレーター、もう一度指示をお願いします。

質疑応答

オペレーター

もちろんです、質問をしたい方は【オペレーターの指示】に従ってください。確認音が鳴り、あなたの回線が質問キューに入っていることがわかります。また、スピーカーをお使いの方は、「オペレーターの指示」の前に受話器を取っていただく必要がありますのでご了承ください。最初の質問は、モルガンスタンレーのキース・ワイスさんです。ご質問をお聞かせください。

キース・ワイス

素晴らしいですね。また、今期も素晴らしい業績を達成されました。また、投資家や技術者の間でも話題になっていますが、エッジコンピューティングの機会についても少しお話いただけますか。

また、CDNの観点から市場に参入してきた競合他社は、ラストマイルソリューションを充実させることで競争上の差別化を図っていると思いますが、それに対してマイクロソフトのアーキテクチャアプローチについてもご説明いただけますでしょうか。これらのアプローチの違いを理解する手助けをしていただけますか?

サティア・ナデラ

素晴らしい質問ですね。キースも知っているように、私たちは常に、Azureを分散コンピューティング・ファブリックとして設計してきました。言い換えれば、5年前にハイブリッド・コンピューティングの話をしたときも、常にクラウドを用意し、アプリケーションを展開するための分散型クラウド・インフラストラクチャを用意するという考え方でした。クラウド・プラス・エッジを考えるとき、そこにはマルチクラウドのコントロールも含まれているのです。

5Gで何が起こっているのか、工場や病院、XCloudゲーミングをしたい都市など、低遅延アクセスでデータが生成される場所に自然にコンピュートが行くようになるのか、それが一つの現象です。もうひとつの現象は、オンプレミスのデータセンターやパブリッククラウドなど、すべてのクラウドを文字通り処理することです。他のパブリック・クラウドや我々のパブリック・クラウド、そしてそのコントロール・プレーンにAzure Arcを使用することで、すべてのクラウドへの展開を容易にすることができます。

これも私たちが目にしていることのひとつです。このような分散型の世界で重要になるのは、アプリケーション・インフラの完全なスイートを持つことです。Azure Arcのような管理コントロールプレーンから、Azure Active Directoryのようなセキュリティ原則やIdentityを管理するものまで、すべてが揃っていることが重要です。また、マルチクラウド、マルチエッジの世界は、そもそもAzureを構築するきっかけになったものだと思います。私たちは、このようなことを実現するために、まだ非常に早い段階にいると思いますが、十分な態勢を整えていると感じています。

キース・ワイス

素晴らしいですね。ありがとうございました。

ブレット・イバーセン

ありがとう、キース。では、次の質問をお願いします。

オペレーター

次の質問は、ジェフリーズのブレント・ティルさんからです。どうぞよろしくお願いします。

ブレント・ティル

エイミー、商業部門の売上高が14%増加したのは素晴らしいことですが、前回の電話での減速は、より困難な比較対象に対して25%でした。あなたは、Azureとその規模と期間について言及したと思います。他に何かありましたら、教えてください。

Amy Hood

ありがとう、ブレント。売上高について考えるときに重要なことは、比較対象となる上位の製品を生み出す、変動の大きいAzureの大規模な契約に到達する前に何が起きていたかを話すことです。これは、Dynamics、Microsoft Cloud、GitHubなど、日常的なMicrosoft製品の販売に対して実行する機会です。その実行は非常にうまくいきました。非常に良い更新、非常に良い回収率、非常に良いアドオン(通常のパターン以外で販売すること)が得られ、非常に良い感触を得ました。

今期は、ブレントさんのご指摘の通り、この分野では他と比べて非常に一貫した実行力があります。また、ご指摘のように、長期のアズールの大口契約のタイミングを逃さないことも重要です。Azureの日々の契約履行は非常に安定していますが、ボラティリティが高いのはこの部分です。変動するのは大規模な契約で、その多くは第4四半期に発生し、第1四半期には比較可能な範囲で発生していますが、これは時々起こることです。

