米国株決算

Datadog, Inc. (データドッグ)2021年第二四半期決算【DDOG】

DDOG2021-2Qtitle

2021年8月5日の寄り前にDatadog, Inc. (データドッグ)(ティッカー:DDOG)の2021年第2四半期決算発表がありました。

概要は以下の通りです。

  • EPS: 予想$0.03に対し、$0.09
  • 売上高:予想2.12億ドルに対し、2.34億ドル
  • 売上高成長率:前年同期比+66.8%
  • 営業キャッシュ・フローは5,200万ドル、フリー・キャッシュ・フローは4,200万ドル
  • 年間経常収益10万ドル以上の顧客数は、1,610社に増加(前年同期比+59%)
  • 第3四半期EPSガイダンス:予想$0.03に対し、$0.05~$0.06
  • 第3四半期売上高ガイダンス:予想2.26億ドルに対し、2.46~2.48億ドル
  • 2021年通期EPSガイダンス:予想$0.16に対し、$0.26~$0.28
  • 2021年通期売上高ガイダンス:予想8.9億ドルに対し、9.38~9.44億ドル

※公式IRページへのリンクはこちら

 

テンバガー候補title
【テンバガー候補】楽天証券で買える米国株、IPO後まだ若いピカピカ銘柄10選!【金の卵】こんにちは、赤虎です。 最近、プラットフォームのコア銘柄として投資していたズーム・ビデオが決算をミスる、という残念な出来事...

 

カンファレンスコール日本語訳

データドッグ社(Datadog, Inc. (NASDAQ:DDOG) Q2 2021 Earnings Conference Call 2021年8月5日 8:00 AM ET

会社の参加者

ユカ・ブロデリック – IR

オリビエ・ポメル – CEO

デビッド・オブスラー(CFO

コンファレンスコール参加者

ブレント・ティル(ジェフリーズ

サンジット・シン(モルガン・スタンレー

スターリング・オーティ(JPモルガン

カシュ・ランガン(ゴールドマン・サックス

タイラー・ラドケ(シティ

マット・ヘドバーグ – RBCキャピタル・マーケッツ

カミル・ミエルザレック – ウィリアム・ブレア

ブラッド・バック – Stifel

ジャック・アンドリュース – ニーダム

イッタイ・キドロン – オッペンハイマー

マイケル・トゥリッツ – キーバンク

グレッグ・モスコウィッツ – みずほ

ライモ・レンズチョー – バークレイズ

オペレーター

2021年第2四半期Datadog業績報告コンファレンスコールにようこそ。本日の電話会議では私がオペレーターを務めさせていただきます。[オペレーター・インストラクション】をご覧ください。]

それでは、インベスター・リレーションズ部長のユカ・ブロデリックさんに電話をおつなぎします。ユカさん、どうぞよろしくお願いします。

ユカ・ブロデリック

ありがとうございます、ジョン。本日は、今朝発表したプレスリリースに掲載したDatadogの2021年第2四半期の財務実績を確認するためにお集まりいただき、ありがとうございます。

本日の電話会議に参加しているのは、Datadogの共同創業者兼CEOのOlivier Pomelと、DatadogのCFOであるDavid Obstlerです。

この電話会議では、連邦証券法に基づき、1995年私募証券訴訟改革法のセーフハーバー条項に準拠して作成された、当社の事業に関する将来の見通しに関する記述を行います。これには、第3四半期および2021年通年の見通しを含む当社の将来の財務実績に関する記述、当社の戦略、当社の製品、パートナーシップ、研究開発および市場開拓への投資による潜在的な利益、および当社の市場機会を活用する能力に関する記述が含まれます。anticipate、believe、continue、estimate、expect、intend、will、およびこれらに類する表現は、将来の見通しに関する記述または将来の期待に関する類似の表示を示すことを意図しています。

これらの記述は、今日の時点での当社の見解を示したものであり、その後のいかなる時点においても当社の見解を示したものではありません。

これらの記述は、様々なリスクや不確実性を内包しており、実際の結果が期待と大きく異なる可能性があります。実際の業績に影響を与える可能性のある重要なリスクおよびその他の重要な要因については、2021年5月7日に米国証券取引委員会(SEC)に提出した2021年3月31日に終了した四半期に関するForm 10-Qの四半期報告書をご参照ください。追加情報は、2021年6月30日に終了した四半期のForm 10-Qに関する四半期報告書、および当社がSECに適宜提出するその他の届出書や報告書で公開されます。当社のSEC提出書類は、当社ウェブサイトの「Investor Relations」でご覧いただけます。

また、この電話会議のリプレイも期間限定で公開されます。

非GAAPベースの財務指標については、この電話会議で説明します。これらの指標と最も直接的に比較できるGAAPベースの財務指標との調整については、当社ウェブサイトの投資家向け情報セクションに掲載されている決算発表資料の表をご参照ください。

それでは、オリヴィエに電話をおつなぎします。

オリビエ・ポメル

由香さん、本日はモーニングコールにお集まりいただきありがとうございます。第2四半期の業績は、既存顧客の堅調な成長と新規顧客の堅調な売上により、予想以上に好調で、大変満足しています。製品ラインと顧客セグメントの両方で真の強さが見られました。

当四半期の売上高は2億3,400万ドルで、前年同期比で67%、前四半期比では18%の増加となり、ガイダンスレンジの上限を上回りました。

ARR(Annual Recurring Revenue:年間経常収益)が10万ドル以上の顧客数は、前年同期の1,015社から1,610社に増加しました。これらのお客さまは、当社のARRの約80%を占めています。当四半期の顧客数は約16,400人で、前年同期の約12,100人から増加しています。

また、資本効率も引き続き良好で、フリーキャッシュフローは4,200万ドルとなりました。また、お客様のご利用が増え、当社の新製品が採用されたことにより、当社のドルベースの純保持率は引き続き130%以上となっています。

最近の四半期における好調なビジネストレンドが第2四半期にも継続していることを喜ばしく思います。まず、既存のお客さまのご利用が引き続き非常に好調でした。これは、過去数四半期にわたる新規ロゴの拡大が、新規のお客様のご利用拡大に寄与したことなどによるものです。

第二に、新規ロゴのARRが引き続き好調で、市場開拓戦略を引き続き実行しました。

第3に、解約率は引き続き低く、過去の水準を維持しています。

これらの要因を総合的に勘案した結果、当四半期のARR増加額は2四半期連続で1億ドルを超え、非常に好調でした。

次に、当社のプラットフォーム戦略が引き続き市場で支持されました。第2四半期末時点で、2つ以上の製品を使用しているお客様は75%で、1年前の68%から増加しています。

