米国株決算

アルファベット(GOOG)2021年度第2四半期(6月期)決算

GOOG-2021-2Q決算タイトル

2021年7月27日の引け後にアルファベット(ティッカー:GOOG)の2021年度第2四半期決算発表がありました。

概要は以下の通りです。

  • EPS: 予想$19.08に対し、$27.26
  • 売上高:予想560.8億ドルに対し、618.8億ドル
  • 売上高成長率:前年同期比+61.6%
  • YouTube広告売上高:前年同期比+84%、70億ドル
  • GoogleCloud売上高:前年同期比+53%、46億ドル

 

カンファレンスコール日本語訳

アルファベット社(Alphabet Inc. (GOOG) Q2 2021 Earnings Conference Call 2021年7月27日 4:30 PM ET

会社の参加者

ジム・フリードランド – ディレクター、インベスター・リレーションズ

サンダー・ピチャイ – 最高経営責任者

フィリピン・シンドラー – 上級副社長兼最高事業責任者

ルース・ポラート:最高財務責任者

電話会議参加者

ブライアン・ノワック – モルガン・スタンレー

ダグ・アンマス(JPモルガン

ジャスティン・ポスト – バンク・オブ・アメリカ

コリン・セバスチャン(ベアード

ブレント・ティル-ジェフリーズ

マーク・マハニー – エバーコアISI

マイケル・ナタンソン – モフェット・ナタンソン

ジェイソン・バジネット – シティ

オペレーター

皆さん、ようこそ。アルファベットの2021年第2四半期決算カンファレンスコールにお集まりいただき、ありがとうございます。現在、すべての参加者は聴取専用モードになっています。スピーカーのプレゼンテーションの後、質疑応答を行います。[オペレーターの指示】。]

それでは、本日のスピーカーである、インベスター・リレーションズ ディレクターのジム・フリードランドさんに会議をお渡ししたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

ジム・フリードランド

ありがとうございます。皆様、こんにちは。本日は、Sundar Pichai、Philipp Schindler、Ruth Poratの3名が登壇します。

まず、セーフハーバーについて説明します。COVID-19のパンデミックがこれらの分野に及ぼす影響を含め、当社のビジネス、事業、財務実績に関する本日の記述の一部は、将来の見通しとみなされる可能性があり、このような記述には多くのリスクや不確実性が含まれているため、実際の結果は大きく異なる可能性があります。詳細については、米国証券取引委員会に提出した最新のフォーム10-Kに記載されているリスク要因をご参照ください。

この電話会議では、GAAPベースの財務指標とNon-GAAPベースの財務指標の両方を提示します。非GAAP基準とGAAP基準の調整は、本日の決算発表資料に含まれており、この資料は当社の投資家向けウェブサイトabc.xyz/investorを通じて一般に公開されています。

それでは、Sundarに電話をおつなぎします。

サンダー・ピチャイ

ジム、皆さん、ありがとうございます。お会いできてうれしく思います。今日は、第4四半期の概要、製品の勢い、そしてクラウドとYouTubeについてお話しします。

まず、COVID-19の新種は、世界中の多くのコミュニティにとって困難なものであることを認識したいと思います。パンデミックの進展に伴い、私たちは、人々が自分と家族の安全を守るために必要な情報を得られるよう支援したいと考えています。皆さんには、入手可能な時期にワクチンを接種することを強くお勧めします。

第4四半期に目を向けると、オンラインでの消費者や企業の活動が活発化しています。私たちのサービスが、多くの企業やパートナーの皆様のお役に立てたことを誇りに思います。実際、当四半期はいくつかの記録を更新しました。当四半期、パブリッシャーのパートナーは、当社のネットワークからこれまでにないほどの収益を上げました。

また、YouTubeのクリエイターやパートナーへの支払いも、これまでのどの四半期よりも多くなりました。また、電話や道案内、料理の注文、予約など、何十億もの直接的なつながりを生み出し、立ち直ろうと努力する世界中の企業に顧客と収益をもたらしました。

数年前、私たちは、AIが私たちのすべての製品を支え、飛躍的に向上させる基盤技術になると信じて、AIに賭けました。5月に開催されたI/Oイベントでは、そのビジョンが存分に発揮され、世界中の人々やビジネスに役立つ新たな進歩が発表されました。

その一例として、Multitask Unified Models(MUM)を発表しました。MUMは、現在のシステムの1,000倍の性能を持つ、検索の大きな進歩です。MUMには、75の言語を横断して知識を学習・伝達する能力があります。つまり、ある言語の情報源から学び、別の言語でその情報を提供することができるのです。

また、新たなレベルの自然な会話能力を実現した「LaMDA」という新しいAIシステムも発表しました。LaMDAは、情報やコンピューティングをより身近なものにしてくれると考えており、この初期段階の研究に期待しています。

また先週、DeepMindは新しいAlphaFoldタンパク質構造データベースを公開し、研究者が利用できる高精度なヒトのタンパク質構造の数を倍増させました。今後数ヶ月のうちに、科学的に知られているほぼすべての配列タンパク質が含まれるようになります。

次にAndroidです。Google I/Oでは、Android 12をプレビューしました。この最新バージョンでは、デバイスをパーソナライズするための新しい方法が追加され、スピードと電力効率が大幅に改善されます。また、新しいプライバシーダッシュボードなど、OSに直接組み込まれた新しいプライバシー保護機能により、情報を安全かつプライベートに保つことができるようになっています。

Android 12は、もちろんグーグル独自のデバイスの中心となります。秋のラインアップでは、Android 12と、私たちの限界を押し広げるための深い技術投資を紹介する予定で、とても楽しみにしています。

Pixelは長期的な戦略の中心であり、NestやFitbitをはじめとする便利なデバイス群を通じて、Googleの最高の製品を提供し続けていることを誇りに思っています。これらのデバイスは、ニューヨークにある当社初の小売店で見ることができます。また、間もなく新しいデバイスが登場することを楽しみにしています。

また、開発者の皆様がGoogle Playから多大な恩恵を受けていることも実感しています。第2四半期末までに、世界中の開発者がGoogle Playから得た収益は累積で1,200億ドルを超えています。

