米国株決算

Carnival Corporation & plc(カーニバル)2021年度第4四半期決算【CCL】

CCL-2021-Q4title

2021年12月20日の寄り前にカーニバル(ティッカーシンボル:CCL)の2021年第4四半期決算発表がありました。

概要は以下の通りです。

  • 売上高:予想15.4億ドルに対し、12.9億ドル
  • EPS:予想$-1.27に対し、$-2.31
  • 調整後純損失は19.6億ドル
  • 乗客クルーズ日数(”PCD”)当たりの収益は2019年第4四半期比+4%
  • 2021年11月30日時点で61%の船が乗客を乗せて運行。2022年春には全船が運航再開の見込み
  • 顧客預金総額は、2021年8月31日時点の31億ドルから3億6,000万ドル増加し、2021年11月30日時点で35億ドルとなった。3 四半期連続で顧客預金が増加
  • 2021年第4四半期の予約量は、2021年第3四半期を上回る

順調な予約数の伸びが示されたことに対し、12/20の市場で株価は+3.39%上昇しました。

 

資料出典:カーニバル社IRページ(リンク)Sheeking Alpha

カンファレンスコール日本語訳

カーニバル・コーポレーション&PLC (NYSE:CCL) Q4 2021 Results Conference Call December 20, 2021 10:00 AM ET

会社の参加者

アーノルド・ドナルド – 社長兼CEO

ミッキー・アリソン – 会長

デビッド・バーンスタイン – 最高財務責任者

ベス・ロバーツ – シニア・バイス・プレジデント兼インベスター・リレーションズ

電話会議参加者

スティーブ・ウィジンスキー – Stifel

ロビン・ファーリー(UBS

ジェイミー・カッツ:モーニングスター

パトリック・ショールズ(トゥルーイスト証券

ベン・チャイケン – クレディ・スイス

アシア・ゲオルギエヴァ – インフィニティ・リサーチ

ポール・ゴールディング – マッコーリーキャピタル

ヴィンス・シピエル(クリーブランド・リサーチ

ライアン・サンドビー – ウィリアム・ブレア

アーノルド・ドナルド

皆さん、おはようございます。また、楽しい休暇をお過ごしください。ビジネスアップデートの電話会議にようこそ。本日は、カーニバル・コーポレーション&PLCの社長兼CEOのアーノルド・ドナルドと、会長のミッキー・アリソン、チーフ・ファイナンシャル・オフィサーのデビッド・バーンスタイン、インベスター・リレーションズ担当シニア・バイス・プレジデントのベス・ロバーツが電話でお話します。今朝はお集まりいただきありがとうございます。

なお、この電話会議での発言の中には、将来の見通しに関するものが含まれていますので、ご了承ください。そのため、本日のプレスリリースに記載されている注意事項をご確認くださいますようお願いいたします。年度末現在、50隻の客船がお客様をお迎えしており、クルーズのフル稼働に向けて明らかに回復しつつあります。これは1年前のたった1隻の船からの増加です。すでに65,000人以上の乗組員が船に戻り、運航再開以来、120万人以上のお客様にご乗船いただいています。

また、歴史的に高いネット・プロモーター・スコアを獲得するなど、卓越したゲスト・エクスペリエンスを提供しながら、これらを達成することができました。これらの成果は、ちょうど1年前に直面した、ワクチンがまだ入手できず、ウイルスの蔓延を緩和するための効果的なプロトコルがまだ進化していないという不確実性を考慮すると、特に大きな成果です。現在では、チームメンバーとゲストの大多数がワクチンを接種し、多くの人がブースターを受けています。

COVID-19とその亜種に対する効果的なプロトコルを評価した結果、稼働率は過去最低の水準にまで向上しました。実際、当社のカーニバル・クルーズラインブランドの客室稼働率は、現在、通常発表されている旅程と最も類似した旅程を運航しており、現在は90%に近づいていますが、これは亜種が近い将来の予約に与える影響を考慮した後の数字です。繰り返しになりますが、カーニバル・クルーズ・ラインは、稼働率と価格の両面で優れたパフォーマンスを続けています。

カーニバル・クルーズ・ラインは、この初期段階においても、現在までに客船レベルで意味のあるキャッシュ・フローを生み出しており、それが拡大していることで、残りの客船の立ち上げコストに貢献しています。お客様からの預り金総額は、前年度末から12億ドル以上増加しました。これは、当社のブックポジションが引き続き構築され、強化されているためです。重要なことは、当年度末の流動性が94億ドルであったことです。これは実質的に昨年と同じ流動性レベルですが、前述の船舶の営業キャッシュフローや顧客預金が引き続き増加したことにより、キャッシュフローの創出が大幅に改善されました。

現在、当社のキャパシティの68%が稼働しており、春までに残りのキャパシティが予定されていることから、当社は、歴史的に営業利益の大半を占める重要な夏の席までに十分なポジションを確保しています。2021年を通して、私たちは環境がダイナミックに推移すると予想していましたが、実際にそうなっています。もちろん、敏捷性は当社の重要な強みであり、変化し続ける環境の中で、最適化のために積極的な経営を続けています。

デルタ型やオミクロンで実証したように、当社は短期的な運用上の課題を克服してきました。これらの製品とそれに伴う消費者心理への影響により、短期的には予約の変動がありましたが、当社の予約状況は回復しており、Deltaシリーズの場合はすでに回復しています。重要なのは、これらの変動が、2022年春に全機をゲスト運航に戻すという当社の最終的な計画に大きな影響を与えていないことです。

2021年の運航再開に向けて最大限の努力をしてきたことは明らかであり、黒字化に向けての潜在的な変動に耐えられるよう、会社をしっかりと位置づけています。同時に、私たちは最高の責任を見失っておらず、したがって、常にコンプライアンス、環境保護、そしてすべての人の健康、安全、幸福という最優先事項を守っています。それは、お客様、私たちが関わり、サービスを提供しているコミュニティの人々、そしてもちろん、私たちのカーニバル・ファミリーである船上および陸上のチームメンバーです。そのために、私たちは運航再開に向けて多くの重要なマイルストーンを達成してきました。

