米国株決算

Facebook, Inc.(フェイスブック)2021年第3四半期決算【FB】

FB-2021-Q3-title

2021年10月25日の引け後にフェイスブック(ティッカー:FB)の2021年第3四半期決算発表がありました。

概要は以下の通りです。

  • EPS: 予想$3.17に対し、$3.22
  • 売上高:予想295.2億ドルに対し、290.1億ドル
  • 売上高成長率:前年同期比+35.1%(前四半期:+55.6%)
  • デイリーアクティブユーザー(DAU):前年同期比+6%、19.3億人(予想:19.2億人)
  • マンスリーアクティブユーザー(MAU):前年同期比+6%、29.1億人(予想:29.2億人)
  • 2021年度第4四半期の売上高ガイダンス:予想348.2億ドルに対し、315-340億ドル
  • アップルのiOS14の変更による逆風、マクロ経済・COVID関連の要因を考慮し第4四半期の不確実性を見込む
  • 500億ドルの自社株買いを発表

 

資料出典:フェイスブック社IRページ

カンファレンスコール日本語訳

Facebook, Inc. (NASDAQ:FB) Q3 2021 Results Conference Call 2021年10月25日 5:00 PM ET

会社の参加者

マーク・ザッカーバーグ – 最高経営責任者

シェリル・サンドバーグ – 最高執行責任者

Dave Wehner – 最高財務責任者

デボラ・クロフォード-インベスター・リレーションズ担当副社長

電話会議参加者

ブライアン・ノワック(モルガンスタンレー

エリック・シェリダン(ゴールドマン・サックス

ダグ・アンマス(JPモルガン

ジャスティン・ポスト(バンクオブアメリカ・メリルリンチ

Youssef Squali – Truist Securities

マーク・マハニー – エバーコアISI

ロス・サンドラー – バークレイズ

ジョン・ブラックレッジ – コーエン

Mark Shmulik – Alliance Bernstein

ブレント・ティル-ジェフリーズ

オペレーター

こんにちは。本日、電話会議のオペレーターを務めさせていただきます、フランスと申します。今回は、Facebookの2021年第3四半期決算説明会に皆様をお招きしたいと思います。背景の雑音を防ぐため、すべての回線はミュートになっています。

スピーカーの発言の後、質疑応答を行います。[オペレーター・インストラクション】のキーパッドです。この通話は録音されます。ありがとうございました。Deborah Crawford Facebook Vice President of Investor Relations(デボラ・クロフォード)です。始めてください。

デボラ・クロフォード(Deborah Crawford

ありがとうございます。本日は、フェイスブックの第3四半期決算説明会にお越しいただきありがとうございます。本日は、CEOのマーク・ザッカーバーグ、COOのシェリル・サンドバーグ、CFOのデイブ・ウェナーが参加し、業績についてお話させていただきます。始める前に、この場を借りて、本日の発表には将来の見通しに関する記述が含まれていることをお断りしておきます。

当社の実際の業績は、これらの将来見通しに関する記述で意図されたものとは大きく異なる可能性があります。これらの結果を大きく変える可能性のある要因は、本日のプレスリリースに記載されています。また、SECに提出したForm 10-Qの四半期報告書にも記載されています。

この電話会議で発表した将来の見通しに関する記述は、本日時点での仮定に基づくものであり、新しい情報や将来の出来事によってこれらの記述を更新する義務を負うものではありません。この電話会議では、GAAPベースの財務指標とNon-GAAPベースの財務指標の両方を提示することがあります。

GAAP基準とNon-GAAP基準の調整表は、本日の決算発表のプレスリリースに含まれています。このプレスリリースおよび付随する投資家向けプレゼンテーションは、当社のウェブサイト(investor.fb.com)でご覧いただけます。それでは、マークに電話をおつなぎします。

マーク・ザッカーバーグ

皆さん、こんにちは。本日はお集まりいただきありがとうございます。当四半期は、いくつかの製品の優先事項において順調に進捗しており、コミュニティも引き続き成長しています。現在、約36億人の方々が当社の1つ以上のサービスを積極的に利用されており、その方々に素晴らしい新しい体験を提供し続けるためのロードマップに期待しています。

予想通り、当四半期は収益の逆風に見舞われました。その中には、当社のビジネスだけでなく、何百万もの中小企業に悪影響を及ぼすアップル社の変更が含まれており、中小企業や経済にとってはすでに困難な時期となっています。この件については、後ほどSherylとDaveが詳しく説明します。

しかし最終的には、今日すでに行っている投資によって、時間をかけてこの逆風を乗り切ることができると期待しています。製品の最新情報をお伝えする前に、当社を取り巻く最近の議論について触れたいと思います。私は、大規模な組織は「精査」されるべきだと考えています。私は、大企業が精査されるべきだと考えています。私は、大企業が精査されない社会よりも、精査される社会を望んでいます。

しかし、私の考えでは、今見ているのは、リークされた文書を選択的に使用して、当社に対する誤ったイメージを描こうとする組織的な取り組みです。実際のところ、当社にはオープンな文化があり、当社の仕事についての議論や研究を奨励しているため、当社に限ったことではない多くの複雑な問題を解決することができます。

業界をリードするプログラムで製品の影響を調査し、進捗状況の透明性を確保しているのも、この問題を正しく解決したいと考えているからです。意思決定の際には、表現の自由と有害コンテンツの削減、暗号化された強力なプライバシーの実現と法執行機関の支援、研究と相互運用性の実現とデータの極秘化など、競合する社会的価値のバランスを取る必要があります。

このような不可能なトレードオフを解決しないのは、お金を稼ぐことだけに集中しているからだ、と言えば聞こえはいいかもしれません。しかし実際には、これらの問題は主に私たちのビジネスに関するものではなく、さまざまな–難しい社会的価値のバランスをとるためのものなのです。私は、企業がこのような決断の多くを自ら下すべきではないと考え、明確な規制を設けるよう繰り返し求めてきました。

私は、グローバルな規模でサービスを提供する際の複雑なトレードオフを乗り越えてきた当社の実績を誇りに思っています。そして、私たちの仕事には研究と透明性があることを誇りに思っています。私たちのプログラムは業界をリードしています。私たちは、安全とセキュリティのために大規模な投資を行い、4万人以上のスタッフを擁しています。そして、2021年には安全・安心のために50億ドル以上を投じる予定です。

これは、規模を調整しても、他のどのテクノロジー企業よりも多いと思います。私たちは、四半期ごとの実施報告書や、「political」(政治的)広告アーカイブなどのツールにより、透明性の基準を確立しました。また、独立した学術研究者が安全にデータにアクセスできる新しいモデルを確立しました。

また、自主規制のモデルとして監視委員会を創設し、その結果、業界全体で有害コンテンツの削減に最も効果的なシステムとなっています。私たちがこれらの問題にどのように対処してきたかを誠実に説明するためには、この点も含めて説明すべきだと思います。また、これらの問題は主にソーシャルメディアに関するものではないということも、正直に説明すべきだと思います。つまり、Facebookが何をしようと、私たちだけでは解決できないということです。