クラウドについてもう少し詳しくお話しましょう。第2四半期の売上高は、前年同期比で54%増加しました。革新的な製品、重点的な市場開拓戦略、成長するエコシステムが、当社の勢いを後押ししています。

PayPal、Johnson Controls、WhirlpoolといったSAPのお客様がGoogle CloudにSAP環境を導入するなど、さまざまな業界の企業がデジタルトランスフォーメーションのプラットフォームとしてGoogle Cloudを選択しています。

今期は、3つの明確な傾向が見られました。まず、サイバー攻撃やランサムウェア攻撃の増加は、業界にとっての警鐘です。Googleは20年以上にわたり、世界で最も安全なコンピューティングシステムを構築してきました。そして、Google Cloudのお客様がここでの経験を生かせることを誇りに思っています。

Major League Baseballなどのお客様は、Google Cloudと提携して、セキュリティプログラムをさらに強化しています。私たちは、不正アクセスに対する複数の防御層を構築するアーキテクチャであるゼロトラストアプローチの先駆者です。このアプローチやその他のセキュリティソリューションにより、お客様はサイバー攻撃の影響を最小限に抑え、完全に防ぐことができます。

先週開催されたクラウドセキュリティサミットでは、当社の製品ポートフォリオ全体で新しいソリューションを発表しました。BTは、Chronicleをベースにした当社の新しいセキュリティ運用ソリューションをマネージドセキュリティサービス市場に投入します。また、アドビとウィスコンシン州は、当社の不正検知製品を使って製品ユーザーを支援しています。

第二に、リアルタイムデータとアナリティクスに関する当社の専門知識は、市場で最も急速に成長している分野の一つであるデータクラウドにおいて、引き続き当社を差別化しています。BigQueryは単なるデータウェアハウスではなく、顧客のイノベーションのためのプラットフォームであり、HCA Healthcareのような顧客がBigQueryを使ってデータを分析し、臨床ケアを改善することで、当社の前年比の力強い成長を後押ししています」と述べています。

さらに、AIと機械学習に関する当社の深い専門知識は、引き続き重要な差別化要因となっており、Groupe Casinoのような顧客を獲得し、Siemensのような産業オートメーションのリーダーとのパートナーシップにつながっています。

業界に特化したソリューションの提供に注力している当社は、セキュアなオープンクラウドインフラと相まって、Reliance Jio、Telecom Italia Tim、Ericssonなどの大手通信会社が5Gネットワークやモバイルエッジコンピューティングのためのアプリケーションや新しいソリューションを共同で開発するのをサポートしています。これらの企業は、Vodafone、Telusなどの既存のお客様に加えて、新たに参加しました。

3つ目は、Google Workspaceが特にエンタープライズ分野で力強い成長を続けていることです。これは、当社がハイブリッドワークの課題に対応するために製品を設計したためです。これには、I/Oで発表したSmart Canvasや、高度なセキュリティとコンプライアンス機能、フロントライン・ワーカー向けソリューションの拡充などが含まれます。これらのイノベーションは、オンライン自動車販売会社のCarvanaやソフトウェア会社のRed Hatなどの企業に採用されています。

続いて、YouTubeについて。YouTube Shortsの勢いは止まるところを知りません。私たちは、世界100カ国以上でYouTubeが利用可能なあらゆる場所でこのサービスを展開しています。YouTube Shortsの1日の再生回数が150億回を超えたことを誇りに思います。

また、「Music」、「Premium」、「YouTube TV」といったYouTubeのサブスクリプション製品が順調に進んでおり、それぞれが視聴者に素晴らしい体験とコンテンツを提供しています。

そして最後に、WaymoはWaymoドライバーの開発と商品化を進め、チームを成長させています。フェニックスでは、完全自律走行のライドハイリングサービスが人々に愛されています。2020年10月に初めて一般向けにサービスを開始して以来、Waymoは人間のドライバーが乗車していない状態で何万件もの権利を安全に提供しており、今後も多くの利用を期待しています。

最後に、創業以来の中核的価値観であるサステナビリティ(持続可能性)への取り組みを継続していることをお伝えします。ご存知のように、私たちは業界に変革をもたらす野心的な目標を最初に発表しました。2030年までに、24時間365日カーボンフリーのエネルギーで稼働することを目指しています。

第2四半期には、当社の5つのデータセンターがすでに90%以上のカーボンフリーエネルギーで稼働していることを発表しました。あらゆる場所で目標を達成するために、カーボンフリーエネルギーの利用率が高い時間帯や場所に、柔軟なコンピューティングタスクをシフトさせる仕組みを導入し、来年のネバダ州を皮切りに、より多くの場所で地熱発電を可能にするための取り組みを進めています。

素晴らしい四半期に貢献してくれた全世界の従業員に感謝したいと思います。困難な18ヵ月だったことは承知しています。そのような中でも、従業員全員のケアを最優先に考えてきました。

今、私たちは柔軟性を指針として、仕事の未来を再考しています。先日、カリフォルニアのオフィスへの自主的な帰還を開始した際、多くの方々と直接お会いできたことを嬉しく思います。帰還に伴い、従業員にはどこでどのように働くかについて、より柔軟性を与えることになります。また、米国やその他の地域の拠点への投資も継続していきます。以上、フィリピンからでした。

フィリップ・シンドラー

ありがとう、Sundar。そして皆さん、こんにちは。今日は皆さんとご一緒できて光栄です。第2四半期のGoogleサービスの収益が伸びたことに満足しています。これは、消費者のオンライン活動が活発化していること、広告主の支出が全般的に堅調であること、そして昨年COVIDの影響で広告事業の売上が初めて減少したことを反映したものです。

第2四半期において、広告事業の前年同期比成長に最も貢献したのは、やはりリテールでした。また、旅行、金融サービス、メディア・エンタテインメントも大きく貢献しました。

次に、当社の事業全体に見られる傾向について説明します。この18ヵ月間、私たちは、企業の規模の大小にかかわらず、大きな変化を乗り越えるための支援に深く取り組んできました。

まず、パンデミックの際にはライフラインとして、そして今は、世界が再開し始めたときに成長を再加速させるパートナーとして。世界が回復するまでの道のりは、不均一で予測不可能なものになると思われます。だからこそ、パンデミック発生時に企業に提供したリアルタイムのインサイトは、パンデミック後にも同様に重要な意味を持ちます。