例えば、2020年の目標を成功裏に達成した上で、2030年の持続可能性目標と2050年の抱負を導入してESGへの取り組みを拡大し、SASBとTCFDのフレームワークをサステナビリティレポートに取り入れてESGの情報開示を強化し、コンプライアンスへの取り組みを強化し、貴重なコンプライアンスの経験を持つ新しい取締役を加えて、取締役会と取締役会コンプライアンス委員会に強力なメンバーを加え、研修や開発、日々のリアルタイムのフィードバックを通じて本質的な行動を強調して私たちの倫理観に組み込むことで、文化を向上させてきました。

当社はすでに世界で最も多様性に富んだ企業のひとつであり、130カ国以上を代表するグローバルな従業員を擁していますが、当社はあらゆるレベル、あらゆる分野でダイバーシティ&インクルージョンへの取り組みに注力しています。そしてもちろん、8つの自社所有・運営のプライベート・デスティネーションや港湾施設の再開など、オペレーション上のマイルストーンはまだまだたくさんあります。プリンセス・ケイ、ハーフムーン・ケイ、グランド・ターク、マホガニー・ベイ、アンバー・コーブ、[indiscernible] サンタ・クルス・デ・テネリフェ、バルセロナなどで、運航再開以来、120万人のゲストのうち63万人以上に特別な体験を提供しています。

また、LNGを使用したマルディグラをはじめ、当社の主要ブランドに、より効率的な9隻の新造船を迎えました。マルディグラは、私たちの名前を冠したブランドであるカーニバル・クルーズ・ラインにとって、まさにゲームチェンジャーです。プレミアムブランドのホーランド・アメリカは、大成功を収めたKoningsdamとNieuw Statendamの姉妹船であるNew Rotterdamを導入しました。プリンセスは、メダリオンクラスの新造船「エンチャンテッド・プリンセス」を投入し、来年初めにはメダリオンクラスの新造船「ディスカバリー・プリンセス」を迎える予定です。また、超高級ブランドであるシーボーンは、ワールドクラスの探検チームと360度見渡せる潜水艦を備えた「シーボーン・ベンチャー」を迎えます。

英国では、同じくLNG船のIonaを導入しました。ドイツでは、大成功を収めたAIDAnovaの姉妹船である6隻目のLNG船、AIDAcosmaがまもなく竣工します。南ヨーロッパでは、Costa FirenzeとLNG船のCosta Toscanaが、効率の悪い数隻の船に取って代わります。これらの新造船、マルディグラ、イオナ、コスタ・トスカーナは、AIDAnovaとCosta Smeraldaと合わせて、現在世界で5隻しかない、そして間もなくAIDAcosmaが加わることで、世界で6隻しかないLNGを動力源とする大型クルーズ船となり、私たちの脱炭素化への取り組みが最先端であることを示しています。

LNGの利用は環境にとって前向きなステップであり、CostaのLNGは本質的に20%炭素効率が高いのですが、それは私たちの究極の解決策ではありません。私たちは、2050年までにネット・ゼロを目指すことを発表しました。現時点では、この業界で二酸化炭素排出量をゼロにする方法は知られていませんが、私たちはその解決策の一端を担うべく努力しています。私たちはこれまでも、そしてこれからも、二酸化炭素削減戦略の実行においてリーダーシップを発揮していきたいと考えています。当社は現在、燃料消費量の削減に注力しており、カーボンオフセットの必要性さえも減らしています。

当社の脱炭素化への取り組みにより、2011年には絶対的な炭素排出量がピークに達しましたが、当時から容量が約25%増加しているにもかかわらずです。現在、公開されている情報によると、主要なクルーズオペレーターの中で絶対的な排出量のピークを迎えたのは当社だけだと思われますが、業界全体としては正しい方向に向かっています。2030年までに40%削減するという目標を達成するための体制は整っており、この目標を前倒しで達成するために努力しています。

最先端のLNGへの取り組みに加えて、私たちは脱炭素化を加速するためのさまざまな取り組みを行っています。例えば、3億5,000万ドル以上を投じて、空調、廃棄物処理、照明などの分野で、既存の船隊の旅程の最適化や技術のアップグレードを行っていますが、その数は数え切れません。私たちは積極的にショアパワー機能を強化しています。2030年までに少なくとも60%を達成する予定です。

現在、私たちはクルーズ船のためのショアパワー機能を備えた最初の港の開発に貢献し、現在までに21の港の開発につながっています。私たちは、世界各地のハイボリュームポートへのショアパワーの拡大に注力しています。マイアミ、イギリスのサウスハンプトン、ドイツのハンブルグなどです。また、船級協会やエンジンメーカーと協力して、水素やメタノール、バイオ燃料や合成燃料をクルーズ船の将来の低炭素燃料として評価しています。

また、これらの取り組みに加え、効率の悪い19隻の船を退役させたことにより、フル稼働に戻った際には、燃料消費量を年率換算で10%削減できると予測しています。これは脱炭素化に向けた大きな成果です。戦略的支援により19隻の船の退役を加速させたことで、船団全体としてより効率的で効果的なものとなり、2019年から2025年までの輸送能力の伸びを年複利で約2.5%に抑えることができました。これはCOVID以前の年率4.5%から低下しています。このようにキャパシティの増加が抑えられている一方で、当社のブランド全体に新造船が多数投入されることで、潜在的な需要を取り込み、再起動計画への熱意をさらに高めることができます。

このようにお客様の体験を向上させる新造船は、収益にさらなる構造的なメリットをもたらします。2023年には、プレミアム価格のバルコニー付き客室の割合が6%増加し、船隊の55%になる予定です。もちろん、先に述べたように、効率性の高い大型新造船の導入に加え、効率性の低い19隻の船を退役させることで、今後の船隊レベルのユニットコストを4%削減し、より多くの収益を最終的な収益につなげることができるようになります。

フル操業に戻ると、当社の船腹量の約50%は、新たに納入された大型で効率の良い船で構成されることになり、収益性の回復と投資資本利益率の向上が促進されます。現在、当社はより効率的な事業会社として事業を再開しており、投資適格債への復帰に向けて、強力なキャッシュフローを活用してレバレッジを低減していきます。

