米国株決算

Alphabet Inc.(アルファベット)2021年度第3四半期決算【GOOG】

GOOG-2021-3Q-title

2021年10月26日の引け後にアルファベット(ティッカー:GOOG)の2021年度第3四半期決算発表がありました。

概要は以下の通りです。

  • EPS: 予想$23.47に対し、$27.99
  • 売上高:予想633.4億ドルに対し、651.2億ドル
  • 売上高成長率:前年同期比+41.0%
  • Google Search and other広告売上高:前年同期比+44%、379億ドル
  • YouTube広告売上高:前年同期比+43%、72億ドル
  • GoogleCloud売上高:前年同期比+45%、49.9億ドル

 

資料出典:アルファベット社IRページ

カンファレンスコール日本語訳

アルファベット・インク(Alphabet Inc. (NASDAQ:GOOG) Q3 2021 Earnings Conference Call October 26, 2021 4:30 PM ET

会社の参加者

ジム・フリードランド – ディレクター、インベスター・リレーションズ

フィリップ・シンドラー – 上級副社長兼最高事業責任者

サンダー・ピチャイ – 最高経営責任者

ルース・ポラート – 最高財務責任者

電話会議参加者

エリック・シェリダン – ゴールドマン・サックス

ブレンダ・エル(モルガン・スタンレー

ダグ・アンマス – JPモルガン

ジャスティン・ポスト – バンク・オブ・アメリカー

マーク・マハニ-ISI

ブレント・ティル-ジェフリーズ

マイケル・ナタンソン – Michael Nathanson

ロス・サンドラー – バークレイズ

コリン・セバスチャン – ベアード

オペレーター

皆さん、ようこそ!アルファベットの2021年第3四半期決算発表のカンファレンスコールにお立ち寄りいただき、ありがとうございます。現在、すべての参加者は聴取専用モードになっています。スピーカーのプレゼンテーションの後に、質疑応答を行います。[それでは、本日のスピーカー、インベスター・リレーションズ担当ディレクターのジム・フリードランドに会議をお任せしたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

ジム・フリードランド

ありがとうございます。皆さん、こんにちは。アルファベットの2021年第3四半期決算説明電話会議にようこそ。本日は、Sundar Pichai、Philipp Schindler、Ruth Poratの3名が登壇します。さて、早速ですが、セーフハーバーについて説明します。本日発表するCOVID-19パンデミックの影響を含む当社の事業および財務実績に関する記述の中には、将来予測とみなされるものがあります。

また、このような記述には、実際の結果が大きく異なる原因となりうる多くのリスクや不確実性が含まれています。詳細については、米国証券取引委員会に提出した最新のフォーム10-Kおよび10-Qに記載されているリスク要因をご参照ください。この電話会議では、GAAPベースの財務指標とNon-GAAPベースの財務指標の両方を提示します。

GAAP方式とNon-GAAP方式の調整表は、本日の決算発表のプレスリリースに含まれています。このプレスリリースは、当社の投資家向けウェブサイトABC investor.comを通じて一般に公開されています。それでは、Sundarに電話をおつなぎします。

サンダー・ピチャイ

ジム、ありがとうございました。そして皆さん、こんにちは。2016年、私は「AIファースト企業」になるというビジョンを打ち出しました。5年後の今期の業績は、AIへの投資が、人々や地域社会のパートナーのために、より健康的な製品を構築していることを示しています。本日は、まず新製品のハイライトをご紹介します。

その後、クラウド事業について説明し、続いてYouTubeについて説明します。まず製品のハイライト。検索は、依然として私たちの活動の中心です。私たちは、過去23年間、検索やGoogleアシスタントなどの関連製品に貢献する目覚ましい進歩を遂げてきました。私たちはちょうど5周年を迎えました。

今年初め、私たちはMultitask Unified Model(略してMUM)で重要なマイルストーンを達成したことを発表しました。MUMは、BERTの1,000倍の性能を持ち、テキストや画像など、さまざまな文脈の情報を理解することができます。

9月に開催された検索イベントでは、MUMのテーマをGoogle Lensで使用し、画像と言葉の両方を使って検索できるようにしていることを紹介しました。また、Googleショッピンググラフを利用して、より視覚的なショッピング体験を検索に取り入れていることも紹介しました。また、Googleショッピンググラフを利用して、240億件以上の商品情報を検索することができます。

Googleマップでは、環境に配慮したルート検索が可能になりました。この機能により、米国内のドライバーはより燃費の良いルートを選択することができ、コスト削減と排出量削減につながります。マップには山火事のレイヤーが追加され、緊急時に最新の情報を入手し、十分な情報に基づいた迅速な判断ができるようになりました。

最後に、検索と発見フィードでは、ニュースのエコシステムをサポートし、質の高いジャーナリズムをより身近なものにしていきます。新しいショーケースパートナーシップについては、フィリピンがもう少し詳しく説明します。次にハードウェアについてですが、先週行われた秋のP pixelイベントはご覧いただけましたでしょうか。

私は、今年のホリデーシーズンに発売されるPixelスマホのラインナップにとても期待しています。新しいPixel 6と6 Proは、GoogleのAI、ソフトウェア、ハードウェアの最高のものを、これまでで最も先進的で包括的なカメラに集約しています。

美しく、高速で、史上初のシステムオンチップであるGoogle Tensorが搭載されています。Google Tensorは、Google AIと機械学習をデバイス上でサポートするために特別に構築されており、Pixelデバイスの長期的な基盤となります。また、新しい「Nest for a」プログラムを発表しました。これは、Nest Thermostatsを使って、家庭でのクリーンなエネルギー利用を支援するものです。

Androidについては、「Android 12」が高い評価を得ています。Android 12は、Android史上最大のデザイン変更で、携帯電話をパーソナライズするための新しいウィジェットを備えています。また、ジェスチャーを使って携帯電話を操作したり、コミュニケーションをとったりするアクセシビリティ機能も導入しました。

