米国株決算

Apple Inc. (アップル)2022年度第1四半期決算【AAPL】

AAPL-2022-Q1title

2022年1月27日の引け後にアップル(ティッカーシンボル:AAPL)の2022年第1四半期決算発表がありました。

概要は以下の通りです。

  • EPS: 予想$1.89に対し、$2.10
  • 売上高:予想1185億ドルに対し、1239億ドル
  • 売上高成長率:前年同期比+11%
  • iPhone売上高:予想675億ドルに対し、716億ドル(前年同期:656億ドル)
  • サービス売上高:予想197億ドルに対し、195.2億ドル(前年同期:157.6億ドル)
  • 2022年度第2四半期は新型iPhoneの発売時期の関係で前年同期比では12月期よりも低下する見込み
  • サービス売上高は2ケタ台の成長を見込むものの、12月期よりも減速する見込み(昨年がコロナ禍による特需だったため、比較対象がより厳しい)

 

資料出典:アップル社IRページ

 

AAPL-2021-Q4-title
Apple Inc.(アップル)2021年第4四半期決算【AAPL】2021年10月28日の引け後にアップル(ティッカーシンボル:AAPL)の2021年第4四半期決算発表がありました。 概要は以下の...

 

カンファレンスコール日本語訳

Apple Inc. (NASDAQ:AAPL) Q1 2022 Earnings Conference Call January 27, 2022 5:00 PM ET

会社の参加者

テージャス・ガラ – IR・コーポレートファイナンス担当ディレクター

ティム・クック – CEO

ルカ・マエストリ(CFO

コンファレンスコール参加者

ワムシ・モハン(バンク・オブ・アメリカ

カイル・マクニーリー(ジェフリーズ

シャノン・クロス(クロス・リサーチ

キャサリン・ヒューバティ(モルガンスタンレー

Amit Daryanani – エバーコアISI

デビッド・ヴォクト – UBS

サミック・チャタジー – JPモルガン

クリストファー・カソ – レイモンド・ジェームズ

ベンジャミン・ボリン – クリーブランド・リサーチ

ハーシュ・クマール – パイパー・サンドラー

オペレーター

本日は、アップルの2022年度第1四半期決算説明会を開催いたします。本日の通話は録音されています。

それでは、開会のご挨拶とご紹介のために、インベスター・リレーションズ&コーポレート・ファイナンス担当ディレクターのテージャス・ガラに電話をおつなぎいたします。どうぞよろしくお願いいたします。

テージャス・ガラ

ありがとうございます。本日はお集まりいただきありがとうございます。本日は、まずアップルのCEOであるティム・クックが登壇し、続いてCFOのルカ・マエストリが登壇します。その後、アナリストの方々からのご質問にお答えします。

本日の講演でお聞きになる情報の中には、売上高、売上総利益率、営業費用、その他の収益および費用、税金、資本配分、COVID-19が当社の事業および業績に与える潜在的な影響を含む将来の事業見通しなど、将来の見通しに関する記述が含まれている場合がありますのでご注意ください。これらの記述にはリスクや不確実性が含まれており、実際の結果や傾向が当社の予測と大きく異なる可能性があります。詳細については、アップルが最近提出したForm 10-Kの年次報告書および本日SECに提出したForm 8-K、ならびに関連するプレスリリースで述べられているリスク要因を参照してください。Appleは、それぞれの日付で述べられている将来の見通しに関する記述や情報を更新する義務を負いません。

それでは、ティムにご挨拶をお願いします。

ティム・クック

ありがとうございます、テジャスさん。本日は、Appleにとって過去最大の四半期を発表できることを誇りに思います。ホリデーシーズンの繁忙期を経て、昨年比11%増の約1,240億ドルという史上最高の収益記録を樹立し、期初の予想を上回る成果を上げることができました。また、アクティブなインストールベースのデバイスが18億台を超え、新記録を達成したことも喜ばしいことです。

先進国市場と新興国市場の両方で過去最高の記録を更新し、供給が制約されると言っていたiPadを除くすべての製品カテゴリーで売上が増加しました。予想通り、全体としては9月の四半期よりも高い供給制約が発生しました。

業績の詳細を説明する前に、まずCOVIDが世界中の地域社会に与え続けている影響を認識したいと思います。多くの地域で、感染者数はパンデミックのどの時点よりも多く、医療システムはより緊迫しています。私たちApple社員を代表して、COVID-19対策の最前線にいる科学者、医師、看護師をはじめとする多くの方々に深い感謝の意を表したいと思います。

パンデミックの影に隠れて業績を報告するのは、これで8期目になります。これ以上楽になるとは言えませんが、お客様のためにチームが一丸となって革新を続けてきたことを非常に誇りに思います。

数週間前、私たちは、スティーブがiPhoneを世に送り出してから15周年を迎えました。私たちは、根本的に変化する何かの始まりを知っていましたが、それが私たちの生活すべてに信じられないほどの重要な影響を与えることになるとは、誰も予想できませんでした。最初のiPhoneを可能にした創造的な精神は、それ以来、毎日Appleで生き続けています。私たちは創造することをやめません。私たちは創造することをやめず、革新することをやめません。その精神は、M1チップの驚異的なパフォーマンスと性能、パワフルでありながら使いやすいオペレーティングシステム、比類のないiPhoneカメラシステム、AirPodsの美しさと魔法など、Appleの製品の随所に反映されています。だからこそ、Appleの主要製品は、それぞれのカテゴリーにおいて、顧客満足度が業界トップとなっているのです。人々は、Appleが難しい問題を簡単に使える製品で解決してくれることを期待しています。そして、iPhoneの人気はかつてないほど高まっています。