前四半期には、デルタ型燃料電池の初期影響について説明しました。8月には短期的な予約数への影響が見られたと述べました。しかし、予約件数は前四半期に比べて増加し、11月にはデルタ型の導入前の水準に戻りました。そして、私たちが予告したとおり、混乱にもかかわらず価格を維持し、第4四半期には2019年第4四半期よりもクルーズ1日当たりの売上高が4%高い結果となりました。

実際、先に述べたように、2019年の旅程と比較可能な旅程を提供できるカーニバル・クルーズ・ライン・ブランドでは、2四半期連続でPCDの収益が2桁成長し、約60%の容量がサービスに復帰したことで稼働率も向上しました。

これは、当社のクルーズ商品に対する基本的な需要の強さを証明するものであり、特に主要な広告主の協力を得ずに達成できたことを考えると、この結果は非常に意義深いものです。先週発表された、カーニバル・クルーズの喜びと楽しさを強調する「中断のないキャンペーン」によって、この勢いをさらに加速させたいと考えています。この広告キャンペーンは、クリスマスの日や大晦日のタイムスクエアなど、ホリデーシーズンに向けて展開されます。

今日のニュースで非常に話題になっているオミクロン・バリアントについてですが、測定するのは困難ですが、当社も目先の予約に若干の初期影響を受けています。しかし、当社の予約状況は堅調で、2022年前半の生産能力は意図的に制限されています。既存の需要と限られたキャパシティの中で、当社は価格維持に注力しています。2022年の残りの期間、そして2023年に向けて予約は増え続けています。そして、これらの早期予約は強い需要によって達成されています。実際、2022年後半の予約ポジションの価格は、前四半期から改善していますが、これはデルタ型にもかかわらずです。

現在の環境は、不安定ではありますが、昨年の夏以降、劇的に改善しています。ワクチンの導入や治療法の進歩といった現在のトレンドが続けば、来年の夏までにはさらに改善されるでしょう。このように、当社は、2022年の第2四半期に営業キャッシュフローを安定的に創出し、2022年の下半期には利益を生み出すという道筋を維持しています。重要なのは、成長率が緩やかであるにもかかわらず、生産能力の増強とコスト構造の改善により、2019年に比べて2023年にはより高いEBITDAを創出できる可能性があると考えていることです。

この休止期間中、当社は、キャッシュ創出を最大化し、2桁の投下資本利益率を実現するために、より強力で効率的な事業会社として事業を再開すべく、積極的な経営を行ってきました。完全に操業を再開した後は、当社のキャッシュフローが長期的に投資適格に復帰するための主要な原動力となり、より大きな株主価値を生み出します。このように、私たちは非常に前向きに前進を続けています。

そのために、常に上を目指している船上と陸上の両方のカーニバルチームメンバーに、改めて深い感謝の意を表します。私は、この困難な時期に組織を維持するために私たちが一丸となって成し遂げたことを非常に誇りに思っていますし、私たちのチームから見た献身的な姿勢に非常に感激しています。

もちろん、皆様からの圧倒的なご支援がなければ成し遂げることはできませんでした。改めて、大切なお客様に感謝いたします。また、旅行代理店の皆様にも感謝いたします。港や目的地のコミュニティに感謝します。サプライヤー様をはじめとする多くのステークホルダーの皆様に感謝いたします。そしてもちろん、私たちを信頼し、継続的に支援してくださっている投資家の皆様にも感謝しています。改めて、皆様をお迎えするのが待ち遠しいです。

それでは、デビッドに電話をおつなぎします。

デビッド・バーンスタイン

ありがとうございます、アーノルド。本日は、まず営業キャッシュフローの状況について説明し、続いてゲスト・クルーズ事業のレビューと、第4四半期のキャッシュフローの概要を説明します。その後、予約動向について説明し、最後に当社の財務状況についてご説明します。

営業活動によるキャッシュ・フローについては、お客様からの預り金の増加やその他の運転資金の増減により、11月の営業活動によるキャッシュ・フローが前回の予想を上回ってプラスに転じたことをご報告でき、大変嬉しく思います。予約動向はビジネスの健全性を示す先行指標であることは周知のとおりです。第4四半期の予約動向が堅調で、顧客預金が増加していることから、EBITDAの黒字化は明らかに視野に入っています。

今後数ヶ月間は、より多くの船舶が運航を再開し、稼働率が高まるにつれて、船舶レベルでの現金収入が増加すると予想しています。しかしながら、2022年度上半期には、当社の船隊のほぼ1/3にあたる28隻の船舶がドライドックに入るため、今後数ヶ月間の営業キャッシュフローおよびEBITDAは、再稼働関連の支出やドライドック費用の影響を受けることになります。

これらの要因を総合的に勘案すると、2022年度の第2四半期には、月次営業キャッシュフローと月次EBITDAの両方が一貫してプラスに転じると予想しています。つまり、2022年は2つの物語になるということです。2022年の上半期は純損失を見込んでいますが、下半期には利益を見込んでいると言えば、とても気分がいいですね。

次に、ゲストクルーズ事業について説明します。第4四半期には、22隻の船の再稼働に成功しました。12月中にはさらに7隻の船を再稼働させる予定ですので、大晦日には船隊の2/3以上の稼働率で新年を迎えることができます。春までには残りの客船を再稼働させる予定で、季節的に好調な夏に向けて万全の体制を整えています。

第4四半期の乗船率は、運航船全体で58%となり、夏のピークシーズンである前期の54%から4ポイント改善しましたが、第4四半期の直前にデルタバリアントの予約が減速しました。第4四半期の宿泊者数は85万人を超え、第3四半期の2.5倍となりました。

当社のブランドは非常に好調で、ネット・プロモーター・スコアはCOVID導入前と比較して高いレベルを維持しました。2021年第4四半期のクルーズ客1日当たりの収益は、旅程の制約があるにもかかわらず、好調だった2019年に比べて4%増加しました。これは、バンドルパッケージや、休止期間中にキャンセルされたクルーズのお客様が利用された船内クレジットの影響もあります。

