米国株決算

Norwegian Cruise Line Holdings Ltd.(ノルウェージャン・クルーズライン)2021年度第三四半期決算【NCLH】

nclh2021-q3title

2021年11月3日の寄り前にノルウェージャン・クルーズライン(NCLH)2021年第3四半期決算発表がありました。

概要は以下の通りです。

  • EPS: 予想-$2.00に対し、-$2.17
  • 売上高:予想1.72億ドルに対し、1.53億ドル
  • 売上高成長率:前年同期比+2248%
  • 全28隻のうち、現在稼働中は40%
  • 2021年末までに客室稼働率を現在の57.4%から75%まで向上を見込む
  • 全クルーズ船の営業再開は2022年4月1日を予定
  • 2022年下半期分を中心に予約は絶好調

 

資料出典:ノルウェージャン・クルーズラインIRページ

 

プレゼンテーションハイライト

2021年第3四半期決算のキーポイント

nclh-P15
  • 段階的な航海再開に注力
    -現在、3つのブランドで11隻の船を運航しており、グレート・クルーズ・カムバックは順調に進んでいます。
    -2022年4月1日までに全船を段階的に運航する航海再開計画の実行に注力しています。
  • 将来のクルーズに対する強い需要
    -デルタ変異株の蔓延による一時的な影響により、第3四半期の予約件数は減少。旅行・レジャーセクター全体と同様に、第3四半期の予約件数は減少しました。この影響は、2021年第4四半期および2022年第1四半期に運航される船に集中しています。2021年第4四半期および2022年第1四半期の運航に影響があり、2022年に向けて順次減少しました。
    -デルタ変異株の影響にもかかわらず、FY2022の予約状況は2019年の記録的な水準と同程度であり、FCCの希薄化の影響を含めても価格は高くなっています。
    -2022年下半期のブッキングポジションは、高い価格設定で2019年を大幅に上回る水準を維持している。
  • 膨大な成長機会
    -魅力的で規律ある新造船の成長プロファイルは、9隻で24,000バースを追加します。現在の船隊に対して約40%の成長となります。
    -この成長プロファイルは、トップラインおよびボトムラインの業績への貢献度を格段に高め、大きなキャッシュフローを生み出すと期待されています。大幅なキャッシュフローの創出が期待されます。
    -中長期的な業績回復計画に注力します。

 

航海再開計画

nclh-P5

2022年4月1日までに全船が航海可能になる見込み

 

予約動向アップデート

nclh-P6

◼ 一般的な旅行・レジャー業界と同様に、デルタ変異株の蔓延による一時的な影響を受け、第3四半期の総予約数の減少とキャンセル数の増加が見られました。その後、この影響は安定し、過去6週間の正味予約数は増加傾向にあります。

◼ 2022年通年の全体的な累積予約状況は、フューチャー・クルーズ・クレジット(FCC)の希薄化の影響を含めても、より高い価格設定で2019年の記録的なレベルと同程度の水準を維持しています。デルタ変異株関連の予約低迷の影響が少なかった2022年下半期についても、全体の累積予約ポジションは、高い価格設定で2019年を大幅に上回る水準を維持しています。
– 2022年通年の累積予約ポジションの75%以上が現金予約対FCC
– 2022年通年の累積ブッキングポジションの55%以上は、当社ブランドのロイヤルリピータークルーザー

◼ 発行されたFCCの総額の約60%が、これまでに再予約されています。

◼ 2021年第3四半期の前売り券総売上高(ATS)は約5億ドル増加し、前四半期の実績と比較して約65%増となりました。

◼ 8月にリージェント・セブン・シーズ・クルーズは、2023-2024年のボヤージュ・コレクションを発売し、29年の歴史の中で最大の予約日の記録を作りました。予約数は、これまでの最大予約日と比べて15%ほど増加しました。

◼ 9月にオセアニア・クルーズが新造船ビスタの販売を開始したことで、2021年3月に記録した直近の記録を60%近く上回る、1日の予約記録を樹立しました。この記録は、2021年3月に記録されたものを60%近く上回りました。ビスタの初シーズンの販売可能な在庫の半分近くが1日で販売され、予約の30%が新規のお客様によるものでした。

今後のクルーズに対する強い需要は、特に2022年後半と2023年の全期間にわたって継続しています。

 

リア充銘柄タイトル
【注目】リア充銘柄って具体的に何よ?という方へ~楽天証券で買えるリア充銘柄40選~こんにちは、赤虎です。 ここ最近、長期金利がじわじわと上昇しています。 一般的に、「長期金利=米国債...

 

カンファレンスコール日本語訳

ノルウェージャンクルーズラインホールディングス株式会社 (NYSE:NCLH) Q3 2021 Earnings Conference Call November 3, 2021 10:00 AM ET

会社の参加者

フランク・デル・リオ – CEO

Mark Kempa – CFO

Jessica John – Vice President, Investor Relations

コンファレンスコール参加者

スティーブン・グランブリング(ゴールドマン・サックス

ブラント・モントゥール(JPモルガン

ヴィンス・シーピエル(クリーブランド・リサーチ社

スティーブ・ウィジンスキー(Stifel

ジェームズ・アインリー(シティ

ロビン・ファーリー – UBS

オペレーター

おはようございます。ノルウェージャンクルーズラインホールディングスの2021年第3四半期決算カンファレンスコールにようこそ。私はオペレーターのローリーと申します。現在、すべての参加者は聴取専用モードになっています。後ほど、Q&Aセッションを行いますので、セッションの指示はその時に行います。[それでは、司会のジェシカ・ジョンさんにご挨拶をお願いします。ジョンさん、どうぞよろしくお願いします。

ジェシカ・ジョン

皆さん、おはようございます、ローリ(Ph)。2021年第3四半期の業績およびビジネスアップデートの電話会議にご参加いただき、ありがとうございます。本日は、ノルウェージャンクルーズラインホールディングスの社長兼最高経営責任者のフランク・デル・リオと、取締役副社長兼最高財務責任者のマーク・ケンパが参加します。フランクが電話会議の冒頭でコメントを述べ、その後、マークが当社の財務状況について説明し、最後にフランクに電話会議を戻して締めくくります。その後、皆様からのご質問をお待ちしております。なお、このコンファレンスコールは、当社の投資家情報サイト(www.nclhltd.com/investors)でも同時にウェブキャストされています。

また、この電話会議では、当社の投資家向けウェブサイトに掲載されているスライドプレゼンテーションも参照させていただきます。この電話会議およびプレゼンテーションは、本日の電話会議から30日後まで再生することができます。電話会議を始める前に、いくつかの項目について説明したいと思います。2021年第3四半期の業績に関するプレスリリースは今朝発表され、当社の投資家情報サイトでご覧いただけます。本コールには、当社の実際の業績がこれらの記述と大きく異なる原因となりうるリスクや不確実性を含む、将来の見通しに関する記述が含まれています。

これらの記述は、当社の決算発表に含まれる注意事項と併せて考慮される必要があります。また、当社のコメントでは、非GAAP基準の財務指標を参照している場合があります。最も直接的に比較可能なGAAPベースの財務指標への調整、およびその他の関連情報の開示は、当社の決算発表資料およびプレゼンテーションに含まれています。それでは、Frank Del Rioに電話をおつなぎします。フランク?

