米国株決算

Amazon.com, Inc.(アマゾン)2021年度第4四半期決算【AMZN】

AMZN2021-4Q-title

2022年2月3日の引け後にアマゾン(ティッカー:AMZN)の2021年第4四半期決算発表がありました。

概要は以下の通りです。

  • EPS: 予想$3.54に対し、$27.75 (Rivianの上場益を除くと約$4.8)
  • 売上高:予想1376億ドルに対し、1374億ドル
  • 売上高成長率:前年同期比+9.4%
  • AWS売上:177.8億ドル(前年同期比+39.5%)
  • AWS営業利益:52.9億ドル(前年同期比+48.5%)
  • 2022年度第1四半期売上高ガイダンス:予想1201億ドルに対し、1120-1170億ドル
  • 2022年度第1四半期営業利益ガイダンス:予想63.5億ドルに対し、30-60億ドル
  • 米国のプライム会費を値上げ($12.99⇒$14.99/月、$119⇒$139/年)

 

資料出典:amazon.com社IRページ(リンク)

 

カンファレンスコール日本語訳

アマゾン・ドット・コム・インク(Amazon.com, Inc. (NASDAQ:AMZN) Q4 2021 Results カンファレンスコール 2022年2月3日 5:30 PM ET

会社の参加者

デイブ・フィルデス – ディレクター、IR

ブライアン・オルサフスキー – CFO

コンファレンスコール参加者

エリック・シェリダン – ゴールドマン・サックス

ブライアン・ノワック(モルガンスタンレー

ダグ・アンマス(JPモルガン

マーク・マハニー – エバーコアISI

コリン・セバスチャン(ベアード

ジェイソン・ヘルフスタイン – オッペンハイマー

ジャスティン・ポスト – バンク・オブ・アメリカ

ジョン・ブラックレッジ – コーエン

ダン・サーモン – BMOキャピタル・マーケット

オペレーター

お集まりいただきありがとうございます。皆さん、こんにちは。アマゾン・ドット・コムの2021年第4四半期決算説明会へようこそ。現在、すべての参加者はリスニング・オンリーとなっています。プレゼンテーションの後、質疑応答を行います。本日の電話会議は録音されています。

冒頭のご挨拶は、インベスター・リレーションズ担当ディレクターのデイブ・フィルデスにお任せします。どうぞよろしくお願いします。

デイブ・フィルデス

こんにちは、2021年第4四半期決算説明会の電話会議にようこそ。本日は、CFOのブライアン・オルサフスキーが皆様のご質問にお答えします。本日の電話会議をお聞きになる際には、当社のプレスリリースをお手元にご用意いただくことをお勧めします。このプレスリリースには、当社の業績のほか、当四半期の指標やコメントが掲載されています。

なお、この電話会議では、特に断りのない限り、すべての比較対象は2020年の比較対象期間の当社の業績となります。当社のコメントおよびご質問への回答は、本日2022年2月3日現在の経営陣の見解を示したものであり、将来の見通しに関する記述が含まれます。実際の業績は大きく異なる可能性があります。当社の業績に影響を与える可能性のある要因に関する追加情報は、本日のプレスリリース、ならびにForm 10-Kによる最新の年次報告書およびその後の報告書を含むSECへの提出書類に記載されています。

この電話会議では、プレスリリース、ウェブキャストに添付されたスライド、および当社のIRサイトに掲載されているSECへの提出書類に記載されている特定の非GAAP財務指標について説明する場合があります。これらのNon-GAAP指標については、これらの指標と比較可能なGAAP指標との調整表など、追加の開示事項があります。当社のガイダンスには、これまでに見てきた注文の傾向や、今日適切と思われる仮定が盛り込まれています。当社の業績は本質的に予測不可能であり、COVID-19パンデミックの影響に関する不確実性、外国為替レートの変動、世界的な経済状況および顧客の需要と支出の変化、インフレ、労働市場および世界的なサプライチェーンの制約、世界的な出来事、インターネット、オンライン・コマース、クラウド・サービスの成長率、およびSECへの提出書類に詳述されている様々な要因など、多くの要因によって重大な影響を受ける可能性があります。

また、本ガイダンスは、COVID-19パンデミックが当社の事業に与える影響について、SECへの提出書類に記載されているものを含め、これまでの当社の推定を反映しています。また、本ガイダンスは、特に、追加の事業買収、事業再編、訴訟上の和解を締結しないことを前提としています。当社の商品やサービスに対する需要を正確に予測することは不可能であり、したがって、当社の実際の業績は当社のガイダンスと大きく異なる可能性があります。

