米国株決算

Microsoft Corporation(マイクロソフト)2022年度第2四半期決算【MSFT】

MSFT2022Q2_title

2022年1月25日の引け後にマイクロソフト(ティッカー:MSFT)の2022年度第2四半期決算発表がありました。

概要は以下の通りです。

  • EPS: 予想$2.31に対し、$2.48
  • 売上高:予想509億ドルに対し、517億ドル
  • 売上高成長率:前年同期比+20.1%(前期は+21.8%)
  • プロダクティビティー&ビジネスプロセス部門売上高:159億ドル(前年同期比+19%)
  • インテリジェントクラウド部門売上高:183億ドル(前年同期比+26%)
  • モアパーソナルコンピューティング部門売上高:175億ドル(前年同期比+15%)

 

資料出典:Microsoft社IRページ

 

MSFT-2021-Q1-title
Microsoft Corporation(マイクロソフト)2022年度第1四半期決算【MSFT】2021年10月26日の引け後にマイクロソフト(ティッカー:MSFT)の2022年度第1四半期決算発表がありました。 概要は以下の...

 

カンファレンスコール日本語訳

マイクロソフト・コーポレーション (NASDAQ:MSFT) 2022年第2四半期決算カンファレンスコール 2022年1月25日 5:30 PM ET

会社の参加者

ブレット・イバーセン – ゼネラル・マネージャー兼インベスター・リレーションズ

サティア・ナデラ – 会長兼最高経営責任者

エイミー・フッド – 最高財務責任者

アリス・ホーヤ:最高会計責任者

デピュティ・ジェネラル・カウンセル Keith Dolliver

電話会議参加者

キース・ワイス – モルガン・スタンレー

マーク・モアードラー(サンフォード・C・バーンスタイン

ブレント・ティル(ジェフリーズ

カール・キーステッド(UBS

フィル・ウィンスロー(クレディ・スイス

ブラッド・ゼルニック – ドイツ銀行

リシ・ジャルリア – RBCキャピタル・マーケッツ

オペレーター

それでは、司会者のブレット・イバーセン(インベスター・リレーションズ担当ゼネラル・マネージャー)をご紹介しましょう。ありがとうございます。始めてください。

ブレット・イバーセン

本日はご参加いただきありがとうございます。私と一緒に電話に出ているのは、会長兼最高経営責任者(CEO)のサティア・ナデラ、最高財務責任者(CFO)のエイミー・フッド、最高会計責任者(CRA)のアリス・ホーラ、副参事官(CUE)のキース・ドリバーです。このスライドデッキは、本日の電話会議における私たちの準備された発言を補足するためのもので、GAAPベースの財務指標とNon-GAAPベースの財務指標との差異を調整するためのものです。

特に断りのない限り、この電話ではNon-GAAP指標を参照します。提供されたNon-GAAP財務指標は、GAAPに則って作成された財務業績の指標に取って代わるものではなく、またそれを上回るものでもありません。これらの指標は、投資家の皆様に当社の第2四半期の業績をより良くご理解いただくために、またこれらの項目や事象が業績に与える影響を明確にするために掲載しているものです。

本日の電話会議で行う成長率の比較は、特に断りのない限り、すべて昨年の対応する期間に関するものです。また、為替変動の影響を除いた基礎的なビジネスの業績を評価するための枠組みとして、恒常為替レートでの成長率が入手可能な場合には、それを示します。当社の成長率は恒常通貨でも同じであるため、当社は成長率のみを参照します。

当社の準備した発言は、完全な記録が入手可能になるまで、通話終了後直ちに当社ウェブサイトに掲載します。本日の電話会議はウェブキャストで生中継され、録画もされます。ご質問があれば、その内容はライブ配信、記録、および今後の録音の利用に反映されます。また、マイクロソフトのインベスター・リレーションズ(投資家情報)のウェブサイトでも、この電話会議の再生および記録の閲覧が可能です。

この電話会議では、将来の出来事に関する予測、予想、その他の記述である「将来予想に関する記述」を行います。これらの記述は、リスクや不確実性を内包する現時点での予測および仮定に基づいています。実際の業績は、本日発表した決算説明会資料、電話会議での発言、ならびに米国証券取引委員会に提出したForm 10-K、Form 10-Q、その他の報告書および届出書の「リスク要因」の項に記載されている要因により、大きく異なる可能性があります。当社は、いかなる将来予想に関する記述も更新する義務を負いません。それでは、サティヤに電話をおつなぎします。

サティア・ナデラ

ありがとうございます、ブレット。当四半期は、マイクロソフト・クラウドが引き続き好調で、売上高が220億ドルを突破し、前年同期比で32%増加したことから、記録的な四半期となりました。私たちは今、経済と社会の世代交代の中で生きています。デジタル技術は、制約を克服し、日々の仕事や生活を再構築するために、世界が自由に使える最も柔軟な資源です。私たちは、この新しい時代に人々や組織が成功するのを支援するために、コンシューマー向けとコマーシャル向けの両方の分野で、革新的にポートフォリオ全体を拡大しています。

では、Azureをはじめとする事例を紹介します。すべての企業がデジタルカンパニーになるためには、アプリケーションをどこでも構築、管理、保護、展開できる分散型コンピューティングファブリックが必要になります。当社は、他のどのプロバイダーよりも多くのデータセンターリージョンを有しており、データ回復力の要件を満たしながら、クラウドサービスへの迅速なアクセスを実現しています。AT&Tは、インフラを5Gネットワークエッジにまで拡張し、通信事業者や企業が新しいビジネスモデルを構築し、エンドユーザーに近いところで超低遅延サービスを提供できるよう支援しています。

例えば、AT&Tは5Gネットワークと当社のクラウドサービスを組み合わせて、General Motorsがドライバーに次世代コネクテッド・ビークル・ソリューションを提供するのを支援しています。当社のAzure Arcの顧客数は、前年比で3倍に増加しています。現在、BPからRabobankまで、何千もの組織がオンプレミス、ハイブリッド、マルチクラウドのインフラを統一するための支援を行っています。

また、デジタルとフィジカルの世界が融合することで、スマートファクトリー、スマートビルディング、スマートシティなど、企業のメタバース利用が進んでいます。私たちは、Azure IoT、Digital Twins、Meshを組み合わせて、人、場所、モノをデジタル化し、あらゆるビジネスプロセスを可視化、シミュレーション、分析できるように支援しています。例えば、エコラボはこれらのツールを使って、水管理のモデル化と最適化を行う独自のプラットフォームを構築しています。

また、Azureでは、あらゆる分野で導入が進んでいます。今期は、CVS Health、Johnson & Johnson Medical Devices、Kyndryl、Wells Fargoの各社が、Azureのクラウドを優先的に採用しています。