船内およびその他の日当は、大西洋の両岸で大きく伸びました。船内では、バー、カジノ、ショップ、スパ、インターネットなどが増加しました。この2年間で、私たちはより多くのバンドルパッケージオプションを提供し、お客様はより多くのパッケージオプションを選択しました。最終的には、2021年下半期のように、これらのバンドルパッケージの効果と船内およびその他の収益を確認することができます。

これらのバンドルパッケージの結果、旅客運賃収入と船内収益の境界線が曖昧になっています。会計上は、お客様がお支払いになった合計金額をこの2つのカテゴリーに配分しています。そのため、当社の業績を判断するには、総クルーズ収入の指標を参考にするのが一番です。

当社の将来の業績をモデル化している方のために説明しますと、2022年度に予定されている再稼働スケジュールに基づくと、利用可能な下層階の停泊日数(ALBD)は約7,800万ドルとなります。四半期ごとのALBDは、第1四半期が1,410万ドル、第2四半期が1,780万ドル、第3四半期が2,300万ドル、第4四半期が2,310万ドルとなります。

燃料消費量は約290万トンとなります。現在の燃料のブレンドスポット価格は1トンあたり563ドルです。ここで指摘しておきたいのは、2022年前半に船団の一部が休止状態になることによる費用、再起動関連費用、強化された健康・安全プロトコルの維持費用、およびインフレにより、2022年のALBDあたりの燃料費を除いた正味のクルーズ費用は、小型で効率の悪い19隻の船団が離脱することによるメリットがあるにもかかわらず、2019年よりも大幅に高くなると予測していることです。

なお、2022年の前半は船団の一部が休止状態となるため、コストをより少ないALBD数に分散させることができます。これらのコストや費用のほとんどは2022年に終了し、2023年度には発生しないものと見込んでいます。加えて、2022年度の減価償却費は24億ドル、純支払利息は、さらなる借り換えがない場合、15億ドル程度になると予想しています。

次に、第4四半期のキャッシュ・フローの概要について説明します。2021年第4四半期の当社の流動性は、第3四半期末の78億ドルから16億ドル増加し、第4四半期末には94億ドルとなりました。流動性の増加は、2022年満期の債券の借り換えのために10月に発行した20億ドルの無担保上級債券によるものです。また、3億6,000万ドルの顧客預金の増加も加わりました。これは3四半期連続で顧客預金が増加したことになります。

前に述べた、イタリア政府の支援による、債務免除による元本払い戻しの一部を含む融資の完了により、さらに4億ドルが追加されました。運転資本およびその他の項目の純増額は3億ドルでした。これらの増加額は合計31億ドルでしたが、15億ドルの現金支出があったため、月平均5億1,000万ドルの現金支出を3回繰り返したことで多少相殺されました。なお、2021年第4四半期の月次平均現金支出額は、資本支出の減少により、計画を上回っています。

予約動向に目を向けると 当社の2022年下半期および2023年上半期の累積先行予約ポジションは、過去の範囲の上限に位置し、FCCの有無にかかわらず2019年と比較して高い価格となっていますが、バンドルパッケージについては正規化されています。2019年の予約価格は、過去のイールドの高い水準であったため、比較するのが難しいことを考えると、これは素晴らしい成果です。

2021年第4四半期の同時期の予約数量は、第3四半期を上回りました。2021年第4四半期には、2022年春に全船団が運航を開始し、需要が発生して予約状況に応じた価格設定が可能になることを見込んで、広告宣伝費を第3四半期に比べて大幅に増加しました。しかし、第4四半期の広告宣伝費は、2019年第4四半期の支出をまだ大幅に下回っています。

最後に、当社の財務状況についての考察を述べて終わります。当社の流動性を除いて、1年で何が変わるのでしょうか。アーノルドが述べたように、当社は94億ドルの流動性を持って2022年を迎えました。これは、基本的に昨年と同じ流動性レベルですが、船舶の営業キャッシュフローとお客さまからの預金が引き続き増加しているため、今後のキャッシュフロー創出が大幅に改善されます。負債管理の取り組みにより、これまでに90億ドルの借り換えを行い、将来の年間支払利息を年間約4億ドル削減するとともに、満期を延長して負債の満期プロファイルを最適化しました。

2022年の満期分はすでに借り換えが完了しており、2022年に必要な資金はありません。しかし、適切な時期に満期を延長して支払利息を削減するための借り換えを追求していきます。他の多くの業界とは異なり、当社のキャッシュフローは積極的かつ強力で、回復力があり、成長してきたという長い歴史を踏まえ、2023年には営業キャッシュを原動力とするデレバレッジに重点を移します。将来的には投資適格に復帰し、より大きな株主価値を生み出すことを期待しています。

それでは、アーノルドに質問をお返しします。

アーノルド・ドナルド

ありがとうございます、デイビッド。では、質問をお願いします。

質疑応答

オペレーター

[最初の質問は、StifelのSteve Wieczynskiさんです。どうぞよろしくお願いします。

スティーブン・ウィジンスキー

オミクロンによる短期的な予約圧力について、はっきりさせておきたいのですが。その予約圧力は、実際には2022年上半期の予約にまつわるものだと言ってもいいでしょうか?私が言いたいのは、予約の弱さがさらに先の予約に影響を与え始めていないかどうかを確認したいということです。また、オミクロンの方向性を理解するのは難しいと思います。しかし、デルタ航空で見られたように、予約が低迷し、それがメディアから消えた後に急速に回復するというような、同じような経過をたどるのではないでしょうか?