それでは、ブライアンに電話をおつなぎします。

ブライアン・オルサフスキー

本日はお集まりいただきありがとうございます。

まず初めに、世界中の従業員の努力に改めて感謝の意を表します。今回のパンデミックは2回目のホリデーシーズンでしたが、安全性とカスタマーエクスペリエンスの両方を優先するために、従業員とビジネスパートナーの間で卓越した協力と連携が必要でした。チームはこのホリデーシーズンに、お客様のために素晴らしい仕事をしました。

次に、第4四半期の業績についてご説明します。第4四半期の売上高は、外国為替の影響を除くと、前年同期比10%増の1,374億ドルとなりました。当社は引き続き、各事業分野においてお客様に最高の体験を提供することに注力しています。一般消費者向けでは、当四半期に米国内外で数百万人の新規プライム会員を獲得したほか、各地域で一貫して高い会員更新率を維持しました。特に、当社のサードパーティ・セラーは、今年のホリデーシーズンの旺盛な顧客需要の恩恵を受けました。当四半期の販売台数に占めるサードパーティ製品の割合は56%で、第4四半期としては過去最高となりました。また、AWSは、2021年を通して好調な利用率と収益の伸びを維持しました。AWSは、これまでのどの四半期よりも前年同期比で収益を増加させ、1年前の510億ドルのランレートから現在は710億ドルの年換算ランレートのビジネスになっています。

大規模な基盤であっても、収益は前年同期比で40%増加しました。以前のコールでもお伝えしましたが、この収益成長をよりよく理解していただくために、パンデミック発生以降の複数年にわたる複合年間収益成長率をご覧いただくことをお勧めします。2020年の驚異的な売上高の伸びに遅れをとったものの、2021年の残りの期間は、経済が回復したにもかかわらず、お客様の需要と売上が引き続き増加しています」と述べています。

第4四半期のアマゾンの2年間の年複利成長率は、為替の影響を除くと25%で、第3四半期の当社の成長率と同じでした。当社は、この需要に対応するために、過去2年間でオペレーション能力を約2倍にし、フルフィルメントセンターの設置面積を拡大するとともに、迅速なオンタイムデリバリーを実現するために重要な輸送資産を追加するなど、多大な投資を行ってきました。現在、全世界のアマゾン社員数は160万人で、これも2年間で倍増しています。第4四半期の営業利益は35億ドルでした。

前回の決算説明会でもお伝えしましたが、インフレ圧力や生産性の低下、業務の混乱などにより、40億ドル以上のコストが発生しました。インフレは主に、当社のオペレーションにおける賃金上昇とインセンティブ、および当社のフルフィルメントネットワークを支えるサードパーティ輸送会社の価格上昇に関連するものです。生産性の低下およびネットワークの混乱は、主に、ピーク時の施設の人員配置の問題による労働力の制約が原因です。これは、2021年後半の非常に厳しい労働市場や、最近ではオミクロン・バリアントの出現によってもたらされたものです。第4四半期に比べて季節的に数量が少なくなるように調整していますが、このようなコスト面での課題は第1四半期にも続くと予想しています。

また、当四半期の業績には、フルフィルメントネットワークの固定費削減による前年同期比約10億ドルのマイナス影響が含まれています。2020年の大半と2021年の前半は非常に高い販売台数を記録し、フルフィルメントネットワークの稼働率はほぼ100%でした。今回、フルフィルメントの生産能力が通常になったことで、営業レバレッジは前年同期比で低下しています。2022年第1四半期も引き続き、前年同期比でマイナスの影響があると予想しています。このような短期的な逆風の中でも、当社のリテール事業のファンダメンタルズは強固であり、多くの成長事業と強力なイノベーション・パイプラインについては楽観的に考えています。AWSは、企業や開発者が革新的で重要なクラウドソリューションを求めて引き続きAWSに期待を寄せていることから、今期も力強い成長を遂げました。

AWSの年間売上高は710億ドルに達し、第4四半期の売上高は前年同期比で40%増となり、4四半期連続で売上高成長率が加速しました。第4四半期には、10回目となるre:Inventカンファレンスを開催し、26,000人の来場者と数十万人のバーチャル参加者を迎えました。re:Inventは、新サービスを紹介すると同時に、お客様やパートナーの皆様と交流することで、次にどこに注力すべきかをよりよく知ることができる、当社にとって年間のハイライトとなっています。今回のイベントでは、115以上の新サービスや新機能を発表しました。これは、あらゆる主要産業の企業が、組織内のイノベーションを加速させるためのテクノロジープロバイダーとして、引き続きAWSを選択していることを反映したものです。

