米国株決算

ズーム・ビデオ(Zoom)2022年第二四半期決算【ZM】

ZM-2022-Q2タイトル

2021年8月30日の引け後にズーム・ビデオ(Zoom)(ティッカー:ZM)の2022年第2四半期決算発表がありました。

  • EPS: 予想$1.16に対し、$1.36
  • 売上高:予想9.9億ドルに対し、10.2億ドル
  • 売上高成長率:前年同期比+54%
  • 2022年第3四半期EPSガイダンス:予想$1.09に対し、$1.07~$1.08
  • 2022年第3四半期売上高ガイダンス:予想10.1億ドルに対し、10.15~10.2億ドル
  • 2022年通年EPSガイダンス:予想$4.66に対し、$4.75~$4.79
  • 2022年通年売上高ガイダンス:予想40億ドルに対し、40.05~40.15億ドル
  • 初の10億ドル規模の収益を達成
  • 直近12ヶ月の売上高が10万ドル以上の顧客数は2,278社(前年同期比+131%)
  • 従業員数10名以上の顧客の12ヵ月間の純ドルベースの拡大率は、13四半期連続で130%を上回る
  • CFO発言:オンラインビジネスは、小規模な顧客や消費者が環境の変化に適応していく中で、今後数四半期の間に逆風となることを見通している

 

決算発表予定210829タイトル
【備忘】米国株MyPF銘柄決算発表予定とコンセンサス予想(2021年8月29日現在)※決算の出た銘柄については、決算発表まとめ記事へのリンクを随時追加 こんにちは、赤虎です。 来週はMyPFの...

 

以下、資料の出典はいずれもズーム・ビデオ社IRページ

ZM-P6

◆ズーム・フォンの加速

  • 10万ドル以上のARR顧客数は、前年同期比241%(前四半期比32%)増の317社、うち100万ドル以上の顧客数は21社
  • 8月中に200万シートに到達予定
  • 2022年第2四半期末時点で、10K以上の有料会員数は26社(FY22上期に8社追加)

 

ZM-P7

◆第2四半期の強力な収益成長

 

ZM-P11

◆FY22.2Qの費用とマージン

  • 売上高
  • 売上総利益率
  • R&D(Research & Development)費用
  • S&M(Sales & Marketing)費用
  • G&A(General & Administrative)費用
  • 営業利益率

 

ZM-P15

◆FY22.3QのとFY22通期の見込み

 

カンファレンスコール日本語訳

ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(Zoom Video Communications, Inc. (NASDAQ:ZM) 2022年第2四半期決算カンファレンスコール 2021年8月30日 5:00 PM ET

会社の参加者

エリック・ユアン – 創業者兼最高経営責任者

トム・マッカラム – 投資家向け広報活動の責任者

Kelly Steckelberg – 最高財務責任者

カンファレンスコール参加者

イッタイ・キドロン – オッペンハイマー

スティーブ・エンダース(キーバンク

タズ・コジャルジ(グッゲンハイム

メタ・マーシャル(モルガンスタンレー

マシュー・ヴァンヴリート(BTIG

パトリック・ウォルレーベンズ – JMP証券

シェブリ・セイラフィ – FBN証券

ライアン・クーンツ – ニーダム

シティ・パニグラヒ – みずほ

アレックス・ズーキン – ウォルフ・リサーチ

ジェームズ・フィッシュ – パイパー・サンドラー

ウィル・パワー – ベアード

マシュー・ニクナム – ドイツ銀行

ボヨンキム – シティ

マット・ストットラー – ウィリアム・ブレア

チャイム・シーゲル – エラザー・アドバイザーズ

リシ・ジャルリア – RBC

自動音声 – 正体不明

オペレーター

皆さんこんにちは、zoomへようこそ。2022年度第2四半期の業績発表です。この通話は録音されていることを皆さんにお伝えしておきたいと思います。この時点で、インベスター・リレーションズの責任者であるトム・マッカラムに引き継がせていただきたいと思います。

トム・マッカラム

ありがとうございます、マット。皆さん、こんにちは。ズーム社の2022年度第2四半期決算説明会のビデオ・ウェビナーにようこそ。本日は、ズーム社の創業者兼CEOであるエリック・ユアンと、ズーム社のCFOであるケリー・ステッケルバーグが参加します。当社の決算プレスリリースは、本日の市場終了後に発表されました。このプレスリリースは、investors.zoom.comのIRページからダウンロードできます。

また、このページには、本日の準備演説のコピーと財務ハイライトのスライドデッキが掲載されており、決算発表の際には、GAAPとNon-GAAPの財務結果の調整も含まれています。この電話会議では、第3四半期および2022年度通期の財務見通しに関する記述を含む、将来の見通しに関する記述を行います。

財務およびビジネスの動向に関するズームの期待、ズームの成長戦略、および組織や人々が仕事、コミュニケーション、コラボレーションを再考する中で複数の面で進化を促進するビジネスへの願望、およびズームがプラットフォームとして成功するために十分な位置を占めていること。これらの記述は、現時点での見解に基づいた予測に過ぎず、実際の結果は大きく異なる可能性があります。

これらの将来の見通しに関する記述は、当社の業績および財務結果に影響を与える可能性のあるリスクおよびその他の要因の影響を受けます。これらの要因については、当社の年次報告書(フォーム10-K)および四半期報告書(フォーム10-Q)を含む、SECへの提出書類で詳しく説明しています。ズームは、本日のウェビナーで発表した将来の見通しに関する記述を更新する義務を負いません。

また、皆さんもご存知の通り、当社は7月にFive9を買収する意向を発表しました。当社がFive9と手を組むことに興奮しているのは明らかですが、規制当局の審査中であるため、今回は保留中の取引に関する議論や質問への回答は行いませんのでご了承ください。それでは、エリックに議論をゆだねます。

エリック・ユアン

そして、トムさん、ありがとうございました。また、本日のウェビナーに参加してくださった[Indiscernible]さん、ありがとうございます。まず始めに、お客様やパートナーの皆様の信頼とロイヤリティに感謝したいと思います。そのおかげで、当社は継続的に高い収益を上げ、複数の収益性とフリーキャッシュフローを達成することができました。

また、お客様やパートナーの皆様にハピネスをお届けするために献身的に働いている従業員にも感謝したいと思います。私は、Zoomを活用して自分たちの仕事を再構築した財務担当者たちの話を聞いて、胸が熱くなりました。特に、ハサウェイ社のチャーリー・マンガー氏は、Zoomが彼の人生に多くのものをもたらしてくれたと述べています。

私たちは、チャーリーが幸せなユーザーであることをとても嬉しく思っています。そして、もし私たちが[Indiscernible]になったら、私はCharlieの個人的なZoom技術サポートになることを推薦します。また、第2四半期にはいくつかのマイルストーンを超え、プラットフォームとして成功するための基盤が整いました。7月には「Zoom Apps」の提供を開始し、50以上のアプリをZoom Meetingsの体験に取り入れることができましたが、これはまだ始まったばかりです。

当社のプラットフォームの優れた点は、ワークフローと会議のやり取りが統合されたビデオ広告によって、開発者がさらに多くの機能を追加できるよう、当社のエコシステムが提供できることにあります。

Zoomが資金を追加することで、Zoom広告とSDKのエコシステムにおいて、すでに10社以上の新興企業に投資しています。開発者とのさらなる連携により、Zoomはイノベーションにさらに注力することができます。また、7月にはZoom Eventsの提供を開始しました。