Android 12は、デフォルトでセキュリティが確保されており、デザイン的にもプライベートなものとなっています。新しいダッシュボードとインジケーターにより、プライバシー許可の確認と調整が容易になり、デバイスのセンサーや位置情報へのアクセスを無効にすることができます。また、リライアンス社と共同開発したメイド・フォー・インディアの手頃な価格のスマートフォンにも進展がありました。

ジオフォンの次のデバイスは、プレミアムなローカライズ機能を備えており、ディワリまでに市場に投入される予定です。クラウドについては、第3四半期の売上が前年同期比45%増と引き続き好調で、GCPの売上成長率はクラウド全体のそれとほぼ同じです。2週間前に開催されたCloud Nextでは、100種類もの新しい機能、サービス、ソリューションを発表しました。

また、世界中のお客様の成長と規模拡大をサポートするために、20の新規および拡張パートナーシップを発表しました。これは、他のどのトップクラウドプロバイダーよりも多い数です。Google Cloudは、世界中の企業、デジタルネイティブ、SMBのニーズを満たす独自の機能を備えています。3つを紹介します。

まず、リアルタイムデータ、アナリティクス、AIにおけるGoogleのリーダーシップは、Carrefour Belgium、[Indiscernible] Post、DHL、Wendy’sなどの顧客を獲得し、データを活用して独自のビジネス成果をもたらしています。当社の代表的なデータウェアハウスソリューションであるBig Queryは、Cardinal HealthやATB Financialでコスト削減と生産性向上を実現しています。当社の差別化されたモールベースの業界ソリューションであるAIは、大手グローバル企業を支援しています。

GE Appliances, a higher companyは、次世代スマート家電にVision AIを統合しています。また、Ikea Retail社では、レコメンデーションAIを活用して、顧客のクリック率を30%向上させています。第二に、お客様は、当社のクラウド、エッジ、データセンターのどこでもワークロードを実行できる、オープンでスケーラブルなインフラに価値を見出しています。

ロダン+フィールズはSAP環境を拡張し、シーメンス・エナジーはデータセンターのグローバルネットワークと全社的なSAPシステムを移行しています。また、インドネシア最大のテクノロジー・デジタル・ネイティブ・グループは、Google Cloudで1億人以上の月間アクティブユーザーをサポートしています。

General Mills、Bell Canada、Wells Fargoは、マルチクラウドにおける当社のリーダーシップとオープンな開発環境を活用しています。また、世界中のお客様の独自のデジタル主権ニーズに対応するため、ドイツのT-Systems社およびフランスのPalace社と業界初のパートナーシップを締結したことを発表しました。

第三に、消費者、企業、学校がハイブリッドワークへの移行を進める中、サイバーセキュリティの脅威は増加の一途をたどっています。お客様は、使いやすさ、コラボレーション、そしてセキュリティを提供するために、Google Workspaceと当社のサイバーセキュリティプラットフォームを利用しています。

Discovery社、Common Spirit Health社、メリーランド州などの組織は、ユーザーを安全に保護しながら創造性を育みたいと考えています。また、当社のサイバーセキュリティ製品の幅広いポートフォリオも大きく成長しています。

これには、当社のゼロトラスト製品の一つであるChronicleが含まれており、ジェットブルーのユーザーがサイバーセキュリティの脅威を検知することで、同社の顧客と企業の保護に貢献しています。また、Google Cyber Security action teamや、メール、会議、メッセージングなどにクラス最高のセキュリティを提供する新しいWork Saferプログラムを通じて、当社チームの深い専門知識をお客様に提供しています。

先ほど、持続可能性に関連した製品機能をいくつか発表しました。クラウドをご利用のお客様は、世界で最もクリーンなクラウドを利用しているという恩恵をすでに受けています。昨年、私たちは2030年までにデータセンターとキャンパスを24時間365日カーボンフリーのエネルギーで運営するという野心的な目標を設定しました。

2020年にGoogleのデータセンターで消費された電力の3分の2は、1時間ごとに地元のカーボンフリー電源と照合されました。また、Googleの新しいカーボンフットプリントツールは、お客様のGoogle Cloud Platformの使用に関連する二酸化炭素排出量を把握することができます。

続いてYouTubeの紹介をします。先日、トライアルを含めたミュージック&プレミアムの登録者数が5,000万人を突破しました。また、YouTubeショットのオプション率も引き続き上昇しています。この1年間で、毎日の初回クリエイターの平均数は2倍以上になりました。来週、世界のリーダーたちが気候変動に対処するためにグラスゴーに集まる中、YouTubeはCOP26と提携して会議の活動をライブストリーミングし、誰もがこのイベントにアクセスできるようにしています。

成長に伴い、有害なコンテンツを削除し、底辺のコンテンツを減らすことで、オープンなグローバルプラットフォームを責任を持って維持しています。AIへの投資とクラスター化されたソースの推進の両方により、YouTubeにおける違反視聴率(当社のポリシーに違反したコンテンツからの視聴の割合)を大幅に下げることができました。その他の取り組みについてもご紹介します。

Waymoは、現在フェニックスで展開している完全自律型ライドハイリングサービスに加えて、サンフランシスコで信頼できるテスタープログラムにライダーを迎え入れ始めました。来年、Waymoはダラス・フォートワース地域にトラック輸送専用のハブを開設し、南西部の商業貨物の枯渇を支援します。

そして先週、シングス・オン・デマンドの初の商業展開として、一部の地域でウォルグリーン社のお客様への航空便配送サービスを発表しました。最後に、世界は徐々に旅をして直接会うようになってきています。今期、私は世界各地で行われた大きな節目を祝うイベントにバーチャルで参加しました。今月初めには、アフリカ大陸のデジタルトランスフォーメーションを支援するため、5年間で10億ドルの投資を行うことを発表しました。