この四半期だけでも、NASDAQは、マッチングエンジンを含む北米市場をAWSに移行するための複数年にわたるパートナーシップを発表しました。Best Buyは、クラウドインフラストラクチャサービスの優先クラウドプロバイダーとしてAWSを選択しました。Facebook、Instagram、WhatsAppの親会社であるMetaは、人工知能の研究開発を加速するために、AWSを長期的な戦略的クラウドプロバイダーとして選択しました。また、Chrysler Dodge, Fiat, Jeep and Ramの親会社であるStellantis社は、新しいデジタル製品の開発とグローバルな人材育成を加速するために、車両プラットフォームのグローバルクラウドプロバイダーとしてAWSを選択しました。アディダス、ゴールドマン・サックス、ファイザー、リビアンなど、世界の大企業がAWSを活用してビジネスを変革している事例は、決算発表資料でもご覧いただけます。

第4四半期の全体の純利益は144億ドルでした。通常、コメントは営業利益に集中しますが、この純利益には、11月に新規株式公開を完了したRivian Automotive社への普通株式投資に関連する118億ドルの税引前評価益が含まれていることを指摘しておきます。

質疑応答に移る前に、当社の情報開示に関連して3つの追加項目を挙げておきます。1つ目は、収益の開示において、広告サービスの収益をその他の収益から分離し、類似した製品やサービスのグループ別に表示することにしました。この最新の表示方法は、決算発表時に添付される補足財務情報に記載されています。私たちは、スポンサー広告、ストリーミングビデオ、測定などの分野で革新を続けていきたいと考えています。もちろん、広告が機能するのは、アマゾンのお客さまにとって有用なものであることは言うまでもありませんが、素晴らしいカスタマー・エクスペリエンスを創造することで、ブランドにとってより良い結果をもたらします。

2つ目は、1月からサーバとネットワーク機器の耐用年数を更新することです。当社では、減価償却資産の耐用年数を定期的にモニターし、見直しを行っています。これは、資産の使用期間に関する当社の最善の見積りが財務諸表に反映されるようにするためです。当社は、サーバの耐用年数を4年から5年に、ネットワーク機器の耐用年数を5年から6年に変更します。その結果、第1四半期のガイダンスには、減価償却費が約10億ドル減少することが含まれています。この変更による四半期ごとの影響は、年間を通じて減少すると見込んでいます。ここでは会計上の変更としていますが、これは、サーバーやネットワーク機器を長持ちさせるためのAWSの多大な努力を反映したものです。私たちは15年以上にわたって大規模な運用を行っており、ハードウェア上でより効率的に動作するようにソフトウェアを改良し続けています。これにより、AWSの外部顧客をサポートするために使用する資産と、アマゾンの内部ビジネスをサポートするために使用する資産の両方において、ハードウェアへのストレスが軽減され、耐用年数が延長されます。

そして最後に、米国では第1四半期にプライムの価格を引き上げる予定です。私たちは、プライムをより良いものにしていきます。近年では、高速の無料無制限配送で利用できる商品の品揃えを増やし、限定のお買い得品や割引を増やし、テレビ、映画、音楽、書籍などの高品質なエンターテインメントを増やしています。

2018年以降、Prime Videoは、Amazonオリジナル作品の数を3倍に増やしました。そして今年9月、プライム・ビデオは待望の「ロード・オブ・ザ・リング」も公開します。The Rings of Power』を配信し、ナショナル・フットボール・リーグとの歴史的な11年契約の一環として、『Thursday Night Football』の独占放送局となります。米国では2018年以降、即日配送の利用可能地域が48都市圏から90都市圏以上に拡大しました。プライムの無料配送で利用できるアイテムは50%以上増加しました。そして会員は、プライムデーに買い物をすることで、何十億ドルもの節約をしています。これに加えて、アマゾンファーマシーでの処方箋の節約や迅速な無料配送、プライム会員向けのAmazon Musicカタログ、Prime ReadingやPrime Gamingなどの新しいプログラム特典が加わりました。

プライム会員特典の継続的な拡大と、これまでの会員利用の増加に加え、賃金や輸送コストの上昇に伴い、アマゾンは米国におけるプライム会員の価格を引き上げ、月額料金を12.99ドルから14.99ドルに、年会費を119ドルから139ドルに変更します。2018年以来の値上げとなります。新規のプライム会員の方は、2月18日に価格変更が適用されます。現在のプライム会員の方は、3月25日以降、次回更新日に新価格が適用されます。

