米国株決算

Apple Inc.(アップル)2021年第4四半期決算【AAPL】

AAPL-2021-Q4-title

2021年10月28日の引け後にアップル(ティッカーシンボル:AAPL)の2021年第4四半期決算発表がありました。

概要は以下の通りです。

  • EPS: 予想$1.24に対し、$1.24
  • 売上高:予想848.2億ドルに対し、834億ドル
    ※サプライチェーンの問題、半導体不足の問題が大きく影響(▲60億ドル)
  • 売上高成長率:前年同期比+29%
  • iPhone売上高:予想417億ドルに対し、389億ドル
  • サービス売上高:予想183億ドルに対し、183億ドル
  • 2022年度第一四半期の製品カテゴリーの売り上げは前年同期比で増加見込む
  • 2022年度第一四半期のサービス売上高は成長率は鈍化するものの、堅調な成長を見込む

 

資料出典:アップル社IRページ

カンファレンスコール日本語訳

Apple Inc. (NASDAQ:AAPL) 2021年第4四半期決算カンファレンスコール 2021年10月28日 5:00 PM ET

会社の参加者

テージャス・ガラ – IR・コーポレートファイナンス担当ディレクター

ティム・クック – CEO

ルカ・マエストリ – CFO

コンファレンスコール参加者

シャノン・クロス – クロス・リサーチ

アミット・ダリャナニ(エバーコア

ケイティ・ヒューバティ(モルガンスタンレー

デイビッド・ヴォクト – UBS

クリッシュ・サンカー:コーウェン・アンド・カンパニー

サミック・チャタジー – JPモルガン

ジム・スバ – シティグループ

クリス・カソ – レイモンド・ジェームズ

ハーシュ・クマール – パイパー・サンドラー

ワムシ・モハン – バンク・オブ・アメリカ

オペレーター

本日は、アップルの2021年度第4四半期決算説明会にご参加ください。本日の通話は録音されています。

それでは、開会のご挨拶とご紹介のために、インベスター・リレーションズ&コーポレート・ファイナンス担当ディレクターのテージャス・ガラに通話をお任せしたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

テージャス・ガラ

ありがとうございます。本日はお集まりいただきありがとうございます。

本日は、まずアップルのCEOであるティム・クックが登壇し、続いてCFOのルカ・マエストリが登壇します。その後、アナリストの皆様からのご質問にお答えします。

本日の講演でお聞きになる情報の中には、売上高、売上総利益率、営業費用、その他の収益・費用、税金、資本配分、COVID-19が当社の事業および業績に与える潜在的な影響を含む将来の事業見通しなど、将来の見通しに関する記述が含まれている場合がありますのでご注意ください。これらの記述にはリスクや不確実性が含まれており、実際の結果や傾向が当社の予測と大きく異なる可能性があります。詳細については、アップルが最近提出したForm 10-Kの年次報告書および本日SECに提出したForm 8-K、ならびに関連するプレスリリースで述べられているリスク要因を参照してください。アップルは、それぞれの日付で述べられている将来の見通しに関する記述や情報を更新する義務を負いません。

それでは、ティムにご挨拶をお願いします。

ティム・クック

テジャスさん、皆さん、こんにちは。

1年前、私は皆さんに、私たちが生きている時代の不確実性の雰囲気と、それが人としても企業としても私たちの日々の経験を特徴づけるようになったことについてお話ししました。今日、私たちの生活は大きく変わりました。まだまだ未曾有の時代を生きていますが、世界各地での進展に勇気づけられています。

私は、お客様と、お客様のためにイノベーションを追求することに断固として集中してきた当社のチームに感謝しています。私たちは、お客様が現状の世界をナビゲートするのを助けると同時に、可能な限りの世界を創造する力を与えることを目指してきました。公衆衛生局の職員がiPhoneで予防接種キャンペーンを管理したり、学生がiPadのある教室に戻ってきたり、家族がFaceTimeでつながっていたりすることは、私たちの作るものが重要であることを知り、それが世界や私たちの業績に反映されるのを見るのは名誉なことです。

今年度の売上高は3,660億ドルで、年間33%の成長を達成しました。また、すべての製品カテゴリー、すべての地域セグメントで20%以上の成長を達成しました。そして本日、Appleは再び非常に好調な四半期を報告しています。予想以上の供給制約があったにもかかわらず、需要は非常に旺盛で、9月期の新記録となる834億ドルを達成しました。これは昨年比29%増で、前回の電話会議で説明した通りの結果です。

これらの制約は、主に業界全体のシリコン不足とCOVID関連の製造上の障害により、売上高に約60億ドルの影響を与えたと見積もっています。それでも、Macでは過去最高の記録を、iPhone、iPad、ウェアラブル、ホーム&アクセサリーでは四半期ごとに記録を更新し、製品では前年同期比30%の成長を達成しました。サービス事業も予想以上に好調で、史上最高の183億ドルを達成し、前年同期比で26%の成長となりました。

また、すべての地域セグメントで四半期ごとに記録を更新し、全体として2桁台の力強い成長を遂げました。2021年度は、収益の約3分の1を新興国で獲得し、インドとベトナムでの事業を倍増させました。特に新製品に対する需要が旺盛であることから、将来について楽観的に考えています。

第9四半期末には、iPhone 13のラインアップに加えて、Apple Watch Series 7、iPad、iPad miniを発表しましたが、これらはいずれも大きな進化を遂げています。iPhone 13とiPhone 13 mini、そしてiPhone 13 ProとPro Maxは、超高速パフォーマンス、先進的なカメラシステム、より長いバッテリー駆動時間、そして鮮やかなSuper Retinaディスプレイによって、新たな基準を打ち立てています。

第9世代のiPadは、美しくシャープなディスプレイと旧世代の2倍のストレージを搭載しており、また新しいiPad miniは、超ポータブルなデザインと優れたスピードとパフォーマンスを備えており、お客様に好評です。また、Apple Watch Series 7は、ディスプレイの大型化、充電の高速化、洗練されたデザインなどで高い評価をいただいておりますが、私たちはこれに満足しています。