次はデータです。クラス最高のデータベースやアナリティクスから、AIやデータガバナンスまで、最も包括的なデータスタックを用意し、あらゆる組織がデータを予測力や分析力に変えることができるよう支援しています。Cosmos DBは、あらゆる規模のクラウド・ネイティブ・アプリ開発に最適なデータベースです。データ量とトランザクションは、前年比で100%以上増加しました。Azure Synapseにより、企業のデータウェアハウスとビッグデータ分析の間にある従来の障壁を取り除き、誰もが分析ソリューションをコラボレーション、構築、管理できるようになります。データガバナンスは、重要かつ成長するカテゴリーとして浮上しています。Azure Purviewはこの分野をリードしており、何千もの企業が自社のデータ資産をより完全に把握できるよう支援しています。

AIでは、クラウド上で最も強力なスーパーコンピュータの1つを持っており、新しいモデルをトレーニングするだけでなく、それらをプラットフォームとしてお客様に提供するために使用しています。新しいAzure OpenAI Serviceはプレビュー版で、高度な言語モデルとAzureのエンタープライズ機能を組み合わせています。GitHub Copilotは、この機能を使って、開発者がより良いコードを書けるように支援しています。また、コグニティブサービスの利用状況は引き続き好調で、前四半期には3,000万時間以上の音声が記録され、前年同期の約2倍に増加しました。

さて、開発者の皆様へ。GitHub、Visual Studio、そしてAzure PaaSサービスなど、私たちは、あらゆる開発者がアイデアからコードへ、コードからクラウドへと移行できるよう、最も人気のあるツールを提供しています。

企業が開発者のワークフローにセキュリティを組み込むことを優先するように、私たちはオープンソースを保護するためにGitHubに投資しています。AfterpayやMercariのようなデジタル・ネイティブな企業から、3MやBoschのような既存の企業まで、GitHub Advanced Securityを使ったDevSecOpsのワークフローが増えています。

また、開発を効率化し、モダンで耐障害性の高いクラウドネイティブアプリケーションを構築するために、Visual Studioと、Container AppsやChaos StudioなどのPaaSサービスの両方を利用する企業が増えています。

次はPower Platformです。

ローコード/ノーコードのツールは、あらゆる組織のデジタル能力構築の優先事項として急速に普及しています。

私たちは、Airbus、Centrica、Johnson Controlsなどの組織が、Power Platformの利用を急速に拡大し、ワークフローの自動化、アプリの作成、バーチャルエージェントの構築、データの分析などをエンドツーエンドで行うことができるよう、革新を進めています。

H&Mでは、30,000人以上の従業員がPower Platformを利用して生産性を向上させています。H&Mでは、30,000人以上の従業員がPower Platformを利用して生産性を向上させており、オフィスのキャパシティ管理からチームの目標管理まで、これまでに1,500以上のアプリケーション、フロー、ダッシュボードを作成しています。また、Kroger社では、420,000人以上の従業員が、Power Platform上に構築されたReturn to Workplaceソリューションを利用して、健康状態や予防接種の状況を確認しています。

次に、Dynamics 365についてです。

この経済状況下で需要ショックや供給制約に対抗するためには、すべてのビジネスがハイパーコネクテッド・ビジネスとなり、組織全体でデータ、プロセス、チームを統合する必要があります。

Dynamics 365では、企業がこれらの課題やその他の課題に対処するために、拡大するビジネスアプリケーションのポートフォリオを利用することで、シェアを拡大し続けています。

Dynamics 365 Connected Spacesでは、不動産、小売、工場、建設など、さまざまな業種の企業が物理的なオペレーションを管理するための新しいソフトウェアカテゴリーを構築しています。

ChipotleやHome Depotなどの企業は、Dynamics 365の新しいCustomer Experience Platformを利用してデータを管理し、顧客のタッチポイントをつなげてよりパーソナライズされた体験を提供しています。

Daimler Trucks North Americaは、Dynamics 365 Supply Chain Insightsを利用してサプライチェーンの問題を事前に察知しています。

このサービスは、フェデックスのネットワークから得られるデータとインサイトをDynamics 365と組み合わせることで、ブランドが顧客の注文をより適切に処理し、出荷し、サービスを提供できるようにするものです。

次に、業界向けソリューションです。

ちょうど1年前、フェデックスは最初のインダストリークラウドを発表しました。これは、業界固有のカスタマイズとDynamics 365のスタック全体を組み合わせたもので、お客様が価値創造の時間を短縮し、俊敏性を高め、コストを削減できるよう支援するものです。

現在、6つのインダストリークラウドがあり、Microsoft Cloud全体の利用率を大幅に向上させています。

NRFでは、Ahold Delhaize社やGNC社などの小売業者が、シームレスな顧客体験を提供するために当社のソリューションをどのように活用しているかを紹介し、小売業向けクラウドが注目を集めました。

持続可能性のためのクラウドは、データを統合し、お客様が二酸化炭素の排出量を記録、報告、削減できるようにします。日産自動車をはじめとする業界のリーダーたちは、サステナビリティの目標を達成するためにクラウドを活用しています。

さて、次はLinkedInについて。

より多くの場所でより多くの人々が、どのように、どこで、何のために働くのかを見直す中、私たちは労働市場全体で大規模な再編成を経験しています。

この新しい経済の中で、LinkedInは、クリエイターとそのコミュニティ、求職者と雇用者、学習者とスキル、売り手と買い手を結びつけるという使命を担っています。

前四半期、私たちは再び記録的なエンゲージメントを達成しました。また、LinkedInは、プロフェッショナルなイベントのための世界最大級のプラットフォームとなり、毎週24,000以上のイベントが作成され、150万件のRSVPが寄せられています。

確定した採用数は前年比110%増で、人々がどのように、どこで働きたいかに沿った募集職種を簡単に発見できるツールを追加しました。

起業家精神が高まる中、新しいサービスマーケットプレイスは、300万人近くのフリーランサーや中小企業が新しい顧客を見つけるのに役立ちました。

また、LinkedIn Sales Solutionsも大きく成長し、過去12ヶ月間の売上高が初めて10億ドルを超えました。セールス、タレント、マーケティング、プレミアムサブスクリプションの各事業部門が、このマイルストーンに到達しました。

次に、Microsoft 365 と Teams について説明します。

今日、すべての組織は、ナレッジワーカーやフロントラインワーカー、顧客やパートナーに至るまで、組織内外のすべての人をつなぎ、力を与えるためのデジタルファブリックを必要としています。

このデジタルファブリックの中心となるのがTeamsで、今期の月間アクティブユーザー数が2億7,000万人を突破しました。

企業は、ビジネスプロセスデータを仕事の流れの中に取り入れることができるコラボレーションアプリケーションを用いて、Teamsをビジネスに活用しています。サードパーティ製アプリケーションやカスタムメイドのソリューションの月間利用者数は、過去2年間で10倍に増加しており、今期はAtlassian、Monday.com、SAP、Workdayなどのアプリケーションが新たに追加・更新されました。United Airlinesは、Teams内のボットを使用して、オペレーションと客室乗務員の間の緊密な連携を実現しています。また、Marks & Spencer は Power Apps と Teams を使用して、社内のヘルプデスクへの問い合わせを効率化しました。