フランク・デル・リオ

ジェシカさん、ありがとうございます。皆さん、おはようございます。今日はお集まりいただきありがとうございます。そして、いつものように、皆さんと皆さんの大切な人たちが健康で安全であることを願っています。本日は、3つの分野について解説します。1つ目は、素晴らしいクルーズの復活に向けた進捗状況です。2つ目は、最近の予約および需要の動向で、特に、船隊が通常の稼働率でフル稼働すると予想される2022年下半期および2023年の全期間に運航される船に力強さを感じています。

最後に、エキサイティングな新造船のパイプラインについてですが、これがEBITDAの大幅な伸びやその他の重要な財務指標の改善に貢献すると期待しています。スライド4は、当社のサービス再開計画の進捗状況を示したものです。前回お話しした8月初旬には、当社の船隊の第1船であるNorwegian Jadeをギリシャで再就航させたばかりで、米国ではNorwegian Encoreがシアトルからアラスカに向けて西海岸デビューを果たすなど、クルーズ再開に向けた動きがありました。それ以来、28隻中11隻の船のリニューアルに成功し、受賞歴のある3つのブランドすべてが運航を再開しています。

私たちは、再就航船のパフォーマンスにこれ以上ないほど満足しています。第一に、乗組員たちは復帰後、一歩も休むことなく活躍しています。新しい安全衛生プロトコルにスムーズに適応し、ブランドの特徴である卓越したバケーション体験を提供するために、これまで以上に努力しています。このようなサービスへの取り組みにより、お客様の満足度は過去最高となり、前月よりも順次向上しています。第二に、業界をリードするバンドル戦略が功を奏し、お客様が新鮮なお財布で乗船されるようになり、あらゆる体験に対する旺盛な需要と相まって、船内収益が著しく好調に推移しています。

実際、船内収益は、すべてのシフト、地域、収益源において幅広く好調で、基本的な予想を20%以上上回っています。しかし、この数字が永続的なものであり、将来の安定した業績を示すものではないことに注意したいと思います。というのも、現在のレベルの上昇には、潜在的な需要、キャビン、ゲストミックスなど、いくつかの一過性の要因があるからです。それでも、私たちが経験している健全な消費者需要を示す心強いポジティブなシグナルです。

最後になりましたが、最も重要なことは、これらの再出発したシフトが、自らに課した稼働率の上限を超えて、第3四半期にはすでにプラスのキャッシュフローをもたらしていることです。サービスに復帰したものの、不運にも夏にデルタ変異株の影響を受けてしまいましたが、当社の強固な多層構造の営業面での安全衛生プロトコルが設計通りに機能し、COVID-19の船内への侵入および感染を軽減できたことをうれしく思います。乗船前の検査、クルーズ中、そして出港時に確認されたケースの有病率は、結果的にこの時期に一般の人々に見られたものよりもはるかに低いものでした。

つまり、パンデミックの最も高い時期に、私たちの厳格なプロトコルを公正に評価し、微調整することができたのですが、その結果は見事なものでした。現在、私たちの全船は、100%のワクチン接種を義務づけ、乗船前の全数検査や、空気ろ過システムのアップグレード、充実した医療センターの設置など、乗船後も何重もの保護措置を講じています。私たちは、元FDA長官のスコット・ゴットリーブ博士と元公衆衛生局員が率いる専門家チームの指導のもと、科学的根拠に基づき、必要に応じてプロトコルを評価・修正していきます。

何度も申し上げているように、健康と安全への取り組みは、当社があらゆるレベルで事業を行う上で最も重要な原則です。今だけではなく、パンデミック前、後も同様です。私たちは、お客様や乗組員、そして私たちが訪れる地域社会を守るために、あらゆる努力を惜しみません。先週、CDCから、条件付出航命令の枠組みを2022年1月15日まで一時的に延長し、その時点で自主的なプログラムに戻すという前向きな見解を得たことを嬉しく思います。

これは当社および業界全体にとって前向きな一歩であると考えています。また、COVID-19に対応して、すでに厳しい健康と安全のプロトコルを強化するために私たち全員がとった措置がCDCによって肯定的に評価されたことにも勇気づけられました。ワクチン接種や治療法の確立、パンデミックが続く環境での生活への適応など、「Indiscernible」の進展により、最悪の事態は避けられそうです。

スライド5のブライアンと[Indiscernible]の説明にあるように、私たちは日々、Phase Voyagerの想定を完璧に実行する能力に自信を深めています。引き続き、2022年4月1日までに全フリートの運航を再開することを想定しています。この安定した慎重な軌道により、遅くとも2022年第3四半期初めには全フリートの稼働率がパンデミック前の水準に戻り、夏季のピーク需要と価格設定に間に合うと予測しており、万全の体制を整えています。

再就航に向けて、今後も様々な問題が発生することが予想されますが、港の空き状況、渡航制限、その他就航計画に影響を与える可能性のある世界的な公衆衛生環境の変化を注視し、それに対応できるように準備を進めています。スライド6をご覧いただき、本日は予約と需要の動向についてお話します。特に2022年後半から2023年にかけてのクルーズに対する需要が引き続き旺盛であることは、過去最高の予約数を記録したことからも明らかです。

第3四半期の初めに、2022年通年の予約状況が、2019年の記録的な水準を大幅に上回り、高い価格設定になっていたことをご記憶でしょうか。しかし、経済全体、特に旅行・レジャーセクターが後退したのと同様に、夏のデルタ・バリアントの高騰により、当社のネット予約量は著しく減速しました。この影響は、特に2021年第4四半期と2022年第1四半期のインサイルが近い時期に大きく現れましたが、2022年以降は順次減少していきました。

パンデミック期間中は、価格を下げたり、マーケティング費用を最適ではない方法で使ったりして、不足する需要を追いかけるのではなく、戦略的に消費者心理の回復を待つことにしました。この困難な10週間の間、私たちは規律を守り、価格を維持、あるいは引き上げ続けました。その結果、今日、2022年下半期および2023年全体において、記録的な搭載量と記録的な価格を見ることができます。

当社は、当社の長期的なブランドポジショニングと収益性に焦点を当てており、今後の過渡期におけるロードファクターを高めるために価格を犠牲にすることは望んでいません。過去の高騰時やCOVID-19の状況が最近改善したように、当社は予約の回復を経験しており、過去6週間でネット予約量は前四半期比で改善しています。この改善は、まず今後加速していくと考えています。当社のブランドは、ブラックフライデーやサイバーマンデーのプロモーションに合わせて、11月中旬から需要喚起のためのマーケティング投資を活発化させます。