Zoom Eventsは、企業や一般の人々を対象としたイベントを、簡単かつパワフルに開催できるソリューションです。既存のZoomビデオウェビナーやZoomミーティングと同様の機能を備えています。ズームトピアは、わずか2週間後に開催されるZoom Eventsで皆様とご一緒できることを楽しみにしています。第2四半期には、いくつかの大口のお客様からアップセルをいただきました。

ミーティングのライセンス数を6倍の約5,000に増やしたパケット支援のお客様や、世界的な金融サービス業のお客様が63,000以上のZoom Phoneライセンスを追加し、新たに最大のコストを計上したことは非常に喜ばしいことです。どちらの方法も、信頼性、シンプルさ、統合性の点で、Zoom Pitのレガシーソリューションを置き換える価値があります。そして、当四半期におけるいくつかの大きな成果をご紹介します。

まず、日本電気株式会社をズームファミリーに迎え入れました。日本を拠点とするNECは、「より明るい世界を求めて」というスローガンのもと、IPとネットワーク技術の統合をリードしてきました。NECは、グローバルに活躍する従業員の生産性、コラボレーション、そして幸福感を高めるために、Zoom Meetingを導入しました。ACCは約11万件のZoom Meetingのライセンスを導入しました。

私も取り組んでいきたいと思っています。スティーブ、あなたはそれらの知識を持っていた ZUMA Pharma.は、持続可能なパートナーシップに焦点を当てたソリューションの世界クラス、増加精密工学データストレージと管理を革新するグローバルマスデータストレージインフラストラクチャのリーダーですか?シーゲイトは最近、14,000以上のZoomミーティング・ライセンスと17,000以上のZoom Phoneライセンスを持つグローバル・コミュニケーション・インフラの近代化と統合を決定しました。

次に、Zoom phoneアプリの販売です。昨年の第2四半期には、エネルギーや化学製品に必要なMTD作業を安全かつ責任を持って行うための次世代技術を開発・適用しているExxon MobilとZoomプラットフォームを共通化しました。

Zoomはビデオ会議システムで、チームのグローバルなコラボレーションを可能にしていました。この1年で進化した我々のプロジェクトを見てきて、エクソンモービルがグローバルな従業員のためのユーザーエクスペリエンスをさらに高めるために、最近電話を導入することを決めたことに興奮していました。

展開と管理が非常に簡単なコミュニケーション・プラットフォームを活用しています。今回の顧客獲得に加えて、世界第4位の人口を誇るインドネシア最大の携帯電話事業者であるテルコムセル社との戦略的チャネルパートナーシップも締結しました。

Telkomsel社は、1億7,000万人の加入者が、デジタルワークプレイスにおいて、シームレスで信頼性の高いバーチャルミーティングを必要としていることを理解し、サポートしたいと考えています。私たちは、Azules開発者プラットフォームとホリデーブーランの力を活用して、企業向けのクラウド製品と消費者向けのZoomネイティブアプリを完全に統合したソリューションを提供することになるかもしれません」と述べています。

TelkomselとZoomのコラボレーションは、Zoomの強力な適合性と豊富な機能を持つプラットフォームと、Telkomselが販売する最高品質のNAGRAをローカライズされたインターフェースで組み合わせることにより、コミュニケーションを次のレベルに引き上げるものです。

これにより、お客様の生産性とコラボレーションを向上させる強力なツールが誕生します。[Indiscernible]. Seagate、ExxonMobil、Intelのコンセプト、私は皆さんを愛しています。会議やイベント、オフィステクノロジーを組み合わせたデジタルプラットフォームのひとつで、安定性、信頼性、インフレに対応した方法でソリューションを開発しています。

この基本的な講和は、ビデオ会議における当社のリーダー的地位を支えるものであり、ハイブリッドの世界における当社のプラットフォームとアドレス可能な市場を拡大するために、Zoom PhoneとZoom Roomsのさらなる成長を後押しするものです。今日、私たちは50万人以上のお客様を持ち、従業員数も多く、世界をリードするブランドであることは大変幸運なことです。当社の社内のイノベーション・エンジンは非常に強力です。

また、Zoomアプリ、開発者エコシステム、そしてAI分野での当社の地位を強化するための現金などの買収により、成長を続けています。組織や人々が仕事の条件やコラボレーションを再考する中で、私たちはこの進化を多面的に推進するという一生に一度の機会に直面しました。

5,700人を超える従業員の懸命な働きと、忠実なお客様からの信頼に改めて感謝します。私たちは、ハイブリッドな仕事を受け入れ、それを可能にするプラットフォームとして成功するために、非常に有利な立場にあります。今後の展開にとても期待しています。旅はまだ始まったばかりです。それでは、ケビンにバトンタッチさせていただきます。ありがとうございました。

ケリー・ステッケルバーグ

ありがとうございます、エリック。そして皆さん、こんにちは。盛りだくさんの第2四半期でしたが、いくつかのハイライトがありました。まず第一に、エンタープライズ分野の好調が挙げられます。ARRが100万ドル以上の企業顧客数を、前年同期比で77%増加させることができました。

そして2つ目のハイライトは、Zoom Phoneの加速です。Zoom PhoneのARRが10万ドルを超えるお客様の数は、前年比で241%増加しました。

8月には、最初の100万席達成からわずか8ヵ月で、Zoom Phone 200万席を達成する予定です(実際には、この電話の直前に達成しました)。2022年度上半期には、10,000席以上のZoom Phoneユーザーを8社追加し、合計26社となりました。

また、第2四半期には、これまでのZoom Phoneの最大契約数の記録を同日に2回更新しました。重要なことは、パンデミックが始まって以来、第1四半期いっぱいで前年同期比を記録したばかりですが、お客様がより熟慮し、慎重な購入パターンに戻っていることを確認しています。

第2四半期および上半期の売上高、収益性、キャッシュフローは好調でしたが、その他の指標も正常化し始めており、特に前例のない前年同期比でのコストと比較すると、その傾向は顕著です。第2四半期の総売上高は前年同期比54%増の10億2,000万ドルとなり、初めて10億ドルを超える四半期となりました。年間ランレートが10億ドルに達してからわずか5四半期。

トップラインの業績は、ガイダンスのハイエンドである9億9,000万ドルを上回りました。当社は、オンラインビジネスの2倍の成長率を誇るダイレクト&チャネルビジネスの強化に着手しました。Zoom Phone、Zoom Rooms、およびAsia-Pacも当四半期に加速しました。

当四半期の売上高の前年同期比増加は、新規顧客と既存顧客の健全なミックスによってもたらされたもので、新規顧客が売上増加分の約74%を占め、既存顧客が売上増加分の26%を占めました。当四半期の主要な顧客指標を見てみましょう。

当四半期において、10万ドル以上の収益を上げている顧客数は2,278社となり、アップマーケットにおいて前年同期比131%の成長を遂げました。従業員数10名以上の顧客数は、前年同期比36%増の約504,900社で、売上高の64%を占めています。第2四半期は、従業員数10名以下のお客様が売上高の約36%を占め、昨年の第2四半期と同様の結果となりました。

しかし、昨年第3四半期の38%という高い数値からは低下しています。先に述べたように、この層は中小企業と通常オンラインで購入する消費者で構成されており、変動が大きいため、お客様が環境の変化に適応するにつれて、売上高に占める割合は今後も減少すると予想しています。