ハイブリッドワークが当たり前になると、すべての組織はスペースに対するアプローチを見直す必要があります。Teams Roomsでは、拡大するデバイスのエコシステムにTeamsを導入することで、人々がどこにいても接続を維持し、会議に十分に参加できるようにしています。Teams Roomsのアクティブなデバイスの数は、前年比で2倍以上に増加しています。

また、Mesh for Teamsでは、Teamsにメタバースをもたらし、Accenture社のような企業の従業員が、ウォータークーラーのような会話やホワイトボードセッションを行うことができる没入型の共有体験にアクセスできるようにしています。

Teamsは、ユニファイド・コミュニケーションの標準となりつつあります。今期、フォーチュン500社のうち90%以上の企業がTeams Phoneを利用しており、Bank of Montreal、Chevron、General Motors、LVMH、NetAppなどの企業が社内外のコラボレーションのニーズを満たすためにTeamsを利用していることから、PSTNやVOIPでのシェアを拡大し続けています。

このように、あらゆる分野でTeamsの利用が拡大しており、現場での利用は前年比で2倍に増加しています。Zebra Technologies社は、小売店のフロアで何百万人もの従業員が使用しているデバイスにTeamsのトランシーバーによるコミュニケーションを導入する予定です。また、Walmartは今期、200万人以上の現場作業員にTeamsを採用しました。

さらに、中小企業のニーズを満たすために特別に設計された初のスタンドアロンのTeams製品であるTeams Essentialsにより、機会を拡大しています。まだ始まったばかりですが、私たちはすでに強い需要に後押しされています。

Microsoft Vivaは、コミュニケーション、ナレッジ、ラーニング、リソース、インサイトを組み合わせて、企業のミッションや文化とのつながりを感じられるような、新しい従業員体験のカテゴリーを創造しています。現在、広く利用されているVivaは、Blum、Nationwide、REIなど1,000社以上の有料顧客に利用されており、従業員の燃え尽きや定着といった課題に対処するのに役立っています。

このようなイノベーションが Microsoft 365 の成長を促進しています。ハイネケン、ヒルトン、チューリッヒ保険などの企業が、高度なセキュリティ、コンプライアンス、音声、分析を提供するプレミアムE5製品を選択しています。

さて、次はWindowsです。

私たちは、PCの需要が構造的に変化していることを実感しています。バーチャルリアリティでの会議やリモートワーク、コードの作成やドキュメントでの共同作業、ビデオのライブストリーミングやゲーム、グラフィックデザインやエンジニアリングデザインなど、人々はこれまで以上にPCを利用して主体性を発揮し、創造性を発揮しています。

日々、新しいユースケースが生まれ、既存のユースケースが復活する中で、PCで過ごす時間や一世帯あたりのPCの数が増加するなど、PCルネッサンスが起きています。3ヶ月が経過した今、私たちはWindows 11への反応に満足しています。以前のバージョンのOSよりも使用頻度が高く、品質も向上しています。また、今期はWindowsがシェアを獲得しました。

私たちは、進化するお客様のニーズを満たすために、新しい方法でWindowsを提供しています。当四半期は、学校向けに開発されたクラウドファーストのOSであるWindows 11 SEを発表しました。

また、Windows 365では、OSをクラウド化し、Coats North AmericaやRegeneron Pharmaceuticalsなどの企業が、従業員のあらゆるデバイスにWindowsの完全な体験をストリーミングできるようにしています。

現在、Windows 10またはWindows 11を搭載している月間アクティブデバイスは14億台を超えており、当社のファーストパーティおよびサードパーティのサービスにとって強力なオンランプとなっています。Windows 11のユーザーは、Windows 10の約3倍の割合でWindowsアプリストアを利用しています。

また、BingとEdgeでは、ショッピングをはじめとする主要な分野で、消費者や広告主に差別化された価値の高い体験を提供しています。

Edgeにクーポンや価格比較の機能を導入してからわずか1年で、すでに8億ドル以上の節約効果が表れています。

また、より広範な分野では、広告の機会を拡大しています。過去12ヶ月間で、LinkedInを含む当社の総広告収入は、TACを除いて100億ドルを超えました。

また、Xandr社の買収により、当社の深い視聴者理解と顧客基盤にXandr社の大規模なデータ駆動型プラットフォームを組み合わせた新しい広告ソリューションを市場に投入していきます。

さて、次はセキュリティについてです。

サイバー犯罪は、今日、あらゆる企業が直面している第一の脅威です。

私たちの目的は、企業が、人、デバイス、アプリケーション、データを、異種混合のクラウドやクライアント環境全体で包括的に保護する、包括的なゼロトラスト・アーキテクチャを導入することです。

当社は、2つの方法でお客様を保護しています。1つ目は、私たちが作るすべての製品にセキュリティ・バイ・デザインを組み込んでいることです。これは、セキュリティ、コンプライアンス、アイデンティティ、デバイス管理、プライバシーなど、50以上の異なるカテゴリーを統合したもので、毎日24兆以上の脅威のシグナルを受け取っています。

アナリストの間では、当社は現在、他のどのプロバイダーよりも多くのセキュリティカテゴリー(19項目)でリーダー的存在となっています。また、マルチクラウド、マルチプラットフォームに対応した革新的な技術が成長の原動力となっています。現在、商用および一般消費者を合わせて10億人以上の月間アクティブユーザーがMicrosoftアカウントを利用しており、1回のログインでお気に入りの製品やサービスに安全にアクセスできるようになっています。

また、15,000社を超えるお客様が、クラウド型SIEMであるMicrosoft Sentinelを利用して、脅威を未然に防いでいます。また、当社の先進的なセキュリティソリューションを利用しているお客様の数は、今期加速して71万5,000社を超えました。半数以上のお客様が4つ以上のワークロードを利用しており、これは前年比75%増で、当社のエンド・ツー・エンドの差別化を明確に示しています。お客様は、マルチベンダーのソリューションと比較して、平均で60%のコスト削減を実現しています。

お客様の信頼の結果、当社のセキュリティビジネスの売上高は、過去12ヶ月間で150億ドルを超え、前年同期比で約45%増加しました。

さて、次はゲームです。ここ数年、コンテンツ、コミュニティ、クラウドの分野で行ってきた大きな賭けが功を奏しています。

当四半期のエンゲージメントと収益は過去最高となりました。Game Passの加入者は、PCとコンソール合わせて2,500万人を超えています。差別化されたコンテンツがこのサービスの成長を牽引しており、今年の年末にはAAAタイトルの新作をリリースし、絶賛を浴び、記録的な利用率を達成しました。これまでに1,800万人が「Forza Horizon 5」をプレイしています。また、2,000万人以上が「Halo Infinite」をプレイしており、Halo史上最大の発売となりました。先週発表したActivision Blizzard社の買収計画に伴い、当社は、人々がいつでもどこでも好きな時に素晴らしいゲームを簡単にプレイできるようにするための投資を行うとともに、メタバースのようなプラットフォームの発展に伴い、ゲームの次の展開を形作っていきます。

