米国株決算

CrowdStrike Holdings, Inc.(クラウドストライク)2022年度第4四半期決算【CRWD】

CRWD-2022-q4-title

2022年3月9日の引け後にクラウドストライク(ティッカー:CRWD)の2022年度第4四半期決算発表がありました。

概要は以下の通りです。

  • EPS: 予想$0.2に対し、$0.3
  • 売上高:予想4.12億ドルに対し、4.31億ドル
  • 売上高成長率:前年同期比+62.7%
  • ARRは17.3億ドル(前年同期比+65%)
  • 新規サブスク顧客1,638社、総サブスク顧客数16,325社
  • 2023年第1四半期EPSガイダンス:予想$0.18に対し、$0.22~$0.24
  • 2023年第1四半期売上高ガイダンス:予想4.41億ドルに対し、4.59~4.65億ドル
  • 2023年通期EPSガイダンス:予想$0.94に対し、$1.03~$1.13
  • 2023年通期売上高ガイダンス:予想20.1億ドルに対し、21.3~21.6億ドル

クラウドストライク社IRページへのリンク

 

↓前回決算

CRWD-2022-Q3title
CrowdStrike Holdings, Inc.(クラウドストライク)2022年度第3四半期決算【CRWD】2021年12月1日の引け後にクラウドストライク(ティッカー:CRWD)の2022年度第3四半期決算発表がありました。 概要は以下...

カンファレンスコール日本語訳

クラウドストライク・ホールディングス株式会社 (NASDAQ:CRWD) 2022年第4四半期決算カンファレンスコール 2022年3月9日午後5時00分(米国東部時間

会社側参加者

マリア・ライリー(投資家向け広報担当副社長

ジョージ・カーツ – 社長、最高経営責任者兼共同創設者

バート・ポッドベア – 最高財務責任者

電話会議参加者

サケット・カリア – バークレイズ

スターリング・オーティ – JPモルガン

アンドリュー・ノヴィンスキー – ウェルズ・ファーゴ

ジョエル・フィッシュバイン – トゥルーリスト

マット・ヘドバーグ – RBCキャピタルマーケッツ

タル・リアーニ – バンク・オブ・アメリカ

アレックス・ヘンダーソン – ニーダム

ファティマ・ブーラニ – シティ

ジョシュア・ティルトン – ウルフ・リサーチ

ロブ・オーエンス – パイパー・サンドラー

ジョナサン・ルイケーバー – ベアード

イッタイ・キドロン – オッペンハイマー

グレッグ・モスコウィッツ – みずほ証券

オペレーター

クラウドストライクの2022年第4四半期および会計年度の業績に関するコンファレンスコールにようこそお越しくださいました。現在、参加者の皆様はリスニングオンリーとなっております。講演者のプレゼンテーションの後、質疑応答があります。[本日のお電話は録音されています。

それでは、司会のインベスター・リレーションズ担当副社長、マリア・ライリーさんにお願いします。どうぞよろしくお願いします。

マリア・ライリー

こんにちは、本日はご参加ありがとうございます。本日は、CrowdStrikeの社長兼CEOで共同創業者のGeorge Kurtzと、最高財務責任者のBurt Podbereが電話会議に参加します。

本コンファレンスコールでは、第1四半期および2023年度の見通しを含む当社の将来の計画、目標、成長および期待される業績に関する記述を含め、過去の事実ではない特定の記述が、1995年私募証券訴訟改革法の定義における将来予想に関する記述であることを、開始前にお知らせしておきます。これらの将来見通しに関する記述は、本通話日現在における当社の見通しを示しているにすぎません。当社は、将来に関するいかなる記述も合理的であると判断していますが、これらの記述は現在の予測にもとづくものであり、リスクや不確実性を含んでいるため、実際の結果はこれらと大きく異なる可能性があります。当社は、新しい情報、将来の出来事またはその他の結果にかかわらず、将来予想に関する記述を更新または変更する義務を負わず、またその義務を明示的に否認します。

当社の業績に影響を与えうるこれら の要因およびその他の要因に関する追加情報は、当社が随時米国証券取引委員会に提出する書類(四半期報告書および年次報告書の「リスク 要因」の項をご参照ください)に記載されています。

また、特に明記しない限り、収入を除く、この電話会議におけるすべての財務指標は非 GAAP 型です。当社が非GAAPベースの財務指標を使用する理由、およびGAAPベースの業績と非GAAPベースの業績を示す調整表は、現在当社のプレスリリースでご覧いただけます。プレスリリースは当社の投資家向けウェブサイトir.crowdstrike.comまたは本日SECに提出したフォーム8Kに掲載されています。

それでは、ジョージからお電話を差し上げます。

ジョージ・カーツ

マリアさん、皆さん、ご参加ありがとうございます。始める前に、ウクライナでの戦争に謝意を表したいと思います。私たちは、この悲劇によって影響を受けたすべての人々に深い思いと支援を捧げます。軍事衝突がもたらす恐ろしい人的被害を思い知らされるからです。私たちは、ウクライナとより広い地域の平和を願っています。

次に業績についてご説明します。本日の電話会議では、まず4つの重要なポイントを要約してお話しします。まず、CrowdStrikeの第4四半期は、当社の予想をはるかに上回る優れた業績を達成しました。今期の業績は、2四半期連続で新規ARRの伸びが加速し、2億1700万ドルに達したことが主な要因です。非GAAPベースの営業利益率は過去最高の19%、フリーキャッシュフローは過去最高の1億2700万ドル、Humioの買収に関連したIP移転税の支払いを除くと約1億9700万ドルとなります。

第二に、従来のエンドポイントセキュリティ以外の分野での当社の成功は、ITハイジーン、脆弱性管理、アイデンティティ保護、ログ管理の各モジュールの合計で前年比100%超の成長を達成しながら、ARR1億5000万ドルのマイルストーンを超え、規模と超成長に彩られるようになったことです。

第三に、パブリッククラウドにおけるファルコンの展開により、ARRが1億ドルを突破し、前四半期比20%増となり、パブリッククラウドのセキュリティを変革する取り組みを主導することで、大きな勢いをもってこの年を終えることができました。

そして4つ目は、優れた業績からお分かりのように、当社の成長エンジンがすべてのシリンダーで稼働していることです。これには、当社の活発なパートナー・エコシステムも含まれます。そのひとつが、AWSです。2022年度、AWSのマーケットプレイスを通じて取引されたエンディングARRは、前年比で100%以上増加しました。

さらに、CrowdStrikeは、AWS Marketplaceでの取引量においてトップレベルのISVパートナーとして、年間を通じてパートナーソース案件が力強く伸びています。これは、世界最大のパブリッククラウドプロバイダーとのパートナーシップの成功を物語るものであり、パートナーとお客様の双方に提供できる価値を浮き彫りにするものであると確信しています。

それでは、より詳細な業績について説明します。純新規ARRの伸びは2四半期連続で加速し、2億1700万ドルに達し、会社設立以来初めて2億ドルの節目を超えました。需要を牽引したのは、中核のエンドポイント市場の拡大に加え、クラウド、ID 保護、Humio の記録的な四半期であったことです。