ブレント・ティル

ありがとうございました。

ブレット・イバーセン

ありがとう、ブレント。では、次の質問をお願いします。

オペレーター

次の質問は、UBSのKarl Keirsteadさんからです。ご質問をどうぞ。

カール・キーステッド

ありがとうございます。エイミー、この第1四半期の発表に向けて、通常よりも高いレベルの心配があったと思います。投資家の皆さんは、出荷台数やサプライチェーンの問題を考慮して、Windows PC部門について心配していましたが、Windows OEMの数字はガイダンスを大きく上回るものでしたし、12月のWindows OEM事業のガイダンスも、人々がモデルとしているものよりはるかに高いものだったと思います。要するに、どのようにしてその弾丸を避けたのか、エイミー、OEMのパフォーマンスについて説明してもらえませんか。また、下半期の見通しについてもお聞かせください。ありがとうございました。

エイミー・フード

ありがとう、カール。まず最初に、Tatia氏が発言の中で注意していたことを繰り返し述べたいと思います。それは、PCの中心的な性質は、ハイブリッドな仕事の性質を伝えることであり、基本的には仕事を成し遂げることだということです。PCが果たしている中心的な役割については、これまで何度も話してきましたが、その現実は今も続いていると思います。ハイブリッドがどのようなものになるかを話し合い、それを学び続けることで、現実味を帯びてくると思います。

その意味で、当四半期のPC市場は成長しましたが、それは供給に制約されたものでした。第2四半期も、供給に制約があるものの、強い需要のある四半期になると思います。しかし、それを差し引いても市場は成長しています。特に、第1四半期、第2四半期ともに、コマーシャル・セグメントで強い需要があります。これは、Satya氏のコメントにあった、デバイスの中心的な性質に直接結びつくものだと思います。もちろん、1ライセンスあたりの売上高が一般市場よりも業務用の方が高いため、カールも恩恵を受けています。

これらの要素を総合すると、成長市場であること、その市場の中でWindowsが好調であること、特に業務用が好調であること、そしてその結果として1ライセンスあたりの収益が高くなることで、第1四半期と第2四半期は非常に強力なポジションを確保できたと考えています。

カール・キーステッド

はい、わかりました。おめでとうございます、エイミーさん。

エイミー・フード

ありがとうございました。

ブレット・イバーセン

ありがとう、カール。では、次の質問をお願いします。

オペレーター

次の質問は、バーンスタイン・リサーチのマーク・モアードラーさんからお願いします。

マーク・モアドラー

ありがとうございます。サティア、エイミー、本当に好調な四半期におめでとうございます。少なくとも米国ではインフレ率が上昇しており、政府の支出によってさらに加速する可能性があります。また、サティアさんは、インフレの世界ではデジタルはデフレになるとおっしゃっていました。クラウドやデジタルへの移行が、純粋に価格だけではないインフレ圧力をどのように相殺するのか、もう少し詳しく教えてください。ありがとうございました。

サティア・ナデラ

まず私が説明して、Amyさんが補足してください。インフレ環境下では、企業がまず取り組むべきことは、いかにして生産性を向上させるかということです。制約がある場合でも、例えばサプライチェーンに制約がある場合は、効率的なフロンティアで工場を稼働させることが重要です。つまり、デジタルツインやシミュレーションなどを利用して、すべての生産工程で無駄が最小限になるようにするのです。

知識労働であれ、第一線の仕事であれ、デジタルツインやシミュレーションであれ、これらすべてが、企業がインフレ圧力に対処するための最良の方法であり、実際に最高の生産性を得ることができ、それによって総需要を満たすことができるのです。

だからこそ、私たちのソフトウェア製品を世界中のビジネス顧客に提供し、このインフレ環境に対応できるようにしたいと考えています。

エイミー・フード

今、サティアが説明してくれたような理由で、業種や地域を問わず、デジタル技術を導入したいと考えるお客様が増えていることを考えると、[Indiscernible]は私の考えの核心を突いていると思います。そして、ほとんどの産業分野で多くのシナリオがあると考えています。もちろん、全体的な環境に関わらず、このような加速は、Microsoft CloudとIndustry Cloudsで最高のポートフォリオを提供することで、非常に早いTime to Valueで実現できると考えています。

