米国株決算

United Airlines Holdings, Inc.(ユナイテッド航空)2021年第3四半期決算【UAL】

UAL-2021-Q3タイトル

2021年10月20日の引け後にユナイテッド航空(ティッカーシンボル:UAL)の2021年度第3四半期決算発表がありました。

概要は以下の通りです。

  • EPS: 予想-1.68ドルに対し、結果-1.02ドル 〇
  • 売上高:予想76.4億ドルに対し、結果77.5億ドル 〇
  • 売上高成長率:前年同期比+211.2%
  • ロードファクター(有償座席利用率):76.1%(予想76.3%)
  • 2021年第4四半期の輸送能力は、2019年第4四半期に対して約23%減少すると予想
  • 2021年第4四半期の総売上高は、2019年第4四半期に対して25%から30%減少すると予想

 

資料出典:ユナイテッド航空 IRページ(リンク)

カンファレンスコール日本語訳

ユナイテッド航空ホールディングス(United Airlines Holdings, Inc. (NASDAQ:UAL) Q3 2021 Earnings Conference Call October 20, 2021 10:30 AM ET

会社の参加者

スコット・カービー – 最高経営責任者

Kristina Munoz – インベスター・リレーションズ担当ディレクター

ブレット・ハート – 社長

Andrew Nocella – エグゼクティブ・バイス・プレジデント兼CCO

Gerry Laderman(エグゼクティブ・バイスプレジデント兼CFO

電話会議参加者

ブランドン・オグレンスキー(バークレイズ

アンドリュー・ディドラ(バンク・オブ・アメリカ

ジェイミー・ベイカー(JPモルガン

スティーブン・スプリント(シティ

ドゥエイン・ファイニグワース(エバーコアISI

Catherine O’Brien – ゴールドマン・サックス

ハンター・キーイ – ウォルフ・リサーチ

ヘラン・ベッカー – コリン

マイク・レセンバーグ – アナリスト

Cona Canagan – MKM Partners

アリソン・サイダー – アナリスト

レスリー・ジャスティン – CNBC

クリスティーナ・エスドア – CNN

デビッド・コーニグ – AP通信社

Rached Phing – アナリスト

ハンナ・サンプソン – ワシントン・ポスト

Savanthi Syth – Raymond James

オペレーター

おはようございます。ユナイテッド航空ホールディングス、2021年第3四半期のカンファレンスコールにようこそ。本日、電話会議の進行役を務めさせていただくブレンダンです。経営陣による最初の発言に続いて、質問のためのラインを開きます。その際、ご質問のある方は、タッチトーンフォンのスターワンを押してください。

この通話は録音されており、著作権で保護されています。当社の許可なく、通話の一部または全部を録音、録画、再放送することはできませんのでご了承ください。お客様の参加は、当社によるこの通話の録音に同意したものとみなされます。これらの条件に同意されない場合は、そのまま回線を切ってください。それでは、本日の電話会議の司会者であるインベスター・リレーションズ担当ディレクターのクリスティーナ・ムノスにプレゼンテーションをお任せします。どうぞよろしくお願いします。

クリスティーナ・ムノス

ありがとうございます、ブレンダンさん。皆さん、おはようございます。ユナイテッド航空2021年第3四半期決算説明会にようこそ。昨日、当社は決算発表を行いました。決算発表の内容は、当社のウェブサイト(www.ir.united.com)でご覧いただけます。 情報と昨日のリリーフと大規模なカンファレンスでは、将来の出来事に関する当社の現在の期待や信念を表す将来の見通しに関する記述がありますが、この記述は当社が現在入手している情報に基づいています。

実際の業績は、さまざまな要素により、当社の現在の見通しとは大きく異なる可能性があります。これらの要因の詳細については、当社の決算発表資料Form 10-Kおよび10-Q、ならびに年間保有株式数およびユナイテッド航空がSECに提出したその他の報告書をご参照ください。この電話会議では、いくつかの非 GAAP 型財務指標について説明し、これらの非 GAAP 型財務指標と最も直接的に比較できる GAAP 型財務指標との調整については、決算発表資料の最後にある表を参照してください。本日、シカゴで当社の業績と見通しについてお話します。最高経営責任者のスコット・カービー、社長のブレット・ハート、執行副社長兼チーフコマーシャルオフィサーのアンドリュー・ノセラ、執行副社長兼チーフフィナンシャルオフィサーのゲリー・ラダーマン。さらに、その他のエグゼクティブチームのメンバーをオンラインで紹介し、[Indiscernible] Q&Aを行います。それでは、スコットに電話をおつなぎしましょう。

スコット・カービー

皆さん、おはようございます。今日はお集まりいただきありがとうございます。この19ヶ月間に私たちが行ったことは、平時以上に目を見張るものがあります。私たちはまた、世界中の人道的な救援活動の一端を担い、1600億回分以上のワクチンを飛ばし、アフガニスタンから何千人もの難民を帰還させ、インドに何千トンもの酸素ボンベや医療機器を届けました。

他にもいろいろあります。パンデミックによるこのような個人的なストレスや緊張にもかかわらず。ユナイテッド航空の社員は、航空業界の多くが直面した重大な問題を回避しながら、信頼性の高いオペレーションを継続し、驚異的な顧客サービスを提供してきました。ユナイテッド航空は、COVIDから世界の航空業界のリーダーとしての地位を確立しています。

最も顕著なのは、初期のワクチン要件を効果的かつ効率的に実施することで、国家をリードしていることです。第3四半期は、溜まっていたレジャー需要が急上昇し、予約も順調に推移し、ビジネスの予約も良い方向に向かい始め、力強い勢いでスタートしました。しかし、デルタ航空の変種がリスクであることは明らかでした。

下半期の浮き沈みについてはアンドリューが詳しく説明してくれますが、私の見解では、ヨーロッパ、オーストラリア、シンガポールがオープンし、1月にはビジネス需要の変曲点が予想されることから、長期的な回復は順調に進んでいます。目先の環境に関する伝統的な議論に移る前に、少なくとも数分を割いて、ユナイテッド航空が長期的な株主にとって投資対象となる航空会社となるための4つの大局的な傾向について、私たちの見解を述べたいと思います。1つ目は、コスト削減をリードすることです。コストは高いものの、想定の範囲内であり、CASMは2019年に対し、2022年には約4%、2023年には約4%、2026年には約8%減少するという計画を維持しています。

これには懐疑的な人もいると思いますが、本当に30%の計画従事者の成長を計算しただけのことです。しかし、ユナイテッド航空には、業界をリードする独自の構造技術と効率化のための変革がありました。空港を歩いていても、他の航空会社が苦戦しているという報道記事を読んでいても、ユナイテッド航空ではそのようなことは起こっていません。なぜなら、COVID期間中、ユナイテッド航空は本当に効率的になったからです。

第二に、地理的条件が競争上の優位性となります。今回のパンデミックでは、ユナイテッド航空の最大の事業である沿岸部や国際的な事業展開を考えると、米国の他の航空会社よりも地理的条件が大きな逆風となりました。大規模な国内線およびラテン系の収益は、ユナイテッド航空が割合的に最小であるため、2019年に対して70~90%の範囲で推移していますが、最大規模のユナイテッド航空の大西洋および太平洋地域は20%以上の減少となっています。

しかし、こうした地理的に大きな逆風にもかかわらず、損失を最小限に抑えるという点では、業界と同等かそれ以上の結果を出すことができました。しかし、投資家の皆様にとって最も重要なことは、これらの逆風が長期的な追い風になると期待していることです。というのも、国際的なワイドボディ機の供給は、パンデミック後の国内のナローボディ機の供給とは大きく異なるからです。

3つ目は、ユナイテッド・ネクストの力を引き出し、収益を拡大することです。これは、顕著に改善された製品と、ユナイテッドのプロフェッショナルによる並外れたサービスを結びつけるものです。冒頭で述べたように、すでにMPSの急速な向上とお客様の選択を促進しています。今後数年のうちに、お客様に優しいナローボディの新型機を数百機導入し、残りのナローボディをすべて改修することで、この改善が加速すると期待しています。

これにより、ユナイテッド航空はお客様に選ばれる航空会社となり、プレミアム収益の向上につながります。4つ目は、ESGです。ユナイテッドは現在、世界の航空会社の中でリーダー的存在であり、独自の真の意味でのグリーンウォッシュ・コミットメントは、ユナイテッド887に代表される多様性に関する取り組みにおいて、変化をもたらす行動を減少させました。これは、顧客、従業員、規制当局にとって重要なことです。今後数年のうちに、この取り組みがお客様の[Indiscernible]に反映され、おそらく評価されることになると思います。

これらのことが、次の一致した財務見通しにつながっています。収益面では、次の統合目標では、2019年の[Indiscernible]に戻るには20年までかかり、46%になると想定しています。しかし、私たちはTRASMの軌道がそれよりも強くなることを期待しています。願わくば保守的な仮定であっても、現在の株式数では調整後の税引前利益率は約40%、調整後のEPSは約20%になります。