第12四半期には、iPhone 13の素晴らしいラインアップのおかげで、iPhoneの売上高の記録を更新しました。これまでで最高のiPhoneラインナップであり、報道機関やユーザーの皆様からの反応も非常に高いものでした。今期は、M1を搭載したMacBook Air、iMac、MacBook Proを熱心に求めるお客様のおかげで、Mac部門の売上高も過去最高を記録しました。私たちは、M1 ProおよびM1 Maxチップに対するProユーザーの皆様の反応に感激しており、Appleのシリコンがそのパワー、パフォーマンス、効率性でユーザーの皆様を圧倒していることを実感しています。

先に述べたような制約にもかかわらず、当社のiPadラインナップは、教師や学生、アーティストやクリエイターなど、何千万人もの人々にとって不可欠な存在であり続けています。お客様は、美しいディスプレイと2倍のストレージ容量を備えた第9世代iPadや、超ポータブルなデザインの新しいiPad Miniを手に入れたいと思っています。

一方、ウェアラブル・ホーム&アクセサリー部門は、過去最高の売上高を記録しました。最先端のヘルス&フィットネス・トラッキング機能を搭載したApple Watch Series 7がお客様に好評です。ほぼ毎日、私のもとには、心臓のアラートがきっかけで心臓専門医に診てもらうことになったというお客様の声が寄せられています。さらに最近では、911に電話できなかったところをApple Watchが助けてくれた、という声もいただいています。

これまで述べてきたように、私たちの健康関連の仕事はまだ始まったばかりですが、毎日、私たちのポジティブな影響に励まされています。

また、私たちはオーディオ分野でも大きな進歩を遂げており、その結果、お客様から強い要望をいただいています。HomePod Miniは、Siriのインテリジェンスと、部屋中を包み込むようなオーディオ体験を組み合わせた製品として、引き続き高い評価を得ています。また、コンサートホールの音響効果を詰め込んだAirPodsの空間オーディオの魔法には、お客様から大きな反響をいただいています。

いつものように、ハードウェア、ソフトウェア、サービスを深く統合することは、Appleが作るすべてのものの特徴となっています。FaceTimeでお気に入りのコンテンツを一緒に見たり聞いたりすることで、共有体験を生み出すまったく新しい方法を提供する機能であるSharePlayの導入にも、この原則が活かされています。

また、当社のサービス事業全体でイノベーションへの投資を継続しており、前四半期には売上高の過去最高記録を更新するなど、予想以上の成果を上げています。

App Storeは、世界中の開発者にとっては経済的な奇跡であり続け、消費者にとってはお気に入りのアプリケーションを見つけるための安全で信頼できる場所となっています。発売以来、デジタル商品やサービスを販売する開発者の方々に2,600億ドル以上をお支払いしており、2021年の収益は新記録となりました。

また、Apple TV+の番組と映画が、開始から2年間で200の賞を受賞し、890以上のノミネートを果たしたことも喜ばしいことです。強力なラインナップの中には、『マクベスの悲劇』、『CODA』、『Swan Song』などの長編映画や、『Severance』、『The Afterparty』などの心をつかむ新シリーズが数多く控えています。そのどれもが、世界中の観客に感動を与えた、カメラの前と後ろのすべてのストーリーテラーたちの多大な功績によるものです。

一方、Fitness+は、お客様が健康とフィットネスの目標を達成するための刺激を与え続けています。最近では、人気シリーズである「Time to Walk」を拡張した「Time to Run」や、ユーザーがより意図的にトレーニングを選択できるようにするためのワークアウトや瞑想の新しいコレクションを導入しました。

パンデミックにもかかわらず、リテール事業の売上はApple史上最高となり、顧客満足度も過去最高となりました。これは、デジタル体験を再構築する際にチームが見せた驚くべき適応力の証しです。

また、製品を最大限に活用したい、新しいスキルを身につけたい、完璧なプレゼントを探したいと思っているお客様に深い配慮をしてくれた小売店の従業員とAppleCareチームにも、この場を借りて感謝したいと思います。

私たちは常に当社の価値観に基づき、思いやりと配慮を持って行動してきましたが、今回のパンデミックほどそれが必要とされたことはありませんでした。このプログラムは、従業員が最も関心のある活動を特定して支援することを目的としています。このプログラムでは、従業員が最も関心のある活動を特定して支援できるようにしました。この10年間で、このプログラムは約7億2,500万ドルを慈善団体に寄付しました。

また、サハラ以南のアフリカでHIV/AIDS患者のための医療サービスを拡大するための救命活動を支援するProject REDにおいて、Appleがグローバル基金とパートナーシップを結んでから15年が経ちました。お客様のご支援により、Appleはこれまでに約2億7,000万ドルを調達し、HIV/AIDSの影響を受けている人々のための予防、検査、カウンセリングサービスを提供してきました。

また、教育への変わらぬ信念とコミットメントに基づき、Boys & Girls Club of Americaとの新たなパートナーシップを開始しました。この取り組みでは、全米の若者がEveryone Can Codeのカリキュラムを使ってiPadでコードを学べるようになります。また、私たちは気候変動対策のためのイノベーションを推進しています。当社はすでに自社の事業活動においてカーボンニュートラルを達成していますが、サプライチェーンと製品のライフサイクル全体でカーボンニュートラルを実現するという2030年の目標に向けて鋭意努力しています。

黒人歴史月間を記念して、Apple Watch Black Unity Braided Solo Loopと、それにマッチしたUnity Lights Watch Faceの特別版を発売します。また、人種的公平性と正義に関する取り組みでは、経済、教室、刑事司法制度において、より公平な世界への道を切り開いている組織への支援を続けています。

