米国株決算

アップル(AAPL)2021年度第3四半期(6月期)決算

AAPL2021-3Q決算タイトル

2021年7月27日の引け後にアップル(ティッカー:AAPL)の2021年第3四半期決算発表がありました。

概要は以下の通りです。

  • EPS: 予想$1.01に対し、$1.30
  • 売上高:予想734.8億ドルに対し、814億ドル
  • 売上高成長率:前年同期比+36.4%
  • 第4四半期(2021年9月期)予想+25%に対し「今回の+36%よりは鈍化する」
  • 半導体不足の問題は第4四半期に更に大きく影響
  • 2021年8月12日に普通株式1株当たり0.22ドルの現金配当を行う

 

カンファレンスコール日本語訳

 

Apple Inc. (AAPL) Q3 2021 Earnings Conference Call 2021年7月27日 5:00 PM ET

会社の参加者

テージャス・ガラ – IR・コーポレートファイナンス担当ディレクター

ティム・クック – CEO

ルカ・マエストリ(CFO

コンファレンスコール参加者

クリス・カソ – レイモンド・ジェームズ

ジム・スバ – シティグループ

シャノン・クロス(クロス・リサーチ

アミット・ダリャナニ(エバーコア

ハーシュ・クマール:パイパー・サンドラー

クリッシュ・サンカー – コーウェン・アンド・カンパニー

デビッド・ヴォクト – UBS

ベン・ボリン – クリーブランド・リサーチ

ワムシ・モハン – バンクオブアメリカ・メリルリンチ

オペレーター

本日は、Apple Q3 FY 2021 Earnings Conference Callにようこそ。本日の通話は録音されています。

それでは、開会のご挨拶とご紹介のために、インベスター・リレーションズ&コーポレート・ファイナンス担当ディレクターのテージャス・ガラに電話をおつなぎしたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

テージャス・ガラ

ありがとうございます。本日はお集まりいただきありがとうございます。本日は、まずアップルのCEOであるティム・クックが登壇し、続いてCFOのルカ・マエストリが登壇します。その後、アナリストの皆様からのご質問にお答えします。

本日のディスカッションでお聞きになる情報の中には、売上高、売上総利益率、営業費用、その他の収益・費用、税金、資本配分、COVID-19が当社のビジネスおよび業績に与える潜在的な影響を含む将来のビジネス見通しなど、将来予測に関する記述が含まれていることにご注意ください。これらの記述にはリスクや不確実性が含まれており、実際の結果や傾向が当社の予測と大きく異なる可能性があります。

詳細については、アップルが最近提出したForm 10-Kの年次報告書および本日SECに提出したForm 8-K、ならびに関連するプレスリリースで述べられているリスク要因をご参照ください。アップルは、それぞれの日付で述べられている将来の見通しに関する記述や情報を更新する義務を負いません。

それでは、ティムにご挨拶をお願いします。

ティム・クック

ありがとう、テジャス。皆さん、こんにちは。本日、Appleは非常に好調な四半期報告を行いました。製品およびサービスのカテゴリー全体、ならびにすべての地域セグメントにおいて、二桁台の収益成長を達成しました。売上高は昨年比36%増の814億ドルで、6月期の新記録を達成しました。追跡調査を行った市場の大部分で二桁成長を記録し、特にインド、ラテンアメリカ、ベトナムなどの新興市場で力強い成長を遂げました。

総小売売上高も6月期の記録を更新し、ほぼすべての小売店が開店しました。当四半期は、米国および世界中の消費者の間で楽観的な見方が広まり、より良い未来とイノベーションが可能にするすべてのものへの新たな希望が生まれました。

しかし、この1年半で何度も明らかになったように、前進したからといって前進が保証されるわけではありません。パンデミックからの回復にはばらつきがあり、世界の多くの国でデルタ・バリアントが急増していることは、回復への道が曲がりくねったものであることを改めて示しています。

そのような逆境の中でも、当社の技術がお客様の接続を維持するために重要な役割を果たし続けていることは、特に謙虚に受け止めています。先月、ロサンゼルスにある最新の小売店、Apple Tower Theaterのオープニングに、当社のチームやお客様と一緒に参加できたことは素晴らしいことでした。これは、共有スペースがもたらすエネルギーとコミュニティ意識、そして顔を合わせて話をするという単純な特権がいかにありがたいものであるかを、希望を持って思い起こさせるものでした。

今後、より多くの人との交流を楽しみにしながら、私たちはイノベーションを倍増させ、より健康的でより公平な世界への道を切り開くために全力を尽くしています。これらの分野における私たちの活動については、後ほど詳しくご紹介します。その前に、製品とサービスのカテゴリーについて説明します。

iPhoneについては、今四半期、各地域のセグメントで2桁台の非常に高い成長を達成しました。5Gはまだ始まったばかりですが、すでにその驚異的なパフォーマンスとスピードは、人々が当社のテクノロジーを最大限に活用する方法に大きな影響を与えています。

iPhone 12は、5Gの超高速通信、A14 Bionicチップ、そして携帯電話ではこれまでになかったAdobe Visionカメラを搭載していることから、お客様に愛されています。ユーザーの皆様には、仕事、学習、創作、そしてつながりの場として、引き続きiPadとMacをご愛用いただいています。iPadは6月の四半期としては約10年ぶりの高水準を記録し、Macは6月の四半期として過去最高の記録を更新しました。

新しいiMacとiPad Proは、いずれもM1チップを搭載し、優れたスピードと電力効率の高いパフォーマンスを実現しており、大きな反響を得ています。iMacは、その際立った薄型デザインと鮮やかな色で、世界中のユーザーに愛されています。また、iPadは、創造性やつながりを刺激し、楽しみながら生産性を高めることができる、ユーザーのツールボックスの中でも非常に汎用性の高いツールであり続けています。

ウェアラブル製品、ホーム&アクセサリー製品は、今期も非常に好調で、6月期の新記録を樹立するとともに、人々が家でも外出先でも楽しみ、健康で、つながるための方法をより多く見つけられるよう支援しています。Apple Watchは、ユーザーが健康状態を把握し、フィットネスの目標を達成するための最良の選択肢となっています。また、最新のアクセサリーであるAirTagの出荷を開始したところ、お客様から熱烈な支持をいただきました。これにより、ユーザーのプライバシーを保護しながら、「自分のネットワークを探す」機能がこれまで以上に便利になりました。