そのため、支出環境に関わらず、それを実行する能力があるということは、適切なポートフォリオを持っているということであり、お客様が必要なときに迅速に展開して結果を出すことができる、お客様にとって価値の高いものであるということです。このことは、多くの調査結果に反映されており、顧客が結果を出すためには[Indiscernible]が適していることを示していると思います。もちろん、どの四半期や下半期がどうなるかを予測するのは難しいですが、私が持続可能だと信じているのは、このような状況です。私が持続可能だと考えるのは、デジタル化を推進し、クラウドを活用してお客様が価値を迅速に得られるようにすること、そして当社がその実現を支援する信頼できるアドバイザー、パートナーであることです。

マーク・モアドラー

ありがとうございます。非常に参考になりました。ありがとうございます。そして、おめでとうございます。

Brett Iversen

ありがとう、マーク。ありがとうございます。次の質問をお願いします。

オペレーター

次の質問は、ゴールドマン・サックスのカシュ・ランガンさんからお願いします。

カシュ・ランガン

どうもありがとうございました。素晴らしい四半期でした。インフレに関する有益な見解をお聞かせいただきました。テクノロジー市場で見られる労働力不足について、SatyaとAmyのお考えをもう少し詳しくお聞かせください。また、サプライチェーンに関してもう少し深い視点を持ち、クラウド事業を成長させていることや設備投資額が非常に大きいことを考えると、このマークがどのように可視化されているのかについても教えてください。部品の入手可能性をどの程度把握していて、設備投資を増やす準備ができているのでしょうか。ありがとうございました。

Satya Nadella

Kashさん、ご質問ありがとうございます。労働市場については、まず私から説明しますので、あなたが補足してください。私たちがまず力を入れているのは、LinkedInで、すべての人が最高の経済的機会を見つけられるように全力を尽くすことです。ハイブリッドな働き方の変化とともに、誰もが真摯に問いかけていることがあると思います。どこで、どのように働くのかだけでなく、なぜ働くのか。

だからこそ、彼らが探している機会を見つける手助けができるようにすることが、私たちができる最も重要な仕事だと思うのです。そして、開発者のためのGitHubハーネスやVisual Studioコード、Power Apps、Office 365など、生産性を高めるための最適なツールを用意することです。

人手不足に対処するには生産性の向上が鍵となるため、私たちはこの点に非常に注力しています。人手不足に対応するには、生産性の向上が鍵となるため、LinkedInで行っている取り組みもその一環です。それでは、エイミー、あなたにお話ししましょう。

エイミー・フード

ありがとう、Satya。カッシュですが、皆さんもご存じのように、私は当四半期に前年同期比で14%の従業員増加を達成しました。これは重要なことだと思います。なぜなら、どのように、何を、なぜ、という話をするとき、私たちは素晴らしい雇用主であり続けることに焦点を当てており、従業員が目標を達成し、それをここで実現できるようにしているからです。第二に、サプライチェーンへの影響について良い質問をいただきましたが、特にデータセンターについては、当四半期の支出を考えると、次の四半期も同様であると考えています。

このキャッシュの多くはリードタイムが長いものです。私たちは、今見ているキャパシティシグナルを満たすために必要なリードタイムをよく理解しています。その管理はうまくいっていると思いますが、影響を受けていないわけではありません。複数のサプライヤーが存在することは、それを管理する上で重要であり、チームは非常に良い仕事をしていると思います。具体的な影響については、先に述べたとおりですが、PCとSurfaceについては、需要が供給を上回ると考えています。

今期は、特にプレミアムデバイスやXbox向けゲーム機、そしてもうひとつの課題は、今述べたように、広告市場を注視する必要があります。なぜなら、広告主の支出意欲は供給量と完全に関連しているからです。