最後に、COVIDは昨年5月の時点で私たちが予想していたものに非常に近い展開を見せています。当時の予想では、需要はおそらく2021年のクリスマスの存在感にとどまり、ビジネス上の需要があれば2022年の1月までは本格的に始まるだろうと考えていました。しかし、我々は常に、海外を含む総需要は最終的に完全に回復すると考えており、現在の予測は驚くほどの圧力となっています。

また、国際市場では、インドやアグリゲートで新たな成功を収めており、ヨーロッパでは堅調な回復が見込まれ、オーストラリアやシンガポールをはじめとする太平洋地域でもオープンが始まったところです。米国の視点は、危機の深さだけでなく、回復の最終的な強さについても、他に類を見ないものでした。そのおかげで、艦隊の長期的な決定やコスト構造の恒久的な変更を行うことができ、現在ではその成果を享受することができています。それでは最後に、ブレットにお話しを伺います。

ブレット・ハート

ありがとう、スコット。また、当四半期の従業員の頑張りにも感謝したいと思います。7月は、パンデミックが始まって以来、最も忙しい月でした。2021年の商業航空旅行の一部として定期的に変更される義務、制限、新しいプロトコルにもかかわらず、私たちのチームはお客様ができるだけスムーズに目的地に到着できるよう、素晴らしい仕事をしました。

このことは、過去最高のMPSスコアを記録したことからも明らかです。今回のデルタ航空の変動による影響は、最悪の事態を脱したと考えています。今後については、最近発表されたいくつかの規制変更が予約の勢いを後押ししています。欧州、英国、インドなどの海外からの旅行者に対する米国への入国制限、いわゆる[Indiscernible]規制が11月8日までに解除され、米国に入国するすべての外国人旅行者にグローバルな予防接種証明を求めることに変更されるという発表は喜ばしいことです。

当社のお客様や従業員が新しい要件について混乱することのないよう、変更の発効日など、より具体的な詳細をお待ちしています。この発表以降、11月と12月の旅行に向けた海外の販売代理店からのシステム予約が2年間で35%増加しています。これにより、2022年の夏、特に大西洋を中心とした地域が堅調に推移するとの見通しに、さらに自信を深めています。さらに、業界をリードするツールであるユナイテッドアプリの革新とアップグレードを繰り返し行ってきました。このツールは、検疫、ワクチン接種、COVID-19テストに関連して、お客様に旅行に関する推奨事項や必要事項を説明するものです。

このツールは、ユナイテッド航空のお客様が、進化する規則や規制をナビゲートする際に有利であり、空港でのストレスをできる限り軽減します。また、空港でのストレスも軽減されます。私たちは、帰国する外国人旅行者のための準備を整えています。最後に、スコットが述べたように、ごく少数の従業員を除いて、宗教上または医療上の便宜を図り、99.7%以上の米国の従業員が戻ることを選択しました。私たちは、可能な限り安全な環境を提供することを約束します。また、お客様が安心してご予約いただけるように、政府のワクチン規制の変更によってユナイテッドのオペレーションやお客様のご旅行が妨げられることがないようにしています。

オペレーションの信頼性について言えば、当社は雇用面でも積極的に取り組んできました。2021年の第1四半期から第3四半期にかけて、2019年全体で採用した数よりも多い約1,000人のパイロットを採用し、ESGでは3クラスの新しい客室乗務員を迎え、第3四半期にはplenty wellと提携し、2050年までに100%グリーンになるための旅に貢献する投資をまた1つ行いました。先月、私たちは業界最大の持続可能な航空燃料契約を発表しました。

この契約では、20年間で15億ガロンの「Indiscernible」を購入することを約束しています。これにより、私たちのコミットメントの合計は、世界の航空会社の公的なコミットメントの合計の2倍以上になります。先週、当社は100%持続可能な航空機燃料によるフライトを実施した最初の航空会社となり、235年までに炭素集約度ベースで排出量を50%削減し、2015年までに排出量を正味ゼロにするという目標に向けた重要なステップを実行しました。

第3四半期は、アフガニスタンの情勢にも注目が集まりました。私たちは米軍の要請を受け、1万5千人のアフガン人を米国に移送し、部隊を帰還させました。私たちは、これまでに約40回の予備機の飛行を行いました。また、ダレス空港のメンテナンス用格納庫を一時的なシェルターに変更しました。このような素晴らしい旅に耐えてきた避難者の方々に、ゆっくりと休んでいただき、温かい食事をして、一息ついていただきたいと思っています。

8,000人以上の従業員がこれらの取り組みに手を挙げました。乗組員として働き、衛生兵として働き、そして多くの絆を持ち、お客様や軍の向上に貢献してきました。この場を借りて、彼らの奉仕に心から感謝したいと思います。また、MPマイクロバスとの提携により、アフガニスタンの人々が米国で新しい生活を始めるのを支援しています。これまでに1,500万マイルを寄付し、マイレージプラス会員からのインセンティブ付き寄付も継続しています。

このように、ユナイテッド航空の革新的な精神は、パンデミックでも衰えていません。私たちは、変化する経済環境や規制環境に適応し、必要としている人々を助けるために専門知識を活用するために、この会社を頼りにしてきました。私はこの会社を非常に誇りに思っていますし、私たちが掲げた財務目標を達成する能力に自信を持っています。それでは、アンドリューに代わって、私たちがどのようにして目標を達成するかを詳しく説明してもらいます。

アンドリュー・ノセラ

ありがとうございます。第3四半期の業績や第4四半期の見通しについてお話する前に、デルタ航空の異変が当社のビジネスに大きな影響を与えたことを認識しておく必要があります。しかし、この波の最悪の時期は過ぎ去ったと考えています。ここ数週間で、いくつかの主要なビジネス指標が7月時点かそれ以上の水準に戻ってきています。これらの指標には、1つ目に、お客様のキャンセル率が2019年の水準に近く、デルタ航空以前の水準と一致していること。

2つ目は、当四半期の国内共同ブランド支出を除き、新規カード獲得数が2019年の水準を上回り、維持率も2019年を上回っていることです。3つ目は、11月以降の旅行の旅客予約が、数週間前からの強い跳ね返りや、大西洋旅行の需要が2019年のレベルと一致していること、旅行制限の緩和が発表されてから、昨日は国内のビジネス需要がデルタ航空以前のレベルまで回復したことにより、19%増加しました。レベルが向上し、最大のアカウントが最小のアカウントと同様の割合で増加するようになりました。

6、大西洋を横断するビジネストラヒックは、国内のビジネストラヒックよりも若干良い水準で推移しています。7, ブラジルの需要は急速に回復し、ここ数ヶ月のラテン系需要に匹敵する力強さを見せています。8、次の休日の予約率は、22日の早い段階ではボブメーターと同様にプラスです。9つの特典予約レベルは、今週、初めて2019年のレベルを超えました。

これらの先行指標は、ユナイテッド航空の明るい見通しを示す確かな証拠であると確信していますが、ここ数ヶ月で追跡しているもう1つのポジティブな指標は、パンデミック中のプレミアムレジャー事業の相対的な強さです。これらの指標には次のようなものがあります。大西洋横断レジャー市場では、2021年に収益の50%がプレミアムキャビンからもたらされ、2019年に比べて13ポイント改善しました。(3) 当社のエコノミープラスの有償ロードファクターは、今夏、2019年に対して10ポイント上昇しました。(4)第3四半期のアンシラリーフィートの収入は、搭乗者1人当たり9.17ドルという記録的なものでした。

そしてこれは、質量が28%少ないにもかかわらず、基本的には2019年の水準です。ユナイテッド・ネクスト(長期戦略)を語るとき、私はいつも国内線ゲージの30%増に注目しがちですし、それは重要なことです。しかし、ユナイテッド・ネクストでは、国内線のプレミアムシーズン数も総計しており、主要な競合他社が過去数年で逃した7つのホームでの需要にマッチしていることに加え、単純にギャップを埋めています。

プレミアム・レジャー需要の増加という最近の傾向は、当社の長期的な見通しにとって重要な収益の増加であり、当初の長期的な見通しに比べて、全体的なレジャーの利回りを2~3ポイント向上させる可能性があります。しかし、私たちはまだ、この交通量は完全に戻ってくると信じています。これらのイールド、レジャーのイールドの向上が永続的であることが証明されれば、これらのレベルの85〜90%までしか戻らなくても、私たちの計画は成功するでしょう。さらに、収益(Indiscernible)とプレミアム・レジャーへの取り組みを進めています。残る14機の77300型機に、新しい中位のプレミアム・プラス製品を搭載することを決定しました。これにより、すべての767型機にこの製品が搭載されることになりました。また、今後納入されるA321型機の大型機にも、この独立したミッドティアキャビンを提供することを確認しています。2024年には、2019年と比較して、大西洋全域でのプレミアム・プラスのパフォーマンスが最も優れたものとなりました。当社の収益セグメンテーション戦略は、ポラリスからプレミアム・プラス、ベーシック・エコノミーまで、お客様が選択したい幅広い商品を提供することを常に念頭に置いています。