私たちは、これまで同様、最も深刻な課題に立ち向かうには私たち全員の力が必要であることを認識しています。そしてAppleは、自らの役割を果たすことを決意しました。その中には、私たち自身の仕事、インクルージョンとダイバーシティも含まれており、私たちは日々それを推し進めています。

最後に、世界が不確実であるにもかかわらず、私が確信していることが一つあります。Appleは、テクノロジーを最高の状態で提供するという約束を果たすために、日々、あらゆる方法で革新を続けていきます。

それでは、ルカに四半期業績の詳細を説明してもらいます。

ルカ・マエストリ

ありがとうございます、ティム。12月の四半期決算では、過去最高の業績を報告できることを大変嬉しく思います。売上高は、前年同期比11%増の1,239億ドルとなり、過去最高を更新しました。米州、欧州、中華圏、その他のアジア太平洋地域において、過去最高の売上高を達成しました。また、製品とサービスの両方で過去最高の四半期となりました。

製品面では、供給に大きな制約があったにもかかわらず、売上高は前年同期比9%増の1,044億ドルとなりました。供給制約が特に顕著であったiPadを除くすべての製品カテゴリーで成長し、iPhone、Mac、ウェアラブル・ホーム&アクセサリーでは過去最高の記録を更新しました。

好調な販売実績、お客様の比類なきロイヤリティ、エコシステムの強さにより、現在のアクティブデバイスのインストールベースは18億台となり、過去最高を更新しました。インストールベースの成長は広範囲に及び、各主要製品カテゴリーおよび各地域セグメントで過去最高の記録を更新しました。

サービス部門の売上高は、前年同期比24%増の195億ドルとなり、すべての地域セグメントで12月期の記録を更新しました。当社の売上総利益率は、コスト構造の改善により一部相殺されたものの、数量レバレッジと良好な構成により、前期比160bp増の43.8%となりました。製品の売上総利益率は38.4%で、レバレッジとミックスにより前四半期比410ベーシスポイント増加しました。サービスの売上総利益率は、主にミックスの違いにより、前四半期比190ベーシスポイント増の72.4%となりました。

純利益は346億ドル、希薄化後1株当たり利益は2.10ドルで、いずれも前年同期比20%以上の増加となり、過去最高の記録となりました。また、営業キャッシュフローは470億ドルとなり、こちらも過去最高となりました。

収益カテゴリーごとに詳しくご説明します。 iPhoneの収益は、供給が逼迫しているにもかかわらず、新しいiPhone 13ファミリーに対するお客さまの目覚ましい反応により、前年同期比9%増の716億ドルとなり、過去最高を記録しました。先進国市場と新興国市場の両方で史上最高記録を達成し、iPhoneのアクティブインストールベースも史上最高となりました。また、451 Research社が米国の消費者を対象に実施した最新の調査では、iPhoneの顧客満足度が98%に達しました。

Macについては、供給が逼迫しているにもかかわらず、デザインを一新したM1搭載のMacBook Proに対する需要が高かったことから、売上高109億ドルは史上最高の記録であり、前年同期比25%の成長を遂げました。

Appleシリコンへの移行から1年が経過しましたが、すでにMacの売上の大部分はM1搭載デバイスによるもので、12月期には記録的な数のアップグレードが行われました。過去6四半期は、Macにとって過去最高の6四半期となっており、このカテゴリーにおける当社の勢いは非常に印象的です。

iPadの売上高は72億ドルで、前年同期比で14%減少しました。これは、供給不足が非常に大きかったためですが、顧客の需要はすべてのモデルで非常に旺盛でした。供給不足にもかかわらず、iPadを初めて購入されたお客様が多かったことから、当四半期のiPadのインストール台数は過去最高を記録しました。実際、当四半期にiPadを購入されたお客様の約半数は、iPadを初めて購入された方でした。

ウェアラブル・ホーム&アクセサリー分野は、前年同期比13%増の147億ドルという過去最高の売上高を記録しました。また、各地域のセグメントでも過去最高の売上高を記録しました。また、ハードウェア、ソフトウェア、サービスの深い統合を紹介するユニークな体験を創造するために、このカテゴリーの製品提供の改善と拡大を続けています。

全世界で卓越した水準の販売実績を上げたことに加えて、Apple Watchは引き続きその普及を拡大しており、当四半期にApple Watchを購入されたお客様の2/3以上がこの製品を初めて購入されました。

サービスに目を向けると 先ほど述べたように、クラウドサービス、音楽・映像・広告・決済サービスにおいて過去最高の売上高を記録し、App Storeにおいても12月期に過去最高の売上高を記録し、24%増の195億ドルを達成しました。これらの素晴らしい結果は、様々な面での前向きな勢いを反映しています。

まず、先に述べたように、当社のインストールベースは成長を続けており、各地域セグメントおよび主要製品カテゴリーにおいて過去最高を記録しました。

次に、当社のサービスに対するお客様のエンゲージメントが引き続き高まっています。デジタルコンテンツストアの有料アカウント数は2桁成長し、すべての地域セグメントで12月期に過去最高を更新しました。また、有料会員数も引き続き非常に高い伸びを示しています。現在、当社のプラットフォーム上のサービス全体で7億8,500万件以上の有料会員数があり、過去12ヶ月間だけで1億6,500万件増加しました。

そして最後に、お客様に喜んでいただける新しいサービスを追加し、現在提供しているサービスの幅と質を引き続き向上させています。この四半期だけでも、Apple TV+、Fitness+、Apple Arcadeに驚くほど新しいコンテンツを追加し、Apple Music Voiceではまったく新しい音楽の聴き方を提供しています。