例えば、アメリカでは私が生まれる前から二極化が進んでいました。一方で、独自の調査によると、世界の多くの国では、ソーシャルメディアの利用率が米国と同程度であるにもかかわらず、偏光度は横ばいまたは低下しています。現実問題として、ソーシャルメディアはこれらの問題の主な要因ではなく、おそらくそれだけでは解決できないでしょう。

私たちは、同じ業界の他のすべての企業が、私たちと同じように投資し、結果を出すことを望むべきです。しかし、他の企業が私たちのように内向的になる誘因を作っているのではないかと心配しています。しかし、私はこの仕事を続けることを約束します。なぜなら、それが長期的に見て、私たちのコミュニティとビジネスにとってより良いものになると信じているからです。メディアの根本的な力関係を変えることはできません。

しかし、私たちが提供するサービスには、常により重要である別の構成要素があり、その上で私は焦点を当てようとしています。数十億人もの人々が当社のサービスを利用しています。それは、あなたが大切にしている人々とのつながりを保ち、あなたにとって重要なコミュニティを定義し、あなたのスモールビジネスを成長させるための最高のツールを当社が構築しているからです。

私たちが20年近くも成功し続けているのは、進化と構築を続けているからです。寮の一室から始まったFacebookは、世界的なウェブサイトに成長しました。私たちは、ニュースフィードと新しい広告プラットフォームを開発しました。そして、モバイルファーストを実現し、何十億人もの人々にサービスを提供するアプリのファミリーへと成長しました。まだまだ作るべきものはたくさんあります。

ホログラムのようにテレポートして、通勤時間なしでオフィスにいたり、友人とコンサートに行ったり、両親のリビングルームに行って話をしたりすることはできません。

クリエイティブエコノミーとコマースツールはまだ発展途上であり、何百万人もの人々が自分の好きな仕事をして生計を立てる機会があるはずです。私たちの3つの製品の優先順位は、クリエイター、コマース、そして次のコンピューティングプラットフォームの構築に重点を置いています。クリエイターへの取り組みで重要なのは、Reelsへの注力です。

Reelsは、すでにエンゲージメントの主要な原動力となっています(「Indiscernible」)。驚くほど面白く、今後も大きな可能性を秘めていると思います。今後も成長を続け、「リール」が「ストーリーズ」と同様に当社の製品にとって重要なものになると確信しています。また、来年はInstagramとFacebookに大幅な変更を加え、動画にさらに力を入れ、リアルな体験をより中心的なものにしていきたいと考えています。

その一つの側面として、私たちが18歳から29歳までと定義した若年層にとって最高のサービスになるという目標を、すべてのアプリに与えています。歴史的に見ても、若年層は強力な基盤となっており、未来を担う存在として重要な意味を持っています。しかし、この10年間でアプリを利用するお客様の層が大きく広がり、すべての人にサービスを提供することに注力した結果、若年層に特化したサービスではなく、より多くの利用者にとって最適なサービスを提供するようになりました。

また、この間、AppleのiMessageの人気が高まるなど、競争も激しくなってきました。さらに最近では、TikTokが台頭してきました。TikTokは、私たちがこれまでに直面した中で最も効果的な競争相手の1つです。そこで私たちは、より多くの高齢者に最適化するのではなく、若年層にサービスを提供することを彼らの北極星とするために、チームを再編成しています。

すべてのことがそうであるように、これは製品に[Indiscernible]を伴うものであり、それはおそらく、私たちのコミュニティの他の部分が、他の場合よりもゆっくりと成長することを意味するでしょう。しかし、それは同時に、若年層向けのサービスが強化されることを意味するはずです。このシフトを完全に実行するには、数ヶ月ではなく数年かかるでしょう。しかし、コミュニティとカンパニーを長期的に構築するためには、これが正しいアプローチだと考えています。

次の製品の優先事項はコマースです。人々が興味のある新製品を発見し、アプリ内で顧客を獲得できるよう支援します。私たちは多くの機会を解き放つことになるでしょう。アップルの変化により、ウェブ上でのEコマースや顧客獲得が困難になる中で、企業がアプリ内でショップを立ち上げることができるソリューションは、企業にとってますます魅力的で重要なものになるでしょう。

私たちは、企業のウェブサイトとプラットフォーム上のショップのどちらを表示するかを、企業のパフォーマンスに応じて動的に選択できる広告などのソリューションを構築しました。これにより、より多くの企業が、この困難な環境を乗り越えることができるようになりました。本格的なコマースプラットフォームの構築には、何年もの歳月が必要です。マーケットプレイスはすでに大規模なものになっており、多くの人々がそれに依存しています。特に現在はサプライチェーンの問題があり、新製品の入手が難しくなっています。

ショップもますます発展しています。今年のホリデーシーズンにはエキサイティングなプログラムを計画しています。ショップに最も多くの投資を行っている企業と緊密に協力し、新規顧客の開拓やビジネスの成長を加速させるために何が有効かを見極めます。そして2022年には、これらのソリューションをより広く展開していく予定です。

リールやコマース以外では、次のコンピューティングプラットフォームを構築し、メタバースの実現を支援するための長期的な取り組みについてもご紹介したいと思います。これは、当社の主要な投資分野であり、今後の戦略の重要な部分を占めています。なぜなら、まるで他の人と一緒にいるかのような臨場感を提供することは、オンライン・ソーシャル体験の至上命題だからです。

今後10年の間に、これらの新しいプラットフォームが、私がFacebookを始める前から作りたいと思っていたような体験を実現してくれるでしょう。このような社会的体験とともに、クリエイターの経済活動や、デジタル商品や商取引の量も大幅に増加することが予想されます。

もしあなたが毎日メタバースにいるのであれば、デジタルウェアやデジタルツール、さまざまな体験が必要になるでしょう。私たちの目標は、メタバースがこの10年間で10億人の人々と数千億ドルのデジタルコマースに到達するのを支援することであり、次のプラットフォームの形成を戦略的に支援することで、競合他社にサービスを提供することへの依存度を減らすこともできるはずです。メタバースの基盤となるプラットフォームの構築は、長い道のりになります。

私たちは、64ギガバイトのモデルに代わる128ギガバイトのQuest Qを299ドルで発売したばかりです。また、EssilorLuxottica社では、初のスマートグラスを発売し、こちらも好調な滑り出しを見せています。しかし、このビジョンを実現するためには、1つのメガネ製品を作るだけではありません。エコシステム全体があるのです。

私たちは、複数世代のVRおよびAR製品を同時に開発しているほか、新しいOSや開発モデル、デジタルコマースプラットフォーム、コンテンツスタジオ、そしてもちろんソーシャルプラットフォームも構築しています。そこで、当社のビジネスにとっての重要性を反映させるために、本日、財務報告の変更を発表しました。次の四半期から、Facebook Reality Labsの財務指標を、当社のアプリ群とは別に開示することにしました。

これにより、投資家の皆様には、当社が行っている拡張現実やバーチャルリアリティへの投資について、さらなる可視性を提供することができます。2021年には、これらの投資によって当社全体の営業利益が約100億ドル減少すると予想しています。そして、この投資は今後数年ごとにさらに拡大していくと考えています。