そして先週、私たちは、驚異的なM1 PROチップとM1 Maxチップを搭載し、完全に生まれ変わったMacBook Proを発表しました。これらは、これまでにないパフォーマンスとバッテリー駆動時間、そして世界最高のノートブックディスプレイを備えた、私たちの最もパワフルなノートブックです。お客様は、Final Cut Proでのビデオ編集やLogic Proでの音楽制作など、あらゆる場面でMacBook Proを気に入っていただけると思います。これまでノートブックではできなかったことができるようになります。

また、空間音声や業界をリードするサウンド、より長いバッテリー駆動時間、まったく新しいデザインを備えたまったく新しいAirPodsも発表しました。家庭向けには、Appleの製品やサービスとのシームレスな統合を実現するHomePod miniのラインナップに3つの新色を追加しました。また、Apple Musicの新しいサブスクリプション層である「Apple Music Voice」を発表しました。このサービスでは、9,000万曲のサービスカタログをSiriの力で利用することができます。

iOS 15とiPadOS 15は、気が散らないようにするためのFocusや、思いついたことを書き留めるためのQuick Noteなど、生産性を維持するための方法をこれまで以上に増やしました。そしてwatchOS 8は、Apple Watchをさらにパワフルにし、外出先でアクティブに過ごしたり、健康状態を把握したりする方法をこれまで以上に増やしました。

お客様にお選びいただけるサービスの種類がこれほどまでに増えたことはありません。お客様の熱意と満足度の高まりを反映した業績に、私たちは大いに励まされました。

Apple TV+は、発売からわずか2年で、すでに世界中のファンにその実力を証明しています。そして、この成功を可能にした素晴らしい俳優、作家、ストーリーテラー、プロデューサーなど、舞台裏で活躍しているすべての人々に祝福を送りたいと思います。

今期、Apple TV+は、「テッド・ラッソ」の優秀コメディシリーズ賞を含む11のエミー賞を受賞しました。この番組は、無限の楽観主義と愛すべきキャラクターたちによって、世界中のファンに光と笑いをもたらし続けています。魅力的な『The Morning Show』や『Truth Be Told』の第2シーズンから、明日公開の最新番組『Swagger』まで、コンテンツのラインナップ全体をこれ以上ないほど誇りに思っています。驚くほどの反響をいただいています。

今期は、瞑想やピラティスなどの新しいアクティビティの追加や、フィットネスと友達を結びつける機能であるグループワークアウトの発表など、「Fitness+」の大幅なアップデートも行いました。また、Fitness+が間もなく新たに15カ国で利用可能になり、世界中の何百万人もの人々にあらゆる年齢やスキルレベルのワークアウトを提供できるようになることもお伝えしました。

これらは、お客様に愛されているサービスのほんの2つです。今期、Apple Cardは対象となった初年度にJ.D. Powerの顧客満足度賞を受賞しました。App Storeでは、生産性や創造性を維持したり、楽しんだりするために必要なアプリケーションを見つけていただけるようになっています。

Apple Newsでは、ジャーナリズムに対するAppleのサポートを拡大するとともに、出版社の皆様にさらに優れたビジネス機会を提供するNews Partner Programを開始しました。

世界中のお客様をサポートし続けるために、いくつかの新しいApple Storeをオープンしたことをご報告します。今期は、長沙に美しい店舗をオープンしました。これは中国湖南省では初めての店舗です。また、イスタンブールには3店舗目をオープンしました。また、最近ではブロンクスにも店舗を開設し、ニューヨーク市の5つの行政区すべてに店舗があることになります。

全世界の店舗がオープンして7週間が経ちました。一年で最も忙しい時期を迎えるにあたり、私は特にリテールチームへの感謝の気持ちを伝えたいと思います。お客様が当社製品をこれほどまでに信頼してくださっているのですから、当社のリテールチームはまさにその要請に応えてくれています。私たちは、オンラインストアや小売店でさまざまな方法でお客様に対応し、お客様に最適な製品を選んでいただくためのお手伝いをしています。

また、教育に関する取り組みにも力を入れています。今月は、Everyone Can Code Early Learnersプログラムを導入し、無料のリソースを提供することで、学生や小学校でのコーディング学習を支援しています。私たちは、教育はそれ自体が基本的な善であるだけでなく、大きな平等化の力であると考えています。すべての人が質の高い教育を受けることができる世界は、単に賢くなるだけではありません。より公平な世界なのです。より公正で公平な世界をつくりたいという願いが、Appleの「人種的公正と正義」イニシアティブの指針となっています。今期、Appleは、1億ドルの投資をさらに3,000万ドル拡大する計画を発表しました。これらの資金は、ヒスパニック系のグローバル機関のエクイティ&イノベーションハブの設立など、さまざまな方法で使用されます。このハブは、STEM分野の学生のための技術とリソースを飛躍的に拡大します。

これらのプログラムは、歴史的に黒人の多いカレッジや大学との協力関係を拡大するものであり、米国内の恵まれないコミュニティにサービスを提供する、現在45カ所のコミュニティコーディングセンターや地域ハブも含まれています。

さらに今月は、デトロイトにあるApple Developer Academyに、デベロッパと起業家の第一期生を迎えることができました。このアカデミーはAppleにとって米国で初めてのもので、全米50州で210万人以上の雇用を支えている、繁栄するiOSアプリケーション経済で働くための準備を学生に促すことを目的としています。

8月には、グリーンテクノロジーとクリーンエネルギーの分野で先駆的な活動を行い、気候変動の影響を最も受けている多くのコミュニティに貢献している、黒人、ラテンアメリカ人、先住民が経営する企業を集めたインパクトアクセラレーターの第一期生を発表しました。