また、11月にはApple Business Essentialsのベータプログラムを発表しました。これは、デバイス管理、24時間365日のサポート、iCloudストレージを組み合わせた新しいサービスで、小規模企業の皆様が従業員のAppleデバイスのライフサイクルをエンドツーエンドで管理できるようにするものです。すでに何千もの中小企業のお客様がベータプログラムに積極的に参加されていることを大変嬉しく思っています。

今回の発表は、企業やビジネスのお客様へのサポートを拡大するための数多くの方法の一つに過ぎません。昨年10月に発表した最新のMacBook Proをはじめ、M1搭載の新しいMacのラインナップは、瞬く間に企業のお客様に選ばれるMacになりました。

例えばShopify社は、全世界の従業員をM1搭載のMacBook ProとMacBook Airにアップグレードしています。M1 Maxを標準化することで、Shopify社は、従業員がどこでも生産的かつ安全に仕事ができるよう、最高のツールを提供することにこだわり続けています。

また、Deloitte Consulting社は、Mac Employee Choiceプログラムの展開を拡大しており、新しいM1 MacBook Proを提供することで、プロフェッショナルがコンサルティングサービスを提供する際に最適なデバイスを選択できるようにしています。

次に、キャッシュポジションについて説明します。当四半期は、好調な営業活動とホリデーシーズンの影響により、2,030億米ドルの現金および有価証券を保有しました。コマーシャルペーパーは10億ドル減少し、負債総額は1,230億ドルとなりました。これらの結果、当四半期末のネット・キャッシュは800億ドルとなりました。

当社のビジネスは引き続き非常に強力なキャッシュフローを生み出しており、当四半期は270億ドル近くを株主に還元することができました。これには、配当金および同等物による37億ドルと、公開市場での9,300万株のアップル株式の買戻しによる144億ドルが含まれています。

当社の事業は引き続き非常に強力なキャッシュフローを生み出しており、12月期には270億ドル近くを株主の皆様に還元することができました。この中には、配当金および同等物として37億ドル、公開市場での9,300万株のApple株の買戻しによる144億ドルが含まれています。また、11月には60億ドルの前倒し自社株買いプログラムを開始し、3,000万株を最初に交付・消却しました。

3月の四半期に向けて、当社の見通しについて説明します。この見通しには、冒頭でテジャスが言及したような将来予測情報が含まれます。近い将来、世界中で不確実性が続くことを考慮して、売上高のガイダンスは行いませんが、COVID関連の事業への影響が当四半期に予測しているものより悪化しないという前提で、方向性を示す洞察をお伝えします。

当四半期の売上高は、前年同期比で堅調な伸びを示し、3月期の売上高としては過去最高となる見込みです。当四半期の売上高の伸び率は、主に以下の2つの要因により、12月時点よりも低下すると見込んでいます。まず、1年前の3月期には54%の増収を達成しました。昨年は、12月の四半期に新型iPhoneを発売しました。昨年は12月の四半期に新型iPhoneを発売しましたが、今年は9月の四半期に発売しました。昨年は発売時期が遅かったため、チャネル在庫の一部が昨年の3月期に発生しました。このように発売時期が異なるため、前年同期比ではより厳しい結果となります。

第2に、12月時点の成長率と比較して、為替が3ポイントの逆風になると見込んでいます。第2に、12月時点の成長率と比較して、為替が3ポイントの逆風になると予想しています。12月時点では1ポイントのプラス要因でしたが、3月時点では2ポイントのマイナス要因になると予想しています。

サービス分野については、2桁台の高い成長を見込んでいますが、12月時点の実績からは減速します。これは、昨年、世界各地でロックダウンが多発したことにより、デジタルコンテンツやサービスの利用が増加したため、比較対象がより厳しくなったことによるものです。

売上総利益率は42.5%から43.5%の間になると予想しています。営業費用は125億ドルから127億ドルの間になると予想しています。OI&Eは、少数株主持分の時価評価による潜在的な影響を除き、約1億5,000万ドルのマイナスとなり、税率は約16%になると予想しています。

最後に、当社の取締役会は本日、2022年2月7日現在の株主名簿に登録されている株主に対し、2022年2月10日に普通株式1株当たり0.22ドルの現金配当を行うことを宣言しました。

それでは、質疑応答をお願いします。

テージャス・ガラ

ルカさん、ありがとうございます。質問は2つまでにしていただきたいと思います。オペレーター、最初の質問をお願いします。

質疑応答

オペレーター

もちろんです。最初の質問は、モルガンスタンレーのケイティ・ヒューバティさんからお願いします。お答えがないようでしたら、次の質問はバンク・オブ・アメリカのワムシ・モハンさんからお願いします。

ワムシ・モハンさん

はい、ありがとうございます。あなた方のマージンは明らかに非常に素晴らしいものでした。そこで、製品とサービスの粗利益率について、それぞれ1つずつ質問させてください。製品の売上総利益率については、明らかに非常に強いミックスの恩恵を受けています。ティム、あなたが見たデータから、このミックスの傾向はどの程度持続すると思いますか?また、ProとPro Maxのミックスを過去のサイクルと比較してどのように考えているのか教えてください。

また、サービス面でもお聞きしたいことがあります。サービス面では、売上総利益率が非常に素晴らしいものでした。サービスの中で、ミックスの傾向が特に良いと思われるところを教えてください。また、TV+のコンテンツなど、大きな成功を収めている分野を推進するために多額の投資を行っていますが、投資家はこれらの利益率の軌跡をどのように考えればよいでしょうか。

ティム・クック

ワムシ、ティムです。構成比に関しては、直接コメントすることはありません。しかし、iPhone 13ファミリー全体に強い需要があったことは事実です。実際、米国とオーストラリアではトップ5、中国都市部ではトップ4、英国ではトップ3のうち2つ、フランスとドイツではトップ4のうち3つ、日本ではトップ6のうち4つなど、さまざまな市場でトップセラーとなったモデルがあります。私が見たいくつかの外部データによると、確かに当社はシェアを拡大しているようです。このように、iPhoneの勢いには満足しています。また、当四半期は販売台数に制約があったことも付け加えておきます。