この件については、後ほどデイブが詳しく説明しますが、皆さんには、木曜日のコネクトにチャンネルを合わせて、当社のビジョンとここでの取り組みについて、より詳しく聞いていただきたいと思います。私は、この未来への賭けの大きさを認識しています。そして、投資家の皆様、クリエイティブなコミュニティ、そして、この感動的な未来を実現するために社内でこの取り組みに取り組んでいる何千人もの才能ある人々の支援に感謝しています。それでは、シェリルにご挨拶申し上げます。

シェリル・サンドバーグ

マーク、皆さん、ありがとうございます。当四半期の総売上高は、前年同期比35%増の290億円となりました。すべての地域で堅調な収益の伸びが見られ、ユーザー数も引き続き増加しています。第3四半期は、いくつかの大きな外的要因の影響を受けました。ここでは、第3四半期に見られた収益の軟化について説明するとともに、逆風を緩和し、重要なホリデーシーズン以降のビジネスを支援するために行っていることについて述べたいと思います。まず最初に、一歩下がって考えてみましょう。

この10年間で、多くの企業がオンラインでビジネスを展開するようになりました。パンデミックが発生したとき、このデジタルトランスフォーメーションは加速しました。私たちは、企業がこのような状況に陥るのを支援するため、長年にわたってツールや製品に投資してきました。この加速により、ここ数四半期は非常に力強い成長を遂げることができました。逆風が吹いていることは公言してきましたが、第3四半期はそれを経験しました。

最も大きいのは、アップル社のiOS 14の変更による影響です。この変更は、同業他社にも逆風をもたらし、中小企業には大きな課題となり、アップル社自身の広告事業にも有利に働きました。この影響は第2四半期から見られ始めましたが、6月下旬にはコンシューマー向けの導入が活発化し、第3四半期には臨界点に達しました。その結果、2つの課題が出てきました。

1つは、広告のターゲティング精度が低下したことで、広告主の成果を上げるためのコストが増加したこと。もうひとつは、成果の測定がより困難になったことです。ターゲティングに関しては、この業界が直面している制限が増えても、キャンペーンのパフォーマンスを向上させることに注力しました。

私たちは、企業がより多くの新規顧客を獲得し、より多くの売上増を達成できるようなコマースツールを構築しています。また、長期的には、業界他社と協力してプライバシー保護技術を開発し、適切な広告を表示しつつ、処理する個人情報の量を最小限に抑えられるようにしています。これらの分野での進展には時間がかかりますが、2022年以降も重点的に取り組んでいきたいと考えています。

計測に関しては、先日のブログ記事でお伝えしたとおり、IOSのウェブコンバージョンを過少に報告していると考えています。これは、多くの広告主、特に秋の広告主にとって、売上やアプリのインストールなどの実際のコンバージョンが報告されている数値よりも高いことを意味していますが、我々はその修正を順調に進めています。

今年末までには、過少報告の半分以上に対応できると思います。そして、2022年に向けて、この取り組みを続けていきます。もうひとつの外部要因は、Eコマースの成長の流れです。ここ数四半期のEコマースの力強い成長は、デジタルトランスフォーメーションの加速が一因でしたが、現在は先細りとなっています。

これは多くの人が自分の生活の中で実感していることだと思います。家にいて、オンラインで物を注文したりすることができる多くの人々がいた時期がありました。しかし、今では多くの場所で状況が開放され、人々が直接購入することが増えています。しかし、Eコマースの成長が止まったわけではありません。企業はいまだにオンラインへの移行を進めていますが、E-コマースはパンデミックの最盛期のようなペースでは成長していません。

これらの要因に加えて、世界的なサプライチェーンの問題や労働力不足により、多くの広告主が消費者向けビジネスの在庫を抱えています。これにより、消費者からの需要を喚起する意欲が減退し、広告費に影響を与えています。すべての地域の、さまざまな業種のビジネスが影響を受けています。

同時に、東南アジアなど世界各地でCOVIDが急増したことによる影響も見られます。全体としては、アップル社のIOS 14の変更がなければ、前四半期比でプラスの収益成長を達成していたはずです。当社および当社の広告主は、今後の四半期においてもこれらの変更による影響を受けることになりますが、その影響を軽減するための努力を続けていきたいと考えています。

このような逆風にもかかわらず、当社は将来に対して自信を持っています。FacebookとInstagramは、人々が友人や家族とつながり、コミュニティを構築し、ビジネスを成長させるための最高の場所であると信じています。また、広告主にとっても、人々にリーチして測定可能な成果を得るための最良のプラットフォームであると確信しています。

私たちは、人々がつながり、ビジネスが成長するための製品を開発することに、これまで通り注力していきます。先ほどマークが動画の話をしました。この分野は当社にとって全体的に成長しているだけでなく、収益化の面でも引き続き優れています。現在、動画収益の60%以上がモバイルファーストの動画、つまり縦に撮影された動画や15秒以下の動画で占められています。

毎月20億人以上の人々が、動画の前、中、後に表示される広告であるインストリーム広告の対象となる動画を視聴しています。また、Instagramのリール広告へのアクセスをより多くの広告主に拡大し、新しいクリエイティブへの自動配置を行っています。また、リードジェネレーションの分野でも大きな進展がありました。

当社の製品は、企業が質の高いリードを大規模に生成し、メッセージングフォームや電話などの好みのコミュニケーションチャネルを利用しているお客様に対応できるよう支援しています。4月からは、より質の高いリードを獲得するために、最適化を目的とした新しいコンバージョンの導入を開始しました。また、広告主は、当社のコンバージョンAPIを通じて、CRMとFacebookを統合することができます。

テストの結果、最適化ゴールと統合の両方を利用した場合、広告主は平均してリードから売上への転換率が20%向上することがわかりました。第4四半期は、大企業、中小企業を問わず、多くの企業にとって1年で最も重要な四半期です。いつものように、私たちは彼らのためにホリデーシーズンを成功させることに注力しています。彼らが経験している測定上の問題を解決し、成長に必要なツールや製品を提供するために取り組んでいます。

また、お得な商品を見つけたり、中小企業を支援したり、地元の企業や黒人経営者の企業と一緒に買い物をしたりできるよう、さまざまなホリデーショッピング体験を提供しています。フェイスブックやインスタグラムでチェックアウトしていただいた方には、初回購入時に20%オフ、ショップ — 配送料無料など、ショップ限定のギフトをご用意しています。

来週からは、Walmart、Macy’s、Benefit Cosmetics、Paintbox Nailsなどの大小さまざまな企業が、買い物客を啓発したり、限定のお得な情報を共有したりするために、毎日のようにショッピング体験を開催します。また、私のお気に入りのキャンペーンのひとつである「BuyBlack Friday」を復活させ、ホリデーシーズンに黒人経営の中小企業を紹介しています。