さらに、4つ以上の製品を使用しているお客様は28%となり、昨年の15%から増加しています。また、今期は新規ロゴの約70%が2つ以上の製品で着地しています。

当プラットフォームは、第2四半期に力強い成長を遂げました。その中には、インフラストラクチャー・モニタリングのARR増加という記録が含まれています。この製品はまだ高速サイクルの初期段階にあります。

一方、プラットフォームの他の製品も引き続き非常に好調でした。RUMとSyntheticsを含むAPMスイートとログ管理を合わせると、ARRは4億ドルを超えました。APMスイートとログ管理も引き続き高い成長率を維持していますが、他の新製品はさらに急速に成長しています。その結果、エンド・ツー・エンドのオブザーバビリティ・プラットフォームがお客様に受け入れられたことと、クラウド・セキュリティ・プラットフォームが始まったことに大変満足しています。

さて、次は製品と研究開発についてです。当社のチームは革新を続け、お客様のペインポイントを解決しました。第2四半期には73の新機能を発表し、第3四半期にも引き続き出荷しました。その中のいくつかをご紹介すると、インフラ周りのセキュリティ問題を対象とした2つの新しいセキュリティ製品、「Cloud Security Posture Management」と「Cloud Workload Security」の一般提供を発表しました。クラウド・セキュリティ・ポスチャー・マネージメントは、継続的な構成監査を行うことで、お客様が業界のベンチマークや規制基準に沿って環境を追跡できるようにします。また、Cloud Workload Securityは、ホストやコンテナ内のワークロード自体でリアルタイムに脅威を検知します。これらの製品は、イベントやロードデータストリームを対象とした脅威検知を行うセキュリティモニタリングと並んで、当社のセキュリティ分野における第2、第3のGA製品です。

これらの製品により、当社のクラウドセキュリティプラットフォームの最初の構成要素が揃いつつあり、DevOpsチームとセキュリティチームの間のサイロを解消するという当社のビジョンを実現することができます。この2つの製品が加わったことで、Datadogのプラットフォームには11のGA製品が揃いました。

また、CI/CD領域にオブザーバビリティをもたらす機会の始まりでもあり、7月下旬にCI Visibility製品のベータ版を発表しました。CI/CDとは、継続的インテグレーションと継続的デリバリを組み合わせた手法で、ソフトウェアを一貫して書き、テストし、本番にリリースすることができます。問題は、開発者が自分のCI/CDパイプラインを可視化できていないことです。開発者は、テストが失敗しているのか、なぜ失敗しているのか、CI/CDパイプラインのどこでボトルネックや問題が発生しているのかを把握するのに苦労しています。

昨年8月に買収したUndefined Labs社をベースにした当社のCI Visibility製品は、お客様のテストパイプラインの可視化を支援し、開発チームのコスト削減と効率化を実現します。

今回の発表は非常に喜ばしいことですが、当社は既存の製品に立ち止まっているわけではなく、それぞれの製品を最高のものにするために、今後も機能を拡充していきます。

Syntheticsでは、クロスプロダクトテストが可能になり、お客様はChromeに加えてMicrosoft EdgeやFirefoxでもテストできるようになりました。Mobile RUMでは、Android、iOS、そしてReact Nativeのようなクロスプラットフォームフレームワークをサポートするようになります。当社のRUM製品は、デスクトップ、モバイル、タブレット上のRUMアプリケーションや、モバイルアプリなど、ユーザー空間全体をカバーするようになりました。

そして最後に、APMにおける不具合のあるデプロイメントの自動検出や、セキュリティ・モニタリングにおける異常検知など、直近の追加機能により、当社プラットフォームのAI/ML機能を引き続き向上させています。これらを補完するのが、Watchdog Insightsの継続的な拡張です。Watchdog Insightsは、私たちがプラットフォーム全体でユーザーのワークフローに直接埋め込んでいるレコメンデーション・エンジンです。

このように、当社のエンド・ツー・エンドのオブザーバビリティ・プラットフォームは、ますます広がりを見せています。その一方で、クラウドのセキュリティについては前進が見られ、CI/CDのユースケースについては初期段階にあると言えます。

いつものように、エンジニアリングチームとプロダクトチームの創造性、生産性、そしてお客様の問題に適切なソリューションを提供し続ける能力に感謝したいと思います。

さて、次はセールス&マーケティングです。当四半期の顧客数の増加にも表れているように、当社の市場開拓チームは非常に生産性の高い活動を続けています。それでは、第2四半期の成果をいくつかご紹介しましょう。まず、次世代の金融サービス企業では、8桁のアップセルを達成しました。彼らは、問題の根本原因を見つけるために、組織全体のプラットフォームとしてDatadogのログ管理を利用しています。この企業では、当社の既存製品の使用率が大幅に増加しており、最近では当社のContinuous Profilerを追加して、本番での良好なパフォーマンスをよりよく理解できるようになりました。

次に、ヨーロッパのEコマース企業で7桁のアップセルを達成しました。彼らは複数の商用オブザーバビリティ・ツールを使用していましたが、2021年の戦略的イニシアチブの1つとして、統合とコスト削減がありました。その目標を満たすためにDatadogに標準化し、チームのコラボレーションとコミュニケーションを改善しました。

次に、世界的な大手会計事務所から7桁のアップセルを獲得しました。この会社は、オンライン製品の急速な成長を経験しており、チームは問題を軽減するためにツールからツールへと移行することを余儀なくされていました。Datadogをインフラ監視、APM、Syntheticsのソリューションとして選択することで、解決までの平均時間を短縮し、内部リソースを解放することができました。

次に、30年の歴史を持つ分析ソフトウェア会社から、6桁のアップセルを獲得しました。この会社は、より多くのワークロードをAzureに移行しています。この新たなアップセルでは、ログ管理のニーズに対してDatadogを標準化しました。DatadogのLogging without Limits機能により、この会社は、ログデータを犠牲にすることなく、ログ管理にかかるコストを1桁削減することができます。