ルカ・マエストリ

ワムシさん、サービス面での粗利益率についてのご質問ですね。ご存知のように、当社のサービス事業は、全体として会社全体の利益を押し上げる効果があります。ご存知のように、当社のサービスポートフォリオは非常に幅広く、非常に異なるマージンプロファイルのビジネスが含まれています。このようなマージンプロファイルの違いは、事業の性質や会計処理の方法に起因しています。そのため、サービスの総利益率は、ポートフォリオ内のさまざまな事業の相対的な成長に影響されます。

製品やサービスのレベルでのガイダンスは行っていませんが、全社レベルでの3月期のガイダンスが42.5%から43.5%となっているのをご覧になったと思いますが、これは最近の実績と比較して非常に高い数値です。私たちはこれに満足しています。

運営者

次の質問は、ジェフリーズのカイル・マクネアリーさんからお願いします。

カイル・マクニーリー

iPhoneの好調な結果におめでとうございます。とてもいいですね。iPhoneとiPadに使われている部品が似ているために、iPhoneを優先したのではないかと思います。もしそうでなければ、その点を教えていただけますか?もしそうだとしたら、iPhoneの最盛期を過ぎて、これから数ヶ月間は部品の入手が容易になったり、供給が良くなったりする可能性があるので、iPadの回復が期待できるのではないでしょうか?

ティム・クック

はい。カイル、ティムです。供給制約の観点から見ると、ご記憶のとおり、第1四半期(12月期)には6以上の制約があると申し上げましたが、実際に6以上の制約がありました。3月については、12月の四半期に比べて、より良い結果になるか、あるいは制約が少なくなると言っています。

異なる製品間の共通性を見れば、多少はあるでしょう。しかし、一般的にはレガシーノードが課題となっています。これらのレガシーノードはサプライヤーごとに存在します。そのため、他の何よりもサプライヤーに焦点が当てられており、カーテンの向こうにいる私たちがその場所を見つけることはできません。そのようなことはありませんが、そのようなこともあります。しかし、ほとんどの場合、不足しているところに持っていかなければならないのです。

カイル・マクネアリー

わかりました。いいですね。iPadの軌道、今期に影響を与えているもの、そして3月と6月の四半期に向けての方向性について、他に何か教えていただけますか?

ティム・クック

iPadの問題は、12月の四半期では非常に大きな制約となりましたが、先ほどお話したように、レガシーノードが非常に大きな問題でした。ほぼすべての問題はこの分野にありました。そのため、全体としては、製品の制約や製品レベルでのガイドはしていません。しかし、全体的には、12月の四半期に比べて3月の四半期には制約条件が改善していることがわかります。

運営者

次の質問は、クロス・リサーチのシャノン・クロスさんからお願いします。

シャノン・クロス

ティムさん、Macビジネスについて少しお話いただけますか?振り返ってみると、2019年暦年の売上から約50%増加しています。今期は110億ドル近くを計上しましたが、まだM1の移行作業を行っていますね。そこで、どこにシェア拡大のチャンスがあるのかをお話しいただけますか?過去12ヵ月間で約370億ドルだった売上をさらに伸ばすために、どのようなターゲット市場を狙うことができると思いますか?そして、次の質問です。

ティム・クック

シャノン、ご質問ありがとうございます。Macは、第4四半期に109億ドルという史上最高の収益記録を達成しました。25%増でした。ご指摘のように、Macの過去6四半期の売上高は、歴代の四半期の中でトップ6に入っています。さらに、アメリカ、ヨーロッパ、その他のアジア太平洋地域で過去最高の売上高を達成したことも非常に重要です。また、12月には中華圏でも記録を更新しました。このように、好調なのは特定の地域に限ったことではありません。ほぼ全面的に好調なのです。

この反応は、M1のおかげです。また、第1四半期に発売したMacBook Proでは、さらに大きな反響がありました。第1四半期に発売したMacBook Proでは、さらに多くの反響がありました。アップグレードユーザー(12月の四半期には記録的な数のアップグレードユーザーがいました)だけでなく、中国などの市場では、販売台数10台のうち6台が初めてMacを手にするユーザーでした。このように、アップグレード派と乗り換え派の両方に支えられています。

お客様の満足度も非常に高いものとなっています。この製品は、教育、ビジネス、クリエイティブ業界など、さまざまな市場で、またあらゆる地域で大成功を収めることができると思います。私たちは自分たちを制限しているわけではありません。

シャノン・クロス

素晴らしいですね。それから、ルカさん、サービスについてもう少し話していただけますか?明らかにガイダンスや期待値を上回り、また確かに現状も上回っています。実際にアウトパフォームしたものは何でしょうか。また、収益を増加させているトレンドは何かありますか?

ルカ・マエストリ

はい、シャノンさん。すべての面で本当に素晴らしい結果でした。すべての地域セグメントで12月の四半期記録を達成しました。また、先ほど申し上げたように、クラウド、音楽、ビデオ、広告、決済サービスの分野でも過去最高の記録を達成しました。App Storeでは12月四半期に記録を更新しました。このように、私たちは、おっしゃるとおり、当四半期の初めに想定していたよりも良い結果を出すことができました。このような好調さは、世界各地で、またサービスカテゴリーごとに見られます。実際には、このような要因が組み合わさって、インストールベースが拡大していること、すべてのサービスにおいてお客様のエンゲージメントがますます高まっていること、そして有料会員数が驚異的な数字になっていることが挙げられますね。現在、有料会員数は7億8,500万人です。有料会員数は現在7億8,500万人ですが、この1年間で1億6,500万人増加しました。このように、すべての要素が組み合わさって、ビジネスを強力に推進しています。この業績には大変満足しています。

運営者

続いて、モルガン・スタンレーのケイティ・ヒューバティ氏からお話を伺います。

キャサリン・ヒューバティ

まず最初の質問ですが、ここ数年、部品の製造や物流で起きている混乱に関連して、広範なサプライチェーン戦略や製造拠点の再考を始めていますか?現在のサプライチェーンの全体的な地理的な広がりには満足していますか?

