株式投資的雑記

【DKNG・PENN・CZR・FUBO】2021年はスポーツベッティング銘柄が熱い!楽天証券で買える関連銘柄を紹介!【WYNN・SKLZ】

スポーツベッティングタイトル

こんにちは、赤虎です。

 

水素燃料電池大麻株などの記事をたくさん読んでいただきありがとうございます。

 

本記事を初めてアップしたのは2021年になって間もない1月でした。その後、米国経済はアフターコロナに向けて所々で調整はありながらも、確実に再成長への道を歩んでいるように見えます。

 

その中で、「オンラインカジノ」「スポーツベッティング」セクターは、投資妙味のある興味深い分野ではないかと考えています。

 

 

民主党のバイデン政権では、先日の記事で書いたように「クリーンエネルギー」や「大麻」、「ヘルスケア」などのセクターが追い風を受けると言われていますが、実は「オンラインカジノ」や「スポーツベッティング」に関連する銘柄も伸びると言われています。

 

今回の記事では、「オンラインカジノ」や「スポーツベッティング」に関する概要のまとめと、楽天証券で買える関連銘柄について最新の情報にアップデートして紹介します。

 

赤虎
赤虎
では、行ってみよー(-ω-)/

 

オンラインカジノとスポーツベッティング

オンラインカジノもスポーツベッティングも、一言でいうと「賭け事」「ばくち」です。

日本では、競馬や競艇、競輪、宝くじ、TOTOなど、国が認め公営ギャンブルしか法律で認められていませんが、海外ではスポーツを賭けの対象として楽しむことは古くから行われていました。

 

特に発祥の地と言われるイギリスでは、18世紀からスポーツを対象にしたギャンブルが行われており、賭けをコントロールする政府公認の「ブックメーカー」が誕生し、競馬、サッカーや野球、ボクシングなどの試合を賭けの対象としてきました。

 

競馬

(日本国内で海外のブックメーカーのサービスを楽しむことが合法か、違法かという議論にはいろいろな意見がありますが本記事では触れません)

 

1994年頃にオンラインカジノが世の中に現れ、1996年ごろからは世界中でオンラインカジノが広まっていきます。日本でも2010年ごろから日本語のサイトを通じてサービスが開始されています。

 

昨今では、オンラインでの(異なる通貨や仮想通貨での)決済、ストリーミング映像などを見ながらリアルタイムでベット(賭け)する、ということが簡単に可能になり、よりカジュアルに楽しめる環境が整い、市場が大きく拡大しています。

 

赤虎
赤虎
現在、世界には約4,000万人ほどのユーザーがいると言われています!

 

 

世界のオンラインギャンブル市場は、予測期間中に11%のCAGRで成長する見通しで、2024年に1,142億1,000万米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、フリーミアムモデルの人気の高まりに牽引されています。さらに、ビットコインギャンブルの導入は、予測期間中の同市場の成長を促進すると見込まれています。

~GII市場調査レポート「世界のオンラインギャンブル市場:2020年~2024年の予測」より引用~

 

 

米国におけるスポーツベッティング市場の拡大

米国では、ネバダ州を除いたアメリカ国内でのスポーツベッティングを禁止する連邦法「1992年連邦プロ・アマスポーツ保護法」(PASPA)により、スポーツを対象としたギャンブルは長きにわたり規制されていました。

 

2018年5月、米国最高裁はこの法律を違法とする判決を出し、スポーツを対象にしたギャンブルを実質合法化(各州の判断に任せるという連邦最高裁判決)しました

 

現在、全米でスポーツベッティングが合法の州は23州、オンラインでのスポーツベッティングが合法の州は15州ですが、コロナ禍で財源が枯渇し、今後税収を増やしたい州が合法化に動くことは容易に想像できます。

 

当然、それはスポーツベッティングのビジネスを展開する企業にとっては市場の拡大を意味しますから、そうした企業には強い追い風が吹いていると言えます。

 

実際に、2021年1月6日にニューヨーク州のクオモ知事がオンラインでのスポーツベッティングの合法化を支持すると発表(Bloombergの記事にリンク)された際にはスポーツベッティング銘柄の含まれたETFが急騰し、構成銘柄の一つであるドラフト・キングス(ティッカー:DKNG)の株価は一時8.9%高となりました。