さらに言えば、私たちはすでにカーボンニュートラルを達成しています。今期は、2030年までにサプライチェーン全体およびデバイスのライフサイクル全体でカーボンニュートラルを実現するという目標に向けて、新たな一歩を踏み出しました。iPadとiPad miniの筐体には、100%再生アルミニウムを使用しています。また、iPhone 13のアンテナには、業界初となるリサイクルされたペットボトルが使用されています。また、iPhone 13を購入されたお客さまがご覧になっているように、私たちはパッケージを再設計し、外側のプラスチックラップをなくしました。これにより、2025年までにパッケージ内のプラスチックをすべて取り除くことに近づきました。

また、いつの日か地球から何も奪うことなく製品を作るという目標に向けても、順調に進んでいます。例えばApple Watch Series 7では、使用するレアアースの99%をリサイクルしています。

また、COP26に先立ち、2030年までにカーボンニュートラルになることを約束してくださったサプライヤーの数が2倍以上になったことをご報告します。この分野での成長を目の当たりにして大変勇気づけられました。私たちは、今後数ヶ月、数年のうちにサプライチェーンでのこうした変化を推進していきます。

私たちは、環境保護活動をサイドプロジェクトとして捉えたことはありません。Apple全体のチームが、製品やサービスにもたらすのと同じイノベーションの精神で、この活動を推進しています。私たちは、はるかに大きな変化をもたらす池のさざ波になることを決意しています。パンデミックや気候変動、公平性や不公平など、グローバルな課題は単独では解決できません。私たちは、その手助けをすることに深い責任を感じています。

私たちは、ホリデーシーズンに向けた製品ラインアップを非常に誇りに思っていますし、これまでのお客様の反応にも勇気づけられています。この先、パンデミックが世界をどのように変えていくのかを正確に知ることはできませんが、新しい年が、私たちを導く価値観と、私たちを定義する革新によって推進されることを確信しています。

それでは、当四半期の業績について、ルカに詳しく説明してもらいます。ルカ?

ルカ・マエストリ

ありがとうございます、ティム。皆さん、こんにちは。

2021年度の記録的な業績の締めくくりとして、9月の四半期に非常に好調な業績を報告できることを嬉しく思います。予想以上の供給制約があったにもかかわらず、9月の第4四半期の売上高は834億ドルとなり、前年同期比で約190億ドル(29%)の増加となり、記録を更新しました。

また、すべての地域セグメントで第4四半期の新記録を達成し、いずれも2桁台の力強い成長を遂げました。また、製品とサービスの両方において、9月期は記録的な四半期となりました。製品面では、約60億ドルと見積もられていた供給制約にもかかわらず、製品に対する需要が予想を上回ったため、売上高は前年同期比30%増の651億ドルとなりました。

これは、約60億ドルと見積もられていた供給制約にもかかわらず、製品需要が予想を上回ったことによるものです。このような販売実績に加え、お客様の比類なきロイヤリティとエコシステムの強さにより、アクティブデバイスのインストールベースは過去最高を更新しました。

サービス分野の売上高は、前年同期比26%増の183億ドルとなり、すべての地域セグメントおよびすべてのサービス分野で第4四半期の記録を更新しました。

会社の売上総利益率は、コストの増加および製品ミックスの違いにより、前四半期比110ベーシスポイント減の42.2%となりましたが、レバレッジ効果により一部相殺されました。製品の売上総利益率は34.3%で、前四半期比170bpの低下となりました。これは、コスト構造の改善がレバレッジと製品ミックスによって一部相殺されたためです。サービスの売上総利益率は、主にミックスの違いにより、前四半期比70ベーシスポイント増の70.5%となりました。

純利益は206億ドル、希薄化後1株当たり利益は1.24ドルで、いずれも前年同期比で60%以上の成長を遂げ、9月期の記録となりました。

収益カテゴリーごとに詳しくご説明します。 iPhoneの収益は、前年同期比で47%増加し、9月期の記録となる389億ドルとなりました。これは、供給制約があるにもかかわらず、お客さまの需要が非常に旺盛だったためです。iPhone 12ファミリーは引き続き非常に好調で、iPhone 13ファミリーの発売に向けてお客様からの熱い反応をいただいています。

また、各地域のセグメントで2桁の成長を遂げ、先進国市場と新興国市場の両方で第9四半期の記録を更新しました。451 Research社が米国の消費者を対象に行った最新の調査によると、iPhoneの顧客満足度は98%に達し、iPhoneのアクティブインストールベースは過去最高を記録しました。

Macについては、供給制約がある中、M1搭載のMacBook Airに対する旺盛な需要に支えられ、92億ドルという史上最高の売上高を記録しました。実際、Macの過去5四半期の業績は、このカテゴリーにおいて過去最高の5四半期となりました。

iPadの業績も好調で、供給に大きな制約があったにもかかわらず、同じくM1を搭載したiPad Proに対する顧客の需要が非常に高かったことから、9月期の売上高は21%増の83億ドルを記録しました。

MacとiPadの両方において、高い顧客満足度と初めての購入者の組み合わせが続いています。当四半期にMacおよびiPadを購入されたお客様の約半数は、その製品を初めて購入された方でした。また、451 Research社が米国の消費者を対象に行った最新の調査では、MacとiPadの両方で顧客満足度が97%に達しています。

iPadとMacへの継続的な投資は、コンピューティングを次のレベルに引き上げます。私たちは、お客様に比類のない体験を提供するために、両製品の設計と再構築を行い、その結果、両カテゴリーで記録的な会計年度となりました。この勢いは、エンタープライズ市場でも発揮されています。例えば、SAP社ではこれまでに数万人の従業員にMacを導入しています。先週発表された当社の新しいM1 MacBook Proに続き、SAP社は世界中の従業員に提供するM1 Macの数を増やす予定です。

もうひとつの例は、フランスの国有鉄道会社SNCFで、すべての列車運転手にiPadを装備し、日々のワークフローと列車運行のすべてを管理することで、エネルギーコストとメンテナンスコストの削減に貢献しています。実際、このiPadは非常に好評で、企業のデバイス更新サイクルが終了した時点で、運転士の90%が個人用に購入することを選択しています。