ティム・クック

ケイティ、私たちがこれまでどのようにやってきたかを振り返ってみると、最大の問題はチップの不足でした。これは業界全体の問題であり、先ほど述べたようにレガシーノードの問題でもあります。私たちのサプライチェーンは、チップ不足を考慮すると非常にうまくいっていると思います。サイクルタイムが非常に短いのです。チップが製造され、パッケージされてから、製品が工場から出荷されるまでの距離が非常に短いのです。ですから、サプライチェーンに根本的な変化をもたらすものではないと思います。

キャサリン・ヒューバティ

なるほど。メタバースの機会と、その市場におけるAppleの役割についてはどうお考えですか?

ティム・クック

それは大きな問題ですね。しかし、私たちはイノベーションをビジネスとする企業です。ですから、私たちは常に新しい技術を探求しています。この分野が私たちにとって非常に興味深いものであることは、長々とお話してきたとおりです。現在、App Storeには14,000以上のARキットアプリケーションがあり、何百万人もの人々に素晴らしいAR体験を提供しています。私たちはこの分野に大きな可能性を見出し、それに基づいて投資を行っています。

運営者

次の質問は、エバーコアのアミット・ダリヤニ氏からお願いします。

アミット・ダリャーニ

私も2つ質問があります。サプライチェーンの分野では、かなり不安定な状況が続いていると思います。物事やサプライチェーンの問題が緩和されつつあるのか、それともまだ厳しい状況が続いているのか、あなたの見解をお聞かせいただけますか?また、見逃していたかもしれませんが、12月にサプライチェーンの問題のためにテーブルに残された収益がどのくらいあったのか教えていただけますか?そして、その数字は3月にはどうなっているのでしょうか?

ティム・クック

はい。アミット、12月と3月については、制約条件を正確に見積もるのは非常に難しいと言ってきました。しかし、第4四半期よりも多く、あるいは9月期よりも多く、3月は12月期よりも少なくなるだろうと言ってきました。3月は12月よりも少なくなると言っています。

まだまだ難しいということですか?はい、難しいですね。私たちは、本当に製品を必要としているお客様に製品をお届けすることに誇りを持っており、それを迅速に実行しようとしています。そのため、必ずしも思い通りのスピードではないのがもどかしいところです。しかし、3月は12月よりも良くなっています。そこには明るい兆しがあります。予測には多くの変数が必要なので、全体的な予測はしていませんが、これは明らかです。

アミット・ダリャナニ

そうですね。ティム、投資家がアップルに対してかなり苦慮するトピックの1つは、製品ロードマップの見通しを理解することだと思いますが、技術系の同業者の中には、主導権についてもっと声高に語る人もいると思います。魅力的な取り組みを見つけたら、名前を変えてしまう人もいると思います。21年の研究開発費は230億ドルだったと思います。つまり、かなりの額を費やしていることになります。ロードマップを教えていただかなくても、研究開発のリソースをどこに集中させるかをどのように考えているのか、お話しいただけますか?また、この研究開発費の考え方として、市場に出ている製品の中でより進化したものと、まだ見ぬ新製品の可能性を秘めたものとでは、実際にどの程度の割合で行われているのでしょうか。

ティム・クック

私たちは少し変わったモデルを採用しています。私たちは、準備ができたとき、あるいは準備ができそうなときに発表し、そこに驚きの要素を維持しようとしています。ロードマップについては、うまくいけばそのようになるでしょう。もちろん、他の人も違うやり方をするかもしれませんが、長い間、私たちにとっては良い方法だと思っています。もちろん、他の人たちは違うやり方をするかもしれませんが、私たちにとっては時を経てもそれが良い結果をもたらしています。

投資先を決める際には、ハードウェア、ソフトウェア、サービスが交差する分野を検討しています。なぜなら、そこにこそ魔法がかかり、Appleのベストを引き出すことができると考えているからです。だからこそ、私たちの興味を十二分に掻き立ててくれる分野があり、そこに投資しているのです。時間が経つにつれて、研究開発費を以前よりも増やしていることがわかります。ですから、今の時点では市場に出ていないものにも、いつものようにかなりの投資を行っています。

オペレーター

次は、UBSのデビッド・ヴォクト氏にお話を伺います。

デビッド・ヴォクト

中国のマクロ環境と、それが御社のビジネスにどのように関係しているのか、今後の展望についてお聞きしたいと思います。なぜこのような質問をしたかというと、現在の政策によって市場やスマートフォンの在庫が滞っているのではないかという懸念を耳にしたからです。具体的には、旧正月に向けて、地元のベンダーが少し高めになっているのではないかと考えています。そこで、この市場で何が起きているのか、どのような可能性があるのか、また、この市場でのセルインとセルスルーについてのご意見を伺いたいと思います。その後、フォローアップがあります。

ティム・クック

さて、私がコメントできるのは、当社の場合だけです。前四半期の売上高は21%増加しました。マクロ的な判断は他の人に任せて、私はコメントしません。しかし、過去最高の売上を記録したこと、アップグレード者の数が過去最高だったこと、そして当社にとって非常に重要なiPhoneへの乗り換え者が2桁の伸びを示したことなど、非常に素晴らしい結果となりました。前にも述べましたが、中国の都市部では、当社の携帯電話がトップ4の売上を記録しました。これは非常に重要なことです。