このキャンペーンには、BuyBlackコレクション、FacebookやInstagramのショップタブ、新進気鋭のブラックオーナーのスモールビジネスによるライブショッピングの様子を毎週お届けするBuyBlack Fridayショーなどがあります。最後に、世界中のパートナーと、この期間中に人々やビジネスを支援するために懸命に働いている素晴らしいチームに、どれほど感謝しているかをお伝えしたいと思います。それでは、デイヴが登場します。

デイブ・ウェナー

シェリル、そして皆さん、こんにちは。第3四半期は、モバイルプラットフォームを取り巻く環境が厳しく、マクロ経済環境も絡む中、堅調な業績を達成しました。まず、コミュニティに関する指標について説明します。昨年の第3四半期にパンデミックの影響でユーザー数が増加したにもかかわらず、当社のグローバルコミュニティは成長を続けています。

9月には、約28億人が日次ベースで、約36億人が月次ベースで少なくとも1つのサービスを利用していると推定しています。Facebookのデイリーアクティブユーザー数は19億3,000万人に達し、前年比6%増、1億1,000万人の増加となりました。DAUは、9月の月間アクティブユーザー数29億1,000万人の約66%を占めています。

MAUは、昨年と比較して1億7,000万人、6%増加しました。財務面では、特に明記していない限り、すべての比較は前年同期比で行われています。第3四半期の総売上高は、前年同期比35%増、恒常為替レートベースでは34%増の290億ドルとなりました。為替の追い風を受け、為替レートが前年同期と同じであれば、総収入は2億5,900万ドル減少していました。

第3四半期の広告収入は283億ドルで、前年同期比33%、恒常為替レートベースでは32%の増加となりました。ユーザー地域別では、前年同期比の広告収入の増加率は、その他の地域が50%と最も高く、欧州が35%、北米が31%、アジア太平洋地域が28%となりました。欧州、アジア太平洋地域、その他の地域は、前四半期に比べて程度は低いものの、為替の追い風を受けました。

第3四半期には、当社のサービス全体で提供された広告インプレッション数は9%増加しました。広告の平均単価は22%増加しました。インプレッション数の増加は、主にアジア太平洋地域を中心とした新興市場が牽引しました。価格の上昇は、昨年第3四半期のCOVID関連の価格低下を上回る広告主の需要によるものです。しかし、シェリルが述べたように、成長の妨げとなったのは3つの主要な逆風でした。

まず、広告費は、アップル社の変更に関連した測定結果のパフォーマンスによる逆風の影響を受けました。2つ目は、マクロ的な逆風です。オンラインコマースの成長が、パンデミックの初期に経験した高いレベルから緩やかになり、企業がサプライチェーンの混乱に直面したことが挙げられます。第三に、東南アジアでCOVIDが再流行したことにより、さらなるロックダウンが発生し、経済活動が抑制されています。

その他の収益は、「Quest 2」の好調な売上に牽引され、195%増の7億3,400万ドルとなりました。次に、費用について説明します。第3四半期の総費用は、前年同期比38%増の186億米ドルとなりました。具体的な項目では、売上原価が38%増加しました。これは主に、コンスーマーハードウェアのコスト、コアインフラへの投資、パートナー企業への支払いによるものです。研究開発費は、主に、主力製品およびコンスーマーハードウェアの開発をサポートするための人員の採用により、33%増加しました。

マーケティング・販売費は、主にハイエンド製品のマーケティング費用により32%増加しました。最後に、販売費及び一般管理費は、主に法務関連費用と従業員関連費用の増加により、65%増加しました。第3四半期には、主に技術職を中心に4,700人以上の新規採用を行いました。当四半期のフルタイム従業員数は、前年同期比28%増の6万8,100人となりました。

第3四半期の営業利益は104億ドルで、営業利益率は36%でした。税率は13%でした。純利益は92億ドル、1株当たり3.22ドルでした。ファイナンス・リースを含む資本支出は、データセンター、サーバ、ネットワーク・インフラ、オフィス施設などへの投資により、45億ドルとなりました。フリーキャッシュフローは95億ドルで、当四半期末の現金および有価証券の残高は581億ドルでした。

第3四半期には、当社のクラスA普通株式を144億ドル買い戻し、9月30日時点での事前承認の残額は80億ドルでした。本日、当社は500億ドルの自己株式取得枠の拡大を発表しました。今後の見通しについてですが、2021年第4四半期の業績から、Facebook Reality Labs(FRL)を独立した報告セグメントとして区分する予定です。

これまで述べてきたように、当社は、次世代のオンライン・ソーシャル体験を開発する上で重要な役割を担う、拡張現実・仮想現実製品およびサービスに多大なリソースを投入しています。新しいセグメント開示では、FRLの業績および当社が行っている投資に関する追加情報を提供します。

この報告構造では、2つのセグメントの収益と営業利益を提供します。1つ目のセグメントであるアプリファミリーには、Facebook、Instagram、Messenger、WhatsApp、その他のサービスが含まれます。2つ目のセグメントであるFacebook Reality Labsには、AR(拡張現実)およびVR(仮想現実)関連のハードウェア、ソフトウェア、コンテンツが含まれます。

マークが述べたように、FRLへの投資により、2021年の営業利益全体が約100億ドル減少すると予想しています。当社は、この長期的なビジョンを実現するために、今後数年間、投資を増やしていく予定です。第4四半期の決算説明会に先立ち、セグメント別財務報告書の報告形式についての詳細をお伝えします。

次に収益の見通しについてですが、2021年第4四半期の総収益は315億ドルから340億ドルの範囲になると予想しています。この見通しは、第4四半期に直面した、アップル社によるiOS 14の変更による継続的な逆風や、マクロ経済やCOVID関連の要因などの大きな不確実性を反映しています。

さらに、昨年の年末商戦で「Quest 2」を好調に発売したことをひっくるめて、第4四半期の広告以外の収入は前年同期比で減少すると見込んでいます。また、前述のとおり、大西洋をまたぐデータ転送の実行可能性や、欧州の事業への潜在的な影響についても引き続き注視しています。

次に費用の見通しについてですが、2021年の総費用は、前回の見通しである700億ドルから730億ドルに比べ、700億ドルから710億ドルの範囲になると見込んでいます。2022年通年の総費用は、技術・製品関連の人材への投資やインフラ関連費用などにより、910億ドルから970億ドルの範囲になると見込んでいます。

2021年の資本支出は、事前予想の190億ドルから210億ドルに更新し、約190億ドルを見込んでいます。2022年の資本支出は、データセンターのサーバ、ネットワークインフラ、オフィス施設などへの投資により、290億ドルから340億ドルの範囲内になると見込んでいます。

設備投資額の増加の主な要因は、当社のAIおよび機械学習機能への投資であり、フィードやビデオを含む当社の製品全体における体験のランキングや推奨、さらには広告のパフォーマンスや関連性の向上などの取り組みに役立つものと期待しています。

米国の税法に変更がなければ、2021年第4四半期の税率は10%台後半になると予想しています。2022年の通年の税率は、2021年の通年の税率と同程度になると予想しています。なお、2022年の費用、資本支出、税率の見通しは、2022年の予算がまだ確定していないため、暫定的な見積もりです。