12月にAPACとEMEAの一部の国で展開された後、今月米国で開始されたTravel Insightsのような新しいツールは、パートナー企業が需要の発生源をより明確に把握するのに役立っています。

例えば、Wyndham Hotels & Resortsは、旅行者がホテルを必要としているときにいつでもどこでも対応できるように、検索、ディスプレイ、YouTubeでのインサイトと自動化を進めています。2021年上半期には、Googleに展開されたメディアからの直接予約が、前年の約2倍になったという。

また、Amtrakの例もあります。COVIDが発生し、乗客数が激減し、予算が削減されました。どうすれば効率的に旅行者にアプローチできるのか、不安がつのりました。そこで私たちは、インサイトと自動化を導入しました。最後の四半期である第2四半期の予約数は、前年同期比で3倍に増加し、獲得単価は52%減少しました。

これらの例は、急速に変化する世界におけるAIと自動化の価値を強調するものでもあります。現在、当社の広告主の80%以上が自動入札を利用していることがわかっています。MLを利用した当社の広告製品は、企業と顧客をより効率的に結びつけ、適切なメッセージを適切なタイミングで適切な顧客に届けるための当て推量を排除し、すべてがプライバシーを優先した方法で行われています。

また、AIを活用したニュースキャンペーン「Performance Max」のベータ版を公開しました。このキャンペーンでは、ブランドは1つのキャンペーンからすべてのGoogleプロパティで広告を購入することができ、オンライン販売やリード、店舗への来店を促進することができます。このキャンペーンに参加した広告主の初期の成果は素晴らしいものでした。

続いてリテール分野ですが、こちらも引き続き好調です。Googleは、ユーザーとマーチャントの両方にメリットのあるオープンなエコシステムの構築を続けています。昨年は、3つの製品を掲載し、手数料をゼロにすることで、経済的な障壁を取り除きました。今年は、統合に関する障壁を取り除いています。Shopify、WooCommerce、GoDaddy、Squareでは、マーチャントは無料でGoogleに商品を掲載し、表示することができます。Googleのショッピンググラフでは、ウェブ上の何百万ものマーチャントから240億以上のリストが提供されており、AIを使ってこれらの商品とそれを求める人々を結びつけています。

オムニチャネルの話をしましょう。前四半期、私はオムニチャネルはこれからも続くと言いましたが、実際にそうなっています。小売企業は、オンラインとオフラインの両方の売上を促進するために、デジタルプレゼンスを構築し続けています。そして、私たちはそのお手伝いをしています。

例えば、Bed, Bath & Beyondでは、人々が家にいないときには、すぐにカーブサイドピックアップ、店舗での受け取り、当日配送を行うようになりました。彼らはこのようなサービスをGoogle全体で継続し、素晴らしい成功を収めています。オムニ&デジタルショッパーがお客様の50%を占めるようになりました。第1四半期には、デジタル販売の3分の1が店舗で行われました。また、YouTubeを活用して、お客様にインスピレーションを与える新たな自社ブランドの認知度を高めています。私たちは、世界中で長く続くであろう不確実な回復過程において、小売企業を支援する新しい方法に引き続き投資していきます。

YouTubeについては、ブランド広告とダイレクトレスポンス広告の両方で力強い成長を遂げ、素晴らしい四半期となりました。3つの重要な傾向が見られます。まず、ブランド。YouTubeは、広告主が他では見つけられないオーディエンスにリーチするのに役立っています。ニールセンのトータル広告視聴率リーチレポートによると、18年第4四半期から20年第4四半期までの平均で、YouTubeのリーチの70%が、広告主のテレビメディアではリーチできない視聴者に届けられています。

言い換えれば、YouTubeのリーチはテレビに比べてますます増加しており、このオーディエンス・ダイナミックはブランドにとって大きな利益となります。実際、ニールセン社の調査によると、米国の広告主がテレビからYouTubeに広告費の20%を移行した場合、キャンペーンのターゲットオーディエンスへのリーチが25%増加する一方で、リーチポイントあたりのコストは20%近く低下しました。このように、リーチの承認と効率性の向上が相まって、広告主はブランドへの投資を最大限に活用できるようになっています。

次に、ダイレクトレスポンス。広告主は、需要を生み出し、取引を促進するためにプラットフォームを利用しています。例えば、マレーシアのEd-TechプラットフォームであるMindvalleyは、個人の成長と学習に焦点を当てていますが、人々が記録的な数の学習のためにYouTubeを利用していることから、TrueView for Actionへの投資を増やし、現在はVideo Actionへの投資を増やしています。第2四半期には、60万件以上のリードを獲得し、そのうち20%が米国からのものでした。

第三に、YouTubeは、大量のリーチとアクションの両方を促進するユニークな立場にあります。より多くの広告主が、効率的にビジネスを拡大するために、フルファネルのアプローチを採用しています。

チリの金融サービス市場をリードするCompara社は、リーチとダイレクトレスポンスを組み合わせたキャンペーンを行い、リードを活用しました。10週間で500万人のユーザーにリーチし、コンバージョン数は70%増加しました。このような傾向は、オンラインとオフラインの垣根を取り払ったビジネスを展開している当社の最大手広告主にも広く受け入れられています。

Googleは創業以来、Googleの未来とパートナーの未来は密接に結びついていると考えてきました。個人のYouTubeクリエイターや大手音楽レーベル、グローバルおよびローカルのオンラインパブリッシャー、大小のプレイ開発者など、さまざまなパートナーが存在します。Googleのビジネスは、パートナーが成功して初めて成功するレベニューシェアモデルで成り立っています。

パートナーのイノベーションを支援している優れた例として、通信業界との取り組みが挙げられます。Sundarは、より効率的なネットワークの構築や5Gへの移行を支援するためのクラウドへの取り組みについて語りました。

また、AT&T、Telstra、T-Mobile、Verizonなどの通信事業者が、新しいデバイスやサービスを立ち上げ、新たな加入者を増やし、ビジネスメッセージングパートナーシップを通じて顧客エンゲージメントを再考し、企業の成長を支援するために、Google全体で取り組んでいます。