また、9月には、米国外で初めてのオフィスを東京に開設してから20年を迎えました。現在では、アジア太平洋地域の28のオフィスで数千人の社員が働いています。また、アジア太平洋地域の経済的機会を拡大するために、クラウド地域やデジタルスキルプログラムへの投資を行っています。

ご覧のように、アジア太平洋地域のビジネスは非常に順調に成長しています。アフリカ、アジア太平洋地域、そしてその他の地域においても、当四半期は成功を収めており、今後も多くのイノベーションと製品開発を予定しています。世界中の従業員の貢献に感謝しています。私たちはこれからもハイブリッド・ワークを続けていきますので、近いうちに多くの皆さんにお会いできることを楽しみにしています。ありがとうございました。

フィリップ・シンドラー

ありがとうございます、Sundar。今日は皆さんとご一緒できてとても嬉しいです。第3四半期のGoogleサービスの収益が伸びたことに満足しています。前年同期比では、幅広い分野での好調さと広告主の支出が業績を牽引しました。また、消費者のオンライン活動も引き続き活発でした。第3四半期においても、Apps事業の前年同期比での貢献度は、小売分野が圧倒的に大きいです。

また、メディア・エンタテインメント、金融、旅行なども大きく貢献しました。当四半期の業績を牽引したいくつかのトレンドについて、もう少し詳しく見てみましょう。まず、世界経済の回復という大局的な観点から見ると、依然として多くのばらつきがあります。経済が再起動して再加速しているところもあれば、速度が違うところもあります。

他の国では、地域の規制やワクチンに応じて、回復が遅れています。不確実性が新たな常態であることは明らかです。世界は流動的なのです。だからこそ、変化を予測し、需要を予測し、イノベーションに投資する際には、1年半前と同様、企業は今も多くのサポートを必要としています。

例えば旅行業界では、ホテルの無料予約リンクがOTAからブティックホテルまで多くのパートナーのトラフィックを増加させています。消費者は選択肢を増やしたい。旅行会社にとっては、無料で露出できるのはありがたいことです。

ジム・フリードランド

また、広告主は、有料のキャンペーンに無料のリスティング広告を加えたいと考えています。そこで先月、私たちは「やるべきこと」の無料掲載を開始しました。また、新しい広告フォーマットにより、地元での体験をより簡単にアピールできるようになりました。

これにより、ジップライニングや水族館、東京タワーなどを検索すると、Googleで直接チケットを購入できるようになりました。また、アラスカ航空のように、ファーストパーティデータと検索の自動化を活用して、市場の流動性をナビゲートし、顧客のライフタイムバリューをよりよく理解している企業もあります。

旅行以外でも、COVID導入前の同時期と比較して、広告費に対するリターンが30%以上増加しています。あらゆる種類のビジネスにおいて、AIによる自動化やインサイトなどのツールを導入し、顧客とのつながりを深めることが増えています。景気回復のどの段階にあっても、です。150年の歴史を持つ高級小売店

フィリップ・シンドラー

De Bijenkorf社は、オランダやベルギーだけでなく、ドイツ、フランス、オーストリアへの国境を越えた展開を加速させるために、現地でのインサイトと自動化に着目しました。De Bijenkorfは、ショッピングキャンペーンを含む多面的なアプローチにより、パンデミックの間、大幅な成長を遂げました。

2021年上半期のオンラインストアへの再訪問者数は、2020年と比較して4倍に増加しています。次にリテール部門ですが、当四半期も好調でした。この27ヵ月間、デジタル部門は爆発的な成長を遂げました。しかし、世界が再開し始めると、買い物客は店舗に戻ってきます。ブリック&モルタルが死んだわけではありません。むしろ、オムニチャネルが本格化しています。

私の近くで営業している店を探している人は、昨年の4倍になっています。ローカルショッピング」の検索が大きく伸びているということは、人々が店舗に行く前に、より頻繁にリサーチしているということです。その結果、より多くの広告主が、オムニチャネルの成長を促進するために、eコマースの目標と一緒に店舗での販売を含めるようになっています。この1年で採用率は約2倍になりました。

例えばCOTSは、トレンドのカテゴリーに合わせてメディア費用を最適化し、1100店舗の閉鎖からわずか2週間後にカーブサイドピックアップを開始しました。第4四半期にローカルインベントリー広告をテストした後、COTS社は検索広告ポートフォリオ全体でオムニチャネル入札を全面的に採用し、CTVを含むYouTubeでのフルファネルアプローチに大きく傾いています。COTSの第2四半期の売上高は、前年同期比31%増となりましたが、これは来店者数の増加とデジタル分野の継続的な強化によるものです。

オムニチャネルと次世代のユーザー体験を革新することは、当社のショッピング戦略の中核をなしています。最近導入したサービスには、ヘアエクステンションから自動車修理まで、企業が提供するローカルサービスを、検索とマップでより簡単に表示する方法があります。

ローカル在庫広告では、どの商品が在庫ありで、いつ受け取り可能かを強調して表示します。検索とショッピングでは、送料無料や返品可能な商品を表示し、AI機能により店舗での体験をオンラインで提供し、ユーザーが購入前に試すことができるようになりました。

さらに、Sephora、Target、Walmartなどの小売業者とのショッピング可能なライブストリーム実験など、YouTubeでの商取引の活用など、今後もさまざまな試みが予定されています。視聴者がお気に入りのクリエイターのビデオから直接購入できるようにするには、まだ何が可能かの初期段階にあります。

ビデオアクションキャンペーンは、従来のフォーマットよりも多くのコンバージョンを獲得しており、これらのキャンペーンに商品フィードを追加することで、広告主は平均して60%以上のコンバージョンを、追加しない場合よりも低いコストで獲得しています。当社のブランドビジネスも好調です。