 

さらに、コロナ禍でリアルの場でスポーツ観戦ができなくなったり、在宅ワークが増えたり、といった生活の変化も市場にはプラスの影響を与えているものと思われます。

 

このような強い地合いもあり、近年オンラインカジノやスポーツベッティングを業とする企業への注目が集まっています。

 

楽天証券で買えるスポーツベッティング関連銘柄

楽天証券で買えるスポーツベッティング関連銘柄を紹介します。

 

DraftKings Inc (ドラフト・キングス)【DKNG】

ドラフト・キングスは、2012年にボストンで設立されたオンラインカジノやファンタジースポーツ(実在する選手のデータを基に架空のチームを作って対戦する)、スポーツベッティングのサービスを提供しています。2019年12月にIPOしました。

 

特にファンタジースポーツはアメリカでも大変な人気を集めており、ドラフト・キングスの独占市場となっています。

 

2020年でのユーザー数は約1,200万人とされており、2019年にはNFLのニューヨーク・ジャイアンツとの公式パートナーとして独占契約を交わしたり、2020年9月にはESPN(アメリカで大変人気の高いケーブルスポーツチャンネル)との提携を発表するなど、積極的なビジネスを展開しています。

また、2021年9月22日には、同業の英エンテインに200億ドルで買収を提示した、というニュースが報じられました。DKNGの株価はM&A時の常でこのニュースで6.7%安となりましたが、長期で見れば成長への積極的な投資とも言えるのではないでしょうか。

 


 

 

企業名DraftKings Inc (ドラフト・キングス)
市場NASDAQ(ティッカー:DKNG)
ホームページhttps://www.draftkings.com/ ※日本からはアクセスできません
2021年9月23日終値US$51.75
時価総額US$20.982B
年初来リターン11.15%

データ:bloomberg(2020/9/23現在)

 

 

 

Penn National Gaming, Inc. (ペン・ナショナル・ゲーミング)【PENN】

Penn National Gaming, Inc. (ペン・ナショナル・ゲーミング)はペンシルベニア州に本社を置く、カジノ運営、競馬場運営会社です。

米国とカナダで43の施設を運営しています。

 

また、昨今のオンラインカジノ、スポーツベッティングの人気を踏まえて2020年9月にBarstool sportsbookというアプリを公開しています。

 


 

企業名Penn National Gaming, Inc. (ペン・ナショナル・ゲーミング)
市場NASDAQ(ティッカー:PENN)
ホームページhttps://www.pngaming.com/
2021年9月23日終値US$75.60
時価総額US$11.853B
年初来リターン-12.47%

データ:bloomberg(2020/9/23現在)

 

 

Caesars Entertainment, Inc. (シーザーズ・エンターテインメント)【CZR】

Caesars Entertainment, Inc. (シーザーズ・エンターテインメント)はネバダ州に本拠を置く、50を超える施設を運営するホテル及びカジノリゾートの運営会社です。

 

2020年9月に、欧州チャンピオンズリーグやプレミアリーグ、テニスなどのスポーツベッティング企業であるウィリアム・ヒル(William Hill)を$3.7B(約3,900億円)で買収することが発表されています。

 

 


 

企業名Caesars Entertainment, Inc. (シーザーズ・エンターテインメント)
市場NASDAQ(ティッカー:CZR)
ホームページhttps://www.caesars.com/
2021年1月15日終値US$111.62
時価総額US$23.823B
年初来リターン50.29%

データ:bloomberg(2020/9/23現在)

 

 

fuboTV Inc (フボ・TV)【FUBO】

fuboTV Inc (フボ・TV)はニューヨークに本社を置く、デジタルエンターテインメント企業です。2020年10月にIPOしています。

スポーツの視聴に特化したライブTVストリーミングプラットフォームを運営し、スポーツイベント中継やニュース、エンタメのコンテンツ配信を行っています。2020年3Qの有料会員数は45.5万人です。

 

2020年3Q決算時にスポーツベッティング市場への参入を計画していることが発表されました。

 

 


 

企業名fuboTV Inc (フボ・TV)
市場NYSE(ティッカー:FUBO)
ホームページ—–
2021年9月23日終値US$25.94
時価総額US$3.675B
年初来リターン-7.36%