効果的なセグメンテーションは、今後数年間、国内で予想されるような競争の激化に直面した際に、当社のビジネスモデルをより強固なものにします。ここからは、通常の第3四半期の業績報告と短期的な見通しに入りますが、ここでは、国際的に注力している2022年のキャパシティブレンドの早期プレビューを行います。第3四半期の旅行者数は、2019年に比べて5%減少し、総収入は32%減少しました。ユナイテッド航空は、予想通り、トラックまでの年間[Indiscernible]と7月のプラスを達成しました。

顧客利回りは、7月と8月には19年比でプラスとなりましたが、9月には、デルタ航空の異変により業界の需給バランスが一時的に大きく崩れたことから、10%低下しました。プライシングとイールドの低下の影響は第4四半期の一部にも及び、10月の実績は9月をわずかに上回るに過ぎません。接近予約は引き続き2019年の水準を下回っていますが、ここ数年は改善していると感じています。これまでの四半期と同様に、パートナー航空会社はユナイテッド航空にとって記録的な四半期となりました。

貨物の総収入は2019年から84%増加し、第3四半期としては過去最高となりました。ユナイテッド航空の貨物部門では、今年の残りの期間、ワイドボディジェットが利用可能なすべての貨物便を再度見直しており、これにより、再び貨物部門の業績をリードする結果が打ち出されるものと期待しています。第4四半期の見通しについては、総売上高は2019年第4四半期比で25%から30%減少し、11月と12月がその上限になると予想しています。

デルタ航空の変動がレジャー需要に与える影響はなくなりました。第4四半期のビジネストラベルのイールドへの影響は継続しています。第4四半期のキャパシティは、2019年に対して国内線で13%、国際線で35%減少し、23%減少すると予想しています。お客様に一貫したオペレーションを提供するために、我々の能力に見合ったキャパシティをゆっくりと戻し続けるとともに、需要に対する我々の期待にも応えていきます。

12月までに、非常に好調なホリデーシーズンに向けて、国内線のキャパシティは9%の減少にとどまると予想しています。当四半期、52機の777は飛行しない見込みで、57機の777が引き続き一時的に着陸しています。これらの地上待機機のほとんどは、好調な夏の需要に間に合うよう、2022年6月までに運航を再開する予定です。先に述べたように、11月8日以降の渡航制限の引き下げに対して、中南米や大西洋の国々の反応は良好です。中南米と大西洋の路線は、2022年の夏までに2019年の水準以上に徐々に回復し、来年初めにはビジネスの輸送が加速すると楽観的に考えています。

現時点では、2022年の通過率は2019年比で約5%と予想しています。当社の計画では、マクロ的な需要、供給、価格の予想を考慮し、キャパシティが2019年に対して約10%になると見込んでいる国際的な国際線市場に成長の100%を集中させています。その結果、2022年の国内市場のキャパシティはほぼ横ばいになると予想しています。当社は、必要に応じてループの長さを変えたり、状況が許せば不要なワイドボディ機を着陸させたりするなど、機敏な対応を続けています。

2022年に向けて計画している国際線の成長に合わせて、先週、大西洋の新路線10本を発表しました。これは、ベルゲンやイタリアなど、プレミアムなレジャー目的の都市に焦点を当てたものです。これまでビジネス中心だったグローバルな収益源の多様化を進める中で、新規路線のほとんどはプレミアムレジャービジネスを補っています。また、大西洋を越えてインド、アフリカ、中東へと地理的な範囲を拡大しています。新しい路線の多くは、ユナイテッド航空およびスターアライアンス加盟航空会社の過去のシェアが低いものです。

また、これらの路線に共通する特徴として、主要ゲートウェイであるニューヨークとワシントンのポテンシャルが挙げられます。今月末には、2022年の見通しの決定に向けて、もう一つ重要な国際ネットワークの発表を予定しています。米国を代表する航空会社として、世界の他の地域に比べて需要の回復は遅いと予想しています。

ここ数日、オーストラリアとシンガポールが部分的にオープンするなど、素晴らしいニュースがありました。第4四半期の太平洋路線のキャパシティのほとんどは、ハードウェア収入によって支えられています。国際線の長距離路線では、前回のサイクルに比べてマージンが大幅に改善すると引き続き期待しています。

業界全体で多くのワイドボディ機が退役しているだけでなく、747や8機の大型プレミアムキャビンを含む多くの航空機が着陸しているため、大西洋の最大手航空会社の業界プレミアムシート数は1出発あたり約10%減の46席になると予想しています。ユナイテッドのワイドボディ機は平均46機で、主要な競合他社とほぼ同じ数です。グローバルネットワークの再構築に伴い、ポラリスラウンジの再開は数ヶ月後に予定されており、明日にはワシントンの新しいプラグを皮切りに再開されます。

簡単に言えば、ユナイテッド・ネクストの特徴的な内装についてお話したいと思います。このシグネチャー・インテリアを採用した13台の “Indiscernible “を納入しましたが、我々のチームとお客様に大好評でした。それぞれの工場のNPSスコアは、他の国内主要都市よりも大幅に高いのですが、私たちは大きなエコノミーキャビンを利用しています。まもなく残りのナローボディ機の改造にも着手し、2025年初頭には本土の全機がこの一貫した優れたルック&フィールを持つようにする予定です。長くなりましたが、現状の説明にお付き合いいただきありがとうございました。しかし、もっと重要なことは、私たちがユナイテッドをどのように導いていくかということです。この夏、かなり厳しい状況の中で成果を上げたユナイテッドの全チームに感謝しなければなりません。それでは、ゲリーに業績と今後の見通しについて話していただきたいと思います。

ゲリー・ラダーマン

ありがとう、アンドリュー。皆さん、おはようございます。アンドリューは[Indiscernible]、あなたの冗長な発言を反省していますが、皆さんは私が2021年第3四半期の業績を短く説明することで安心してください。当社は、約6億ドルの税引前利益と約5億ドルの調整後税引前損失を計上しました。しかし、スコットとアンドリューが話したように、このロフトは8月と9月のお客様の旅行に対するデルタ航空の変動の影響に起因しています。

良いニュースは、第3四半期のCASMxが15%増加し、ガイダンスを上回ったことです。また、第4四半期にはさらなる改善が見込まれます。現時点では、第4四半期のCASMxは、2019年第4四半期比で約23%減少したキャパシティに対して、対前年同期比で12~14%増加すると見込んでいます。2019.

今年以降については、2022年に向けた財務計画をまとめている最中であり、1月には分かっていた色をさらに共有できる見込みです。しかし、ここでは、CASMの見通しに自信を持てるいくつかの項目を紹介したいと思います。まず、構造的なコスト削減については、目標を上回る約22億ドルの取り組みを行っており、来年の夏までには十分な効果が得られると見込んでいます。この成功を証明するものとして、2019年に必要としていた従業員と同じ人数で、2019年より10%大きいスケジュールで飛行できると見積もっています。

これには、管理職社員の大幅かつ恒久的な削減も含まれています。第二に、来年前半に52機の地上型777の運航復帰を見込んでいます。これにより、適切な市場に適切な航空機をより適切にマッチさせることができ、これらの低CASMで高ゲージの航空機がフリートに戻ることで、最終的にステップ関数CASMxの改善が促進されます。第三に、2022年の見通しには、現在当社のビジネスのあらゆる側面で見られるインフレ圧力の上昇が含まれています。ベンダーの賃金圧力からサプライチェーンのボトルネックまで、様々な問題があります。これら3つの理由から、2022年のCASMxを2019年よりも低くするという見通しは、妥当であり達成可能であると確信しています。重要なのは、すでに説明した2023年と2026年のCASMxマイナス4%とマイナス8%の達成に向けて、確固たる基盤を築いていることです。

実際、私は今日、2023年と2026年の目標が6月に達成されたことに自信を持っています。重要なのは、これらのコスト目標を達成すると同時に、お客様に優れた製品と体験を提供するための投資を行うことです。例えば、新しいナローボディ機はすべて、最先端のインテリアを備えています。その中には、誰もがバッグを持ち運べるオーバーヘッド・ビンや、Bluetooth対応のシートバック・エンターテインメントが含まれており、高品質の大型スクリーンに表示される豊富な選択肢が用意されています。私たちは、他の機材もこの基準に合わせて改造しています。実際、私は最近、ベルギー製の縦型機をすべて搭載した新しい737 MX 8がヒューストンに向けて帰国する際に搭乗しましたが、フライトは完全に満席で、誰もが自分の背中のためのスペースを見つけていました。ちょっとしたPRUは、お客様にすべてのアメニティを知っていただくために、搭乗前からプレイ中まで、お客様が15分前に飛行機を降りるように承認を行っていました。