そして最後に、大手バックオフィス・ソフトウェア会社との7桁台の契約がありました。この会社は急速に成長しており、ハイブリッド・クラウドへの移行を計画しています。しかし、これまでのモニタリングの導入率は非常に低く、チームでのコラボレーションが困難でした。Datadogを導入したことで、彼らのチーム全体が1つのプラットフォームですべての操作性のニーズを満たすことができるようになり、Datadogがチーム全体の導入率と整合性の向上に影響を与えていることを認識しました。

このように、今期のGo-to-Marketチームの業績を非常に誇りに思っています。彼らの努力と、お客様とのパートナーシップにより、今期も好調な業績を達成できたことに感謝したいと思います。

次に、長期的な見通しについて説明します。現在、企業は長期的なデジタル戦略を推進しています。企業はますますデジタルファーストにならなければなりません。Azureのプラットフォーム化はまだ初期段階にありますが、当社はUnified Observabilityプラットフォームでお客様を支援する絶好のポジションにあると考えています。

一方で、DevOpsチームとセキュリティチームの間のサイロを解消するという長期的なビジョンも進展しています。その結果、データを民主化し、お客様が可視性を高め、複雑性を管理するのを支援する機会が得られると考え、非常に期待しています。そして、私たちは長期的な計画に自信を持ち、戦略を実行するために努力を続けています。

デービッドに話を移す前に、今年の10月下旬に開催されるユーザーカンファレンス「Dash 2021」に向けて、各チームが準備に追われていることをお伝えしたいと思います。毎年、Dashでは最新の製品イノベーションを紹介していますが、今年の成果を皆さんにお見せできることを楽しみにしています。また、Dashでは投資家向けのセッションも予定しています。秋にはその発表もあると思いますので、お楽しみに。

それでは、当社の最高財務責任者(CFO)に電話をおつなぎいたします。デービッド?

デビッド・オブスラー

ありがとうございます、オリビエ。要約すると、第2四半期は非常に好調でした。売上高は2億3,350万ドルで、前年同期比で67%、前四半期比では18%増加しました。利用動向は好調で、幅広い分野で成長が見られました。新しいロゴの生成も好調で、お客様は引き続きプラットフォーム全体でより多くの製品を採用されました。

さらに詳しい状況を説明します。まず、既存顧客の成長は第2四半期も堅調で、ドルベースの純維持率は16四半期連続で130%以上を維持しました。お客様の既存製品の利用拡大と新製品の採用により、利用率が堅調に推移しました。当社のお客様は、クラウドへの移行を引き続き進めています。また、お客様の拡大に伴い、お客様が当社を標準化し、オブザーバビリティ・ツールのベンダーを統合する機会があると考えています。

次に、ARRの増加額が2四半期連続で1億ドルを超えました。これは、新製品を含む製品ライン全体での好調さと、各地域での好調さによるものです。

新規ロゴも非常に好調でした。当四半期の新規ロゴの追加数は、総計および純計ともに記録的な数となりました。当四半期は、企業向けおよび商業向けセールスチームがともに好調に推移し、業界や顧客規模にかかわらず、幅広いビジネスチャンスが引き続き見込まれます。なお、当社は使用ベースの収益モデルを採用しているため、新規ロゴの獲得は通常、すぐには意味のある収益には結びつきませんが、時間をかけて実現していきます。

次に、当社のプラットフォーム戦略は引き続きお客様に支持されています。現在、70%のお客様が2つ以上の製品を、28%のお客様が4つ以上の製品をご利用いただいています。

最後に、解約率は過去の水準と同様に低い水準を維持しました。当社のドルベースの総保持率は90%台半ばで変化しておらず、顧客層や製品によらず同様の水準です。

売上高は、前年同期比69%増の2億7,000万ドルでした。また、当四半期にはプロフォーマの影響はありませんでした。RPO(Remaining Performance Obligation)は、好調な販売活動と契約期間の延長により、前年同期比103%増の5億8,300万ドルとなりました。契約期間の増加は、前年同期に比べて年間契約と複数年契約の比率が高まったことによるものです。なお、複数年契約は毎年請求されますが、当社では複数年契約に対するインセンティブはありません。現在のRPOの成長率も前年同期比で80%以上と好調でした。

なお、請求書の発行時期やお客様との契約期間などにより、売上高が相対的に変動する可能性があるため、当社では引き続き、売上高の方がビジネスの動向を示す指標として適していると考えています。

次に、損益計算書についてもう少し詳しくご説明します。なお、特に断りのない限り、すべての指標は非GAAPベースです。GAAPとNon-GAAPの調整表は決算短信に掲載されています。当四半期の売上総利益は1億7,800万ドルで、売上総利益率は76%となりました。これに対し、前四半期の売上総利益率は77%、前年同期は80%でした。当四半期の売上総利益率が前年同期比で低下したのは、製品およびプラットフォームの革新に向けた投資によるものです。

当四半期の売上総利益率は、中長期的には過去の実績と同程度になると見込んでいます。

研究開発費は7,100万ドルで、売上高に対する比率は前年同期の27%に対し、30%でした。当社は、エンジニアリング要員の大幅な増加を含め、研究開発への大幅な投資を継続しました。当四半期の研究開発費は7,100万ドルで、売上高の30%でした。

営業費用は6,100万ドルで、売上高の26%を占めました(前年同期は33%)。当社は引き続き営業およびマーケティングに多額の投資を行いましたが、収益の伸びは投資の伸びを上回っています。第2四半期の対面式イベントはわずかでしたが、もちろん地域の健康状態や旅行指針にもよりますが、今年後半には出張やイベント費用の増加を引き続き計画しています。

販管費は1,600万ドル(売上高の7%)で、前年同期の9%から減少しました。

営業利益は3,100万ドル(営業利益率13%)で、前年同期の営業利益1,500万ドル(営業利益率11%)と比較しています。当四半期は好調でしたが、目の前に大きくダイナミックな市場機会があると考えており、その機会に対して重点的に投資するよう努めているため、短期的な利益率を最適化しているわけではありません。しかし、第2四半期は、当然ながら、当社のビジネスモデルの効率性を示すものです。

当四半期の非GAAPベースの純利益は3,200万ドル、1株当たり0.09ドルで、加重平均希薄化後の発行済み株式数は3億4,200万株でした。

次に貸借対照表とキャッシュフローについて説明します。当四半期は、14億ドルの現金、現金同等物、制限付き現金、および市場性のある有価証券を保有していました。当四半期の営業活動によるキャッシュ・フローは5,200万ドルでした。資本支出と資産計上されたソフトウェアを考慮したフリー・キャッシュ・フローは4,200万ドルで、フリー・キャッシュ・フロー・マージンは18%となりました。