また、大企業から中小企業まで、あらゆる規模の企業における急速な顧客拡大も、成長の原動力となりました。3四半期連続で1,600社以上のサブスクリプション顧客を追加し、CrowdStrikeを利用してビジネスを保護する顧客の総数は16,325社となり、前年同期比で65%増加しました。

当四半期の需要は幅広く、世界トップクラスの金融サービス企業複数社との大規模な契約、テクノロジー、メディア、通信、教育、政府機関など様々な分野のFortune 500企業や多国籍企業を含む過去最多のファルコン コンプリート新規顧客の獲得などがありました。

クラウドワークロードプロテクションモジュールとエージェントレスクラウドセキュリティポスチャ管理モジュールであるHorizonは、米国の大手保険会社、Fortune 250のソフトウェア会社、Fortune 50のエネルギー会社などにおいて記録的な売上を達成しました。

アイデンティティ保護モジュールについては、四半期ごとに過去最高を更新しており、このモジュールによってファルコンはフィールドで大きく差別化され、引き続き高い受注率につながっています。主な受注先は、顧客経験管理のグローバルリーダー、グローバル金融サービス企業、公共機関、フォーチュン500の複数の受注などです。

また、第4四半期は、小売、金融サービス、製造、テクノロジー、運輸など複数の業種での勝利があり、Humioにとってまたもや記録的な四半期となりました。この四半期のHumioの成功には、既存のログ管理ソリューションが、開発運用チームによって取得されるデータの急激な増加により、予算的に不可能となった金融サービスのお客様との7桁の契約を獲得したことが含まれています。

そして最後に、より良いインターネットを構築することを使命とするCrowdStrikeの信頼できる技術パートナーであるCloudflareが、当四半期に新規顧客となり、Falcon CompleteとHorizonの両方を採用したことを発表できることを嬉しく思っています。私たちは、この自然なパートナーシップをさらに深め、一緒に仕事をする機会をさらに見つけ出していくことを楽しみにしています。

最近獲得した多くの素晴らしい案件の中から、フォーチュン50に掲載された金融機関との提携について、その詳細を紹介させてください。この提携は、私たちの技術の優位性を実際に示し、なぜスケーラビリティと信頼が重要なのかを示す例だと考えています。今年の半ば、このお客様は従来のエンドポイントを保護するためにCrowdStrikeを選択し、レガシーの既存企業に取って代わりました。

ほぼ同時期に、人間関係の理由から、この組織はサーバー環境の保護に次世代競合製品を選択しました。しかし、6ヶ月後、彼らはまだそのサーバー環境に他社製品を展開するのに苦労していました。強制的な再起動、大量のメモリ使用、製品ロードマップの未達成に悩まされていたのです。彼らがサービスの保護に苦労している間、ファルコンは数週間のうちに数十万ものエンドポイントに完全に展開され、再起動を必要としなかったのです。

ファルコンは、数十万台のエンドポイントに数週間で完全に展開され、再起動も不要でした。このお客様は、ファルコンがリアルタイムで提供する豊富なテレメトリーと、私たちのセキュリティクラウドのパワーを見ることができ、すべてがより良い効果をもたらすことができました。このお客様は、他のベンダーとの契約を解除し、現在ファルコンを導入して自社のサービスをグローバルに保護しています。

これは、私たちが勝率の向上と記録的な置換、有効性、拡張性、管理性、バッチモードに対するリアルタイム性、そして重要なことに、増え続ける現実のビジネスの問題を解決しながらエージェントを統合する能力によって、リーダーシップを獲得した根本的理由を示す多くの顧客事例の一つに過ぎないのです。

第4四半期は、当社のパートナー・エコシステムにとっても記録的な四半期となりました。2022年度を合計すると、パートナーエコシステムから大きなレバレッジを得ることができました。この年、パートナーストアのエンディングARRは前年比83%増、MSSPビジネスは200%以上の成長を遂げました。

当社のアーキテクチャは、市場で見られる他のどのベンダーとも根本的に異なります。当社の技術的な優位性は多岐にわたりますが、そのすべては、最初からプラットフォームを設計する方法から始まります。競合他社がバッチモードで動作し、エンドポイントにデータを保存することに苦労する中、こうした基礎的なアーキテクチャ要素が高い参入障壁を作り出していると考えています。

私たちは、プラットフォーム全体にわたって、技術的なリーダーシップを発揮し続けています。昨日発表したように、Humioはストリーミング・インデックス・フリー・データ・インジェストの標準となり、1日あたり1ペタバイト以上のデータ・インジェストという新しいベンチマークに到達しました。CrowdStrikeは今後もHumioエンジンのスピードとスケールを活用し、XDR分野でのポジションを拡大していく予定です。

CrowdStrikeは単なるエンドポイントプロバイダーではない、という私の言葉をお聞きになったことがあると思います。当社のプラットフォーム戦略の成功は、多くのモジュールから得られる高い成長率と、前四半期に引き続き一貫して増加している強力なモジュール導入指標に反映されています。

第 4 四半期には、4 つ以上、5 つ以上、6 つ以上のモジュールを保有する契約顧客がそれぞれ 69%、57%、34% に増加しました。新規顧客と既存顧客の両方が、コアエンドポイント以外のセキュリティ課題を解決するためにファルコンをますます信頼しているため、複数の製品分野がARRの成長に大きく寄与しています。私たちは、従来のエンドポイントプロテクション以外のユースケースを解決する新興の製品から多大な成長を見ています。これには、discover、spotlight、ID保護モジュール、Humioが含まれます。このグループのARRは前年比100%以上の伸びを示し、2022年度末のARRに1億5700万ドル貢献しています。

これらのモジュールの期末ARRは前四半期比30%増で、第4四半期の純新規ARRの約17%を占め、当社の事業全体にとって大きな成長ドライバーとなっています。

これらの隣接領域における当社のこれまでの成功は、中核となる次世代AVやEDR以外のプラットフォームの拡張性、当社が収集するデータ、新たなTAMにアクセスするための有意義な進出を実現する能力などを物語っています。

モジュールの観点から展開環境の観点に変えると、当社のパブリッククラウド事業は、第4四半期に1億ドルのマイルストーンを超え、期末ARRは1億600万ドルに達しました。このマイルストーンには、クラウドランタイムプロテクションやCSPMモジュールなど、パブリッククラウドに展開される当社のモジュールが含まれています。

このビジネスには、今年を終えるにあたり、非常に大きな勢いがあります。クラウド展開のレンズで見た場合、当社の事業の終了ARRの伸びは、事業全体の伸びを上回り、前四半期比20%増、第4四半期の純新規ARRの約8%を占めました。クラウドのワークロードは敵対勢力に狙われつつあり、その大部分が保護されていないため、2023年度以降に大きな成長機会があると考えられる。