フライト中に機内を歩き回ったところ、私のカウントでは、少なくとも3分の2のお客様がシートバックシステムを楽しんでいました。また、新しい子供用のアメニティキットを使って楽しんでいる子供たちも何人かいました。このフライトの後、私はネット・プロモーター・スコアに興味を持ちました。案の定、このフライトのNPSは昨年のシステム平均よりも40%以上高かったのです。今後もこのような収益向上のための製品投資を続けていきます。

一方で、効率的なゲージ駆動型成長のための計画や22億ドルの構造的コスト削減プログラムを通じ、ユニットコストの削減を継続します。資本支出については、今年すでに納入された24機のメインライン航空機に加え、今年末までに737-Max 3機、787 1機の納入を見込んでいます。今年予定されていた787機の納入の多くが来年になると予想されるため、関連する設備投資が2021年から2022年に変更されました。

この変更を含め、2021年の調整後設備投資額は約30億ドルになると予想しています。新規航空機の購入資金には、借入、リース、現金を組み合わせて使用することを想定しており、調整後の総負債の調整後EBITDAに対する比率を2023年に4倍以下、2026年に2.5倍以下にするなど、当社の次期財務目標を念頭に置いてバランスを取っていきます。景気回復が進むにつれ、資本コミットメントのバランスを取りながら、経済的に追求されたデレバレッジを期待しています。

第3四半期には、3億7,500万ドルの任意拠出を行いました。これにより、PBGCの保険料を節約し、基金のリターンを得ることができます。当社では、ここ数年は年金への拠出を行う必要はありませんが、年金債務は単なる負債の一形態と考えています。これは事実上、現在当社が抱えている最も高額な返済前の負債であり、当社はこの機会を利用しました。

最後になりましたが、デルタ航空の変動による影響が収まりつつある中、当社は引き続き、長期的に収益力を最大化するための効率的な事業運営に注力しています。コスト削減と収益改善に注力することで利益率が向上し、2026年の調整後税引前利益率は約14%、現在の四半期末の株式数で調整後EPSは約20ドルになると考えています。パンデミックからの回復を期待していたわけではありませんが、今後数年間、ユナイテッド・ネクスト戦略を実行していく中で、ユナイテッドは最高の日々を迎えることができると確信しています」と述べています。それでは、クリスティーナさんにQ&Aをお願いします。

クリスティーナ・ムノス

ありがとう、ゲリー。それでは、アナリストの皆様からのご質問をお受けします。質問は1つだけにして、必要に応じてフォローアップの質問もしてください。ブレンダン、質問の手順を説明してください。

質疑応答セッション

オペレーター

ありがとうございます、クリスティーナ。質疑応答は電子的に行われます。質問をしたい方は、タッチトーン電話でstarの後に1を押してください。スピーカーフォンの場合は、信号が機器に届くように[Indiscernible]機能をオフにしてください。[質疑応答の準備をしていますので、少々お待ちください。バークレイズからはブランドン・オグレンスキーさんです。どうぞよろしくお願いします。

ブランドン・オグレンスキー

皆さん、おはようございます。私の質問に答えてくださってありがとうございます。ゲリーさん、設備投資といえば、2022年はどのような年になるのか教えてください。また、あなたやスコットに長期的な質問ですが、非常に野心的な見通しに対して、バランスシートのリスクをどのように管理しているのか、また、明らかにこれらを活用して収益性を向上させようとしているのでしょうか?

Gerry Laderman

2022年の設備投資については、1月にもう少し詳しくご説明しますが、今年の削減分の大部分は来年にシフトしています。特に、今年削減された787機は、来年に追加されることになります。今年削減した787型機は、来年にも追加されることになるでしょう。

しかし、今年の設備投資削減のほとんどは、来年の上半期に移されただけだと考えるべきでしょう。長期的には、純負債残高の削減とデレバレッジに焦点を当てています。返済前の負債が多ければ、もっと削減できたかもしれませんが、今はそうではありません。そのため、今後数年間は、経済的に前払いできる機会がある限り、負債の削減に注力します。これは、当社の “united next “計画の重要な要素だと考えています。

ブランドン・オグレンスキー

続いて、ゲリーさんにお聞きしたいのですが、もし収益のアップサイドが得られれば、イールドプレミアムの獲得と国際的なネットワークの活用によって、より早く利益を得ることができます。そのようにしてバランスシートを管理し、レバレッジをより早く下げることを計画しているのですか?

Gerry Laderman

計画を実行していく中で、収益性の高いものは直接負債の返済に充てていきますが、回復にもう少し時間がかかっても柔軟に対応できるようにしています。今後数年間は、航空機の納入と退役を管理し、どのような環境にも対応できる柔軟性を持っています。

オペレーター

バンク・オブ・アメリカからは、アンドリュー・ディドラが登場します。

アンドリュー・ディドラ

皆さん、おはようございます。では、スコットさん、あるいはアンドリューさんにお願いします。今のところ、国際的な回復は国内の回復よりも少し時間がかかるというのが、世間のコンセンサスだと思っています。そこで、国内よりも先に海外の生産能力をパンデミック前の水準以上に回復させるための成長計画について、詳しく教えていただけないでしょうか。また、来年の国際線の成長率10%に関連して、太平洋地域の成長をどのように考えているのかについても興味があります。

スコット・カービー

はい、了解しました。確かに、世界の各地域によって成長率や回復の度合いは異なるでしょう。太平洋地域については、これまでも何度も発表してきましたが、すべてのデータを見ると、事業体を細分化して、もう少し詳細に分析する必要があると思います。

特に大西洋では、大西洋での予約が過去2019年のレベルにまで改善していることが予想されますし、今日も申し上げました。来年は特に、春から夏にかけて非常に強い回復を期待しています。2つ目のポイントは、大西洋地域のキャパシティの多くが、従来の中核的な欧州市場向けではないということです。私たちは、中東やアフリカにも積極的に進出しています。

例えば、ケープタウン、ヨハネスブルグ、ガーナのラゴスへのフライトを新たに開設しました。このようにして、大西洋の高架下に現れた私たちの数字は、私たちが非常に良いと感じている新しい収益プールに入っています。これらの収入源の価格設定は非常に良いと感じています。これらの収益源の価格設定は非常に良いと思っていますし、これらの収益源の跳ね返りも非常に良いと思っています。そして、そのデータを今日すでに目にしています。

太平洋の回復が遅れていることを考慮しています。大西洋は好調で、その好調な大西洋は、今日のインドの大西洋のように複数の異なる事業体にまたがっており、そのおかげで私たちが予想しているような立ち直りができました。

また、ここ数週間の数字は、大西洋全体で見ても驚くべきものでした。私たちは正しい計画を立て、来年最も収益を上げられる場所に航空機を向けることができたと考えているので、依然として強気でいます。

アンドリュー・ディドラ

分かりました。理解できました。それから、2つ目の質問です。明らかに、競合他社の多くではオペレーション上の課題が増加していますが、御社では同じような混乱は見られません。その理由は何だと思いますか?また、より重要なこととして、2019年に向けてキャパシティ・バックアップのレンタルを開始するにあたり、最大のオペレーショナル・リスクは何だとお考えでしょうか。ありがとうございました。

スコット・カービー

そうですね、気づいてくださってありがとうございます。そして、あなたの言うとおり、ユナイテッドとは独特の違いがあります。他の多くの航空会社は、競合他社を含め、様々な時期に運航上の課題を抱えています。その理由は、2月に行った現実的な評価にさかのぼることができます。

最後に、昨年の2月の時点では、このパンデミックは2021年末まで続くと考えていました。皆さんのために復活しましたが、今は週に3回、3時間やっています。

つまり、週に9時間、全員が一堂に会して、あるいはチームミーティングを行います。私たちの誰もが、他の部署で何が起こっているかを知っていますし、多くの場合、必要に応じてお互いの仕事を手伝うこともあります。しかし、このような共同作業は非常に複雑な環境で行われます。というのも、航空会社を90%ダウンさせた後、再び航空会社を立ち上げようとすると、この環境は非常に複雑になるからです。

それは本当に難しいことです。私たち航空会社の社員は誰もそのようなプロセスを経験したことがなく、現実的な評価をすることで、私たちはうまく立ち回ることができ、異なる決定を下すことができました。例えば、パイロットとの交渉では、私たちは唯一の航空会社でした。そのおかげで、他の航空会社に影響を与えたようなクルーズ不足やクックン状態に陥ることなく、航空会社を引きずり下ろし、全員をそれぞれのポジションにとどめ、航空会社をバックアップすることができました。

[他の航空会社で発生したマスクにまつわる紛争を回避し、今年はマスクの問題を50%以上削減しました。そして、私たちのフライトの取り組み。驚くべき仕事をしてくれたおかげで、問題のない環境を作ることができました。しかし、ユナイテッドでのあなたのような環境のトーンは、他の航空会社の報道で読んだものとは確かに異なっています。