アーノルド・ドナルド

冒頭の挨拶でお話ししたように、私たちはDeltaシリーズの経験を持っていると思います。その結果、11月には完全に回復しました。これがどうなるかを見守る必要があります。素晴らしいニュースは、世界中の科学者や医療専門家からの情報によると、今回の亜種は感染力が強いものの、その影響は少ないようです。特にワクチンを接種している人には、感染してもその影響は少ないようです。

私たちは非常に効果的なプロトコルを持っていますので、繰り返しになりますが、私たちの実際のパフォーマンスは、ご記憶のとおり、ワクチンが登場する前から、ヨーロッパの船旅では効果的なプロトコルを持っていました。ですから、私たちは最も安全な社交の場であり、旅行の場でもあるのです。現時点では、22年、23年の下半期の予約に大きな影響はありませんでした。

ですから、確かに多少の影響はありました。近日中にクルーズのキャンセルが若干発生していますが、予約パターンは堅調です。現時点では、デルタ航空での限られた経験と、今回の出来事を踏まえて、何も起こっていないと考えています。以上、ご質問にお答えしました。

Steven Wieczynski

はい、素晴らしい色ですね。ありがとうございました。そして2つ目の質問は、おそらくDavidに。あなた方はこれまでに90億ドル以上の借り換えを行ってきましたが、今後6ヶ月から12ヶ月の間に、さらにどのくらいの借り換えが可能だとお考えですか?また、22年の金利コストは約15億ドルとのことですが、来年までにその数字が実際にどのようになるのかを教えてください。私は、より詳細なガイダンスを得ようとしているのではなく、ここからさらにどれだけのことができるのかを理解しようとしているのです。

デビッド・バーンスタイン

スティーブ、当社の資本構造を見ると、高金利の負債の最大の部分は、2020年に発行した2L債で、これらの支払利息は9%台後半から10%台前半です。そのため、これらの債券のリファイナンスを行う機会があると思います。2022年中にリファイナンスを行うことを検討するための適切な時期を探します。そうすれば、発行済みの数十億ドルのうち、支払利息をさらに下げることができるでしょう。

借り換えのタイミングや借り換え後の正確な金利にもよりますが、今後かなりの節約になると思います」と述べています。もちろん、アーノルドが述べたように、2019年と比較して2023年にはEBITDAを増加させる機会があると考えており、2023年には全体の負債額が減少し、それに伴って支払利息も減少すると予想していることを覚えておいてください。ですから、ガイダンスを出すのは少し時期尚早ですが、2023年の支払利息は減少すると予想しています。

運営者

次の質問は、UBSのロビン・ファーリーさんです。どうぞよろしくお願いします。

ロビン・ファーレイ

22年後半の価格は前四半期よりも上昇しているとのことですが、もちろん第1四半期はまだ厳しい状況であることは承知していますが、もう少し詳しく教えてください。第2四半期のどこかに、短期的な影響が収まり、堅調になるポイントがあるのでしょうか?それは5月以降のことでしょうか?それとも、そのような確固たるポイントがあるのでしょうか?あるいは、下半期には予約や価格の上昇が見られるが、第2四半期には固まるポイントが見られるのは、もっと早い時期なのだろうか?

アーノルド・ドナルド

わかりました。デイブ、あなたが最初のショットを…

デビッド・バーンスタイン

はい、もちろんです。問題ありません。私たちが下半期に注目し、下半期と2023年上半期の比較について話してきた理由の多くは、相対的に見てリンゴとリンゴの比較をしていることにあります。ですから、これはリンゴとリンゴの比較であり、予約の傾向、価格の傾向がどうなっているかを見ることができます。

2022年の上半期を見てみると、これはリンゴとオレンジの関係です。2019年には、ワールドクルーズがあり、エキゾチックな長い航海がありました。2019年にはワールドクルーズがあり、エキゾチックな長い航海があり、全船が運航されていました。しかし、2022年の上半期はそうではありません。そのため、詳細な旅程レベルになると、実物を見て比較した場合には、それほど良い結果にはなりません。細かいレベルでは、価格設定に非常に満足しています。第4四半期のPCDあたりのクルーズ収入は4%増加しましたが、これとの比較をしてみましょう。全体的に見て、年間を通しての価格設定には非常に満足していますが、上半期はリンゴとオレンジのような関係になっています。

ロビン・ファーレイ

わかりました。理解しました。2022年には採用に伴う非経常的な費用が発生しますが、そのほとんどは23年には発生しないとおっしゃっていましたね。2023年の費用の見通しを立てるには時期尚早だとは思いますが。しかし、19隻の船を売却したことで効率が向上し、1隻あたりの費用が削減されることで、インフレ分を補って余りある効果が得られると考えるのは妥当でしょうか。しかし、他の再起動や休止状態では、これらの費用がすべてなくなります。効率の悪い船がなくなることで、インフレを補って余りある効果が得られると考えるのは妥当でしょうか?

アーノルド・ドナルド

ロビン、ご質問ありがとうございます。また、楽しい休暇をお過ごしください。もちろん、私たちはインフレ率などを予測することはできませんし、あなたもそれを理解していると思います。しかし、私たちが言えることは、冒頭のコメントで述べたように、船舶からの撤退やその他の効率化により、基本的にコストを下げることができているということです。インフレなどでどうなるかを見極める必要があります。

しかし、明らかに、当社が生み出すことのできる収益(現在、価格は堅調に推移しています)は、より多くのものが最終的な収益に結びつくでしょう。インフレの予測はしたくありませんが、私たちはよりスリムで効率的な体制を整え、より良いポジションを確保し、23年には19年よりも多くのEBITDAを提供できることを期待しています。

運営者

次の質問は、モーニングスターのジェイミー・カッツさんです。どうぞよろしくお願いします。

ハイメ・カッツ

まず、来年のマーケティング費用のタイミングについてお聞きしたいと思います。上半期の不確実性を考慮すると、もっと前倒しになるのではないかと思うのですが?また、サプライチェーンについて、調達の観点から何かコメントがあれば、ニュースでこのような問題が取り沙汰されている中、非常に興味深くお聞きしたいと思います。

アーノルド・ドナルド

マーケティング費用についてですが、まず第一に、特にカーニバル・ブランドでは、広告を一切出さないか、非常に限定的なものであっても、COVID以前の通常の旅程と比較して遜色のない結果が得られており、非常に満足しています。しかし、波の到来に備えて、ブランド全体でキャンペーンを展開しています。例年のCOVID前に比べて広告費はまだ少ないですが、現在よりも大幅に増加しています。