最後に、当四半期はいくつかの逆風に見舞われましたが、当社事業にとっては堅調な結果となりました。現在のサービスに加え、新しい製品や体験に投資することで、当社は人々がつながり、ビジネスにとって最高の場所であり続けることができると信じています。今も、そしてこれからも、広告が出ています。それでは、フランスから質問を受け付けます。

質疑応答のページへ

オペレーター

ありがとうございました。それでは、質疑応答を開始いたします。[オペレーターの指示】…] 最初の質問は、モルガン・スタンレーのブライアン・ノワックさんからです。どうぞよろしくお願いいたします。

ブライアン・ノワック

私の質問を受けていただきありがとうございます。質問は2つあります。1つ目はリールについてです。長期的な導入にはかなり重要な役割を果たしているようですね。現在のユーザーの採用状況、エンゲージメント、あるいは現在リールを使用している人々の属性について、何か情報があれば教えていただきたいと思います。

2つ目は、AppleとATTの変更についての質問です。精度と測定方法の改善についての説明に感謝します。これまでの投資で最も進展があった分野と、課題が増えている分野について、具体的に教えてください。ありがとうございました。

Dave Wehner

そうだね、ブライアン。リールについては、インスタグラムにとって明るい話題であり、現在、さまざまな市場で世界的に良好な成長を遂げています。現在、世界的に順調な成長を遂げており、さまざまな市場で強化されていますが、リールについては大きな進展があり、インスタグラムについても満足しています。

Facebookでの展開については、収益化の面ではまだ早い段階で、Instagramでは広告の展開を始めたばかりなので、その面ではまだ早く、FacebookでのReelsの収益化には至っていません。Sheryl、iOS 14の質問に答えてくれませんか?

シェリル・サンドバーグ

ええ、やりますよ。まず最初に、パーソナライズド広告とは何かを考えなければなりません。パーソナライズド広告は、人々や企業にとってより良いものであり、中小企業にとっては特に重要であると考えています。また、非常にプライバシーに配慮した安全な方法で配信することができます。今回のiOSの変更には、2つの大きな課題があります。1つはターゲティング、もう1つは測定です。

私はまず2つ目の課題を取り上げます。測定に関しては、今年末までに報告不足の半分以上に対応し、今後数年間でさらに進展させることができると考えています。我々は、iOSのウェブコンバージョンを過少に報告していると考えています。売上やアプリのインストールなど、実際のコンバージョンはもっと高いと考えています。

そのため、お客様が得られる成果やパフォーマンスの向上を本当に理解するためには、これらを適切に測定するための作業を行う必要があります。繰り返しになりますが、今年中にその作業のかなりの部分を完了させることができ、来年にはさらに多くの作業を行うことができると考えています。ターゲティングは、より長期的な課題です。当社のダイレクトレスポンス製品は、ユーザーレベルのコンバージョンで成り立っています。しかし、IOSの変更により、同じレベルのコンバージョンデータが入ってこなくなりました。

そのため、少ないデータでも機能するように、ターゲティングと最適化のシステムを再構築する必要があります。これは複数年にわたる取り組みで、私たちが知る個人情報の量を最小限に抑えるためのプライバシー強化技術を開発し、より集約された、あるいは匿名化されたデータを使用する一方で、関連性のあるパーソナライズされた広告を表示し、広告効果を測定できるようにしています。

この技術が本当に機能し、すべての企業にメリットをもたらすためには、業界を超えた協力体制と、より多くのコマースツールが必要です。これらは長期的な取り組みとなるでしょう。

Dave Wehner

では、次の質問に移ります。

質問者

次の質問は、ゴールドマン・サックスのエリック・シェリダンさんです。どうぞお進みください。

エリック・シェリダン

どうもありがとうございました。よろしければ2つお願いします。シェリルさん、先ほどの続きですが、ターゲティングと測定の両方について、四半期や年単位で考えるということですね。あなたが構築しているものの中で、広告エコシステムに導入するためにあなたがコントロールできるものと、広告主がビジネスの成果や広告予算の割り当て方を決定するデータを採用し、快適に理解するために時間がかかるものとを比較して、一段階下げて教えていただけますか?

それから、デイブ、設備投資について補足しますと、中核的なFacebookの要素と、Reality Labsの長期的なビジョンに基づいてマークが構築しようとしているものとをどのように考えるべきか、また、それが今後数年間の恒久的な設備投資と一時的な設備投資の性質をどのように左右するのか、ということです。本当にありがとうございました。

シェリル・サンドバーグ

テクノロジーの中には、私たち自身で構築できるものもあります。私たちはAIを構築し、長期的なパフォーマンスデータの維持・向上に役立つAIへの継続的な投資を行っています。私たちは、独自のコマースツールをいくつか構築しています。これらは、他社に採用してもらわなければならない私たちが構築できるツールです。

また、ターゲティングの機会として、私たちが構築できるツールや、業界のコラボレーションで構築できるツールがあると考えています。そのようなツールがどのようなもので、どのように採用されるかについては、いくつかの業界の共同グループの一員として実際に取り組んでいます。このようなツールは、明らかにパートナーシップを必要とするものであり、私たちが直接コントロールできるものではありません。

Dave Wehner

やあ、エリック。2022年の費用の見通しについては、明らかに時期尚早ですが、通常は第3四半期に行うものなので、予想される費用の範囲について最初の見通しを述べたいと思います。マークが説明してくれたように、我々は事業全体で多くの優先事項に対して投資を行っており、その中には中核となるアプリケーションファミリーやFRLの分野も含まれています。広告、AI、コマース、プライバシーなど、さまざまな分野で優先事項があります。

これらを総合すると、来年はかなり強力な支出計画が立てられることになります。主な要因は、2022年に向けて従業員数の増加を加速させることであり、当四半期のように従業員数が20%を超えることも考えられます。また、2022年に従業員の大部分がオフィスに戻ってくると、オフィス運営費や出張費が増加することも予想されます。現時点では、セグメント費用の具体的な内訳は示していません。

質問者

次の質問は、J.P.モルガンのダグ・アンマスさんです。どうぞ、よろしくお願いします。

ダグ・アンマス

よろしくお願いします。ありがとうございます。1つはMark、もう1つはDaveにお願いします。マークは、損益計算書上の費用と設備投資の両方に多額の投資を行っています。また、長期的にはメタバースに重点を置くというお話がありましたが、1年後、3年後を振り返っていただけますか?これまでのように、製品の観点から1年後、3年後、5年後の抱負を説明していただければと思います。それからデイブ、2022年の費用についてですが、約29%から38%の成長を見込んでいます。22年の収益の伸びについて、何かコメントがあれば教えてください。ありがとうございます。

マーク・ザッカーバーグ

メタバースとReality Labsについては、私の方からお話します。今後1年から3年は、特に、基盤となる部分をより充実させていくことになると思います。これは、近い将来に利益をもたらす投資ではありません。

しかし、私たちは基本的に、メタバースがモバイルインターネットの後継になると考えています。メタバースは、私たちが構築しようとしているものを究極的に表現したソーシャルエクスペリエンスを可能にするものです。