サービス分野では、革新的な新機能やプログラムの導入を継続し、過去最高の収益を達成しました。今年は35のエミー賞にノミネートされましたが、これは番組の質の高さを物語っており、お客様や批評家の方々からも熱狂的に支持されていることを誇りに思います。Apple TV+のユーザーの皆さんは、『Mythic Quest』のようなシリーズが大好きで、来月公開される『Coda』のような画期的な映画を期待しています。そしてもちろん、先週シーズン2がスタートした「テッド・ラッソ」は、コミュニティの力、思いやり、希望についての心温まるメッセージで視聴者を魅了し続けています。

また、Apple Podcastの配信を開始しました。これは、ユーザーが限定コンテンツを発見し、お気に入りのクリエイターをサポートするためのグローバルマーケットです。この映画のような視聴体験は、音楽ファンの聴き方を変え、ミュージシャンはより没入感のある、重層的で美しい楽曲を創り出すことを約束します」と述べています。

先月、私たちはWWDCで多くのエキサイティングな新機能を発表しました。しかし、そのどれよりも強力だったのは、世界中のあらゆる分野の開発者たちが信じられないほどの力を発揮したことです。私たちが発表した新しいツールは、拡張現実などの最先端のテクノロジーを活用したり、新しいユーザーを獲得してApp Storeでの体験をカスタマイズしたり、Appleのパワフルで直感的なプログラミング言語であるSwiftを使ってアプリケーションを更新したり発明したりする際に、デベロッパを支援するものです。

教育やコーディングに対する今日の投資は、明日のスモールビジネスや画期的な新しいアプリケーションにつながります。アプリ経済の次の幕開けは、すでに世界中で雇用と機会を生み出しています。6月に行われた分析グループの新しい調査によると、今年もApp Storeの開発者にとって記録的な年となり、2020年の請求額と売上額の合計は24%増の6,430億ドルに達しました。アプリ経済は、人々の生活を豊かにするアプリを作ろうとする開発者の絶え間ない努力によって支えられ、繁栄と機会をもたらす素晴らしいエンジンであり続けています。

この秋、iOS、iPad OS、Mac OS、およびWatch OSに提供されるパワフルな新機能には、このような目標が反映されています。

FaceTimeのシェアプレイや空間音声など、ユーザー同士のつながりを維持するための革新的な新機能をはじめ、就寝前や仕事に集中しているときに気が散る通知を制限する「focus」など、一息つきたいときにはユーザー同士のつながりを断つことができます。さらに、新しい生産性向上のための機能は、iPadをマルチタスクのためのツールとしてさらに便利なものにします。ユーザーがアプリケーション間を移動したり、画面を分割したり、クイックノートを使ってインスピレーションが湧いた瞬間に思いついたことを書き留めたりするのに役立ちます。

健康分野では、新しい健康共有機能により、自分の健康データを大切な人と安全に共有することがこれまで以上に簡単になります。その中には、センサーを使って日常的な作業をしているユーザーの安定性を評価し、安定性を高めて転倒を回避するためのエクササイズを推奨する「Walking steadiness」のような新機能も含まれています。

プライバシーは基本的な人権であるという信念のもと、iOS 15では、目に見えないピクセルやメールによるメール活動の追跡を阻止するメールプライバシー保護機能から、ユーザーが個人データの使用を許可したアプリケーションを確認できるApp Privacy Reportまで、進化を続ける新機能を共有しています。

また、アクセシビリティ分野に登場する素晴らしい次世代技術も紹介しました。手足の不自由な方がApple Watchを操作する際に役立つアシストタッチから、目の不自由な方をサポートする新しいボイスオーバー機能まで、アクセシビリティは私たちにとって根幹となる原則であり続けています。

しかし、人々の生活に貢献する責任は、私たちが作ったテクノロジーだけでなく、私たちの未来を形作る先生や生徒にも及びます。今期は、人種的公平性と正義の取り組みの一環として、4つの歴史的に黒人の多い大学のエンジニアリングスクールにイノベーション助成金を授与し、ハードウェアエンジニアリングとシリコンチップ設計のコースワーク、奨学金、インターンシップの機会を拡大しました。

教育は平等化の大きな力であると考え、教育者、支援者、そして道を切り開いていく学生を支援するために、これまで以上に尽力しています。今年のWWDCで表彰された350名のSwift学生チャレンジの受賞者もその一人です。彼らのアプリケーションは、他の若者にコードを教えたり、COVID-19のリスクが高い人々に食料品を届けるボランティアを支援するなど、世界に多くの良い影響を与えています。

若者たちのイノベーションは、私たちの未来が、地球規模の課題を解決しようとする次の世代の情熱に支えられていること、そして、私たちがより良い世界を築くために彼らと一緒に行動する責任があることを教えてくれます。

一方、私たちの身近なところでは、ベイエリアをはじめとするカリフォルニア州全体に手頃な価格の住宅を増やすための活動を続けています。今月、私たちは10億ドル以上を拠出し、初めて住宅を購入する人を支援するとともに、カリフォルニア州内に数千戸の手頃な価格の住宅を新たに建設したことを発表しました。また、パンデミックへの世界的な対応を支援し、人々のために最高の製品とサービスを提供することにも引き続き注力しています。

私たちの最大のインスピレーションの源は、テクノロジーそのものではなく、人々が自分の生活の中で、小説を書いたり、読んだり、病気の患者さんの世話をしたり、バーチャルでお医者さんに診てもらったり、ジョギングで心拍数を記録したり、オリンピックに向けてトレーニングをしたりと、様々な形でテクノロジーを利用していることです。人々の生活を向上させるテクノロジーを生み出すというシンプルな使命に、Appleのチームが献身的に取り組んでくれていることに、私は毎日感謝しています。そして、その使命に目的と情熱を与えてくれるAppleの皆さんに感謝したいと思います。