市場ダイナミクスに移ります。私たちの市場には強力な追い風が吹いており、こうしたトレンドがすぐに弱まる兆候は今のところ見られません。また、敵対勢力もその勢いを弱めておらず、むしろその逆です。最新のグローバル脅威レポートでも紹介したように、2021年はランサムウェア関連のデータ流出が82%増加し、疲れを癒すことができませんでした。

ここ数週間の国家的な出来事が示すように、サイバースペースは、陸、空、海、宇宙と並ぶ戦争の5番目の次元として、中心的な舞台となっています。サイバースペースには国境がなく、サイバー攻撃の半径は無限です。NotPetyaで見られたように、攻撃は意図した標的をはるかに超えて拡大するため、すべての組織と政府を危険にさらしています。

昨年、私たちが観測した攻撃の62%は、マルウェアを使用しないもので、そのほとんどが個人情報の漏洩を伴うものでした。電子犯罪者も国家レベルの敵も同様に、エンドポイントやクラウド環境の脆弱性を悪用し、従来の防御策を回避するためにIDや盗んだ認証情報を利用する手口を強化し続けるだろうと予測しています。

脅威が高まる環境において敵の戦術が進化することに加え、組織は継続的なセキュリティスキルのギャップに対処しなければならず、このことがファルコンの完全版に対する需要を高めていると見ています。

これは、業界初のマネージドアイデンティティソリューションであり、お客様が高度な攻撃から保護し、侵害を阻止するためにセキュリティチームを拡張するための新しい方法です。

さらに、組織がデジタル変革を受け入れ、より多くのワークロードをクラウドに移行しているため、攻撃対象は急速に拡大し、デジタルサプライチェーンは拡大を続けています。当社のTAMは拡大を続けており、これらすべての要因が、当面の間、市場の持続的な成長につながると考えています。

また、レガシーエンドポイントベンダーを駆逐するための非常に有利な競争環境と数年にわたるランウェイが継続しており、企業がセキュリティスタックの変革を目指している中で、当社の成長を後押ししています。

バートに話を譲る前に、私たちが見ている全体像について、最後に考えを述べたいと思います。冒頭で申し上げたように、EPP 市場でのリーダーシップの強化に加え、当社の成長と規模拡大の原動力となるベクトルが複数存在するため、当社の中核とは見なされない場合もあります。私たちは、非常に慎重かつ意図的に市場に参入することを選択してきました。エンタープライズリスクは、エンドポイントやワークロード、アイデンティティ、データという3つの重要な分野に集約されつつあり、これらはすべて当社が投資やイノベーションを行い、CrowdStrikeのミッションの中核と位置付けている分野です。これらの領域は組織にとって最大のリスクであり、これらの市場における従来の製品は脆弱で複雑であり、お客様に価値を提供するのに苦労しているため、お客様は最も緊急なセキュリティニーズを解決するためにファルコンプラットフォームにますます注目するようになっています。

エンドポイントやワークロードにおける我々のフットプリント、我々が収集するデータ、我々のアーキテクチャとセキュリティクラウドの優位性を考えると、我々は、ログ管理、SIM、観測性など、これらの新たなカテゴリーにおいて革新と破壊を行いながら、顧客の多くの問題を解決するアプローチに大きな整合性と大きな機会を感じており、これはエンドポイント保護と同様にこれらの新しい市場における我々の強さの高まりにも反映されています。

最後に、世界中のCrowdStrikerの皆さんの、お客様を守るためのたゆまぬ努力と、それが最終的に当社の財務的な成功につながることに感謝したいと思います。私は、CrowdStrikerが日々実践しているコミットメントレベルの実行とハードワークに、謙虚さとインスピレーションを感じています。彼らは、第4四半期のような結果を可能にする日常のチャンピオンなのです。ありがとうございました。

それでは、決算の詳細について、バートに話を聞いてみたいと思います。

バート・ポッドベア

ジョージさん、ありがとうございます。そして皆さん、こんにちは。まず最初に、特に断りのない限り、本日の私の発言で述べた収益以外の数値はすべて非GAAPです。

本日の業績には、SecureCircle社の買収が含まれていますが、この買収は第4四半期のARRに100万ドル未満しか寄与しておらず、売上、ARRともに僅少なものであることを申し添えます。セキュアサークルの買収により、当四半期は26社の新規顧客を獲得しました。

当社は、驚異的な1年を締めくくるべく、再び例外的な業績を達成しました。最終的なARRは17億3,000万ドル超となり、1年を終えました。2022年度には、ARR65%増、総収入66%増、営業利益215%増、純利益157%増、フリーキャッシュフロー4億4200万ドル(収入の30%)の記録を達成しました。これは、CrowdStrikeが2年連続で30%以上のフリーキャッシュフローマージンを達成したことになり、当社の目標モデルに沿ったものとなっています。

重要なのは、積極的に事業投資を行い、卓越したチームを46%拡大しながら、こうした結果を達成できたことです。この好調な業績は、明確なミッションとクラウドネイティブなアーキテクチャに加え、当社のビジネスの基本が、SaaSのリーダー企業の特徴である、市場を変革し支配するようになった特徴を備えていることを示していると考えています。この特徴には、増え続ける規模での急成長、クラス最高の売上維持率、不変の市場力学、高まるリーダーとしての地位、驚異的なフリーキャッシュフローを提供できる高いレバレッジのかかるモデルなどがあります。市場での独自のポジションを生かし続けることで、CrowdStrikeの最良の日が来ることを確信しています。

さて、第4四半期に話を移します。新規ARRの伸びは2四半期連続で加速しました。第4四半期の需要は幅広い分野に及び、事業の複数の分野における強さに後押しされました。これは、当社の主力製品が引き続き顧客に強く受け入れられていること、ID保護、ログ管理、クラウドなどの新しい製品イニシアティブが成功を収めていること、過去最高の拡張事業、そして引き続き急速な新規顧客獲得が行われていることを反映しています。

純新規ARRは52%増加し、2億1,690万ドルと過去最高を更新しました。純新規ARRの構成は、2つの大口顧客がそれぞれ約8桁の純新規ARRに貢献しましたが、案件の規模によって非常にバランスが取れています。これは、当社がエンタープライズセグメントにおいて引き続きリーダーシップを発揮し、取引規模を拡大し、製品の差別化により価格競争力を高めていることを表していると考えています。

ドルベースの純保有率は、再びベンチマークを上回りました。引き続き、ランド&エクスパンド戦略の成功に非常に満足しています。年末時点のグロス保持率は98.1%と引き続き高く、クラス最高水準にあります。ドルベースの純保有率は、年間を通じてベンチマークである120%を上回りました。2022年度末のネット保持率は123.9%で、基本的には昨年と同様の水準ですが、ベースはより大きくなっています。

2022年度中間期のネット・リテンションは、第3四半期が121.8%、第2四半期が120.4%、第1四半期が123.4%となりました。当社のプロフェッショナルサービス組織は、ファルコンプラットフォームの強力なリードジェネレーション・エンジンとなっています。2020年2月1日以降に初めて顧客となった組織のうち、それらの顧客が当社のインシデントレスポンスまたはプロアクティブサービスへの初回エンゲージメントに費やした1ドルごとに、1,000ドルの報酬が発生します。2022年1月31日現在、それらのサブスクリプション契約に対して、昨年報告した5.51ドルを上回る平均5.71ドルのARRを導き出しました。