次に、「ウェアラブル・ホーム&アクセサリー」は、9月期の新記録となる88億ドルを達成しました。当社は、このカテゴリーで提供する製品の改善と拡大を続けており、これらの製品は、全体的なカスタマー・エクスペリエンスを向上させ、当社の製品とサービスの統合性を示すものであると考えています。Apple Watch、AirPods、HomePod miniはそれぞれ強力なデバイスですが、当社の他の製品、ソフトウェア、サービスと組み合わせることで、AirPodsでオーディオをデバイス間でシームレスに切り替えるなど、ユニークな体験を生み出すことができます。

サービスの話に移ります。クラウドサービス、音楽、ビデオ、広告、AppleCare、決済サービスで過去最高の売上を記録し、App Storeでは9月期に過去最高の売上を記録しました。サービスへの継続的な投資と強力な実行力により、2021年度の売上高は680億ドルを記録し、このカテゴリーを6年間で約3倍に拡大しました。このような素晴らしい結果は、様々な面で見られる前向きな勢いを反映しています。

まず、当社のインストールベースは成長を続けており、各地域のセグメントで過去最高を記録しました。次に、当社のサービスに対するお客様のエンゲージメントが引き続き向上しています。デジタルコンテンツストアの有料アカウント数は2桁の伸びを示し、各地域セグメントにおいて第9四半期に過去最高を記録しました。また、有料会員数も引き続き非常に高い伸びを示しています。現在、当社のプラットフォーム上のサービス全体で7億4,500万件以上の有料会員数があり、これは昨年から1億6,000万件以上増加し、5年も前の約5倍になります。そして最後に、先ほどティムが述べたように、お客様に喜んでいただけるような新しいサービスを追加しています。また、現在提供しているサービスの幅と質の向上にも努めています。

21年度は、サービスだけでなく、当社全体にとっても大きな年となりました。過去12ヶ月間で33%(910億ドル)の成長を遂げ、全体として記録的な業績を達成し、約3,660億ドルの収益を達成しました。すべての製品カテゴリー、すべての地域セグメントで年間売上高の新記録を達成し、2020年度比で20%以上の増加となりました。

次に、キャッシュポジションについて説明します。当四半期の現金および有価証券の残高は1,910億ドルでした。65億ドルの新規ターム債を発行し、13億ドルのターム債を償還し、コマーシャルペーパーを20億ドル減少させた結果、負債総額は1,250億ドルとなりました。この結果、当四半期末のネット・キャッシュは660億ドルとなり、長期的にネット・キャッシュ・ニュートラルにするという目標に向けて前進を続けています。

また、非常に良好なキャッシュフローを継続的に生み出していることから、当四半期は240億ドルを株主の皆様に還元することができました。その内訳は、配当金および同等物が36億ドル、公開市場でのApple株1億3,700万株の買戻しが200億ドルです。また、第17回ASRの最終決済として、さらに500万株の株式を消却しました。

12月の四半期に向けて、私たちの見通しを確認したいと思います。この見通しには、冒頭でテジャスが言及したような将来予測情報が含まれます。近い将来、世界的に不確実性が続くことを考慮して、収益に関するガイダンスは提供しませんが、COVID関連の事業への影響が当四半期に予測しているものより悪化しないという前提で、方向性を示す洞察をお伝えします。

先に述べたように、第9四半期には供給制約により約60億ドルの収益への影響がありました。12月の四半期には、供給制約による影響がさらに大きくなると見込んでいます。このような課題にもかかわらず、当社製品に対する需要は高く、12月期には前年同期比で非常に堅調な収益成長を達成し、収益の新記録を樹立することを見込んでいます。

各製品カテゴリーの売上は、供給制約により前年同期比で減少することが見込まれるiPadを除き、前年同期比で増加すると見込んでいます。サービス分野は、9月時点よりも成長率が鈍化するものの、引き続き堅調な成長を見込んでいます。売上総利益率は41.5%から42.5%の間になると予想しています。営業費用は、124億米ドルから126億米ドルを見込んでいます。OI&Eについては、少数株主持分の時価評価による潜在的な影響を除き、約5,000万ドルのマイナスを見込んでおり、税率は約16%となる見込みです。

最後になりましたが、本日、当社の取締役会は、2021年11月8日現在の株主名簿に登録されている株主に対し、2021年11月11日に普通株式1株当たり0.22ドルの現金配当を行うことを宣言しました。

それでは、質疑応答をお願いします。

テージャス・ガラ

ルカさん、ありがとうございます。質問は2つまでにしていただきたいと思います。オペレーター、最初の質問をお願いします。

質疑応答の様子

オペレーター

ありがとうございます。最初の質問は、クロス・リサーチ社のシャノン・クロスさんからお願いします。

シャノン・クロス

ありがとうございます。ティムさん、サプライチェーンに関する具体的な問題点と、当四半期に改善が見られた点、そして今後最も影響を受けると思われる製品についてどのように考えたらよいか、もう少し詳しく教えてください。また、今後どのような製品が最も影響を受けると予想されるのか、どのように考えればよいのでしょうか?

ティム・クック

第4四半期を見ると、約60億ドルの供給制約があり、iPhone、iPad、Macに影響が出ています。第4四半期の供給制約の原因は2つありました。1つは、業界内のさまざまな企業からよく耳にするチップの不足です。2つ目は、COVIDに関連した東南アジアでの製造上の障害です。2つ目のCOVID関連の障害は、10月に大幅に改善し、現在に至っています。したがって、今期のサプライチェーン関連の不足の主な原因は、チップの不足だと考えています。この問題は、現在当社のほとんどの製品に影響を与えていますが、需要面では非常に堅調です。しかし、需要の観点から見ると、需要は非常に旺盛です。つまり、需要が非常に旺盛であるということです。しかし、第4四半期を終える頃には、この制約は第4四半期に経験した60億ドルよりも大きくなると考えています。