Kash Rangan

すばらしい。本当にありがとうございました。

Brett Iversen

ありがとう、Kash。では、次の質問をお願いします。

オペレーター

次の質問は、バークレイズのRaimo Lenschowさんからです。ご質問をどうぞ。

ライモ・レンズショー(Raimo Lenschow

ありがとうございます。あなたの発言の中で、ハイブリッド・クラウドと、そこから多くの利益を得ている特定のツールについて多く語られていましたね。お客様がクラウドに移行し、ワークロードがそちらに移行することで、売上がそちらに向かわなくなり、実際にはお客様にとっての純利益になるというダイナミックな動きについて、お客様側ではどのようにご覧になっていますか?振り子が反対の方向に回っているように見えます。何かアドバイスがあれば助かります。ありがとうございました。

サティア・ナデラ

ハイブリッド・クラウドの核心であるモダナイズド・モーションのリフト・シフトについては、まだ初期段階にあると思います。私は毎日、この動きを計画し、さまざまな方法でアプリケーション・ポートフォリオ全体を近代化できるようにしているお客様と話をしています。これは明らかに非常に強力です。その中でも興味深いのは、サーバーが衰退した時代に成功を収めていたとしても、私たちは決してティア1企業ではないということです。

先ほどお話したAzure上で稼働しているSAPのワークロードや、HPCやトランザクションデータベースのワークロードなど、移行しているその他のTier-1ワークロードを考慮すると、私たちは自分たちが何者であるかを理解していないのではないでしょうか。このように、実際の生産ワークロードが移行しています。Cosmos DBのような業務用データストア、SynapseとSynapseの連携、Power BIとSynapseの連携、さらにはDynamics 365のデータワーカーとSynapseの連携など、私の発言の中にも出てきました。

例えば、データに関する真のガバナンスが必要であるという規制上の要件もあり、データ資産の統合が大量に行われています。ここでAzure Purviewが、ガバナンスの観点からクラウドへのデータ移行を促進する大きな要因となります。もう一つの側面は、開発ツールで起こっていることです。クラウドにCI/CDを導入すると、最新の新しいアプリケーションや、請求書の作成を俊敏に行うことができるようになります。また、GitHubやVSコードが、企業などの最新の開発現場では基本的にデフォルトとなっていることも、その一例です。

しかし、おそらく何よりも興味深いのは、Teamsに起こることです。Teams では、企業が開発したものであれ、サードパーティが開発したものであれ、アプリケーションがホストされる新しいプラットフォームを手に入れることができます。そのため、Teams→Power Apps→Dynamics→Azureというように、強化・複合化していくことが、新しいアプリケーションの構築という点では、おそらく最もユニークなことのひとつになるでしょう。

そして、最初の質問への回答で言及したクラウド・プラス・エッジですが、マルチクラウド、マルチエッジの世界では、すべての複雑性を管理するコントロール・プレーンが必要ですが、そこでAzure ArcやGitHubのようなものが2つの標準となります。1つの場所で開発し、1つの場所でデプロイし、デプロイしたいすべてのクラウドに伝播させることができます。

エイミー・フッド

ライモさんは、私がオンプレミスサーバーの結果について述べたコメントの性質についても質問していたかもしれませんね。これはハイブリッドの強みを示していると思います。それは、WindowsとSQLサーバーにユーザーがコミットしているという事実であり、それをAzureで実行しようが、マルチクラウド環境で実行しようが、それはプラットフォームへのコミットメントであり、今期のサーバー製品とクラウドKPIの実行の原動力の1つとして、この点をより明確にしたかったのです。

Raimo Lenschow

[ありがとうございました。とてもわかりやすいですね。おめでとうございます。

ブレット・イバーセン

ありがとう、Raimo。オペレーター、次の質問をお願いします。

オペレーター

次の質問は、スティーフェル社のブラッド・バックさんからです。ご質問をどうぞ。

ブラッド・バック

ありがとうございます。ありがとうございます。最近、サイズが話していたように、いくつかのティア1が需要に追いつくための迅速な雇用に問題を抱えており、結果がそれを物語っているのは明らかです。しかし、今後の見通しとして、お客様が商用クラウドへの移行ペースを落とさなければならない可能性を示す初期兆候はありますか?ありがとうございます。