次に、2021年第3四半期および通年の見通しについてご説明します。当社は長期的な事業機会について楽観的であり、予見可能な将来にわたって高い成長を実現できると信じています。当社は非常に大きな市場に対応しており、その機会に対してうまく実行しています。

第3四半期の売上高は2億4,600万ドルから2億4,800万ドルの範囲となる見込みで、これは中間点で前年同期比60%の成長に相当します。非GAAPベースの営業利益は、1,800万ドルから2,000万ドルの範囲となる見込みです。また、加重平均発行済み株式数約3億4,400万株に基づく非GAAPベースの1株当たり純利益は、0.05ドルから0.06ドルの範囲になると予想しています。

また、2021年通年の売上高は、中間点で前年比56%増の9億3,800万ドルから9億4,400万ドルの範囲となる見込みです。非GAAPベースの営業利益は、8,700万ドルから9,300万ドルの範囲になると見込んでいます。非GAAPベースの1株当り当期純利益は、加重平均発行済株式数約3億4,400万株に基づいて、0.26ドルから0.28ドルの範囲になると予想しています。

今回の見通しについて、いくつかの注意点があります。第1に、第2四半期の使用率は好調でしたが、ガイダンスを提供する際には、通常通り、より保守的な仮定を用いています。第二に、当社の戦略的な焦点は、長期的な成長のための最適化投資にあります。当社は、2021年の残りの期間、研究開発と市場開拓に積極的な投資を続ける予定です。次に、当社のモデルでは、第3四半期中にオフィスに戻り、出張や対面式のイベントを再開することを想定しています。ただし、現地の規制に応じて柔軟に対応し、従業員の健康を守ることを最優先に考えています」と述べています。

営業利益以下の項目については、まず、第3四半期の非GAAPベースの受取利息およびその他の受取利息は約0.9百万米ドルを見込んでいます。この受取利息には、現金および有価証券にかかる受取利息と転換社債にかかる支払利息が含まれます。第3四半期には、連邦政府の納税者になることは想定していませんが、海外事業体に関連する税金の引当金があります。その結果、第3四半期は約60万ドル、通年では200万ドルの税金を見込んでいます。

要約すると、今期の業績には非常に満足しています。お客様は、既存の製品をより多く使用したり、新しい製品の使用を選択したりして、引き続きDatadogをより多く消費しています。当四半期には2つの新製品を追加し、お客様に提供する製品は11種類となりました。研究開発および市場投入の目標に対する実行力は引き続き高いです。また、お客様がクラウドへの移行やデジタルトランスフォーメーションの効果を管理できるようにするための当社の能力は、成長し続けています。

それでは、質疑応答を開始いたします。オペレーター、質疑応答を始めましょう。

質疑応答の様子

オペレーター

[最初の質問は、ジェフリーズのブレント・ティルさんです。

ブレント・ティル

大口顧客の成長について、もう少し詳しく説明していただけないでしょうか。直近の2四半期は、この分野で非常に優れた結果を出していますね。大企業が御社のプラットフォームを標準化していく中で、どのようなことが起きているのか、もう少し詳しく教えていただけますか?

オリビエ・ポメル

はい、まだいくつかの事例があります。つまり、コールの中で述べたように、お客様が以前は別のものを使っていたが、当社のプラットフォームに標準化したことで、当社にとってより大きな土地ができた、というケースです。しかし、これはまだ当社の顧客獲得の大部分ではありません。大体において、私たちはまだ小規模なお客様から始めて、彼らと一緒に行動し、後にクラウド環境への移行が進むにつれて私たちを標準化しています。そのため、この比率は他の四半期と比べても遜色ないと感じていますが、まだ特定の傾向は見られません。

ブレント・ティル

下半期と上半期を比較した場合のセールスの採用計画について、ノルマ遂行能力と上半期までに追加する予定の人員について説明してください。

デビッド・オブスラー

はい。先に述べたように、当社は売上高にほぼ連動してランプの割当量を増やそうとしています。また、昨年から今年にかけてCOVID全体で積極的な採用計画を立てており、それを実行しています。ここ2、3年、採用や割当量の拡大に関する目標は変わっていません。

オリビエ・ポメル

先ほどデイビッドが言ったことの補足ですが、私たちは、多くの企業がストップ&スタートを繰り返すのとは異なり、着実に採用を続けてきたことで、今日の素晴らしいポジションを築くことができました。今は、雇用市場が非常に熱く、また多くの人が休暇を取っているので、雇用にとって興味深い時期です。しかし、私たちは今の状況に満足していますし、パンデミックの間も着実に採用を続けるという選択をしたことにとても満足しています。

運営者

次の質問は、モルガン・スタンレーのサンジット・シンさんです。

サンジット・シン

印象的な第2四半期の業績におめでとうございます。オリビエ、あなたがスクリプトで述べた、インフラ監視はまだ初期段階にあるというコメントについて、もう少し理解できるようにしたいのですが。あなたの視点では、インフラストラクチャー・モニタリングに対するこのような感情はどのようなものでしょうか。会社の基盤となる主力製品であり、まだ長い道のりがあるとおっしゃっています。その考えを少し説明していただけますか?

オリビエ・ポメル

これには2つの側面があると思います。1つは普及率の面で、我々が持っているものと来年登場するクラウドの融合は、市場全体の中ではまだほんの一部だと思います。だからこそ、そこから得られるものはたくさんあるはずです。

2つ目の側面は、世界がデジタル的に変化しているということです。そのため、市場全体、つまり監視しなければならないインフラの規模は、5年前に監視しなければならなかったものよりもはるかに大きくなっています。この2つの点を考慮すると、市場への浸透という点では、インフラ・モニタリングでカバーできる範囲はより広いと言えます。

それと並行して、この分野はまだ進化し続けていますよね。クラウドの特徴は、ワークロードを実行するための革新的な方法や新しい方法があるということです。Datadogでは、そのような状況をいくつか経験してきました。クラウドインセンティブに始まり、コンテナ、そして今はサーバーレス。私たちはそれが止まることを期待していません。インフラストラクチャを運用するための新たな方法が出てくると考えています。そのため、私たちは製品に多額の投資を行い、すべての分野の最前線に立つことを目指しています。

サンジット・シン

なるほど、そうですね。また、お客様の声を聞いていると、APMが本格的に普及してきたと感じています。これはどのくらいの原動力になっているのでしょうか?また、ログ解析ソリューションの成熟度はどの程度でしょうか。APMの1、2年後に発売されました。APMを例にとると、あなたの視点では、その能力と製品はどのような位置づけにあるのでしょうか?