それでは、質疑応答に移りましょう。

質疑応答

オペレーター

[最初の質問は、ゴールドマン・サックスのエリック・シェリダンさんからです。

エリック・シェリダン

質問を受けていただき、ありがとうございます。アンディがリリースの中で述べた当日配送に関するコメントに戻りたいと思います。また、消費者の消費行動と、オムニチャネルやラストワンマイル配送の競合他社などの要素に対する競争力とを比較して、当社をどのように位置づけているかについてもお聞かせください。ありがとうございました。

ブライアン・オルサフスキー

こんにちは、エリック。同日配送については、食料品を1~2時間で配送する「ウルトラファースト」から、同日配送以下、さらに1日配送、2日配送の「プライム」まで、さまざまなレベルの配送があります。現在の状況には満足しています。私たちは、これらの基準を満たすためのキャパシティを構築し続けています。彼のコメントは、1日配送をパンデミック前の水準に戻し、さらに改善して、より多くの都市部に即日配送を行うことに重点を置いたものだと思います。これはグローバルでも実施していますが、さまざまな製品レベル、あるいは製品ラインに対するスピードの組み合わせは、お客様の心に響くものだと考えています。また、送料無料の新しいオファーもたくさんあります。しかし、これがどれほど難しいかはわかっています。私たちの目標は、それを実現し、利益を上げられる価格で、それに見合ったコスト構造で実現することです。そこが難しいところなのですが、ここ数年のAmazon Logistics機能の開発の進捗状況は良好です。この2年間でネットワークの容量を2倍に増やしました。これは、今日の量を処理するためだけではありません。これは、今日のボリュームに対応するためだけではなく、お客様に近づき、より早く出荷できるようにするためでもあります。

このように、私たちは自分たちの立ち位置を気に入っています。お客様へのサービスを向上させるためにやるべきことがあるのはわかっています。最近の進捗状況にも満足していますが、その点でも将来は明るいと考えています。

運営者

次の質問は、モルガン・スタンレーのブライアン・ノワックさんです。

ブライアン・ノワック

2つあります。パンデミック前、パンデミック後では、より多くの当日販売、より多くの食料品、より多くのラストマイルへの投資、広告ビジネスなどです。小売部門の長期的な収益性を考える上で、長期的な収益性やキャッシュフローについて、パンデミック後に小売部門の収益性やキャッシュフローが低下したとお考えですか?2つ目は、新しい情報開示のように、エンジニアの数やチームの規模についての情報があれば、アマゾンへの投資をより深く理解することができます。ありがとうございます。

ブライアン・オルサフスキー

2つ目の質問ですが、私たちはお客様のために長期的な賭けをしてきましたが、その中には非常に小規模な短期収益事業もあります。これらは通常、その他の収益に計上されますが、広告を分離した後は非常に小さくなっています。このように、当社の収益開示には一般的にそれが現れていると思います。しかし、当社の収益性の多くはセグメントレベルで表示されており、今後も収益の開示についてはそのようにしていきたいと考えています。

ビジネスモデルについてのご質問ですね。いい質問だと思います。この2年間を振り返ってみると、多くのことに勇気づけられました。デジタル・ベネフィットの導入、食料品の利用、そしてそれがお客様にとってどれほど価値のあるものになっているか、さらには企業のクラウド化が加速していることなどです。その間にフルフィルメント能力を2倍にすることができ、アマゾン・ロジスティクスも大きく前進したことで、将来に向けての準備が整いました。しかし、この間、私たちは多くの混乱に直面してきました。初期の混乱では、処理能力のない量を処理し、すぐに追いついていました。それが改善され始めた頃、米国では労働力、特に労働力の確保が難しくなり、私たちは労働者を増やすために必死になっていました。私たちはそれに成功しました。昨年の下半期には27万3,000人以上の従業員を増やしました。しかし、前年は40万人を超えていたと思います。

つまり、ネットワークの拡大が進んでいるのです。そして、基本的な収益性の要因については良好な感触を得ています。振り返ってみると、調達マージンがあり、ベンダーや販売者との連携もあります。場合によっては、3Pサービスの料金や、先ほど述べたようにプライムの料金も上がります。ここ数年、広告は確かに貢献度の高いレイヤーを増やしてきました。しかし、このような広告は、お客様に良い体験をしていただくことで初めて効果を発揮し、成功するものです。ですから、私たちはそのために努力しています。そしてそれは、より低価格で、より良い品揃え、より便利なサービスを提供する能力の一部となります。