損益計算書に移ります。総売上は、昨年度第4四半期比63%増の4億3,100万ドルに達しました。サブスクリプション収入は前年同期比66%増の4億540万ドル。プロフェッショナルサービスの売上は2,560万ドルで、6四半期連続で新記録を達成し、前年同期比26%増となりました。

第4四半期の総粗利益率およびサブスクリプションの非GAAPベースの粗利益率は、それぞれ77%および79%と比較的安定しています。当社は需要の拡大に対応するための投資を継続しており、サブスクリプションの売上総利益率の高さには引き続き 満足しています。第 4 四半期の非 GAAP 型の営業費用合計は、前年同期の 1 億 7,030 万ドル(売上高比 64%)に対し、約 2 億 5,080 万ドル(同 58%)となりました。第4四半期のマジックナンバーは1.3であり、これは目前にある市場機会をより多く捉え、世界的に拡大するための投資を継続的に行っているためです。

当社の優れたユニットエコノミクスが継続していることは、当社の市場参入エンジンの効率性と、あらゆる規模のお客様を迅速に取り込みサポートする能力の高さを物語っています。また、1.3というマジックナンバーは、膨大な市場機会を考えると、さらに投資を増やすべきであると考えています。

今年度創出したレバレッジは、当社のモデルが効率的であることを示すものであり、新技術、新たな海外地域、その他のマーケティングプログラムへの投資を強化し、積極的な採用を継続することが可能です。私たちは、現在行っている投資が長期的な持続的成長につながり、信頼できるセキュリティパートナーとして選ばれる極 めて重要な地位を維持できると考えています。

第4四半期の非GAAPベースの営業利益は前年同期比134%増の2倍以上となり、過去最高の8040万ドルに達し、営業利益率は前年同期比で約6ポイント改善し19%に達しました。第4四半期のCrowdStrikeに帰属する非GAAPベースの純利益も2倍以上に増加し、過去最高の7,040万ドル(希薄化後1株当たり0.30ドル)を達成しました。第4四半期のCrowdStrikeに帰属する非GAAPベースのEPSの計算に使用された当社の加重平均普通株式は、希薄化ベースで約2億3800万株でした。

第4四半期は、強固なバランスシートで終了しました。現金および現金同等物は約20億ドルに増加し、SecureCircleの買収に伴う6100万ドルの現金支払(取得現金控除後)およびHumioの買収に関連するIP移転税の現金支払約7000万ドルが反映されています。

第4四半期の営業キャッシュフローは過去最高の1億5,970万ドルで、フリーキャッシュフローは売上高の30%に相当する1億2,730万ドルに増加しました。フミオの買収に関連する約7,000万ドルの知的財産移転税の支払いを除くと、第4四半期のフリーキャッシュフローは約1億9,700万ドル(売上高の46%)、通期では5億1,200万ドル(同35%)だったことになります。

ガイダンスに移る前に、モデリングに関するいくつかの注意事項を説明したいと思います。まず、第1四半期は過去最高のパイプラインで臨んでいることを申し添えます。第4四半期は、2つのアカウントがそれぞれ約8桁の純新規ARRに貢献するなど、素晴らしい業績でしたので、第1四半期の純新規ARRをどのように考えるか、その枠組みを提供したいと思います。

ご記憶の通り、昨年は第1四半期に大幅なオーバーパフォーマンスを示しましたが、これは通常の季節性を示すものではありませんでした。それ以前の年と同様、新規連結売上高は11%から13%程度の季節性があり、第4四半期に大きく寄与した2社を調整した後の今期第1四半期は、この季節性が期待され、当社の収益ガイダンスにもそれが示唆されています。

次に、将来の成長と規模の拡大に向けた投資を継続し、サプライチェーンの遅延の可能性に先んじて投資を行うため、2023年度の売上高に対する設備投資の割合は10%から12%になると予想しています。これらの投資は、下期よりも上期に比重が高くなると予想しています。同時に、フリー・キャッシュ・フロー・マージンは、下半期に比重を置きつつ、通期で売上高の30%を維持する計画です。

ガイダンスに移ります。新年を迎え、好調なパイプラインを有する当社は、当社の製品に対する需要や、当社の成長を促進する強力な経 済的トレンドについて、引き続き楽観的な見方をしています。

2023年度第1四半期の売上高は、前年同期比52%~54%増の4億5,890万ドル~4億6,540万ドルを見込んでおり、サブスクリプション収入が主な成長ドライバーとなる見通しです。非GAAPベースの営業利益は6170万ドルから6640万ドル、非GAAPベースのクラウドストライクに帰属する純利益は5200万ドルから5670万ドルの範囲になると予想しています。CrowdStrikeに帰属する希薄化後の非GAAPベースの1株当たり純利益は、希薄化後の加重平均株式数2億4000万株を利用して、0.22ドルから0.24ドルの範囲になると予想しています。

2023年度通期の総収入は、前年度比47%から49%の成長率を反映し、21億3310万ドルから21億6320万ドルの範囲になると現時点では予想しています。非GAAPベースの営業利益は、2億8,920万ドルから3億1,180万ドルとなる見込みです。2023年度のCrowdStrikeに帰属する非GAAPベースの純利益は、2億5110万ドルから2億7360万ドルになると予想しています。

希薄化後の加重平均株式数2億4300万株を利用した場合、CrowdStrikeに帰属する非GAAPベースの1株当たり純利益は1.03ドルから1.13ドルの範囲になると予想しています。4月7日に予定されている次回の投資家向けウェビナーで、当社の事業についてさらに詳しく説明できることを楽しみにしています。

それでは、ジョージと私が質問をお受けします。

質疑応答

運営者

ありがとうございました。[最初の質問は、バークレイズのサケット・カリアさんからです。どうぞよろしくお願いいたします。

サケット・カリア

わかりました。素晴らしい。どうも、皆さん。私の質問を聞いてくださってありがとうございます。ジョージさんにもお願いします。まず最初に、エンドポイント以外の製品について、多くの有益な情報を提供してくれています。1つだけお聞かせください。Preemptについては、ここ数四半期で人気が出てきたモジュールだと思うのですが、もう少し詳しく教えてください。競合他社との差別化について、もう少し詳しく教えてください。また、ディールサイズにどのように貢献するのでしょうか。

ジョージ・カーツ

ありがとう、Saket。当社のアイデンティティ・ゼロ・トラスト・モジュールを見てみると、Preemptの買収で生まれたものがプラットフォームに統合され、シームレスなものとなっています。脅威の環境について考えてみると、アイデンティティやディレクトリ・サービスを悪用した侵害が多く発生しており、これらのアカウントがどこにあり、誰が特権アカウントにアクセスできるのかを理解するだけでも、大規模なコンプライアンスの問題があるからです。