オリビエ・ポメル

さて、私は自分の子供たちをみんな同じように愛しています。APMとログは、当社の顧客ベースでの採用率や、成熟度の点で拮抗しています。どちらの製品も、お客様がバック・オブ・グリッドのような設定をする際に、まず最初に導入される製品です。両製品は、お客様の標準化の基盤となるインフラを管理する上で、2本目の足の役割を果たすことができます。今日、私たちが目にしているのは、お客様が当社の製品を標準化しているということです。彼らはプラットフォームを購入しています。そして、APM、ログ、インフラの監視という3つの柱で構成されています。

運営者

次の質問は、JPモルガンのSterling Autyさんです。

スターリング・オーティ

あなたがおっしゃったコメントの数を考えると、準備されたコメントの使い方が強さの原動力になっていると思います。昨年の上半期には超過料金の項目がありました。今回はどう違うのでしょうか?また、現在の使用量や消費量はどのように増加しているのでしょうか?

デビッド・オブスラー

私がお答えします。昨年の第2四半期にはフラット化と最適化が行われたと言いました。それ以降、昨年の第3四半期から現在に至るまで、より正常な、あるいは長期的なトレンドと一致した状態に戻っています。第2四半期は、過去3、4四半期と同様に非常に好調で、当社の長期的なポジションと一致しています」と述べています。これは、クラウドマイグレーションやデジタルプロジェクトの展開が通常に戻ったことを反映していると感じています。

前四半期に述べたように、利用者の増加は非常に広範囲に及び、製品や顧客の種類もバランスが取れていて、当社の歴史の中で見てきたものと非常によく似ています。

スターリング・オーティ

そうですね。ありがとうございます。それから、簡単なフォローアップをひとつ。市場開拓のための投資という点では、当四半期のガイダンスでも同じような項目が挙げられていましたね。もちろん、セールス&マーケティングは、当社や多くの企業の予測を大きく下回っています。ガイダンスに織り込まれている前四半期比の増加分のうち、人員数によるものと、ご指摘のようなオフィスへの復帰や出張によるものとを比較して、どの程度把握していますか?

デビッド・オブスラー

はい。まずはその点から説明します。私たちはずっと、2つの原動力があると言ってきました。1つは、売上高に占めるマーケティング費用と出張費用の割合で、3%前後、つまり3%強は、出張やイベントがないことによるメリットです。これは、第4四半期のようにre:InventとDashがある四半期かどうかによって、多少の変動があります。純利益については、売上高のラインを見ていただければわかるように、計画を上回る実績をあげていると思います。つまり、基本的には、収益にポジティブなサプライズがあり、それが最終的な収益につながっているのです。

最後に、オリが言ったように、私たちは非常に積極的な雇用計画を立てています。基本的には今年中に完了させようとしています。この市場でそれを実現するには時間がかかります。そのため、下半期には人材面での成長が加速するものと期待しています。すでに採用数でそれを実感しています。しかし、ここ2、3年は、年の途中で採用を拡大してきました。

運営者

次の質問はゴールドマン・サックスのKash Ranganさんです。

Kash Rangan

驚異的な業績おめでとうございます。OliとDavidには本当に感謝しています。質問ですが、標準化のメリットを実感し始めた今、販売サイクルはどのようになっていますか?また、パイプラインに表示されているオプションを推進するために、どのような雇用を期待できますか?また、結果として、今後2、3年の間に進化していく中で、Datadogがエンタープライズ市場の上位にどのように食い込んでいくのかについてもお話しいただければ、幸いです。

また、もしお時間があれば、経済が上向きになれば、御社の業績は今のままで素晴らしいものになると思いますが、そのためにはどうすればよいでしょうか?私たちが旅行に出かけたり、外に出たりするときに、経済が開放されることで、どのようなメリットがありますか?

オリビエ・ポメル

ありがとうございます。では、まず標準化の話から始めます。現時点では、販売サイクルに大きな変化はありません。というのも、私たちのやり方は、ほとんどが小規模から始めて、お客様とともに成長していくからです。そして、標準化を行う頃には、そのお客様にしっかりとした足場を築き、そのお客様のエンジニアが常に当社を使用しているので、標準化のためのケースを作るのがますます簡単になります。もちろん、当社のセールスフォースが世界各地をカバーし、当社との付き合いが長いお客様が増えれば、時間の経過とともに多少の変化はあるでしょうね。私は、時間の経過とともに、我々の運営方法にいくつかの変更を加えることを期待しています。しかし、現時点では、販売プロセスやその所要時間に大きな変更はありません。

というのも、私たちは必ずしもプラグ中心ではない技術への投資を増やしているからです。これは、標準化されたお客様が、レガシーITやオンプレミスITの一部を、同じまたは大部分のクラウド技術の下に戻すのを支援するためです。これは、私たちの開発の一部に反映されています。また、おそらくプロフェッショナル・サービスに関する取り組みにも反映され、これらの顧客を取り込むためにより多くの時間を費やすことになるでしょう。

経済開放についての質問ですが、私たちにとって興味深いのは、パンデミック以前のクラウドへの移行方法にほぼ戻っているように見えることです。これ以上早くなるかどうかはわかりません。これまでは非常に安定した歴史的傾向がありましたが、今はその安定した歴史的傾向に戻っているので、満足しています。長期的な成長を維持するために現在取り組んでいる主なことは、プラットフォームの構築を継続して行い、製品を追加してお客様の問題を完全に、あるいはますます大きな部分を解決できるようにすること、同時に、市場参入チームを拡大して、世界中のあらゆる場所でお客様との会話に参加できるようにすることです。それを実現するためには、まだかなりの作業が必要です。

運営者

次の質問は、シティのタイラー・ラドケさんです。

タイラー・ラドケ

大まかな価格環境についてお聞きしたいのですが。明らかに1年前、COVIDの影響で、いくつかのお客様が支出を合理化しているのを目にしました。もちろん、今期はそれが問題になっているようには思えませんでした。しかし、長期的な価格戦略についてはどのようにお考えですか?また、技術革新や新機能の構築を続けていく中で、時間をかけてさらに高い価格設定ができる可能性はあると思いますか?