それでは、今四半期の業績について、ルカに詳しく説明してもらいます。

ルカ・マエストリ

ありがとうございます、ティム。皆さん、こんにちは。これは、お客様の生活における当社の製品およびサービスの重要性と、当社の基本的な営業成績を反映したものです。

売上高は、前年同期比で約220億ドル(36%)増加し、814億ドルとなりました。製品カテゴリーごとに2桁の成長を遂げ、サービス分野では過去最高を記録し、iPhone、Mac、ウェアラブル・ホーム&アクセサリー分野では第4四半期に過去最高を記録しました。また、すべての地域セグメントで2桁成長を達成し、6月期の新記録を樹立しました。

製品売上高は、前年同期比37%増の639億ドルとなり、6月期の記録を更新しました。製品売上は639億ドルとなり、前年同期比で37%増加しました。この売上高は、お客様の比類なきロイヤリティと相まって、当社の有効なデバイスのインストールベースを過去最高に押し上げました。サービス分野の売上高は、前年同期比33%増の175億ドルとなり、各地域セグメントで第1四半期の記録を更新しました。売上総利益率は43.3%となり、前期比80bp上昇しました。これは、季節的なレバレッジの低下により一部相殺されましたが、コスト削減とサービスの構成比の上昇によりもたらされました。

製品の売上総利益率は、前四半期比10bp低下の36%となりました。季節的なレバレッジの低下は、コスト削減によりほぼ相殺されました。サービスの売上総利益率は、主に構成比の違いにより、前四半期比30bp減の69.8%となりました。当期純利益217億ドル、希薄化後1株当たり利益1.30ドル、営業キャッシュフロー211億ドルは、いずれも大差で6月期の記録となりました。

iPhoneの売上高は、前年同期比50%増の396億ドルとなり、当四半期の最高記録を更新しました。これは、iPhone 12シリーズに対する需要が引き続き非常に高かったためです。全世界で一貫して好調な業績を記録し、各地域セグメントで2桁台の大幅な成長を達成し、追跡調査を行っているほとんどの市場で第6四半期の記録を更新しました。

iPhoneのアクティブインストールベースは、お客様の卓越したロイヤリティとエコシステムの強さにより、過去最高となりました。米国では、451リサーチ社が実施した最新の消費者調査で、iPhone 12ファミリーに対するiPhoneの顧客満足度は97%に達しています。

サービスに目を向けると、先ほど述べたように、クラウドサービス、音楽、ビデオ、広告、決済サービスで過去最高の売上を記録し、第6四半期にはApp StoreとApple Careで過去最高の売上を記録し、175億ドルの売上高を達成しました。当社が提供する最新のサービスであるApple TV+、Apple Arcade、Apple News+、Apple card、Apple Fitness+、およびApple Oneバンドルは、ユーザー数、コンテンツ数、機能数が引き続き増加しており、サービス全体の成長に貢献しています。

当社のサービス事業の主要な原動力は、すべて正しい方向に向かっています。まず、当社のデバイスのインストールベースは、各地域のセグメントにおいて過去最高となりました。第二に、デジタルコンテンツストアにおける取引アカウント数および有料アカウント数は、各地域セグメントにおいて第6四半期中に過去最高を記録し、有料アカウント数は2桁の増加となりました。

3つ目は、有料会員数が引き続き堅調に推移していることです。現在、当社のプラットフォーム上のサービス全体で7億件以上の有料会員数があり、昨年から1億5,000万件以上増加し、わずか4年前の約4倍になっています。

そして最後に、お客様に喜んでいただける新しいサービスを追加するとともに、現在提供しているサービスの幅と質を引き続き向上させていきます。例えば、6月に開催されたWWDCでは、iCloud+とApple Walletの新機能をプレビューしました。これらの機能は、より安全で差別化されたカスタマー・エクスペリエンスを実現すると確信しています。

ウェアラブル、ホーム&アクセサリーは、前年同期比36%増の88億ドルとなり、すべての地域セグメントで6月期の売上高の新記録を達成しました。当社は、このカテゴリーで提供する製品の改善と拡大を続けています。当四半期は、デザインを一新したSiriリモコンを搭載した新型Apple TV 4Kと、全く新しいエアタグの出荷を開始しましたが、両製品に対するお客様の反応は非常に良好です。

全世界での卓越した販売実績に加え、Apple Watchは引き続きその普及範囲を拡大しており、当四半期にApple Watchを購入されたお客様の75%近くがこの製品を初めて購入されました。

Macについては、供給上の制約があるにもかかわらず、当社が追跡している世界中のほとんどの市場で6月の四半期売上高を記録し、前年同期比16%増の82億ドルを達成しました。Macの過去4四半期が過去最高の四半期であったことは注目に値します。このような異例の売上高を達成できたのは、M1チップを搭載した新型Macに対するお客様からの熱烈な支持があったからで、最近ではデザインを一新したiMacにも搭載されています。

iPadの業績も好調で、供給に大きな制約があったにもかかわらず、売上高は12%増の74億ドルとなりました。当四半期には、M1チップを搭載した新しいiPad Proの出荷も開始しましたが、お客様からの反応は非常に良かったです。iPadとMacはともにコンピューティングを次のレベルに引き上げました。過去12ヶ月間の業績を合わせると、今ではFortune-50の企業に匹敵する規模になっています。これは、過去最高の製品ラインアップ、非常に高いレベルの顧客満足度、そして忠実に拡大するインストールベースのおかげです。実際、当四半期にMacやiPadを購入されたお客様の約半数は、その製品を初めて購入された方でした。また、451リサーチ社が米国の消費者を対象に行った最新の調査では、顧客満足度がMacで92%、iPadで95%となっています。

企業においても、当社のお客様は、新しいM1 Macがもたらす優れたパフォーマンス、バッテリー駆動時間、セキュリティに期待を寄せています。例えばMassMutual社は、全従業員にM1 MacBook Proを提供し、職場復帰に備えてすべての会議室にM1 Mac miniを設置しています。

また、驚異的なパフォーマンスと手頃なエントリー価格を備えたM1搭載のMacBook Airは、多くの大手企業で急速に採用が進んでいます。イタリア最大の天然ガス会社であるItalgas社は、その広範なネットワークを利用して再生可能ガスの供給を間もなく開始しますが、従業員全員が使っていたWindowsノートパソコンをAppleのM1チップを搭載した新しいMacBook Airに置き換え、最新のテクノロジーを従業員に提供しています。また、交通機関やフードデリバリー、デジタル決済サービスを提供する東南アジアの大手スーパーアプリ「Grab」は、全社的に展開しているM1 MacにM1 MacBook Airを加えています。