私たちは、需要が戻ってきて、私たちがサポートできないほどの速度で成長し始めていると、自分たちのスキーの上に出ようとはしませんでした。私たちは、このことをお客様へのリスクとして利用し、この間にお客様の体験を大きく変えてきました。

また、今後のリスクについてもお話がありましたが、アメリカの航空業界における最大のリスクは、ワクチンの義務化だと思います。ユナイテッド航空ではワクチンの義務化を行いましたが、義務化としては当然、政府の要求が来る前に行っています。これは純粋に安全上の理由によるものです。

しかし、他の航空会社の話を聞くと、ワクチン義務化を撤回せず、従業員に免除を申請することを奨励しており、毎週何万人もの従業員が検査を受けなければならない状況になっているようです。これはユナイテッド航空にとってはバックミラーのようなもので、問題にはならないでしょう。

しかし、何万人もの従業員がいることを想像できますか?検査を受けるのを忘れたり、検査方法を間違えたり、検査を受けなかったり、陽性反応が出たりする人がいます。1つの州での問題がメルトダウンにつながると考えた場合、想像してみてください。ある日、何千人もの従業員が電話をかけてきて、「なぜか私の検査結果はパスだった」と言うのです。ワクチンを導入していない航空会社にとっては、非常に大きな課題となるでしょう。

スコット・カービー

お客様はユナイテッドより安心して予約できます。もう終わったことです。お客様は、ユナイテッドより安心してご予約いただけます。しかし、ワクチン要件を導入していない航空会社で予約する場合は そこは政府のルールに従ってもらい、注意してください。

オペレーター

JPモルガンからはジェイミー・ベイカーが参りました。

ジェイミー・ベイカー

皆さん、おはようございます。スコットさん、冒頭の質問で述べられた「4つの大きな流れ」の中で、大西洋と太平洋が今後数年にわたって国内を上回るという予想が気に入りました。

これは本当に大西洋と太平洋の強さについてのコメントなのでしょうか?それとも、今後、国内市場は構造的に苦戦すると予想しているということなのでしょうか?このような悪魔の証明のような見方をしてはいけないのでしょうか?

スコット・カービー

さて、ジェイミー・オレンとアンドリュー、私には良い答えが返ってきましたが、ほとんどの供給は需要なのです。

ジェイミー・ベイカー

そうですか。

スコット・カービー

長距離国際線のワイドボディ機の市場では、需要と供給のバランスが大きく異なります。世界中で100機もの航空機が引退していますが、これらの航空機を変更するには本当に長い時間がかかり、需給バランスはより均衡しています。これはとてもシンプルなことなのです。

ジェイミー・ベイカー

わかりました。

アンドリュー・ノセラ

ジェイミー、私が付け加えられるのは、グローバルな長距離路線に関しては、私たちのゲートウェイの位置からして構造的な優位性があるということです。今こそ私たちは前進し、世界の新たな地域で意味のある、そして利益のある方法でキャパシティを活用すべき時です。

ジェイミー・ベイカー

わかりました。ついでに、アンドリューさんにお聞きしたいのですが、ここ1年ほどの燃油サーチャージに関する変更点を見逃していないか確認したいと思います。国内では燃油サーチャージの仕組みはありませんね。しかし、国際市場では今、どのように存在しているのでしょうか。また、それについてどのように考えるべきでしょうか?

アンドリュー・ノセラ

ジェイミー、私はあまり細かいことは言いたくありません。世界には燃料サーチャージを徴収している国がありますが、その数は義務化されています。実際、燃油サーチャージは原油価格に応じて上下しますし、国によって設定されています。他の国では、自分たちで対処しています。私たちはそれをコントロールしていると思いますが、燃料の価格は高いと思います。

ちなみに私たちは、燃料価格が高いということは、世界中の工場で人々が働くようになったり、驚くようなことが起こったりして、ビジネス需要が回復しているというサインだと考えています。つまり、それは良いことなのです。ただいくつかの本当に悪いこととそうは言っていません。この燃料価格の高騰は、需要と供給が一時的に途切れたため、しばらく時間がかかりそうです。

私たちは、業界が–まあ、ユナイテッドが正しい方向に進んでいると思いますが–理解しつつあります。来年に向けて、特に大統領の誕生日や春休みの休暇に入ると、数字はもっと良くなると思います。先ほど申し上げたように、今後の休暇と来年初めの利回りは良好であり、これは喜ばしいことです。

ジェイミー・ベイカー

素晴らしいですね。ありがとう、アンドリュー。ありがとうございました。ありがとうございました。

オペレーター

シティからは、スティーブン・スプリントさんです。

スティーブン・スプリント

皆さん、おはようございます。私の質問にお答えいただきありがとうございます。ジェイミーの質問の続きになりますが、ここ数ヶ月の間に あなた方は、国内でポイント・ツー・ポイントのフライトをしているとおっしゃいました。現在の状況をどのように考えればよいのでしょうか。また、国際便の一部が引き上げられ、ハブ空港からの国内線の運航に移行するにつれて、段階的に廃止されていくのではないかと思うのですが。

アンドリュー・ノセラ

パンデミックの最中に、日和見的にポイント・ツー・ポイントのフライトを検討し、通常の状態に戻る際にはそれを実施しました。様々な理由から、そこに最高の機会があり、利益率を高める最高の機会があると考えています。

これは金属にも言えることです。そのため、このような結果になっています。私たちのシステムでは、ポイント・ツー・ポイントの飛行を少しだけ行っていますが、これは実証済みです。ですから、これからも続けていきます。それは私たちの戦略的焦点ではありません。これは当社の戦略上の焦点ではなく、当社の[Indiscernible]に焦点を当てています。

スティーブン・スプリント

わかりました。とても参考になりました。他の方に質問していただきましょう。ありがとうございました。

オペレーター

レイモンド・ジェームズからは、サヴァンティ・シースです。どうぞよろしくお願いします。

サヴァンティ・シース

皆さん、おはようございます。容量についてですが、現在第4四半期で23%減少していますが、来年に向けてどのように進んでいくのか、ご説明いただけますでしょうか。その多くは夏の間に発生すると思いますが、来年、23%減から5%増になるまでの橋渡しをしていただけませんでしょうか。

アンドリュー・ノセラ

もちろんです。私たちは、需要があると思われる場所に合わせて、生産能力を増強するタイミングを計りました。ですから、年初はかなり低い数値を維持し、年後半には高い数値を維持しています。来年の予算はまだ確定していませんので、正確な数字や全体の数字は現時点ではわかりません。

もうひとつ注意しなければならないのは、来年の配送は来年の後半に大きく向けられており、多くの点で実際には行かないということです。私たちは、米国の次の世代に向けて、今後のゲームの流れを変えることに着手します。そのため、キャパシティ・メーターがどのようになっているかについては、予算が確定した今年の後半から来年の前半にかけて、より詳しい情報が得られると思います。

Savanthi Syth

以上でございます。ありがとうございました。これまでキャッシュフローの話はあまりしてきませんでしたが、強力な流動性を持ち、収益も好転していることから、今後12ヶ月から18ヶ月間のキャッシュフローの構成要素について、特にATLについてどのように考えているのかを教えていただけないでしょうか。

Gerry Laderman

こんにちは、ゲリー。1月にはもう少し詳しく説明しませんが、通常の状態に戻ると考えています。ATLはいつものように通常の状態に戻り始め、季節性に左右される通常の山と谷を見ることができます。その他の最大の関心事は、先に述べたように、すべての支払いと、債務の満期がいつから始まるのかということで、来年には上流での返済が始まります。

来年の債務返済は比較的小幅で、予定していた30億円のうち約30億円が返済されます。しかし、バランスシートを管理するために、現金を使用する他の機会に焦点を当てていきます。早ければ来年には始まるでしょう。

Savanthi Syth

ありがとうございました。ありがとうございました。

オペレーター

エバーコアISIからは Duane Pfennigwerthをお招きしました。どうぞお進みください。

ドゥエイン・ファイニグワース(Duane Pfennigwerth

ありがとうございます。アンドリュー、あなたの豊富なリストの中で、国内のビジネス需要が19レベルまで回復しているという話がありましたね。正直なところ、私はその背景を知りませんでした。今のコメントはプレミアムなもので、前四半期の退出率と比較して、企業の現状はどうなっているのでしょうか?

