米国株決算

PubMatic, Inc.(パブマティック)2021年第3四半期決算【PUBM】

PUBM_2021-Q3-title

2021年11月9日の引け後にセルサイド(広告枠を提供しているメディア(Webサービス、アプリデベロッパー)が利用する)広告プラットフォームのPubMatic, Inc.(パブマティック)(ティッカーシンボル:PUBM)の2021年第3四半期決算発表がありました。

概要は以下の通りです。

  • EPS: 予想$0.07に対し、$0.24
  • 売上高:予想5244万ドルに対し、5809万ドル
  • 売上高成長率:前年同期比+53.7%
  • 純ドルベースのリテンションは157%。前年同期の110%から上昇。
  • 4四半期連続で、既存事業売上高の成長率が50%以上、純利益率が10%以上、調整後EBITDA利益率が30%以上
  • 2021年度第4四半期売上高ガイダンス:7,400万~7,600万ドル(前年同期比+32~+35%)
  • 2021年度通期売上高ガイダンス:予想2.05~2.09億ドルに対し、2.25~2.27億ドル(前年同期比+51~+53%(従来予想は+38~+40%))

 

資料出典:パブマティック社IRページ(リンク)

 

PUBM_1

 

プレスリリース日本語訳

プレスリリースURL:https://investors.pubmatic.com/news-releases/news-release-details/pubmatic-announces-third-quarter-2021-financial-results

プレゼンテーションスライド出典:パブマティック社IRページ(リンク)

 

PUBM2021Q3-P3

 

PUBM2021Q3-P4

 

PUBM2021Q3-P21

 

  • 過去最高の売上高5,810万ドル、GAAPベースの純利益1,350万ドル、調整後EBITDA 2,430万ドルを達成。
  • 4四半期連続で既存事業売上高が50%以上、純利益率が10%以上、調整後EBITDA利益率が30%以上という最高水準の成長を達成。
  • 調整後のEBITDAマージンは30%以上。
  • 2021年通年の業績見通しを上方修正

NO-HEADQUARTERS/REDWOOD CITY, Calif.Nov. 09, 2021 (GLOBE NEWSWIRE) — PubMatic, Inc. (Nasdaq: PUBM)は、デジタル広告に優れた成果をもたらすセルサイド・プラットフォームとして、本日、2021年9月30日を期末とする第3四半期の業績を報告しました。

“第3四半期は、予想を大幅に上回る記録的な収益を達成しました。当四半期は、4四半期連続で既存の収益成長率が50%を超え、調整後のEBITDAマージンが30%を超えました」

とPubMatic社の共同創業者兼CEOのRajeev Goel氏は述べています。

「当社は、ランド&エクスパンション方式を採用しており、使用ベースの収益モデルを採用しています。お客様に付加価値を提供することで、お客様のアップサイドに参加し、当社の収益性の高いビジネスモデルをさらに加速させ、将来の成長のための投資を可能にしています。このフライホイールにより、当社は持続的で収益性の高い成長と市場シェアの拡大に向けて有利な立場にあります」

 

PUBM2021Q3-P6

 

 

2021年第3四半期の財務ハイライト

PUBM2021Q3-P13

 

PUBM2021Q3-P16

 

PUBM2021Q3-P19

 

PUBM2021Q3-P20

 

  • 2021年第3四半期の売上高は5,810万ドルで、2020年同期の3,780万ドルに比べて54%増加しました。
  • 第3四半期のGAAPベースの純利益は1,350万ドル(希薄化後1株当たり0.24ドル)で、2020年同期の純利益620万ドル(希薄化後1株当たり0.10ドル)を上回りました。
  • 2021年9月30日に終了した後続12ヵ月間の純ドルベースのリテンションは157%で、前年同期の110%から上昇しました。
  • 調整後EBITDAは、2020年同期の調整後EBITDAが1,340万ドル(35%のマージン)であったのに対し、2,430万ドル(42%のマージン)となりました。
  • 営業活動から得た純現金は、2020年同期の370万ドルに対し、617%増の2,640万ドルとなりました
  • 現金、現金同等物、市場性のある有価証券の合計額は1億3,670万ドルで、負債はなく、2021年第2四半期に比べて12%増加しました。