オリビエ・ポメル

この答えには3つの部分があると思います。まず1つ目は、昨年見られたのは価格圧力ではありませんでした。昨年見られたのは、お客様がAmazonやAzureなどのフットプリントを実際に確認されたことでした。このようなお客様は、キャッシュにまつわる多くの不確実性に直面しているときに、この方法で大幅にコストを削減できると判断し、最大の取引を行ったのです。これが1つ目です。

2つ目は、長期的に考えると、顧客に提供される価値の一部を把握するためには、交換される直線的なデータ量だけではなく、別の課金方法が必要になることがほとんどだということです。

そのため、私たちはすべての製品でこの点に取り組んでいます。これは基本的に、お客様が得る価値とお支払いいただく価格を一致させ、そのためのレバレッジをお客様に与え、当社側でアンバンドリングを維持するための方法です。そのためには、彼らにその力を与え、我々の側でもアンバンドリングを維持するようにしなければなりません。

この質問に対する3つ目の答えは、時間の経過とともに、新しい機能を追加していくという選択をしたということです。この方法は、基本的に価格を維持し、成長や機能性の向上に応じて価格を引き上げるためのものです。また、この方法は、製品が提供する価値を示す非常に良いシグナルとなり、製品のロードマップを推進するのに役立ちます。

タイラー・ラドケ

競合環境についての補足ですが、オーリーさん。オーリーさんは、お客様がオブザーバビリティ・ツールをどのように統合しているか、あるいはその機会をどのように捉えているかについてお話されたと思います。今期は特にRPOの増加に伴い、案件の規模が非常に大きくなっていますが、それに伴ってレガシーなオブザーバビリティソリューションの置き換えが進んでいるのでしょうか?これらの案件の規模が大きくなるにつれ、それが競争上どのような意味を持つのか、ご説明ください。

オリビエ・ポメル

これまでに見てきたのと同じです。この動きは、オンプレミスやレガシーをクラウドに統合しようとするものです。私たちが見ているのはそれだけです。これまでに見てきたのと同じ傾向で、今日は特に面白いコメントはありませんでした。私たちが見ているのは、これまで通りの傾向です。

運営者

次の質問は、RBCキャピタル・マーケッツのマット・ヘドバーグさんです。

マット・ヘドバーグ

オーリー、あなたは脚本の中で、セキュリティソリューションのポートフォリオを構築することについて少し話しましたね。明らかに、コア・インフラストラクチャーやロギング製品とは少し異なるバイヤーですね。そこでどのように販売活動を展開しているのか、またそこでどのような付加価値を見出しているのか、お話しいただけますか。

オリビエ・ポメル

今のところ、Observabilityをベースにした販売活動を行っています。これらの製品を構築する際には、すでにDatadogのプラットフォームに取り込まれている顧客を重視しており、その顧客が自ら選択してセキュリティ製品の導入を始めることができます。これがステップ1です。

ステップ2は、これらの製品がGAに到達し、財務的な臨界点に達したときに、実際にセールスフォースを通じて直接販売を開始することです。そのためには、最近行ったSqreen社の買収から多くのことを学んでいると思います。将来的には面白いことが起こるだろうと期待しています。今日は特にお伝えすることはありませんが。

マット・エドバーグ

了解しました。わかりました。それから、デビッド、あなたにも1つ。コールの中で、複数年契約の比率が高いとおっしゃっていましたね。もちろん、あなたが必ずしもそれを求めていないことは承知しています。お客様との会話の中で、そのような行動につながったものはありますか?

David Obstler

これは、標準化されたオブザーバビリティとしてDatadogへの投資を増やし、長期的にコミットしたいと考えている大規模なお客様との相関関係があると思います。一般的には、我々が出向くのではなく、顧客から引き抜くことになります。着陸して拡張する場合、時間の経過とともに成長し、契約を修正してより多くのコミットメントをするという動きがよく見られます。これは、企業のお客様や大規模なクラウドネイティブのお客様が、Datadogをコアプラットフォームとしてコミットし、そのコミットを長期的に行いたいと考えていることに起因しています。

運営者

次の質問は、William BlairのKamil Mielczarek氏です。

Kamil Mielczarek

信じられないような四半期を迎えられておめでとうございます。プラットフォームの拡大についてお聞きできてよかったです。2つの製品を組み込んでいますね。数ヶ月後にはDatadog Dashが控えていますが、研究開発費は累計で84%増加していると思います。研究開発費の水準を上げるという決定について、もう少し詳しく教えてください。また、新製品の導入ペースについてはどのように考えればよいでしょうか。また、製品の多様化が進む中で、これらの新しいソリューションの販売をサポートするために、販売組織にどのような変更を加える必要があるでしょうか?

オリビエ・ポメル

そうですね。私たちは、あらゆる面でできる限り積極的に投資しています。研究開発への投資を加速させる機会があれば、いくつかの買収を通じて行っていますが、これらは実際に研究開発費として継続的に計上されていますので、実行しています。観察可能性、セキュリティ、そして本日お話したCI/CDを中心とした開発者のユースケースなど、非常に大きなビジネスチャンスの中で、当社はまだ非常に早い段階にあると考えています。また、後には、リアルタイムBIや[indiscernible]など、様々なことができるようになるでしょう。様々なことに触れられると思います。ですから、私たちは非常に早い段階から取り組んでいます。今後も長い間、研究開発に多大な投資をしていくつもりです。

市場への影響という意味では、市場への影響が最初に必要になるのは、セキュリティ製品の販売側をより積極的に推進するのをやめるときでしょう。それはまだ起きていません。いくつかの製品がやっとGA(正式版)に到達したばかりなので、今はまだ何もしていませんが、将来的には必ず実行します。今はまだ何もありませんが、将来的には必ず実行します。

Kamil Mielczarek

それはよかったですね。早速ですが、競合他社の状況を教えてください。取引相手に変化はありましたか?また、勝率は向上していますか?また、製品によってどのような違いがありますか?

オリビエ・ポメル

非常につまらない話ですね。以前と同じことを繰り返しています。我々の立場からすると、会社の状況は変わっていません。私たちが注目しているのは、相変わらずグリーンフィールド、つまり新しい環境、私たちと一緒に小さく始めて、あらゆることを私たちに標準化するまで私たちと一緒に成長していこうとしているチームです。それが私たちの動きで、今も変わっていませんし、私たちを取り巻く環境もそれほど変わっていません。

運営者

次の質問は、スティーフェル社のブラッド・レイバックさんです。

ブラッド・バック

プラットフォームにおける新規顧客の増加について考えてみますと、最近の新規加入者は、より早くコミットメントを獲得しているのでしょうか?つまり、2、3年前のお客様よりも速いペースで増加しているのでしょうか?

