米国株決算

Alphabet Inc.(アルファベット)2021年度第4四半期決算【GOOG】

GOOG-2021-4Q-title

2021年2月1日の引け後にアルファベット(ティッカー:GOOG)の2021年度第4四半期決算発表がありました。

概要は以下の通りです。

  • EPS: 予想$27.28に対し、$30.69
  • 売上高:予想718.3億ドルに対し、753.3億ドル
  • 売上高成長率:前年同期比+32.4%
  • Google Search and other広告売上高:前年同期比+35.7%、433億ドル
  • YouTube広告売上高:前年同期比+25.3%、86.3億ドル ※前期比でYoYが鈍化
  • GoogleCloud売上高:前年同期比+45%、55億ドル

 

資料出典:アルファベット社IRページ

カンファレンスコール日本語訳

アルファベット・インク(Alphabet Inc. (NASDAQ:GOOG) Q4 2021 Earnings Conference Call February 1, 2022 5:00 PM ET

会社の参加者

ジェームズ・フリードランド – IR担当ディレクター

サンダー・ピチャイ – CEO兼ディレクター

フィリップ・シンドラー – 上級副社長兼最高事業責任者

ルース・ポラート:上級副社長兼CFO

電話会議参加者

ダグラス・アンマス – JPモルガン

エリック・シェリダン(ゴールドマン・サックス

ブライアン・ノワック(モルガンスタンレー

ジャスティン・ポスト – BofA証券

マーク・マハニー – エバーコアISI

マイケル・ナタンソン – モフェットナタンソンLLC

ブレント・ティル-ジェフリーズ

ダニエル・サーモン – BMOキャピタル・マーケット

スティーブン・ジュ – クレディ・スイス

オペレーター

皆さん、ようこそ!アルファベットの2021年第4四半期決算カンファレンスコールにお集まりいただき、ありがとうございます。現在、すべての参加者はリスニングオンリーの状態になっています。スピーカーのプレゼンテーションの後に、質疑応答を行います。[オペレーターの指示】です。]

それでは、本日のスピーカーである、インベスター・リレーションズ ディレクターのジム・フリードランドさんにカンファレンスをお渡ししたいと思います。どうぞ、よろしくお願いします。

ジェームズ・フリードランド

ありがとうございます。皆さん、こんにちは。アルファベットの2021年第4四半期決算説明会にようこそ。本日は、Sundar Pichai、Philipp Schindler、Ruth Poratがご登壇いたします。

さて、早速ですが、セーフハーバーについて説明します。COVID-19パンデミックがこれらの分野に及ぼす影響を含め、当社のビジネス、事業、財務実績に関する本日の記述の中には、将来予測とみなされるものがあり、そのような記述には多くのリスクや不確実性が含まれているため、実際の結果は大きく異なる可能性があります。

詳細については、米国証券取引委員会(SEC)に提出したForm 10-Kおよび10-Q(2021年12月31日をもって終了した年度について提出予定のForm 10-Kを含む)に記載されているリスク要因をご参照ください。

この電話会議では、GAAPベースの財務指標とNon-GAAPベースの財務指標の両方を提示します。非GAAP基準とGAAP基準の調整表は本日のプレスリリースに含まれており、このプレスリリースは当社の投資家向けウェブサイトabc.xyz/investorを通じて一般に公開されています。

それでは、Sundarに電話をおつなぎします。

サンダー・ピチャイ

ジム、皆さん、新年おめでとうございます。この数ヶ月間は、オミクロン・ジャパンのおかげで、あらゆる地域のコミュニティにとって困難な時期でした。このような状況の中、私たちを助けてくれている第一線の医療従事者に感謝するとともに、世界の多くの地域でこの波が引いていく兆しが見えてきたことをうれしく思っています。COVIDテストセンターの検索、新しいスキルの習得、新しいビジネスの立ち上げなど、世界中の情報を整理し、誰もがアクセスできて役立つものにするという私たちの使命は、これまでと同様に今日も重要な意味を持っています。

2022年、私たちは、検索、マップ、YouTubeなどの知識や情報を提供する製品を、より便利に進化させることに注力します。また、AIへの投資が鍵となり、アシスタントのような会話型インターフェースの改善も進めていきたいと考えています。

まず、第4四半期のハイライトをいくつかご紹介します。当社の新しいAIモデルは、真に会話的で、マルチモーダルで、パーソナルな情報体験の実現に貢献しています。例えば、Multitask Unified Model(略してMUM)は、ワクチン情報の検索を改善しました。また、近々、画像と言葉を同時に検索する新しい方法を導入する予定です。

10月には、「Pathways」という新しいAIアーキテクチャを導入しました。AIモデルは通常、1つのことしかできないように訓練されています。Pathwaysを使えば、1つのモデルで何千、何百万ものことができるように訓練できます。MUM、Pathways、BERTなど、これらの高度なAIへの投資は、当社が検索品質でリードするために役立っています。また、検索以外のイノベーションにも貢献しています。

例えば、DeepMindが開発したタンパク質折りたたみシステムAlphaFoldは、最近、Nature & Science誌で画期的な技術として評価されました。チームの成果の大きさを示すために、科学者は15万個のタンパク質の構造を解明するのに50年以上を費やしました。DeepMindチームは現在、その数を100万個にまで増やし、今年中に1億個以上に到達すると考えています。

フィリップは、AIへの投資からも恩恵を受けている当社の広告事業について、詳細にお話します。私たちにとって、この四半期は非常に好調でした。当社のチームは、あらゆる規模の何百万もの企業を支援し、オンラインマーケティング費用を最大限に活用していただけるよう、何十もの重要な機能を立ち上げました。これらの企業は、世界経済のバックボーンであり、コミュニティの中心でもあります。ですから、これらの企業の繁栄を支援することは、これまで以上に重要なことです。

また、YouTubeでも勢いがあります。YouTube Shortsは引き続き大きなエンゲージメントをもたらしています。YouTube Shortsの再生回数は5兆回を超え、全世界で毎日150億回以上の再生が行われています。これにより、クリエイターのコミュニティは、より多くの新しい視聴者にリーチすることができます。実際、これまで以上に多くの人がYouTubeでコンテンツを制作しています。

昨年、1万ドル以上の収益を上げたYouTubeチャンネルの数は、前年比で40%以上増加しました。私たちは、アーティストやクリエイターへのサポートを継続的に改善しています。スーパーチャットやチャンネルメンバーシップなどの広告以外の商品で収入を得ているクリエイターがこれまで以上に増えていますし、「ショートショート フィルム」は100カ国以上で利用できるようになりました。

もう一つの大きな投資分野は、AIソフトウェアとハードウェアの長所を組み合わせて、当社のデバイスファミリー全体に役立つ体験を提供することです。第4四半期には、Pixelの四半期販売記録を更新しました。これは、非常に厳しいサプライチェーン環境にもかかわらず実現したものです。また、Pixel 6に対するお客様や通信事業者のパートナーからの反応は非常に良好でした。また、AIがPixelをさらに便利にしています。その一例として、ライブ翻訳は、チャットメッセージが異なる言語であるかどうかを検出し、最大48言語で自動的に翻訳します。