サティア・ナデラ

次の四半期については、エイミーのガイドを参考にしていますが、スタック全体の需要はかなり堅調で、労働市場で何が起こるかは、技術系の労働市場であれ、その他の労働市場であれ、最終的には私たち全員が影響を受けることになります。しかし、少なくともソフトウェアビジネスに関しては、労働力不足や供給不足など、他の多くの制約条件に対処するために、デジタル技術を導入することが、それらを克服する一つの方法となっています。

このように、今日の技術分野では、構造的に需要が供給を上回っていることが明らかになっていると思います。しかし、私たちはこのポジションを気に入っています。なぜなら、あるレベルでは、最も競争力のある製品を提供したいと考えているからです。

エイミー・フード

ブラッド、率直に言って、消費と使用に関するシグナルを見る限り、サティアが言うように、顧客は自分たちに価値をもたらす優先順位をうまく見つけ出していると思います。労働市場が実際に影響を与えることは明らかです。だからこそ、特に当社では、トレーニングやスキルアップ、導入の容易化、価値実現までの時間短縮、導入や試用をより簡単にするためのドキュメント作成などに投資しているのだと思います。

生産性の向上という点では、マイクロソフトとしても投資が必要であり、製品をより簡単に、より素晴らしいものにすることで、あなたがおっしゃるような制約を受けないようにしたいと考えています。

ブラッド・バック

それはいいですね。ありがとうございます。

ブレット・イバーセン

ありがとう、ブラッド。オペレーター、最後にもうひとつ質問があります。

オペレーター

ありがとうございます。最後の質問はバンク・オブ・アメリカのブラッド・シルズさんからです。ご質問をどうぞ。

ブラッド・シル

ありがとうございます。私の質問に答えてくださってありがとうございます。素晴らしい四半期を過ごされたようで、おめでとうございます。Satyaさん、先ほどの電話でのコメントで、金融サービスや製造業などの業界のクラウドへの投資や新製品のリリースについてお聞きしたいのですが。これはどのように考えればいいのでしょうか。Azureの業績は、ERPデータベースのような水平型のプロジェクトではなく、こうした産業クラウド型のソリューションによってますます牽引されていると考えるべきでしょうか。しかし、これは我々が考えなければならないような追加的な機会なのでしょうか。ありがとうございました。

サティア・ナデラ

ご質問ありがとうございます。私たちは、Azure、Dynamics 365、Microsoft 365、Power Platform、さらにはGitHubやVS Codeなどを含むMicrosoft Cloudのことを考えています。だからこそ、私たちはMicrosoft Cloudを構成する完全な最新技術スタックを強調しているのです。さらにインダストリー・クラウドでは、小売業や製造業、そしてヘルスケア分野に特化した付加価値を提供していますが、現在申請中のNuance社の買収により、さらにその価値を高めることができます。

もちろん、私たちが非常に重視しているのは、一つの要素だけではなく、マイクロソフト・クラウドとインダストリー・クラウドが一体となって、その上にさらなる価値を付加することです。ですから、最終的には、これらのレイヤーがすべて統合され、各レイヤーのオープン性と各レイヤーの競争力を維持しながら、お客様に価値ある時間を提供することが、私たちの競争力につながるのだと思います。

ブラッド・シル

ありがとうございます、Satya。

ブレット・アイバーセン

ありがとう、ブラッド。本日の電話会議のQ&Aコーナーは以上となります。本日はありがとうございました。また近いうちにお話できることを楽しみにしています。

サティア・ナデラ

ありがとうございました。

エイミー・フッド

ありがとうございました。

オペレーター

皆様、本日の電話会議はこれで終了とさせていただきます。改めて、ご参加いただいた皆様に感謝いたします。

ABOUT ME
赤虎めだか
こんにちは。【赤虎めだか】です。 よろしくお願いします。 ・アラフィフ(男) ・うお座のB型 ・職業:BPMコンサルタント ・副業で太陽光発電所を2基 ・グロース銘柄を中心に米国株投資を実践 ・趣味はめだかのブリーディングと焼き物(食器)集め