私たちは、先ほど述べた効率化の一環として、最大の効果を得るためにどのように費用を効果的に使うかを検討し、非常に熱心に取り組んでいます。その結果、支出の効率性が向上したと考えています。だからこそ、私たちは増産を始めているのです。しかし、繰り返しになりますが、フルフリートが出航するのは春頃になりますが、明らかに22年後半以降の予約を期待していますので、そのためには多くの費用が必要になります。しかし、何が最も理にかなっているのか、何が本当にお客様の行動を促すのか、実際にやってみて判断していきます。

サプライチェーンと調達に関する質問ですが、当社はグローバル企業です。世界中から調達しています。世界中でさまざまな動きがあります。特に特定の地域でのサービスの提供や調達については、単一の課題や問題を抱えていることもあります。しかし、全体的には、公衆衛生の観点からコンプライアンスを遵守し、ゲストが楽しい時間を過ごせるような素晴らしい方法で運航することができています。だからこそ、私たちはなんとかやり遂げることができたのだと思います。

他に何かありますか、デビッド?

デビッド・バーンスタイン

いいえ、あなたのおっしゃることはよく理解できます。ただ、1点だけ付け加えたいことがあります。私は無言でした。ロビンがコストについて質問したときには申し訳ありませんでした。皆さんに指摘しておきたいのは、2023年までに、23年から2019年までの間に4年間のインフレがあるということです。アーノルドが言った2023年のコストに関する他のコメントに加えて、このことを覚えておいてください。

運営者

次の質問は、チュリスト・セキュリティーズのパトリック・ショールズさんです。どうぞよろしくお願いします。

パトリック・ショールズ

ありがとうございます。あなたのブッキングに関するコメントについて、簡単に説明していただけますか?22年下半期と23年上半期の先行予約は、過去の範囲の上限に達しているとおっしゃいましたね。これまではもちろん、来年の下半期の話をされていました。22年下半期と23年上半期の先行予約の話は、22年と23年を合わせたものですか?それとも両期間を別々にしたものですか?私は、あなたが言ったように、前回の単一期間だけの話と比較したいのです。それは意味のあることですか?

アーノルド・ドナルド

続けてください、David。どうぞ。

デビッド・バーンスタイン

そうですね、期間を分けて表示したのは、それぞれを個別に見て、それぞれが過去の範囲の上限に達していたからです。

パトリック・ショールズ

そうですか。そして…わかりました。来年の下半期は過去最高を意味する歴史的な新高値になるとおっしゃいましたが、今はそれよりも高い値になっています。来年下半期の予約は、前四半期におっしゃっていたほど高くはないと考えてよろしいでしょうか?私の解釈は正しいでしょうか?

デビッド・バーンスタイン

はい、正しく解釈しています。というのも、目標は船が出航したときに価格を最大化し、収益を最大化することだからです。歴史的に見ても、もしあなたの予約状況が非常に良ければ、価格を上げて予約カーブを遅らせるべきでしょう。そこまでする必要はありません。

もし私が、現時点で2022年下半期の予約が完売していると言ったら、適切な管理ができていなかったと言うでしょう。お金を置いてきてしまった。ですから、私たちが少し引いて価格を上げたことで、予約の動向が鈍化したとしてもショックではありません。

パトリック・スコールズ

結構です。この点についてのご説明に感謝します。

運営者

次の質問は、クレディ・スイスのベン・チャイケンさんです。どうぞよろしくお願いします。

ベン・チャイケン

もうひとつの質問です。これは…失礼ですが、価格に関するフォワードコメンタリーを発表する際に、19隻の船を削除したことを調整しているのでしょうか?それとも、これまでの総売上高と総売上高の比較だけでしょうか?もし意味がわからなければ、オフラインでやってみます。つまり、ミックスの変化を捉えているのか、いないのか、ということです。

デビッド・バーンスタイン

はい、基本的には、すべての予約に含まれる2019年のフリートを見ています。ですから、船団を離れた船を差し引くことはしていません。一貫して行っているわけではありません。現在の船隊と2019年の出航時の船隊を比較しているのです。アーノルドが言ったように、新しい船ほど価格や客室の組み合わせなどが改善されています。アーノルドが言ったように、新しい船は価格面でも優れていますし、客室の構成なども優れているので、時間の経過とともに価格にもメリットが出てきます。このように、予約の傾向から、最終的にはキャッシュフローと損益に反映されているのです。

アーノルド・ドナルド

もうひとつ、もうひとつの変数は旅程ですが、これも調整していません。特定の旅程は他の旅程よりも利回りが高いなど、様々な要因があります。しかし、これらは年ごとに発生する通常の変動です。

ベン・チャイケン

わかりました。まったくもってその通りです。それから、もうひとつだけ。あなた方は何度かバンドルパッケージの話をしていましたね。クルーズ回帰の時期にはまだ早いと思いますが、お客様が船内でお財布を増やしている様子は見られますか?例えば、お金を使う機会が増えているとか。

アーノルド・ドナルド

もちろん、船内での消費レベルは高まっています。それは間違いありません。場合によっては、バンドルがそれに貢献していることもあります。私たちは常に、ブランドごとに異なる施策を行ってきました。時を経ても、バンドルは常に行われてきました。現在では、これまでよりもさらに多くのバンドルが行われているようです。そして、このようなバンドルパッケージがあると、全体として、追加の支出があるため、最終的に利回りが高くなるようです。しかし今は、人々が外に出ていろいろなことを体験し、楽しい時間を過ごしたいという欲求が高まっていて、それがボードの収益にも表れていて、非常に好調です。

運営者

次の質問は、インフィニティ・リサーチのアシア・ゲオルギエヴァさんです。どうぞよろしくお願いします。

アシア・ゲオルギエヴァ

いくつか質問があります。アーノルド、準備書面の中で、カーニバル・ブランドの稼働率がすでに90%に達しているとおっしゃいましたが、これは素晴らしいニュースです。これは素晴らしいニュースです。現時点では、すべての船の再稼働日が決まっていますので、ほぼ確定しています。では、稼働率の向上によるアップサイドに期待してもいいのでしょうか?プリンセスは、カーニバルやコスタに近いレベルになってきた次のブランドと考えるべきでしょうか?このように考えてよいのでしょうか?占有率に期待してもいいのでしょうか?