また、私たちは、AndroidとChromeのエコシステム全体で、デバイスがうまく連携するように注力しています。例えば、先月のCESでは、Acer、HP、Intelと協力して、それぞれのデバイスに素晴らしい体験を提供することを発表しました。また、CESで発表された新しいオープンスタンダードのリップルは、レーダー技術の機能を拡大し、新しい製品やサービスへの道を開きます。

もうひとつの優先事項は、私たちの製品やサービスが、プライベートで安全で安心なものであることを保証することです。そのために、トピックスAPIと呼ばれる新しいプライバシーサンドボックスの提案を記します。これは、ユーザーのプライバシーを保護すると同時に、ビジネスがオンラインで成功するための大きな改善点になると考えています。今年中にテストを開始しますので、業界からのフィードバックをお待ちしています。

次に、クラウドについて。今年は大きな年だったので、今期はもう少し詳しく説明します。第4四半期のクラウドの売上高は、前年同期比45%増の55億ドルでした。アルファベットのバックログは70%以上増加して510億ドルとなりましたが、そのほとんどがGoogle Cloudに起因しています。この成長は、AlbertsonsやLVMHなどの大手企業、BoxやSpotifyなどのデジタルネイティブ、マサチューセッツ州、Defense Innovation Unit、USDAなどの公共機関など、多くの企業に支えられています。

2019年から3倍以上に増強した当社の営業部隊は、地域、製品、業界を問わず好調な業績を上げ、投資も継続しています。2021年通年では、2020年通年と比較して、Google Cloud Platformの総取引量が80%以上増加し、10億ドル以上の取引件数が65%以上増加しました。

また、パートナーエコシステムも、当社の成長を加速させています。2020年通年と比較した2021年通年では、マーケットプレイスを通じて100万ドル以上の支出をしたお客様の数が6倍に増加しました。また、GCPのチャネルパートナーを通じた顧客支出は2倍以上に増加し、世界のトップシステムインテグレーターにおけるアクティブな認定数も2倍以上に増加しました。

製品面でのリーダーシップも継続しており、昨年は2,000以上のクラウド製品や機能が新たにリリースされました。これらは4つのカテゴリーに分かれています。まず、データ・クラウドとAI/MLプラットフォームは、カルティエ、グループ・ロシェ、三菱重工業などの企業が、複数のクラウドにまたがるデータをインテリジェントに理解し、利用するのに役立っています。また、当社の高速で安全なデータ共有機能は、米国国立がん研究所の乳がん研究の推進に貢献しています。また、非構造化データと構造化データをまとめた統合データレイクとデータウェアハウスは、TELUSやTyson Foodsの顧客理解の向上に役立っています。また、当社のAI/MLプラットフォームは、CNがより良いカスタマー・エクスペリエンスを提供するのに役立っています。

次に、当社のオープンなマルチクラウド・インフラストラクチャにより、BBVAやWells Fargoなどのお客様は、当社のクラウド上でミッションクリティカルなシステムを実行することができます。また、当社のKubernetesエンジンに搭載されている新しいオートスケーリング機能により、15,000ノードのクラスターを稼働させることができ、競合他社の最大10倍の規模を実現しています。第4四半期には、インドサット社、テレノール社、ベライゾン社とパートナーシップを結び、エッジクラウドが電気通信分野の成長に貢献しました。これらの企業は、Ericsson、Reliance Jio、Nokiaなどの既存のお客様やパートナーに加わりました。

第三に、当社のサイバーセキュリティ製品は、信頼できるクラウドプロバイダーとして、ANZ銀行、Meditech、Wayfairなどの製品組織に貢献しています。VirusTotalは、ソフトウェアのサプライチェーンの脆弱性から製品組織を支援しています。また、ChronicleとSecurity Command Centerは、企業がサイバー脅威を検知し、防御するのに役立ちます。また、当社の不正防止・本人確認ソリューションは、500万以上のウェブサイトを保護しています。

さらに、セキュアなコミュニケーションとコラボレーションのためのプラットフォームである Google Workspace は、USAID や U.S. Air Force Research Laboratory などの公共機関や、Colgate や Roche などのグローバルブランドがセキュアなハイブリッドワークを導入する際に役立っています。第4四半期に開始された新しいWork Saferプログラムでは、Google Workspace、Titanセキュリティキー、ゼロトラストなどのセキュリティの進歩を結集して、メール会議やドキュメントに最高のセキュリティを提供しています。

お客様がGoogle Cloudを利用するのは、企業と消費者のエコシステムをより密接に結びつけるというGoogleの専門知識があるからです。その一例がShopifyです。ブラックフライデーからサイバーマンデーにかけて、Shopifyは4,700万人のお客様による63億ドルのグローバルセールスを報告しましたが、これらはすべてGoogle Cloud上で安全に取引されました。重要なのは、二酸化炭素を排出しないエネルギーで24時間365日稼働することで、業界で最もクリーンなクラウドをお客様に提供し続けていることです。

その他の賭けについて。10月には、完全自律走行の商用ライドハイアリングサービス「Waymo One」がアリゾナ州で開始されて1周年を迎えました。サンフランシスコでは、信頼できるテスタープログラムの一環として、何百人ものライダーがWaymo Oneを利用しており、さらに多くのライダーが待機リストに載っています。また、Waymo Viaは、米国南西部への貨物輸送を継続し、業界の主要企業とのパートナーシップを構築しています。

最後に、世界中の経済復興を支援するグーグルの活動を誇りに思っていることを述べたいと思います。中小企業の経営者の3分の1近くが、デジタルツールがなければパンデミックの際に事業を閉鎖しなければならなかったと答えています。また、デジタルスキルは、人々が仕事を見つけ、キャリアを成長させるための生命線となっています。2014年以降、私たちは世界中で9,000万人以上の人々にデジタルスキルのトレーニングを提供してきました。特に、東南アジアやアフリカなどで数億人の人々がオンラインになると、テクノロジーが新たな機会をグローバルに解き放つことになるでしょう。

以上、当四半期および2021年を通して貢献してくれた世界中のGooglerに感謝の意を表します。それでは、フィリップ、よろしくお願いします。

フィリップ・シンドラー

ありがとう、Sundar。皆さん、こんにちは。本日はお集まりいただきありがとうございます。第4四半期のGoogle Servicesの売上高の伸びには満足しています。前年同期比では、広告主の支出が広範囲に渡って好調だったことと、消費者のオンライン活動が活発だったことが要因となっています。第4四半期においても、広告事業の前年同期比の成長に最も貢献したのは小売分野でした。また、金融、メディア・エンタテインメント、旅行も大きく貢献しました。