また、当四半期はiPhoneの販売に制約があったことも忘れてはなりません。他の人がもっと持っているかどうかについてはコメントできませんし、その答えもわかりません。ご質問ありがとうございました。

デビッド・ヴォクト

ありがとうございます。それから、サプライチェーンについてもお願いします。ここ1年から1年半の間、サプライチェーンの管理は非常にうまくいっていると思います。製品とサービスの両方のミックスにより、売上総利益率は比較的良好な結果となっています。サプライチェーンに起因する定量的な影響やコストは、一過性という言葉は使いたくありませんが、長期的には少しずつ軽減され、今後1年ほどの間にサプライチェーンの問題を乗り越えることで、少しずつ恩恵を受けることができるのではないかと考えていますが、いかがでしょうか。

ティム・クック

インフレが発生していますが、これは先ほどルカが説明したように、売上総利益率と営業利益に反映されています。以前の電話でもお話ししましたが、物を移動させるためのコストという意味で、ロジスティクスは非常に上昇しています。少なくともその一部が一過性のものであることを期待していますが、世界は…世界は変わってしまいましたので、これからです。

運営者

JPモルガンのSamik Chatterjee氏から質問を受けます。

サミック・チャタジー

いくつか質問があります。最初の質問はApple TV+に関するもので、この市場の他のプレーヤーの中には、パンデミックからの脱却に伴って加入者数の伸びが鈍化しているという話をしている人もいると思いますが、実際のところはどうなのでしょうか。そこで、Apple TVとApple TV+に見られる傾向と、それらがどのように似ているのか、あるいは似ていないのか、また、その面で御社のコンテンツがどのように役立っているのかを教えていただけないでしょうか。また、次の質問があります。

ティム・クック

Apple TV+の加入者数は発表していません。Apple TV+の加入者数は公表していませんが、加入者数の合計は公表しています。先ほどルカが言ったように、当四半期の契約数は7億8,500万件でした。この数字には非常に満足しています。前年同期比で1億6,500万人の大幅な増加となりました。この数字には、ご存じのようにアップルブランドと他社製品の両方が含まれています。

TV+での活動については、200の受賞と890のノミネートという栄誉をいただきました。これは、私たちが望んでいた通りの結果です。ストーリーテラーにオリジナルストーリーを伝える場を提供し、競争力や製品の戦略的な位置づけについても満足しています。

Samik Chatterjee氏

続いて、Apple Payの話になりますが、今後数年間を考えたときに、最大のビジネスチャンスはどこにあるのか、地域や顧客層など、現在開拓していない分野でチャンスがあるのはどこなのか、考えてみてください。

ティム・クック

この分野で当社のロードマップに載っているようなことは、もちろん通話では話しませんが、Apple Cardには大きな可能性があると思っています。Apple Cardは、J.D. Power社の調査で中型クレジットカードの顧客層としてNo.1と評価され、多くの人々にとってメインのクレジットカードとして急速に普及しています。また、Apple Payの成長には目を見張るものがあります。まったくもって驚くべきことだと思います。しかし、この環境にはまだ多くの現金が存在しているため、まだまだ発展の余地があります。だからこそ、この2つの事業やその他の事業には、素晴らしい未来が待っていると思うのです。

運営者

次の質問は、レイモンド・ジェームズのクリス・カソさんからお願いします。

クリストファー・カソ

最初の質問は、ガイダンスの解釈について少し助けていただきたいと思います。また、3月の四半期について、季節性や季節ごとのパフォーマンスの観点からお話いただけますか。ルカ:昨年のお話にもありましたが、携帯電話の発売時期が遅かったため、その分が3月の四半期に入ってきて、3月の業績は季節性を上回っていました。3月期に入ると供給面での制約が多少緩和されるため、3月期も同様に季節性を上回るパフォーマンスが得られると解釈すべきでしょうか?そのように解釈してよろしいでしょうか?

ルカ・マエストリ

おそらく多くの人がこのガイダンスを見ていると思うので、前年同期比でお話しました。私たちが言ったことを要約すると まず第一に、3月期は過去最高の業績を見込んでいます。また、前年同期比でも堅調な成長を見込んでいます。しかし、先ほどティムが言ったように、供給面での制約は依然として大きいと予想していますが、12月に見られたものよりは少ないと考えています。そのため、前四半期比での計算は可能だと考えています。しかし、我々が置かれている環境や、iPhoneや、準備中のスピーチでも述べたようにサービスの比較が難しいことを考慮すると、我々は現在のガイド方法とビジネスの進め方に非常に満足しています」と述べています。

クリストファー・カソ

そうですか。続いての質問ですが、2年間非常に好調だったiPhoneの成長の持続性と再現性についてはどうでしょうか。一時はiPhoneの成長が止まったとの見方もあったと思いますが、それが間違いであることが証明されました。今回の非常に好調な業績を受けて、iPhoneが今後も成長し続けるという確信の度合いについてお聞かせください。また、その成長の道筋はどのようなものでしょうか。

ティム・クック

はい。クリス、ティムです。私が言いたいのは、iPhoneはこれまで以上に多くの人々の生活に欠かせないものになっているということです。そして、iPhoneのアクティブなインストールベースは増え続け、現在では過去最高となっています。12月には、先ほどお伝えしたように、過去最高のアップグレード者数と2桁台の乗り換え者数を記録し、このことが製品の強さを物語っていると思います。これは製品の強さを物語っていると思います。これらすべてが、98%という非常に高い顧客満足度に反映されており、各地域で好調に推移しています。私たちが追跡しているいくつかの地域と、トップセラーモデルのチャートに掲載されている台数についても述べました。

つまり、インストールベースを見て、5Gを利用している人としていない人の数を見れば、正確な数字は公表していませんが、計算して推測することはできますので、iPhoneを長期的に見ると非常に楽観的な見方をしています。

オペレーター

次の質問は、Cleveland ResearchのBen Bollin氏からお願いします。

ベンジャミン・ボリン

ティムさんは、iOSのインストールベースの合計と、その後のサービスや有料会員のパフォーマンスとの関係をどのように考えているのでしょうか。また、既存のサービス事業については、すでに加入しているお客様からの成長と、完全な新規加入者や新規開拓者からの成長をどのように考えていますか?