前四半期に述べたように、YouTubeのリーチはテレビに比べてますます拡大しています。私たちは、広告主が他では見つけられない視聴者を見つけるお手伝いをしています。この成長の一部を牽引しているのがコネクテッドTVで、当社で最も成長している画面です。デジタルの正確さとリニアの規模の組み合わせは、素晴らしいコンボであることを証明しています。

また、CTVのビデオアクションキャンペーンが拡大したことで、さらにその効果が高まっています。広告主は、大画面でコンバージョンを促進することができるようになりました。私は、あらゆる規模のブランドが、ファネルの両端でYouTubeを購入し続け、既存の需要を変換しながら将来の需要を創出することを支援したいと考えています。そして、彼らには良い結果がもたらされています。

例えば、DRとブランドビデオの両方を使っている広告主は、コンバージョンアシストの28%をブランドが牽引していることがわかりました。イギリスのドミノ・ピザは、当社のブランド・キャンペーンと組み合わせたダイレクト・レスポンス・キャンペーンで、広告費の9倍のリターンを実現しました。最後に、前にも言いましたが、もう一度言います。私たちの成功は、お客様とパートナーのおかげです。

彼らがうまくいってこそ、私たちもうまくいくのです。そして、これまで何度もお話ししてきたレベニューシェアモデルの成果でもあります。3つのハイライトをご紹介します。まず、Sundarが述べたように、高品質なジャーナリズムと情報へのオープンアクセスに対する当社のコミットメントは揺るぎないものです。新しいショーケースを立ち上げてから1年が経ちました。

第3四半期だけで、120件以上の契約を締結し、日本、コロンビア、オーストリアの3つの新市場でサービスを開始しました。また、現在、私たちが参加している十数カ国の1,000以上の出版物のうち、90%が地方紙、地域紙、コミュニティ紙とされています。

第二に、200万人以上のクリエイターが、YouTubeパートナープログラムを通じて、スーパーチャットからブランドコネクトまで10種類の方法でコンテンツを収益化し、ビジネスを構築しています。次世代のビジネスやメディア企業は、YouTube上のクリエイターによって構築されており、私たちは彼らの成長を支援できることに興奮しています。Third byは、SundarがPixelに込めた思いを反映したものであり、それを実現してユーザーに届けるために、私たちはパートナーのエコシステム全体と協力しました。

発売時には、米国の大手通信事業者であるAT&T、T-Mobile、Verizonの各社との深い協力関係を含め、9カ国45社以上の通信事業者や販売店とパートナーシップ契約を締結しました。多くの方を代表して。多くの素晴らしいお客様やパートナーと毎日コラボレーションできることに、どれほど感謝しているかをお伝えしたいと思います。

近いうちにまた実際にもっと多くのことを始められるのが待ち遠しいです。また、販売パートナー、製品、サポートチームの皆さんの働きと献身にも大きな感謝を捧げます。皆さんが与え続けている影響は、ドイツで言うところの[inaudible 00:18:32]です。

ルース・ポラート

フィリピン、ありがとうございます。第3四半期の売上高は、広告主の支出が引き続き堅調であったことと、消費者のオンライン活動が活発であったこと、そしてGoogle Cloudが大きく貢献したことを反映しています。

私のコメントは、特に断りのない限り、第3四半期の対前年同期比で行います。最初にアルファベット・レベルでの業績、次にセグメント別の業績、最後に見通しについて述べます。当四半期の連結売上高は、前年同期比41%増、恒常為替レートベースでは39%増の651億ドルとなりました。

総売上原価は、主にTACの増加により31%増の276億ドルとなり、115億ドル(41%増)となりました。その他の売上原価は、今年初めに実施した耐用年数の変更による効果も反映し、24%増の161億ドルとなりました。

その他の売上原価の増加の最大の要因は、コンテンツ取得費用でした。営業費用は19%増の165億ドルとなりましたが、これはOPEXを構成する3つの要素から見た場合です。まず、研究開発費の増加は、主に従業員数の増加によってもたらされました。

次に、営業費用の増加は、従業員数の増加に加え、昨年の第3四半期に抑制されていた広告宣伝費が引き続き増加したことによります。また、販売費及び一般管理費の増加は、従業員数の増加に加え、法務関連費用の影響を反映しています。

営業利益は、前年同期比88%増の210億ドルとなり、営業利益率は32%となりました。その他の収益および費用は20億ドルで、これは主に株式投資の未実現利益を反映しています。純利益は189億ドルでした。当四半期のフリー・キャッシュ・フローは187億ドル、過去12ヵ月間のフリー・キャッシュ・フローは657億ドルとなり、引き続き好調に推移しています。

当四半期の現金および有価証券の残高は1,420億ドルとなりました。次にセグメント別の業績について説明します。まず、Googleサービス部門について説明します。Google サービスの総売上は、41%増の 599 億ドルとなりました。Google 検索およびその他の広告収入は、44%増の 379 億ドルとなりました。これは、小売分野の力強い成長に引き続き牽引された、事業全体にわたる広範な好調さによるものです。

YouTube の広告収入は 72 億ドルで、ダイレクトレスポンス広告とブランド広告の両方が好調であったため、43%増加しました。第2四半期と比較して成長率が鈍化したのは、昨年第3四半期にブランド広告が大幅に回復したことによります。ネットワーク広告収入は40%増の80億ドルとなりました。

その他の収入は、YouTube の広告以外の収入の増加や、Fitbit の収入が加わったハードウェアが牽引し、23%増の 68 億ドルとなりました。Google Servicesの営業利益は、66%増の240億ドルで、営業利益率は40%でした。一方、Google Cloud分野では、当四半期の売上高は45%増の50億ドルとなりました。