ですから、これは非常に差別化されたモジュールです。競合他社には、これに匹敵するようなものはありません。このモジュールの機能、Preemptチームから得たAIアルゴリズム、そしてこの分野における私たちの専門知識は、他の追随を許しません。

そのため、このプラットフォームは他の多くのプラットフォームと差別化するための大きな手段となっています。そして、これは私たちにとって絶対的な強みとなっています。また、CrowdStrikeが自社のプラットフォームを考える上で、重要な部分である統合を正しく行うために、時間と労力をかけてきたと思います。

サケット・カリア

ありがとうございました。

運営担当者

ありがとうございました。次の質問は、JPMorganのSterling Autyからです。どうぞよろしくお願いいたします。

スターリング・オーティー

はい、ありがとうございます。どうも皆さん。あなたが話してくれたクラウドセキュリティの機会に焦点を当てたいと思います。クラウドのセキュリティ・スタックはどのように見えるのでしょうか?また、オンプレミスでエンドポイントを獲得する場合と比較して、どの程度の割合を獲得できるとお考えでしょうか。

ジョージ・カーツ

もちろんです、ありがとうございます。クラウドビジネスについて考えてみると、私たちはクラウドの普及率についてきちんと説明をしていると思います。私たちにとって、クラウドはまだ未開拓のビジネスチャンスです。1つはランタイムプロテクション、もう1つはクラウドセキュリティポスチャーマネジメントという2つの非常に重要な分野をカバーしています。どちらか一方しか持っていない企業もあります。ファルコンのコントロールプレーンに統合されているため、非常に効果的です。また、攻撃の指標を特定する機能も備えており、これは単なる設定ミスとは大きく異なるものです。

これらを組み合わせて、コンテナやKubernetesクラスタ、構成、脆弱性の有無、従来の仮想化、その間のすべてについて考えるとき、私たちは、人々がランタイム保護の可視化に求めているセキュリティスタック全体の大きな部分をカバーしているのです。

ですから、私たちはまだ初期段階にあると感じています。私たちは、エージェント側にも、クラウドのセキュリティ・ポスチャー管理でエージェントレスを実現するものにも、優れた技術を備えています。しかし、私たちはDevOpsチームがCICDパイプラインの一部としてこれを実装できるように、非常に簡単かつ効果的にすることができます。

スターリング・オーティ

了解しました。ありがとうございました。

オペレーター

ありがとうございました。次の質問は、ウェルズ・ファーゴのアンドリュー・ノビンスキーからです。お待たせしました。

アンドリュー・ノウィンスキー

ありがとうございます。今期も素晴らしい四半期になり、おめでとうございます。さて、前回のリセラー調査では、CrowdStrikeがトップという結果でした。リセラーやチャネルパートナーとの関係で、何か変化があったのでしょうか。また、前四半期のCISAの案件が、米国連邦政府の市場に影響を及ぼしているのかどうか、お聞かせください。

ジョージ・カーツ

そうですね、ありがとうございます。パートナーの機会やCrowdStrikeについて考えるとき、まず、私たちはパートナー第一の企業です。私が設立した会社です。そのことに変わりはありません。パートナーには多くの分野があり、従来の再販業者からマネージド・サービス・プロバイダー、クラウドプロバイダー、そして先ほどお話したAWSのようなハイパースケーラーまで、あらゆる企業が含まれます。

では、なぜ私たちはそこで成功したのでしょうか。それは、パートナー企業と競合するのではなく、パートナー企業が行おうとしていることを補強するという正しいアプローチを取ってきたからです。マネージドサービスの世界では、マネージドサービスプロバイダーが、他のサービスを提供するための最適なエンドポイントプラットフォームを探していることがわかります。

私たちは、そのような分野で彼らが持っているサービスを補完する方法を見つけ出し、非常に効果的なものにしたと思います。そしてもちろん、お客様は私たちの技術を求めています。そしてもちろん、お客様は私たちのテクノロジーを求めています。ですから、私たちはこれからもそうしていくつもりです。また、マネージドサービスやクラウドプロバイダー、従来の再販業者における当社の成功について、いくつかの素晴らしい証拠を提示できたと思います。

また、CISAについては、連邦政府において素晴らしい検証を受けることができました。私は最近、ワシントンに滞在したことがあります。私たちの技術がついにワシントンでも使えるようになったということで、大変な盛り上がりを見せています。ご存知のように、連邦政府で販売するためには、さまざまなコンプライアンスや認定を受けなければなりませんが、私たちはそれをクリアしてきました。そして、現在もさまざまなレベルでその作業を続けています。また、この分野では、お客さまがこれまで抱えていた老朽化した技術に関心を寄せていることもあり、大きなビジネスチャンスが広がっています。この点については、まだまだこれからですが、現在も将来も、この機会に大いに期待しています。

オペレーター

ありがとうございました。次の質問は、Truist の Joel Fishbein 氏からです。どうぞよろしくお願いします。

ジョエル・フィッシュバイン

ありがとうございます。ジョージに簡単な質問と、バートへのフォローアップをお願いしたいのですが。ジョージ、あなたはファルコンXDRモジュールのGAを行ったばかりですね。この分野では、いろいろな雑音があると思います。ファルコンXDRについて、また、他の製品との違いについて教えてください。また、なぜそれが重要なのでしょうか?

ジョージ・カーツ

XDRについて考えるとき、それは単なるマーケティングの頭文字をとったものではありません。私たちが過去に経験したのは、あらゆる形や規模の組織、セキュリティ企業が、レガシーなものにXDRを付けようとしたことです。それは正しいアプローチとは思えません。まずは市場で最高のEDRを導入し、それを拡張していくことが必要だと考えています。

私たちのEDRは最高だと信じていますし、さまざまな場所で何度も検証されてきました。そして、Humioの非常にパワフルで高速かつ効率的なストリーミングエンジンを活用することで、このようなことが可能になりました。先ほどペタバイトベンチマークの話をしましたが、このエンジンと脅威グラフを組み合わせ、その上にAIを適用し、融合技術を活用して最高の脅威検出結果と応答を得ることができます。

このように、私たちはまだ初期段階にいます。もちろん、ローンチしたばかりです。多くのお客様と一緒に取り組んでいます。さらに統合を進めています。しかし、私たちはこの技術にとても期待しています。この技術はSIM市場を席巻するものであり、私たちはその技術を獲得するための完璧なポールポジションにいると考えています。

オペレーター

ありがとうございました。次の質問は、ジェフリーズのブレント・ティルさんからです。どうぞよろしくお願いいたします。

ジョー・ギャロ

やあ、みんな。Brentに代わってJoeが登場しましたね。質問をありがとうございます。追加の情報開示に本当に感謝しています。バート、2023年度の収益について、信じられないような結果と素晴らしいオープニングガイドを発表しましたね。その方法を教えてください また、あなたが通常行っているオープニングガイダンスの方法と何か変わりましたか?また、コアエンドポイント以外の収益の構成比はどの程度になると予想されますか?また、2023年度の売上高と営業費用に対するインフレの影響はどのようなものでしょうか。ありがとうございます。