これらはすべて、安定して強化されている分野です。今後の課題は、すべてのコスト領域でオペレーションの効率化を図ることです。繰り返しになりますが、私たちは多くの能力を構築してきました。多くの人材を採用しました。そのうちの何人かは、今、チーム全員でオミクロンと戦っています。しかし、次の四半期には太陽が出てきて、ここも良くなると考えており、そこに多くの努力を注ぐつもりです。

運営者

次の質問は、JPモルガンのダグ・アンマスさんです。

ダグ・アンマス

ブライアン、あなたは過去2年間でフルフィルメントネットワークと従業員数を2倍にしましたね。今回の投資サイクルは約2年半になりますね。この投資サイクルから抜け出すという点で、アマゾンはどこにいるのでしょうか?また、今年は大規模な投資に減速が見られるのでしょうか?

ブライアン・オルサフスキー

はい。資本支出について少しお話しましょう。設備ファイナンス・リースを含めてお話ししますが、これは私たちがインフラ資産をリースすることがあるという残余のものです。現在は少なくなってきていますが、歴史的に見ても多少は行ってきました。これらの数字とここ数年の伸びを見ると、その割合は、最初に示したことはないかもしれませんが、約40% — 設備投資の40%弱がインフラに費やされており、そのほとんどはAWSに供給されていますが、Amazonもその大規模な顧客であり、私たちは直接またはAWSを通じて自分たちのために構築し、構造化しています。約30%弱はフルフィルメントのための倉庫建設で、倉庫のみで輸送は行いません。そして25%弱が輸送能力で、主にグローバルなAMZLネットワークの構築を行っています。残りの5%ほどは、オフィスや店舗などの小規模な設備投資です。しかし、これらが3つの主要分野です。

将来的には、2022年の計画はまだ検討中ですが、少しずつ具体化してきています。インフラへの設備投資は増加すると思われます。当社には世界的に急成長しているビジネスがあり、そのビジネスの収益成長を上回る使用量に対応するために、地域や容量を追加しています。そのため、これらの投資には満足しています。

フルフィルメントセンターについては、過去2年間で約30%の投資を行ってきました。その割合は減少しており、今後は基礎となる事業の成長に合わせていくと考えています。FBAビジネスの拡大や、面積とは関係のないキューブの拡大など、成長率を引き上げる要因は常にあると思います。1日配送、2日配送、当日配送のプライム化を促進するため、健全な小売およびFBAビジネスのキャパシティを確保したいと考えています。これは非常に重要なことです。しかし、FC事業は今年は減速するだろうと考えています。そして、3つ目の要素は輸送です。2022年には、輸送分野への投資がさらに増えると考えています。

以上のことから、設備ファイナンス・リースを含む設備投資額は、前年比で増加すると予想しています。正確なパーセンテージは言えませんが、私たちが何にどのように取り組んでいるか、もう少しダイナミックに理解していただけると幸いです。

運営者

次の質問は、エバーコアISIのマーク・マハニーさんです。

マーク・マヘイニー

あなたは、12月の四半期に発生すると予想されるコストをすべて列挙しました。本当に驚いたことはありましたか?つまり、思っていたよりも少しだけレバレッジが効いていたようですね。そして、それをもとに、何が — 「太陽が出てきた」とおっしゃっていたと思いますが。財務的には、一時的なコストが一時的に削減され、より固定的なコストが吸収されることで、年を追うごとに営業利益率がうまく改善されるということでしょうか?12月の四半期に計上された60億ドルのコストについて、どのようなサプライズがあったのかを教えてください。また、今後の展開についてはどのように考えればよいでしょうか。

ブライアン・オルサフスキー

OK、マーク。私は今、シアトルにいます。私はシアトルに住んでいますので、太陽が出てくる様子は、皆さんがいる場所とは少し違います。しかし、私たちは状況が改善していることを実感しています。さて、第4四半期に話を戻しましょう。人手不足とその原因となる非効率性、人件費の増加、保険料や外部輸送費のシフト差などにより、約40億ドルの追加コストが発生すると予想していました。この40億ドルをわずかに上回る結果となりました。予想通りの結果だったと思います。採用は好調だったと言えますが、もっとうまくできたはずです。もっと多くの人員を確保できたはずなので、多くの–追加の残業をカバーしなければなりませんでした。また、第三者による輸送コストも増加しました。