当四半期の現金および有価証券の残高は1,940億ドルでした。また、30億ドルのタームローンを返済し、コマーシャルペーパーを30億ドル増額した結果、負債総額は1,220億ドルとなりました。その結果、当四半期末のネット・キャッシュは720億ドルとなりました。

また、事業が非常に高い水準で継続していることから、当四半期は290億ドルを株主に還元することができました。その内訳は、配当金および同等額が38億ドル、公開市場でのアップル株式1億3,600万株の買戻しが175億ドルです。また、5月には50億ドルの前倒し自社株買いプログラムを開始し、3,200万株を最初に交付・消却しました。

第9四半期に向けて、冒頭でテジャスが言及したような将来の見通しに関する情報を含め、当社の見通しについて説明したいと思います。近い将来、世界的に不確実性が続くことを考慮して、収益に関するガイダンスは行いません。しかし、COVIDに関連した事業への影響が当四半期に予測しているものより悪化しないことを前提に、いくつかの方向性を示しています。

当四半期の売上高は、前年同期比で2桁の非常に高い成長を見込んでいます。売上高の成長率は、3つの理由により、6月時点の前年同期比36%の成長を下回ると見込んでいます。第一に、前年同期比の成長率に対する為替の影響は、6月時点よりも3ポイント低下すると見込んでいます。

第2に、サービスの成長率が通常のレベルに戻ることを見込んでいます。当四半期の成長率は、1年前にCOVIDのロックダウンにより一部のサービスが大きな影響を受けたことから、比較優位性が得られました。

第三に、9月の供給制約は、6月の第1四半期に比べて大きくなると見込んでいます。この制約は主にiPhoneおよびiPadに影響します。

売上総利益率は41.5%から42.5%の間になると予想しています。営業費用は113億米ドルから115億米ドルの間になると予想しています。OI&Eは、少数株主持分の時価評価による潜在的な影響を除き、ゼロ程度を見込んでおり、税率は16%程度を見込んでいます。

最後に、当社の取締役会は本日、2021年8月9日現在の株主名簿に登録されている株主に対し、2021年8月12日に普通株式1株当たり0.22ドルの現金配当を行うことを宣言しました。

それでは、質疑応答をお願いします。

ティム・クック

ルカさん、ありがとうございます。質問は2つまでにしていただきたいと思います。オペレーター、最初の質問をお願いします。

質疑応答の様子

オペレーター

ありがとうございます。最初の質問は、モルガン・スタンレーのケイティ・ヒューバティさんからです。どうぞお進みください。ケイティ、あなたの回線は開いています。ミュート機能をご確認ください。次の質問は、レイモンド・ジェームズのクリス・カソさんからお願いします。

クリス・カソ

ありがとうございます。おはようございます。ガイダンスの解説を少し掘り下げてみましょう。まず昨年は、iPhoneの発売時期が例年よりも遅かったという事実がありました。また、その他の製品についても、昨年とは異なる点があるのではないかと思いますが、ご説明いただけますか?

ルカ・マエストリ

先ほど説明したように、まず第一に、私たちは非常に強い2桁の成長を見込んでいます。年間を通して経験してきたこの非常に高いレベルの成長は、9月の四半期にも続くと考えています。私たちは、成長率は36%以下になるだろうと述べました。私は3つの要因を挙げました。

1つ目の要因は、前年同期比でほとんどの通貨に対してドル安が進行しているという意味で、ドルが引き続き有利であるということです。しかし、ここ数週間でほとんどの通貨に対してドル高が進んだため、9月期のこの恩恵は6月期に比べて約3ポイント少なくなりそうです。

第2に、第6四半期のサービス成長率が33%と、過去の実績を大幅に上回っていることに触れました。これは、1年前にCOVIDのロックダウンにより大きな影響を受けたいくつかのサービスカテゴリー、すなわち広告事業とアップルケアがあったことによるものです。そのため、6月の四半期では比較的容易に比較することができます。そのため、6月の四半期では比較的容易に比較することができましたが、9月の四半期ではそのようなことはないと考えています。そのため、サービスの大幅な伸びを期待していますが、6月に見られたようなレベルではありません。

また、6月に見られた供給面での制約が、9月にはさらに大きくなると述べました。3ヶ月前にここでお話したときには、6月の四半期には30億ドルから40億ドルの供給制約が発生し、主にiPadとMacに影響があると予想していました。第6四半期にはこれらの供給制約の一部を緩和することができたため、当四半期の数字は期初に想定していた範囲の下限をわずかに下回っています。しかし、9月の四半期には、この数字はもっと高くなると予想しています。

これらを総合すると、先ほど述べた注意点はあるものの、9月は非常に力強い2桁成長となります。

クリス・カソ

ありがとうございます。供給制約について補足しますと、この供給制約は12月期も続くと予想していますか?それが年末商戦にどのような影響を与えるのか。

また、それに関連して、供給制約のためにどのような追加コストを吸収しているのでしょうか?より多くの供給を得るために少し多めに支払うことで、売上総利益率や製品コスト全般に影響を与えているのでしょうか?

ティム・クック

クリス、ティムです。コスト面では、運賃の支払いが増えています。しかし、部品のコストは全体的には下がり続けています。供給の制約については、それがいつまで続くのか、今日は予測したくありません。1四半期ごとに考えていきたいと思います。推測されるように、どのような状況であっても、それを緩和するためにできる限りのことをしていきます。

ルカ・マエストリ

コスト面では、私のコメントにもありましたが、第6四半期の売上総利益率は43.3%でしたが、第4四半期には素晴らしいコスト削減ができました。また、9月のガイダンスとして41.5%から42.5%を提示しましたが、これは明らかに私たちが非常に満足しているレベルです。

クリス・カソ

そうですね。ありがとうございました。

Tejas Gala

クリスさん、ありがとうございました。次の質問をお願いします。

オペレーター

ありがとうございます。次の質問は、シティグループ・インベストメント・リサーチのジム・スバさんからお願いします。どうぞお進みください。

ジム・スバ

あなたとあなたのグローバルチームが、困難な時期に素晴らしいオペレーションをされたことを祝福します。ティムとルカ、私は1つの質問をしたいのですが、お二人のどちらか、あるいはお二人とも、誰がその質問に答えるのがベストかを考えてください。

COVID、デルタバリアント、中国の洪水、サプライチェーン、コンポーネントなど、私たちは前例のない世界を見ています。研究開発やイノベーションの分野では、通常のサイクルでは対応できないような重大な影響を受けていますか?それとも、一年の中でも特に暇な時期に起こっていることで、社員にリモートワークをさせることができ、これまでのような典型的なイノベーションや製品の発表を行うことができるのでしょうか?