最後に、世界のGDPに占めるデジタル技術の割合が増加し続ける中、当社は、共通の基礎技術スタックと、共通の戦略、文化、目的意識を強化するオペレーティング・モデルを用いて、多様で成長するTAM全体に革新と投資を行っています。

それでは、エイミーに代わって、当社の財務状況の詳細と今後の見通しについて説明してもらいます。また、ご質問がありましたらお寄せください。

エイミー・フード

サティアさん、ありがとうございます。当四半期の売上高は、前年同期比20%増の517億ドルとなりました。1株当たり利益は2.48ドルで、22%増加しました。当四半期は米ドルが強含みで推移したため、全社および各分野の売上高の伸びに為替の影響はなく、予想に比べて1ポイントの逆風となりました。このような状況にもかかわらず、当四半期も各事業部門において2桁台の大幅な増収を達成しました。これは、多様な事業からなる連結ポートフォリオにおいて、当社独自の差別化された市場ポジションを反映したものです。

商用部門では、営業チームやパートナーによる強力な実行力と、マイクロソフトのクラウド製品に対する継続的な需要により、Azureの大規模かつ長期の契約が大幅に増加し、Teamsや高度なセキュリティおよびアイデンティティ製品の利用も増加しました。また、LinkedInでは、Talent Solutionsが当四半期も好調な雇用市場の恩恵を受けました。

コンシューマービジネスでは、サティヤが強調したように、PCの需要と利用の増加が、Windows OEMビジネスに貢献しました。広告市場の継続的な成長により、LinkedIn Marketing Solutionsや、検索広告、ニュース広告が今期も好調でした。ゲーム分野では、Game Passの加入者数とファーストパーティタイトル数が大幅に増加し、Xbox Series XおよびSコンソールの需要が継続したことにより、ゲームプラットフォームにおける収益とエンゲージメントが記録的に向上しました。

それでは、全体の業績についてご説明します。これは、前述のAzure社の大規模かつ長期の契約や、中核となる年金販売モーションの堅調な実行によるものです。商用部門の履行義務残額は、前年同期比31%増、恒常為替レートベースでは32%増の1,470億ドルとなりました。約45%が今後12ヶ月間に収益として認識される予定で、前年同期比で26%増加しました。これは、お客様がマイクロソフト・クラウドに長期的にコミットしていることを示しています。また、アニュイティミックスは、前年同期比1ポイント増の94%となりました。

Microsoft Cloudの売上高は32%増の221億ドルで、これも予想を上回っています。Microsoft Cloudの売上総利益率は、前年同期比でわずかに減少し、70%となりました。サーバおよびネットワーク機器資産の耐用年数に関する会計上の見積りの変更による影響を除くと、マイクロソフト・クラウドの売上総利益率は、Azureへの売上構成の変化により一部相殺されたものの、クラウドサービス全体の改善により約3ポイント上昇しました。

前述のとおり、当四半期は米ドルが上昇しましたが、為替による全社およびセグメント別の売上高の増加への影響はなく、売上原価および営業費用の増加への影響も最小限にとどまりました。

売上総利益率は、20%増加しました。売上総利益率は67%で、前年同期比でほぼ横ばいでした。会計上の見積りの変更の影響を除くと、主に前述のクラウドサービスの改善により、売上総利益率は約2ポイント上昇しました。

営業費用は、予想を下回る14%の増加となりましたが、これは主に、投資が将来の四半期にずれ込んだことによるものです。全社レベルでは、クラウド・エンジニアリング、セールス、顧客導入、ゲーム、LinkedInなどの主要分野への投資を継続したことにより、従業員数は前年同期比で16%増加しました。

営業利益は24%増加し、営業利益率は前年同期比で1ポイント拡大し43%となりました。会計上の見積りの変更の影響を除くと、営業利益率は前年同期比で約3ポイント拡大しました。

次に、セグメント別の業績についてご説明します。

生産性向上・ビジネスプロセス」分野の売上高は159億米ドルで、前年同期比19%の増加となりましたが、これには1ポイントの為替差損が含まれています。この逆風を除いた収益は、LinkedInが牽引し、予想を上回りました。

Officeの商用収入は14%の成長。Office 365の売上高は、すべてのワークロードおよび顧客セグメントにおけるインストールベースの拡大、およびARPUの増加により、19%の成長となりました。高度なセキュリティ、コンプライアンス、音声サービスへの需要が、当四半期のE5収入の勢いを継続させました。Office 365 の有料会員数は、中小企業向け製品および第一線で活躍する従業員向け製品の好調な成長によ り、前年同期比で 16%増加しました。

Officeの商用ライセンスは17%減少しましたが、これは予想通りで、お客様のクラウドへの移行が進んでいることを反映しています。

Microsoft 365サブスクリプションが引き続き好調で、19%増の5,640万契約となったことにより、Officeコンシューマ製品の売上は15%増加しました。Dynamics製品の売上高は、Dynamics 365が牽引し、前年同期比で29%増加し、恒常為替レートベースでは44%の増加となりました。最新のローコードアプリケーション開発ソリューションへの需要が引き続き高く、Power Appsの収益が161%増加し、当四半期も好調でした。

LinkedInの売上は37%、恒常為替レートベースで36%増加しました。これは、マーケティングソリューションが引き続き好調で、前年同期比で43%増加したことに加え、前述の好調な雇用市場の影響を受けてタレントソリューションが予想以上に好調であったことによるものです。

セグメントの売上総利益率は、前年同期比で20%(恒常為替レートベースでは19%)増加し、売上総利益率はほぼ横ばいでした。会計上の見積りの変更による影響を除くと、すべてのクラウドサービスにおいて改善が見られたため、売上総利益率は約2ポイント上昇しました。営業費用は13%増加し、営業利益は24%増加しました。

次に、インテリジェントクラウド分野です。売上高は183億米ドルで、前年同期比で26%増加しましたが、これには予想に比べて1ポイントの為替の逆風が含まれています。この逆風を除くと、差別化されたハイブリッド製品やクラウド製品に対する顧客の需要が継続したことにより、収益は予想を上回って増加しました。

全体として、サーバ製品およびクラウドサービスの売上は前年同期比で29%増加しました。Azureおよびその他のクラウドサービスは、消費型サービスが引き続き好調であったことから、46%の増加となりました。

ユーザーごとのビジネスでは、エンタープライズモビリティとセキュリティのインストールベースが28%増の2億900万シートを超えました。オンプレミス型ビジネスでは、マルチクラウド環境で稼働するWindows ServerやSQL Serverなどのハイブリッド製品に対する需要が堅調であったことから、売上は予想通り6%増加しました。