従業員数10名以上の顧客に対する純ドルベースの拡大率は、13四半期連続で130%を超えました。これは、既存の顧客がズームを利用する機会を増やし、Zoom PhoneやZoom Roomsのアップセルがペースアップしたためです。当四半期は、国内および海外の市場がともに力強い成長を遂げました。米州の売上高は前年同期比で50%増加しました。

APACとEMEAを合わせた収益は、前年同期比で62%増加し、収益の約33%となりました(前年同期は31%)。当四半期には、国際的なチームに多大な投資を行いました。アジア太平洋地域では、当社の直販チームが企業向けセグメントでいくつかの強力な勝利を収めました。しかし、欧州・中東・アフリカ地域では、主にオンラインセグメントの落ち込みにより、いくつかの逆風が吹いています。

次に収益性についてですが、GAAPベース、Non-GAAPベースともに好調です。ここでは、株式ベースの報酬費用および関連する給与税、普通株式の慈善寄付、買収関連費用、訴訟費用(純額)、戦略的投資にかかる損益を除いたnon-GAAPベースの業績に焦点を当てます。

第2四半期のnon-GAAPベースの売上総利益率は、前年同期の72.3%、今年第1四半期の73.9%に対し、76.2%となりました。売上総利益率が前四半期比で改善したのは、主にデータセンターの新規稼働と、夏季の学校を中心とした利用の減少によるものです。

現在、売上総利益率の見通しは、前回説明したものよりも高くなると予想しています。当年度の残りの期間は約75%です。引き続き3Kから12Kまでの教育をサポートしていきます。研究開発費は、前年同期比89%増の約5,400万ドルとなりました。

総売上高に対する研究開発費の比率は約5.3%でした。昨年の第2四半期から増加しており、世界各地のエンジニアリングチームを強化し、クラス最高の製品と革新性を維持するための継続的な取り組みを示しています。

営業費用は、前年同期比72%増の2億1,100万ドルとなりました。営業費用は総売上高の約20.7%を占め、前年同期に比べて増加しました。これは主に、将来の持続的な成長を促進するための投資と採用によるものです。

当社は、会議、電話、部屋、イベントなどで営業チームにさらなるリードをもたらすために、グローバルな営業力強化のための投資や、デジタルマーケティング、イベントへの投資を拡大する予定です。これは、これらの機能を拡張し、新たな規模に対応するためのシステム、自動化、およびコンプライアンスへの投資を継続したためです。

当四半期の営業費用は、総売上高の約8.7%で、前年同期比で若干増加しました。当四半期の収益の改善は最終損益にも反映され、non-GAAPベースの営業利益はガイダンスを上回る4億2,500万ドルとなりました。

この結果、第2四半期のNon-GAAP営業利益率は41.6%となり、前年同期および今年の第1四半期と同様の水準となりました。第2四半期のNon-GAAPベースの希薄化後1株当り利益は、Non-GAAPベースの加重平均発行済株式数約3億600万株により、1.36ドルとなりました。

この結果は、ガイダンスの上限を0.21ドル、前年同期を0.44ドル上回りました。貸借対照表に目を向けると、第2四半期末の繰延収益は12億ドルで、前年同期の7億4,300万ドルから59%増加しました。また、請求済みおよび未請求の契約を合計すると、RPOは約23億ドルとなり、前年同期の14億ドルから66%増加しました。

RPO総額の約69%が今後12ヵ月間に収益として計上される見込みですが、前年同期は72%でした。当社のビジネスの40%以上は毎月構築され、一般的にオンラインで購入されるため、繰延収益やRPO費用は将来の収益成長を予測する上で信頼できるものではないことを覚えておく必要があります。

前四半期に述べたように、更新のタイミングは年度初めにシフトしており、現在は第1四半期が最大の更新四半期となっています。このような季節性の変化は、FY21の前半に大きな成長を遂げたことによるものです。

当社のベースラインの規模や、既存の契約に合わせてアップセルを行っていることから、このような前倒しの季節性は今後も継続し、さらに顕著になる可能性があると考えています。そのため、第2四半期から第3四半期にかけて、繰延収益とRPOの合計額は若干減少すると予想しています。

当四半期の現金・預金および現金同等物・有価証券残高は、制限付き現金を除き、約51億米ドルでした。当四半期の営業キャッシュフローは好調で、前年同期の4億100万ドルから4億6800万ドルに増加しました。フリー・キャッシュ・フローは4億5,500万ドルで、前年同期の3億7,300万ドルから増加しました。この増加は主に、トップラインの成長と規律ある支出によるものです。

今年度の残りの期間については、当社の成長見通しを支えるために、継続的なデータセンターの拡張に関連する資本支出の増加を見込んでいます。さて、ガイダンスについてですが、刻々と変化する世界的なパンデミックの性質は、引き続き当社のセグメントおよび地域に様々な形で影響を及ぼします。

当社の見通しは、ビジネス環境に関する当社の現時点での評価に基づいています。具体的には、ダイレクト&チャネルビジネスが引き続き力強い成長を遂げる一方で、オンラインビジネスは、小規模な顧客や消費者が環境の変化に適応していく中で、今後数四半期の間に逆風となることを見通しています。

FY22.3Qの売上高は、11億5,000万ドルから10億2,000万ドルの範囲内となる見込みです。non-GAAPベースの営業利益は、3億4,000万ドルから3億4,500万ドルの範囲となる見込みです。non-GAAPベースの1株当り利益は、約3億900万株の発行済み株式をベースに、1.07ドルから1.08ドルを見込んでいます。

FY22の通期については 売上高は40億5,000万ドルから40億1,500万ドルの範囲となる見込みで、これは前年比で約51%の成長となります。non-GAAPベースの営業利益は約15億ドルから15億1,000万ドルの範囲を見込んでおり、これは前年比で約53%から54%の成長となります。

non-GAAPベースの1株当り利益は、約3億800万株の発行済み株式をベースに、4.75ドルから4.79ドルを見込んでいます。最後になりましたが、2週間後に開催されるZoomtopia.では、エキサイティングな製品アップデート、ゲストスピーカー、バーチャルネットワーキングの機会を提供する2日間の没入型体験に皆様をお迎えしたいと思います。

また、ズームトピアの初日には、財務アナリスト向けのブリーフィングにご参加いただき、Zoom Phoneやプラットフォーム、チャネルパートナーシップなどについて詳しくご説明いたします。また、いつものように、高品質で摩擦のない安全なコミュニケーションプラットフォームにより、世界中の人々のつながりとコラボレーションを可能にする原動力となることを、ズームは感謝しています。

Zoomチーム全員、お客様、コミュニティ、そして投資家の皆様に感謝します。まだビデオを有効にされていない方は、この会議のインタラクティブな部分のために今すぐ有効にしてください。マットさん、最初の質問をお願いします。

質疑応答セッション

運営者

最初の質問は、オッペンハイマー社のイッタイ・キドロンさんです。

イッタイ・キドロン

こんにちは、ありがとうございます。[ありがとうございます。今回も素晴らしい四半期でした。ケリー、私はこのポジションに注目したいのですが、明らかにあなたは [Indiscernible] 驚異的な成長を遂げていますよね。

私の計算では、ニューヨークの拡大率が非常に大きく減速しています。私の計算では、ニューヨークの拡大率が非常に大きく減速していますが、これは特に会議が減速していることと関連しているのではないかと思います。この2つの要素の成長への貢献度を考え、今後1年間でどのように変化するかを教えてください。

ケリー・ステッケルバーグ

拡大という意味では、あなたが算出した暗黙の拡大率のことを言っているのだと思います。

イッタイ・キドロン

はい、そうです。

Kelly Steckelberg

そうですね。まず最初にお伝えしておきたいのは、この計算には当社のすべての顧客基盤が含まれているということです。先に述べたように、当社のオンライン部門には確かに逆風が吹いています。

つまり、売上高の内訳は示していませんが、ミーティングと電話の両方において、アップマーケットの企業が引き続き好調であることを示しており、インプライド・メトリクスで問題が生じているのは、実際にはオンライン・セグメントによるものです。

イッタイ・キドロン

ということは、このカテゴリーではようやく解約が増えてきたと解釈しています。景気が徐々に回復してきて、企業が利用を控えるようになってきているので、今後はこのように考えてよいのでしょうか?