そして2つ目は、旅行代理店チャネルでの待望の回復です。そして最後に、昨夜発表された5歳から11歳までの子供に対するワクチンの承認により、100%ワクチンを接種したお客様、特に家族連れのお客様が当社のブランドを利用していただけるようになりました。私たちのGo-to-Marketと完全なワクチン接種の戦略が功を奏し、ドライブしました。そして今日、当社の2022年通年のロードファクターは、将来のクルーズクレジットの希薄な影響を含めても、2019年の記録的な水準と同等であり、より高い価格設定を維持しています。

さらに、2022年下期および2023年通期の予約状況は、過去の同時期のどの時期よりも大幅に改善しており、価格も上昇しています。当社は、船隊がフル稼働し、通常の稼働率になると予想されるこれらの時期に引き続き注力しています。 また、先に述べたように、伝統的に業界で最も収益性の高い第3四半期の重要な夏のピークシーズンに間に合うようにしています。

2022年通年の予約状況をさらに詳しく説明すると、予約の55%以上が当社ブランドへの忠実なリピーターによるものです。また、約75%が新規の現金予約で、残りは将来のクルーズクレジットで構成されています。これまでに、当社が発行したSECの総額の約60%が償還されました。なお、パンデミック発生時に発行した125%のフューチャークルーズクレジットは、2022年末までの出航分にのみ適用されるため、2023年以降については利回りの希薄化はありません。

また、まだ時期尚早ではありますが、これまで述べてきたように、2023年の予約動向も素晴らしいスタートを切っています。特にオセアニア・クルーズとリージェント・セブンシーズ・クルーズでは、予約ウィンドウが過去の水準よりも長くなっており、お客様はさらに先の予約をするようになっています。例えば8月、リージェントは、2023年/2024年のボヤージュコレクションを発表し、29年の歴史の中で最大の予約日の記録を作りました。予約数はこれまでの記録を約15%上回りました。また、すべての旅程が人気を博しましたが、特にアフリカ、アジア、バルト海が注目を集め、お客様が長くてエキゾチックな旅程を求めていることを示しました。

また、9月には、2023年4月にデビューする1200人乗りのオセアニア・クルーズの新造船Vistaの販売を開始しましたが、2021年3月に記録された直近の記録を60%近く上回る、同ブランドの1日の予約記録を樹立しました。この記録は、2021年3月に記録された直近の記録を60%近く上回るものです。Vistaの初シーズンに販売可能な在庫の1/2が1日で販売され、予約の30%が初めてのお客様によるものでした。これらの記録的な出来事は、当ブランドが提供するユニークな商品が、新規のお客様だけでなく、これまでご愛顧いただいているお客様からも非常に高い評価をいただいていることを示しています。ロードファクターと価格の両面における将来の強い需要は、前売り券の販売額にも実証されています。

当四半期の前売券の売上高は、総額で約5億ドル増加し、前四半期の満額に対して約65%の増加となりました。さらに、より重要なこととして、2022年第2四半期以降の出航に向けた現金での前売り券の売上は、2019年の同時期に比べて約45%増加しています。残りの船団の段階的な導入を進めていく中で、この驚異的な勢いは前四半期比で継続していくものと期待しています。2022年の夏には、ノルウェージャンクルーズラインの次のクラスの船、ノルウェージャンプリマのファーストシフトを迎えるため、2022年の未来は、当社にとってエキサイティングな新しい章となります。

数週間前にイタリアの造船所から戻ってきたばかりですが、そこで私は、Primaが彼らやリージェントブランド、そして業界全体にとってどのような進化を遂げたのかを目の当たりにすることができました(スライド7を参照)。彼女のすべてが印象的で、ゲストの体験を高めるために細心の注意を払って設計されています。先月、インタラクティブなヘッドラインショー、トニー賞にノミネートされたミュージカル「Summer, the Donna Summer Musical」など、Primaのエンターテイメントラインナップを発表しました。

ノルウェー・プリマ号では、3階建ての劇場がラスベガススタイルのナイトクラブに変身する世界初のトランスフォーミング会場や、爽快なフリーフォールドロップ・ドライスライド、洋上最大級の全長1200フィートのトライレベルのレーストラックなど、クルーズ業界初の試みやブランド初の体験が数多く用意されています。プリマ・スピードウェイは、史上初の3階建てのレーストラックで、ノルウェー・アンコール号のものより20%以上大きく、14個のターンを備え、ドライバーは時速40マイル近くのスピードに達することができます。

プリマの先行販売は、2018年にノルウェー・ブリスが記録した従来の記録を2倍にする、単独での最高予約日と最高初回予約週の記録を樹立した5月の記録破りの販売デビュー後も、感動を与え続けています。また、導入がNorwegian Blissよりも6週間遅かったにもかかわらず。当社の予約数は、これまで最も売れた新造船であるデータブリスと同じ傾向にあり、価格も大幅に上昇しています。スライド8にあるように、Norwegian Primaは、2027年までに9隻のワールドクラスの船が就航するという、業界をリードする当社の成長プロファイルの中で、楽しみな1隻目の船です。

この新造船により、当社のバース数は約40%増加し、3つのブランドで24,000バースが追加されます。当社の船隊が完全に復活する2023年には、当社のバース数はパンデミック前の2019年の水準よりも約20%増加すると見込んでいます。これらの最新鋭船が加わることで、スライド9に示されているように、キャビンミックスも好転し、現在の約60%に対し、プレミアムキャビンは総バース数の約65%に増加します。

プレミアムな船内空間に加えて、新造船にはあらゆる機能が搭載されており、新しく革新的な体験を提供することで船内での収益源を増やすことができるほか、最新のテクノロジーによって既存の船隊に比べて効率を向上させることができます。また、新造船への期待は、需要の大きな原動力となり、将来の利回り、EBITDA、キャッシュフロー、ROICの成長を促す強力なエンジンとなります。新造船は、私たちのブランドに新しいお客様をもたらし、また、リピーターのお客様を呼び寄せ、私たちがターゲットとしているあらゆるセグメントにアピールするのに役立ちます。また、当社の船隊が28隻しかないことを考えると、この新しい船隊を容易に、かつ利益を伴って吸収する準備ができています。この船隊によって、当社の商品提供をさらに多様化し、魅力的で可能性の高い数多くの未サービス市場や未サービス市場に参入することができます。

例えば、戦略的に追加されたプリマおよびプリマ・プラス・クラスは、従来のブレイカウェイおよびブレイカウェイ・プラス・クラスよりも小型だが高級感があり、最初の2隻のプリマ・クラスでは約3,200バース、次の4隻のプリマ・プラス・クラスでは約3,600バースに増加します。これにより、最も収益性の高い配置を最適化するための帯域幅と柔軟性が追加され、適切なサイズの船を適切な場所、適切な時間に配船してプレミアム価格を継続的に提供できるようになります。