最後に、2つの大きな感謝の言葉で締めくくりたいと思います。1つ目は、お客様とパートナーの皆様のご協力。2つ目は、当四半期に素晴らしい仕事をし、お客様とパートナーの成功のために尽力してくれた当社の製品チーム、パートナーシップセールスチーム、多くのサポートチームです。それでは、ルースにお願いします。

ルース・ポラート

ありがとうございます、フィリピン。第2四半期の好調な売上高は、COVIDの事業への影響に加え、消費者のオンライン活動の活発化、広告主の支出の広範な強さ、そしてチームによる継続的な優れた実行力を反映しています。

私のコメントは、特に断りのない限り、第2四半期の前年同期比に関するものです。最初にアルファベット・レベルでの業績を述べ、次にセグメント別の業績を述べ、最後に見通しを述べます。

第2四半期の連結売上高は、前年同期比62%増の619億ドル、恒常為替レートベースでは57%増となりました。これは主に、TACが109億ドル(63%)増加したことと、その他の売上原価が153億ドル(29%)増加したことによるもので、最大の要因はコンテンツ取得費用です。

営業費用は22%増の163億ドルでした。OpExの3つの構成要素を見ると、まず、研究開発費の増加は、主に人員の増加によってもたらされました。

次に、販売・マーケティング費用の増加は、昨年の第2四半期に抑制された広告およびプロモへの支出が増加したことが主な要因です。最後に、販売費及び一般管理費の増加は、法務関連費用の影響を反映しています。

従業員数は、第1四半期比で4,061人増加しました。営業利益は203%増の194億ドルとなり、当四半期の営業利益率は31%でした。その他の収益および費用は26億ドルで、これは主に株式投資の未実現利益を反映しています。純利益は185億ドルでした。

次に、セグメント別の業績について説明します。まず、Googleサービス部門について説明します。Google サービスの総売上高は、63%増の 571 億ドルとなりました。当四半期のGoogle検索およびその他の広告収入は358億ドルで、68%増となりました。これは、小売分野の堅調な成長に引き続き牽引され、事業全体が幅広く好調だったためです。

YouTube の広告収入は 70 億ドルで、ブランド広告が牽引し、ダイレクトレスポンス広告がそれに続きました。ネットワーク広告収入は、Ad ManagerおよびAdMobが牽引し、60%増の76億米ドルとなりました。その他の収益は66億ドルで、29%増加しました。これは主に、YouTubeの広告以外の収益の増加によるもので、続いて、Fitbitの収益が加わったハードウェアが貢献しました。そして最後に、パンデミックの影響で昨年の第1四半期から始まったユーザーエンゲージメントの高まりを周回遅れにした「Google Play」。Googleサービスの営業利益は、134%増の223億ドル、営業利益率は39%となりました。

Google Cloud分野に目を向けてみましょう。第2四半期の売上高は、54%増の46億ドルでした。GCPの売上高の伸びは、インフラストラクチャおよびプラットフォームサービスの両方の大幅な成長を反映し、クラウド全体を再び上回りました。

Google Workspace の売上高は、シート数とシートあたりの平均売上高の両方が堅調に増加したことにより、今回も大幅に増加しました。Google Cloudは、5億9,100万ドルの営業損失を計上しました。その他の事業については、収益は1億9,200万ドル、営業損失は14億ドルとなりました。

最後に、見通しに関するコメントを述べさせていただきます。第2四半期の収益は、連結ベースで4%を超える為替の追い風を受けました。第3四半期は、昨年第3四半期に比べて為替の対ドルスポットレートが上昇していることから、収益への追い風はより弱くなると見込んでいます。

セグメント別の見通しについては、Googleサービスについては、昨年のCOVIDの影響を受けたことによる第2四半期の増収効果は、2020年の下半期に向けて業績が好調になるにつれて、年度末にかけて減少していきます。

第2四半期は、引き続き、消費者のオンライン活動の活発化と広告主の支出の広範な強さから恩恵を受けました。特に、最近世界的にCOVID事件が増加していることを考えると、市場の再開に伴う長期的なトレンドを予測するのはまだ時期尚早だと考えています。

その他の収入では、年内のプレイ収入の増加は、パンデミックへの対応による影響や、7月1日に実施された料金体系の変更により、逆風にさらされることになります。私たちは、このような大きなチャンスを逃さないために、グーグルのサービス全体に投資を続けています。

例年通り、第3四半期には新卒者の入社に伴い、季節的に従業員数が増加すると予想しています。また、販売・マーケティング費用は、ホリデーシーズンの製品発売をサポートするため、下半期の比重が高くなると予想しています。

Google Cloudについては、引き続き収益の拡大に注力しており、その傾向に満足しています。クラウド全体では、機会があれば積極的な投資を続けていきます。

設備投資の話に移ります。第2四半期の結果は、主にGoogle全体の継続的な成長をサポートするための技術インフラ、特にサーバーへの継続的な投資を反映しています。また、COVIDの影響で減速していたオフィス施設の建設および改装への投資のペースを上げ始め、現在は「Technical Difficulty(技術的困難)」の改善に注力しています。

キャッシュと資本配分に目を向けると 当四半期のフリー・キャッシュ・フローは164億ドル、過去12ヵ月間では585億ドルと、引き続き好調です。第2四半期の現金および有価証券の残高は1,360億ドルでした。

本日のプレスリリースにも記載しましたが、当社取締役会は、既存の500億ドル規模の自社株買いプログラムの修正を承認し、当社とその株主にとって最善の方法でクラスAおよびクラスCの株式を買い戻すことを認めました。

ありがとうございました。それでは、Sundar、Philipp、私の3人でご質問をお受けします。

質疑応答

オペレーター

ありがとうございました。[最初の質問は、モルガン・スタンレーのブライアン・ノワックさんです。お待ちしております。

ブライアン・ノワック

私の質問を受けていただきありがとうございます。2つあります。1つはSundarに、もう1つはPhilippにです。Sundar、1つ目は、AIを使って検索を改善し、ビジネス全体を向上させるために、長年にわたって非常に多くのイノベーションを行ってきました。今後2、3年の間に、AIを使って会社の製品全体をさらに改善するために、まだ低空飛行の果実や領域があると思われる例をいくつか挙げていただけますか?