GCPの収益成長率は、インフラストラクチャおよびプラットフォームサービスの両方の大幅な成長を反映し、クラウド全体を再び上回りました。また、Google Workspaceの堅調な収益成長は、シート数とシートあたりの平均収益の両方が堅調に増加したことによるものです。なお、Google Cloudの営業損失は6億4,400万ドルでした。

第3四半期のその他の事業については、売上高は1億8,200万ドル、営業損失は13億ドルとなりました。最後に、見通しに関するコメントを述べさせていただきます。売上高に対する為替の影響については、現在のスポットレートに基づき、第3四半期には1.5%、第2四半期には4%の追い風があったのに対し、第4四半期にはほとんど影響がないと見込んでいます。セグメント別の見通しについては、以下のとおりです。

Googleサービスについては、前述のとおり、第3四半期の収益の好調さは、広告主およびユーザーの活動の基礎的な強さを反映したものであるとともに、前年同期の低調な業績を補ったことによる影響もあります。

2020年後半にかけて業績が徐々に回復していることから、前年同期に比べて第3四半期には前年同期比で利益が減少しており、第4四半期にはさらに減少する見込みです。第4四半期のその他の収益では、年末商戦の恩恵を受けたハードウェア、Fitbitの加入、YouTubeの視聴料などが引き続き収益の増加要因になると見込んでいます。

Google Play」は、パンデミックの影響で2020年第1四半期に始まったユーザーエンゲージメントの上昇を受けていること、および7月1日に実施された料金改定の影響を受けていることから、収益拡大への貢献はより緩やかなものになると考えています。Googleサービスでは、第4四半期にホリデーシーズンに対応するための営業・マーケティング費用の増加を見込んでいます。

Google Cloudについては、引き続き収益の拡大に注力しており、その傾向に満足しています。Sundarが述べたように、GCPでの顧客獲得は、対象となる8つの業界における最大のビジネスチャンスを解決するために構築された製品やソリューションへの多年にわたる投資を反映しています。

これらのソリューションがお客様にもたらすメリットは明らかであり、お客様は長期的な変革のパートナーとして当社を選んでくださっています。ワークスペースに関しては、席数の増加と1席あたりの平均売上高の両方が継続していることに満足しています。これは、人々がハイブリッドなワークモデルをますます採用している中で、特にコラボレーティブ・ソリューションの価値を明確に示しています。

クラウド分野では、市場開拓チームと製品チームの強化、およびクラウド地域の拡大のために積極的な投資を続けています。アルファベットグループの従業員数は、季節的なキャンパス採用を含め、第3四半期に約6,000人増加しました。

また、第4四半期には、GoogleサービスとGoogleクラウドの両方で堅調な人員増加を見込んでいます。設備投資については、第3四半期の結果は、技術インフラストラクチャーへの継続的な投資を反映しています。

また、全世界での継続的な従業員数の増加に対応するために、オフィス施設の改修および新築への投資ペースを継続的に拡大しています。また、第3四半期に発表したニューヨークでの発表のように、意味のある不動産取得の機会を引き続き追求していきます。ありがとうございました。それでは、Sundar、Philipp、私の3人でご質問をお受けします。

質疑応答

オペレーター

ありがとうございました。[最初の質問はゴールドマン・サックスのエリック・シェリダンさんです。お待ちしております。

エリック・シェリダン

質問をお受けいただき、ありがとうございました。まず最初にSundarに、全体像をお話しします。冒頭の話に戻りますが、今後3年から5年を見通したとき、AIや機械学習に関するあなたの野心と、グローバル経済のデジタル化の進展に対応したGoogleの幅広い製品やサービスとを調和させるために、Googleが行うべき大きな投資とはどのようなものだとお考えですか?今後3年から5年の間に、そのようなフレーミングをしたいと思っています。

それから、フィリピンとルースのどちらに向けられているかはわかりませんが、より短期間のベースでは、広範な製品の逆風と逆風の要素があるように思います。お話を伺えてよかったです。

サンダー・ピチャイ

エリックです。いい質問ですね。あなたのおっしゃるとおり、AIやMLそのものは、私たちが推進しているより広範で深い投資であり、私たちはそれを製品ポートフォリオ全体に活用しています。最近、Pixel 6にTensorを搭載したことがその好例です。

例えば、私たちは必要に応じてスタックを深くすることも厭いません。クラウド側ではシリコンのTensor Processing Units、クライアント側ではGoogle Tensorがその一例です。また、コンピュータ、ネットワーク、データセンターの構築、クリーンでカーボンフリーな環境の整備、さらには高度なモデルやアルゴリズムへの投資など、多くのことを当社のAI研究チームが行っています。

世界中の優秀な人材を確保することも、その一環です。このように、私たちは今後もテクノロジーへの深い投資を行っていきます。だからこそ、私たちは量子コンピューターなどの分野についても考えているのです。

フィリップ・シンドラー

質問の2番目の部分ですが、私たちは、ワクチン接種率が上昇し、各国の規制が緩和されるのを見守っています。地域やワクチン接種率に応じて、回復にはある程度の不均一性があると考えています。しかし、地域ごとに異なるため、現在のデータから一般化することは困難です。とはいえ、消費者のデジタル化への移行は現実的であり、人々が店舗に戻ってくるようになったとしても、それは続くでしょう。

この20ヶ月の間に、買い物の習慣は大きく変化しました。しかし、根底にあるのは、人々がより多くの選択肢を求めているということです。より多くの情報、より多くの柔軟性を求めており、これが逆転することはないでしょう。オムニチャネルの話をしましたが、これは間違いなく本格的なものです。先ほども言いましたが 私たちは、規模の大小を問わず、小売企業がオムニチャネルで成功するための機能やソリューションの構築に注力してきました。

世界が再び開かれ、お客様がオンラインと店舗を行き来しながら、より便利なものを選ぶようになれば、この傾向は続くと思います。YouTubeはいろいろな意味で刺激的です。人々にとって価値のあるコンテンツが、さまざまなテーマで数多く提供されているのは素晴らしいことで、私たちは広告主がこれを利用できるよう支援しています。