エンタープライズサービスの売上は、エンタープライズ・サポート・サービスとマイクロソフト・コンサルティング・サービスの成長によ り、8%(恒常為替レートベースでは7%)増加しました。

セグメントの売上総利益ドルは21%、恒常通貨では22%増加し、売上総利益率は前年同期比で約2ポイント低下しました。会計上の見積りの変更の影響を除くと、売上総利益率は、Azureへの売上構成の変化により一部相殺されたものの、Azureの改善により若干増加しました。営業費用は14%増加し、営業利益は26%増加しました。

次に、パーソナル・コンピューティングについて説明します。売上高は175億ドルで、前年同期比15%増加しました。これは、Windows OEM、Surface、および検索・ニュース広告の分野で予想を上回る業績を達成したことによるものです。売上高の増加には、予想に比べて1ポイントの為替の逆風が含まれています。

Windows OEMの売上高は、先に述べた好調なPC市場、特にライセンスあたりの売上が高いコマーシャルセグメントが牽引し、予想を大幅に上回る25%の増加となりました。なお、この結果には、第1四半期から第2四半期にかけて発生した2億1,000万ドルの収益の繰延べによる約6ポイントのプラスの影響が含まれています。

Windows 商用製品およびクラウドサービスの売上は、Microsoft 365 の需要に牽引され、恒常為替レートベースでそれぞれ13%、14%増加しました。

Surfaceの売上は、強い需要環境の中で予想を上回る数のデバイスを出荷することができたため、予想を上回り、前年同期比で8%増加しました。

検索およびニュース広告収入(TACを除く)は、前述の好調な広告市場の恩恵を受け、予想を上回る32%の増加となりました。また、Windows 10および11搭載のEdgeブラウザのシェアが拡大しました。

また、ゲーム分野では、売上高が予想通り8%増加しました。Xboxハードウェアの売上は、XboxシリーズXおよびSの発売を含む前年同期の好調な需要と予想を上回るゲーム機の供給により、4%(恒常為替レートベースでは3%)増加しました。Xboxコンテンツおよびサービスの売上は、ファーストパーティタイトルおよびGame Passサブスクリプションの堅調な伸びがサードパーティタイトルの低調な業績により一部相殺され、予想を下回る10%の増加となりました。

セグメントの売上総利益率は、前年同期比で20%増加しました。売上総利益率は、利益率の高い事業への売上構成の変化、検索およびニュース広告の改善により、約2ポイント上昇しました。営業費用は、ZeniMaxを中心としたゲーム事業、検索およびニュース広告事業、Windowsマーケティング事業への投資により、17%増加しました。営業利益は22%の増加、恒常為替レートベースでは21%の増加となりました。

次に、全社の業績に話を戻します。

ファイナンス・リースを含む資本支出は、前年同期比25%増の68億ドルとなりましたが、これは主に、クラウド・インフラ構築のタイミングにおける四半期ごとの支出の変動により、予想を下回ったものです。PP&Eに支払った現金は59億ドルでした。データセンターの新規開設や既存地域の拡張など、当社の設備投資は、引き続き顧客の需要と利用状況のシグナルに基づいて行われています。

営業活動によるキャッシュ・フローは、前年同期比16%増の145億ドルとなりました。これは、好調なクラウド関連の請求および回収が、ハードウェアの在庫積み増しに関連するサプライヤーへの支払いの増加によって一部相殺されたためです。フリー・キャッシュ・フローは、成長するクラウド事業を支えるための資本支出の増加を反映し、前年同期比3%増の86億ドルとなりました。

当四半期のその他の収益および費用は、主に投資の純益により、予想を上回る2億6800万ドルとなりました。当四半期の実効税率は約17%でした。

最後に、自社株買いと配当金を通じて109億ドルを株主に還元しました。

さて、今後の見通しについてお話する前に、いくつかの注意点をお伝えします。まず、第3四半期中に完了する予定のNuance社の買収による影響は、次の四半期に関する私のコメントには含まれていません。第2に、特に断りのない限り、見通しは米ドルベースであること。

これを受けて、第3四半期の見通しに移ります。

まず、為替です。米ドルの上昇にともない、現在のレートに基づいて、為替変動により総収入の増加率が約2ポイント低下し、売上原価および営業費用の増加率が約1ポイント低下すると見込んでいます。セグメント別では、「プロダクティビティ&ビジネスプロセス」および「インテリジェント・クラウド」の増収に対して約2ポイント、「モア・パーソナル・コンピューティング」の増収に対して約1ポイントのマイナス影響を見込んでいます。

次に、市場での差別化されたポジション、価値の高いハイブリッド製品やクラウド製品に対する顧客の需要、そして一貫した実行力が、当四半期も堅調な収益成長をもたらすものと期待しています。商用部門の売上高は堅調に推移するものと思われますが、前年同期の好調な売上に加え、有効期限切れの製品の伸びが低いことが影響します。なお、Azureの大規模な長期契約の比率が高まっており、契約の締結時期が予測できないため、四半期ごとに予約の伸び率に変動が生じています。

Microsoft Cloudの売上総利益率は、前年同期比でほぼ横ばいとなる見込みです。会計上の見積りの変更による影響を除くと、第3四半期の売上総利益率は、Azureへの収益構成の変化にもかかわらず、すべてのクラウドサービスにおいて継続的な改善が見られることから、約2ポイント上昇すると思われます。

また、金額ベースでは、クラウドインフラ構築のタイミングが通常の四半期ごとの変動であることから、資本支出は前四半期比で若干減少するものと見込んでいます。

次にセグメント別ガイダンスです。

生産性向上・ビジネスプロセス分野では、売上高を156億ドルから158億5,000万ドルの間で見込んでいます。Office 365では、第2四半期と同様の要因で健全な収益成長が見込まれ、顧客セグメント全体で同様のシート数の伸びを示し、E5の勢いが継続すると考えています。オンプレミス・ビジネスでは、お客様のクラウドへの移行が続いていることから、売上高は10%台の減少を見込んでいます。

一般消費者向けのOfficeは、Microsoft 365の一般消費者向けサブスクリプションが引き続き好調であることから、売上高は1桁台後半の成長を見込んでいます。

LinkedInについては、堅調な雇用市場とプラットフォーム上の健全なエンゲージメントにより、30%台前半の収益成長が見込まれます。

Dynamics分野では、Power Appsの継続的な成長を含むDynamics 365の強化により、20%台半ばの収益成長を見込んでいます。

インテリジェントクラウドでは、187億5,000万ドルから190億ドルの収益を見込んでいます。売上高は引き続きAzureに牽引されますが、Azureは、主にユーザーごとのビジネスや、契約の組み合わせに応じた期中の収益認識により、四半期ごとに変動する可能性があります。