ティム・クック

ジム、当社は驚くほど回復力があります。社員は本当に二重の役割を果たしています。また、新しい製品を次々と発表していることには、これ以上ないほど満足しています。WWDCでのソフトウェアの発表や、秋に予定しているソフトウェアの発表、そしてこの12〜18ヶ月間に発表できたすべての製品を見てもわかるように、素晴らしいものです。私はとても満足しています。

テージャス・ガラ

ありがとう、ジム。次の質問をお願いします。

ジム・スバ

ありがとうございます。改めておめでとうございます。

ティム・クック

ありがとうございました。

オペレーター

ありがとうございます。次の質問は、クロス・リサーチのシャノン・クロスさんからお願いします。

シャノン・クロス

ティムさん、ありがとうございます。今回のiPhoneのサイクルで、お客様の好みや価格、おそらくサブスクリプションなどについて、どのようなことがわかったのでしょうか。また、地域ごとに違いがあるとすれば、それについても教えてください。ありがとうございます。

ティム・クック

シャノンさん、第3四半期の結果を見ると、乗り換えのお客様とアップグレードのお客様が2桁の伸びを示しています。実際、第3四半期は過去最大のアップグレード四半期となりました。私たちは、この2つのカテゴリーについて非常に高い評価をしています。

また、ルカが前文や冒頭のコメントで述べたように、当社の業績は世界中のiPhoneで非常に好調です。このように、非常に好調なサイクルでした。しかし、5Gの普及率は明らかにまだ非常に低いものです。だからこそ、私たちはiPhoneの将来についてとても良い印象を持っています。

シャノン・クロス

わかりました。中国は58%増ですが、どこが伸びているのでしょうか。中国のお客様からはどのような声が聞かれますか?58%という数字が持続可能でないことは明らかですが、この強さはどの程度持続可能なのでしょうか。ありがとうございました。

ティム・クック

当四半期は非常に好調で、Greater Chinaにおける6月の四半期収益の記録を更新しました。このことをとても誇りに思っています。また、中華圏のお客様にサービスを提供するために最高の仕事をしています。特に「12 Pro」と「12 Pro Max」の反響が大きかったですね。これらの結果は特に好調でした。しかし、製品のバランスを見てみると、ウェアラブル、ホーム&アクセサリー、Mac、サービスの各分野でも第6四半期の記録を更新しました。つまり、全体的に好調だったということです。また、多くの新規顧客が市場に参入しています。

例えば、MacとiPadでは、前四半期に購入されたお客様の約3分の2がその製品を初めて購入されました。Apple Watchの場合は85%でした。このように、私たちはこの結果に満足しています。

シャノン・クロス

85%というのは、中国での話でしょうか、それとも全体での話でしょうか?

ティム・クック

85%は中国です。私が話していたのは、具体的には中国向けのリファレンスの数字です。

ルカ・マエストリ

そしてシャノンさん、Watchの世界では75%です。

シャノン・クロス

そうですね。素晴らしいですね。本当にありがとうございました。

テージャス・ガラ

ありがとう、シャノン。次の質問をお願いします。

オペレーター

ありがとうございます。次の質問は、エバーコアのAmit Daryananiさんからお願いします。どうぞよろしくお願いします。

アミット・ダリャナニ

完璧ですね。私の質問を受けてくださってありがとうございます。まず最初に、ルカさん、粗利益率についてもう少しお話いただけないでしょうか。また、9月の予想についても、前四半期比で100ベーシスポイントほどの減少を示唆していると思います。歴史的に見て、9月の売上総利益率は横ばい、あるいは少し上昇する傾向にあると思うのですが、どのような点が問題なのかを教えていただけますか?

ルカ・マエストリ

第3四半期の結果を見ると、43.3%となっています。前述のとおり、前四半期比で非常に優れたコスト削減を実現したことに加えて、全体に占めるサービスの比率が非常に高かったことが挙げられます。特に広告は、1年前のCOVIDロックダウンの反動もあり、非常に好調でした。

そのため、前四半期比では異なる構成比が予想されます。そのため、今回のガイダンスでは、ご存知のとおり、1年前に比べて大幅に高い数値を示しています。例えば、1年前は38.2%だったので、前年比で約400bpの拡大となります。このように、ミックスが異なることを考慮に入れることは重要だと思います。

アミット・ダリャナニ

分かりました。はい、その通りです。こんなに早く粗利益率が40%を超えるとは、誰も予想していなかったと思います。それは素晴らしいことです。サービスについての補足ですが、今期の33%の成長を、比較しやすいように少し異常だとおっしゃっていましたね。しかし、過去4四半期のサービスの成長率を見ると、この成長を可能にしているのは何だと思われますか?ARPUが高くなってインストールベースの収益化が進んでいるのでしょうか?それとも、インストールベースが増加し、どちらが大きいかを選択しているのでしょうか?この2つの要素は、時間の経過とともにどのように変化していくと思いますか?