シャノン・クロス

わかりました。次の第4四半期も同様に、前倒しで進めていくということですね。興味があるので別の質問をしますが、ラッタブル・ベースでの販売をどんどん始めていますね。それについてはどのようにお考えですか?つまり、新しいMacやそれに続くものがあります。その中には月々の料金で購入できるものがあります。それがどのように販売につながっていると思いますか?また、現在販売されているポートフォリオのうち、どれくらいの割合を占めるかをどう考えるべきでしょうか?また、現在の経常的な収益がどのくらいあるのか教えていただけないのですが、消費者の立場から見ると、毎月1回の支払いですべてのAppleデバイスとAppleのサービスを利用できるバンドル販売や提供方法に、ますますシフトしているように思えます。ありがとうございました。

ティム・クック

シャノン、本当に月極めで販売した最初の製品はiPhoneでした。それがアメリカで実現したのは、例えば、補助金制度が大きく変わった直後のことでした。ですから、米国では現在、iPhoneを購入する際には月々のプランが主流になっていると言えるでしょう。他の製品については、今でも最も人気があるのは「買い切り」です。しかし、最近では月々の支払いに対する要望が増えてきています。私たちは、お客様のご要望にお応えしたいと考えています。ですから、お客様のご要望にお応えして、お客様が希望される価格で、お客様が希望される支払い方法で提供できるようなことをどんどんやっていきたいと思っています。現在、そのように販売されている製品の割合はわかりませんが、増えてきています。

運営者

次は、エバーコアのアミット・ダリャナニ氏にお話を伺います。

アミット・ダリャナニ

完璧ですね。ありがとうございます。そして皆さん、こんにちは。私も2つ質問があります。サプライチェーンの逆風について、9月には60億ドル、12月にはさらに大きくなるというお話でしたね。ティム、あなた方は、これが本当に延期されている需要なのか、それとも少なくともどこかで破壊されている可能性がある需要なのか、どのように判断しているのか理解したいと思います。また、サプライチェーンのボトルネックについて考えてみると、あなたはCOOでした。あなたは多くのものを管理していました。12月にピークを迎え、そこから緩和されていくことに安心感を持っているのでしょうか、それとも改善のための軌道に乗っているのでしょうか。

ティム・クック

そうですね。COVID関連の障害については、10月中に大きな進展があり、現在は大幅に改善されています。COVIDを予測することは困難です。COVIDを予測するのは難しいので、その行方を予測するつもりはありません。しかし、今日の時点では、9月および10月の最初の数週間に比べて、大幅に有利な状況にあると言えます。

チップ不足については、レガシーノードで発生しています。当社は主に最先端のノードを購入しており、最先端のノードでは問題はありません。しかし、レガシーノードでは、さまざまな企業と供給を競っています。これらの問題がいつ解決するかを予測するのは困難です。というのも、22年の経済状況や、他社の需要予測の正確さを知る必要があるからです。

ですから、安心して予測することはできません。あまりにも不正確な可能性があるからです。しかし、当社のオペレーションチームには非常に安心感があります。世界トップクラスのチームだと思っています。彼らは、サイクルタイムを短縮し、歩留まりを向上させ、状況を改善するために、基本的な生産能力への投資に加えて、できる限りのことをしていると思います。

Amit Daryanani

わかりました。それから、ルカさん、12月の売上総利益率についてお聞きしたいのですが、基本的に9月時点と比べて売上総利益率は横ばいから少し下がる程度とのことですね。ただ、それだけのことです。歴史的に見て、最終的にどれだけの収益レバレッジをかけられるかを考えると、12月の粗利益率は上昇すると予想していたと思います。過去の季節性と比較して、よりフラットなガイドになっているのは、粗利益に対する考え方があるからでしょうか?

ルカ・マエストリ

ご存知のように、通常、12月はホリデーシーズンであるため、おっしゃるとおり、レバレッジがかかります。しかし、この時期は多くの新製品を発売する時期でもあります。ご存知のように、私たちは基本的にすべての製品カテゴリーで新製品を発売しています。新製品を発売します。需要は非常に旺盛です。しかし、ご存じのように、新製品を発売すると、サイクルの初期にはコスト構造が高くなる傾向があります。そのため、バランスを取っているのです。もちろん、前年同期比で見ると、大幅に拡大していますよね。というのも、1年前の12月の四半期には39.8%でしたから、これは明らかに大幅な拡大を示しています。

運営者

次に、モルガン・スタンレーのケイティ・ヒューバティ氏にお話を伺います。

ケイティ・ヒューバティ

ありがとうございます。iPhone 13の需要については、サプライチェーンの影響で不透明な部分がありますが、需要が製品サイクルに追従しているのか、横ばいなのか、成長しているのか、あるいは非常に好調だったiPhone 12から減少しているのか、投資家が理解するのに役立つデータポイントを教えていただけますか?また、iPhoneのチャネル在庫の観点から、通常の製品サイクルと比較して、第4四半期を終えた時点での状況についても、ルカさんからコメントをいただけますか?それから、私からもフォローアップをお願いします。

ティム・クック

はい。両方とも私に任せてください。チャンネル在庫は、制約のある環境では予想されるように、iPhoneのチャンネル在庫は目標範囲を下回り、現在も下回っています。そして、それはそれとして。

需要の変動に関しては、さまざまなデータを考慮しています。オンラインストアでの需要、小売店での需要を見ています。また、キャリアチャネルのバックオーダーにも注目していますが、バックオーダーを受けているキャリアチャネルもあります。また、チャネルでの注文も確認しています。このように、様々なデータから需要の強さを判断しています。私たちは、現在の需要の状況を非常によく理解しています。そして、私たちはその供給面に熱心に取り組んでいます。

Katy Huberty

続いて、ティムさんにお聞きします。最近、米国と中国で4,000人の消費者を対象に調査を行いました。その結果、多くの消費者は、アプリやサービスに対して開発者に直接お金を払いたくないと考えていることがわかりました。彼らは、App Storeのセキュリティ、プライバシー、取引のしやすさを重視しています。では、規制当局による選択肢の拡大と、既存のサービスに満足している顧客層とのバランスをどのように考えていますか?また、次の質問ですが、あなたとルカは、App Storeのいくつかの変更が実施された場合、サービスの収益成長率にどのような影響を与える可能性があると考えていますか?