Kelly Steckelberg

ええ、オンラインビジネスは主に中小企業や個人を対象としています。私たちが見てきたのは、デルタ航空の未来はまだ未知数であり、未知数ですが、特に個人が世界中を移動して快適に過ごしているのを見ています。

私たちは、ほとんどの人が直接会って交流しており、Zoom Happy Hoursのような活動は少なくなっていると話していたと思いますが、そこにはいくつかの課題が見え始めています。ネットドルの拡大とオンラインセグメントが、この数字を少しずつ下げている要因ですが。

イッタイ・キドロン

いいですね。ありがとうございます。

オペレーター

次の質問は、キーバンクのスティーブ・エンダースさんです。

スティーブ・エンダース

はい。私の質問に答えていただきありがとうございます。下半期の傾向についてもう少し詳しくお聞きしたいと思います。少しずつ下降しているように見えますね。下降トレンドだったのが、上昇トレンドになったということです。ただ、アナログで見られる最大の変化は何なのか、もっとよく理解したいと思います。また、この3ヶ月で何が変わったのかを具体的に教えてください。

Kelly Steckelberg

繰り返しになりますが、当社のアップマーケットには引き続き力強さがあります。企業向けにも期待しています。国際電話は、第2四半期に成長が加速しました。一方で、オンライン事業には減速感が見られます。パンデミックの終息はまだ先のようですが、人々がより快適に旅行できるようになったことは喜ばしいことです。

これは、流行の終息にはほど遠いものの、人々がより快適に旅行を楽しめるようになったことを喜ばしく思っているからです。年初にガイダンスを発表した時に遡ると、年末に向けてそうなると予想していましたが、予想よりも少し早く起きてしまったようです。もちろん、世界中で人々が移動していることは喜ばしいことですが、前述のように、オンライン部門に逆風が吹いていることは確かです。

スティーブ・エンダース

わかりました。企業がオフィスに戻ろうとしているときに、ズームルームやその製品を使った増産活動の機会はありますか?

Kelly Steckelberg

その通りです。税率が第1四半期から第2四半期にかけて前四半期比で2倍以上になったことを受けて、お客様が計画を立てたり考えたりしているので、非常に喜ばしいことです。このように、企業は従業員をオフィスに戻すための準備や計画を進めています。

スティーブ・エンダース

そうですね。完璧ですね。私の質問に答えてくれてありがとう。

ケリー・ステッケルバーグ

Yerahです。ありがとうございます、スティーブ。

運営者

次の質問は、グッゲンハイムの地質担当です。Tazさん、ミュートになっていますよ。

Taz Koujalgi

私の声が聞こえますか?

ケリー・シュテッケルバーグ

はい。

Taz Koujalgi

申し訳ありません。Zoom Phoneについて質問があります。今晩発表された数字を見ると、この4ヶ月間で約100万席だったと思います。それ以前は、四半期ごとに約5億シートを追加していましたが、今四半期はシート数の増加がやや鈍化しているように見受けられます。これは妥当なコメントでしょうか?

Kelly Steckelberg

12月に100万席達成と発表し、4月の電話会議で150万席と発表し、今回の電話会議で200万席と発表したので、ほぼ同じ時期になりました。ですから、ほぼ同じペースですね。

Taz Koujalgi

分かりました。オンライン部門の低迷とのことですが、これは解約の増加によるものなのでしょうか、それとも新規顧客の獲得が遅れているのでしょうか?

Kelly Steckelberg

両方の要素があります。先に述べたように、特にEMEAのような特定の地域でいくつかの課題が見られました。この地域では、少なくとも一時的に世界がよりオープンになり、人々が移動するようになりました。このような地域では、人々が世界に出て行くことを利用していることがわかります。そのため、トップラインの予約が伸び悩んだり、解約が加速したりしています。

Taz Koujalgi

ありがとうございました。

運営者

次の質問は、モルガン・スタンレーのメタ・マーシャルさんです。

メタ・マーシャル

ありがとうございます。Kellyさんは、これまでの中小企業向けのコメントから離れて、企業向けのコメントに焦点を当てていますが、より詳細な支出パターンを見ています。

その意味を理解しようとしています。それは、追加するシート数を平準化するということなのか、それとも、これまでのシート数を合理化するということなのか、あるいは、自社で保有しているいくつかのビデオソリューションを合理化するということなのか。このようなコメントは何を意味しているのでしょうか?企業向けビジネスについてのより正確なパターンとは?ありがとうございます。

Kelly Steckelberg

ありがとうございます、Metaさん。私たちは、第1四半期に少しずつ始まり、第2四半期に入っても続いています。これは、必ずしもお客様がどれだけ購入しているかという点ではなく、お客様が時間をかけて購入するという点で、より慎重で思慮深い購入方法だと思います。

例えば、より完全なコンセプト実証を行っています。1年前は、ほとんど電気をつけずにグリッドカンパニーを購入するような段階でしたが、今は時間をかけて慎重に検討しています。

そして、パンデミック前のような、より正常な購買パターンに戻っています。昨年の4四半期は本当に一時的なもので、今は、お客様の[Indiscernible](不明)に対するより正常な測定効果に戻っていると思います。

メタ・マーシャル

その一環として、今は電話での意思決定がいくつかありますが、それに関連したことを教えてください。

ケリー・ステッケルバーグ

確かに、携帯電話は購入サイクルが異なりますが、通常、携帯電話にたどり着く頃には、すでにズームを知っていると思います。ですから、必ずしもペースダウンしているわけではなく、時間をかけて考えながら決断しているのだと思います。

メタ・マーシャル

わかりました、ありがとうございます。

運営者

次の質問は、BTIGのMatthew VanVlietさんです。BTIGです。

マシュー・ヴァンブリエ

質問を受けていただきありがとうございます。「拡大電話」の成功が続いているようですが、非常に大きな案件がいくつかありました。コンタクトセンターのアップグレードを検討している企業からの問い合わせがどのくらいあるのか気になりますが、どのような状況でしょうか。

明らかにFive9とのパートナーシップは以前から行われていましたが、もっと一般的に言えば、Zoom Phoneへのアップグレードが、潜在的にコンタクトセンターを含む広範囲な近代化の一部となることはどれくらいあるのでしょうか?