スライド10にあるように、当社はこれまで、単に容量を吸収するだけでなく、この容量の増加を、絶対的な容量の増加を大幅に上回る売上高、調整後EBITDA、および営業キャッシュフローの増加に変換することに成功してきました。私たちは、この傾向を継続し、これらのエキサイティングな新造船の追加により、トップラインとボトムラインに意味のある成長をもたらすことを十分に期待しています。後ほど、ESGへの取り組みや閉会の挨拶をさせていただきますが、ここではマークに財務状況の報告をお願いしたいと思います。マーク

マーク・ケンパ

ありがとうございます、フランク。第3四半期には、これまで想像もできなかったような500日以上におよぶ収益を生まない状態を経て、最初の航海が再開され、重要な財務上の節目を迎えました。当社のサービスへの復帰は非常に成功しており、Phase Voyager再開計画の実行に向けて順調に進んでいます。第3四半期末までに、37の航海を開始し、29の航海を完了し、8隻の船が就航しており、これは当社のバース容量の約40%に相当します。当第3四半期の稼働率は約57%で、予想通りでしたが、これは自らに課した稼働率制限を反映したものです。

前述のとおり、当社は、安全衛生を最優先するために、航海の再開について保守的なアプローチをとってきましたが、これはデルタ変異株の台頭により賢明であることが証明されました。稼働率の向上は競争ではなく、お客様や乗組員だけでなく、当社の長期的なブランド・エクイティを守るためにも、稼働率の向上に向けて勤勉かつ慎重に取り組むことに注力しています。当四半期の稼働率が低下したにもかかわらず、当四半期に運航した船団がキャッシュフローの黒字を達成したことを報告できることを大変嬉しく思います。

今後の見通しとしては、年末までに定員の約75%に相当する17隻の船舶が運航を再開し、2022年の第2四半期には全船が運航することを見込んでいます。スライド11の流動性とキャッシュ・バーンに目を向けると、当四半期には約19億ドルの現金および現金同等物がありました。さらに今週初め、2022年8月中旬までの期間で10億ドルのコミットメントを締結し、流動性プロファイルをさらに強化しました。この流動性の裏付けは、当社の財務の柔軟性を高め、必要に応じて即座に追加の流動性を提供します。

このコミットメントが引き出された場合、2024年4月に満期を迎える無担保社債に転換されます。なお、明確にするために、現時点ではこのコミットメントを引き出しておらず、現在の回復見込みを考慮すると、引き出す予定もありません。第3四半期の現金支出については、当社の月次平均現金支出額は、事前予想の2億8,500万円を下回り、約2億7,500万円となりました。第4四半期については、再稼働のための費用が引き続き増加し、また船舶の再稼働も進むことから、月平均の現金支出額は約3億5,000万円に増加すると見込んでいます。

当四半期は、ブラックフライデー、サイバーマンデー、ウェイブシーズンなどのホリデーシーズンに向けて、需要喚起のためのマーケティング投資が活発化することを見込んでいます。なお、このキャッシュ・バーンの試算には、新規および既存の予約によるキャッシュ・イン・フローや、再就航した船からの貢献は含まれていませんが、これらはいずれも今後加速すると見込んでいます。

純利益ベースでは、現在の再開計画に基づき、2022年第1四半期の最後尾に向けて営業キャッシュフローがプラスに転じる重要な変曲点に到達することを引き続き見込んでいます。さらに、現在の軌道と市場の状況を考慮すると、2022年の下半期には黒字化するという確固たる道筋が見えています。スライド12に目を移すと、第3四半期の現金および現金同等物の残高は19億ドルに減少しました。これは、 OpEx費用、販管費の利息および設備投資を含む約8億2,500万ドルの営業キャッシュ・バーン、約1億1,500万ドルのお客さまからの現金還付、および約1億2,500万ドルの運転資本およびその他の純流入によるもので、これらは健康および安全に関する投資と現在および将来の航海からの現金回収を差し引いたものとなっています。

2022年を目前に控え、スライド17に掲載されている減価償却費、支払利息、燃料消費量、資本支出などの特定の指標について、モデル化を支援するための追加ガイダンスを提供しました。また、スライド18には、年間生産能力の伸びの見通しを詳細に示しました。2027年までの素晴らしい成長プロファイルを実現するための準備を進めており、収益とキャッシュフローの両方に大きな影響を与えるものと期待しています。最後に、市場ではインフレ圧力に注目が集まっていますが、私たちが経験していることについて簡単に触れておきたいと思います。

2022年の計画とそれに関連する予測についてはまだ微調整を行っており、コストの見通しについては次回の決算説明会で詳しくお伝えします。しかし、他のほぼすべての業界と同様に、燃料、食料、その他の商品などの分野で、一部に圧力がかかっています。当社のサプライチェーングループは、これらのコストを軽減するために引き続き努力しています。また、幸運なことに、事業の立ち上げのタイミングで、一過性のコスト圧迫が緩和されています。また、当社は固定費中心のビジネスであるため、インフレ環境下では有益です。

労働面では、従業員の大部分を占める乗組員の大半が複数年契約を結んでいるため、コストの見通しが立ちます。一方で、非常に強い価格競争力があり、これがインフレーションを相殺しています。このような価格競争力をもってしても、クルーズ旅行は陸路でのバケーションに比べて非常に魅力的な価値を提供し続けています。私たちはこれまで、クルーズ旅行は通常、陸路での旅行に比べて少なくとも20%から30%の価値があると述べてきました。

現在のインフレを背景に、相対的な規模で考えると、私たちの提供するサービスと価値提案は、これまで以上に魅力的であると考えています。陸上の同業他社の多くが経験しているような労働市場の圧力がなければ、私たちは一貫して卓越したレベルのサービスをお客様に提供することができ、それは航海再開以来、記録的な高さのお客様満足度にも表れています。これらの要因が相まって、陸地で提供されるバケーション製品と同等の価格を実現するという複数年にわたる戦略に沿って、さらに価格を引き上げることができるのです」。

フランクに電話を戻す前に、世界の公衆衛生環境は依然として流動的であり、まだ完全には回復していませんが、私たちは回復への道を歩みながら、ますます楽観的になっていることを繰り返しお伝えしたいと思います。現在、私たちは、より攻撃的なアプローチに軸足を移し、スライド13に概要を示した中長期の財務回復計画を実行することに注意を向けることができる状態にあります。この計画の一環として、私たちは、これまでの強力な財務実績を再構築し、バランスシートを最適化し、魅力的で規律ある成長プロファイルを実現することに引き続き注力していきます。次回の電話会議で私たちの進捗状況をお知らせしたいと思いますが、ここでは、最後にフランクにコメントを求めます。フランク