また、フィリピンでは、オムニチャネルに関するコメントが非常に印象的でした。今後もより多くの小売店がオムニチャネルに移行できるようにするために、最も注力している分野の例を教えてください。ありがとうございます。

Sundar Pichai

ブライアン、ありがとう。いくつかありますね。当社の最も重要な製品である “検索 “については、AIに賭けることで大きな可能性があると考えています。例えば、Birdを発売して大幅に改善し、それに続いてMUMを発売しましたが、これも驚異的な進歩です。このようにレート情報は非常に急速に増加しています。そのため、検索品質のランキングを向上させるためのより良いモデルを常に開発することは、我々の最も重要な投資方法のひとつです。

それ以外にも、画像、音声、テキスト、ビデオなど、マルチモーダルな方法でコンピューターが理解できるようにするための作業を行い、それを製品に反映させていくことも、重要な取り組みのひとつだと思います。フィリップ?

フィリップ・シンドラー

はい。私の質問の一部になりますが、私たちは、人々がGoogleを訪れたときに、基本的には、可能な限り幅広い商人から最適な商品と価格を見つけられるようにしたいと考えています。そして、ビルのリーダーシップのもと、私たちは力強い前進を遂げています。

先ほど申し上げたように、2020年は経済的な障壁を取り除く年でした。リスティングを無料にし、手数料を撤廃しました。そして、無料のリスティング広告とショッピング広告を組み合わせることで得られるメリットを指摘しておきましょう。第1四半期に両方を利用したマーチャントは、開始後にクリック数が50%増加したとのことで、これは非常に素晴らしいことだと思います。

2021年は、先ほど申し上げたように、統合の障壁を取り除くことが目的でした。我々はShopify、Square、BigCommerce、GoDaddy、WooCommerceなどとパートナーシップを結んでいます。検索、ショッピング、画像検索、YouTubeなど、企業が簡単に利用できるようになっています。

マーチャントの皆様には、より多くの価値をご提供できると思います。私たちは、小売企業がパフォーマンスや価格設定をよりよく理解できるよう、新しい測定ツールを発表しました。特にフォーカスエリアについての質問がありましたね。

また、UI/UXの研究だけでなく、技術やAIの能力を活用して、製品やユーザーエクスペリエンスを向上させています。例えば、自動車ディーラーのように、ARを使って店舗での体験をオンラインで提供し、ユーザーが購入前に実際に試してみることができるようにしています。また、化粧品やアパレルの分野でも活用しています。また、先ほどお話しした「Shopping Graph」も用意しています。これは、Google全体でまったく新しい商品体験を可能にすると考えています。

例えば、Lensを使ったショッピングです。スクリーンショットや携帯電話のカメラを使って、気になったドレスやスニーカーなどを探し出すことができます。また、Googleはオープンなリテールエコシステムの構築に力を入れており、すべてのマーチャントにとって公平な環境を提供しています。私たちが最も注力しているのは、これらの分野です。

ブライアン・ノヴァック

ありがとうございました。お二人ともありがとうございました。

オペレーター

ありがとうございました。次の質問は、JPモルガンのダグ・アンマスさんです。お電話お待ちしております。

ダグ・アンマス

ありがとうございます。質問を受けてくださってありがとうございます。私は2つあります。1つ目は、ここ2、3年の重要な取り組みとして、Googleサービスのすべての機能をお客様に提供することだと思います。検索と全体的な広告の回復、そしてGoogle Cloudの成長について、企業のお客様と協力しながら、これらの取り組みがどのように進んでいるのか、またお客様の反応はどうだったのか、もう少しお話しいただけないでしょうか。

また、ルース、コストについては、COVID前とCOVID後の全体的なコスト構造を考える上で、これらのコストを戻すことを考えると、後半と今後のコストについてもう少しコメントしていただけないでしょうか。ありがとうございます。

Sundar Pichai

ありがとうございます。ありがとう、Doug。全体的に言えば、皆さんが認識しているように、これは広範なデジタルシフトであり、お客様はデジタルトランスフォーメーションを求めています。そして、お客様の業種に応じて、デジタル・パートナーとしてのアルファベットに注目し、私たちの能力を活かした幅広いソリューションを提供しようとしています。

クラウドの話が出ましたが、クラウドを利用しているお客様のほとんどは、私たちと話をしている最中です。その理由は、サプライチェーンのセキュリティに不安を感じているからかもしれませんし、デジタルへの移行を理解してデータ分析への投資を増やそうとしているからかもしれませんし、ハイブリッド・ワークフォースへの移行がきっかけでワークスペースなどを検討しているのかもしれません。

また、お客様が小売業者であれば、広告に関する専門知識や、当社がパートナーシップを結んでいるコマースに関する業務など、追加の専門知識を提供することができます。

このような傾向が見られます。フィリップは、通信事業者とのパートナーシップの例を挙げました。このように、私たちは重点的に取り組んでいる分野において、幅広い形で提携することができます。最近のGoogleとUnivisionのパートナーシップも、企業との複数年、複数製品のパートナーシップの一例ですね。

ルース・ポラート

2つ目の質問である、下半期の投資をどう考えるかという点についてですが。近い将来、長期的に質の高い成長を実現するためにはどうすればよいか、ということに焦点を当てています。また、減価償却費やデータセンターの運用費など、短期的には変動の少ないコストもあることに留意する必要があると思います。

第2四半期の業績を見ると、営業利益率が前年同期比で大幅に改善しているのは、好調な売上成長を反映しているのは明らかですが、これらのコストの中には短期的には変動しにくいものがあるという事実もあります。

しかし、長期的な成長を支えるために、Google Services と Google Cloud の両方に共通して言えることですが、投資のペースを上げていきたいと考えています。これは従業員数にも言えることで、コンピュート、セールス&マーケティングなど、本当に全体的に言えることです。

また、私のコメントの中にある設備投資についても同様のことが言えます。オフィス施設への投資は引き続き活発化しています。COVIDの影響でフィットアウトと新規建設の両方が遅れていましたが、ペースが上がってきたことに満足しています。これは、従業員数増加のための投資を継続するのと並行して、米国や世界各地で建設を継続するというコメントにも関連しています。

もう一点、皆さんもご存じだと思いますが、当四半期の業績には、年初にお話しした耐用年数の変更による減価償却費の削減効果も反映されています。当四半期の利益は約7億2,100万ドルで、この変更による利益は、今後の見通しとして下半期には少なくなると思います。

Doug Anmuth

素晴らしいですね。SundarとRuth、ありがとうございました。

オペレーター

ありがとうございました。次の質問は、バンク・オブ・アメリカのジャスティン・ポストさんです。お待ちしております。

ジャスティン・ポスト

ありがとうございます。私の質問に答えてくださってありがとうございます。いくつか質問があります。当四半期の検索結果を見ると、競合他社を凌ぐ勢いで加速しています。また、前四半期比で見ても、非常に好調でした。

驚いた製品や分野、あるいは注目すべき点があれば教えてください。また、持続可能性については、特に検索と、ここからの製品パイプラインをどう考えていますか?