バート・ポッドベア

ジョー、ありがとうございます。方法論としては、何も変わっていません。私たちは、見たままをお伝えしています。テーブルを動かすことはしません。ですから、まったく変わりません。コアエンドポイント以外の追加的な市場の獲得についてのご質問ですが、私たちの勢いについては、これまでにもいくつかご説明してきたと思いますが、今回は、コアエンドポイント以外の追加的な市場の獲得についてご説明します。

その勢いは衰えていませんし、中核製品にもモーゲージの新興製品にも期待しています。このように、パイプラインと目の前のビジネスチャンスについて考えるとき、私たちはその両方についてとてもわくわくします。さらに掘り下げると、これらの機会を世界最大の企業や小規模な企業に販売できることにも興奮しています。このように考えています。

運営担当者

ありがとうございました。次の質問は、RBCキャピタルマーケッツのマット・ヘドバーグさんからです。どうぞよろしくお願いいたします。

マット・ヘドバーグ

素晴らしい。私の質問を受けてくださってありがとうございます。おめでとうございます。ここでお話ししたいことがたくさんあります。バート、私が特に印象に残っているのは、サブスクリプション顧客1人当たりのARRが、何四半期も連続して減少していることです。第3四半期は横ばい、もしくは若干の上昇となりました。しかし、第4四半期は、私の計算では、前四半期比約3%増となり、非常に好調でした。これはクロスセルの能力を示していると思います。来期の見通しについて、サブスクリプション契約者1人当たりの最終ARRについて、どのような前提を置いているのか伺いたい。このまま順次上昇軌道に乗るべきでしょうか。

バート・ポッドベア

正味の新規ARRについて考えるとき、それはどこからでも来る可能性があるからです。新しいロゴから来るかもしれません。新しいロゴから来るかもしれませんし、既存の基盤から来るかもしれません。ご存知のように、私たちの焦点は、どこから来るにせよ、常に新規のARRです。

つまり、新規ロゴを獲得した場合も、既存の顧客から獲得した場合も、営業チームへの報酬は同じにします。つまり、新規のARRに応じた報酬を支払います。どこから持ってこようが関係ないのです。

もちろん、素晴らしいことに、私たちはその両方において非常に大きな余裕を持っています。基盤が拡大していることは、クロスセルの観点からも非常に有効です。しかし、新しいロゴを狙うという点では、まだまだ大きな余裕があります。これは素晴らしいことです。これは、CrowdStrikeがまだまだ発展途上であることを物語っています。というわけで、ご理解いただけると幸いです。

運営担当者

ありがとうございました。次の質問は、バンク・オブ・アメリカのタル・リアーニさんからです。どうぞよろしくお願いいたします。

タル・リアーニ

こんにちは、皆さん。素晴らしい四半期ですね。競争についてお聞きしたいのですが。現在、24のモジュールがありますが、競合他社の状況はいかがでしょうか?モジュールの追加に伴い、競合状況はどのように変化していますか?また、合格率についてお聞かせください。通常、4つ、5つ、6つ以上のモジュールを持っているサブスクリプションのお客様は、何割くらいいらっしゃるのでしょうか。今期は聞かなかったのですが、私が聞かなかっただけかもしれません。では、モジュールの受け入れ率について、最新情報を教えてください。また、新しいモジュールの採用率について少しお話いただけますか?また、過去のトレンドと比較して、どのような立ち上がり方をするとお考えでしょうか?ありがとうございます。

ジョージ・カーツ

はい、ありがとうございます。競合他社を見ると、今期は競合のポイントに句読点を打ったような気がします。成長率、クロスセル、コア製品以外のモジュールなど、様々な面で競争力があります。これほどまでに競争環境が整ったことはありません。今期は最大のパイプラインで臨んでいます。レガシーの世界では多くのリプレースメントを、次世代の世界では多くのリプレースメントを用意しています。また、モジュールによる真に差別化されたプラットフォームは、22種類あります。

エンドポイントやワークロードの保護、可視化、アイデンティティ、SecureCircleなど、他社にはないユニークな機能を備えています。これは、お客様がエージェントを統合し、コストを削減し、より良い結果を得ることができることを理解し、購入しようとしている真のプラットフォームなのです。さらに、SaaSやComplete、OverWatchといった世界トップクラスのサービスを組み合わせれば、間違いなく勝利のコンビネーションとなるでしょう。このように、私たちは競争力強化に全力を尽くし、業界最高のプラットフォームを構築するため、技術革新を続けています。バート、モジュールのテイクレートをお願いします。

バート・ポッドベア

もちろんです。もう一度言いますが、私たちはこの数字をとても誇りに思っています。4モジュール以上のお客様の比率は69%、5モジュール以上は57%、6モジュール以上は34%で、いずれも前四半期より増加しています。

オペレーター

ありがとうございました。次の質問は、ニーダムのアレックス・ヘンダーソンさんからです。どうぞよろしくお願いいたします。

アレックス・ヘンダーソン

ありがとうございました。実は、説明と質問があるんです。まず1つ目は、明確化です。パイプラインが過去最高ということですが、成長率を考えると、それはちょっと投げやりな感じもします。つまり、急成長しているのですから、その成長を維持するためには記録的なパイプラインが必要なのです。

パイプラインとフォードの純新規ARRを比較した場合、パイプラインとフォワードARRの比率は過去最高となるのでしょうか?

それから、もう1つお聞きしたいのは、御社の事業の中でも小さいですが、非常に重要な事業であるサービス事業についてです。

マンディアント社が買収されたこと、あるいは買収が発表されたことで、同社は明らかに、イベントをターゲットとし、それらに対処することに成功した企業の1つになっています。これは、あなたのための道を開くのでしょうか?

私の理解では、Googleは、Mandiantが過去に行ってきたこととは対照的に、主に内部製品に使用することを計画しているようです。そのため、貴社がさらに事業を拡大し、セキュリティ分野で卓越した存在になり、アップセルを獲得するための新たな機会が生まれるのでしょうか。

バート・ポッドベア

アレックス、バートです。ご質問ありがとうございます。まず、最初の明確化されたポイントを私が受け持ち、その後、Mandiantの買収についてジョージに引き継ぎます。このように、今年度に入ってからのパイプは、会社の歴史の中で最も太いパイプであると、私たちは言っています。

このことが新規ARRの面でどのような意味を持つかについては、他の皆さんや電話会議に参加された皆さんにお任せしたいと思います。しかし、一般的には、これまでお話ししてきたような事業の勢いとあいまって、今年をとても良い気持ちでスタートできると思います。それでは、後半の質問についてはジョージにお願いします。

ジョージ・カーツ

それでは、バートさん、ありがとうございました。そしてまず、ケビンとチーム全員を祝福したいと思います。私はケビンと何年も前から知り合い、カルストーン社で一緒に仕事をしてきました。

ですから、私たちは彼らとの提携を続けています。CrowdStrikeのもう一つの大きなパートナーであるGoogleの一員となることは、素晴らしい機会だと思います。ですから、この2つの組織は非常に理にかなっていると思います。