当四半期の業績を牽引したいくつかのトレンドを紹介する前に、少しだけ拡大してみましょう。この20数ヵ月間、私たちは毎四半期ごとに、世界は流動的で、回復にはムラがあり、不確実性が新しい常態であると述べてきました。第4四半期も同様でした。しかし、確実に分かっていることは、ビジネスは繁栄する経済の活力源であり、ビジネスを支援する我々の役割はこれまで以上に重要であるということです。

AIは、インサイト、新しいツール、自動化を通じて、我々の支援能力を高め続けています。実際、検索からタンパク質の折り畳みまで、あらゆることの理解を進めている最先端のAIは、当社の広告製品全体の革新も促しています。

まず、自動化について説明します。これは、ビジネスにおいて、複雑さをナビゲートし、プライバシーファーストの波の中で、どこにいても効率的に顧客にリーチする上で、重要な差別化要因となっています。GoogleのニュースキャンペーンであるPerformance Maxは、11月にグローバルに展開され、すぐに広告主に受け入れられました。このキャンペーンは、Google Ads、AI、自動化の優れた点を組み合わせたもので、ブランドは、1つのキャンペーンでGoogleのすべてのサービスを利用してビジネスを推進することができ、オンラインでの売上、リード、トラフィックの増加に貢献しています。これは、Googleが製品を徹底的に簡素化し、お客様にとって使いやすいものにしていることを示す例でもあります。

フランスの子供服店Petit Bateauは、3週間にわたってPMaxをテストした結果、広告費の回収率が35%、クリック率が40%上昇し、どのようなメッセージが最も響くのかという貴重なインサイトを得ることができました。また、インサイトツールの開発も行いました。第4四半期には4つの新機能が登場しました。その中のひとつが需要予測で、これはMLを使って企業が将来のトレンドを予測し、どのような商品をストックし、どのようなサービスをいつ提供すべきかをよりよく理解できるようにするものです。

このように、インサイト、自動化、新機能のいずれにおいても、企業がより簡単にお客さまとつながることができるようにするための取り組みは絶え間なく続けられています。四半期ごとに広告製品に行われている100以上の機能強化に加え、2020年3月以降、200以上の機能やツールを発表しています。最近の例では 企業がGoogle検索やマップ上でビジネスプロフィールを主張・確認し、検索で直接お客様のメッセージに対応することを容易にしました。ドイツでは、完了したビジネスプロフィールには、そうでないものに比べて平均5倍以上の電話がかかってきました。中小企業にとって、これは本当に意味のあることです。

続いてリテール部門の話に移りますが、当四半期は非常に好調でした。パンデミックが始まって以来、消費者の消費パターンに変化が見られるようになりました。COVID以前は、毎年、ブラックフライデーとサイバーマンデーの間に需要が急増していました。興味深いのは、2020年と2021年には、消費者が買い物の時間を早め、四半期を通してより多くのお金を使うようになったことです。また、第4四半期には、前年同期比で小売業の問い合わせ件数の伸びが平行しており、趣味・レジャーが僅差で続いています。

前にも言いましたが、もう一度言います。リテールの未来はオムニチャネルです。私たちは、マーチャントと顧客が利益を得られるように、新しい機能と次世代の体験に投資し続けます」と述べています。10月のグローバル検索では、「近くのギフトショップ」の検索数が前年同月比で60%増加し、Googleマップでは70%増加しました。お店に行く前に、近くに何があるのか知りたいという人が増えています。新しい「在庫あり」フィルターは、まさにその手助けとなるものです。買い物客は、新しいテニスラケットや急な誕生日プレゼントなど、欲しい商品を扱っている地元の店舗を検索からすぐに見つけることができます。店頭に在庫があることを示すことは、企業が地元のお客様を惹きつけるのに役立ち、彼らはそれを理解しています。ショッピングサイトやGoogle.comでは、4件に1件の割合で、カーブスピックアップバッジを利用しています。

また、人々はお得な情報を求めています。人々は価値を求めています。買い物客にとっては、ブラックフライデーやサイバーマンデーなどの重要なイベントに向けて、検索で最もホットな情報を閲覧、発見できるようにしました。マーチャントにとっては、ShopifyやWooCommerceなどのサードパーティとの統合による自動インポートによって、プロモーションの掲載がさらに簡単になりました。年末年始の在庫の移動、新規顧客の獲得、ブランドロイヤリティの構築がより簡単になりました。第4四半期には、プロモーション機能を利用するマーチャントの数が前年同期比で280%増加しました。

また、小売企業は、変革と成長の加速のために当社を利用しています。例えば、Warby Parkerは、店舗の開設やコンタクトレンズ事業の拡大だけでなく、Googleを全面的に活用することで、第3四半期の売上を前年同期比で32%増加させました。オムニチャネルでの入札、スマートショッピングキャンペーン、店舗での視力検査を促進するためのマップでの存在感の拡大などが、Warby Parkerの成功に貢献しました。また、YouTubeで初のブランド認知度向上キャンペーンを開始しました。

私たちは、商品フィードや動画アクションキャンペーンなどの革新的なソリューションや、ライブコマースなどの新しいフォーマットにより、視聴者が見たものを購入することを容易にし、広告主がアクションを起こすことを容易にしています。Backcountry.comは、2021年に商品フィードを使って広告費に対するリターンを12:1とし、2022年には2倍の投資を計画しています。また、Samsung、Walmart、Verizonは、クリエイターと提携して、米国でショッピング可能なホリデーライブストリームイベントを開催しました。

ブランドビジネスについては、その勢いは衰えていません。私たちは、テレビブランドの予算を拡大するための取り組みを続けており、Connected TVで何ができるかについては、まだ初期段階にあります。

前四半期にお話しした「フルファネル」のトレンドをダブルクリックしてみましょう。大規模なリーチとアクションの両方を促進するYouTubeの能力は、より多くの広告主にとって明らかになりつつあります。最近の調査では、YouTubeのブランディングフォーマットを追加したDR広告主は、リーチ数が増加しただけでなく、コンバージョン数も平均で9%増加しました。それと同時に、Nike Koreaのように、アクションを追加するブランド広告主も増えています。もう一つの大きな焦点は、ユーザーに満足していただきながら、パートナーや主要なエコシステムに貢献し続けることです。

Snap」とのパートナーシップを拡大し、世界初の「Snap」へのクイックタップ機能を提供したのは、その好例です。Pixel 4A with 5G、またはそれ以降のPixel Phoneのユーザーは、ロック画面からSnapchatに直接アクセスでき、PixelはSnapを行う最速の端末となります。さらに、PixelチームとARチームが連携して、NBAと協力し、3DやAR技術を使ってファンにエキサイティングな没入体験を提供しています。また、照明はそれだけではありません。アドビ社とは、Photoshop、Illustratorなどの主力製品をウェブに対応させるための数年にわたる共同作業を行っています。これは、ウェブが創造性と生産性のための一流のプラットフォームであることを証明するものです。