検索、YouTube、画像検索、ショッピングタブ、Lensなど、Googleでは毎日10億件のショッピングセッションが行われていますが、これはインスピレーションを得るための閲覧であれ、商品のリサーチであれ、実際に購入するためのものです。私たちは、コマースの長期的な可能性に大きな期待を寄せており、あらゆる規模の企業がお客様とつながることができるよう支援していきたいと考えています。

Sundar Pichai

どこにいても顧客とつながることができるようにすることに注力しています。

運営者

ありがとうございました。次の質問は、モルガン・スタンレーのブライアン・ノワックさんです。お待ちしております。

ブレンダ・エル

ブライアンに代わりまして、ブレンダです。私たちの質問を受けてくださってありがとうございます。2つあります。1つ目は、過去1年から1年半の間に、小売業の検索カテゴリーで顕著な進歩を遂げられましたが、今後もさらなる発展が期待されています。今後1~2年の間に、「Nest」を中心とした革新と投資に最も期待している他の検索バーティカル分野について教えてください。2つ目の質問は、AR(拡張現実)に関するものです。

ここでは実際にいくつかの進展が見られ、私はいくつかの製品統合の芽を持っています。実現に向けて注力している拡張現実の主要なユースケースについて、哲学的にどのように考えていますか?また、この機会を生かすためには、アルファベット専用のハードウェアセットが必要なのでしょうか?ありがとうございました。

サンダー・ピチャイ

まず2つ目の質問にお答えします。オーグメンテッド・リアリティに関して、私たちはしばらくの間、長期的な視点でコンピューティングを考えることに注力してきました。アンビエント・コンピューティングの話をしましたが、携帯電話だけでなく、他のフォームファクターが成功するのは時間の問題であり、AIはその未来のエキサイティングな一部となるでしょう。私たちは、必要な投資を検討しています。それには時間がかかると思います。

例えば、Google Lensのようなものを見ても、マルチモーダルな方法で検索を機能させていることを見ても、YouTubeのことを考えても、うまく機能するようにしなければなりません。私たちはAIの世界に身を置いているので、当然ながらすべてのサービスに投資しています。

さらに、コンピューティングの観点からも、ハードウェアチームとプラットフォームチームの両方が考えを巡らせており、これは当社にとって大きな投資分野になるでしょう。最初の質問で、フィリピンの話があったと思いますが、検索を通じたショッピングについてですが、S検索が成功している理由のひとつは、人々がさまざまな用途でS検索を利用していることです。

私たちは、ローカルやマップ、画像や動画など、すべてのエクスペリエンスに総合的に投資しています。そのため、多くの投資を行っています。人々は教育を求めて検索することもあるので、包括的な投資を行っています。

特にパンデミックの際には、健康に重点を置いていました。だからこそ、検索の強さはその深さと広さの両方にあり、質を重視して試行錯誤していますし、これからもそうしていきたいと思っています。

運営者

ありがとうございました。次の質問は、JPモルガンのDoug Anmuthさんからです。お待ちしております。

ダグ・アンマス

質問を受けてくださってありがとうございます。私は2つあります。1つ目は、Apple iOSの変更による影響が、御社のビジネス、特にYouTubeに出ていないかどうかということです。2つ目は、サービスの成長を最も牽引しているのが小売業であること、そしてもちろん、御社は経済のあらゆる部分に関わっていることを踏まえ、第4四半期の供給と労働力不足の力学についてどのように考えているか、また、これまでのところ何か見えていることはありますか?ありがとうございました。

ルース・ポラート

ご質問ありがとうございます。まずは、iOS 14の変更についてです。全体としては、先ほど申し上げたように、第3四半期の事業全体の好調さに満足していますし、それは広範かつグローバルなものでした。iOS 14の変更に関しては、YouTubeの収益に若干の影響がありましたが、これは主にダイレクトレスポンスによるものです。皆さんもよくご存じのように、プライバシーへの取り組みは、私たちが一貫して行ってきたことの中核をなすものです。この点については、フィルにもう少し詳しく説明してもらいましょう。

フィリップ・シンドラー

私たちの立場からすると、ATTは、進行中の広範なエコシステムの変化の一つの側面であり、私たちは長年にわたってプライバシー保護技術に投資してきました。私たちは、開発者、大小の広告主、クリエイター、パブリッシャーをサポートすることで、彼らのビジネスへの影響を軽減することに注力しています。

デジタル広告の未来は、自由でオープンなインターネットを支える、デバイス上でプライバシーを保護する技術の進歩によって築かれると考えています。また、サプライチェーンに関する質問では、強固な広告エコシステムが必要になります。第3四半期の業績は、収益ライン、地域、ほぼすべての業種で好調だったと言えるでしょう。

監査業界でサプライチェーンの脆弱性が広く報告されているのと同様に、自動車業界でも年初から自動車への影響が見られますが、その影響は部品、アクセサリー、修理、メンテナンスなどの関連分野での需要増加により、多少相殺されています。

正体不明のアナリスト

素晴らしいですね。ありがとうございました。

オペレーター

次の質問は、バンク・オブ・アメリカのジャスティン・ポストさんです。お電話をお待ちしております。

ジャスティン・ポスト

ありがとうございます。SundarさんとRuthさんにお願いします。Sundarさん、今年の利益率は好調で、減価償却費の変更も功を奏していると思います。現在の当社の投資支出レベルをどのように見ているか、コメントしていただけますか?調子は良いですか?また、投資を増やす可能性があるものがあれば教えてください。

また、ルースについては、サブスクリプションの部分でPlayストアの料金引き下げのニュースがあります。これが適用され始める22年には、ビジネスにどのような影響があると考えていますか?ありがとうございました。

サンダー・ピチャイ

私は長期的な視点に立って、AIやより深いコンピュータサイエンスなどの基盤技術に投資しています。そして、優先順位の高い一連の分野に適用することに全力を注いでいます。このように、フレームワークに変更はありません。

ただ、デジタルトランスフォーメーションが進んでいることで、チャンスを逃さないようにしなければならないという危機感を持っています。ですから、長期的な枠組みの中で仕事をしているということですね。RuthとPhilippは?