これにより、現在存在しているデジタル製品と物理的な製品の両方で、膨大な規模の創造的経済を実現し、何百万人もの人々が自分の好きなことを仕事にできるようになり、それに関連してまったく異なる経済を実現することができると考えています。

今後1~3年については、ビジネスの成果よりも、製品やインフラの整備に注力していきたいと考えています。新しいプラットフォーム、ハードウェアコンポーネント、バーチャルリアリティ製品群。拡張現実(Augmented Reality)の製品ラインもあります。

私たちは、これらの部品を用意してスタートします。これらの新しい創造的なツールのためのOSと開発モデルがあります。また、この製品に関連して行っている商取引の部分や、アプリのファミリー全体での幅広い商取引の取り組みについても説明します。さらに、「Horizon」で行っているソーシャルプラットフォームへの取り組みは、私たちの活動のさまざまな分野に関連しています。

しかし、今後数年間で、これらすべての要素が構築され、少しずつ成熟していくと思います。しかし、目先のことを考えると、まったく画期的な製品体験を提供し、人々に試してもらい、「これはすごい」と思ってもらうことが大切だと思います。

そして、その先にあるものを垣間見ることができる。そして、それが未来への道を開くことになるのです。10年後までに10億人の人々がメタバースを利用し、何千億ドルものデジタルコマースをサポートできるようにしたいと考えています。それが実現できれば、長期的には良い投資になると思います。

Dave Wehner

やあ、Doug、Daveだよ。現時点では、2022年の具体的な収益見通しは示していません。来年もインプレッション数と価格の両方を伸ばすチャンスがあると考えていますが、2021年は明らかに非常に好調な収益成長を遂げた年でした。そのため、2022年の成長率は、2021年の年間成長率から減速すると予想しています。これは、第4四半期の収益の範囲には不確実性が含まれていますが、2022年の見通しについても同様だと思います。

Apple社のプラットフォーム変更の影響を広告主がどのように受け止めるかなど、さまざまな要因が絡んでいます。また、厳しいマクロ経済環境にも対応しなければなりません。

ホリデーシーズンを迎えれば、これらの要因がどのように作用するか、より良く分かるでしょう。しかし、私たちが説明した費用の増加を考えると、それは30%以上を示唆していますが、そのレベルでの収益の増加は期待できないので、2022年のマージンは2021年よりも低くなると考えています。フランス、次の質問に移ります。

運営者

次の質問は、バンクオブアメリカ・メリルリンチのジャスティン・ポストさんです。どうぞよろしくお願いします。

ジャスティン・ポスト

素晴らしいですね。ありがとうございます。マークとデイブに1つずつ質問します。18歳から29歳までのユーザーを獲得するのは簡単ではありません。そこに到達するための戦略の概要を教えていただけないでしょうか。何四半期もかかることは承知しています。それから、デイブさん、第4四半期のガイダンスで、IDFAの影響について教えてください。第4四半期は、第3四半期とほぼ同じか、測定を進めていく中で少しずつ良くなっていくのか、それとも逆風になるのでしょうか?ありがとうございました。

Dave Wehner

はい、ありがとうございます。ジャスティン、実は両方の質問に答えられるんです。若年層についてですが。当社の製品は明らかに若年層に広く使用されています。当社は引き続き、こうした製品の機能を強化し、若年層に適した製品を提供することに注力しています。

リールはその戦略の大きな部分を占めていると思います。昨年8月に発売して以来、現在では100カ国以上で展開しています。そして、その体験への投資と製品の継続的な改良を続けています。IDFAの観点から言えば、これが私たちの大きな注目点のひとつでしょう。

マーク・ザッカーバーグ

リールですね。これは、人々がエンジン全体でさまざまな製品を使用する方法に、非常に意味のある質的な変化をもたらすものだと思います。たまには、新しいタイプのコンテンツを可能にするフォーマットが登場することもあると思います。ニュースフィードでもそうでした。

Reelsは、私が見てきた限りでは、さまざまなアプリでさまざまなフレーバーが楽しめるような規模のものになる可能性があると思います。しかし、フォーマットとしては、非常に基本的なものになると思います。初期のテストや体験の一部をFacebookで展開しただけでは、成熟したというよりも、まだその旅の始まりに近いと思います。

インスタグラムに参加している国の話をしましたが、インスタグラムは非常に急速に成長し続けています。Instagramは、非常に急速に成長し続けています。このことは、ここでの大きな焦点となるでしょう。今後1~2年の間に、どのように成長していくのか楽しみですし、今日のストーリーズのような製品になることは間違いないでしょう。すみません、Dave。頑張ってください。

Dave Wehner

ジャスティン、iOSに関する質問ですが、第4四半期と第3四半期の比較に関連しています。iOS 14のアップデートの大部分が第3四半期に入ってから完了したため、第2四半期から第3四半期への影響が大きくなりました。iOS 14は広く普及していますので、第4四半期に同様の影響が出ることはないと思います。

しかし、重要なことは、この変更によってホリデーシーズンを経験していないことです。ホリデーシーズンは需要が高いため価格が上昇しますが、これがiOSの変更によるターゲティングや測定に関する課題とどのように交差するかは不確実です。そのため、第4四半期の見通しには不確実性があり、それがガイダンスレンジに反映されていると思います。それでは、次の質問に移ります。

オペレーター

ありがとうございます。次の質問は、Truist SecuritiesのYoussef Squaliさんです。どうぞお進みください。

Youssef Squali

よろしくお願いします。どうもありがとうございました。私には2つの質問があります。マークさんは、Facebookがつながる週ですね。そこで、ホライズンの最新情報を教えていただければと思います。これは、ゲームや体験を作ってみんなで共有できるソーシャルアプリです。これはいつクローズドベータ版が公開されるのでしょうか?この2年間はずっとそうだったと思います。

Facebookをメタバースに移行させるには、明らかにクールで成功したVRソーシャルアプリが必要だと思います。もうひとつの質問は、やはり18~29歳に焦点を当てたものです。ミレニアル世代や若年層におけるFacebookとInstagramのエンゲージメントの現在の傾向についてお聞かせください。今後のことを考えてのことだとは思いますが、最近の傾向はどうでしょうか?ありがとうございました。

マーク・ザッカーバーグ

最初の質問は私が行い、その後はデイブが、あなたが話したい数字について話します。最初に言っておきたいのは、木曜日にメタバースのビジョンと、我々がどのようにしてこの側面の構築に貢献できるかについて、かなり詳細に説明する予定だということです。皆さんもぜひ聞いてみてください。

その中で、Horizonの話もする予定です。私たちは、ホライゾンの開発を着実に進め、より多くのクリエイターや人々をホライゾンに迎え入れてきました。そして、常にワールドを追加しています。あなたの言うとおり、これは少なくとも我々のプラットフォームとここで行っている仕事の重要な部分になると思います。先日、「ワークルーム」をリリースしました。