今年も並外れた困難な1年を締めくくるにあたり、お客様やパートナーの皆様の信頼と協力に深く感謝いたします。私たちの成功は、お客様の成功があってこそのものです。また、製品チーム、エンジニアリングチーム、パートナーシップチーム、セールスチーム、そして多くのサポートチームの皆様には、ユーザーの皆様、お客様、パートナーの皆様のために素晴らしい仕事と揺るぎないコミットメントをしていただき、大変感謝しています。

ルース、どうぞよろしくお願いします。

ルース・ポラート

ありがとうございます、フィリップ。第4四半期および通期の業績には大変満足しています。この業績は、広告主の支出や消費者のオンライン活動が幅広く堅調であったことに加え、Google Cloudによる継続的な大幅な収益増を反映しています。私のコメントは、特に断りのない限り、第4四半期の前年同期比に関するものです。最初にアルファベット・レベルでの業績を述べ、次にセグメント別の業績を述べ、最後に今後の見通しを述べます。

第4四半期の連結売上高は、前年同期比32%増(恒常為替レートベースでは33%増)の753億米ドルとなり、好調な1年を締めくくりました。売上原価は26%増の330億ドルで、主にその他の売上原価が25%増の196億ドルとなりました。ここでの最大の要因は、第1に、主にYouTubeの広告支援コンテンツのコストに続いて、サブスクリプションコンテンツのコストに起因するコンテンツ取得コスト、第2に、ハードウェアのコスト、第3に、2021年初頭に行った耐用年数の変更の影響によって一部相殺された、減価償却費を含むデータセンターおよびその他の業務に関連するコストです。

営業費用は、35%増の205億ドルとなりました。OpExの3つの構成要素について説明すると、まず、研究開発費の増加は主に従業員数の増加によってもたらされました。次に、販売・マーケティング費の増加は、2020年第4四半期の大幅な引き下げとは対照的に、2021年のホリデーシーズンに向けた広告およびプロモへの支出の増加によってもたらされました。最後に、G&Aの増加は、法的事項に関連する費用のほか、慈善団体への寄付の影響を反映しています。

営業利益は40%増の219億ドルで、営業利益率は29%でした。その他の収益・費用は25億ドルで、これは主に株式投資の未実現評価益を反映したものです。純利益は206億ドルでした。当社は引き続き強力なフリー・キャッシュ・フローを創出しており、当四半期は186億ドル、2021年 度は670億ドルのフリー・キャッシュ・フローを創出しました。当年度末には1,400億ドルの現金および有価証券を保有しました。また、2021年には合計500億ドルの自社株を買い戻しました。

それでは、セグメント別の業績について、まずGoogleサービス部門からご説明します。Googleサービスの総売上は、31%増の694億ドルとなりました。当四半期のGoogle検索およびその他の広告収入は、36%増の433億ドルとなりました。これは、小売事業の堅調な成長に引き続き牽引され、事業全体が幅広く堅調に推移したことによるものです。YouTube の広告収入は 25%増の 86 億ドルとなり、ダイレクトレスポンス広告とブランド広告の両方が好調でした。2021 年第 3 四半期と比較して成長率が鈍化したのは、主に 2020 年第 4 四半期にブランドの力強い回復が見られたことによるものです。

ネットワーク広告収入は、AdMobが牽引して26%増の93億ドルとなりました。その他の収入は22%増の82億ドルで、主にPixel 6とPixel 6 Proの順調な立ち上げに加え、Fitbitの収入が加わったハードウェアの成長が牽引し、続いてYouTubeの非広告収入が加わりました。

Google Servicesのコストについては、TACは134億ドルで、28%増加しました。Googleサービスの営業利益は、36%増の260億ドルでした。そして、営業利益率は37%でした。

Google Cloudセグメントに目を向けると。第4四半期の売上高は、45%増の55億ドルでした。GCPの収益成長率は今回もクラウドを上回り、これはインフラストラクチャとプラットフォームサービスの両方が大きく成長したことを反映しています。Google Workspaceの堅調な収益成長は、シート数とシートあたりの平均収益の両方が堅調に増加したことによるものです。Google Cloudは、8億9,000万ドルの営業損失を計上しました。2021年通年の「その他の賭け」については、収益は7億5,300万ドル。営業損失は、2020年の45億ドルに対し、2021年通年で53億ドルとなりました。

最後に、見通しに関するコメントを述べさせていただきます。マクロ環境に未曾有の変化と不確実性をもたらした世界的なパンデミックから約2年が経過しました。このような困難な状況にあっても、グーグルは、ユーザーやパートナーに役立つサービスを提供することや、長期的な成長のためのイノベーションを推進することに注力してきました。

セグメント別の見通しについては、Googleサービスについては、第4四半期および2021年通期の前年同期比の売上高の伸びに非常に満足しています。これは、広範な広告主の力と堅調な消費者のオンライン活動に引き続き牽引されたものです。前年同期比の成長率には、2020年にCOVID関連の低迷があったことによる恩恵も反映されていますが、これは明らかに2022年には影響しません。

その他の収益では、Pixel 6とPixel 6 Proの勢いが第4四半期のハードウェア収益に反映されたことに満足しています。なお、2021年のハードウェア売上には、2週間前に発表したFitbit社の買収が反映されています。

プレイに関しては、第4四半期には、基本的な消費者支出とエンゲージメントの傾向は健全なままでした。とはいえ、2022年のGoogle Playの収益増加への貢献は、2021年第3四半期に実施した料金変更を反映したものになります。Googleサービスへの投資レベルについては、当社は成長のための多くの機会に有意義な投資を行っています。

Google Cloudについては、2021年も大幅な成長を遂げました。お客様のデジタルトランスフォーメーションを支援するため、Go-to-Market組織、製品イノベーション、パートナーエコシステムへの投資が功を奏しました。2021年のGoogle Cloudの収益は、2020年と比較して47%増加しており、GCPの収益は引き続きクラウド全体よりも速いペースで成長していることがわかります。

2021年のクラウドの営業損失と営業利益率は改善しましたが、大きな市場機会があることから、今後もクラウドに積極的に投資していく予定です。当社は、長期的な収益性の向上に引き続き注力しており、時間の経過とともに、営業損失および営業利益率は、規模の拡大により恩恵を受けるはずです。

アルファベット部門では、第1四半期において、現在の直物為替レートに基づき、報告された売上高に対す る為替の影響は逆風になると予想しています。アルファベット部門の従業員数については、第4四半期に約6,500人を増員しましたが、その大部分は技術系の職種でした。当社は引き続き優秀な人材を獲得しており、2022年にはアルファベット全体で採用が活発化するものと期待しています。

設備投資に目を向けると 第4四半期の業績は、主に、Google Services と Google Cloud の両方の継続的な成長をサポートするための、技術インフラ、特にサーバーへの継続的な投資を反映しています。また、オフィス施設の改装や新築への投資も増加しています。2022年には、設備投資の大幅な増加を見込んでいます。技術インフラでは、引き続きサーバーが最大の支出要因となるでしょう。オフィス施設については、過去2年間の設備投資がかなり抑制されていましたが、フィットアウトと地上設備への投資を再び加速させています。