Kelly Steckelberg

[その通りです。そのあたりの具体的なことは、実は頭の中ではよくわかりません。電話とコンタクトセンターを統合したソリューションは、多くの企業にとって非常に重要であることは明らかです。

そのため、Five9社との提携には期待しています。また、他にもパートナーシップを結んでいます。ですから、その点については何も変わっていません。戻って見てみないとわかりません。RBTが知っている典型的なキャッチレートは正確には知りませんが。エリックさん、そのあたりの見解を聞かせてください。

エリック・ユアン

もちろん、私たちのインストールベースは、PBXシステムからクラウドへの移行を望んでいると思います。これは、販売台数が減少したときの大きなチャンスです。また、パンデミック以降、企業のお客様の中には、「ちょっと待ってくれないか」という声が聞こえてくるようになりました。

また、パンデミック以降、企業のお客様が「おたくのクラウドは何ですか?また、パンデミック以降、企業のお客様から「おたくのクラウドは何ですか?これは、コンタクトセンターのブランドと新たな収益源のためだけではなく、電話事業をさらに成長させる可能性があるからです。

デジタルトランスフォーメーションの進展により、ほとんどの企業のお客様が、ますます多くのお客様を減らしていることを考えると、我々は非常に興味を持っており、タイミング的にも、コンタクトセンターの成長を倍増させるには最適なのです。

マシュー・ヴァンヴリート

素晴らしいですね。続いて教育関連では、学校の授業が再開されます。しかし、このようなインストールベースの収益化の可能性はどのようなものでしょうか。比較的無料のソリューションであることに変わりはないと思いますが、その戦略はどのように進化していくのでしょうか。考えてみてください。

エリック・ユアン

マット、その質問に答える前に、ご存知のように、私はボディシェアに対応しています。RとCの数は、いくつかのコミュニティで読まれていますよね?K2をサポートするために近い、これは誰ですか?私はそれが私たちのためのブレーンであることがわかります。これはポール・ザットであり、コストもかからず、どこがクラウドなのかと感じています。

私たちは、学校に通える人たちのためのサービスをどのように収益化するかを考えたことはありませんでしたが、今ではみんな学校に戻っています。

例えば、無料のユーザーですね。去年は、ネガティブなことを求めている人たちに報酬を与えるために非常に忙しかったです。以前のようなマネタイズの方法を考えるためのボトムがないくらいです。つまり、どうやって消費者と抱き合うかということですよね。

以前はそんなことは考えもしなかった。今がその時ですよね?消費者の信用をどうやって受け入れるかを考える。どうやってマネタイズするか。これは私たちがとても楽しみにしていることです。私たちは、学校全体でこれをマネタイズしたくはありません。[いつものように生活習慣に責任を持つようにしましょう。

マシュー・ヴァンヴリート

ありがとうございます。

エリック・ユアン

ありがとうございます、マットさん。

運営者

次の質問は、JMP証券のパット・ワラベンスさんです。

パトリック・ワラベンス

よろしくお願いします。ありがとうございます。皆さん、こんにちは。これほどまでに急成長し、現実的に多くの需要を前倒しした企業はかつてなかったと思います。なぜなら、誰もがビデオ会議のソリューションを迅速に導入する必要があったからです。今期の54%を見ると、ケリーさんのガイダンスでは、第3四半期は30%、31%、第4四半期は15%となっていますね。

このような状況を踏まえて、エリックさんにお聞きしたいのですが、この超成長期からより合理的な成長期に移行するために、今後1年間で最も優先すべき1~2項目を教えてください。それを教えていただければ、とても助かります。

エリック・ユアン

そうですね、パトリックさん、素晴らしい質問ですね。まず第一に、パンデミック前の状況を見ると、当社の売上高を見て、常に企業コストに注目しています。逆に、2つ目の収益源であるZoom Phoneを導入しましたが、どちらも好調です。そして、3つ目、4つ目をどうやって導入するか。

どうやってそれを倍増させるか。しかし、私たちが実現したことの中には、数年前にパンデミック危機を経験したことがあり、おそらく計画を立てるべきでした。私たちが持っているホスピスサービスの種類。

今、実際には、常に[Indiscernible]である私たちのデバイス内コストをサポートするために、より多くの収入源、新しいサービスを導入する方法によって取り出すことができます。基本的には、これは当社の全体的なプラットフォームの一部です。そして、その中には、私たちの前に新しいチャンスがあります。先ほど述べたように、これほど多くの消費者がいて、プラットフォームに忠実な人がいるとは思っていませんでした。使用率はまだかなり低いです。

そして、いかにして消費者の信用を獲得するかということも、私たちの頭の中では重要なことです。以前は考えたこともありませんでしたが、今がその時です。企業向けプラットフォームにも目を向けていますし、消費者向けにも目を向けています。これらは今後も当社の成長の原動力となるでしょう。

パトリック・ワラベンス

それは素晴らしい、ありがとう。

エリック・ユアン

ありがとうございます、パトリック。

オペレーター

次の質問は、FBN証券のShebly Seyrafiさんです。

Shebly Seyrafi

どうもありがとうございました。第4四半期の暗示的なガイドを見ています。第3四半期の30%前後からプラスマイナスで12%前後の販売に誘導しているようですが、同様の比較ができると思います。しかし、第3四半期に比べて前四半期比で減少する可能性もあります。

その理由を詳しく説明していただけますか?オンラインでの問題についてお話しされましたね。例えば、オンラインの問題はいつまで続くのでしょうか?また、第4四半期に10%から12%の成長を達成した場合、その後、比較が容易になった場合には、加速すべきでしょうか。また、来年についてはどのように考えるべきでしょうか?

ケリー・ステッケルバーグ

第4四半期の状況については、オンライン部門の逆風に対する不確実性が引き続き影響しています。来年の見通しについては、残念ながら今日はまだお伝えできません。残念ながら、今日はFY’23のガイダンスを発表する準備ができていません。第4四半期の決算発表の際に、ガイダンスを発表する準備をします。しかし、それこそが第4四半期に引き続き、その原動力となるものです。

シーブリー・セイラフィ

そうですか。オンラインの問題が、米州やアジアよりも欧州・中東・アフリカで大きくなる理由は何かありましたか?

Kelly Steckelberg

これはパンデミックの問題ですね。私たちが見てきたのは、国や市場がパンデミックのライフサイクルのどの段階にあるかによって、地域やセグメントごとに異なるということです。この1年半の間に、市場ごとに変化していることがわかりました。今、すべての企業が直面している課題だと思います。将来のことを考えると、パンデミックの不確実性が非常に高いため、正確に予測するのは難しいのです。

エリック・ユアン

ケリーが言ったことを補足します。[欧州・中東・アフリカ地域における当社のユーザー数の割合は、1,000万人を超えています。季節性も要因のひとつです。特に夏場は、COVIDの件もありますし、そこのユーザーはもう少し長い休暇を取っていたのではないでしょうか?このように、キーセンターには季節性があり、それがこちらのユーザーベースとの大きな違いとなっています。

Shebly Seyrafi

わかりました。ありがとうございました。

エリック・ユアン

ありがとうございました。

オペレーター

次の質問は、ニーダムのライアン・クーンツさんです。

ライアン・クーンツ

ご質問ありがとうございます。エンタープライズ分野での進捗状況をお聞きできてよかったです。順調に進んでいます。APACでは本当に強いようですね。グローバルで2,000人規模の技術者を獲得するための鍵となるような、特定の市場分野やアプリケーションについて、補足説明をお願いします。ありがとうございました。

エリック・ユアン

まず第一に、当社の市場への取り組みとしては、教育やヘルスケアが非常に好調で、[Indiscernible]のような海外市場に進出した際には、より多くの機会をもたらしてくれるでしょう。また、Telkom, Telkomsel, [Indiscernible] Lose 10のような化学的なパートナーシップもあります。さらに、それらの[Indiscernible]国のそれぞれに私たちが浸透するために役立ちますよね?新しい機会のほとんどに。

最近では、Zoom広告を開始しました。また、いくつかのパートナーのように、ファストテクノロジーのようなiPhone用の新しいソリューションアプリを構築しました。このように、我々が自ら構築する必要のない新しい機会がたくさんあると思います。

そのようなお客様は、私たちのAPIやUK、Zoomアプリを活用して、あらゆる種類の新しいソリューションを構築することができます……これらすべての垂直市場に希望を託すことができますし、部門でも同じですよね?そこに快適な機会があるのです。では、企業内の[Indiscernible]タイプのアプリケーションにアップセルする機会もあるのでしょうか?