しかし、総合的に見て、第4四半期の課題は、人員の確保、増員…失礼、増員であり、15万人以上の増員を目指していました。第4四半期には約14万人、下半期には27万3,000人の純増となりました。2022年のページをめくると、労働力に関しては良い感じです。ただし、オミクロンが急上昇したため、別のタイプの労働問題が発生しています。COVIDで陽性反応が出て、職場に復帰して仲間を守るために働いている休職者や短期滞在者がたくさんいます。そのため、休職者がいる場合は、同じ労働時間に対して2倍、3倍の賃金を支払うことになり、さらにそのシフトをカバーする超過勤務者にも賃金を支払う可能性があります。

このように、第1四半期はコストの圧迫があります。幸いなことに、第1四半期の労働問題は、第4四半期や第3四半期ほど大きくはありません。この点については期待しています。人員を増やしながら、オペレーションの効率化を図っていかなければなりません。また、輸送速度を向上させ、パンデミック前の水準を上回るために多くの努力をするつもりです。このように、今はさまざまなチャレンジが行われています。チームは2年以上前から頭を下げて仕事をしてきました。だからこそ、彼らには素晴らしいチームが必要であり、私たちは年を越すごとに状況が改善されていくと確信しています。これがご質問の答えになれば幸いです。

運営者

次の質問は、ベアードのコリン・セバスチャンさんです。

コリン・セバスチャン

AWSについてお聞きしたいのですが、AWSの収益は見事に加速していますね。この加速の要因について、もう少し具体的にお話しいただけないでしょうか。アプリケーションレイヤーの規模が大きくなり、それが成長に貢献しているのではないでしょうか?また、リリースの中で、グローバルでのインフラの拡大を強調していましたね。北米以外の国際的なAWS事業の規模や分布について、何か文脈を付け加えていただけると面白いと思います。ありがとうございました。

ブライアン・オルサフスキー

はい、コリン。ご質問ありがとうございました。成長率については、さまざまな要因が絡んでいると思います。ここ数年、セールスとマーケティングのリソースを増やしてきましたが、その成果が出始めています。2020年の初めには支出の削減がありましたが、これは人々が–COVIDの経験は企業によって異なりますが、ある企業では販売量が急激に増加し、ある企業では販売量が急激に減少したためです。状況が安定するにつれ、多くの企業がクラウドへの移行を決意し、そのメリットをより深く理解し、おそらく社内での移行時期を早めることができたことが大きいと思います。私たちはそのお手伝いをするために、その旅が成功するように懸命に努力していますし、営業やマーケティングの専門家、技術アドバイザーなどの強力なチームがあります。このように、過去4四半期のビジネスの加速には満足しています。また、インフラ投資の効率性にも満足しています。先ほど述べたように、耐用年数の延長は、それが実際に行われているという証拠がない限り、会計ベースでは行われません。このように、AWSには非常にポジティブな指標があります。

Dave Fildes

Colin、こちらはDaveです。米国以外の地域では、全体的な力強い成長の一部として、世界中でかなりの勢いが続いています。それは、顧客がさまざまな段階でワークロードをAWSに移行しているからです。ドイツのAdidas社はSAP環境をAWSに移行し、オランダのStellantis社はAWSを優先的なクラウドプロバイダーとして選択しました。また、オランダではStellantis社がAWSを優先的なクラウドプロバイダーとして採用しました。

私たちにとって重要なことは、この勢いを支えるために、グローバルなインフラ基盤を拡大し続けることです。この前の第4四半期には、アジア太平洋地域の拠点をジャカルタに開設しました。また、来年、あるいは2023年、2024年には、カルガリーにカナダ支社を開設する計画を発表しています。このように、たくさんの仕事があり、勢いがあります。これらはほんの一例に過ぎません。現在、AWSは世界26地域に84のアベイラビリティーゾーンを展開しています。今後のロードマップとしては、さらに8つのリージョンに24のゾーンを立ち上げることを発表しており、これらは今後2、3年のうちに登場するでしょう。

運営者

次の質問は、オッペンハイマーのジェイソン・ヘルフスタインさんです。

ジェイソン・ヘルフスタイン

ありがとうございます。サードパーティ・セラー・サービスについて少し掘り下げてみたいと思います。2年連続でも成長が鈍化しています。その要因をいくつか教えていただけますか?また、AWSについては、いくつかの色分けがなされていますね。成長のボトルネックになっているものはありますか?つまり、今期が非常に良い四半期である理由として、いくつかの比較対象に関連することをお話されましたが、サプライチェーンや従業員に関連する成長のボトルネックはありますか?ありがとうございました。

ブライアン・オルサフスキー

すみません。ジェイソン、2つ目の質問はAWSについてですか?