また、最近では、意味のあるところでは不動産の買収を進めています。例えば、先月、ロンドンにある既設の本社ビルを10億ドルで購入する計画を発表しました。また、2021年の第3四半期に発表したニューヨークのオフィスビルの21億ドルでの購入を第1四半期に完了しました。

ありがとうございます。それでは、Sundar、Philipp、私の3人でご質問をお受けします。

質疑応答セッション

オペレーター

[オペレーターの指示】です。] 最初の質問は、JPモルガンのダグ・アンマスさんからお願いします。

ダグラス・アンマス

質問を受けてくださってありがとうございます。SundarとRuthに1つずつ質問します。Sundar、まずはWeb3についてのあなたの見解をお聞きしたいのですが、アルファベットのアプローチをどのように考えているのか、また、今後の主な取り組み先はどこになるのでしょうか?そしてルース、6,500人の増員の話がありましたね。これまでのどの四半期よりも大きな増加だったと思います。過去数四半期分の雇用を取り戻していることは承知しています。しかし、技術部門への投資の方向性や、22年のコスト構造をどのように考えるかについて、もう少し理解を深めていただけますか?ありがとうございます。

サンダー・ピチャイ

ありがとうございます。イノベーションはいつでもエキサイティングなもので、私たちもできる限りサポートしていきたいと思っています。ウェブは常に進化してきましたし、これからも進化していくでしょう。グーグルとしては、オープンソースのテクノロジーから多大な恩恵を受けてきました。興味のある分野はいくつかありますが、その中でもARはコンピューティング・レイヤーの大きな分野です。私たちは長い間この分野に投資してきましたし、これからもその役割を果たしていくでしょう。また、ARはコンピューティング層だけでなく、マップやYouTube、Google Meetなどのサービス層でも大きな貢献ができると考えています。

Web3では、ブロックチェーンに注目しています。ブロックチェーンは興味深い強力な技術で、応用範囲が広く、ひとつのアプリケーションではなく、さらに幅広い応用が可能です。そのため、企業として、どのようにしてエコシステムに貢献し、価値を高めることができるかを検討しています。例えば、当社のクラウドチームは、ブロックチェーンベースのプラットフォーム上での新製品の構築、取引、価値の保存、展開など、お客様のニーズをどのようにサポートできるかを検討しています。このように、私たちはこの分野を注視し、可能な限りサポートしていきたいと考えています。全体的に見て、テクノロジーは今後も進化と革新を続けると思いますが、私たちはイノベーションを推進し、そのようにアプローチしていきたいと考えています。

ルース・ポラート

人員面でも、当社は引き続き優秀な人材を惹きつけています。応募者数は前年比で増加しています。また、先ほど申し上げたように、第4四半期には6,500人近くの従業員を増員しました。今後もこの好調なペースが続くものと期待しています。これは、Sundar、Philipp、そして私のコメントにも通じるものがあります。私たちは、特にGoogleサービスやGoogleクラウドをはじめとする今後のビジネスチャンスに期待しています。私たちは、うまく実行するために必要な規模を確保するつもりです。そのために、先ほど申し上げたように採用を続けています。今回も大半が技術系の職種で、今後のチャンスにとても満足しています。

オペレーター

ありがとうございました。次の質問は、ゴールドマン・サックスのエリック・シェリダンさんです。お待ちしております。

エリック・シェリダン

どうもありがとうございます。できれば2つの質問をしたいと思います。まず、Dougの質問の続きです。スーザンは、YouTubeや、YouTubeがクリエイター経済に影響を与えていること、そしてあなたが中長期的に構築しようとしているものについて、かなり詳しく書いています。クリエイター経済の要素と、それが中長期的に広告面と商業面の両方で、御社の製品にどのように適合するかについてお話しいただけますか?

それから、ルース、費用面でのフォローアップをお願いします。第4四半期に一時的なものはありましたか?というのも、企業費用やコアマージンの要素を見ていると、1回限りのものがあるかどうかを確認したくなるからです。なぜなら、法律上の問題や慈善団体への寄付についてもお話されていたと思うので、それを正しくモデル化するためです。ありがとうございました。

サンダー・ピチャイ

YouTubeについてですが、YouTubeは設立当初から、クリエイターをサポートすることに非常に力を入れてきました。最近でも、私は先ほどの発言で、広告だけでなく、スーパーチャットやチャンネルメンバーシップなど、広告以外の分野でも成長していることを述べました。スーザンは、クリエイターレターの中で、早い段階でNFTなどを検討し、ユーザーエクスペリエンスを確保することを目指していると述べていますが、私たちは、クリエイターのためにどのようなサポートや活動ができるかを常に考えています。これは不可欠な要素となるでしょう。

私たちがYouTubeで考えているすべてのコマース体験は、まったく別の機会を提供するものだと思います。繰り返しになりますが、この分野は私にとって非常に初期段階のものです。YouTubeでは、ポッドキャスト、ゲーム、学習、スポーツなど、新しい分野で非常に大きな人気を集めています。これらの分野では、それぞれの分野に応じて、どのようにしてクリエイターをサポートできるかを考えています。

ルース・ポラート

次に費用についてですが、いくつかの項目を挙げました。研究開発費は、ほとんどが従業員の増加です。セールス&マーケティングでは、第4四半期にホリデーシーズンをサポートするために広告やプロモを実施し、昨年よりも増加したことを指摘しておきます。また、第4四半期には、一時的なボーナスが支給されたことをお知らせしました。また、グーグラー・ギフト・マッチの増加を含め、慈善団体への寄付金が前年同期比で増加しました。また、特に未配分の本社費用については、ご質問の内容と異なる場合がありますので、12ヵ月後の基準で考えていただくとよりわかりやすいと思います。

運営者

ありがとうございました。次の質問は、モルガンスタンレーのブライアン・ノワックさんです。お待ちしております。

ブライアン・ノワック

ありがとうございます。私の質問を受けていただきありがとうございます。2つあります。最初の質問はフィリップの方にお願いします。この12~24ヶ月の間に、広告主向けの小売・eコマース向け検索製品の改善について、非常に大きな進展がありました。2022年に向けて、小売業以外の業種の広告主に対してより大きな価値を提供するために、あなたが最も期待していること、あるいはイノベーションの機会があると考えていることを教えてください。

次に2つ目の質問ですが、PhilippかSundarのどちらかが、YouTubeでのコマース・ショッピングの機会について話していましたね。YouTubeにおけるコマースの機会を実現するために、どのような点がすでに構築されていて、どのような分野でイノベーションやハードルをクリアしなければならないのか、少しお話しいただけますか?ありがとうございます。