フランク・デル・リオ

ありがとうございます、マーク。準備されたコメントを終える前に、スライド14のグローバル・サステナビリティ・プログラム、売上と持続性についての最新情報をお伝えしたいと思います。私たちは、このプログラムを推進することで、社会と環境にプラスの影響を与えることを約束します。環境面では、温室効果ガス排出量の削減に向けた継続的な取り組みに加え、当四半期には、新しいカーボンオフセットプログラムに基づく最初の購入を行いました。この夏、当社は、3年間で300万トン相当の二酸化炭素を相殺するために、高品質で検証済みの港湾クレジットを購入することを発表しました。

これは、新しい技術が実用化されるまでの間、私たちの脱炭素化の取り組みのギャップを埋めるものであり、短期的な排出削減のための測定可能なステップです。私たちの300万トンのコミットメントは大きなものであり、カーボンニュートラルという目標を達成するために、将来的にはオフセットの購入量を増やしていく予定です。また、当社の最も貴重な資産である世界中のチームメンバーが、協力的で力を発揮できるような職場環境を維持することにも努めています。

そのため、先日、世界中のショアサイドチームのメンバーを対象に、月曜から木曜まではオフィスで働き、金曜はリモートで働くという、4-1の柔軟なワークモデルに無期限で移行することを発表しました。この新しいワークモデルにより、チームメンバーにさらなる柔軟性を提供すると同時に、当社のビジネス目標をサポートし、生産性を維持し、当社が誇る対面式のコラボレーションと職場文化を育むことができます。このような当社のチームに対する取り組みが評価され、フォーブス誌の「世界のベスト・エンプロイヤー」に選ばれたことを光栄に思います。

今回の受賞は、今年初めに発表された「Forbes America’s Best Employers」の大企業部門で上位75社、旅行・レジャー部門では上位10社にランクインしたことが評価されたものです。私たちは、これまでのESG活動の成果に満足していますが、これで終わりにするつもりはありません。私たちは、責任ある企業市民として、前向きな変化を推進し、世界に永続的な影響を与え続けることを約束します。

さらに、主要なステークホルダーの皆様にとって重要なテーマであるESGに関する透明性と説明責任を確保するため、ESGに関する情報開示の強化にも引き続き注力していきます。スライド15に戻りますが、最後にいくつかの重要なポイントをご紹介したいと思います。

まず、当社のサービスへの復帰は順調で、最初の航海はすべての面で成功しています。当社の安全衛生プロトコルは意図したとおりに機能しており、船内の収益も好調で、お客様の満足度も高くなっています。また、来年4月1日までに全船の運航を開始するという目標を掲げ、段階的な航海再開計画を実行する能力にますます自信を深めています。また、第3四半期にはデルタ変異株に関連した逆風が吹いたものの、クルーズに対する将来の需要は引き続き旺盛で、特に2022年後半から2023年にかけて予約や価格設定に好影響が出ています。

最後になりますが、パンデミックの最悪の事態は過ぎ去ったと思われ、私たちは変曲点に近づいていると信じています。当社の未来は明るく、業界をリードする成長プロファイルを実現し、今後数年間で業績と株主価値を大きく向上させることを期待しながら、当社の歴史の次の章を楽しみにしています。それでは、ローリーさん、質問をどうぞ。

質疑応答

オペレーター

ありがとうございます、フランク。[オペレーターの指示】です。] 多くの方に列に並んでいただくために、質問は1つに絞ってください。[オペレーターの指示]. 最初の質問は、ゴールドマン・サックスのスティーブン・グランブリングさんです。回線は開いています。

スティーブン・グランブリング

質問を受けてくださってありがとうございます。2022年についてはまだあまり多くを語りたくないと思いますが、今年1年間のロードファクターについて考えるべきガードレールがあれば教えてください。そして、もっと長期的に見た場合のことも。当社と2019年を比較対照した場合、消費者の行動や自社のオペレーションの変化を評価する際に、旅程やマーケティングアプローチなどに関連して、どのような構造的変化を考えていますか?ありがとうございます。

フランク・デル・リオ

難しい話ですね、スティーブ。でも、なんとか乗り切りたいと思います。私たちは、自分たちの旅程や展開を完璧にしたと思っています。ですから、2022年以降も、世界が再開することを前提に、船の配置に大きな変化はないと考えています。現在、世界は再開の過程にあります。ご存知のように、アジアはまだ主に閉鎖されていますが、次のアジアのシーズンが始まる頃には、22年のこの時期には開放されると考えています。また、新造船の投入も予定しています。

先ほど申し上げたように、今後2年間で4隻の新造船が就航します。私たちはこれらの船をぜひ手に入れたいと思っています。私たちは何度も何度も言ってきましたが、28隻の船隊しか持っていないため、サービスが行き届いていない市場がたくさんあります。そのため、これらの船の入手を心待ちにしています。これらの船は、収率やEBITDA、ROICなどすべての財務指標にプラスになると信じています。2022年に向けては、22年を1年や1ブロックとしてではなく、逐次的に見ていく必要があります。

確かに、22年の下半期は上半期よりもはるかに良くなっていますが、これはデルタ航空の変動が予約動向に影響を与えたことが理由のひとつです。また、消費者の動向は、第1四半期が第2四半期よりも、第2四半期が第3四半期よりも影響を受けるでしょう。しかし、前四半期比では、2022年は非常に順調に立ち上がっています。準備書面でも述べましたが、22年の下半期の予約状況は、2019年や他の年の現時点での予約状況と比較して、大幅に改善されています。つまり、ロードが大幅に進んでいるのです。このことは、価格規律を継続する自信につながります。というのも、今日は意味のある負荷があるだけでなく、価格面でも先行しているからです。

2022年については非常に良い印象を持っています。23年についても同じことが言えますが、負荷が大きく、価格も先行しています。第2四半期は、まさに「ピボット・クォーター」と呼ぶべきものです。22年の需要は大きく回復すると見ています。しかし、ご存じのように、今年末までに17隻の船を就航させますが、これは1月1日から4月1日までに11隻の船を導入することを意味しています。これらの船は、第2四半期が移行年、つまりすべての船が稼働する移行四半期になるまで、ランプアップしていきます。

しかし、私たちは第2四半期についても非常に良いと感じています。この2年間で一番良い気分です。事前予約も好調です。この業界の素晴らしい点の1つは、将来の見通しが非常に良いことです。準備中のスピーチでも述べましたが、消費者がこれまでよりも早く予約をしているため、私たちはこれまで以上に将来を見通すことができるのです。この見通しは、非常にポジティブなものです。

スティーブン・グランブリング

ちょっとしたフォローアップですが。下半期の好調な予約動向について、新規ブランドや新規クルーズと既存のお客様との構成比や、その要因について教えてください。

フランク・デル・リオ

先ほどお話したこととあまり変わりません。約55%のリピート率は通常よりも若干高くなっています。私たちはマーケティング費用を控えめにしています。マーケティング費用を控えめにすると、市場の中で最もよく知っていて、最も簡単で費用のかからないセグメント、つまり過去のお客様をターゲットにする傾向があります。だから、過去のお客様の数が少し増えたのは良いことです。彼らはブランドを知っており、それはあなたが望むことです。私たちは、ブラックフライデーやサイバーマンデーを盛り上げるために、大々的なマーケティング活動を展開する準備をしていません。今はまだ、ブラックフライデーやサイバーマンデーに向けた大々的なマーケティングの準備はしていませんが、とても良い航海シーズンになることを期待しています。

Stephen Grambling

はい、ありがとうございました。本当にありがとうございました。では、またお待ちしております。

運営者

次の質問は、JPモルガンのブラント・モントールさんです。お待ちしております。

ブラント・モントール

皆さん、おはようございます。私の質問にお答えいただきありがとうございます。フランクかマークに、近い将来の稼働率についてもう少し説明していただきたいのですが、おそらく第3四半期の稼働率でしょうか、あるいはそれ以上に、自主規制の上限について少し説明していただきたいのですが、今後2ヶ月から5ヶ月の間に上限を引き上げる能力をどのように見込んでいますか?