アーノルド・ドナルド

はい、ご質問ありがとうございます。まず第一に、カーニバル・ブランドの船には100%の稼働率のものがいくつかあり、その傾向は非常に良いと思います。しかし、これらの旅程は、COVID導入前の旅程に匹敵するものです。このように、カーニバル・チームの素晴らしい実行力によって、非常にいくつかの旅程があり、いくつかが進行しています。

次にどのブランドを使うかという点では、かなり複雑です。船を戻しても、すぐには100%近い稼働率にはなりません。そのため、運航を再開する船の割合や時期を見極める必要があります。また、旅程も考慮しなければなりません。私たちは、世界各地にさまざまなプロトコルを持っています。

ヨーロッパでは、社会的距離や物理的距離をとる必要がある船もあり、船の旅程にもよりますが、稼働率の上限は60%から80%となっています。このように多くの変数がありますが、立ち上げのスピードや必要なプロトコル、どの旅程に船を戻すことができるのかなど、状況を見極める必要があります。

我々の計画では、ある程度予測することができますが、これは非常にダイナミックな状況であり、これまでもそうでした。私たちのチームはそれに適応し、うまく実行することができました。全体的に見て、トレンドはポジティブであり、各ブランドはそれぞれの状況に応じて必要な場所に到達するでしょう。しかし、フィットやストップ、スピードバンプやポットホールなどの迂回があったとしても、全体的な軌道はポジティブです。

アッシア・ゲオルギエヴァ

2つ目の質問に入るきっかけを与えてくれたのは、あなたが旅程について3、4回ほど言及したからです。また、オーストラリアとニュージーランドは基本的に冬のシーズンは閉鎖されていると聞いています。コーラル・プリンセスがこの夏に長期航海を行うことができなかったのは、オーストラリアとニュージーランドが現時点では不確実な休暇地であるという理由もあると思います。また、旅程や新しいLNG船の導入にも言及すると、南米ではCosta Smeraldaに代わってCosta Diademaが就航しましたが、これはLNG施設への十分なアクセスや信頼できるアクセスがないためです。大手クルーズ会社でLNG船を運航しているのは御社だけですが、例えばブラジルなどのインフラ整備に参加しなければならないのでしょうか?

アーノルド・ドナルド

ロイヤル・ダッチ・シェルとは、LNGインフラへのアクセスなどの面で強力なパートナーシップを築いています。もちろん、その関係を超えて、必要なものを確保することもあります。しかし、もし…私たちが最初の船を建造したとき、建造を開始したとき、インフラはありませんでした。私たちは、環境面でのコミットメントを理由に、早い段階でコミットメントを行いました。そして今、6隻の船を持ち、さらに5隻の船が来ることをとても嬉しく思っています。

ですから、その場その場で調整する必要があるかもしれません。しかし、全体としては、LNG船を使って、お客様に喜んでいただけるような歩留まりの良い旅程をサポートするためのインフラは、はっきりと見えています。また、必要に応じて代替燃料を使用することもできますが、私たちはLNG船として建造しているため、LNGを使用することを意図しています。

アッシア・ゲオルギエヴァ

では、さらに参加する必要があるのでしょうか?

アーノルド・ドナルド

続けて、あなたのフォローアップをお願いします。インフラの整備に参加して資金援助などをする必要があるのでしょうか?私たちは、インフラの構築のために自分たちで資本を投入する必要はないと考えています。想定していません。そのようなことをするプレイヤーは、このビジネスの分野にはたくさんいると考えています。タイミングは多少ずれるかもしれませんが、現時点では港でのLNGインフラ構築に資本を投入する必要はないと考えています。

Assia Georgieva

わかりました。素晴らしいですね。そして、あなたがよりクリーンな環境のためにこのようなコミットメントをしてくれたことを本当にうれしく思います。ありがとうございます。私からも良いホリデーシーズンを

アーノルド・ドナルド

ありがとうございます。ありがとうございます。こちらこそ、よろしくお願いします。

オペレーター

次の質問は、マッコーリーキャピタルのポール・ゴールディングさんです。どうぞよろしくお願いします。

ポール・ゴールディング

市場の構造的な変化について、ちょっとした質問があります。先ほどデイビッドさんは、前四半期に比べて、高級ステートルームのミックスが少しずつ増加しているとおっしゃっていましたね。これは、現在のオーダーブックを超えて、より高い傾向が見られるため、長期的にはより多くのことをしたいと考えているのでしょうか?支出については、利回りの高い環境になれば、州内のハイエンドルームの構成比が引き続き増加すると考えるべきでしょうか。それから、インフレについてもお聞きしたいのですが。

デビッド・バーンスタイン

アーノルドが準備中のコメントで述べたように、バルコニー付き客室が5%ポイント、5~6%ポイント増加しました。これには、船の建造方法や設計者の意向が大きく関係しています。それぞれの船にバルコニー付きの客室を効果的に増やすことができました。これにより、歩留まりとお客様の満足度を高めることができると信じています。

2025年までに発注した船については、すべて順調に進んでいますので、この先は見えてこないと思います。今後の新造船についても検討を始めており、お客様の動向やご要望をもとに分析を行います。そして、それらを計画に反映させていきます。私たちはそのことを考えて、投資資本利益率を長期的に最適化していくことをお約束します。

ポール・ゴールディング

素晴らしいですね。コスト面では、インフレに関するコメントや燃料費に関するお考えをお聞きしていますが、これまで燃料分野では強力なヘッジプログラムを採用していませんでしたが、ここで再びヘッジが役割を果たすかどうかを考え始めるべきでしょうか?