ルース・ポラート

マージンについて補足し、質問の第2部に進むために、第3四半期の状況を少しだけ説明します。重要な点は、第3四半期の営業利益率の改善は、第3四半期の好調な売上成長を反映したものであることですが、これは自明のことでしょう。

また、第2四半期の電話会議でも述べましたが、減価償却費やデータセンターの運用費など、短期的に変動の少ないコストもあります。また、第2四半期の電話会議で述べたように、データセンターの減価償却費や運用費など、短期的には変動しにくいコストもあり、短期的にはこのコストによって粗利益率が向上しました。

また、Google SサービスとGoogle Cloudの両方における長期的な成長をサポートするために、従業員数、コンピュートセールスおよびマーケティングへの多大な投資を継続しています。第3四半期には約6,000人の従業員が増加したと述べましたが、今後も雇用ペースは堅調に推移するものと思われます。

また、耐用年数の変更による利益は、明らかに第3四半期に発生しており、第4四半期には減少しています。Sundarが述べたように、当社は長期的な成長に向けて事業への投資を継続しており、プレイの変更についても同様です。

繰り返しになりますが、当四半期に関連して、冒頭のコメントで述べたように、注目すべきポイントは、ユーザーエンゲージメントからパンデミックに突入した際の強みが結果に表れており、それが引き続きユーザーエンゲージメントをもたらしているということです。しかし、先週発表したばかりの、2022年1月から適用される料金の引き下げがありますが、これについては皆さんにモデル化していただきたいと思っています。

Justin Post

ありがとうございました。

運営者

次の質問は、ISIのMark Mahaneyさんです。お待ちしております。

マーク・マハニー

ありがとうございます。質問は2つあります。同業他社のATTの逆風が、実際には御社のプラットフォームや異なるプラットフォームへの予算のコストシフトであることを示唆するものはありますか?それから、フィリッピンとルースについてですが、マージンについて。

固定費や減価償却費の長期化にもかかわらず、収益が大きく伸びていることで利益率が上昇しているのは、収益超過以外に何か原因があるのでしょうか。それとも、モデル自体に新たな効率性を見出し、それを調整しているのでしょうか。ありがとうございました。

ルース・ポラート

では、私からお話しましょう。重要なポイントは、先ほど申し上げたように、まず収益が堅調に伸びていることと、タイミングの遅れです。先ほど申し上げたように、コストの一部は短期的には固定されていますが、投資は継続して行っています。このことは、売上総利益率や営業利益率にも表れています。営業利益率にも表れています。当社は、Google Services と Google Cloud の両方で見られる成長を支えるために投資を続けています。

質問のレベルを上げると、私たちは一貫して、長期的な成長とイノベーションのために投資を行い、長期的な機会に焦点を当て続けることが資本配分の焦点であると述べてきました。 しかし同時に、私たちは長期的な機会に焦点を当て続けています。同時に、各製品分野での投資に鋭意取り組むことも重要であると一貫して述べており、その取り組みを継続しています。

また、すべてのステークホルダーの皆様に高品質な製品をお届けできるよう、オペレーショナル・エクセレンス(卓越した業務遂行能力)への投資にも引き続き注力しています。これには、プライバシー、セキュリティ、コンテンツ・モデレーションに関するすべての取り組みが含まれます。このように、私たちは投資を続けています。多少の増減はありますが。私たちは、長期的に質の高いパフォーマンスと結果をもたらすために、すべての分野を確実に整えようとしています。

Sundar Pichai氏

最初の質問である広告予算やシフトについては、特に目立ったコメントはありません。

マーク・マヘイニー

わかりました。ありがとうございました。

運営者

ありがとうございました。次の質問は、ジェフリーズのブレント・シルさんです。お待ちしております。

ブレント・ティル

ありがとうございます。Google Cloudでは、パートナー企業から、案件の規模が拡大していることや、Big Queryが多くのお客様に大きな影響を与えていることを引き続き伺っています。また、過去には見られなかった、現在見られる顕著な傾向があれば教えてください。ありがとうございました。

サンダー・ピチャイ

ありがとうございます。全体的に見て、私たちは引き続き強い勢いを持っています。チームはしっかりと実行しています。ビッグクエリーの話がありましたが、データとアナリティクス、そしてAIは、企業が完成させようとしているものの基盤となる変化であり、ビッグクエリーはその中でも際立っていて、勢いが続いていることは間違いありません。

その他の分野では、20年以上にわたって投資を続けてきたこともあり、セキュリティが引き続き重要な分野であり、当社の差別化要因となっていることを強調したいと思います。当社は「ゼロ・トラスト」などの先駆者でもあります。

そのため、私が話をする企業やCEOの間では、サイバーセキュリティが重要視され、同意が得られており、この分野は間違いなく重要です。マルチクラウドは引き続き差別化要素であり、お客様はますますそれを求めていると思いますし、私たちは早い段階からマルチクラウドを採用してきましたので、これも領域のひとつです。

しかし何よりも、私たちは業界の価値提案に非常に注力しており、業種別のソリューションに磨きをかけています。今後もそれを続けていきたいと思います。ありがとうございました。

オペレーター

ありがとうございました。次の質問は、C.I.のマイケル・ナタンソンさんです。

マイケル・ナタンソン

ありがとうございます。SundarとPoratに1つずつ質問があります。Sundarさんは先ほど、来週インドで発売されるGeo-phoneについてお話されましたね。アルファベット・インドにとってのチャンスとなったWalmartについてお話しいただけますか?その製品を発売してから、低価格でやっていることのメリットが出てくるまでの期間はどのくらいでしょうか?