ルカ・マエストリ

複数の要素が絡み合っています。もちろん、当社のインストールベースが増え続け、常に過去最高を更新しているという事実は、常に大きなチャンスを与えてくれます。

2つ目は、エコシステムに参加する人々が増えていることです。無料で取引する人が非常に多く、一部のサービスにお金を払ってくれる人もいます。そして、当社のサービスにお金を払ってくださる方の割合は、順調に増え続けています。先ほど述べたように、当四半期も2桁の成長を遂げました。これは当然、収益面でも貢献しています。

そしてもちろん、サービスの質と量の両方を向上させ続けています。ご存知のように、ここ数年、Apple TV+、フィットネス+、Apple Arcade、News+、そしてもちろんApple Cardなど、数多くの新しいサービスを開始してきました。これらのサービスは、当社が現在拡大しているビジネスであり、これらの追加収益はすべて役に立ちます。そして、あなたがおっしゃったように、最近の4四半期では20%台半ばの成長率を達成しています。このように、私たちにとって非常に喜ばしいことだと思います。

アミット・ダリャナニ

完璧ですね。ありがとうございました。

Tejas Gala

ありがとう、アミット。次の質問をお願いします。

オペレーター

ありがとうございます。次はモルガン・スタンレーのケイティ・ヒューバティさんにお願いします。どうぞよろしくお願いします。

ケイティ・ヒューバティ

ありがとうございます。おはようございます。私の声が聞こえますか?

ルカ・マエストリ

はい、聞こえます。

ケイティ・ヒューバティ

わかりました。最初の質問ですが、市場では、MacやApp Storeなどの分野で支出が増加したことから、Appleがパンデミックからどれだけ恩恵を受けたかについて議論があります。しかしもちろん、過去数四半期にわたって、パンデミックの影響を受けて店舗が閉鎖されたり、人通りが減ったりした分野もあるとおっしゃっています。すべての損益を差し引いた場合、ビジネスは助かったのでしょうか?それとも、パンデミックの影響を受けたのでしょうか?

ルカ・マエストリ

もちろん、ケイティ、私たちはこれらの様々な変数がビジネスにどのような影響を与えたのかを正確に教えてくれる水晶玉を持っていません。しかし、ポジティブに考えれば、特に極端なロックダウンの期間中は、エンターテインメントの選択肢が限られていたため、デジタルサービスが非常に好調だったことは確かです。そのため、デジタルサービスは非常に好調でした。自宅で仕事をする人や自宅で勉強をする人が増えていることから、iPadやMacの需要が非常に高まっていることは明らかです。

一方で、経済活動の低下による広告、店舗の閉鎖によるアップルケアなどのサービスがマイナスの影響を受けました。また、iPhoneやWatchのような特定の製品は、取引が複雑なため、より複雑なタイプの売上となる可能性があります。また、当社の店舗だけでなく、パートナー企業の店舗も含め、世界中で多くの販売拠点が閉鎖されたことも影響しています。かなり長い期間、制約を受けていたので、評価するのは難しいです。

また、現実的には、COVIDから撤退した後の新しい常識は、これまでとは異なるものになるかもしれません。例えば、仕事をめぐるハイブリッドなモデルが登場するかもしれません。ですから、それが何であるかを正味のところでお伝えするのは難しいですね。明らかに、時間とともに変化する傾向があるので、これは非常に流動的です。COVIDのない世界は、私たちにとってもお客様にとっても非常に良いことだと思います。

Katy Huberty

iPhoneについてもう少し詳しくお聞きしたいのですが、過去を振り返ってみると、今年のiPhone 12のように非常に好調な製品サイクルの後は、iPhoneの収益が圧迫され、アップグレード率が低下し、ポートフォリオの構成が低価格帯にシフトすることがよくあります。来年も同様の傾向があると考えてよいでしょうか。それとも、そうでなければ、時間… [続きを読む]

ティム・クック

ケイティ、ティムです。私たちは次のサイクルを予測しているわけではありません。ただ、いくつか指摘しておきたいことがあります。1つは、当社には非常に多くのインストールベースがあり、成長しているということです。ご存知のように、今年初め、iPhoneのアクティブデバイスが10億台を突破しました。2つ目は、当社にはロイヤルティの高い満足度の高いお客様がいることです。新しいiPhoneで目にするお客様の声は、本当に素晴らしいものです。驚くべきことだと思います。

また、地理的な反応は世界中に広がっています。米国では、販売数トップ3のモデルがあります。英国では、トップ5のうち4つのモデルを販売しています。オーストラリアでは、トップ2を占めています。日本ではトップ3を占めています。中国の都市部ではトップ2を占めています。このように、世界中のお客様からの反応は素晴らしいものでした。

もちろん、製品自体も素晴らしいものです。12のラインアップは、5Gを導入し、A14 Bionicやその他多くの素晴らしい機能を搭載し、お客様に愛される大きな飛躍を遂げました。次に考えなければならないのは、私たちは5Gの非常に初期の段階にいるということです。世界の5G普及率を見ると、まだ2桁台の国は数えるほどしかありません。このような状況の中で、発売から9ヵ月ほどでこのような成果を上げることができました。

最後に、私たちはこれからも素晴らしい製品を提供していきます。ハードウェア、ソフトウェア、サービスを統合して素晴らしい体験を提供するという、当社が最も得意とすることをこれからも続けていきたいと思っています。以上が、私が予想を立てる際に考慮すべき点です。

Katy Huberty

いい色ですね。ありがとうございます。

テージャス・ガラ

ありがとう、Katy。次の質問をお願いします。

オペレーター

ありがとうございます。次の質問は、パイパー・サンドラーのハーシュ・クマールさんからお願いします。

ハーシュ・クマール

まずはおめでとうございます。素晴らしい実行力で一貫性のある結果を出されましたね。ティム、この質問をするには完璧なタイミングですね。インストールベースが10億台というお話がありました。そのインストールベースのすべてがどのようになっているのか、教えていただけないでしょうか。この質問をした理由は、5G携帯電話にアップグレードする人が明らかに増えているからです。人々が5G携帯電話シリーズに移行することで、御社の収益が成長し続けるためには、他の多くの要因よりも大きな力となる可能性があります。そこで気になるのは、アップグレードがどのように行われているのか、またそのベースとなる年齢はどのくらいなのか、ということです。

ティム・クック

まず第一に、あなたの質問に正確に答えるのは難しいです。しかし、第3四半期にはスイッチャーとアップグレードの両方で、非常に好調でした。どちらも2桁の大幅な増加となり、iPhoneの前年同期比の地域別表現も非常によくなっています。この結果には大変満足しています。