アーノルド・ドナルド

当社はこれまでヘッジを行っておらず、現時点でもヘッジを行っていません。もし変更があれば、お知らせします。しかし、歴史的に見ても、時間が経てばすべてが解決すると考えており、当社のポートフォリオやさまざまな通貨での収益やコストを考慮して、自然にヘッジしてきました。燃料価格のヘッジの話は知っています。それ以外は、通常はヘッジしていません。

ポール・ゴールディング

LNG以外では、バンカーとMGOの混合比率の変化について、特に意味のあるものはありません。

アーノルド・ドナルド

LNGを導入し、船には高度な空気清浄システムを搭載していることから、時間の経過とともにMGOの比率が下がっていくことは間違いありません。このように、LNGと先進的な空気清浄システムを組み合わせて使用することで、MGOの必要量は減少していくと考えています。デービッドさん、何か補足したいことはありますか?

デビッド・バーンスタイン

いえ、これで十分だと思います。22年の混合燃料の平均値は、21年から22年にかけてNGLの構成比が10ポイントほど低下したことを反映しています。

運営者

次の質問は、Cleveland ResearchのVince Cipielさんです。どうぞよろしくお願いします。

ヴィンス・シピエル(Vince Cipiel

占有率についてお聞きします。8月の稼働率は約59%とおっしゃっていましたね。つまり、4Qを通してかなり安定していたということですね。あなたがおっしゃったように、ダイナミックな状況であることは間違いありません。しかし、2022年以降の稼働率はどのように考えていますか?下半期の稼働率は、直線的なものになるのでしょうか、それとも変化するものになるのでしょうか?また、収益性の仮定に関連して、予算にどのようなものを組み込んでいますか?

アーノルド・ドナルド

まず、全体的なコメントから始めますが、明らかに稼働率の傾向は非常に良好です。先ほどの比較を見てみると、そこには多くのダイナミクスがあります。例えば、Davidがコメントで述べていたように、我々は22隻の船を導入しました。もちろん、船を導入した時点では、最初はフル稼働ではありません。これは意図的に導入しているのです。

そのため、稼働率は平均的に下がります。私たちが全体的に見ているのは、稼働率の傾向や、同程度の旅程を持つ船や、しばらく運航している船の稼働率がどうなっているかということです。これは非常にポジティブなメッセージです。このように、稼働率の数字には様々な要素が影響しています。デービッド?

デビッド・バーンスタイン

もうひとつ、第4四半期に影響を与えたものとして、8月のデルタ航空の変動が予約に影響を与えましたが、その多くは第4四半期のものでした。その結果、第4四半期の稼働率が上昇することを期待していました。しかし、デルタ航空のバリエーションをはじめとするすべての要素と、いくつかの旅程の変更があったことから、全体で59%という数字には非常に満足しています。

今後については、月ごと、あるいは四半期ごとに稼働率を正確に予測することは非常に難しいと言えます。私たちは良好な予約状況にあります。全体的な傾向は良好で、2022年を通して稼働率が上昇すると予想していますが、何らかの指針を示すのは時期尚早だと思います。

アーノルド・ドナルド

わかりました。では、もうひとつ質問をお願いします。

質問者

ウィリアム・ブレアのライアン・サンドビーさんに質問です。どうぞお進みください。

Ryan Sundby

作業手順について質問があります。この業界では、活性化の証明や純年度のタッチの結果は、本当に効果的なツールであると感じています。ここ1ヶ月ほどの間に、すべてのライブ体験にまつわる画期的なケースが増えていると思いますが、これは今後も有効な手段なのでしょうか?また、フランスのような市場で必要とされているブースターの導入は、いつ頃から検討すべきでしょうか?

アーノルド・ドナルド

はい、ご質問ありがとうございます。私たちは、世界中の科学者や医療専門家から情報を得ています。そしてもちろん、私たちが活動している目的地や母港で定められている規則を遵守して行動しています。しかし肝心なのは、ワクチンを必要とし、あらゆる場所で検査を必要としている市場では、ダイナミックな状況にあるということです。

ほとんどの場所でワクチンを要求しています。また、ブースターの接種も奨励しています。もちろん、乗組員はワクチンを接種しており、1万人以上がすでにブースターを受けていますし、今後も継続していきたいと考えています。クルーは非常に頻繁に検査を受けています。これらのプロトコルが功を奏し、先に述べたように、旅行・レジャー部門の中で最も安全な社交と旅行の形態を実現しています。これらのプロトコルは機能しており、現在も機能し続けています。ですから、今後の展開を見守りたいと思います。私たちは科学的根拠に基づき、当然ながらコンプライアンスを遵守していきます。

しかし今は、自信を持って航海しています。ご指摘の通り、いくつかのケースがあるでしょう。現在、クルーズや社会全体でのケースの発生率ははるかに低くなっていますが、私たちは今後もそのような状況を維持できるよう努力したいと思います。症例があったとしても、ウイルスの繁殖や拡散のリスクはこれまで非常に効果的にコントロールされてきました。それが続いている限り、私たちは自信を持って航海を続けます。しかし、必要に応じて調整し、適応していきます。

最も重要なことは、どこで感染者が出ているかということです。ほとんどの場合、無症状であったり、軽い症状であったりします。入院したり、悪化したりするようなケースはほとんどありませんでした。これは重要なことだと思いますし、社会全体の傾向としても増加傾向にあります。今後もこの傾向が続くことを願っています。

他の質問は?申し訳ありませんが、これが最後の質問ですか?

デビッド・バーンスタイン

これが最後の質問です。

アーノルド・ドナルド

わかりました。皆さん、ありがとうございました。皆さんのご協力に心から感謝します。次のビジネスアップデートでお話しできることを楽しみにしています。それでは、ありがとうございました。

デビッド・バーンスタイン

皆さん、楽しい休暇をお過ごしください。

オペレーター

以上で、本日のカンファレンスコールを終了いたします。お手数ですが、電話をお切りください。それでは皆様、良い一日をお過ごしください。

 

 

ABOUT ME
赤虎めだか
こんにちは。【赤虎めだか】です。 よろしくお願いします。 ・アラフィフ(男) ・うお座のB型 ・職業:BPMコンサルタント ・副業で太陽光発電所を2基 ・VTI・GAFAMRをコアに米国株投資を実践 ・趣味はめだかのブリーディングと焼き物(食器)集め