この体験がどのように結実したのか、とても楽しみです。あなたがおっしゃったように、VRによるソーシャル体験が重要だと思います。私は、すべてのプラットフォームに対応した体験を提供することが重要だと考えています。ただのVRソーシャルネットワークのようなものが出てくるとは思いませんが、人との一体感や没入感を感じられるような体験をしたいと思っています。

それには、VRやAR、ホログラムなどが最適です。しかし、どこでも使えるようにしなければなりません。当社のアプリ・ファミリー全体で使えるようにしなければなりませんし、ウェブでも電話でもコンピュータでも使えなければなりません。

ですから、やるべきことはたくさんあります。ベータ版と呼ぶかどうかは別にして、実際には、1年後、3年後にどうなっているかという先ほどの質問と似ていますが、ここには構築しなければならない基礎的なインフラがたくさんあります。

私たちがセグメント報告などに反映させようとしていることの一部は、この仕事に全力を注いでいるということです。これは大きな投資になるでしょう。それについては透明性を保ちたいと思っています。しかし、これは非常にエキサイティングなことであり、将来に向けた大きなチャンスだと考えています。

Dave Wehner

Youssefさん、エンゲージメントの傾向について教えてください。当社の製品は10代の若者に広く利用されていますが、特にTikTokやSnapchatのような競合他社との厳しい競争に直面しています。しかし、TikTokやSnapchatとの競争は厳しいものがあります。私たちは、Reelsのような革新的な製品を継続的に展開し、若い世代を惹きつけ、若い世代を維持することに注力しています。そのために、これらの分野への投資を続けているのです。

運営者

次の質問は、エバーコアISIのマーク・マハニーさんです。どうぞ、お進みください。マハニーさん、回線が開いています。どうぞよろしくお願いします。

マーク・マハニー

申し訳ありません。2つ質問があります。iOSの変更についてですが、第3四半期に見られた逆風の大部分はこの変更によるもので、第4四半期にも予想されると考えてよいでしょうか?次に、マークへの質問ですが、人工知能を活用して、不適切なコンテンツをFacebookやInstagramなどから削除することを支援しています。

それを実現するためには、どのような状況にあるとお考えですか?数年にわたる投資の旅を経験してきましたね。数年後の今、課題は具体的に見えてきましたか?AIを建設的に利用することに成功していると思いますか?ありがとうございました。

デイブ・ウェナー

マーク、最初の質問についてはデイブがお答えします。第3四半期の逆風という意味では、アップル社のプラットフォームの変更が最大の要因でした。つまり、iOSのアップデートによる消費者の導入拡大に続いて、ATTの新しいポリシー変更の影響が、第3四半期全体に及んだということです。もしこの影響がなければ、第2四半期から第3四半期にかけて連続した成長が期待できたはずです。これが当四半期の最大の逆風となりました。

マーク・ザッカーバーグ

AIについても少し触れておきましょう。私の答えは、「はい、大きな影響を与えていると思います」です。私たちは四半期ごとに透明性に関する報告書を発行していますが、この報告書は業界をリードするものであり、報告内容を見つけるという点でも、報告内容の深さという点でも、人々が私たちの責任を追及し、私たちが実際にどのように行動しているかの内訳を確認できるようになっています。

私たちの製品を使用している多くの人々が、問題のあるものを見つけた場合、私たちに報告してくれていると確信しています。ここ数年前までは、私たちがコミュニティ・インテグリティのために行っていたことは、報告を受けた場合に対応することだけでした。

しかし、私たちはこの問題に正面から取り組み、問題があったときに人からの報告に頼るだけでなく、積極的に対処できるような高度なシステムを構築すべきだと考えました。現在、ほとんどのカテゴリーでは、基本的にコンテンツの90%以上をAIシステムで識別し、対応しています。

裸体のようなカテゴリーでは、コンピュータを訓練して識別させることが比較的容易です。非常に高い数値を示しています。ヘイトスピーチのようなカテゴリーでは、私たちは世界中で約150の言語を使用しているため、難しい面もあります。また、文化的なニュアンスも含まれていると思いますので、すべての言語での暗示的な表現を理解できるかどうかを確認する必要があります。

また、人々が人種差別を発言したり糾弾したりできるようにしたいということもあります。誰かが人種差別的な発言をして、誰かに憎むべきことをするように仕向けているとしたら、それは悪いことです。しかし、誰かが基本的に、「この人がこんなことをしているのを見た、人はこんなことをすべきではない」と言いたいのであれば、それをする人を検閲したくはありません。結局、これは非常に難しい問題なのです。

この問題に取り組んだ最初の2、3年は、まだリコール率が比較的低い状態でした。私たちのAIシステムは、私たちが対処していたコンテンツの10%から15%をプロアクティブに対処していました。しかしここ数年、AIの進歩は非常に目覚ましいものがあります。今では、ヘイトスピーチにも対応できるようになり、対応するコンテンツの90%以上を占めるようになりました。

全体としては、この質問を少し違った方向に持っていきたいと思います。つまり、私たちの取り組みに対して多くの人が注目していることを知っているので、チームやこれに取り組んでいる人たちに言いたかったのです。彼らが成し遂げた進歩を私はとても誇りに思っています。私たちには世界で最も優秀な人材が揃っており、業界のどの企業よりも優れた仕事をしていると思います。

そして、これは重要な分野だと思います。しかし、実際に何が起こっているのかを正直に説明するためには、多くの才能ある人々が取り組んでいる膨大な量の進歩が、これからも続いていくことを考慮に入れるべきだと思います。

運営者

次の質問は、バークレイズのロス・サンドラーさんからお願いします。

ロス・サンドラー

ありがとうございます。デイブ、ガイドに関する細かい質問をひとつと、シェリルには全体像を教えてください。今、私たちは皆、2年の年率に注目していますが、第4四半期の売上高の上限を示すガイダンスは、実際には2年の年率に加速がついています。逆風やIDFA、サプライチェーンなどの話をしているのは知っていますが、連続した成長は正常に見えます。そして、その2年後のCAGRが加速しています。

この強さはどこから来ているのでしょうか。また、この4Qの環境は強いと言えるでしょうか。そしてSheryl、あなたはオーバーホールと長期的なターゲティングについて、ユーザーやユーザーベースのターゲティングに焦点を当てるのではなく、よりコンテクストに沿ったターゲティングやその他のことについて話しました。高いレベルの話だと思います。

これは、IDFA以前のレベルと比較して、広告費全体のリターンにどのような影響を与えると思いますか?また、デジタル広告市場におけるFacebookの競争力を、他の大手プラットフォームと比較してどう見ていますか?また、ターゲティングの再設定に伴う長期的な影響についても教えてください。ありがとうございました。

デイブ・ウェナー

ロス、デイブです。第4四半期については、具体的な売上高の定量ガイダンスを出しています。第3四半期から第4四半期にかけての季節性を考慮した逐次成長率の範囲を見てみましょう。これは過去に見られたものよりも低い連続的な成長です。これは、IDFA(iOS 14とATT、IDFAの影響)がホリデーシーズンの価格にどのように影響するかについての不確実性を反映したものだと思います。