ティム・クック

ケイティ、私たちがApp Storeで重視しているのは、プライバシーとセキュリティに焦点を当てることです。消費者と開発者が一緒になって、消費者は開発者を信頼し、開発者は膨大な数のユーザーにソフトウェアを販売することができるという、非常に信頼性の高い環境を長年にわたって生み出してきたのは、この2つの大きな理念があったからです。これが私たちのリストの第1位です。それ以外のことは二の次です。

私たちが行っているのは、プライバシーとセキュリティを維持するために重要な決定事項を説明することです。それは、サイドロードを行わないことであり、iPhone上で未審査のアプリケーションにiPhoneを開放したり、App Storeに設けられたプライバシー制限を回避したりする代替手段を取らないことです。私たちは、規制当局や議員とApp Storeのプライバシーとセキュリティの要素について議論することに非常に集中しています。

運営者

次の質問は、UBSのデビッド・ヴォクト氏からお願いします。

デビッド・ヴォクト

ありがとうございます。どうもありがとうございました。簡単な質問を2つ、全体的な質問を1つ、理論的な質問を1つさせていただきます。コールの中で、サプライチェーンについてかなり詳細に説明されていました。しかし、この12~8ヵ月間に経験したことを踏まえて、哲学的にどう考えているのか、全体像を教えてください。つまり、パートナーや地域の観点から、サプライチェーンの理念を再調整する必要があるのではないかということです。また、現在のインフラや、時折発生する混乱を回復・処理する能力についてはどうお考えですか?その後、私からも質問があります。

ティム・クック

今のような環境を作ってしまったことについて、私たちが犯した根本的なミスはないと思っています。今の環境は、さまざまな理由で作られたものです。パンデミックが発生しました。パンデミックによって需要が減ると考えた業界関係者や業界外の人たちがいました。彼らは注文を減らしました。物事はリセットされました。そして実際に起こったことは、需要が増加し、直線的なトレンドが予測する以上に上昇したことでした。

そのため、業界は今、その問題に取り組んでいます。私は少し単純化しすぎています。他にも利回りなど、いろいろなことが起こっています。しかし、それらは主に時間の経過とともに管理可能になります。私たちがやっていることは、パートナーと協力して必要な供給を確保し、私たちの需要予測が正確であることを確認することなどです。同時に、リードタイムやサイクルタイムを短縮して、ファブからチップをできるだけ早く製品化して出荷できるようにし、ファブパートナーの歩留まり向上にも貢献しています。私たちはこれらのことを実行しています。また、CHIPS法や、より多くの投資を現場で行うための投資も支援しています。私たちは、CHIPS法の提唱にも時間を費やしています。

デビッド・ヴォクト

そうですか。それは助かります。私は、あなた方が失敗したと言いたかったわけではありませんが、そのように思われたのかもしれません。そして、ちょっとしたフォローアップです。デバイスの購入方法については、先ほども触れましたね。しかし、ここ数年のキャリアとのパートナーシップや、キャリアからのサポートについても触れていただけないでしょうか。グローバルでの緊密な関係が成功の鍵を握っていると思います。現在グローバルに展開されているこのビジネスモデルは恒久的なものだとお考えでしょうか。つまり、キャリアはiPhoneの需要を促進するために不可欠な存在であり続けるということです。

ティム・クック

5Gは、10年に一度のアップグレードの可能性を提供してきたと思います。1年で終わるものではありません。そして、私たちはそこに意欲を持っています。キャリアもやる気になっています。お互いに興味を持っていますし、お客さまにとっても、5Gとその他多くの機能を備えた新しい5G携帯電話を手に入れることで、大きなメリットがあります。このように、全員が目的に沿って行動していると思います。

あなたが描くモデルは、国によってさまざまな違いがあるので、グローバルモデルとは呼べません。しかし、一般的には、アップルとキャリアチャネルの間の結婚、あるいはパートナーシップは、かつてないほど強固なものになっているのではないでしょうか。

運営者

では、次はコーウェン・アンド・カンパニーのクリッシュ・サンカーさんから質問をお願いします。

クリッシュ・サンカー

私も2つ質問があります。そしてティム、サプライチェーンに関する質問からは解放されましたね。サービスに関する質問が2つありました。最初の質問は、あなたの新しいATT、広告トラッキングの透明性を高める機能についてです。広告主やユーザーから寄せられたフィードバックや、それが検索広告や自社の広告ビジネスにどのような影響を与えたのかを教えてください。そのフィードバックを教えていただけますか?それから、フォローアップもありますよ。

ティム・クック

お客様からのフィードバックは、圧倒的にポジティブです。お客様は、トラッキングを希望するかどうかの選択肢があることに感謝しています。ですから、お客様の側からも満足の声が寄せられています。私たちがこのような取り組みを行ったのは、ご存知のように、私たちは、プライバシーは基本的人権であると強く信じているからです。そして、データを共有するかどうか、どのデータを共有するかの判断を、本来あるべきユーザーの手に委ねるために、これまでも時間をかけて多くの機能を提供してきました。データを共有するかどうか、どのデータを共有するかを決めるのは、Appleではなく、また他の企業でもなく、データを所有する個人であると考えています。それが私たちのモチベーションです。それ以外のモチベーションはありません。

クリッシュ・サンカー

了解しました。わかったよ、ティム。とてもフェアな表現ですね。ありがとうございます。それから、ちょっとしたフォローアップですが、App Storeのモバイルゲームについて、最近、特定の国の政府がゲームの時間を制限するような行動をとっていますね。その地域でのApp Storeのビジネスにどのような影響があるのか気になります。また、それを数値化する方法はあるのでしょうか、それとも今の時点では重要ではないのでしょうか。

ティム・クック

ゲームのプレイ時間を制限するということですね。そういうことなのでしょうか?