アンドリュー・ノセラ

私が申し上げたのは、先週、国内線と4路線、大西洋路線の合計予約数が2019年の同時期を上回ったことです。しかし、ビジネスの落ち込みが完全に回復したわけではなく、まだまだ先の話です。大西洋地域のビジネストラフィックの回復は、国内ビジネストラフィックの回復と同程度か、実際には若干先行しているとコメントしましたが、この数字を見て、大西洋地域のビジネストラフィックがいかに早く回復しているかを確認できたことは明らかに良かったと思います。

しかし、数字は50%減に向かっていますが、まだそこまでは至っていません。しかし、ここ数日の傾向だけを見ても、ビジネスに対する強気の度合いがかなり高まっていると言えるでしょう。デルタ・バリアント・コストの数字はすぐに下がってしまい、デルタ・バリアントを過ぎた今では

デルタ・バリアントのコストはすぐに下がりますが、デルタ・バリアントを過ぎた今は、同じように早く上がればいいなと思っているところです。そのため、私たちが見たいと思っているよりも少し変動が大きいのですが、今のような上向きの変動が好きなのは確かです。

ドゥエイン・フェニグワース

ありがとうございます。燃料費以外のコストについて補足しますと、この燃料価格で長時間フライトが完全に復活する時期について教えてください。早ければ3月が勝負のように思えます。しかし、コストの話は現時点では後半になるのでしょうか?ご意見をお聞かせください。

Andrew Nocella

そうですね、コストの変動とキャパシティの変化を見ました。1月にお話ししたように、上半期と下半期では、3機の航空機が戻ってきたり、他の航空機が入ってきたりすることで、見えてくるものがあると思います。

来年の夏に22億ドルの施策が本格化すると、下半期は上半期とは大きく異なることがわかると思います。しかし、基本的には、キャパシティを[Indiscernible]に追跡することができます。

ドゥエイン・プフェニグワース

ありがとうございました。

オペレーター

ゴールドマン・サックスからは、キャサリン・オブライエンです。

キャサリン・オブライエン(Catherine O’Brien

皆さん、おはようございます。先ほどのジェイミーの質問とは少し違いますが、6月にユナイテッド・ネクストを導入して以来、現在の米国の需要の背景や競争力のあるキャパシティの背景によって、国内線の拡大計画などに変化がありましたか?当時、2020年の国内線キャパシティは横ばいと考えていたのでしょうか。それとも、これらの国際的な国境の再開に伴い、チャンスが変わったのでしょうか。ありがとうございます。

アンドリュー・ノセラ

後者は、ここ数週間で見られる回復の中で、国際的な国境が開かれたことがきっかけとなっています。このような機会を最大限に生かすためには、海外での活動を展開することが必要であり、私たちはそれを実行しています。

Catherine O’Brien

わかりました。分かりました。それから、まだお話しできないかもしれませんが、どのような事業体が海外での10%の成長を促進するのか、また、あなたがおっしゃった新たな長期的渇水が10%の成長に与える影響について、大まかな説明をしていただけますでしょうか。お時間をいただきありがとうございました。

アンドリュー・ノセラ

先ほどお話したように、大西洋と太平洋地域が中心となります。ヨーロッパにも行きますし、ユナイテッド航空としては初めての市場にも行きます。このような新しい市場は、ユナイテッド航空にとっては初めてのことですが、アメリカの航空会社としては非常に楽しみです。また、中東への就航も発表しました。

ヨルダンです。また、アフリカへの就航も発表しましたが、これはあまりよくありません。薬局の皆様には、このようなサービスを期待しています。南米でも多くのことが行われており、特にブラジルでは、ここ数日の変化を受けて、回復に向かっていると考えていますが、具体的にはかなりゆっくりとした動きになっています。

南太平洋地域は北太平洋地域よりも早いと予想していますが、当社は太平洋地域において非常に機敏であり、需要に応じてキャンセルしたり、変更したりすることができます。当社は米国の航空会社の中で最も優れた太平洋地域のネットワークを持っており、まず最初に、そしてより強力に立ち直ると期待しています。しかし、そうは言っても、追加のキャパシティを搭載する際には細心の注意を払うつもりです。

Catherine O’Brien

ありがとうございます。

オペレーター

ウォルフ・リサーチからハンター・キーイです。どうぞお進みください。

ハンター・キイ

おはようございます。労働者の日の後、多くの人がオフィスに戻り、そこにいることが当然のようになっていたように思いますが、今では通勤が本当に楽しくないことに気づいて、人々はまた少しずつ自宅で仕事をするようになっているように感じます。

来年のビジネストラベルについても、このようなことを期待されているのでしょうか?スコットさんは、ビジネストラベルの需要が大きく膨らみ、一旦は旅に出ることを楽しみにして、100%回復した後、年が進むにつれて、その幸福感が薄れて、ゆっくりと低い水準に戻っていくことを期待されているのでしょうか?

アンドリュー・ノセラ

私が言いたいのは、デルタ航空の変動は、明らかにいくつかのオフィスの復旧を遅らせているということです。今日のユナイテッド航空はウィリス・タワーズのヒアリングを行っており、全員がオフィスに戻っています。企業のお客様にお話を伺うと、オフィスに入っている人もいれば入っていない人もいて、まちまちですが、一般的にはオフィス環境に戻る人が増えています。

また、週によって少しずつ変化していますが、来年は年末の需要が多く、多くのお客様が旅に出る必要があり、それを心待ちにしていることから、ビジネストラヒックの加速が期待できると言われています。私自身、ここ数週間は旅に出るのが楽しみで、より多くの時間を費やしています。だから、たくさんのTBD。この質問に正確に答えることはできませんが、得られるフィードバックは非常に強力なものになるでしょう。また、約2年間、思うように旅行ができなかった消費者の需要も来年は期待できます。

また、この2年間、思うように旅行ができなかった消費者の方々の需要も、国内も含めて非常に強いものになると考えています。私たちは、利益を最大化するチャンスは大西洋を越えて、インド、アフリカ、中東にあると考えています。しかし、国内での回復も期待できると考えています。実際、2月、3月、4月には、これまでよりもはるかに高いフィールド価格を克服できると期待していますし、それが私たちの計画です。

ハンター・キー

分かりました。アンドリューさんは、2023年に企業がどのように旅行を予約すると予想していますか?今は直接予約が多いと思います。22年もおそらく奇妙なことになるでしょうが、2023年は2019年のようになるのでしょうか?GDSチャネルとTMCが同じように混在することになるのでしょうか。長期的にはどうなるとお考えですか?

アンドリュー・ノセラ

長期的にはわかりません。テクノロジーは急速に変化していますが、言えることは、当社には素晴らしいCMCパートナーがいて、中小企業市場への参入に大いに役立っているということです。また、DBSを利用してすべてのコンテンツを提供していますが、これも成功しています。また、これまでの主要なGDS契約者と同様に、急激な変化はないと考えています。

ディストリビューション・ネットワークの中には、これまでとは少し違ったやり方をしたいと考えている企業があるのは明らかです。しかし、TMCとGDSのモデルは非常に強力で、ユナイテッド航空の高品質な収益に貢献していると信じています。

ハンター・キー

ありがとうございました。

オペレーター

コリンからは、ヘラン・ベッカーが登場します。

ヘレン・ベッカー

どうもありがとうございました。皆さん、お時間をいただきありがとうございました。いくつか質問があります。1つは、7人乗りのトリプル・シートが戻ってくることについてです。ゲリーさん、これらを復活させるためのコストはどのくらいになるのでしょうか?また、それは20年の設備投資予測に含まれているのでしょうか、それとも第4四半期と2022年の設備投資予測に含まれるのでしょうか?

ジェリー・ラダーマン

トリプルセブン、当社の航空機はすでに誤解されています。これらを戻すのに設備投資は必要ありません。復帰させるための設備投資要素はありませんが、準備のためのOPEX要素はあります。ですから、今回の見通しに含まれているのは、他の企業からの貢献があるかどうかについての見通しではありません。今回の見通しでは、当社がその費用を負担すると仮定しています。

ヘレン・ベッカー

わかりました、とても参考になりました。それから、もうひとつの質問は、これらの新しい市場についてです。小さな文字(a)は、アライアンスパートナーが、あなたが彼らのハブを飛び越えて自分たちだけでやっていることに気を悪くするのではないかという懸念、小さな文字(b)は、私のバケットリストに載っている行きたい都市のリストを渡してもいいですか、というものです。

ジェリー・ラダーマン

先日追加した都市で、あなたのバケットリストに入っていると思いましたが、教えてください。しかし、私たちは提携している素晴らしいパートナーと協力しています。私たちは本当に最高の提携パートナーと低価格で仕事をしています。今年の夏にどの都市を追加するかについて、どのようにして希釈化を行ったかというと、ユナイテッド航空と提携している店舗のシェアが非常に低い期間が多いのです。

米国とこれらの市場を結ぶ交通は、ユナイテッド航空ではなく、他の提携会社が担っています。だからこそ、これらの市場は素晴らしいのです。もうひとつお伝えしておきたいのは、時にはマーケットを作らなければならないということで、世界中のさまざまな場所に多くのサービスがあります。

例えば、アゾレス諸島は、あなたやあなたの同僚たちが素晴らしい休暇を過ごすのに最適な場所です。以前は、このような場所に行くことは非常に困難でした。今年の夏からは、ユナイテッド航空のマイルストーンであるニューヨークに、より簡単に行けるようになりますよ。