ええ、両方ともですね。なぜなら、[Indiscernible]の健全なビジネスの一部は、Zoomをインストーラーベースにもたらし、また、彼らは私たちを購入するからです。基本的には、非常に健全なチャネルであり、彼ら自身の証人となるだけでなく、我々にとってもより大きなチャネルとなっています。

ライアン・クーンツ

役に立つ

運営者

次の質問は、みずほのSiti Panigrahiさんです。

シティ・パニグラヒ

私の質問に答えてくださってありがとうございます。私の質問にお答えいただきありがとうございます。第1四半期、第2四半期、これらは大きな更新の四半期でした。今はそれが遅れています。そこで、市場開拓戦略にどのような変更を加えているのか、主に四半期ごとの売上削減を強化しているのか、あるいは通常の環境に合わせた変更を行っているのかを教えてください。

また、ニュースは大きなクロスセルの機会のひとつですが、より正常な更新環境になったときに、電話についてどのように考えるべきでしょうか?

Kelly Steckelberg

私たちは、販売力強化のための投資を続けています。特にアジア太平洋地域など、チャンスが多いと思われる地域に注力しています。最近、アジア太平洋地域で新しいリーダーを採用しましたが、彼のリーダーシップによる進捗状況にとても期待しています。

また、マーケティングへの投資も継続して行っています。パンデミック後の状況を少しでも改善するために、昨年のようなブランド認知度の向上を期待するのではなく、継続して行っています。現在は、デジタルマーケティングキャンペーンに加えて、Zoom PhoneやZoom Roomsなどの具体的な製品マーケティングにどのように投資していくかを引き続き検討しています。つまり、コミュニティが全世界のチームに新たなリードをもたらすことを支援するのです。

また、チャネルは引き続き当社の市場開拓において非常に重要な役割を果たしています。第2四半期のズームフォンの売上の約27%をチャネルが占めており、第2四半期にはマスターエージェントやパートナーを6社追加しました。今後もグローバルにチャネルへの投資を続けていきたいと考えています。

Siti Panigrahi

ありがとう、ケリー。

Kelly Steckelberg

同じです。

運営者

次の質問は、ウォルフ・リサーチのアレックス・ズーキンさんです。

アレックス・ズーキン

みなさん、こんにちは。質問を受けてくださってありがとうございます。私は、以前にもここで取り上げられたことのある話題に触れようと思います。というのも、現時点で当社に投資している多くの人は、当社のオンライン以外のストーリー、つまり企業ストーリー、大企業ストーリーに投資していると思うからです。そこにはたくさんの指標があります。

これらの指標には、多くの汚染や雑音があります。投資家にとって重要なビジネスの部分、つまり10人以上の従業員と顧客の基盤の成長を、予約の増加や収益の増加の観点からどのように考えればよいのでしょうか?

また、パンデミックや中小企業の数年に一度の購買パターンによるビジネスへの逆風はいつ頃解消されるのでしょうか?それはいつですか?また、当社の成長率が正常化するのはいつになるのでしょうか?

ケリー・シュテッケルバーグ

まず第一に、私たちは皆さんに長期的な可能性を秘めたアップマーケットに注目していただきたいという点で、あなたと同じ意見です。思い出していただきたいのですが、第2四半期のこの分野の成長率は、オンライン事業の2倍でした。このことからも、この2つのセグメントが少しずつ乖離していることがおわかりいただけると思います。

今後の展望としては、先ほどお話した純ドル、つまり暗黙の純ドル拡大率に注目するのが一番だと思いますが、いかがでしょうか。ここで何が起こっているかというと、オンライン部門の純ドル拡大率が1を下回っていることです。

これで、何が起きているのか、この2つの異なる事業セグメントをどう考えればいいのかがおわかりいただけると思います。どこに谷があるのでしょうか?パンデミックを予測することは、世界の誰にとっても難しいことだと思います。

ワクチンがより広く行き渡ることは喜ばしいことですが、残念ながら、世界の特定の地域でデルタが拡大し続けているのを見ると、ここ数週間でも、ある種の力強さを感じることができます。ですから、世界中での亜種の広がりという点では、今後の状況次第だと思います。

アレックス・ズーキン

分かりました。エリックさんからは、ヨーロッパの季節性や休暇についてのお話がありましたね。EMEAの中小企業と米国の中小企業の差を曖昧にして、その変化の大きさを把握する方法はありますか?

エリック・ユアン

全体的に見て、私たちのアップマーケットは好調だと思っています。特に北米では、先ほどの話にもありましたが、SMBのマスマーケットでは、前四半期に比べて季節性が高まり、COVIDの状況も確かに良くなっていますが、我々の方が長いので、少し悪くなっているかもしれません。

電話をアップセルしたり、ズームルームを導入したりするのは、会社がオフィスに戻り始めているからです。新しい機会が訪れています。また、これらの市場は非常に好調です。だからこそ、EMEAは中小企業、企業、そして大企業に対して非常にタイムリーだと言っているのですが、大きな利益は得られませんでした。そして、政治のハイブリッドな仕事に動揺しています。

APACについては、前四半期は全くそのようなことはありませんでしたが、現在はどうでしょうか。全体的には、先ほどの発表にあったように、すべてを企業に還元することが重要だと考えています。というのも、昨年までは、オンラインチャネルは単なるマーケティングチャネルだったと思います。しかし、マーケティング・チャネルとしてだけではなく、比率的には当社の収益の多くを占めています。

今、重要なのは、その割合がどのように変化していくか、あるいはパークウェイのようにコールインデバイスのお客様に集中できるかということです。さらに、私たちが有名になったことで、オンライン・ローンやユーザーのマネタイズに新たな機会をもたらしてくれるでしょう。

私はそう言いたい。つまり、皆さんは、オンラインで落ちていくような持続可能な戦略を手に入れたのです。私はユーザーの収益化、オンラインのインストールベースを利用して収益化する。だからこそ、私たちは将来をとても楽しみにしているのです。

イッタイ・キドロン

ありがとうございました、皆さん。

エリック・ユアン

アレックス、ありがとうございました。

運営者

次の質問は、パイパー・サンドラーのジェームズ・フィッシュさんです。

ジェームズ・フィッシュ

ご質問ありがとうございます。シーゲイトとの契約を例にとると、電話機が既存の顧客の席数を増やすことにつながっているケースはどれくらいありますか?あるいは、現在のインストールベースだけで、会議用の電話機を販売することで、既存の顧客の席数を増やすことができますか?