オリビエ・ポメル

初日のコミットメントが以前よりも大きくなっていることもあるので、多少の違いはあると思います。というのも、以前に比べて初日のコミットメントが大きくなってきているからです。これについては先ほど、最初の数回の電話でお話しました。全体的には、コホートの期間が長くなり、開始時期も大きくなりました。全体的に見て、コホートの期間が長くなり、スタート時の金額も大きくなっています。ASPも時間とともに上昇しています。しかし、私たちが目にしている成長は、これまでに見てきたように、入社1ヶ月目から6ヶ月目、12ヶ月目までの使用量の伸びと非常によく一致しています。つまり、これは2つの部分からなるイベントなのです。

デビッド・オブスラー

大まかに言えば、ネット・リテンションの一貫性とその持続性を見ると、土地と土地の拡大においては、非常に似通った傾向があり、コーホートは以前と同様に拡大しており、非常に重要なことに、長期にわたって拡大しています。そして、非常に重要なのは、長期間にわたって拡大していることです。つまり、このコーホートの拡大はかなり長期間にわたって継続しており、これは過去の期間に見られたものと非常に一致しています。

運営者

次の質問は、ニーダムのジャック・アンドリュースです。

ジャック・アンドリュース

このたびはおめでとうございます。Oliさんは、セキュリティへの取り組みをさらに強化していますが、DevSecOpsを推進する上で、これまでに行ってきたDevとOpsのペルソナの変換から得られた教訓は何でしょうか。また、今回のセキュリティへの移行は、開発と運用が統合されたときとは異なり、どのような点を考慮する必要があるのでしょうか?

オリビエ・ポメル

素晴らしい質問ですね。そこには多くの共通点があります。その多くは、摩擦を減らすことと、そうでなければ外に出て行って、多くの労力と多くの人、多くの部署が関わって見て回るようなことを、非常に簡単に、早い段階でできるようにすることです。そうすれば、私たちはその方法を知っています。これが第1の部分です。

第2の部分は、買い手は少しずつ異なり、場合によっては、買い手に少しずつ異なる対応をする必要があるということです。この点については、先ほどの質問でもいくつか触れられていますので、あまり繰り返しはしませんが、プラットフォームを設定する際の動作にどのように追加していくかという点では、まだ取り組んでいるところです。

ジャック・アンドリュース

それから、ちょっとしたフォローアップです。御社のソリューションのポートフォリオが拡大していることについて、営業部隊やパートナーエコシステムが、最近提供しているすべての製品の価値提案やニュアンスを理解する能力をどのように維持しているのか、最新情報を教えてください。

オリビエ・ポメル

はい、これは大きな取り組みです。実はこの分野は、先日チーフ・オペレーティング・オフィサーとして入社したアダムが担当しています。今日の彼の主な仕事は、イネーブルメントを行うチームの規模を拡大し、営業チームや市場開拓チームの全員に、製品の提供方法や、すべての取引に誰を参加させるべきかまでを教え、適切な製品を適切な顧客にマッチさせる方法を正確に理解させることにあります。それが彼の主要な関心事のひとつです。私たちはそこに投資しています。

運営者

次の質問は、オッペンハイマーのイタイ・キドロンさんです。

イッタイ・キドロン

素晴らしい四半期でした。セキュリティに関する質問の続きですが、今回発表された2つの新製品、ポスチャーマネジメントとワークロードプロテクションについてお話したいと思います。現時点では、これらのソリューションを提供していないセキュリティベンダーはありません。ですから、市場はまだ早いですが、誰もがこれを追い求めているように見えます。あなたの視点で、セキュリティ分野にどのような差別化をもたらすことができるのか、考えてみてもらえませんか?また、まだ初期段階であることは承知していますが、現時点でのクラウドセキュリティプラットフォームのARR貢献度についてお話いただけますか?

オリビエ・ポメル

2つ目の質問ですが、まだ何もありません。唯一言えることは、このプラットフォームのトレンドと成長ぶりに非常に満足しているということです。そして、いずれはもっと多くのことをお伝えすることになるでしょうが、今日は何も言うことはありません。

差別化については、これらのカテゴリーに何をもたらすかというと、我々はすでにこれらのワークロードをすべて計測しています。つまり、私たちはそれらのマシンに存在しています。当社のエージェントが稼働しています。ログはすでに当社が収集しています。また、すべてのクラウド構成に接続しています。そのため、お客様がセキュリティを有効にするために必要なことは何もなく、これが大きな差別化要因となっています。

さらに、開発者や運用担当者が私たちの仕事ぶりを一日中監視しています。彼らは、セキュリティチームに教えることもできます。彼らは、セキュリティチームとは別のサイロで生活するのではなく、ソリューションの一部となることができます。彼らはワークロードのセキュリティを担当しています。

この2つの要素を組み合わせることで、非常に強力で、他とは異なるものができあがります。そして、セキュリティの観点からワークロードをインストルメント化することだけを目的とした競争では、その再現はほとんど不可能だと言えるでしょう。

運営者

次の質問は、KeyBancのMichael Turitsさんです。

マイケル・ターリッツ

まず、素晴らしい四半期だったことは言うまでもありません。価格に関する議論ですが、オーリーさんは、ある時点で価格を変更する必要があると少し話していましたね。すでに市場では、いくつかの競合他社が価格設定を変更しており、特にデータ使用量のコモディティ化を目指しているように見えます。これは、特にデータ利用のコモディティ化を狙ったものと思われますが、競争という点で何か影響はありましたか?また、長期的に価格設定をどうするかという考えとどう関連するのでしょうか?