ヘレン・ベッカー

ありがとうございます。とても参考になりました。皆さん、ありがとうございました。それでは、良い一日をお過ごしください。

オペレーター

Indiscernible] Bankからです。マイク・レセンブルグ(Ph)です。どうぞ、お進みください。

マイク・レセンブルグ

皆さん、おはようございます。スコットさん、ワクチンの義務化が最大のリスクであるというご指摘に戻ります。最新のデータによると、ワクチン接種を受けた人は60~65%程度だと思いますが、政府との会話やGSAに関連して、何か不測の事態に備えた計画を立てているのでしょうか。また、ホリデーシーズンに向けて、ユナイテッド航空のスタッフを増員して、空港での人々の移動をサポートする必要があるのでしょうか。ありがとうございます。

スコット・カービー

さて、私は彼らが、そして我々がそこにたどり着けるかどうかを確信しています。彼らは一生懸命働いています。パンデミックの時も、本当に大変な時に素晴らしい仕事をしてくれたと思います。また、アフガニスタンから何万人もの人々を帰還させたのも、同じ部署のおかげです。私たちは皆、国土安全保障省、マヨルカース長官、TSAが行っているすべてのことに称賛と信用を与えるべきだと思います。

つまり、ワクチンの要求事項を正しく実施していると思います。つまり、ユナイテッドでは、妥協せず、気まぐれにならず、後戻りしないで要件を出せば、99%以上を達成できることを証明しました。

マイク・レゼンバーグ

そうですね。とてもいいですね。スコットさんのお話では、目標達成のために企業の再訪率が85%から90%にとどまっているとのことでしたが、プレミアム・レジャーの話もたくさん出てきましたね。それとも、ユナイテッド航空が他の航空会社に追いついて、他の航空会社と同等のプレミアムシートを提供しているだけなのでしょうか?ご意見をお聞かせください。ありがとうございます。

アンドリュー・ノセラ

こんにちは、マイク。こちらはアンドリューです。数ヶ月前にユナイテッド・ネクストを発表したときと比べて、航空機の構成が大きく変わったわけではありませんが、おそらくその両方だと思います。そのため、2023年以降の収入から多くの恩恵を受けていますが、プレミアム・レジャー・ビジネスが驚くほど多いというわけではありません。私たちは、UMCスポーツをファーストクラスやメインキャビンで販売することができ、これまでよりも少し高いロードファクターを実現しました。これが永続的な変化であることを証明したいと思っていますが、その一部は[Indiscernible]ネットです。

企業の旅行が完全には回復していないので、座席に近いところではより多くの在庫があるのです。つまり、法人旅行は100%で、プレミアム・レジャーのイールドがどこにあるかを見極める必要があります。私たちは、この変化が永続的なものであれば、より良い結果になるだろうということについて、両方のバランスを取る必要があると思います。こんなに短期間でかなりの材料が出てきました。

ですから、企業の需要が戻ってきたときにバランスを取る必要があるので、確かに様子を見なければなりません。しかし、万が一、法人需要が100%ではないとしたら、それはそれでいいと思います。この3ヶ月間で次第に明らかになってきたように、このレバーは、少し変わったことをして、航空機での収益を増やす機会となります。

マイク・レセンバーグ

素晴らしいですね。ありがとうございます。

オペレーター

MKMパートナーからです。Cona Canagan (ph) です。どうぞ、お進みください。

コナ・カナガン

皆さん、こんにちは。お時間をいただきありがとうございます。準備されたコメントの中でほのめかしていたと思いますが、2022年の潜在的なスイングキャパシティについて考えるとき、競争状況を考慮して国際的な調整を行うのではなく、国内市場のスイートキャパシティが低くなると考えるのは妥当でしょうか、需要がすべてを決定するのはわかりますが、高いレベルでのお考えをお聞かせください。

Andrew Nocella

加えて言えば、当社の航空機や工場など、航空機を移動させるための柔軟性は非常に高いと思います。国内であろうと海外であろうと、我々が必要とするところにはどこにでも移動できるのです。だからこそ、私たちは[Indiscernible]外に出たのです。私たちはパンデミックの全期間を通じて、このことを継続的に証明してきたと思います。

そして、私たちは軌道に乗り、通常のスケジュールでの展開に戻りつつあるように見えます。しかし、国内外で必要とされることには柔軟に対応し、ワイドボディのジェット機が不要になった場合も含めて対応していきます。今年の終わり頃になると思いますが、しばらく様子を見たいと思います。

コナ・カナガン

そうですか。それから、ハンターが話していたビジネス面での話の続きです。ビジネストラベルの需要が最も溜まっている分野は何か、あるいは長期的に最も強気で、シェアを拡大できると考えている分野は何か、あるいは現在の状況を踏まえてどのように考えているのか、興味があります。ありがとうございました。

アンドリュー・ノセラ

ユナイテッドでは、すべての分野でシェアを拡大することはできませんでしたが、それは皆さんや競合他社の皆さんにも明らかです。とはいえ、今見ているのはコンサルティングであり、彼らが道路に戻って世界中のビジネスを支援し始めたことで非常に好調であることは明らかです。しかし、全体的にリバウンドも見られますが、正しい方向に向かっていると考えています。

運営者

ありがとうございました。それでは、メディアの皆様からのご質問をお受けいたします。念のため、ご質問のある方は【オペレーター指示】をお願いします。改めて、ご待機ください。では、アリソン・サイダーさんにお願いします。

アリソン・サイダー

どうもありがとうございました。ここ数ヶ月の間に、業界全体でお客様から寄せられた大きな不満は、スケジュールの不安定さだと思います。このような状況がいつ解消され、安定して通常の状態に戻るのか、あるいはこのような状況が今後も続くのか、お考えをお聞かせいただきたいと思います。

アンドリュー・ノセラ

こんにちは、アンドリュー。数週間で航空会社の売上を基本的に10%にまで引き上げたことで、プロセスにどれだけ柔軟性を持たせられるかについて多くのことを学びました。とはいえ、この規模の航空会社を運営するためには、一貫したプロセスが必要であり、お客様が確実に予約できるように、都合の良いように早めにスケジュールを組む必要があります。

そして、今週か来週の時点では、ほぼ通常のスケジュール搭載プロセスに戻っています。パンデミックの際には、この数字は劇的に減少し、純コストも減少しました。残念ではありますが、必要なレベルの混乱であり、私たちはお客様と話し合い、相対的に対応し、2つのランクに分けました。しかし、可能な限り、シンプルで簡単に予約変更ができるようにしました。しかし、その問題は過去のものであるべきで、すでにそうでない場合は、非常に高い確率で想定されます。

アリソン・サイダー

ありがとうございます。

オペレーター

CNBCからはレスリー・ジャスティンが登場します。どうぞよろしくお願いします。

レスリー・ジャスティン

皆さん、おはようございます。リージョナル・エアラインについての質問です。あなたの名前で運航している航空会社も同じ連邦政府の指令を受けるのか、あるいはいくつかの海上輸送会社で行われているのか、今後数週間の間にコンプライアンスを確保するための業務上の懸念事項はあるのか、また、あなたのアプローチが貨物をどのように変化させるのかについての情報があれば教えてください。ありがとうございます。

ブレット・ハート

こんにちは、ブレット・ハートです。地域の航空会社は、大統領令の適用可能性を検討していると思いますし、当社も協議を進めています。ワクチン接種に関しては、我々の立場は明確ですが、彼らは現在、それを検討している最中です。私たちは、その過程でできる限りの支援をしていきたいと思います。アンドリューさん、何か補足したいことはありますか?

アンドリュー・ノセラ

貨物に関しては、第4四半期に記録的な業績を上げ、今年も記録的な年になったことは明らかで、この状況は第4四半期以降も続くと予想しています。国の状況を考えると、バックアップの面でも、消費者の需要の面でも、この状況は続くと思います。今日、私たちは従来とは異なり飛行機で輸送を行っていますが、これらの製品に対する需要がどこにあるかに基づき、これらの輸送は来年のすべてではないにしても、来年も続くものと期待しています。繰り返しになりますが、どこの港で、どのようなサービスを提供しているかは、貨物に関してはどこにも負けないと思っています。レスリー、当社の数字を見ていただければ、四半期ごとに数字が出ていることがおわかりいただけると思います。

レスリー・ジャスティン

わかりました。ありがとうございます。地域の航空会社にも、御社と同じようにワクチン接種の義務化を求めましたか?それは飛行機の中でのゲームを統一するためだと言われました。

アンドリュー・ノセラ

現在のところ、リージョナル航空会社に同じポリシーを採用するよう求めたことはありませんし、要求もしていません。法的な観点からは、私には航空会社に要求する権利があることはご理解いただけると思います。しかし、これはプロセスであり、彼らも我々と同じように作業を進めるでしょう。彼らが非常に集中して取り組んでいることは承知していますし、最終的には良い結果が得られると確信しています。しかし、私たちは彼らを強く励まし、彼らにとっても正しいことをするように後押ししています。私たちはコントロールできないのです。