2回の機会がありますが、従業員よりもホストの数の方が少ないので、会議の席数はそれほど多くありません。

エリック・ユアン

ジェームズ、それは素晴らしい意見ですね。本当にその通りです。1年前にはそのようなことはありませんでした。通常はもっと多くのライセンスを購入しますし、ボブが言っていたように、当社の売上や、既存のインストーラーベースに対しては電話機のアップセルを行います。

新規のお客様にとっては、ビデオと音声の両方で1つのプラットフォームを利用することにコストがかかるため、ビデオと音声が1つのプラットフォームに収束しつつあることを理解していますし、当社のZoomでは現在非常に成熟しており、毎四半期非常に好調であるため、真新しいものではありません。

彼らはリスクを負いたくありません。非常に成熟していますし、ビデオと[Indiscernible]の両方を統合した画面もあります。基本的には、これからは、私にはわかりませんが、おそらく、ビデオを見るお客様がますます増えて、私たちにビデオを導入しようとしているのではないかと思います。今日は、それぞれのビジネスのダイナミズムを考慮して、最後の最大のものは、おそらく[Indiscernible]よりも多くのZoomシートを導入したかったのではないでしょうか。

ジェームズ・フィッシュ

ありがとうございます。

エリック・ユアン

ありがとうございます、ジェームズ。

運営者

次の質問は、ベアードのウィル・パワーさんです。

ウィル・パワー

よろしくお願いします。質問を受けてくださってありがとうございます。おそらく、ケリーさんに質問があると思います。従業員数10名以上の層、すなわち御社のアップマーケット部門について、1つはここからの顧客の成長をどのように考えればよいでしょうか?

また、2つ目は、正味の拡大について考えると、130%を超えています。その持続性はどうでしょうか?なぜなら、あなたにはいくつかの成長要因があり、大数の法則があなたに不利に働いているからです。その面での見通しをどう考えればいいのでしょうか?

Kelly Steckelberg

第3四半期の純ドルの伸びは、確実に30%以上を維持すると予想しています。そして第4四半期については、少なくともその範囲内に収まると考えていますが、1四半期先のことではありません。正確にはわかりませんが、第4四半期も同じ範囲に収まると考えています。

また、顧客数の増加に関しては、今後も大型案件による継続的な成長が期待できると思います。お客様の数は減少するかもしれませんが、大規模な取引による成長は今後も継続し、ご説明したようにZoom Phoneとのクロスセルの機会も増えていきます。

今期は、2つの大きな案件の記録を同じ日に更新しました。このように、大きなチャンスがあります。そして、オフィスに戻る予定だったので、Zoom Roomsにもチャンスがあります。

そして、イベントの開催も考えています。これからますます大きな顧客獲得のチャンスが訪れるでしょう。もうひとつ注目すべきことは、第4四半期にも話しましたが、念のために確認しておきたいことがあります。

今期、新たに最大の顧客となった案件がありました。これは新規のお客様であり、既存のお客様が販売権を得て最大のお客様になったということで、今後もこのような本当に大きなサイズの容器を見続けることができます。この傾向は今後も続くと思います。

ウィル・パワー

はい、ありがとうございました。

運営者

次の質問は、ドイツ銀行のMatthew Niknamさんです。

マシュー・ニクナム

質問を受けていただきありがとうございます。先ほど、お客様の購買パターンがより明確になってきているというお話がありました。競合他社がより積極的になっているのではないか、特に大企業のお客様が、ポストCOVIDの仕事の将来性を時間をかけて再検討しているのではないかなど、競争の背景について少しお話いただけますか?ありがとうございます。

Kelly Steckelberg

エリック、あなたは…について話してください。

エリック・ユアン

私たちは、将来の仕事、つまりハイブリッドな仕事が主流になるだろうと考えています。しかし、ハイブリッド・ワークを導入するにはコストがかかるため、学生のように自宅で仕事をしたり、海外の拠点で仕事をしたりする従業員が多く、また、パンデミック前の危機的状況では、配備を緩めなければならないことがよくあります。

これで十分だと思いませんか?そして、ハイブリッドな仕事をサポートするために、従業員に最善のサービスを提供することは、非常に良いことだと思います。我々の従業員を見てください、彼らは持っていません、私はただのパート、あなたは彼らの隣に座っていますよね?そして、ツールに最善を尽くさなければ、生産性を心配する必要があります。

だからこそ、十分なサービスを提供しても、うまくいかないのです。すべてのビジネスにおいて、最高のサービスを提供したいと思っています。しかし、従業員の生産性を向上させ、従業員を支援するために、常により良いツールを提供しなければなりません。なぜなら、ハイブリッドな世界をサポートすることは、それほど簡単なことではないからです。一例を挙げれば、補完的なソリューションとして、「Indiscernible」機能を開発しています。

お客様は、会議室で誰かに手伝ってもらって会議をすることには関心がなく、遠隔地から参加する人もいますが、そのような経験は、大規模なウェビナーにはかないません。だからこそ、ハイブリッド型のサービスは、競合他社にも価格面での優位性をアピールできるのではないでしょうか。

良いニュースは、お客様が本当に信頼性の高い固定プラットフォームを求めているということです。これが、Zoomが競合他社よりもはるかに優れた位置にある理由だと思います。

Matthew Niknam

ありがとう、エリック。

エリック・ユアン

ありがとうございます、マット。

運営者

次の質問は、シティのボヨン・キムさんです。

ボヨン・キム

タイラー・ラドケさん、先ほどの質疑応答では、マスターエージェントプログラムの進捗状況や、海外での大規模な電話取引について言及されていましたね。

また、海外市場におけるマスターエージェントプログラムの初期段階や、クラウドベースの携帯電話市場の初期段階にどのような影響を受けているのかについてもお聞きしたいと思っています。ありがとうございます。

Kelly Steckelberg

私たちは、グローバルなチャネルパートナーに力強さを感じています。しかし、あなたがおっしゃるように、このプログラムは非常に新しく、国際的にも規模が小さいものです。これは当社のチャネルチームが注力していることのひとつで、米国以外の地域での事業拡大を目指しています。

生産性の面では、特に変化はないと思います。つまり、Telkomsel社との契約は、当社最大のチャネルパートナーとの契約の1つであり、これまでのISP契約と同様に、非常にエキサイティングなものでした。また、米国でも大きな成功を収めています。ですから、グローバルベースでの生産性に大きな違いはありません。

質問者

次の質問は、ウィリアム・ブレアのマット・ストーラーさんにお願いします。

マット・ストーラー

質問にお答えいただきありがとうございます。私からは1つだけ質問させてください。これまでに皆さんがお話されたように、企業向けのビジネスチャンスは、とてもエキサイティングで、今後の展開に魅力的なものでした。

しかし、消費者であれ、その他の人々であれ、ベースの収益化のために他の方法を見つけるというコメントを受けて、今日見ているプレミアムユーザーのレベルについて、最新情報や色を教えていただきたいと思います。教育に関する季節性を除いて、プラットフォームのプレミアムユーザーのレベル、過去4、5四半期でどのように変化したか、後半についての考え、そして、そこで見られたコンバージョンや、実際に収益化を試みることにした場合に期待されるコンバージョンについてのコメントをお願いします。

Kelly Steckelberg

はい。

エリック・ユアン

はい、どうぞ。

Kelly Steckelberg

無料ユーザーはまだいます。パンデミック前は10%程度でしたが、この18ヶ月間で大幅に増加し、現在では分単位の使用量の約30%を占めるまでになりました。パンデミック前は10%程度でしたが、現在は30%程度になっています。このことから、ユーザー数については言及していませんが、時間の経過とともにユーザーがどのように増加しているかについては、少なくとも相対的に理解することができます。

いつも言っているように、エリックが言ったように、私たちのシェアバリューであるケア、コアバリューであるケアは、このような困難な時期に人々をつなぎとめておくために特別に気にかけています。そして、彼らが反転し続けること、あるいはZoomの力をより多くの新しいユーザーに提供する機会があることを、常に願っています。

マット・ストットラー

はい、ありがとうございます。

運営者

次の質問は、Elazar AdvisorsのChaim Siegelさんです。

Chaim Siegel

こんにちは、Kellyさん、Ericさん。お元気ですか?