クリッシュ・サンカー

はい、その通りです。ゲームの時間を制限することを決めようとしているような、そんな感じですね。

ティム・クック

それを測るのはとても難しいことです。あなたがおっしゃっているように、ある年齢以下の子供たちを金、土、日にそれぞれ1時間ずつ制限するというポリシーを知らない人もいるでしょう。今のところ、App Storeへの影響を見るのは非常に難しいですね。

運営者

次の質問は、JPモルガンのサミック・チャタジーさんからお願いします。

サミック・チャタジー

まず、ティムさんがおっしゃっていた、製品全体に強い需要があるという話から始めたいと思います。また、iPhone 13に限って言えば、インストールベースからのアップグレード、あるいは乗り換え率など、iPhone 12と比較してどのような意図が見られるのか、もう少し詳しく教えてください。何が需要を喚起しているのか、誰が需要を喚起しているのかについて、もう少し詳しく教えていただけないでしょうか。その後、フォローアップをお願いします。

ティム・クック

iPhone 13が発売されてからまだ30日も経っていないので、iPhone 13の話をするのはとても早いですね。私が言えることは、このサイクルに入ると、前四半期の結果を見ると、アップグレードと乗り換えで2桁の成長を遂げています。前四半期のiPhoneの結果は、この2つが非常に大きな意味を持っていました。このように、iPhoneには大きな勢いがあります。オンラインストアでの見積もりを見てもわかるように、現在の需要は旺盛だと思います。

Samik Chatterjee

そうですか。サプライチェーンの話に戻りますが、コスト面での影響についてもう少しお聞きしたいと思います。我々が聞いているのは、遅延だけではなく、部品コストの上昇です。次のサイクルを考えた場合、部品コストに関連する逆風をどのように処理しようと考えているのでしょうか。また、サプライチェーンを通じて何かが起こっているのでしょうか?ありがとうございました。

ティム・クック

現在の考えを、先日発表した売上総利益率のガイダンスである41.5%から42.5%にまとめました。運賃が大幅に上昇していることをお伝えしたいと思います。これはどの会社でも同じだと思います。ですから、明らかにインフレーションが発生していると思われます。

運営者

次の質問は、シティグループのジム・スバさんからお願いします。

ジム・スバ

ありがとうございます。両方の質問を同時にお聞きします。最初の質問は、おそらくティムさんですね。サービス収入については、予想を大幅に上回りました。その要因について、詳しく教えてください。Apple Storeがよりオープンになり、AppleCareが増えたのか、それともApple OneやArcade、TV、フィットネスが増えたのか。

それから、サプライチェーンのルカさんにお聞きしたいのですが、サプライチェーンの逆風がさらにひどくなるとおっしゃっていましたが、今期は60億ドルとおっしゃっていましたが、この「ひどくなる」という表現には2つの考え方があります。3ヶ月前に確認した20億ドルのデルタが60億ドルになったので、40億ドルのデルタが悪化したということなのか、それともただ単に–つまり12月期は100億ドルを超えたということなのか。それとも、先ほどの電話で確認した60億ドルよりも高くなると言っているのでしょうか?

ティム・クック

ジム、あなたが尋ねた2つ目の質問を私が受けます。サービスに関する1つ目の質問はルカが受けますが、あなたが言ったのとは逆の言い方ですね。供給制約についてですが、私たちが言いたいのは、第1四半期の名目上の供給制約の額は、60億ドルよりも大きいと見積もっています。重要なのは、第1四半期の供給量が第4四半期に比べて大幅に増加していることです。また、前年同期比でも非常に堅調な伸びを示しています。このように、供給量は劇的に増加しているのです。ただ、需要が非常に旺盛なので、第1四半期は供給に制約があることを想定しています。

ルカ・マエストリ

ジム、サービスに関しては、26%の成長率は、当四半期の初めに予想していたものよりも良かったですね。これは本当に全体的なものです。クラウドでは過去最高の記録を達成したので、特定の分野に絞るのは難しいですね。クラウドでは過去最高の記録を達成しましたが、AppleCare、音楽、ビデオ、広告、決済サービス、App Storeは9月の四半期でしたよね。つまり、全体的に好調だったのです。

サービス事業に目を向けるとき、私たちは常に、事業の持続可能性を見通すことができる基本的な要因を考えます。インストールベースが継続的に成長していることは、明らかにプラスです。このプラットフォームで実際に料金を支払っている人の数が2桁成長を続けているという事実。これは明らかに我々のチャンスを増やすものです。プラットフォームに登録されているサブスクリプションの数は、通話中に述べたように、現在7億4,500万の有料サブスクリプションがあります。わずか12ヵ月前に比べて1億6,000万件も増加しています。

また、新しいサービスや、すでにあるサービスの中の新しいサービス、新しい機能を継続的に提供していることも、今後の勢いにつながっていると思います。幸運なことに、当社は過去12ヶ月間で680億ドルという非常に大きなビジネスを展開しており、非常に多様性に富んでいます。私たちはさまざまなサービスを提供していますが、お客様はこのプラットフォームでの体験をとても楽しんでいるようです。

運営者

次の質問は、Raymond JamesのChris Casoさんからお願いします。

クリス・カソ

最初の質問ですが、第4四半期、第1四半期、第2四半期に達成できなかった売上を取り戻す能力について質問します。昨年は、iPhoneがすべてのモデルを同時に発売したわけではなく、一部のモデルが遅れて発売されたため、ホリデーシーズンを過ぎてもその一部を取り戻すことができたという経験があると思います。今年も同じようなことが起こるとお考えですか?また、すべての製品カテゴリーで同じような動きをするのでしょうか。つまり、ホリデーシーズンを逃すとセールに間に合わなくなる製品カテゴリーがあるということです。

ティム・クック

プレゼント用に購入される製品の中には、その場になければ売れないものもあると思います。しかし、人々が待ち望んでいる製品もたくさんあり、それらは別の期間に捕捉されることを期待しています。ですから、この四半期、つまりホリデーシーズンには組み合わせが必要だと思います。