次に、クラウドについてですが、ここでは素晴らしいマージンの改善が見られました。インフラ面での現状と、長期的にマージンの改善を継続する能力についてどうお考えですか?ありがとうございました。

Sundar Pichai

2つの質問がありますが、2つ目を先にしましょう。クラウドの分野では、まず、インフラへの投資を行っています。まず第一に、Googleのために構築している一連のクラウド・サービスに対して行っています。そして、それはクラウドにもたらすものと同じであり、非常に大きな相乗効果があります。

その例として、先ほどデータ分析と処理の話をしましたが、これも同じインフラです。私たちが投資し、長い時間をかけて構築したBigQueryなどのインフラは同じものです。そして人々は、機械学習やAIと一緒にデータ分析を利用しようとしています。また、構造化されたデータや非構造化されたデータ、あらゆるプラットフォームでデータ分析を行いたいと考えています。私たちは、そのような能力を提供することができます。全体としては、ルースにマージン面についてもう少しコメントしてもらいたいと思います。ルース?

ルース・ポラート

ええ、Sundarのコメントを補足します。クラウドビジネスの構築に向けた当社のアプローチには、特に変更はありません。今後も有意義な投資を続けていくつもりです。二人とも言っているように、このビジネスには非常に満足しています。

例えば、グローバルなフットプリントの構築を継続しており、グローバルなコンピュート能力への投資を続けています。例えば、最近ではインドに2つ目のクラウド地域を設立することを発表しました。これは世界で26番目のクラウドデータセンター地域となります。このように、チャンスを逃さず、あらゆる分野に投資を続けています。

前四半期にも申し上げましたが、まだ事業構築の初期段階にあるため、前四半期を予測することはできません。しかし、市場参入のための組織、チャネルの拡大、製品の提供、コンピュート能力の向上など、積極的な投資を続けるつもりです。チームの実行力に期待しています」と述べています。

サンダー・ピチャイ

検索について、最初の質問にお答えすると…

フィリップ・シンドラー

はい、聞こえますか?

サンダー・ピチャイ

うん。

フィリップ・シンドラー

はい。まず最初の質問ですが、冒頭の挨拶で述べたことと同様に、広告事業の前年比成長に最も貢献したのはやはりリテールでした。また、旅行、金融サービス、メディア・エンタテインメントも非常に大きな貢献をしています。

ジャスティン・ポスト

ありがとうございました。

オペレーター

ありがとうございました。次の質問は、ベアードのコリン・セバスチャンさんです。お待ちしております。

コリン・セバスチャン

私の質問にお答えいただきありがとうございます。まずSundarですが、クラウドに関するフォローアップとして、高度なAIやデータ分析が成長の追い風になるというお話がありました。最初のコメントによると、セキュリティも競争上の差別化につながり、ビジネスの発展に少しずつ貢献していると考えてよいでしょうか。

また、フィリピンでは、YouTubeに勢いがあり、視聴者や広告がリニアテレビから離れていくのを捉えていますが、その中でさまざまなGoogleサービスはどのように機能しているのでしょうか。中心となるYouTubeだけでなく、Android TV、Google TV、YouTube TV。バックエンドでもフロントエンドでも、消費者にとってつながりや連携が強まっているものなのでしょうか。ありがとうございます。

サンダー・ピチャイ

セキュリティとクラウドについては、間違いなく強力な差別化になると考えています。もちろん、グーグルは昔からクラウド・ネイティブです。私たちはクラウドネイティブです。ゼロトラストのようなアプローチの先駆者であり、セキュリティファーストの観点からアーキテクチャを構築してきました。

特にここ2、3年は、企業が最近の攻撃を受けて脆弱性について深く考えるようになったこともあり、サプライチェーン・セキュリティは、特にここ数四半期の間、大きなコンセンサスの源となっています。サイバー脅威は、CIOだけでなく、パートナー企業のCEOの関心事にもなっています。

そのため、この分野では多くの会話や関心が寄せられています。Chronicle、BeyondCorp、そしてすべての製品コンポーネントを統合することで、当社のソリューションを強化し続けています。Chronicle、BeyondCorp、そしてすべての製品コンポーネントを統合し、ソリューションを強化しています。

フィリップ・シンドラー

ご質問の2つ目ですが、YouTubeにおけるブランドビジネスとダイレクトレスポンスビジネスの両方で、勢いが非常に強いですね。まずは、ブランド事業からお話します。世界的にオンラインビデオやストリーミングへの移行が進んでおり、現在の月間アクティブユーザー数は20億人を超え、毎日10億時間以上のビデオが視聴されています。私たちは、このシフトの最前線にいると思います。

広告主は、リーチや認知度の目標を達成するために、リニアテレビ以外の選択肢を探す必要性が高まっています。先ほどお話したように、ニールセンの総合広告視聴率レポートによると、YouTubeのリーチの平均70%は、広告主のテレビメディアではリーチできなかった視聴者に配信されています。このように、YouTubeはリーチの向上を促進するだけでなく、ブランドがより効率的にリーチを行えるようにサポートしています。

その結果、多くの広告主がメディアミックスを見直し、我々のプラットフォームへの投資を増やしているのです。また、ダイレクトレスポンスの部分では、広告主が意図を行動に移すことを支援しています。私たちは、圧倒的なスケールでパフォーマンスを向上させようとしています。