また、サプライチェーンの問題などのマクロ経済的な要因もあります。ですから、季節的な逐次成長率は過去に見られたものより低いと思いますし、その範囲は不確実性を反映していると考えています。

シェリル・サンドバーグ

全体的な目標については、どのように考えていますか?全体的な目標については、これまでの経験をもとに正確に決めるのは難しいと思います。これは複数年にわたる取り組みになります。私たちは、広告主を支援するためのツールに注力していますが、すでに効果が現れています。

私たち自身もターゲティングを強化する機会があると考えています。私たち自身の仕事でも、業界のコンソーシアムの一員としても。あなたの質問にあるように、広告主はどこに広告を出すかを選択しなければなりません。ですから、私たちにとっての問題は、私たちのターゲティングが他と比べてどれだけ優れているかということです。

私たちのターゲティングは、直接データを持っているAppleのような他社と比較すると苦しいと思います。しかし、私たちのターゲティングは今でも、非常に、多くの意味で、広告主にとって非常に良いものだと思います。私たちをROIで比較すると、私たちは常に良いパフォーマンスをしてきましたし、今もそうです。私たちは、企業のためにそのような活動を続けていくことに集中しています。

運営者

次の質問は、CowenのJohn Blackledgeさんからお願いします。

ジョン・ブラックレッジ

はい、ありがとうございます。2つ質問があります。まずマクロ面では、サプライチェーンの問題が第4四半期の広告収入に影響を与えているのか、それとも第4四半期の後半に影響が出てくるのかを教えてください。また、Instagramに関する2つ目の質問ですが、Reelsの台頭により、他のInstagramサービスのエンゲージメントが損なわれていませんか?ありがとうございました。

Dave Wehner

私たちはマクロ経済の権威ではありません。ただ、広告主の方々から聞いているのは、サプライチェーンの問題で、これは第3四半期も同様でしたが、第4四半期にも引き続き影響があると考えています。また、明らかにiOS 14によるターゲティングや測定の逆風の問題とも重なっています。

したがって、プラットフォームの問題とマクロ経済の要因が第4四半期にどのように影響するかを正確に分析することは困難です。しかし、この2つの要因が、ガイダンスで示した潜在的な結果の範囲を動かす最大の要因だと思います。リールやその他のIGサービスについては、私が説明しますので、マークとシェリルが何か補足してください。

ストーリーズでもFacebook Watchでもそうでしたが、新しい体験を提供すると、人々の時間や関心が新しい分野に移っていくのはいつものことです。

そして、それが全体的な体験の向上につながり、時間の経過とともに全体的な体験をより魅力的なものにしていくと考えています。また、Reelsでは、InstagramやFacebookでのエンゲージメントを増やすことができると考えています。だからこそ、そのための投資を行っているのです。

運営者

次の質問です。

デイブ・ウェナー

次の質問に移ってください。

運営者

アライアンス・バーンスタインのマーク・シュムリックさんからお願いします。

マーク・シュムリック

Sherylさんへの質問ですが、特にオンプラットフォーム・コマースとそのピボットについてです。以前、マーチャントやユーザーの採用指標を紹介されていましたが、この製品の活動やユーザーの受け入れに関連して、何か進展があれば教えてください。

2つ目の質問は、より広範な採用に関するものです。最近、ヨーロッパで1万人の雇用を創出し、メタバースのガイドをするという投稿がありましたね。世界規模での採用をどのように考えているのか、何か特別な理由があるのでしょうか?ありがとうございます。

シェリル・サンドバーグ

コマースについてですが、私たちのプラットフォームではすでに多くのコマース活動が行われています。人々は、フィードやストーリーズ広告を通じて多くの商品を見つけています。これは当社最大の広告枠であり、COVIDがそれを加速させましたが、5年間で最も成長の早い広告枠の一つでもありました。現在、当社の広告ビジネスでは、数千億ドル規模のオフサイトEコマース、つまり商品総量を試算しています。

コマースツールは、企業がより多くの新規顧客を獲得し、より多くの売上を増加させるために、課金され、その上に重ねられていくと考えています。このようなコマースの取り組みにおいて、私たちは3つの分野に注力します。広告を出すのに最適な場所であり続けること、プラットフォーム上での販売をより簡単にすること、そしてカスタマーエクスペリエンスの向上です。

まず、広告を出すのに最適な場所であり続けるという点では、我々は顧客を見つけるのに最適な場所だと思います。ROIは非常に高く、今後も競争力を維持できると考えています。2つ目は、プラットフォームでの販売を容易にするという点です。

この点では、他のモバイルやウェブでのショッピング体験に追いついています。まだまだ課題はあると思います。そして3つ目は、買い物をしていただくために消費者の体験を向上させることです。ここでも前進していると思いますが、まだまだ成長の余地があります。

デイブ・ウェナー

マーク:リクルーティングに関しては、2022年に大きな投資を予定していますが、これは主にリクルーティングが中心となります。そのためには、グローバルに活動しなければなりません。私たちは、技術的な人材を育成したいと考えています。

また、ベイエリア以外の地域にも人員を投入し、世界中で技術力と製品力を高めることに引き続き注力していきたいと考えています。ヨーロッパはその中でも重要な位置を占めており、そのために今回の発表ではその概要を説明しました。

デボラ・クロフォード

最後にもうひとつ質問があります。

オペレーター

よろしいですね。では、最後の質問は、ジェフリーズのブレント・シルさんにお願いします。どうぞよろしくお願いします。

ブレント・ティル

ありがとうございます。Dave、中間点での設備投資額が70%を超えたことについて。この急増が何に関連しているのかについては、多くの質問があります。その投資をよりよく理解するために、何か詳細な情報があれば教えてください。

Dave Wehner

はい、そうですね、ブレント。2022年の見通しは、AI機械学習などの分野への投資計画の大幅な増加を反映していると準備書面で述べました。その多くは、機械学習を利用してランキングやレコメンデーションを改善し、製品全体の体験を向上させる分野への投資に充てられます。

フィードのような分野やリールのような新しい分野では、広告にも投資して、広告の関連性を高めたり、機械学習やAIを活用したりする予定です。機械学習やAIを活用することで、プラットフォームの変更によって失われたシグナルのバランスを取ることができます。

広告をより効果的にする一環として、機械学習やAIに大規模な投資を行うことで、その損失を補うことができると考えています。私たちのポジションは、そのための十分な能力を備えていると思います。来年の設備投資予算を大幅に増やすのは、まさにそのためなのです。

デボラ・クロフォード

ありがとうございます。今日はありがとうございました。またお会いできるのを楽しみにしています。

オペレーター

以上で本日のカンファレンスコールを終了します。ご参加ありがとうございました。電話を切っていただいて結構です。

ABOUT ME
赤虎めだか
こんにちは。【赤虎めだか】です。 よろしくお願いします。 ・アラフィフ(男) ・うお座のB型 ・職業:BPMコンサルタント ・副業で太陽光発電所を2基 ・グロース銘柄を中心に米国株投資を実践 ・趣味はめだかのブリーディングと焼き物(食器)集め