クリス・カソ

わかりました。続いて、iPhoneのミックスについてお聞かせください。私たちが注目しているのは、制約のためにすべてのiPhoneの納期が少し長くなっていることです。ProとMaxでは少し長くなっています。これは供給の問題なのか、需要の問題なのか、あるいはその両方なのでしょうか。繰り返しになりますが、今年はすべてのiPhoneが同時に発売されたので、その点についてはもう少しうまく対処できているのではないでしょうか。

ティム・クック

今の時点でミックスについてコメントするのは時期尚早だと思います。需要と供給のバランスが取れれば、ミックスはもっと明らかになるでしょう。

運営者

次の質問は、パイパー・サンドラーのハーシュ・クマーさんからお願いします。

ハーシュ・クマール

まず第一に、供給制約への対応はお見事でした。明らかにみんなに影響を与えていますからね。おめでとうございます。それから、Tim、あなたに戦略的な質問をします。アップルが戦略的な分野を考えるとき、私たちが所有する会社としては、たとえばソフトウェアは優先順位が高いですが、会社が単独であれば最大の半導体会社の1つでもありますよね。テクノロジーの一部を所有するためには、どのような意見や考え方が必要なのでしょうか。例えば、人々にアンケートを取ると、バッテリーやスクリーンが非常に重要だと答えます。では、なぜAppleは……たとえば、Appleがそのような分野に目を向けないのか?

ティム・クック

私たちは、自分たちが実質的な違いを生み出し、レベルの高い差別化を図ることができると信じているものを見ています。私たちがシリコン分野に力を入れてきたのは、市販されているものを買うだけではできないような製品を設計・開発できると考えたからです。ご覧のように、最近ではMacについても同様の判断を下し、自社製チップに移行しています。つまり、差別化できる方法があるかどうかにかかっているのです。何かを排除したいわけではありません。それよりも、物質的に優れた何かを行う方法を見つけられるかどうかが重要です。チップの分野ではそれができたと思っています。

ハーシュ・クマール

それから、ルカにも質問があります。先ほどアミットが質問した粗利益率の話に戻りたいと思います。9月の四半期を見ると、明らかに製品事業よりもサービス事業の方が速く成長しており、粗利益率は低下していますし、12月も同様です。しかし、新製品の発売が多いというのは事実だと思います。このような場合、売上原価ではなく、マーケティングなどの営業費用に計上されるのではないかと思うのですが、何か明確にする必要があるのでしょうか?

Luca Maestri

確かに、新製品を発売する際には、もちろんマーケティングや広告にかかる費用が発生します。しかし、実際には、私たちは常に製品をより良いものにしていくため、新しい技術や機能を追加していきます。一般的に、ある世代の製品から次の世代の製品に移行するとき、特にサイクルの初期には、コスト構造が高くなる傾向があります。そのため、新製品への移行時には、必ずある程度のマージン圧縮が発生します。

もうひとつの側面として、12月の四半期はホリデーシーズンであることを考慮する必要があります。つまり、ホリデーシーズンの製品ビジネスの割合は、例えば9月の四半期に比べて高くなります。そのため、ご存じのように、サービスのマージンが製品のマージンよりも高くなります。また、製品とサービスのミックスが当社の売上総利益率に影響を与えています。これは、9月から12月にかけての連続した期間に見られることです。

運営者

次はバンク・オブ・アメリカのワムシ・モハンさんからお話を伺います。

ワムシ・モハン

大まかに言うと、新製品の価格設定について質問があります。今年、AppleはiPhone 13を、昨年中国で発売されたiPhone 12よりもわずかに低い価格で発売しました。これを決定する際に、どのような点を考慮しているのかを教えてください。また、これは他の地域でも同じようにできることなのでしょうか?また、次の質問もあります。

ティム・クック

私たちは、コスト、競争力、地域の状況や為替レートなど、さまざまな要素を考慮しています。ですから、決定するための公式があるわけではありません。数多くの異なるポイント、データポイントを見ながら、判断して決定します。それを地域ごとに行っています。

ワムシ・モハン

しかし、投資家としては、需要曲線をよりグローバルに変化させるための構造的なものだと考えるべきではないでしょうか?

ティム・クック

これは、私たちが常に行っていることです。ですから、今年やこのサイクルに限ったことではありません。

ワムシ・モハン

そうですか。ここ数年、あなたは多くの新しいサービスを導入しており、これらはAppleのストーリーの中でより重要な部分を占めるようになっています。TV+」のような新しいサービスについて、有料会員数などの指標を教えてください。また、これらの投資の成功をどのように測定していますか?

ティム・クック

私たちは社内でさまざまなことを検討していますが、社外には公表していません。ですから、サブスクリプション、ARPU、コンバージョン、チャーンなど、サブスクリプション・ビジネスで見られる一般的なものはすべて見ているはずです。しかし、それらを個々のサービスごとに共有することはありません。ここでお伝えしたいのは、Appleブランドとサードパーティの両方で7億4,500万件という数字について、ルカが先に説明したように、これまでの契約数の総計をご覧いただくことです。このように、個々のサービスレベルではなく、集約された形で提供しています。しかし、私たちが個々のサービスレベルで管理していることは間違いありません。

テージャス・ガラ

ありがとうございます、ワムシさん。本日の電話会議のリプレイは、Apple Podcastで2週間にわたり、apple.com/investorのウェブキャストと電話でご覧いただけます。電話によるリプレイの番号は888-203-1112または719-457-0820です。確認コード 7141415 を入力してください。これらのリプレイは、太平洋時間で本日午後5時頃までに提供される予定です。

その他の質問がある報道関係者の方は、ジョシュ・ローゼンストック(電話:408-862-1142)までご連絡ください。財務アナリストの方は、669-227-2402までご連絡ください。ご協力ありがとうございました。

オペレーター

以上で本日のカンファレンスを終了します。皆様のご参加に感謝いたします。

 

ABOUT ME
赤虎めだか
こんにちは。【赤虎めだか】です。 よろしくお願いします。 ・アラフィフ(男) ・うお座のB型 ・職業:BPMコンサルタント ・副業で太陽光発電所を2基 ・グロース銘柄を中心に米国株投資を実践 ・趣味はめだかのブリーディングと焼き物(食器)集め