フィリップ・シンドラー

ご質問ありがとうございました。今や消費者は、これまでにないほど様々な方法で情報にアクセスできるようになっています。検索はその一つに過ぎません。しかし、私たちは常に技術革新を行い、ユーザーと広告主の両方にとっての体験を長期的に改善しようとしています。以前にもお話ししましたが、私たちがこの機会をどのように考えているかを知っていただくために、実際に私たちが行っている質問をいくつかご紹介します。まず第一に、ユーザーが情報を必要としたり、発見やインスピレーションを得たいと思ったときに、我々は最適な場所であるかということです。クエリーやディスカバーなどですね。私たちは、より多くの種類の質問に対して、より良い包括的な回答を提供することに注力しています。また、特定のブランドや製品を探している場合や、インスピレーションを求めている場合など、あらゆる種類の質問に対して、質の高い関連情報を提供する必要があります。そして、人々の検索方法は変化しており、よりマルチモーダルで会話的なものになっていく必要があります。これは、例えば広告にとってどのような意味を持つのでしょうか。このように、商業施設全体でユーザーエクスペリエンスを向上させることは、あなたがおっしゃったような分野をはるかに超えて重要です。これには多くのイノベーションが必要となります。

2つ目は、消費者がいるとき、いる場所で、最も関連性の高い広告を提供しているかということです。私たちは、広告が人々の役に立つ場合にのみ表示したいと考えています。実際、検索の80%では、上位の広告は表示されず、表示される広告のほとんどは、商業目的の検索である。商用目的の検索に対しては、ユーザーにとって有意義で、かつ広告主が実際に提供できる関連性のある方法で、いかにして最適な回答を提供するかが問題となります」と述べています。

そして最後の、3つ目のポイントは、これも先ほどの垂直方向の話になりますが、それ以外の多くの分野で、広告主に最高のROIで最大のコンバージョンを提供できているのか?広告主に最高のROIを提供するために、オークションには多くのインテリジェンスが投入されていますが、できることは常にあります。また、ユーザーのシグナルを活用して、最も関連性の高いユーザーを提供しているか?広告主の資産を組み合わせて、ユーザーにとって魅力的な最高のクリエイティブを構築しているか?その広告主にとってのユーザーの価値を予測し、必要とされるユニークなユーザーとクエリの組み合わせで、それぞれの検索に対して適切な入札を行うことができているか?広告をクリックした後のユーザーの行動を、購入から電話、アプリのダウンロードまで、すべてのデバイスで完全に測定できるか?このように、私たちはさまざまな角度から今後の展開を考えています。

サンダー・ピチャイ

YouTubeとコマースの話をしましょう。検索、YouTube、その他の分野では、共通のインフラがたくさん整備されていますね。これはマーチャントに焦点を当てたもので、マーチャントの導入や、最も幅広く包括的なインベントリーを提供できるようにするためのすべてのバックエンドが含まれています。また、他のEコマース・プラットフォームとの提携も、基本的な基盤となります。

特にYouTubeでは、初期段階ではありますが、多くのパイロットが進行中です。例えば、クリエイティブタギングのパイロットプログラムを導入し、お気に入りの動画で紹介された商品を閲覧、学習、購入できるようにしました。また、WalmartやTargetなどのブランドと共同でショッピングライブストリームを試験的に開始し、さらに広範囲に渡って、動画アクションキャンペーンに商品フィードを含めるようにしました。このように、まだまだやるべきことはたくさんあります。また、ショッピングとShortの統合についても、かなり早い段階からテストを行っています。繰り返しになりますが、初期段階ではありますが、ここには非常に幅広いチャンスがあると思いますし、とてもエキサイティングです。

運営者

ありがとうございました。次の質問は、バンク・オブ・アメリカのジャスティン・ポストさんです。お待ちしております。

ジャスティン・ポスト

はい、ありがとうございます。ありがとうございます。SundarさんとRuthさんにお願いしたいことがあります。まず、検索についてですが、非常に力強い成長を遂げています。この分野では、AIサイクルによる改善がどの程度進んでいるのか、ご説明いただけますか。まだまだ改善の余地があることは、いくつかの決算報告でも強調されていますね。第二に、検索がパンデミック前よりも現在の方が成長率が高いという根本的な理由はありますか?

そして、ルースに話を移すと、クラウドは素晴らしい成長を遂げました。この分野ではインフラ層が最も高いと考えています。そして、前四半期比で5億ドル以上の成長を遂げましたが、利益率は低下しました。何がその要因となったのかを理解したいと思います。そして、そこに良いレバレッジをかけるためには何が必要なのでしょうか?ありがとうございました。

サンダー・ピチャイ

まず第一に、Google AIとDeep lineの両方において、AIの研究開発に多大な投資を行っています。その結果、BERT、MUM、Pathways、LaMDAなどの基盤となり、会話体験を強化することができました。このように、AI側の研究がどこまで進んでいるのか、木の先端を見てみると、信じられないほど速いペースで進んでいます。私たちはこの分野をリードしていきます。また、AIチームと、Searchをはじめとする製品分野のコアチームとの間には、優れたインターフェースがあり、これらを製品化しています。

ですから、今後も検索品質では当社がリードすることになると思います。情報の世界は拡大の一途をたどっており、その性質はますますマルチモーダルになっています。私たちがテキストから画像へと飛躍したように、ビデオやオーディオを考え、それを取り入れ、ユーザーがタイプしているか、話しているか、何かを見て答えを求めているかにかかわらず、それをユーザーに提供します。それがAIと検索の間の旅であり、私たちはそれを続けていきます。

ルース・ポラート

クラウドに関しては、Sundarと私が述べたコメントを振り返ると、全体的に見て、事業の継続的な進展に非常に満足しています。これは、ご指摘の通り、収益の伸び、バックログ、顧客獲得の幅、業種に反映されています。私たちは、お客様のデジタルトランスフォーメーションを支援する絶好の機会に恵まれていると考えています。重要なことは、今はまだ非常に初期段階にあると考えていることです。そのため、私たちは引き続き収益の拡大に注力し、長期的な視野に立って必要な投資を行っていきます。私たちは積極的な投資を続けています。それは、市場参入のための能力であり、製品です。製品にも、インフラにも。インフラにもです。当社は、長期的な収益性の向上に引き続き注力していますが、初期段階の成果を確認し、継続的な進展に満足しているため、ここでも投資を継続しています。

運営者

ありがとうございました。次の質問は、Evercore ISIのMark Mahaneyさんです。お待ちしております。

マーク・マハニー

それでは、2つの質問にお答えします。検索エンジンがパンデミック前よりも急速に成長しているというJustinの質問に答えたいと思います。フィリピンでは、検索の中のいくつかの分野について話していましたが、その中でも特に小売業がトップに挙げられていましたね。他にもいくつかのカテゴリーの話をされたと思います。旅行は常に大きなカテゴリーでした。旅行は完全に戻ってきたと思いますか、それともCOVID以前に比べてマクロ的な理由でまだ不調なのでしょうか?