Azureについては、恒常為替レートベースで前四半期比増収を見込んでいますが、これはAzureの消費者向けビジネスが牽引するもので、大きな基盤の上で力強い成長を遂げています。また、ユーザーごとのビジネスは、Microsoft 365スイートの勢いから引き続き恩恵を受けるものと思われますが、インストールベースの規模を考慮すると、成長率は若干緩やかになるものと思われます。オンプレミス型サーバ事業では、差別化されたハイブリッド製品への需要が引き続き見込まれることから、売上高は1桁台前半から半ばまでの成長が見込まれます。

エンタープライズ・サービス分野では、売上高は1桁台後半から半ばの伸びを見込んでいます。

その他のパーソナル・コンピューティング分野では、141億5,000万米ドルから144億5,000万米ドルの収益を見込んでいます。サプライチェーンの制約が続いているものの、PCの出荷台数、特に業務用セグメントの出荷台数が引き続き好調であることは、Windows®OEMにも恩恵をもたらすはずです。Windows OEMの売上高は1桁台後半の成長を見込んでいます。

Windows 商用製品およびクラウドサービスでは、Microsoft 365 や高度なセキュリティソリューションに対する顧客の需要が、2桁台前半の成長をもたらすものと思われます。

Surfaceは、プレミアムデバイスが好調で、売上高は10%台半ばの成長を見込んでいます。

検索およびニュース広告(TACを除く)は、広告市場の回復により好調だった前年同期と比較して、10%台半ばから後半の増収を見込んでいます。

ゲーム分野では、新型ゲーム機によるハードウェアの大幅な強化や、Xboxのコンテンツやサービスの充実を含む前年同期比で、1桁台半ばの増収を見込んでいます。ゲーム機の販売は、引き続きサプライチェーンの不確実性による影響を受けます。また、Xboxコンテンツおよびサービスについては、プラットフォーム全体での強力なエンゲージメントと継続的なモメンタムにより、1桁台半ばから後半の収益成長を見込んでいます。

次に全社ガイダンスに戻ります。

売上原価は155億ドルから157億ドル、営業費用は134億ドルから135億ドルを見込んでいますが、これは長期的な収益成長を継続させるために、成長性の高い戦略分野に人員を投入することによるものです。

その他の収益・費用では、受取利息と支払利息が相殺されるものと考えています。

また、第3四半期の実効税率は約18%となり、通期予想の約17%を若干上回る見込みです。

最後に、FY22については、上半期の好調な業績と現在のH2の見通しを考慮すると、先に述べた会計上の見積りの変更による影響や、目の前の大きなチャンスを捉えるために行っている大幅な戦略的投資を考慮しても、通期の営業利益率は前年同期比でわずかに増加するはずです。

最後に、地球上のすべての人や組織がより多くのことを達成できるようにするためには、デジタル技術がますます不可欠になっています。当社は、革新的で価値の高い製品で有利な立場にあります。当社の多様で連携のとれたソリューション・ポートフォリオは、エンドマーケット、顧客規模、ビジネスモデルを問わず、長期的な収益と利益の成長を実現することができます。

それでは、Brett、質疑応答に移りましょう。

ブレット・イバーセン

ありがとう、エイミー。それでは、Q&Aに移りたいと思います。他の参加者に配慮して、質問は1つだけにしていただきたいと思います。オペレーター、もう一度指示をお願いします。

質疑応答

オペレーター

[オペレーターの指示】です。] 最初の質問は、モルガン・スタンレーのキース・ワイスさんからお願いします。

キース・ワイス

質問をお受けいただきありがとうございます。高レベルの質問として、全体的な需要環境についてお聞きしたいのですが、オミクロンの混乱や多くの環境変化を受けて、何か変化があったでしょうか。ソフトウェア投資家の間では、資産価格がシナリオを先導しているように見えることがよくあります。

そこで、全体的な需要環境、特にデジタルトランスフォーメーションについてどう感じているのか、皆さんに確認したいと思いました。特にデジタルトランスフォーメーションを中心とした全体的な需要環境をどう感じているのか、そしてそれは22年のカレンダーイヤーにどの程度持続するのか。また、22年に向けて、デジタルトランスフォーメーションはどの程度持続するのでしょうか。この方向での活動は、まだ多くの木を切る必要があると思われますか?

サティア・ナデラ

ありがとうございます、キース。ありがとうございます。全体的に見て、かなり強い需要のシグナルが出ています。率直に言って、パンデミックに入ると、パンデミックが企業に与える制約や、消費者の活動が活発になったことで、需要が増加しました。

そしてパンデミック後は、実際に経済に多くの制約が生じています。そして、私が発言したように、コストを抑えながら生産性を向上させることができる唯一の資源は、デジタル技術です。Power Appsを例にとると、これはまさに当社のスタックの真ん中に位置し、あらゆる業界のあらゆる企業の労働力の生産性を次のレベルに引き上げるのに役立つ素晴らしい例です。そのため、セキュリティからクラウド・インフラ、ビジネス・アプリケーション、そしてTeamsのようなソリューションに至るまで、さまざまな分野で需要が高まっています。

もうひとつの分野では、明らかにゲームが好調です。この分野では、コンシューマー向けカテゴリーの開発を倍増させました。また、ゲームの利用頻度やビジネスモデルの多様性が高まっており、ゲームフランチャイズの経済性もソフトウェアに近いものになってきています。このように、全体的に見て、需要のシグナルは良好です。

Keith Weiss

わかりました。はっきりさせておきたいのですが、あなたがおっしゃる経済全体の制約、つまり従業員数の制約などは、あなたのビジネスチャンスを制約するものではないように思います。ソリューションを販売したり実装したりする人材が不足していたり、製品の裏付けとなる投資を行うために必要な人材を見つけるのに苦労していたりはしていないようですね。このように考えてよろしいでしょうか?

サティア・ナデラ

つまり、非常に競争の激しい人材市場であることは間違いなく、私たちはその人材市場で競争力を持っています。それは、エイミーが発表したOpExの予測にも表れています。私たちは、チャンスがあると思っているので、人員を増やしています。労働市場全体に起こることと無関係ではありませんが、私たちが行っているすべてのことは、人材を獲得し、人材を維持するための良いブランド、魅力的なブランドであると思います。

しかし同時に、当社のチャネルとエコシステムが健全であることを確認したいと思っています。少なくとも当社が得ているシグナルは、それ自体に制約はないというものです。

運営者

次の質問は、バーンスタイン・リサーチのマーク・モアードラーさんからお願いします。

マーク・モアドラー

私の質問に答えてくださってありがとうございます。事業全体の力強い成長と素晴らしい見通しを祝福します。サティアさん、メタバースについてのコメントがありましたが、メタバースや複数のメタバースを構成する重要な要素は何でしょうか。マイクロソフトは現在、これらの要件を満たすために何を提供できる立場にあるのでしょうか。また、パートナーエコシステムがこれらの要件を満たすには、何が不足しているとお考えですか?

また、エイミーは、ハイプサイクルが進行中で、メタバースに対する業界の関心が高まっている中、潜在的な機会を満たすために投資を変更しているのでしょうか?

