米国株決算

Antero Resources Corporation(アンテロ・リソーセズ)2021年第3四半期決算【AR】

AR-2021-Q3-title

2021年10月27日の引け後に天然ガス銘柄のアンテロ・リソーセズ(ティッカー:AR)の2021年度第3四半期決算発表がありました。

概要は以下の通りです。

  • EPS: 予想$0.33に対し、$0.19
  • 売上高:予想12.3億ドルに対し、5.34億ドル
  • 売上高成長率:前年同期比+40.4%

 

資料出典:アンテロ・リソーセズ社IRページ(リンク)

決算リリースページ<抜粋>日本語訳

2021年第3四半期のハイライトは以下の通り。

  • 純生産量は平均3.25Bcfe/dで、うち液体は169MBbl/d
  • 実現したプレヘッジ天然ガス換算価格は1Mcfeあたり5.15ドルで、NYMEX価格に対して1.14ドルのプレミアム。
  • 実現したヘッジ前C3+ NGL価格は1バレルあたり52.68ドル(WTIの75%)で、前年同期比139%の上昇。
  • 実現したヘッジ前天然ガス価格は1Mcfあたり4.31ドルで、NYMEXのヘンリーハブ価格に対して1Mcfあたり0.30ドルのプレミアムを付与
  • 純損失は549百万ドル、調整後純利益は61百万ドル(非GAAP基準
  • 調整後のEBITDAXは358百万ドル(非GAAP基準)、営業活動による純キャッシュは313百万ドル
  • フリー・キャッシュ・フローは9,100万ドル(非 GAAP 方式)。
  • 当四半期末の純負債は23億ドルで、2020年末から6億6,000万ドル減少(非GAAP基準
  • 直近1年間の調整後EBITDAXに対する純負債の比率は1.6倍に低下(非GAAPベース

 

◆会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)のポール・ラディのコメント

アンテロ・リソーシズの会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)のポール・ラディは、「アンテロの第3四半期の業績は、C3+ NGLの大きなエクスポージャーから恩恵を受けています。C3+ NGLの生産量は110,000Bbls/dを超え、実現プレヘッジ価格は1バレルあたり52ドルを超え、前年同期比で139%増加しました。アンテロは独自の事業戦略により、米国第2位のNGL生産者としての地位を確立しており、堅調な輸送ポートフォリオにより、同業他社を凌駕するEBITDAXマージンを実現しています。 今日のストリップ価格に基づくと、当社は天然ガスを90%以上ヘッジしているにもかかわらず、2021年に9億ドル以上のフリーキャッシュフローを目標としており、これには第4四半期の3億ドル以上も含まれています。この天然ガスに対する90%のヘッジポジションは、2022年1月から50%に引き下げられるため、天然ガスの価格上昇に対するエクスポージャーが増加します。加えて、2022年には液体のヘッジはありません。”

Rady氏は続けて、「今年のESGレポートは、アンテロ・リソーシズの成功の基盤である、人、パフォーマンス、目的へのフォーカスを強調しています。今年のESGレポートでは、アンテロ・リソーシズの成功の基盤である「人材」「業績」「目的」に焦点を当てています。当社は、LPGを大量に生産・輸出する企業として、世界のエネルギー貧困にプラスの影響を与えるユニークな立場にあります。 ここ数年、当社のLPG輸出量の約3分の1は、ナイジェリア、ペルー、インドなどの発展途上国に輸出されており、より高価で炭素消費量の多いエネルギー源を代替することで、人々の健康、安全、生活の向上に貢献しています」。

ABOUT ME
赤虎めだか
こんにちは。【赤虎めだか】です。 よろしくお願いします。 ・アラフィフ(男) ・うお座のB型 ・職業:BPMコンサルタント ・副業で太陽光発電所を2基 ・グロース銘柄を中心に米国株投資を実践 ・趣味はめだかのブリーディングと焼き物(食器)集め