ティム・クック

2番目の部分については、ルカにコメントしてもらおうと思います。しかし、私たちの状況を振り返ってみると、7億8,500万人の加入者がいても、提供している製品の総数やお客様の数に比べれば、まだまだ成長の余地があります。ですから、私は、私たちの前にはもっと多くのグリーンフィールドがあると考えています。

ルカ・マエストリ

ベン、サービスエンゲージメントとお客様についての考え方についてですが、お客様が当社のサービスプラットフォームを利用してくださることは、当社にとって重要なことです。私たちが持っているサービスプラットフォームでは、お客様の関心が高ければ高いほど、長期的にAppleと付き合っていただける可能性が高くなることがわかっています。ですから、私たちはこれらの指標をすべて把握していますし、それらは私たちにとって非常に重要です。だからこそ、私たちは時間をかけてサービスの質と量を改善し続けているのです。ご覧いただいたように、私たちは多くの新しいサービスを開始しました。そのため、インストールベースやその他多くの指標を記録しています。

これは製品の場合とよく似ています。つまり、製品の場合も、アップグレードする人を重視しています。スイッチャーにも気を配っています。この2つを組み合わせることで、サービス事業で実際に見られたレベルの成長を実現しているのは明らかです。この1年間で、サービス事業の売上高は720億ドルを超えました。これはFortune 50企業の規模に相当します。これは、既存のお客様と新規のお客様の両方からの貢献がなければ実現できなかったことです。

オペレーター

次の質問は、パイパー・サンドラーのハーシュ・クマールさんからお願いします。

ハーシュ・クマール

まず最初に、12月の輝かしい四半期と、Appleコミュニティが打ち立てたすべての記録についておめでとうございます。ティム、Apple TVのコンテンツについて質問があります。あなた方がテレビのオリジナルコンテンツに載せているAppleのコンテンツを見ると、例えば「Ted Lasso」のように、非常に社会的に責任のある健全なものが多いですよね。これは事実上、Appleがスタジオを買収する際の制約や躊躇を生んでいるのでしょうか。それとも、そのような決定は主に金銭的なものなのでしょうか?

ティム・クック

私たちは、コンテンツについて純粋に金銭的な判断をすることはありません。私たちは、存在意義のある素晴らしいコンテンツを見つけようとします。Ted Lasso」やその他の番組も、存在意義があり、良いメッセージが込められていて、最後には人々の気分を良くしてくれるような番組が大好きです。しかし、私たちは…しかし、私たちが選んでいるものを狭めているとは思いません。世の中にはたくさんの選択肢があります。そして、私たちは今、かなり良い仕事をしていると思います。

ハーシュ・クマール

なるほど、そうですね。続いて、アップル社のヘルスケアの将来像についてお聞きしたいと思います。あなた方は、iWatchとiPhoneでヘルスケアに慎重に取り組んでいますね。それはほとんどが予防的なアプローチです。最新情報を提供しています。しかし将来的には、AppleがWatchやデバイスを通じて、より積極的な役割を果たすようになるとお考えですか?医師や病院から、重要なモニタリングのために効果的なWatchが求められるようになるかもしれません。ヘルスケアとiWatch、そしてその合流点について、どのようにお考えなのか教えていただけませんか?

ティム・クック

Apple Watchでは、文字通り、健康に関するアラートを受け取った人の情報を得ない日はありません。それは、心血管の健康に関するものかもしれません。最近では、転倒して意識を失い、反応できなくなった人が、緊急連絡先や救急隊員にウォッチが対応してくれたという話もよく聞きます。

このように、今日、私たちが行っていることはたくさんあります。私の感覚では、ここにはもっと多くのことがあると思っています。通話中にロードマップの議論はしたくありません。しかし、私たちはこれからも糸を引いて、どこに行くのかを見守っていきたいと思います。なぜなら、私たちは人々の生活を根本的に変え、場合によっては人々の命を救っているからです。だからこそ、この分野には大きな関心が寄せられているのです」。

テージャス・ガラ

ありがとうございました。本日の電話会議のリプレイは、Apple Podcastのウェブキャスト(apple.com/investor)と電話で2週間にわたり配信されます。電話によるリプレイの番号は、(888) 203-1112 または (719) 457-0820 です。確認コード 3599903 を入力してください。これらのリプレイは、太平洋時間の本日午後5時頃までに公開される予定です。その他ご質問のある報道関係者の方は、Josh Rosenstock(電話:048-862-1142)までご連絡ください。財務アナリストの方は、(669) 227-2402までご連絡ください。ご協力ありがとうございました。

オペレーター

以上で本日のカンファレンスを終了します。皆様のご参加に感謝いたします。

ABOUT ME
赤虎めだか
こんにちは。【赤虎めだか】です。 よろしくお願いします。 ・アラフィフ(男) ・うお座のB型 ・職業:BPMコンサルタント ・副業で太陽光発電所を2基 ・VTI・GAFAMRをコアに米国株投資を実践 ・趣味はめだかのブリーディングと焼き物(食器)集め