それから、ルース、自社株買いについてですが、当四半期は記録的な水準だったと思います。今後、自社株買いをどのように考えるべきでしょうか。フリーキャッシュフローが年々増加している中で、株主に現金を還元することを考える場合、日和見的な方法と、システマティックな方法とでは、どの程度の違いがあるのでしょうか。ありがとうございました。

サンダー・ピチャイ

はい、ありがとうございました。先ほど、第4四半期の広告の前年同期比の伸びには旅行が貢献していると申し上げましたが、第4四半期の大半で見られたパフォーマンスには勇気づけられました。しかし、ユーザーの行動は世界の状況を反映する傾向があり、需要は場所や活動の種類によって変化し続けています。この傾向は、オミクロ ンの影響でより顕著になっています。例えば、ビーチや公園、キャンプなどのアウトドア目的の検索が増える一方で、美術館などの検索が減るなど、嗜好の変化に伴って旅行者の検索行動が変化していることがわかります。全体的に見て、旅行は一般的に流行の影響を受けやすく、まだムラがあるため、どのような傾向が続くのか、流行以前の習慣が戻ってくるのかを判断するのは時期尚早であると言えると思います。

とはいえ、人々が次に何をしたいのかを考えるとき、パッチワークのような情報をナビゲートするために、私たちのところにやってくるのです。実際、8月末から10月末にかけて、「旅のルール」の検索数は全世界で前年同期比6倍以上に増加しました。また、変更される旅行制限や必要条件をより簡単に理解できるように、多くの新機能を導入しました。同様に、トラベルパートナーの皆様にも、Flight Demand ExplorerやTravel Insightsなどの製品戦略を大きく転換し、パートナーの皆様の需要予測を支援しています。また、ホテルや旅行会社、さらにはアクティビティオペレーターが予約リンクを無料で掲載できるようになりました。また、10月のニュースでは、CO2やGoogle Flightsに関する新しい情報、環境に優しいホテル、環境に優しい新しいルートやマップなど、サステナビリティに関する大きなニュースをご覧いただけたと思います。このように、ユーザーや企業がより持続可能な選択ができるように、また、トラベルパートナーや業界全体を支援するために、重要な仕事がたくさん行われています。

ルース・ポラート

自社株買いについては、これまでの電話会議でもお話ししてきたように、私たちは自社株買いプログラムを貴重なものと考えており、昨年は500億ドルまで買い増しができたことを嬉しく思っています。ここ数年は、2019年の180億ドルから2021年の500億ドルへと、かなりペースを上げて実行しています。既存の認可の下で追加のキャパシティを持っており、それを継続して実行していますが、これは増々価値のあることだと考えています。

オペレーター

ありがとうございました。次の質問は、MoffettNathansonのMichael Nathansonさんです。お待ちしております。

マイケル・ナタンソン

ありがとうございます。SundarとPhilippの2名です。Sundarさん、先週発表されたFederated LearningからTopicに移行するという決定について興味があります。なぜそのような変更をしたのか、その理由や根拠について少しお話しいただけますか。FLoCが最初に発表されたとき、広告主のシグナルとしてクッキーに比べて非常に効果的であるというパターンがありました。クッキーからROAや予算に関するトピックに移行した場合、どのような影響があるとお考えですか?そしてフィリピンですが、パンデミックの間、大きな成長を遂げたのは間違いなくコネクテッドTVでした。YouTubeはコネクテッドTVをどのように捉えているのか、また、コネクテッドTVがどの程度重要な役割を果たしているのか、お話いただけますか?また、通常の生活に戻ることを願っていますが、CTVのYouTubeをより魅力的なものにするために、製品面では何をしていますか?ありがとうございました。

フィリップ・シンドラー

Sundarに代わって私が説明します。Chromeチームは、Privacy Sandboxに集中して取り組んでいます。Privacy Sandboxとは、デジタル広告の未来を支えるデバイス上のプライバシー保護技術を構築するためのイニシアチブであり、フリーでオープンなウェブの結果であることは皆さんもご存知のとおりです。先週、私たちは新しいプライバシー・サンドボックス「トピックス」を発表しました。Topicsは、私たち自身が学んだことに加え、以前のFLoCトライアルで得られた、コミュニティからの幅広いフィードバックを反映しています。Topicsは、私たちのFLoC提案に代わるものです。詳しくは先週のブログを読んでいただきたいと思います。しかし、基本的には、トピックスAPIによって、広告主は、ユーザーが訪問したウェブサイトから推測される興味に基づいて、関連性の高い広告を表示することができるようになりますが、ユーザーにとってはよりプライベートなものになります。

ご質問の大部分を占める広告主の観点からすると、これを世界に公開したばかりなので、これ以上の情報を提供するのは明らかに時期尚早です。しかし、私たちは、広告主とプライバシーの観点から、双方に配慮した設計を行うことを重視しており、双方の目標を確実に達成することを約束します。

2つ目のコネクテッドTVについては、リビングルームでのストリーミングが爆発的に増加しています。私たちはそれを目の当たりにしてきました。コネクテッドTVは、当社で最も成長しているスクリーンであり、今後も大きな可能性を秘めていると考えています。ブランドは、デジタルの正確さとリニアのスケール感、そしてより多くの関連性という、あらゆる世界の長所を手に入れています。広告を大規模にパーソナライズしたり、動画広告のシークエンスを利用してパワフルなストーリーを伝えることができます。アクション動画キャンペーンは、10月にアップグレードされ、CTVの在庫が自動的に含まれるようになりました。これにより、ユーザーはより有益な視聴体験を得ることができ、ブランドはより多くのオンライン販売やリードを促進することができます。

視聴者が何十年にもわたって見つめてきた伝統的なテレビ画面「デスクスクリーン」が、今、コンバージョンを促進する機能を備えて活気づき始めていることを考えると、とても素晴らしいことだと思います。私たちは、広告主がYouTube CTVビデオへの投資をYouTubeとYouTube TVで完全に測定できるようにして、真の増分リーチや頻度などを正確に把握できるようにしたいと考えています。米国の広告主は、コムスコアとニールセンがあれば、これを実現できます。全体的に見て、私たちはConnected TVの可能性に期待しています。私たちはまだ始まったばかりだと思っています。

運営者

ありがとうございました。次の質問は、ジェフリーズのブレント・ティルさんです。お待ちしております。

ブレント・シル

ルースさん、第4四半期の広告は好調だったようですね。「あればあるだけ使う」というコンセプトです。また、今年の季節性について、今年はバックエンドに負荷がかかるとお考えですか?それとも、今年はもう少しバランスのとれた年になるとお考えですか?