なお、私が引用した10億台という数字はiPhoneのことで、年初の1月の電話会議では確か16億5,000万台という数字を引用しましたが、これはアクティブなデバイスの総数ですので、念のためご確認ください。つまり、乗り換えが非常に好調で、アップグレードが非常に好調、6月期のアップグレード四半期としてはこれまでで最高の結果となりました。この勢いは本当に素晴らしいものです。しかし同時に、5Gの普及率が世界的に見て非常に低いことも認識しています。そして、その普及率は非常に低いのです。当社はこの分野の最先端にいます。

ハーシュ・クマール

そうですね。私のフォローアップとして、アップルはおそらく世界最大の半導体企業のひとつです。Appleは、戦略的なもの、Apple自身が作りたいものと非戦略的なものをどのように判断しているのでしょうか。また、ArmがNvidiaに買収されるというニュースが話題になっていますが、Appleはどのように判断しているのでしょうか。それをAppleはどう見ているのか気になりました。それはAppleにとって有益なことなのか、それとも意味のないことなのか、あるいは否定的なことなのか。

ティム・クック

この買収には多くの疑問があると思いますが、それは他の皆さんにお任せしたいと思います。私たちがシリコンを作るときには、「もっといいものができるのではないか」「もっといい製品を提供できるのではないか」「市場で何かを買うことができるのではないか」と自問します。そして、それが素晴らしく、我々ができることと同じくらい良いものであれば、我々はそれを購入します。私たちは、より良いものを作る能力があると信じられる場合にのみ参入し、ユーザーにとってより良い製品を作ることができます。

M1はその好例だと思います。私たちのシリコンチームには、購入するよりもはるかに優れた製品を提供する能力があります。そこで、当社のハードウェアとソフトウェアに関する優れた専門知識を活用し、それらを組み合わせてM1を発売しました。そして、M1に対する反応は信じられないほど素晴らしいものでした。制約のあるMacや、同じく制約のあるiPadの販売にも貢献しています。このようにして、ある市場に参入すべきかどうかを検討しています。

ハーシュ・クマール

ありがとうございました。

ティム・クック

ご質問ありがとうございました。

Tejas Gala

ありがとうございます。次の質問をお願いします。

オペレーター

次の質問は、Cowen & CompanyのKrish Sankarさんからお願いします。どうぞお進みください。

クリッシュ・サンカー

私の質問を受けてくださってありがとうございます。最初にルカさんにお聞きしたいのですが、9月の四半期にはサービスの成長が正常化するとおっしゃっていましたね。ここ数四半期のサービス事業は、在宅勤務などの影響で好調だったと聞いています。COVID後の世界で、人々がオフィスに戻ってきたとき、サービス事業の通常の成長率はどのくらいになるのでしょうか?そして、それに続く質問があります。

ルカ・マエストリ

数四半期前にさかのぼって、平均的な数値を算出することができると思います。もちろん、結果には常に多少のばらつきがあります。しかし、確かにここ数年33%もの数字を出したことはありませんでしたので、これはちょっとした異例のことでした。繰り返しになりますが、これは第6四半期に比較的比較しやすかったいくつかの事業が原因だと説明しています。このように、当社のサービスの成長率は何四半期にもわたって2桁台後半で推移しており、このレベルに自信を持っています。

Krish Sankar

了解しました。それから、TimとLucaにフォローアップをお願いします。ティムは準備中のコメントで、9月期にはiPhoneやiPadの供給制約による影響が大きくなると述べていましたね。部品不足がiPhoneに影響を与えるという話を聞いたのは初めてです。もう少し具体的に教えてください。ディスプレイドライバーですか?それとも、具体的にどこが供給のネックになっているのでしょうか?

ティム・クック

私たちが目にしている制約の大半は、他の人が言っているように、業界の不足に分類されるようなものです。それに加えて、需要があまりにも大きく、我々の予想を超えているために、すべての部品をリードタイム内に調達することが難しいという不足もあります。そのようなこともあります。

前にも言いましたが、ご質問の内容からすると、当社がいくつかの製品で使用している最新のノードは、それほど問題になっていないと思います。レガシーノードでは、シリコンの供給に制約がありました。

Krish Sankar

ありがとう、ティム。

ティム・クック

ありがとうございます。

Tejas Gala

ありがとう、クリッシュ。次の質問をお願いします。

オペレーター

ありがとうございます。次の質問は、UBSのデビッド・ヴォクトさんにお願いします。

デビッド・ヴォクト

素晴らしいですね。ご質問ありがとうございました。一点だけ確認させていただきたいことがあります。当四半期は、アップグレード派と乗り換え派が好調で、新興市場が比較的好調だったというデータとコメントに基づいています。このようなデータは、iPhoneポートフォリオにとってどのような意味を持つのでしょうか。

また、乗り換え派と価格帯について考えると、昨年、SE2を発売して、新興国のような低価格帯の市場に本格的に参入したと思います。ということは、今後のポートフォリオを考えると、低価格帯の製品の必要性はあまりなく、現在のポートフォリオと今後の新しいサイクルは、現在のようなハイエンドなものになるということでしょうか?それから、フォローアップがあります。

ティム・クック

デビッド、第3四半期の新興国市場は素晴らしいものでした。メキシコ、ブラジル、チリ、トルコ、アラブ首長国連邦、ポーランド、チェコ、インドなどで、第3四半期の記録を更新しました。

中国はもちろんのこと、タイ、マレーシア、ベトナム、カンボジア、インドネシアなど、数え上げればきりがありません。これらの結果は、当社の全製品に対するものです。1年前に発売したSEは、現在もラインアップされていることを覚えておいてください。これは当社のエントリー価格帯にあたります。ですから、すべての製品が順調に推移していることに満足しています。そして、私たちが受け入れたいと思っている人々に対応するためには、そのような価格帯の範囲が必要だと思います。

ですから、私たちは、本当にiPhoneを手に入れたいエントリーバイヤー向けの製品と、最高のiPhoneを求めるプロバイヤー向けの製品を用意しました。これは、米国や他の先進国の市場と同様に、新興国の市場でも当てはまることだと思います。

デビッド・ヴォクト

いや、それは助かります。ありがとうございます、ティムさん。ということは、新興市場でiPhoneを買おうとしている人は、5G機能を備えたデバイスも求めているということでしょうか?もちろん、私たちは多くの市場で初期段階にあるわけですが、インフラの観点から5Gが利用可能であれば、それらの市場で消費者が5Gを好むかどうかという点について、中長期的にどのように考えればよいのでしょうか。