ジェイソン・ヘルフスタイン

はい、AWSについてです。

ブライアン・オルサフスキー

はい、すみません。申し訳ありませんが、まず最初にお話しします。キャパシティ面でのボトルネックはありませんが、おそらくこのビジネスの限界は、お客様と協力してタイムラインを短縮する能力にあると思います。そのために投資し、努力しています。2022年には前年比で増加すると予想しています。

3Pについては、他の事業と同様に、成長率が低下していると思います。しかし、2年ベースで見ると、3Pセラーサービスの収益は年率31%の複合成長を遂げています。前四半期は34%でしたが、これは維持されています。さらに重要なことは、第4四半期は間違いなく販売者が大きな勝利者であるということです。販売台数の割合が56%に達したことは、3Pの記録となりました。我々は、販売者が我々のサイトで成功するために多くの投資を続けています。販売者は、広告を利用してブランドを構築し、お客様に商品をご覧いただき、購入していただけるようにしているため、広告の大きな消費者でもあります。ですから、サードパーティの販売者サービス事業には非常に満足していますし、販売者が成功するための方法を模索しています。

運営者

次の質問は、バンク・オブ・アメリカのジャスティン・ポストさんです。

ジャスティン・ポスト氏

ありがとうございます。広告サービスについてお話しましょうか。まだお話しされていないかもしれませんが、広告サービスを分けて考えることにした理由を教えてください。また、「Prime Day」が減速の要因となった可能性はどの程度でしょうか。しかし、もっと大きな視点で考えると、このラインがGMVの伸びよりも大きく成長する余地はどのくらいあるのでしょうか?その上で、普及率をどのように考えればよいでしょうか。ありがとうございました。

ブライアン・オルサフスキー

はい、ありがとうございます。まず、なぜ分解したのかについて説明します。私たちは、その他の収入のうち広告サービスが占める割合を調べました。そして、毎四半期ごとに述べてきましたが、この項目の大部分が広告収入であることがわかりました。そして、ある一定の規模になると、それを分割して残りの半分を分けるべきだと考えました。これが変更のきっかけでした。毎年検討していますが、2022年に向けて年末に検討することにしました。これで、他の収益から推測することなく、成長率を理解していただけると幸いです。

当四半期の成長率は33%で、昨年の第4四半期の66%から低下しました。昨年の第4四半期には、明らかに初めてプライムデーがありました。プライムデーの影響は大きいです。規模はわかりませんが、「プライムデー」には多くの広告が関連しています。そのため、四半期ごとに変化すると、一般的にランレートに影響を与えます。今年の第2四半期にはプライムデーがありましたが、2021年の第2四半期は、プライムデーがなかった2020年の第2四半期に比べて、少し遅れていました。そのため、少しずつ変化していくでしょう。しかし、ここでの大きな話題は、私たちが販売者やベンダーと協力して成功を収めていること、そしてそれをお客様にとって有益な製品にしていることだと思います。

Dave Fildes

ジャスティン、補足しますが、広告の優先順位は — 高いレベルでは、ツールの使いやすさを向上させることです。ブライアンが言ったように、お客様との間には素晴らしいフィードバックループがあり、それを継続的に改善していくことができると考えています。その結果、関連性が高まり、より魅力的な体験ができるようになりました。また、広告主やお客様との交流を深め、お客様の声を聞く機会を増やすことで、より良い分析ツールを構築し、より良い測定結果を提供し、パフォーマンスに関するより良い洞察を得ることができると考えています。このように、私たちはブランドへのサービスに重点を置いています。スポンサード広告の分野では、動画広告が大きなチャンスであることはすでに述べたとおりです。Fire TV、IMDb TV、Twitch、スポーツライブなど、スポーツライブでは多くのエキサイティングな取り組みが行われており、今年も米国のNFLだけでなく、海外でも多くのコンテンツが予定されているので、皆さんと一緒に仕事ができることをとても嬉しく思います。繰り返しになりますが、これはお客様に良い提案をし、お客様が購入を決定する際に役立つ情報を提供することです。そして、それはもちろん、広告主にも役立つものであり、素晴らしい結果をもたらします。私たちは、この分野に大きな期待を寄せています。長期的には、Amazon DSPを使ったデマンドサイドプラットフォームの可能性についても、引き続き検討し、改良していきます。

運営者

次の質問は、コーエンのジョン・ブラックレッジさんです。

ジョン・ブラックレッジ

質問は2つあります。まず、第4四半期にサプライチェーンがビジネスにどのような影響を与えたのか、また、22年第1四半期や年間を通じてサプライチェーンの問題による影響をどのように考えるべきなのかについてお聞かせください。そして、2つ目の質問は、米国以外の市場でプライム価格を引き上げることを期待しているのかということです。ありがとうございました。