また、長期的には、ターゲットが増えれば増えるほど、プライバシーに関するすべての変更が困難になると思われます。予算の配分を変えなければなりません。

今後、検索の価値提案はどのように変化していくと思いますか。また、モバイル検索におけるターゲティングと測定の能力という現実的な課題を活用するために、これまで以上に何ができるでしょうか。モバイル広告になると、ということです。

ありがとうございます。[ご質問ありがとうございます。私が思うに、明らかにパンデミックは大変でした。しかし、その中でも人々はアクセスを求めており、これは間違いなくスマートフォンを導入した人々に提供されています。フィーチャーフォンからスマートフォンへの移行を検討している人々の需要はまだあります。

サンダー・ピチャイ

スマートフォンに移行したいという需要があります。今回のGO社との提携によるスマートフォンの開発は、英語だけでなく、言語や地域のニーズにも対応し、より多くの人々がスマートフォンを活用できるようにするための投資です。

私はこれを、デジタルトランスフォーメーションの基礎を築くことだと考えていますし、その需要は目に見えており、3年から5年の間に大きな影響を与えると思います。しかし、全体的に見ると、アジア太平洋地域と同様、インドも引き続き当社にとってエキサイティングな市場です。私たちが関わっているすべてのカテゴリーで力強さを感じています。ですから、今後もインドに注力していきたいと思います。

2つ目の質問ですが、先ほど申し上げたように、デジタル広告の未来は、デバイス上でプライバシーを保護する技術の進歩によって築かれると考えています。この分野は、当社がすでに投資しており、今後もさらに投資を続けていく予定です。また、成長の道筋をどのように考えるかというと、ユーザーと広告主の体験を今後何年にもわたって向上させることを考えています。

そして、常に同じ質問を自分自身に投げかけています。特に検索では、商業目的の問い合わせも含めて、より良い回答を導き出すにはどうすればよいか?どうすれば機械学習を利用して、より関連性の高い、質の高い体験をユーザーに提供し、広告主のクリック数やコンバージョン数を増やすことができるのか?

私たちの最大の目標は、ユーザーに素晴らしい体験を提供し、パートナーの価値を高め、パートナーを成功に導くことです。そして、これを実行し、先ほど述べたプライバシー保護技術への投資を続ける限り、予算は継続して確保できるはずです。そうですね。ありがとうございました。

オペレーター

ありがとうございました。次の質問は、バークレイズのロス・サンドラーさんです。お待ちしております。

ロス・サンドラー

YouTubeについて、少し質問させてください。しかし、インターネット上の他のアプリと比較しても、規模が大きく、エンゲージメントが高いにもかかわらず、今年の売上は300億円程度で、FacebookやInstagramとは比較になりません。YouTubeにとって、特にコネクティッドTVは大きなチャンスだと思いますか?

直接販売や、YouTubeから検索を切り離すなど、Googleが同じ屋根の下で展開している他の製品とのアプローチについて、何か変える必要があるのでしょうか、それともYouTubeに限ってはこれまで通りのやり方が正しい戦略だと思われますか?何か情報があれば教えてください。

サンダー・ピチャイ

YouTubeは、真のビデオ、つまり初日からネイティブ・ビデオ・ファーストの製品であるという意味で、明らかにユニークです。そのため、新しい形の製品を扱うことになりますが、当社としては長期的な視点で取り組んできたつもりです。

だからこそ、製品への関心が高まっているのだと思います。この製品は大規模に機能しています。コンテンツに対する責任は、過去何年にもわたって当社が最も重視してきたことです。そして、その先にあるのは、両方のクリエイターがうまくやっていけるように努力したことだと思います。広告主にとっても素晴らしいプラットフォームだと思います。私たちはブランドを強化してきました。

私たちはそれに基づいて構築しました。私たちは、ダイレクトレスポンスでこの勢いを推進しました。また、ショッピングにも新たな可能性があり、私たちはそれに投資しています。また、「Indiscernible」は、初期の段階ではありますが、投資と成長の観点から当社にとって重要な分野です。

このように、プラットフォームのファンダメンタルズは強いと感じています。長期的に見れば、この分野はもっとアップサイドがあると思いますので、それを念頭に置いて投資を続けていきます。

運営者

次の質問は、ベアードのコリン・セバスチャンさんです。お待ちしております。

コリン・セバスチャン

全体的な質問をいくつかお願いします。Sundar、まずGCPや分散型クラウドなどの革新的な技術についてですが、ハイブリッド・クラウド環境の長期的な将来性についてはどうお考えですか?それともこれは、より多くの企業、あるいはほとんどの企業がクラウドを全面的に採用するためのプロセスや足がかりの一部に過ぎないのでしょうか?第二に、Eコマース、デジタルペイメント、ソーシャルプラットフォームの境界線が明らかに曖昧になってきています。

そこで、GoogleやYouTube、その他のGoogleアプリのビジョンをお聞かせいただければと思います。これらの要素がどのように組み合わされているのか、クローズドループ、ショッピングプラットフォームなど、正しい考え方をお聞かせください。ありがとうございました。

サンダー・ピチャイ

GCPに関する最初のご質問ですが、私たちの強みは、非常にオープンでスケーラブルかつ柔軟なアプローチをとっていることです。私たちは、お客様が望む方法でこの旅をしたいと考えています。

ABOUT ME
赤虎めだか
こんにちは。【赤虎めだか】です。 よろしくお願いします。 ・アラフィフ(男) ・うお座のB型 ・職業:BPMコンサルタント ・副業で太陽光発電所を2基 ・グロース銘柄を中心に米国株投資を実践 ・趣味はめだかのブリーディングと焼き物(食器)集め