Kelly Steckelberg

こんにちは、お会いできて嬉しいです。

Chaim Siegel

もしお時間があれば、いくつか質問があるのですが、明らかに企業に焦点を当てているので、セールスフォースの成長速度と、Salesforceの効率化がいつ頃から始まるのかを知りたいと思います。それが一つだと思います。

また、営業費用にも関連しています。どのくらいの期間、前四半期比で横ばいの成長を期待しているのかはわかりませんが、営業費用については、おそらく売上よりも早く成長し始めるのではないかと思います。また、企業の成長に注力することに関連して、収益に対して費用がどのくらいの割合で増加するのかについても考えています。

ケリー・シュテッケルバーグ

過去数四半期にわたって述べてきたように、昨年の収益の伸びに比べて、採用や投資ができなかった分野があります。そこで、ここ数四半期は、特に研究開発分野やキャリングへの投資を再加速させることに注力しており、その取り組みは継続しています。

研究開発への投資は、売上高の5%強とまだ不足していますが、長期的な目標は8~10%なので、できる限り早く投資を増やしていきます。同様に、ノルマを課す人員についても、かなりの数を採用するセグメントや地域については慎重に検討しています。

そして、そのチャンスを生かすために、ノルマをこなす販売能力をシステムに加え続けたいと思っています。成長の機会がある限り、ノルマ遂行能力への投資を続けていきます。また、先ほど述べたように、昨年はマーケティング費用を少し抑えることができたので、マーケティングへの投資を加速しています。

昨年はマーケティング費用を少し抑えることができましたが、今は再投資を続けるのに適した時期だと考えています。そして、私たちが常にできる限りの効率化を目指している2つの分野、G&AとCOGSです。販管費は、長期的に見て望ましい範囲内に収まっています。パブリッククラウドから自社データセンターへのサービス移行が進むにつれ、長期的にはCOGSは減少すると予想しています。

つまり、私たちは常にハイブリッドなアプローチをとっているのです。また、いずれK-12学校がキャンパスに戻ることができるようになれば、粗利益率の改善が期待できます。しかし、必要と思われる限り、学校に通う生徒たちをサポートし続けることは間違いありません。

Chaim Siegel

企業向けの売上の効率化を図る一般的なタイミングはありますか?あなたが成長を続けていることは知っています。時間がかかることは承知していますが、実際にパフォーマンスを発揮し始めるタイミングがあるのかどうか気になっています。

Kelly Steckelberg

いいえ、私が言いたいのは、ノルマを達成したヘッドを迅速に採用し続けていますし、これからもそうするつもりです。つまり、システムの中には常に担当者がいる状態なのです。そして、近い将来、ノルマ付きヘッドの採用をやめる予定はありませんので。しかし、いつ突然、必ずしも効率が良くなるとは言えませんね。

チャイム・シーゲル

どうもありがとうございました。

運営者

次の質問は、RBCのRishi Jaluriaさんです。

リシ・ジャルリア(Rishi Jaluria

エリック、ケリー、トム、ありがとうございます。私の質問に答えてくださってありがとうございました。皆さんにお会いできてうれしいです。ズームイベントについてお聞きしたいのですが。最初にこの製品についてお話されたとき、プロシューマーセグメントの収益化のための要素として、ちょっとした売り込みをされていましたよね。

フィットネスのインストラクターやヨガのインストラクターがオンラインでクラスを運営するのを支援していましたが、明らかに、もっと大きな野望があるようですね。その上でZoomtopiaを運営するということは、より大きな企業機会があることを示していると思います。企業は対面式のカンファレンスを再び行うことを検討していますが、バーチャルとハイブリッドの要素を強く持ちたくないのです。

それでは、Zoom Eventsの長期的なビジョン、特に企業向けのビジョンについて少しお話しいただけますか?ありがとうございます。

エリック・ユアン

Rishiさん、それはいい質問ですね。去年の10月に行われたZoomtopiaで、私たちはイベントを再開することを減らしました。そして私たちは、自宅で仕事をしていて、オンラインクラスのようなライブストリーミングができない人たちに、どうやってZoomですべてのクラスを提供するかを考えました。

これが、Zoom Eventsを作ることにした理由です。繰り返しになりますが、私たちは常に他のお客様、特に企業のお客様の声に耳を傾けています。そして彼らは皆、企業内のカーペットイベントにはもっとチャンスがあると言ってくれました。

私たちはEBITDAプラットフォームを持つべきですが、彼らはそれを拡張することを望んでいました。私はそれをZoomtopiaのようなさらに大きな年次ユーザーカンファレンスに拡張する方法がわかりませんでした。そして、会社の上にある[Indiscernible]は、Zoom Eventsとして再ブランド化されました。私たちは大きな機会を捉えています。さらに、消費者は学ぶことができます。もうカードやズームを見逃すようなことはありません。これは、Zoomのウェブサイトに近いものです。

しかし、私が知っている限りでは、私たちの機会の短さを見ると、既存の顧客の多くが、すでにそのようなプラットフォームが必要だと言ったので、そこに行ったと仮定します。彼らは他のプラットフォームには行きたがりません。彼らはとても我慢強いのです。だからこそ、前回のASMの問題以来、データベースにお金をかけることにしたのです。

リシ・ジャルリア

そうですね。素晴らしいですね。ありがとうございます。

エリック・ユアン

ありがとうございました。

運営者

ありがとうございます。アナリストの皆さん、ありがとうございました!今日の質問時間はこれで終わりです。そして、トムに。では、トムに話を戻しましょう。

トム・マッカラム

よろしくお願いします。皆さん、ありがとうございました。また、残りの四半期でもお話しできることを楽しみにしています。また、Zoomtopiaでお会いしましょう。

エリック・ユアン

本日はお集まりいただきありがとうございました。次の9月13日、14日のズームトピアでのイベントにも参加してください。これまでの皆さんのご支援に本当に感謝しています。ありがとうございました。

トム・マッカラム

ありがとうございました。

ケリー・シュテッケルバーグ

ありがとうございました。

自動音声

記録してください。

ABOUT ME
赤虎めだか
こんにちは。【赤虎めだか】です。 よろしくお願いします。 ・アラフィフ(男) ・うお座のB型 ・職業:BPMコンサルタント ・副業で太陽光発電所を2基 ・グロース銘柄を中心に米国株投資を実践 ・趣味はめだかのブリーディングと焼き物(食器)集め