マーク・ケンパ

おはようございます、ブラント。第3四半期は予想通りの結果となりました。稼働率はおよそ57%だったと思います。何度も何度も言っているように、私たちは数量を満たすためだけに競争しているわけではありません。価格規律を維持したいと考えており、それを実行していきます。第4四半期には、17隻の船が運航される予定で、これは当社のキャパシティの約75%にあたります。また、第1四半期に引き続き、第1四半期末までにはほぼ全船を効率的に稼働させる予定です。稼働率というよりも、乗客数を見るのがよいと思います。第3四半期の搭乗者数は約6万人だったと思います。

第3四半期の搭乗者数は約6万人でしたが、第4四半期には約15万人、17万5千人、第1四半期には25万人から30万人に増加し、その後は再び50万人台に戻る予定です。このように、機材の導入に合わせて稼働率も上昇しています。当社にとって価格規律は重要です。何度も何度も言ってきましたが、私たちはそれを守りたいのです。また、長期的なブランド・エクイティを守りたいと考えています。ですから、稼働率を上げるために安価なお客様を追いかけるのではなく、熟慮した上で合理的な方法で行っていきます。

ブラント・モントール

ありがとう、マーク。参考になりました。続いて、今期の旅行・レジャーのテーマのひとつは、溜まった需要がいつまで続き、消費者の支出にプラスの影響を与えることができるかを見極めることだと思います。フランクさん、船内消費の状況についてご意見をお聞かせください。また、最終的に2019年の水準に戻らない理由はありますか?また、今後もこの水準以上に落ち着く可能性がある理由として、何か構造的なものがあれば教えてください。

フランク・デル・リオ

埋もれた需要についての質問ですが、誰も水晶玉を持っていません。私がお伝えできるのは、予約状況から得られる経験的な証拠だけです。人々は、これまでにないほど遠くまで予約をしています。これは、販売可能な旅程があったにもかかわらず、これまでよりも早く旅程を導入したという事実が重なった結果です。それに加えて、人々の、つまり消費者の心理として、クルーズをしたい、旅行をしたいと思っているのです。今期はもちろん、来期も旅行に行きたくないかもしれませんが、COVIDの状況が劇的に改善することを期待して、どんどん先に進めるのです。

ですから、今後もこれまで以上に視界が開けてくると信じています。それから、それはしばらくの間続くでしょう。船内収益については、次のように考えています。様々な分野で個人消費が増加していますが、それは船上でも同じです。ご存知のように、当社は船内イールド(船内収益イールド)で非常に大きな差をつけて業界をリードしており、それは今後も続くでしょう。私は準備書面の中で、勝利を宣言する準備ができていないと注意を促しましたが、船内収益がこれまで以上に増加するという非常にポジティブな傾向は今後も続くでしょうし、間違いなく、まだ時期尚早なので永久保存の欄に入れておいてください。

少なくとも第3四半期、そして第4四半期にも見られると思いますが、販売されたキャビンのうち、上位カテゴリーであるスイートルームやバルコニー付きキャビンの割合がわずかに増加しているのは、キャビンミックスのせいでしょうか?このビジネスの定説のひとつは、乗船のために高いお金を払う人は、乗船後にも高いお金を払う、あるいは高いお金を使うということです。しかし、これは業界をリードする当社のバンドル戦略の基本的な強みにもつながります。

私たちはバンドル戦略を信じています。3つのブランドでますます多くのバンドルを行っていますが、その結果、お客様の財布は非常に新鮮なものになります。これらの要因が船内消費の増加につながっています。これが続くことを願っています。私たちは、その継続を促進するために可能な限りの努力をします。しかし、これを恒久的な変化、あるいはこれまで業界をリードしてきた以上の恒久的な収益源とする準備ができていないことに、少し注意を払っておきたいと思います。

マーク・ケンパ

そしてブラントは、バンドルだけでなく、プレオンのマーケティングシステムも賢くなっています。また、乗船前の販売に関するマーケティングシステムも賢くなっています。予約サイクル全体で賢くなっているのです。2年前から本格的に取り組んできましたが、2019年にはその成果が出始めています。繰り返しになりますが、これは私たちを助けるもう一つの推進力になるでしょう。しかし、フランクが言ったように、ある程度の落ち着きがないと考えるのは短絡的だと思います。

ブラント・モントール

素晴らしいですね。皆さん、ご意見ありがとうございました。

運営者

次の質問は、Cleveland ResearchのVince Ciepielさんです。お待ちしております。

ヴィンス・チェピエル

私の質問にお答えいただきありがとうございます。ちょっとお聞きしたいことがあります。稼働率の向上に関連して、価格が非常に高くなっているようですが、ビジネスにおけるいくつかのコスト圧力について言及されていましたが、燃料価格は上昇しています。来年以降のことが気になりますが、正常な状態に戻ることを願っています。また、効率化を図ることで、COVID導入前よりも利益率を上げることができると思われますか?ありがとうございます。

フランク・デル・リオ

やあ、ヴィンス。私たちは、利益率の拡大とROICの向上に向けて、うまく準備ができていると思います。しかし、価格に対する規律を維持することは非常に重要です。2008年と2009年の大不況の時に見られたように、企業が価格を下げることは何度もありましたが、それには何年もかかります。中には10年後、あるいは10年以上経っても、大不況以前の利回りに戻っていない企業もあります。ですから、私たちはプライシングを維持することに固執しています。

長期的なプライシングを維持するためには、短期的な負荷率を犠牲にすることもあります。そして、長期的な価格設定こそが、最終的には利益を押し上げる要因となります。また、Norwegian New Prima Vesselを含む4隻のプレミアム船を導入し、バルコニー付き客室を増やし、プレミアム客室の割合を65%に増やします。これらの要因に加えて、パンデミックの間、テクノロジーを活用したお客様へのマーケティング方法が格段に賢くなったこと、いわゆるZoomの世界です。