データ:bloomberg(2020/9/23現在)

 

 

Wynn Resorts Ltd. (ウィン・リゾーツ)【WYNN】

Wynn Resorts Ltd. (ウィン・リゾーツ)は2002年に設立された、ネバダ州パラダイスに本社を置く統合型リゾート企業です。世界の独立系ホテル企業としては最多の5つ星をフォーブス・トラベルガイドで獲得しています。

 


 

企業名Wynn Resorts Ltd. (ウィン・リゾーツ)
市場NASDAQ(ティッカー:WYNN)
ホームページhttp://www.wynnresorts.com/
2021年9月23日終値US$83.83
時価総額US$9.697B
年初来リターン-25.70%

データ:bloomberg(2020/9/23現在)

 

Skillz Inc (スキルズ)【SKLZ】

Skillz Inc (スキルズ)はサンフランシスコに本社を置く、モバイルゲーム・eスポーツのプラットフォームを提供する企業です。2020年4月にSPACのスキームでIPOしています。

Skillzのプラットフォームを利用することにより、今までできなかった”ゲームの勝ち負け(競争)を通じて収益化する”ことが可能となりました。

 


 

 

企業名Skillz Inc (スキルズ)
市場NYSE(ティッカー:SKLZ)
ホームページhttps://www.skillz.com/
2021年9月23日終値US$11.39
時価総額US$4.587B
年初来リターン-43.05%

データ:bloomberg(2020/9/23現在)

 

まとめ:スポーツベッティング市場は期待大

bar

欧米では、スポーツに対する思い入れが日本とは全く違います。

 

私が学生時代に留学していたアメリカ中西部の町にもNFL(アメリカンフットボールのリーグです)のチームがあったのですが、月曜日の夜に試合がある日(マンデーナイトと呼ばれていました)は夕方になるとひいきのチームを応援するために歩行者がいなくなるほど。

スポーツバーでワイワイ仲間と試合を楽しむか、自宅で家族とピザをつまみながらビール片手に地元チームを応援することが、当たり前の文化として定着しています。

 

 

コロナ禍でエンターテインメントの少ない今が追い風なのはもちろん、税収を増やしたいという切実な理由もありオンラインカジノ、スポーツベッティング市場の拡大は「約束された未来」のように見えます。

 

また、ブロックチェーン技術の進歩などにより、ゲームやeスポーツの世界での新しい課金モデルが現実のものとなってきています。こうした背景も業界にとっては追い風となるはずです。

 

足元では中国の締め付け強化などによりカジノ株にとっては厳しい地合いとなっていますが、アフターコロナで注目しておくべきセクターであることは確かだと考えています。

 

前向きに米国株投資に取り組む方の参考になれば幸いです。

 

 

赤虎
赤虎
最後まで読んでいただきありがとうございました!

&投資は自己責任でお願いします!

 

ではまた(-ω-)/

 

 

 

 

※ブログ村に参加しています。ポチッと赤虎を応援していただけると嬉しいです!!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

 

■アフターコロナはリア充銘柄に注目!!!

 

リア充銘柄タイトル
【注目】リア充銘柄って具体的に何よ?という方へ~楽天証券で買えるリア充銘柄40選~こんにちは、赤虎です。 ここ最近、長期金利がじわじわと上昇しています。 一般的に、「長期金利=米国債...

 

■ブルーウェーブで注目集まる「バイデン銘柄」についてのまとめはこちら

 

バイデン銘柄タイトル
【バイデン銘柄】ブルーウェーブに乗れ!2021年に期待大の米国株セクターまとめ【2021年保存版】こんにちは、赤虎です。 ジョージア州の上院議員選挙は民主党が2議席を獲得し、「オール・ブルー」が現実のものになりました。 ...

 

 

 

私も使っている楽天証券の口座開設はこちらから!!
楽天証券

 

 

 

ABOUT ME
赤虎めだか
こんにちは。【赤虎めだか】です。 よろしくお願いします。 ・アラフィフ(男) ・うお座のB型 ・職業:BPMコンサルタント ・副業で太陽光発電所を2基 ・グロース銘柄を中心に米国株投資を実践 ・趣味はめだかのブリーディングと焼き物(食器)集め