例えば、次世代のTrueView for Actionフォーマットであるビデオアクションキャンペーンを例に挙げてみましょう。これは次世代のTrueView for Actionフォーマットです。広告主は、YouTubeやパートナー企業のより多くの在庫に、1つの自動キャンペーンでアクセスできるようになります。先ほども言ったように、私たちはYouTubeをよりアクションしやすいものにするだけでなく、よりショッピングしやすいものにするために懸命に努力しています。

YouTubeは、ブランド構築や多くの視聴者へのリーチだけでなく、視聴者を購買者に変えることにも意味があることを証明しています。嬉しいことに、ブランドを活用して需要を喚起し、ダイレクトレスポンスで需要を喚起する広告主が増えています。つまり、ファネルを非常に賢く利用しているということです。

次に、2番目の質問の2番目の部分、例えばYouTubeのテレビ広告についてです。この部分では、私たちは本当に-まあ、コネクテッド・テレビは-コネクテッド・テレビの部分から言い換えると-をもたらそうとしています。その方が簡単だと思うからです。

コネクテッドTVは、最も急速に成長している消費者向けサービスです。この成長はパンデミックの前から始まっていますが、正直なところ、その後も堅調に推移しています。米国では、毎月1億2千万人以上がテレビでYouTubeを視聴しており、昨年の1億人から増加しています。広告付きのストリーミングサービスの中で、リーチ数と視聴時間で第1位です。このように、YouTubeの発展には非常に満足しています。

運営者

ありがとうございました。次の質問は、ジェフリーズのブレント・ティルさんです。お待ちしております。

ブレント・ティル

ありがとうございます。YouTubeのフォローアップをお願いします。電子商取引の機会が拡大していると思いますが、現在の状況と将来的な目標についてお聞かせください。現在の状況と、将来的にはどのようになりたいかを教えてください。ありがとうございました。

サンダー・ピチャイ

YouTubeでは、プラットフォーム全体のエンゲージメントを見ると、Eコマースの可能性が大きく広がっていることがわかります。この1年間、私たちは広告に力を入れてきましたが、これは、Googleに加盟する企業を増やすという意味でも同じです。そのため、マーチャントの導入、障壁の除去、業界内のプレイヤーやプラットフォームプロバイダーとの提携によるより良い統合の提供という点で、確実に投資を行ってきました。そして今、私たちは、Google検索であれYouTubeであれ、消費者の体験に投資しています。そのため、時間をかけて機能を拡充していくことになるでしょう。フィリッピン、何か追加したいことはありますか?

フィリップ・シンドラー

そうですね。YouTubeは、COVID以前からショッピングの場として利用されてきました。つまり、開封のビデオ、製品レビュー、メイクアップのチュートリアルなどです。今回のパンデミックでは、より多くの買い物客が、アイデアやインスピレーションを求めてYouTubeを利用し、何を買うかを決める手助けをしています。

すでに多くのショッピング機能が実装されており、ユーザーがYouTube上で直接商品を見つけたり購入したりすることがより簡単になるように努力しています。また、マーチャントが動画アクションキャンペーンに自社の商品フィードをグローバルに追加できるようになったことをお伝えしましたが、ブランドやショッパーからも好評をいただいており、例えばディスカバリー広告でもベータテストを行っています。

また、前四半期には、視聴者がお気に入りのクリエイターから商品を購入できるようにするために、ブランドコネクトや商品棚を使ったショッピングの初期実験を行ったことをお伝えしましたが、アーリーアダプターの方々はこの実験で多くの成功を収めています。今年後半のアップデートにご期待ください。

Brent Thill

ありがとうございます。ありがとうございました。

運営者

ありがとうございました。次の質問は、Evercore ISIのMark Mahaneyさんです。お電話お待ちしております。

マーク・マハニー

ありがとうございます。COVIDをきっかけに、米国や世界各地で記録的な新規事業が誕生しました。これも御社の成長の大きな原動力になっているのではないでしょうか。特に広告のトレンドは、デジタル・ハイブリッドなどの新規事業を立ち上げたことによるものだと思いますが、その点について少しお話いただけますか?

次に、Waymoの数万台の乗車から数百万台の乗車にするにはどうすればよいのでしょうか?そのための最大の障害は何でしょうか?それにはどのくらいの時間がかかるのか、問題はより規制的なものなのか、より技術的なものなのか、何か手がかりはありますか?ありがとうございました。

フィリップ・シンドラー

新規事業や中小企業は、この国の経済を支えています。しかし、地域社会の復興状況はさまざまです。営業を再開しているところもあれば、残念ながら閉鎖状態に戻ってしまったところもあります。私たちは、中小企業が活躍できる環境を整えることに注力しています。中小企業がオンラインで成功するための準備を整えるだけでなく、発見され、今後の展開に備えるために必要なあらゆるデジタルツールを提供しています。これには、オンラインとオフラインをシームレスに移行し、近隣のお客様、さらには地元をはるかに超えたお客様にアプローチする能力も含まれます。

この数ヶ月の間に、つまり文字通りこの数ヶ月の間に、中小企業が自社製品をGoogleに無料で表示できるようになり、ローカル在庫広告を通じて店舗在庫を強調する新しい方法が追加されました。また、中小企業がYouTubeの力を活用することも容易になりました。スマートフォンを使って、文字通り数分で動画広告キャンペーンを作成できるようになりました。

これらは、私たちが支援している方法のほんの一例にすぎません。さらに、興味深い傾向として、人々は地元の中小企業を支援することにこれまで以上に熱心になっています。アメリカでは、「Support Local Business」の検索数が昨年の20倍になったそうです。これにより、中小企業全体に多くの機会がもたらされています。

例えば、サンフランシスコの美容ブランド、Ayla Beautyを例に挙げてみましょう。彼らはパンデミックの際、オンラインに100%移行しました。そして、人気のあるウェルネスや美容に関する検索結果を把握し、Google広告を活用することで、昨年、ビジネスを大きく成長させることができました。

サンダー・ピチャイ

Waymoについては、ご指摘の通り、フェニックスでは、ライドの規模を拡大して非常に良い経験をしています。これはドライバーレスの乗り物で、乗客以外には誰も乗っていませんが、人々は全体的に非常に良い経験をしています。もちろん、安全性には十分に配慮しています。私たちはこれを拡大していきたいと考えています。

また、次世代のハードウェアとソフトウェアに投資し、新しい機能を構築しています。安全性を第一に考えて投資を続け、2022年までにさらに規模を拡大していく予定です。

Mark Mahaney

ありがとうございます、Sundar。ありがとうございました。

オペレーター

ありがとうございました。次の質問は、MoffettNathansonのMichael Nathansonさんからお願いします。お待ちしております。

マイケル・ナタンソン

はい、ありがとうございます。1つはSundarさんに、もう1つはPhilippさんにお願いします。先ほどフィリピンは、世界的にストリーミングとスマートテレビが加速していること、そしてテレビグラスにおけるYouTubeの重要性について話しました。

スマートテレビのエコシステムをサポートすることへの関心をお聞きしたかったのです。また、Googleが提供する製品の中で、コネクテッドTVの消費者への普及を促進する機会はどこにあるとお考えですか?