オリビエ・ポメル

市場ではそのような動きが見られますが、当社には直接の影響はありません。しかし、私たちは、お客様に課金するための新しいモデルに多くの投資をしており、お客様が支出をコントロールできるようにして、お客様が作成するすべてのデータ量の価値調整に合わせていることを確認しています。これは、制限のないサービスが行っていることの多くです。まずはログを対象としたサービスから始めました。また、APMやインフラについても同様に、より多くのサービスを提供しています。これらのサービスは、当社を標準化することで、お客様にご支持いただいています。

コールセンターでもお話しましたが、お客様の中には、特にログへの支出を抑えることができ、重要なものに支出できるようになっています。その理由は、自分たちにとって重要なことにコストをかけられるからです。ログを分類して保存することができます。お客様が必要とする特定の目的のために、その一部をインデックス化することができます。必要であれば、オンデマンドで直接検索できるようにすることもできますし、何でもできるようになっています。そのためのあらゆる手段と柔軟性を提供しますので、データ量に応じて請求額が直線的に増加することはありません。これはすでに投資していることです。ですから、私たちにとっては大きな変化ではなく、これまでの取り組みを継続するだけです。

マイケル・トゥリッツ

オーリーさんは、レガシーの研究開発への投資について興味深い指摘をされましたね。私たちはこれまでにもそのようなことを行ってきました。それを可能にするためには、研究開発や製品の観点から何が必要なのでしょうか?そして、あなたにとって非常に重要なアップグレードサイクルを実現できる段階に来ているのでしょうか?

オリビエ・ポメル

今はまだその時期ではないと思います。つまり、ネットワーク機器、物理的なネットワーク機器、配電盤など、あらゆる種類の非クラウド機器に接続しています。市場のかなりの部分がクラウドで成熟し、標準化の時期を迎えるまでは、どんどんやっていきます。

現在では、標準化してレガシーITをクラウドに移行するお客様は、まだ最先端を走っていると言えるでしょう — あるいは、私たちはお客様のクラウド移行の最先端を走っています。つまり、まだその域に達しているわけではなく、これからの兆しがあるのです。

運営者

次の質問は、みずほのグレッグ・モスコウィッツさんです。

グレッグ・モスコウィッツ

非常に好調な四半期だったようで、おめでとうございます。最初の質問は、クラウド・セキュリティ・プラットフォームについてですね。アラカルトに加えて、CSPM、CWS、セキュリティ・モニタリング、アプリ・セキュリティをスイートとして提供する計画はありますか?

オリビエ・ポメル

いくつかの価格オプションがあるでしょう。まだ何もお伝えしていませんが、これらの製品をどのようにパッケージ化するかを真剣に考えています。

グレッグ・モスコウィッツ

わかりました。オーリーさん、最近ある競合他社が、AWSやAzureといったハイパースケーラーのパートナーとの契約数が大幅に増加したと話していました。貴社のクラウドパートナーシップと、そこでの市場開拓活動について、最新情報を教えてください。

オリビエ・ポメル

私たちは、今まで通りの活動を続けています。クラウド・パートナーシップから得られるものはどんどん増えていますし、これらのクラウド・パートナーシップはすべて、ますます発展しています。最近では、GCPマーケットプレイスで、お客様の導入を容易にしたり、Azureとのパートナーシップがさらに一歩進んで、コンソールに直接統合されたりしています。しかし、このパートナーシップには、まだいくつかの部分で実装が必要です。まだ完全には完了していませんが、それでも前進はしています。また、AWSとのより深いパートナーシップにも取り組んでいます。

このように、全体的に見て、物事は正しい方向に向かっています。現時点では、これは当社の成功の主要な部分ではなく、むしろ将来的にはアップサイドの可能性があると言えるでしょう。

運営者

次の質問は、バークレイズのライモ・レンズチョーさんです。

ライモ・レンズショー(Raimo Lenschow

私の声が聞こえますか?

オリビエ・ポメル

はい。

ライモ・レンズチョー

はい。オーケーです。完璧ですね。私からもお祝いを申し上げます。オリビエ、今CI/CDに向かっているのですが、明らかに全く新しい市場で、私の部下はこれまでそこに行ったことがありません。これがあなたにとってどのように作用するのか、少し話していただけますか?その機会はどれくらい大きいですか?どれくらい重要なのか?理論的には、そこからすべてが始まるのですが、モニタリングや観測可能性の観点からは考えたことがありませんでした。

オリビエ・ポメル

ええ、だからこそ興味深いのです。非常に早い段階での出来事です。エンジニアはテストやデプロイに多くの時間を費やしているので、製品スペースが非常に大きいことはわかっています。だからこそ、そこに多くの時間と費用を費やしているのだと思います。私たちにとって興味深いのは、私たちが活動している場所の境界を押し広げ、開発者のワークフローに近づき、より明確に組み込むことができるということです。開発者が安定した環境の開発に到達する前に、ラップトップ上でブレークアンドテストループで改善策を書いているような状況です。そういう意味でも、非常に興味深いですね。

そのような環境を観察し、最適化するという意味では、むしろ大規模な部類に入ると思います。ですから、そこにどのような市場機会があるかを正確に見極める必要がありますが、問題空間が非常に大きいことは分かっています。

Raimo Lenschow

はい。よし、完璧だ。それから、デイビッドにも質問があります。あなたは130 NRRという数字を聞いたことがあります。去年、この数字が少し下がった時のことを覚えていますか?ただ、あなたが数字を言わないのはわかっていますが、傾向として、今の数字は高くなっていますか?ラグ効果があるのでしょうか?あるいは、どのように考えればよいのでしょうか?数字を出さないのは承知していますが、上記の130の中で、方向性としては何が見えていますか?

デビッド・オブスラー

はい、数字は申し上げませんが、トレンドについては少しお手伝いさせてください。好調な売上と、ユーザー側での製品使用数の増加や製品の採用による継続的な増加、そして第2四半期の横ばいとの比較により、当四半期の時点での指標は増加していると述べたと思います。

オペレーター

それでは、オリヴィエさんに最後のコメントをお願いします。

オリビエ・ポメル

はい、ありがとうございました。ありがとうございました。最後に、今期の業績に大変満足していることを改めてお伝えします。また、世界中のDatadog社員の懸命な努力と、本当によくやってくれたことに改めて感謝したいと思います。皆さん、ありがとうございました。

オペレーター

皆さん、ありがとうございました。これで本日の電話会議は終了です。ご参加ありがとうございました!お席を外していただいて結構です。

ABOUT ME
赤虎めだか
こんにちは。【赤虎めだか】です。 よろしくお願いします。 ・アラフィフ(男) ・うお座のB型 ・職業:BPMコンサルタント ・副業で太陽光発電所を2基 ・グロース銘柄を中心に米国株投資を実践 ・趣味はめだかのブリーディングと焼き物(食器)集め