運営者

ご質問のある方は、お手元の携帯電話の星印を押してください。どうぞよろしくお願いします。

ジャスティン・バックマン

私の質問にお答えいただきありがとうございます。先ほど、ユナイテッド航空が米国のフラッグキャリアであるというお話をしましたが、国際線のワイドボディ化に伴う構造的な変化によって、長距離路線がより収益性の高いものになっていると思います。

というのも、この論文は、他の航空会社がワイドボディ機のキャパシティを増やすことができない、あるいは増やしてもまともな利回りが得られるなら増やさないという考えに基づいているように思えるからです。その気になれば、容量を増やすことができるように思います。ありがとうございました。

アンドリュー・ノセラ

こんにちは、ジャスティン。こちらはアンドリューです。実際には2つの要素があります。1つは機体です。ワイドボディの航空機を導入し、構成して、空に出すまでにどれだけの時間がかかるかです。これは、ユナイテッド航空で経験したことですが、2年ほどかかります。そのため、これまで機体を退役させていた場合、その決定を覆して訓練を受け、新しい機体を導入することは非常に困難です。すぐには実現できないのです。

しかし、2つ目の重要な点は、私たちがアメリカの7つの主要ハブからフライトしているという事実です。これは、アメリカ国内を行き来する国際的な旅行を代表するものです。レジャーだけでなく、通常の企業のビジネスにも利用されており、この面では構造的な優位性を持っています。

私たちはすでに、圧倒的に大きな国際航空会社です。提携先のハブ空港を経由するだけでなく、世界中のあらゆる場所へのフライトを成功させることができます。先日の発表でも、ヨルダンのアンマンなどの新規就航を含めて、そのことが明らかになりました。

これまでできなかったことを、ユナイテッドの構造的な優位性を活かして実現しているのです。しかし、今はそれが可能であり、需要が急速に回復しているという事実に基づいて、追い風が吹いている時代にそれを行っています。

ジャスティン・バックマン

ありがとうございました。

オペレーター

CNNからはクリスティーナ・エスドアさんが登場します。

クリスティーナ・エスドア

貨物とサプライチェーンの問題に戻りますが、現在もオールカーゴ便を運航していますか?また、貨物需要が高まっている中で、従来の貨物機の購入を検討していますか?

アンドリュー・ノセラ

私がお答えします。夏の間、交通量の回復と777の供給不足を理由に、貨物機をすべて停止していたか、停止する予定でした。デルタ航空のバリアント化が進み、需要が減少したため、貨物チームに少数のワイドボディ機を導入しましたが、彼らはジェイコブスを引き上げ、今年末まで顧客はすべて貨物機となり、非常に好調です。

今年の終わりか来年の初めには、またいつか終了することになるでしょう。すべては、急に必要になった実用的なサービスへの復帰にかかっています。ですから、前線には多くの人がいます。チームは素晴らしい仕事をしており、今年は記録的な年になるでしょう。

クリスティーナ・エスドア

航空機については、検討しているのでしょうか、それとも長期的には選択肢に入れないのでしょうか?

Andrew Nocella

ユナイテッド航空では約220機のワイドボディ機を保有していますが、いずれも大きな谷間があり、多くの貨物を搭載するスペースがあります。しかし、これらの航空機にすべての貨物機を追加する必要はないと考えています。現時点ではね。ビジネスモデルの観点から言えば、数ヶ月から数年かけて、意味のあることをすることも、いくつかの個別の路線をすることも当然可能です。しかし、私たちが運用しているのは、世界で2番目に大きいワイドボディ機のフリートです。私たちには、ニーズを十分に満たすことのできる膨大な量の腹囲があります。

オペレーター

AP通信社からデビッド・ケーニッヒ氏をお招きしていますが、どうぞ。

デビッド・ケーニッヒ

OK、ありがとうございます。スコットです。先ほどの “caveat emture “のコメントに続き、あなたの任務のために人々がユナイテッド航空を予約しているという証拠はあるのでしょうか?

スコット・カービー

まあ、話としては、たとえそうなっていたとしても、それを整理するのは難しいと思いますが、そうなって欲しくないとも言いたいですね。つまり、私はみんなに[Indiscernible]に戻ってきてほしいと思っています。ユナイテッド航空のように、すべての航空会社が後戻りせず、全員にワクチンを接種することに着手してほしいと思っています。これは間違いなく正しいことなので、私たちにとって競争上の優位性にはならないでしょう。

デビッド・ケーニッヒ

ワクチン接種の代わりに試験的な方法を採用することは、競争上不利になるのでしょうか?

スコット・カービー

そうですね、繰り返しになりますが、彼らにはそうしてほしいと思っています。私は彼らの声を実際に聞きました。それは正しいことですが、運営上、間違いなく、本当に、本当に難しいことです。何万人もの従業員が全員をテストしたのですから。

デビッド・ケーニッヒ

わかりました。ありがとうございます。

運営者

Indiscernible]から、Rached Phing (ph)さんをお招きしています。

ラチェッド・フィング

皆さん、おはようございます。2つ質問があります。まず、トリプル7についてのコメントを明確にしたいと思います。来年の初めには、現在のフルサービスのシンプルなものになるだろうとおっしゃっていましたね。それはGemStoneのことでしょうか、それとも2022年前半にターンパーサービスを行うために地上のフリートを整備したということでしょうか。

ブレット・ハート

こんにちは、ブレットです。FDAからの連絡はありませんが、この6ヶ月間、プラット・ホイットニー社と精力的に取り組んでおり、来年の第1四半期には無事に運航を再開できる見込みです。

ラチェッド・フィン

2つ目の質問は、サプライチェーンのボトルネックについて、サプライチェーン・プレッサーやインプレースに関するコメントに加えて、これらのボトルネックをどのように回避しているのか、色分けして詳細に説明していただけますか?

Gerry Laderman

こんにちは、ゲリーです。不足しているもの、不足する可能性のあるものについては、先回りして対処しています。ですから、オペレーションや製品にはまったく影響はありませんが、コスト面では多少の影響があります。世界中で見られるように、必要な供給を得るためにはよりコストがかかることがあります。

オペレーター

ワシントンポストから、ハンナ・サンプソンさんです。どうぞお進みください。

ハンナ・サンプソン

おはようございます。プレミアム商品の需要が高まっているとのことですが、お客様はどのようにご覧になっていますか?これはどのように展開されているのでしょうか?アップグレードのためにマイルスを使い、無料のアップグレードを得るために、前もって予約をしているのでしょうか?興味があるのは、旅行中に座席をオンラインで予約したくてもできなかったのか、それとも予約するための現金が増えたのかということです。あなたはどのようにお考えですか?

アンドリュー・ノセラ

これはアンドリューが話していることなので、時間をかけて検討していきます。しかし、特にこの数ヶ月間に見られたのは、数ドルを費やしてプレミアムシーズンにアップグレードしたいという意欲です。メインキャビンやファーストクラスへのアップグレードは、大西洋を越えて行われます。この夏は、アテネやイタリアなどのレジャー路線へのビジネス客の反発が、メインキャビンよりも強かったのですが、多くの消費者がパンデミックの間に節約し、少しでも参考にしてくれたのだと思います。

しかし、それだけでなく、製品のアップグレードも素晴らしいものでした。ユナイテッド航空の大きな目標は、ポラリスクラスの最上級のお客様からベーシックエコノミーのお客様まで、すべてのお客様に商品を提供することであり、その範囲内で商品を提供することです。これはまさに私たちがやっていることであり、時間をかけてより多くのことをやっていきたいと思っています。私たちは、より高度な体験を求めるお客様がいらっしゃることを知っています。私たちは、それを可能にする様々なタイプの製品を提供していきます。

ハンナ・サンプソン

はい、ありがとうございます。パイロットや客室乗務員だけでなく、ケアエージェントや、質問や問題があったときに電話で対応する人など、あらゆる面での人員配置について、どのような準備をしていますか?そのための準備はどのように感じていますか?

アンドリュー・ノセラ

我々は良い状態にあります。そして、お客様は自信を持って集中できる、ユナイテッド航空。

オペレーター

ありがとうございました。それでは最後に、クリスティーナ・ムノスさんにご挨拶をお願いします。

クリスティーナ・ムノス

ご不明な点がございましたら、投資家・メディア担当までお問い合わせください。

オペレーター

ありがとうございました。これで本日のカンファレンスは終了です。ご参加ありがとうございました。これで切断できます。

 

ABOUT ME
赤虎めだか
こんにちは。【赤虎めだか】です。 よろしくお願いします。 ・アラフィフ(男) ・うお座のB型 ・職業:BPMコンサルタント ・副業で太陽光発電所を2基 ・グロース銘柄を中心に米国株投資を実践 ・趣味はめだかのブリーディングと焼き物(食器)集め