ティム・クック

私が読んでいるほとんどの市場では、5Gについては本当に、本当に、本当に初期の段階です。しかし、トップエンドの購入者は、場合によっては携帯電話を2年以上保有することもあるので、将来のことも考えて購入していると思います。そのため、5Gは彼らの購入決定の重要な要素となるのです。

デビッド・ヴォクト

ありがとうございます。ありがとうございました。

テージャス・ガラ

ありがとうございました。次の質問をお願いします。

オペレーター

ありがとうございます。次の質問は、クリーブランド・リサーチ・カンパニーのベン・ボリンさんからお願いします。

ベン・ボリン

皆さん、こんばんは。質問にお答えいただきありがとうございます。まずルカさんかティムさんから、Apple Oneバンドルがサービスや経済の軌道にどのような影響を与えているとお考えなのか、少し説明していただけますか?また、サービスについての第二弾として、IDFAがサービス内の広告ビジネスの軌道にどのような影響を与えているとお考えでしょうか?

ティム・クック

ご存知のように、Apple Oneは、Apple Music、Apple TV+、Apple Arcade、iCloudなどのサブスクリプションサービスをこれまで以上に簡単に楽しめるようにするために提供しています。私たちはお客様を中心に考え、数ヶ月前にはなかったような方法で、最近になってApple Oneの案内を始めました。このように、私は今のApple Oneの状況に非常に満足しています。これは将来のサービスに向けての大きな弾みになると思います。

さらに重要なのは、お客様にとっても大きなメリットがあるということです。というのも、当社のお客様の多くは、これらのサービスを複数試してみたいと思っていますが、簡単なバンドルとサブスクリプションサービスでそれが可能になるからです。

IDFAや広告全般に関しては、ATTに関するご質問ですね。ATTでは、トラッキングされるかどうかを透明性をもって判断できるようにしたことで、お客様からかなりの反響がありました。ユーザーの視点から見ても、非常にうまくいっているようです。

テージャス・ガラ

ありがとうございます。では、質問をお願いします。

オペレーター

ありがとうございます。次の質問は、バンク・オブ・アメリカのワムシ・モハンさんからお願いします。

ワムシ・モハン

はい、ありがとうございます。まずルカさんですが、製品収益の大幅なデレバレッジを指摘されましたが、製品の粗利益率はほぼ横ばいで、コスト削減も行われていますね。これは戦術的なものなのか、それとも垂直統合のような構造的なものなのか、製品の粗利益率に継続して利益をもたらすものなのか、お話しいただけますか?

サービス面では、広告の成長の強さについて何度か言及されていましたが、これは明らかに非常に高い利益率に貢献しています。そこで、どのような相殺があったのでしょうか?また、Timにも質問があります。

ルカ・マエストリ

そうですね。製品面では、私はコスト削減について話しました。ティムの話では、運賃面で、この時期には通常とは異なるコスト圧力がかかっているのではないかということでした。それ以外のすべての主要な商品や部品については、非常に典型的なサイクルが続いており、連続してコスト削減効果が得られています。これまでのところ、粗利益の絶対水準からもわかるように、非常に良い結果が出ています。少なくとも目先の利益は確保できたと思います。かなり構造的なものでした。

サービス面では、やはり前年同期比で大幅に増加しました。つまり、ベースラインは大幅に上昇しています。前四半期の落ち込みは、おっしゃるとおり、非常に小さいものでした。以前にも何度かお話ししましたが、当社は非常に大きなサービスポートフォリオを有しており、それぞれのサービスのマージンプロファイルは非常に異なっています。そのため、ミックスがわずかに変化するだけで、前四半期との差が生じることがありますが、当四半期はミックスが異なっただけで、このような結果となりました。例えば、Apple Careが回復したと述べました。

このように、市場における当社のサービスの相対的な成功が、粗利益率のわずかな変化をもたらすことがあります。繰り返しになりますが、売上総利益率69.8%という数字は、サービスの利益率の軌道に乗っていることに非常に満足しています。

Wamsi Mohan

わかりました。ありがとう、ルカ。ティム、中国では、特に一部の中国企業に対して規制の目が厳しくなっています。これはAppleにとって直接の影響ではありませんが、これらの企業の中にはAppleのApp Storeの収益にかなり大きな貢献をしているところもあるので、投資家は間接的な影響をどのように考えればよいでしょうか。また、これらによる影響は全くないのでしょうか?また、これらのアプリの使用が制限されることで、人々のデバイスとの関わり方に影響を与えているのでしょうか、それとも他に何か付随的な影響があるのでしょうか?ありがとうございました。

ティム・クック

ご覧のとおり、当四半期は58%の成長を達成し、好調な四半期となりました。その中には、App Storeの世界を含むサービスの四半期記録も含まれています。また、中国での好調も見られます。中国の経済はCOVIDからかなり早く立ち直りました。

規制面では、中国のユーザーにサービスを提供し、私たちが提供する製品やサービスに満足していただくことに重点を置いています。そのために多くの企業と協力しています。それが私たちの焦点です。

テージャス・ガラ

ありがとう、ワムシ。本日の電話会議のリプレイは、Apple Podcastで2週間にわたり、apple.com/investorのウェブキャストと電話で聴くことができます。電話によるリプレイの番号は888-203-1112または719-457-0820です。確認コード 9766068 を入力してください。これらのリプレイは、太平洋時間で本日午後5時頃までに提供される予定です。

報道関係者の方でご質問のある方は、Josh Rosenstock(電話:408-862-1142)までご連絡ください。ファイナンシャル・アナリストの方は、669-227-2402までご連絡ください。ご協力ありがとうございました。

オペレーター

ありがとうございました。これで本日のカンファレンスは終了です。ご参加ありがとうございました。

ABOUT ME
赤虎めだか
こんにちは。【赤虎めだか】です。 よろしくお願いします。 ・アラフィフ(男) ・うお座のB型 ・職業:BPMコンサルタント ・副業で太陽光発電所を2基 ・グロース銘柄を中心に米国株投資を実践 ・趣味はめだかのブリーディングと焼き物(食器)集め