マーケティングはより効率的になっています。また、一過性のものと言われている一般的なインフレ圧力が一過性のものかどうかは今後の課題です。しかし、マークが述べたように、当社は主に固定費ビジネスであり、インフレ時には利益を上げることができます。そして、私たちにはプライシング・パワーがあると考えています。プライシング・パワーとは、インフレーションのきれいな言葉です。確かに、マークが言ったように、燃料、日用品、食品など、いくつかの項目ではインフレ圧力があります。しかし、私たちには価格決定力があり、それが高い利回りにつながっているのです。

そのため、22年後半から23年にかけて、マージンは改善すると考えています。そして、これらのイベントは、稼働した新しい生産能力に基づいて行われます。一般的に言って、新規設備の導入は、10%から20%の範囲で行われます。ユニットベースで10%から15%効率が良くなる傾向があります。このように、本質的に私たちに追い風となるものがありますし、私たちの成長プロファイルを考えれば、そこには大きなチャンスがあると思っています。

ヴィンス・チェピエル

ありがとうございます。続いて、土地に根ざした選択肢と比較して失っているものに興味があると思いました。ホテルレジャーの価格を見ると、2019年の水準よりもかなり高くなっていますが、このギャップを定量化する方法があれば教えてください。ランドベースと比較して10%、20%の価値があるということは、大きなチャンスだとお考えですか?

フランク・デル・リオ

大きなチャンスがあると思いますが、それにはブランドごとに考える必要があります。フォーシーズンズホテルに泊まるためのクルーズと地域を比較したり、ノルウェージャン・クルーズをおそらくシェアと比較したりします。しかし、私たちが行っている内部分析によると、交通費、宿泊費、食事代、飲み物代、エンターテイメント代など、あらゆる場所でのバケーションにかかる総費用を合わせると、クルーズのバケーションの価値は、まさに桁違いだと言えます。

私たちはお客様にこの素晴らしい価値を提供し続けたいと思っていますが、だからこそ私たちの船は常に満員であり、この業界の船は常に満員なのです。ホテルチェーンは、ホテルの部屋が常に満室というわけにはいきませんが、私たちは、その価値を提案し、販売方法を工夫することで、満室にすることができます。だからこそ、そこにチャンスがあるのだと思います。私たちが提供している価値の一部を取り戻し、消費者に魅力的なバケーション体験を提供することができるのです。

マーク・ケンパ

そして、比較している1ドルごとに、そのギャップを取り戻すことができます。そのほとんどが最終的な収益に直結します。だからこそ、すぐに最終的な経済的原動力となるのです。ですから、私たちはこの点に非常に注力しています。

ヴィンス・チェピエル

お話をありがとうございました。

運営者

次の質問は、Stifel社のSteve Wieczynski氏です。お待ちしております。

Steve Wieczynski

やあ、みんな。おはようございます。来年の第3四半期にお話されていたロードファクターの正常化に向けて、ロードファクターについてもうひとつお聞きしたいと思います。この点についてもう少し詳しく教えていただけないでしょうか。いわば、最も議論の余地のあるワクチン層は、明らかに子供たちであるように思われます。つまり、多くの親が子供にワクチンを打たせようとしていないということです。ここで実際に質問したいのは、このCSOが1月に緩和されたら、ロードファクターを正常に戻すために、子供へのワクチン接種義務を緩和する可能性があるとお考えですか、それともそうはならないでしょうか。もしそうでなければ、そのギャップを埋めるために協力してください。

フランク・デル・リオ

そうですね。もうすぐ、100%のワクチン接種義務を無期限に延長したことを発表する予定です。現在、3つのブランドにとって、これは競争上の優位性であり続けていると思います。今回のCOVIDの危機を乗り越えた3ブランドは、健康と安全、予防接種などに関する初期の強い姿勢のおかげで、消費者の目にはより良い状態で映っていると思いますし、これをさらに強化していきたいと考えています。昨日、5歳から11歳までの子供用の予防接種が発表されました。

私の理解では、おそらく第1四半期中に、4歳までの子供にも同じ予防接種の承認が下りると思います。ですから、クルーズを利用するターゲット層は、一般の人々よりもまず予防接種を受ける可能性が高いと思いますし、その後はどうなるかわかりません。過去にクルーズに参加した人やこれからクルーズに参加しようとしている人は、クルーズに参加しようとしていない人に比べて、かなり多くのワクチンを接種していることが何度も確認されています。これはちょっとした自己選択の状況なのです。

これは子供たちにも当てはまることだと思います。しかし、1点でも2点でも3点でもいいから、誰かの健康と安全を犠牲にして負荷をかけるつもりはありません。ですから、科学的にそうすべきだと判断される限り、100%のワクチン接種を義務付けることを続けます。

スティーブ・ウィジンスキー

わかりました。ありがとうございます。2つ目の質問は、ダイレクトブッキングについてです。外から見ていると、直接予約はパンデミック前に比べてかなり高くなっているように見えます。これは、皆さんも同じように感じているのではないかと思いますが、その原因は何だと思われますか?また、これは長期的な予約パターンを変えるようなものなのでしょうか、それとも、直接販売で今上昇しているのは他の要因なのでしょうか?

フランク・デル・リオ

私たちも同じように感じています。私たちは、旅行代理店が力強く戻ってくることを望んでいます。彼らもまた仕事にあぶれており、ウォール街で何十億ドルもの資金を調達できる大手のクルーズ会社とは異なり、これらの会社はほとんどが中小企業であり、それができないのです。だからこそ、彼らが力強く戻ってくることを祈り、期待しています。

しかし、結局のところ、私たちはできる限りの方法で船を満杯にしなければなりません。私たちは、旅行代理店チャネルを好みます。旅行代理店は当社の最大のチャネルです。それが戻ってきています。旅行代理店からの予約が占める割合は、四半期ごとに改善しています。また、当社のフリートが同業他社と同様に運航を再開すれば、旅行代理店も戻ってくると信じています。しかし、そうでなくても、私たちは適応し、準備し、技術を持ち、予約を取るための手段を持っています。

スティーブ・ウィジンスキー

わかりました。よかったですね。ありがとう、みんな。お話をありがとうございました。

オペレーター

次の質問は、シティのジェームズ・アインリーさんです。お待ちしております。

ジェームズ・アインリー

ありがとうございます。私の質問に答えてくださってありがとうございます。ブランド別の業績についてお伺いできますでしょうか。推測するに、「Indiscernible」は、高価格帯のブランドがより強い関心を集めていることを示しているのではないでしょうか。それとも、需要がブランドごとに分散しているとお考えですか?