CrowdStrikeには世界トップクラスの能力があります。私たちの技術は、Mandiantのソリューション全体に付加価値を与えることができると考えており、それがどのように進展するか、また、Mandiantとの提携を継続することを楽しみにしています。ですから、全体として、すべての関係者にとってポジティブなネット・ネットになると思います。

運営担当者

ありがとうございました。次の質問は、シティのファティマ・ブーラニさんからです。どうぞよろしくお願いいたします。

ファティマ・ブーラーニ

こんにちは。私の質問を聞いてくださってありがとうございます。バート、ひとつお願いがあります。2023年度の営業利益ガイダンスを拝見したところ、60%近い営業利益の伸びを示唆しています。これは、売上高が49%という高水準のガイダンスであることと比較してのことです。そこでお聞きしたいのは、営業利益の伸びが売上高の伸びを上回る要因にはどのようなものがあるかということです。また、出張費や経費がCOVID導入前の水準に戻ること、そして率直に言って、人材維持や人材獲得コスト、賃金インフレが同業他社の2倍程度になることに対して、どのような配慮をされているのでしょうか。このあたりについて、何かご意見はありますか?また、ガイダンスにあるように、このような傾向にどのように対処してきたのか、教えていただければと思います。以上です。ありがとうございました。

バート・ポッドベア

もちろんです、ファティマ。質問をありがとうございました。まず最初に、私たちがガイドを見るとき、もちろん、収益面では必ずしも似ていないものを見るのではなく、見えているものを見るということから始めさせてください。そして、私たちのモデルの力について考えます。私たちのモデルには多くのレバレッジがあります。ユニットエコノミクスは実に強力で、その結果、積極的な投資を継続することになり、それはガイドに反映されています。

このガイドを形成する要因はいくつかあると思います。ひとつは、私たちにとって多くの追い風が吹いていることです。事業には勢いがありますから、規模や売上高をどう考えるかは、マージンガイドをどう考えるかという点で大きな役割を担っています。

しかし、インフレのようなことも考慮に入れていますし、人材に関しても、当社だけでなくこの業界の他の企業も含めて、日々人材争奪戦が繰り広げられていることを考慮しています。これまでのところ、私たちは本当にいい仕事をしてきましたが、採用という点ではペダルを踏み続けることになります。

それから最後の質問ですが、旅行については、昨年よりも多くなると思います。もちろん、今年のパンデミックがどうなるかによるのですが。しかし、私たちはより多くの旅行を計画しています。私たちは、人々が集まることを望んでいます。コラボレーションをしたい。一方では、お客さまのところへも行ってみたい。

一方、CFOは皆、過去に何が行われたか、そして未来をどう考えるか、出張の最大かつ最良の使い方を模索していると思いますし、私も例外ではありません。ですから、私はこの機会を利用して、私たちがまさにそうしていることを確認するために、すべてのコントロールが整っていることを確認し、旅行のための最も高く最も良い使用ドルを探していることを確認するつもりです。そして、そのことに誰もが感謝することでしょう。また、会社としても、技術から市場開拓、財務まで、ビジネスのあらゆる側面において、本当に、本当に、本当によく整備された会社であることを示すことができたと思います。質問の答えになれば幸いです。

オペレーター

ありがとうございました。次の質問は、ウォルフ・リサーチのジョシュア・ティルトンさんからです。どうぞよろしくお願いします。

ジョシュア・ティルトン

私の質問に答えてくれてありがとうございます。質問させてください。また、エンドポイントモジュールの需要とクラウドセキュリティおよびアイデンティティモジュールの需要を比較対照して教えてください。この3つのカテゴリーのうち、最も需要が高いのはどこでしょうか。また、1年前の今頃と比較してどうでしょうか。

ジョージ・カーツ

エンドポイントセキュリティモジュールとアイデンティティを見ると、そこは一緒になっています。エンドポイントセキュリティモジュールを購入する主な理由は2つあり、1つは保護と可視化です。IDモジュールは新しいモジュールなので、IDを持たない多くのお客様にとっては、既存のプラットフォームにIDを追加できる絶好の機会だと思います。この場合も、私たちが構築したアーキテクチャを利用すれば、アクティベーション以外に必要なことはあまりありません。

それから、一般的に他のモジュールを見てみると、脆弱性管理は非常によくできています。環境にはたくさんの脆弱性があります。資産とその構成、衛生状態を理解することは、資産を守る上で非常に重要です。そして、今日のような分散型の世界では、境界線がありません。すべてのシステムはどこにあっても同じです。そのため、このレベルの保護の可視化と、脆弱性を把握する能力が必要になります。このように、コアエンドポイントプロテクション以外のモジュールの成長にも満足していますし、これらの分野での継続的な成長にも期待しています。

運営担当者

ありがとうございました。次の質問は、Piper Sandler の Rob Owens です。どうぞよろしくお願いいたします。

ロブ・オーエンス

素晴らしい。私の質問を聞いてくださってありがとうございます。最近発表された重要インフラ防衛プロジェクトについて触れていただければと思います。どのような経緯でこれらのベンダーが参加することになったのでしょうか。また、より広い意味で、次世代技術に対して、これらの業種はどの程度保護されていないのでしょうか。ありがとうございました。

ジョージ・カーツ

はい、もちろんです。ロブ 私たちは、この業界で私たちがお手伝いできることはないかと、いくつかの部品と一緒に考えることが適切だと思いました。重要なインフラや、政府が本当に心配している病院、パイプライン、そのような性質のものを見てみましょう。それらを保護することは、非常に重要です。このような分野では、強制力のある基準はあまりありません。また、さまざまな理由で保護が行き届かないことも多々あります。

ですから、私たちの技術を一定期間提供することは、正しいことだと思いました。そして、これまで保護が十分でなかった場所でも、うまくいけば保護の針を動かすことができるだろうと考えています。そして、それがビジネスの観点からどのような結果をもたらすかを見極めたいと思います。しかし、何よりもまず、私たちは正しいことをしようとしているのです。

運営担当者

ありがとうございました。次の質問はベアードのジョナサン・ルイケーバーからです。どうぞよろしくお願いします。

ジョナサン・ルイクハーバー

はい、みなさん。おめでとうございます。無料版について、Humioのコミュニティ版について、もう少し詳しく教えてください。HUMIOのコミュニティ・エディションもそうですが、ある種の機能を導入されたと思います。営業活動をどのように考えているのでしょうか。今後、より広範囲に無料層を導入する機会があるのでしょうか。

ジョージ・カーツ

そうですね、はい。ファルコン・フュージョンについて少しお話しますと、これは店舗の機能です。ファルコン・フュージョンの優れた点は、プラットフォームに組み込まれていることです。ファルコンのお客様であれば、これを手に入れるだけで、お客様から非常に好評を得ています。また、自動化は競合他社をはるかに凌駕しており、当社のXDR対応戦略にもつながっています。そして、それはシームレスに組み込まれているのです。しかも、XDRのレスポンス戦略と連動しています。だから、本当に満足しています。しかし、このシステムを導入したことを周知徹底させる以外には、それほど多くのことを行う必要はなく、私たちにとって差別化要因となっています。