 

2021年第3四半期ビジネスハイライト

  • パブリッシャーがPubMaticプラットフォーム上の在庫を引き続き拡大したことにより、第3四半期の処理インプレッション数は23.9兆インプレッションとなり、前年同期比で103%増加。
  • 急成長している広告フォーマットであるモバイルおよびオムニチャネル・ビデオ(CTV(コネクテッドTV)を含む)からの収益は、前年同期比で64%増加し、第3四半期の収益全体の65%を占めました。
  • CTVの収益は、2020年第3四半期に比べて7倍以上に成長しました。2021年第3四半期末時点で、当社は154社のパブリッシャーのCTV在庫をプログラムで収益化しており、2021年第2四半期の114社から増加しています。
  • 当社は、20以上の広告業種に分散しており、主にブランド広告費に関連しています。上位10社の広告バーティカルを合計すると、前年同期比で70%以上の成長を遂げています。政治広告を除くすべての広告分野の支出は、2020年第3四半期比で少なくとも2桁の増加となりました。
  • 第3四半期には、広告主との間で記録的な数のサプライパス最適化の契約を締結しました。
    Identity HubやAudience Encoreなどの新製品を採用したことで、当社プラットフォームの利用が拡大しました。第3四半期の売上の3分の2以上は、サードパーティ・クッキーおよびAppleのIDFAに代わる識別子が導入されていました。
  • 2021年1-9月期のグローバル従業員数は20%以上増加し、新規採用の大半は技術系およびGo-to-Marketチームであった。

“第3四半期は、非常に優れた結果を出すことができました。当社の実績は、当社が高い収益成長、GAAPベースの収益性、キャッシュフローの明確かつ持続可能な組み合わせを推進していることを示しています」とPubMatic社のCFOであるSteve Pantelick氏は述べています。「当社の多様なプラットフォームと、使用ベースのモデルを通じた強力な顧客との関係は、高い収益維持率をもたらし、将来の収益に対する可視性を高めています。このような状況を踏まえ、2021年の通期予想を今年3回目の上方修正を行い、前年比50%以上の収益成長を反映させています」

 

財務上の見通し

当社のガイダンスは、世界経済が引き続き回復し、経済状況の悪化や広告主の需要を大幅に減少させるようなCOVID-19関連の大きな挫折がないことを前提としています。したがって、当社は以下のように見積もっています。

  • 2021年第4四半期の売上高は、7,400万ドルから7,600万ドルの範囲で、2020年第4四半期比で32%から35%の成長を見込んでいます。調整後のEBITDAは2,800万ドルから3,000万ドルの範囲となり、約40%のマージンを見込んでいます。
  • 2021年通年では、売上高を2億2,500万ドルから2億2,700万ドル(従来は2億500万ドルから2億900万ドル)と予想し、2020年比で51%から53%(従来は38%から40%)の成長を見込んでいます。調整後のEBITDAは、8,600万ドルから8,800万ドルの範囲(前回は6,500万ドルから6,800万ドル)で、マージンは38%から39%(前回は30%から32%)になると予想しています。
  • 2022年通年では、売上高2億8,100万ドル以上、調整後EBITDAマージン30%以上を見込んでいます。

調整後EBITDAについてはガイダンスを提供していますが、最も直接的に比較できるGAAP指標である純利益についてはガイダンスを提供することができません。株式報酬費用を含むGAAPベースの純利益の構成要素は予測不可能であり、純利益のガイダンスを提供したり、不合理な努力なしに調整後EBITDAガイダンスを純利益に調整することは現実的ではありません。同じ理由で、入手不可能な情報の確率的な重要性についても言及することができません。

 

 

ABOUT ME
赤虎めだか
こんにちは。【赤虎めだか】です。 よろしくお願いします。 ・アラフィフ(男) ・うお座のB型 ・職業:BPMコンサルタント ・副業で太陽光発電所を2基 ・グロース銘柄を中心に米国株投資を実践 ・趣味はめだかのブリーディングと焼き物(食器)集め