フランク・デル・リオ

高級ブランドやラグジュアリーブランドは、コンテンポラリーブランドよりも旅程が長く、よりエキゾチックな旅を計画することができるため、一般的に先の予約をします。そのため、特に2023年までの見通しは、ノルウェーよりもオーシャンとリージェントのブランドの方が立っていますが、エコシステム全体では着実に進展しています。ノルウェーブランドのお客様が戻ってきて、通常の予約と同じように予約されていますが、22年後半から23年にかけての予約数はこれまで以上に増加しています。

消費者がクルーズをしたいと思うような需要があり、先ほど申し上げたように、他のすべての条件が同じであれば、例えば第1四半期よりも来年の第3四半期にクルーズができることに自信を持っているということです。COVIDの脅威が常に存在しているため、もしCOVIDが影を潜め始めたとしても、専門家は皆、COVIDはある日突然無くなるものではないと言っています。パンデミック(大流行)からエピデミック(伝染病)へとパンアウトし、私たちはそれと共存することを学ばなければならなくなるでしょう。インフルエンザのように、毎年、COVIDの予防接種を受けなければならないかもしれません。

しかし私は、世界のさまざまな地域で、どのようにして人々の生活を支えているのかを知り、勇気づけられました。イタリア、イギリス、そして約2年ぶりにニューヨークに行きましたが、人々がどのように適応しているかを見ることができました。先ほど申し上げたように、クルーズ人口、つまりターゲットとなるクルーザーは、平均的な人口よりも知識が豊富な人たちです。クルーズを楽しむ余裕があり、予防接種もしっかり受けているのです。これらの点からも、パンデミックはなくならないし、COVIDもなくならないと確信しています。しかし、私たちはそれと共存していくことを学ぶでしょう。

ジェームズ・アインリー

ありがとうございます。続いて、営業上の制限にどのように対処しているのか、お聞きしてもよろしいでしょうか。行きたい場所の大半に船を出すことができるのでしょうか?私がお聞きしたいのは、リージェント・セブンシーズをご愛顧いただいているお客様は、1回のクルーズに戻ってくるかもしれませんが、その後は何か新しいものや違うものを求めているかもしれません。しかし、今日のような運航制限の状況下で、十分なバラエティを提供できるとお考えですか?

フランク・デル・リオ

私たちは…答えは…短い言葉で言えば「イエス」です。長い目で見れば、私たちは船の帰還を無造作にではなく、港の空き状況に応じて非常に慎重に進めています。当社の全船が運航を開始する頃には、第2四半期の非常に早い時期である4月1日になると思いますが、クルーズ業界の季節的な特性として、第2四半期から第3四半期にかけてアラスカとヨーロッパに多くのクルーズ客が訪れるため、世界はオープンになると考えています。22年の第4四半期に入り、アジアや南米のエキゾチックな場所への航海が始まる頃には、世界はオープンになっていると思います。

その頃には、今日のような閉鎖的な状況はなくなると考えています。このように、旅程は大きな意味を持っています。なぜなら、私たちはバルコニーやスイートルームを備えた多くの客室を持つ素晴らしい船で、利回りの高い旅程に出かけるからです。今日見られるような圧力は、当社のオペレーションが完全に再開されるまでには収まると信じています。

ジェームズ・アインリー

ありがとうございます。ありがとうございました。

フランク・デル・リオ

どういたしまして。では、もう1つ質問があります。

オペレーター

はい。最後の質問は、UBSのロビン・ファーリーさんです。お電話お待ちしております。

ロビン・ファーレイ

はい、ありがとうございます。バランスシートに関する質問をしたいと思います。配当を再開する前のスライドで、バランスシートに注力したいとおっしゃっていました。目標としているレバレッジの範囲があれば教えていただきたいのですが。また、バランスシートに関連して、なぜ10億ドルの資金が引き出されていないのかを知りたいです。キャッシュフローの黒字化が間近に迫っており、今後2年間に大きな満期もありません。それを設定した背景が気になるところです。ありがとうございます。

マーク・ケンパ

おはようございます、ロビン。まず最初に、目標とするレバレッジについて説明します。パンデミック前、私たちは目標を2 1/2、2 2/4の範囲にすると言っていました。そして、その目標を見失ったわけではありません。しかし、近・中期的には、まず「5%を切る」ことを目標とし、次に「4%を切る」ことを目標としています。つまり、キャッシュフローを加速させながら、年々レバレッジを下げていき、3~4倍にするつもりです。そのためには時間がかかりますが、私たちはそれに集中しています。私たちは過去にそれを成し遂げました。やり方もわかっているし、経営陣もいる。だからこそ、我々はそこに到達できると確信している。

我々にはビジネスにおける能力があります。10億ドルのコミットメントについては、今後の展望として、バランスシートの管理について、より攻撃的なアプローチを取ることにしたと私は述べました。これは、恒久的な負債や恒久的なさらなる希薄化を必ずしも行う必要はなく、非常に低コストでありながら効果的な後ろ盾となるものと考えています。私は、これは非常に低コストの対策であり、これにより私たちはバランスシート対策を独立して行うことができ、全体像を気にする必要はありません。繰り返しになりますが、私たちはこれを利用するつもりはありません。

私たちの意図は、それを利用することではありません。大規模なゲームプランの一環として、このファシリティを用意しています。しかし、万が一、そのようなことが必要になった場合には。ほとんどの場合、あるいはそれ以上に、私たちは公開市場に出て、よりコスト効率の高い書類を手に入れるでしょう。繰り返しになりますが、すべてのニーズのバランスを取る上で、これは長期的な追加債務の希薄化を約束することなく、後ろ盾となるものだと考えています。デルタ航空が何をするのかを見てきましたが、私たちは常に未知の可能性に先んじて対応できるようにしておきたいと考えています。繰り返しになりますが、これは今後のバランスシートの観点から、より攻撃的なアプローチをとるためのものです。

ロビン・ファーレイ

わかりました。これで納得です。ありがとうございます。最後にひとつだけ。クルーズをキャンセルしなければならなくなった場合、将来のクルーズクレジットを再び発行するのですか?

フランク・デル・リオ

いや、それは2020年末か2021年の第1四半期に中止したと思います。実際にはそれよりもずっと前です。申し訳ありませんが、2020年の半ばだったと思います。ですから、将来のクルーズクレジットは発行していません。20年の第2四半期くらいでしょうか。

ロビン・ファーレイ

わかりました。

マーク・ケンパ

少しずれているかもしれませんが、一般的にはそのような時期だと思います。

ロビン・ファーレイ

そうですか。よかったですね。ありがとうございました。

フランク・デル・リオ

ロビンさん、ありがとうございました。そして皆さん、今日はお時間をいただき、ありがとうございました。皆様からのご質問には、もう少し後になってからお答えします。素晴らしい一日を、そして安全にお過ごしください。

マーク・ケンパ

皆さん、ありがとうございました。では、また。

オペレーター

これで本日の電話会議を終了します。これで電話を切っていただいて結構です。

ABOUT ME
赤虎めだか
こんにちは。【赤虎めだか】です。 よろしくお願いします。 ・アラフィフ(男) ・うお座のB型 ・職業:BPMコンサルタント ・副業で太陽光発電所を2基 ・グロース銘柄を中心に米国株投資を実践 ・趣味はめだかのブリーディングと焼き物(食器)集め