Humioコミュニティの追加について考えてみると、これはDevOpsの世界において、クラウドの保護だけでなく、観測可能性においても、私たちが本当に良い進出を遂げることができた核心に触れるものだと考えています。Humioの大きな成功例についてお話しました。その中には、セキュリティに関連しないものもあります。それは単に観測可能性です。このテクノロジーの素晴らしさは、あらゆるソースからデータを取得し、あらゆる質問に大規模に回答することができる点です。

コミュニティへの追加も、非常に好評です。使っている人はもちろん、「素晴らしい技術だ」「もっと知りたい」と言っています。もっと知りたいし、ライセンスについても考えたい。

CrowdStrikeの電子商取引とプラットフォームは、ビジネスの観点からできること、そしてそれがCrowdStrikeにもたらす販売効率の点で、率直に言ってあまり評価されていないように思います。

運営者

ありがとうございました。次の質問は、オッペンハイマー社のイッタイ・キドロンさんからです。どうぞよろしくお願いします。

Ittai Kidron

ありがとうございます。どうも皆さん。素晴らしい四半期になりました。2つほどお話があります。ジョージ、まず、新しいモジュールについてです。新しいモジュールについてですが、非常に順調に進んでいるようですね。しかし、このようなソリューションで実際に第一審を受けた顧客はどの程度いるのでしょうか?

また、バートさん、営業利益率の面でも素晴らしい成果を上げていますね。営業利益率の目標値にほぼ達しているようですが、いよいよ上げる時期が来たのでしょうか?

ジョージ・カーツ

そうですか。では、最初のほうをお願いします。お客様の着地点を考えるとき、いくつか例を挙げてみましょう。つまり、クラウド・ワークロード・プロテクション、クラウド・セキュリティ・コーション・マネジメントの地平線です。もちろん、ファルコンを従来のエンドポイントに導入する前に、まずそこに着地させることができます。これはHumioでもよく見られることです。

アイデンティティーのようなものについて考えるとき、それが私たちに電話をかけてくる理由の原動力となります。既存のソリューションを見て、エンドポイント・アイデンティティの領域でソリューションが必要だと言っているのです。エンドポイント・アイデンティティの領域でソリューションが必要なのですが、それを提供してくれるのはあなた方だけです。そして、伝統的に、他の何か、おそらくエンドポイント検出やEDRと一緒に、そのソリューションを導入することになります。我々のモデルの優れた点は、単一エージェントが一度だけデータを収集すれば、すべてのモジュールが利用可能になることです。

つまり、一度エージェントをシステムに取り込めば、あとはモジュールの観点からすべて開放されるのです。つまり、さまざまな需要要因があるわけです。また、クラウド・ワークロード・プロテクションやクラウド・セキュリティ・ポスチャー・マネジメントのように、特定のテクノロジーをリードして販売し、組織内の別の場所にクロスセルすることができるのは、当社にとって当然のことなのです。バート

バート・ポッドベア

ジョージさん、ありがとうございます。Ittaiさん、ご質問ありがとうございました。さて、まず第一に、私たちの業績は上にも下にも非常に満足しています。このガイドには、私たちが今年本当にやりたいこと、つまりビジネスへの積極的な投資が反映されていると思います。私たちの目の前にあるのは、このチャンスです。とてつもない需要があると思います。私たちにはとてつもなく大きなチャンスがあり、それを狙っているのです。

だから、私たちはそのすべてを考慮に入れてガイダンスを出したのだと思います。ですから、現在の状況について、私はとても良い感触を持っています。もちろん、ユニットエコノミクスや評価指標は、どのようなガイドをするかということに関して、その決定を左右するものですよね?これが私たちのビジネスの素晴らしいところですね。そして今、そのレバレッジを利用して、事業に積極的に投資しようとしているのです。

運営者

ありがとうございました。最後の質問は、みずほのグレッグ・モスコウィッツさんです。どうぞよろしくお願いします。

グレッグ・モスコウィッツ

こんにちは、どうもありがとうございます。時間の都合上、1名様までとさせていただきます。フォーチュン500の半数以上を占めるようになったわけですね。また、過去12ヶ月の間に、フォーチュン500のうち77社を獲得されました。この2つの数字は、まさに驚くべきものです。この件に関して、2つのことをお話ししたいと思います。まず、2023年度を見据えた場合、特に大企業向けの新規顧客開拓のパイプラインはどのようなものでしょうか? また、Fortune 500にランクインしているお客様がCrowdStrikeのサービスを利用して拡大できる可能性はどの程度あるのでしょうか。ありがとうございました。

ジョージ・カーツ

素晴らしい。Fortune 500のうち、クラウン・トラッキングを利用していない顧客や潜在的な顧客はまだ多く、明らかに多くの関心を寄せています。企業のお客様は、スケールの大きな、管理しやすい最高の防御を求めるのであれば、CrowdStrikeは最適なテクノロジーであり、その分野でゴールドスタンダードの評判を築いてきたと理解していると思います。このようなことを申し上げたいと思います。バート、他に付け加えることはありますか?時間がないのは承知しています。

バート・ポッドベア

いい質問ですね。今、私たちはFortune 500の50%以上を獲得しており、非常に満足しています。ジョージは、そして私も、残りの潜在的なビジネスについて考えるとき、やはり企業向けの大きな成功が期待できると思います。ジョージはそこでビジネスを始め、私たちもそこからスタートしました。そしてこれからも、たくさんのチャンスが私たちのところにやってきて、さらに市場を開拓していくでしょう。

100万台のエンドポイントを持つ企業と5台のエンドポイントを持つ企業の両方に対して、同じ技術、同じエージェントを構築することができたことは、大きな成功だったと思います。現在、私たちは16,000社以上のサブスクリプションのお客様を獲得しています。これらのお客様は、クロスセルやアップセルを行うことができます。

さらに、企業、中堅企業、SMBを問わず、膨大な数の新しいロゴを獲得することができます。これが私たちの素晴らしいところです。だからこそ、私たちは……皆さんは私たちの声に興奮を覚えているのです。

では、司会者に話を戻しましょう。

司会者

ありがとうございました。それでは、最後にカーツさんからご挨拶をいただきたいと思います。

ジョージ・カーツ

わかりました。では、本当にありがとうございました。皆様のご健康をお祈りするとともに、次の四半期にお会いできることを楽しみにしています。本当にありがとうございました。

オペレーター

ありがとうございました。皆様、本日のカンファレンスはこれで終了です。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。これにて終了とさせていただきます。良い一日をお過ごしください。

 



 

ABOUT ME
赤虎めだか
こんにちは。【赤虎めだか】です。 よろしくお願いします。 ・アラフィフ(男) ・うお座のB型 ・職業:BPMコンサルタント ・副業で太陽光発電所を2基 ・VTI・GAFAMRをコアに米国株投資を実践 ・趣味はめだかのブリーディングと焼き物(食器)集め