サティア・ナデラ

ご質問ありがとうございます。私たちは、プラットフォーム・インフラ・レベルでもアプリケーション・レベルでも、非常に古典的なマイクロソフトの意味でのチャンスだと考えています。だからこそ、私は自分の発言の中で、現在当社が投資を行っている場所や、お客様のユースケースが実際に発展している様子をすべて紹介しようとしたのです。

まず、人、場所、モノのデジタル化が進み、企業がプロセスを次のレベルまで自動化できるようになったことが挙げられます。今日、Azure IoT、Digital Twins、Meshの間には、お客様が私たちと関わっている多くの事例があります。これがAzureに反映されることになり、私たちはそこに大きな投資をしています。

さらにその上を行くと、Dynamics 365 Connected Spacesがありますね。これは、現在プレビュー版が公開されているソリューションです。CRMやERP、サプライチェーンマネジメントのように、物理的なプロセスを管理するための全く新しいソフトウェアカテゴリーを創造することができます。

Teamsでは、メッシュミーティングが可能になります。このような没入型のミーティングは、まずPCやスマホなどの2Dスクリーンから始まり、VRやARゴーグルを装着すれば、さらに没入型の体験ができるようになります。それは場違いなんですね。そして、もちろん、ゲームです。それは当然のことながら、我々の居場所となるでしょう。今日、私がForzaの数字について話したときの活動を考えてみると、それはすでに、人々が自分のアバターに投資している場所であると言えるでしょう。人々はMinecraftの世界を構築しています。このように、メタバースの進化に合わせて、ごく自然にゲーム分野も拡大していくことでしょう。

デバイスの面では、HoloLensでの取り組みに非常に期待しています。また、企業におけるHoloLensのすべてのユースケースに対応した基盤サービスの観点から、光学、シリコン、クラウドのすべての面で得られた経験を活用しています。このように、幅広いポートフォリオを用意しています。私たちは、技術スタック全体に投資するつもりです。需要はカテゴリーごとにさまざまな形で発生しますが、当社はそれに対応できる体制を整えています。

私が思うに、これは本質的にインターネットの次の波なのではないでしょうか?インターネットの最初の波が、誰もがウェブサイトを作れるようにしたように、インターネットの次の波は、組織やゲーム開発者など、誰もが自分のメタバースの世界を構築できるような、よりオープンな世界になると思っています。

エイミー・フッド

マーク、サティアの答えに少しだけ視点を加えてみましょう。プラットフォーム層から始まり、コンテンツやアプリ層の重要性に至るまで、サティアが質問に答えた全体的な性質に注目してほしいと思います。つまり、投資は、1つの独立したグループやチームではなく、それぞれのコンポーネントに現れるということです。それは、先ほどSatyaが話していた移行について考えているからです。もし、それがプラットフォーム層で、すべてのコンポーネントに適用されるのであれば、率直に言って、適切な方法で適用できるチーム全体で行う方が良いでしょう。このようにして、投資の効果が現れてくるのだと思います。

運営者

次の質問は、ジェフリーズのブレント・ティルさんからです。

ブレント・ティル

エイミーさんは、37%というコマーシャルブッキングの強さを強調されましたね。多くの方が、次の四半期のAzureのコメントについて、どこに強みがあるのかを尋ねていますが、明らかに加速していることが自信につながっているのでしょうか?

エイミー・フード

ありがとう、ブレント。興味深いことに、私は1つの場所とは言いません。それは、キースの最初の質問に対するサティアの答えに関連しています。実際、第2四半期はそのような結果となりました。

第1四半期にお話したように、私たちはお客様にマッチした適切な取引を行うことに重点を置いているため、これらの取引は少し不安定になる可能性があることを常に指摘しています。しかし、今期の営業チームの実行力は非常に優れていました。私は、どの地域や業界が他と異なるとは考えていません。

ご質問のあった、Azureのコンスタント・ドル・ベースのガイドが第3四半期に向けて順次増加していることをどう考えるか、ということにつなげてみます。私は継続して、これらはあちこちで数ポイント動くことがあるが、消費が安定しているという一貫した兆候があると述べてきました。率直に言って、第1四半期、第2四半期、第3四半期と、エンドマーケット別、業界別、顧客規模別の消費の伸びは極めて安定しています。データ使用量の増加に伴う数字の変動はありますが、データ製品は実際に強力なパフォーマンスを発揮しています。

南のコメントにもそのようなことが書かれていたと思います。しかし、私は、Azure側の予約実行を長期的なコミットメントに分類する傾向があります。これは、顧客がパートナーを選択して、Satyaが話したようなコスト構造や成果構造の変更を支援するものです。また、私はAzureのトレンドラインを「世界中のお客様でプロジェクトが成功しているか」というバケツの中に入れる傾向があります。この2つの点で、セールスチームは非常に優れていました。

運営者

次の質問は、UBSのKarl Keirstead氏からお願いします。

カール・キーステッド

エイミーさんは、会計変更の影響を含めてマージンを下げて会計年度をスタートしましたが、2四半期後にはマージンを上げていますね。在宅勤務に関連したT&Eの節約分を取り崩したとしても、人件費が増加していると思われますが、その点を少し説明していただけますか?Windowsのような利益率の高いビジネスが優れているのは、セールスミックスのせいでしょうか?もう少し詳しくお聞きしたいです。

エイミー・フード

ありがとう、カール。決算期には様々な要因が絡み合うものです。非常に良い需要環境の中で実行したことが自信につながったのだと思います。収益面では、ご指摘の通り、非常に安定しています。OEMでは継続的な増加が見られました。また、ゲーム分野も好調です。Microsoftのクラウド製品にも力強さを感じます。Dynamicsは一貫して好調です。つまり、あるレベルでは、トレンドラインを本当に見ようと思えば、これは両ビジネスユニットのチームが非常に一貫して実行してきたことだと言えるでしょう。

自信を持てるようになるためには、人員を増やし、ROIの目標を持って人員を増やし、その責任を果たすことが必要ですが、各チームはうまくやっていると思います。増員したチームは、好調な市場に投入されました。彼らはうまく実行しました。営業チームも同様です。その上で、カール、私は粗利益率の数字についても良い実行力があったと思います。私は、皆さんや社内では営業利益率に焦点を当てて話をする傾向があります。しかし、売上総利益率も非常に良いものでした。各チームは年間を通じてコスト削減をうまく実行しています。

運営者

次の質問は、クレディ・スイスのフィル・ウィンスローさんです。

フィル・ウィンスロー

素晴らしい四半期になっておめでとうございます。私は、Office 365 Commercialに注目したいと思います。売上高だけでなく、シート数の増加という点でも、今期は明らかに好調でした。エイミーはコメントの中で、SMBのシートパフォーマンスとフロントライン・ワーカーを強調していましたが、サティアはフロントライン・ワーカーが前年同期比で2倍になったと述べていましたが、これは素晴らしいことです。また、ユーザー1人当たりの売上も増加しているとコメントされています。