そして、フィリピンの皆さんからは、検索についての質問を受けました。しかし、検索を2年単位で見ると、ここ数年で最も高い成長率を示しています。この成長の要因を、新規の顧客獲得と既存の顧客ベースでの支出増加に分けて考えていただけますか?また、検索エンジンのクライアントごとの成長の要因についても教えてください。

Sundar Pichai

最初の質問であるスマートテレビのエコシステムについてですが。つまり、これらは時間の経過とともにコンピューティングデバイスになっていくということです。そして、コネクテッド・コンピューティングを体験できるようになるでしょう。人々は、ゲームや動画などのコンテンツを、受動的にも能動的にも消費します。

ですから、これもプラットフォームの移行の一部だと考えています。Android TVは非常に大きな進歩を遂げました。とてもカスタマイズしやすいプラットフォームです。私たちは、世界中のテレビ事業者と協力しているだけでなく、ケーブルボックスメーカーとも協力していますし、Google TVやChromecastとも協力しています。

このように、シフトを促進させるためには、私たちは多大な投資を行っています。また、ユーザーの皆様に当社のサービスをお届けするという点でも、Play開発者の皆様がより多くのユーザーにリーチする機会を提供するという点でも、多くの相乗効果が期待できます。また、YouTubeやYouTube TVとの強力な統合ポイントも明らかになっています。

フィリップ・シンドラー

あなたがおっしゃっているような詳細な分析をするよりも、私の方から少しお話させてください。検索市場全体をどのように考えているのか、少しお話させていただきたいと思います。アドレス可能な市場については、前回の電話会議で、あるいは前四半期の電話会議で、その内訳を少し説明しました。

しかし、本当に重要なのは、従来の広告やテレビ広告など、さまざまな指標がある0.5兆ドル前後のマーケティング予算だけを対象としているわけではありません。従来の広告、テレビ広告など、さまざまな指標がありますが、それだけではなく、プロモーション価格や製品のスポンサーシップなど、アンダーザラインの予算にも大きなアップサイドがあります。

また、COVIDはEコマースへの移行を驚異的なスピードで加速させていますが、商取引の80%はまだオフラインであることも忘れてはなりません。デジタルがより大きな役割を果たす余地はまだまだありますし、これまで地域広告などに使われていた予算を活用して売上を伸ばすこともできると考えています。

また、成長への長い道のりを考えると、ユーザーや広告主の体験の向上も当然重要になってきます。私たちは、商業的な意図を持つものも含めて、問い合わせに対するより良い回答を導き出すにはどうすればよいかを常に考えています。また、MLを利用して、より関連性の高い、質の高い体験をユーザーに提供するにはどうすればよいかを常に考えています。

私たちが最も重視しているのは、ユーザーに優れた体験を提供することと、パートナー企業の価値を高め、彼らを成功に導くことです。それができていれば、今後も予算を確保できると考えています。

マイケル・ナタンソン

わかりました。お二人ともありがとうございました。

オペレーター

ありがとうございました。最後の質問は、シティのジェイソン・バジネさんです。お電話お待ちしております。

ジェイソン・バジネット

ありがとうございます。今のお話と重なるかもしれませんが、1つだけ質問があります。今期の広告費を年率500億ドルとすると、年間では2,000億ドルになります。あなたや取締役会は、広告市場からの多角化を目指していますか?それとも、広告市場以外の成長に注力する理由がないほど、成長余地が大きいとお考えですか?

サンダー・ピチャイ

ご質問には複数の部分が含まれています。もちろん、私たちは非常に重視しており、ミッションを持っています。当社には使命があり、特定の重要な属性において役に立つというアプローチをとっています。そして、サービスを構築するために、コンピュータサイエンスとAIに深い投資を行っています。

その結果、当然のことながら、時間の経過とともに多様化していきます。YouTubeを見ても、それに貢献しています。クラウドに目を向けると、クラウドの中でもGCPとWorkspaceが貢献しています。さらに長期的には、Waymoのような取り組みもあります。

さらに、フィリピンとルースが話してくれたように、このデジタルシフトに伴い、広告やEコマースの市場にも多くのヘッドルームがあると考えています。

ですから、私たちは長期的な視点で考えています。私たちは第一原理から出発し、深い技術への投資とユーザーの問題解決の両方に焦点を当てています。その結果、さまざまなタイプのビジネスに対応する多様なモデルが生まれました。

また、事業の中には、例えばYouTubeの場合、広告と定額制の両方があります。今後も長期的な視野に立って、このようなアプローチを続けていきたいと思います。

ジェイソン・バジネット

ありがとうございました。

運営者

ありがとうございました。以上で本日の質疑応答を終了します。それでは、ジム・フリードランドさんにご挨拶をお願いいたします。

ジム・フリードランド

皆さん、今日はありがとうございました。2021年第3四半期の電話会議で再びお話しできることを楽しみにしています。それでは、良い夜をお過ごしください。

オペレーター

皆さん、ありがとうございました。これで本日の電話会議は終了です。ご参加ありがとうございました。これで電話を切ることができます。

 

ABOUT ME
赤虎めだか
こんにちは。【赤虎めだか】です。 よろしくお願いします。 ・アラフィフ(男) ・うお座のB型 ・職業:BPMコンサルタント ・副業で太陽光発電所を2基 ・グロース銘柄を中心に米国株投資を実践 ・趣味はめだかのブリーディングと焼き物(食器)集め