ブライアン・オルサフスキー

こんにちは、ジョン。ご質問をありがとうございました。まず、プライムに関する質問ですが 私たちはそれぞれの国を異なる方法で評価しています。私たちは、お客様への相対的な価格と、それを供給するための当社のコスト、そして使用状況やお客様のために創出している価値を見ています。特に米国では2018年から値上げをしていませんでしたが、今こそ値上げをするべきだと考えました。そして、2018年はおろか、2020年に比べても、現在の方がはるかに価値のあるプログラムだと考えています。ですから、他の国については、毎年評価を続けていきますし、今すぐに発表することはありません。

サプライチェーンについては、商品を待つという具体的なことがありますね。しかし、アマゾンに関する限り、第4四半期に見られた、あるいは第4四半期に予想されたサプライチェーンの問題に対処するために多くのことを行いました。先行して製品をボトリングしました。ベンダーと協力して在庫を早期に確保し、場合によっては支払いを早めたことで、運転資金にも影響を与えました。また、港や船の容量にかかわらず、国内に流入する既存のチャネルを開くために懸命に努力しました。つまり、あらゆることを行ったということです。制約のある市場で、より多くの容量を確保するための方法を知っていました。その結果、第4四半期にはお客様のためになったと思っていますが、2020年にも課題が残っています。

運営者

最後に、BMOキャピタル・マーケッツのダン・サーモンさんから質問をお願いします。

ダン・サーモン

まず、広告の数字について、パフォーマンス広告とブランド広告の大まかなバランスや、米国とその他の地域の違いなど、何か定性的な色付けがあれば教えていただきたいと思います。どんなことでも結構です。それから、ブライアンさんは、Thursday Night Footballの独占放送について言及されましたが、これはPrimeの値上げを支える理由の1つですね。デイブは、広告ビジネスにとって新しいダイナミックな要素として言及しました。ビデオ市場におけるスポーツのライブ中継の重要性は非常に高く、現段階でビジネスを新たなレベルに引き上げる要素になっていると思いますが、その点に立ち戻っていただけますか。

ブライアン・オルサフスキー

まず、2番目の質問から始めます。私は、サッカーの試合があるから価格を上げたという印象を与えたくありませんでした。これは、プライム会員の価値を高めるために投資してきた新しいコンテンツや、国際的なスポーツの例として挙げたもので、第4四半期に最も視聴率の高かった試合は、確かマンチェスター・ユナイテッドと……チームを間違えてしまいました。

Dave Fildes

アーセナルですね、わかりません。

Brian Olsavsky

はい、恥ずかしいのでやめておきます。しかし、繰り返しになりますが、私たちはプライムオファリングにとって有益で価値のあるスポーツ施設の獲得に取り組んできました。それはまだ始まったばかりです。プレミア・リーグ・サッカーや世界中のサッカーリーグ、テニスのプロパティ、そしておそらくNFLとの「Thursday Night Football」での取り組みが成功しています。

Dave Fildes

ダンさん、先ほどから言っているように、広告面ではスポンサープロダクトやブランドが今日の広告収入の大部分を占めていますね。地域別の内訳については説明していません。しかし、ブライアンが話したように、ビデオやスポンサープロダクト、スポンサーブランドの広告機会など、これらの取り組みの多くは、ツールや機能、サービスの多くを世界中で再現しており、長期的にお客様により良いアプローチができるよう、常に学習し、ブランドやプレゼンスを構築しています。

ブライアン・オルサフスキー

12月に行われたマンチェスター・ユナイテッドとアーセナルの試合は、Premier Leagueの中で最も視聴された試合で、推定視聴者数は400万人でした。これは非常に興味深いことです。というのも、私たちはこれまでプレミアリーグと多くの良好な関係を築いてきました。ボクシングデーの試合もありましたし、これからもお互いに貴重なパートナーであり続けたいと思います。

デイブ・フィルデス

それでは、本日の電話会議にご参加いただきありがとうございました。再放送は、少なくとも3ヵ月間、当社のIRサイトでご覧いただけます。アマゾンへのご関心に感謝するとともに、次の四半期に再びお話しできることを楽しみにしています。

ABOUT ME
赤虎めだか
こんにちは。【赤虎めだか】です。 よろしくお願いします。 ・アラフィフ(男) ・うお座のB型 ・職業:BPMコンサルタント ・副業で太陽光発電所を2基 ・VTI・GAFAMRをコアに米国株投資を実践 ・趣味はめだかのブリーディングと焼き物(食器)集め