PとQの両方に異なる傾向があるので、PとQの成長アルゴリズムを説明していただけないでしょうか。また、これまでと比べて、今後どのように変化していくのかを説明していただけないでしょうか。

Amy Hood

では、私がその1を見てみましょう。これはPとQの組み合わせで、私たちは公開しようとしていますが、そこにはいくつかの流れがあります。座席数の増加については、中小企業や現場で働く人々が直面する固有のシナリオに特化した製品を増やし、Microsoft 365の価値を実際に提供することに注力しているため、励みになっていると思います。これは、Teams Essentials のような製品にも表れていると思います。これは、市場の一部では課題が異なることを認識し、実行力を高めるための協調的な取り組みです。これは、過去6四半期に渡って継続的に行われてきた良好な実行力による座席数の増加に現れていると思います。

しかし、これらの製品は、フルスイートの製品を購入する企業向けビジネスで見られるように、月々の売上が低いことがよくあります。このように、第一線で活躍する従業員や中小企業部門の売上が非常に好調であることは、ある意味で、当社が行ってきた進歩の一部を覆い隠しているとも言えます。Satyaは他にもいくつか挙げていますが、セキュリティ、コンプライアンス、そして最近では音声も価値提案のひとつとして挙げています。ですから、あなたのご指摘のとおり、低い平均価格帯でシート数を増やすことで、企業におけるARPUの向上を少し隠してしまうことがあります。

運営者

次の質問は、ドイツ銀行のブラッド・ゼルニックさんです。

ブラッド・ゼルニック

記録的な四半期になったことを祝福したいと思います。第2四半期に始まったマイクロソフトのキャンペーンでは、2025年までに25万人分のサイバー関連の仕事を拡大して採用することになっていますが、これは非常に大胆な試みですね。また、マイクロソフトはサイバーセキュリティを、自社の責任として捉えるのではなく、継続的に収益化できる商機と捉えているようですが、その点についてコメントをいただけますか?

サティア・ナデラ

素晴らしい質問ですね。最初の質問については、何よりもまず、スキルと人材が絶対に必要だと考えています。なぜなら、デジタル技術がITだけでなく経済全体のOTにも浸透していくにつれ、サイバーの脅威はさらに拡大していくと考えられるからです。だからこそ、他の人のスキルが必要なのです。私たちは、スキルの習得方法を民主化するという観点から、それを実現するために全力を尽くします。そのためには、スキルとは何か、どのようにして資格を取得するのかをより広く定義しなければなりません。これこそが、私たちがLinkedInで行っていることであり、私は非常に自信を持っています。

製品面でも、例えばSentinelのように、クラウド型SIEMに入力されるすべての信号に対して、非常に大規模なAIを実行していると思います。これは、ノイズからシグナルを選別するのに役立ち、あらゆる組織のサイバー専門家の生産性を向上させることになると思います。このように、ワークフローがより効率的になることに期待しています。

おっしゃるとおり、プラットフォーム企業としての基本的な責任のひとつは、バイデザインです。それは、セキュリティに左遷して製品に組み込むことです。また、私たちの収益化を考えるとき、現実の世界はMicrosoftのような均質なインフラではないことを認識することが重要です。それは、マルチクラウド、マルチプラットフォームの世界です。私たちは、ベスト・オブ・ブリードのソリューションやスイート、オファリングを提供することで、それらを確実に収益化していきます。

ところで、私の発言にもあったように、マイクロソフトのソリューションを採用している人たちは60%の節約をしています。私たちのソリューションを採用することで、ある程度の時間的価値とコスト削減が可能になります。ですから、あなたがおっしゃったように、私たちは自分たちの責任を非常によく理解しています。それと同時に、お客様のヘテロジニアスなデジタル資産全体のセキュリティを確保できるという、セキュリティ上のチャンスもあると考えています。

運営者

次の質問は、RBCのリシ・ジャルリアさんからお願いします。

リシ・ジャルリア

素晴らしいですね。私の質問に答えていただき、ありがとうございました。事業が引き続き好調であることは喜ばしいことです。少し哲学的な質問をしたいのですが、サティヤさん。パンデミックの影響で、クラウドへの移行のタイミングが明らかに早まったと思いますが、必ずしも大きな前進があったわけではありません。ポスト・オミクロン・ワールドを考えるとき、ある程度のオフィスの再開やそれを見通すことができるようになったとき、オフィスでの仕事とハイブリッドな仕事の能力を備えたクラウドへの移行の波や加速の可能性について、どのように考えるべきでしょうか。そのあたりを教えてください。

サティア・ナデラ

先ほど申し上げたように、需要の輪郭は変わるでしょう。例えば、私が紹介したソリューションの1つは、パンデミックの後、DynamicsにSupply Chain Insightsモジュールを組み込んだものです。というのも、パンデミックが発生した際には、基本的にオンラインプレゼンスを展開し、顧客データを利用して顧客にアプローチする必要があり、パンデミック中にも商取引が行われていたからです。

パンデミックが終わると、サプライチェーンの問題が発生しました。そのため、サプライチェーンのインサイトが最も重要になりました。そこで需要が高まったというわけです。そのため、当社のポートフォリオを見ると、少しずつ異なるソリューションが出てきています。Power Platformも同じですよね。労働力が不足していて、より少ない労力でより多くのことをしなければならないとき、どうすればいいかというと、より多くの自動化ツールに頼ることになります。これが生産性の向上につながることが証明されています。

このように、需要の違いが見られます。安定した状態とは、パンデミックによる構造的な変化に加えて、供給ショックなどの制約条件が解消されることだと思います。しかし、今後も変わらないのは、デジタル化の必要性です。OpExの生産性を向上させるためのツールという意味でも、企業内のCOGSにもデジタルの要素が必要になるでしょう。

私たちはそれに期待しています。割合としては、私はいつもこの単純な公式に立ち返ります。GDPに占める割合として、広義のIT支出はどのくらいで、1年後、2年後、5年後、10年後にはどのくらいになるのか。それは、もっと増えるでしょう。そのためには、これまでの常識が通用しなくなる前にトレンドを察知し、シェアを拡大していく必要があります。私たちはそこに焦点を当てていきます。

ブレット・イバーセン

ありがとう、Rishi。本日の決算説明会の質疑応答は以上となります。本日はご参加いただきありがとうございました。

サティア・ナデラ

ありがとうございました。

エイミー・フード

ありがとうございました。

オペレーター

皆様、本日の電話会議はこれで終了です。ご参加いただいた皆様に改めて感謝申し上げます。

ABOUT ME
赤虎めだか
こんにちは。【赤虎めだか】です。 よろしくお願いします。 ・アラフィフ(男) ・うお座のB型 ・職業:BPMコンサルタント ・副業で太陽光発電所を2基 ・VTI・GAFAMRをコアに米国株投資を実践 ・趣味はめだかのブリーディングと焼き物(食器)集め