ルース・ポラート

全体的には、今年は好調でした。先ほど申し上げたように、広告主の皆様は幅広く活躍されていました。消費者のオンライン活動も活発で、これらが主な原動力となっています。このコメントがより適切であると思われるのは、昨年と比較したYouTubeの前年比を理解することで、そこには力強さがありました。しかし、昨年の状況は、ご質問にあったように、年初に一喜一憂した後、第4四半期が非常に好調であったことと一致しています。昨年は、その好調な第4四半期に遅れをとっていました。そのため、前年同期比の成長率の一部を説明することができます。しかし、全体としては、広告主の幅広い支持と支出を背景にしたことが重要な要因だったのですね。

運営者

ありがとうございました。次の質問は、BMO Capital Marketsのダン・サーモンさんです。お待ちしております。

ダニエル・サーモン

こんにちは。皆さん、こんにちは。Sundarさんに2つ質問があります。まず、Sundarさんは、人工知能への投資が広告ビジネスに大きく貢献しているとおっしゃいました。AIが広告主の広告収入増加に最も貢献していると思われる2~3の方法を教えてください。

次に、最近の米国議会では、アルファベットのような大規模なテクノロジー企業を真っ向から攻撃するような、さまざまな新しい法案が提出されています。これらの法案にはどのような意味があると思いますか?また、何が間違っていると思われますか?ありがとうございました。

サンダー・ピチャイ

それでは、2つの質問にお答えします。AIと広告についてですが、2番目の部分については私が答えた後、詳細はフィリップに伝えてください。しかし、繰り返しになりますが、包括的なことは、同じAIの進歩でも、広告主がキャンペーンを実行するのをよりシンプルにしたいということであり、そのシンプルさを推進するためには多くのことが必要です。その背景には、シンプルさを追求するための多くの要素があります。その点については、フィリップがもう少し詳しく説明してくれます。

米国議会の独占禁止法案についてのご質問ですが。当社は企業として、常に建設的なアプローチをしてきましたし、賢明な最新の規制に対してもオープンです。テクノロジーが社会に有益であることは重要です。例えば、広く賛同を得ている分野はたくさんあります。特に連邦政府レベルでのプライバシー規制や、子供向けの製品の更新などを求めています。

現在提案されているいくつかの案では、これらの問題にまったく対応していません。私たちがユーザーに提供している幅広い人気のあるサービスや、製品を安全でプライバシーに配慮した安全なものにするために行っているすべての作業が壊されてしまうのではないかと、心から懸念している分野があります。また、場合によっては、米国企業だけが不利になることで、米国の競争力を損なう可能性もあります。

大まかに言うと、多くの機能を構築しようと考えたとき、それぞれの機能について考えなければならないのでしょうか。その機能がすべての規制に準拠していることを確認するにはどうすればよいか、どこで積極的に承認を得る必要があるか、などです。これらはすべて、意図しない結果をもたらす可能性があります。

私たちは、中小企業や地元の小売業者、そしてその顧客への影響を非常に心配しています。とはいえ、私たちはこの問題に建設的に取り組むことを約束します。私たちは常に、社会にとって有益な方法で物事に取り組み、実行したいと考えています。そして、意図しない結果を考慮するための時間を取るよう議会に要請しました。

フィリップ・シンドラー

最初の質問であるAIと広告製品への影響についてですが、当社では、パフォーマンスマックス(Performance Max)という製品を扱っています。パフォーマンスマックスについては、すでに説明しました。インサイトページについても説明しました。検索広告では、機械学習と自動化を活用した、本当の意味での「より良い共同作業」が始まったと言えるでしょう。広告主は、レスポンシブ・サーチ広告を使って、最高のパフォーマンスを発揮するクリエイティブを作成・選択し、ブロードマッチ・キーワードを使ってより関連性の高い検索クエリにマッチさせ、オークション・タイム・シグナルを使って最適な入札額を設定するなど、自動化に力を入れています。スマートビッディングですね。これらはほんの一例です。

例えば、データドリブンアトリビューションでは、高度なMLを使用して、ユーザーのプライバシーを尊重しながら、各マーケティングタッチポイントが実際にどのようにコンバージョンに貢献したのかをより正確に把握することで、広告主が成果を測定し、賢く入札することを支援しています。ディスプレイとディスカバリーにレスポンシブ広告を設置しています。レスポンシブ広告は、広告主から提供されたテキストや画像、動画などのアセットを使用して、最適なアセットの組み合わせを予測し、Googleのプロパティやディスプレイネットワーク上であらゆるサイズやフォーマットで表示します。私たちは、広告主が自動化に傾倒し、回復と成長戦略の中心となる新しい機会を特定できるよう支援しています。

ダニエル・サーモン

2対3よりも多いですね。フィリップさん、ありがとうございました。また、サンダさん、コメントありがとうございました。

オペレーター

ありがとうございました。最後の質問は、クレディ・スイスのスティーブン・ジューさんからです。お待ちしております。

スティーブン・ジュー

はい。どうもありがとうございました。一つだけにしておきます。それでは、全体像を少しずつ見ていきましょう。Sundarは、4年ほど前にGoogleが次の10億人のユーザーについてのブロックポストを発表しましたが、インドやその他の新興市場向けに製品を開発することで、他の地域で何をすべきかがわかると思います。以前、Tezがその顕著な例であるとお話しされていたと思います。今後も海外に目を向けて、さまざまな製品やサービスの方向性を考えていくべきかどうか、お話しいただけますか?ありがとうございます。

サンダー・ピチャイ

ありがとう、スティーブン。素晴らしい質問ですね。そして、その傾向は今後も続くと思います。あなたがおっしゃったのは、明らかに支払いのことですね。この傾向は、当社のグローバルな決済戦略にも反映されています。一般的に、私たちはこのような新しい市場について深く考えようとしており、それは「すべての人にとってより公平なインターネットを構築する」という私たちのミッションに沿ったものです。

最近行ったことをいくつかご紹介しましょう。1年前、私たちは100億ドルの「Google for India Digitization Fund」を発表しました。これは、インドの将来性やデジタル経済に対する私たちの自信の表れであり、インドで製品を作りたいという私たちの願望を表していますが、これは世界的にも役立つと考えています。また、昨年の2021年10月には、アフリカに10億ドルを投資する計画を発表しました。これも、起業家を支援し、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援し、アフリカのユーザー向けにアフリカで製品を作り始めることを目的としています。

私はすでにそれを見ています。インドのYouTubeを見ると、先ほど話したコマースのアイデアのいくつかは、まずインドで成功を収めるかもしれません。インドで実施した後、グローバルに展開することになるでしょう。このように、私たちは常にチャンスを探しています。

運営者

ありがとうございました。以上で質疑応答を終了します。では、最後にジム・フリードランドさんからご挨拶をお願いします。

ジム・フリードランド

皆さん、今日はありがとうございました。2022年第1四半期の電話会議でまたお話できることを楽しみにしています。それでは、良い夜をお過ごしください。

オペレーター

ありがとうございました。これで本日の電話会議は終了です。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

ABOUT ME
赤虎めだか
こんにちは。【赤虎めだか】です。 よろしくお願いします。 ・アラフィフ(男) ・うお座のB型 ・職業:BPMコンサルタント ・副業で太陽光発電所を2基 ・VTI・GAFAMRをコアに米国株投資を実践 ・趣味はめだかのブリーディングと焼き物(食器)集め