米国株決算

Delta Air Lines(デルタ航空)2021年第3四半期決算【DAL】

DAL-2021-Q3_title

2021年10月13日の寄り前にデルタ航空(ティッカーシンボル:DAL)の2021年度第3四半期決算発表がありました。

概要は以下の通りです。

  • EPS: 予想0.15ドルに対し、結果0.30ドル
  • 売上高:予想84.6億ドルに対し、結果91.5億ドル
  • 売上高成長率:前年同期比+198.95%
  • パンデミック発生後初の四半期利益を達成
  • 四半期の収益回復率は、2019年の水準の66%(前四半期は51%)
  • 第4四半期の総収入の回復率は、19年第4四半期と比較して70%台前半になると予想
  • コンセンサスでは、前年同期比118.73%の成長を見込む
  • 燃料代の高騰が第4四半期の利益を圧迫する可能性

 

資料出典:デルタ航空 IRページ(リンク)

カンファレンスコール日本語訳

デルタ航空, Inc. (NYSE:DAL) Q3 2021 Earnings Conference Call 2021年10月13日 10:00 AM ET

会社の参加者

エド・バスティアン – CEO

ジュリー・スチュワート-インベスター・リレーションズ担当副社長

グレン・ハウエンシュタイン – 社長

ダン・ヤンキ – CFO

電話会議参加者

ジェイミー・ベイカー(J.P.モルガン

ドゥエイン・ファイニグワース(エバーコアISI

ブランドン・オグレンスキー:バークレイズ

キャサリン・オブライエン(ゴールドマン・サックス

ハンター・キーイ:ウルフ・リサーチ

コナー・カニンガム(MKMパートナーズ

Savi Syth – レイモンド・ジェームズ

クリス・スタトゥーロプロス – サスケハナ・インターナショナル

ダン・マッケンジー – シーポート・リサーチ

デビッド・バーノン – バーンスタイン

マイク・リネンバーグ – ドイツ銀行

ラヴィ・シャンカー – モルガンスタンレー

アリソン・サイダー:ウォール・ストリート・ジャーナル

レスリー・ジョセフス – CNBC

<以下略>

オペレーター

まもなく開始しますので、ご待機ください。皆さん、おはようございます。デルタ航空の2021年第9四半期決算カンファレンスコールにようこそ。私はコーディネーターのジェンです。現在、プレゼンテーションの後に質疑応答を行うまで、すべての参加者は聞くだけの状態になっています。なお、本日の電話会議は録音されていますので、ご了承ください。それでは、投資家対応担当副社長のジュリー・スチュワートさんに会議をお任せします。どうぞよろしくお願いします。

ジュリー・スチュワート

ありがとうございます。皆さん、おはようございます。2021年第2四半期の決算説明会にご参加いただきありがとうございます。本日アトランタから参加するのは、CEOのエド・バスティアン、社長のグレン・ハウエンスタイン、CFOのダン・ジャンキです。エドはまず、デルタ航空の業績と戦略について説明します。エドがデルタ航空の業績と戦略について説明し、グレンが収益環境とブランドの勢いについて、ダンがバランスシートのコストについて説明します。

前四半期と同様、本日の電話会議は、質問の時間を十分にとるために90分を予定しています。アナリストの方には、できるだけ多くの方に質問していただけるよう、質問は1つだけにして、簡単なフォローアップをお願いしています。アナリスト向け質疑応答の後、メディア向け質疑応答に移り、その後、エドが簡単なクロージング・ステートメントを述べます。

本日の発表内容には、将来の出来事に関する当社の見解や期待を示す、将来の見通しに関する記述が含まれています。すべての将来の見通しに関する記述には、実際の結果が将来の見通しに関する記述と大きく異なる原因となりうるリスクと不確実性が含まれています。このような差異を生じさせる要因のいくつかは、デルタ航空の有価証券報告書に記載されています。また、非GAAPベースの財務指標については、特に明記されていない限り、特別項目を除いたすべての結果で説明しています。非GAAP指標の調整表はir.delta.comの投資家情報ページに掲載されています。それでは、エドに電話をおつなぎします。

エド・バスティアン

ジュリーさん、ありがとうございました。皆さん、おはようございます。今朝はお集まりいただきありがとうございます。第9四半期は、業績回復に向けた新たな重要な節目となりました。2019年の同時期と比較して売上ベースでまだ1/3が不足しているにもかかわらず、税引前利益は2億1,600万ドル、税引前利益率は約3%となり、パンデミック発生後初の四半期利益を達成しました。

お客様が安全に空に戻ったことで、国内の消費者向け旅行が2019年の水準に完全に戻ったこと、そして当社の従業員が非常に忙しい夏を再び通して業界最高水準の業務遂行能力を発揮したことで、彼らがビジネス界で最高の人材である理由を示すことができました。この歴史的な夏の間、懸命に働き、献身的に働いてくれたデルタ航空のチームメンバー全員に感謝したいと思います。

私たちは、このような前例のない混乱の後、オペレーションを立ち上げるという課題に直面しました。また、ここ数ヶ月の間にアフガニスタンの危険な場所から避難してきた1万人のアフガン難民を輸送し、必要な物資を届けるために中心的な役割を果たしたデルタ航空のチームを称えたいと思います。これは、デルタ航空の客室乗務員、オペレーションコントロール、政府関係者、チャーターおよびフリートチームの全員が参加した素晴らしい取り組みでした。

第9四半期の収益回復率は、2019年の水準の66%に達し、第6四半期の51%、年初のわずか25%から進歩しました。これは、旺盛な消費者需要と、ビジネスおよび海外旅行の改善が進んだことによるもので、一部の多様な収益源の回復力を反映しており、すでにパンデミック前の水準に戻っているか、それ以上になっています。ビジネストラベルの回復は、8月から9月初旬にかけては件数の増加に伴い一服していましたが、労働者の日以降は需要が回復しました。

先週は、パンデミックが始まって以来、企業の売上計上数が最も多い週となりました。また、11月に米国の国境が開放されることが発表されたことで、ヨーロッパやブラジルから米国への予約が急速に改善しています。第3四半期の業績は、業界におけるデルタ航空の差別化された地位と、顧客中心の戦略の実行に引き続き注力していることを反映しています。

この戦略は、お客様にクラス最高のサービスを提供し、当社ブランドに対する好感度を高め、同時に、よりシンプルで効率的なオペレーションを実現することに根ざしています。当社のブランド・プロミスの核心は、オペレーションの信頼性です。

私たちは、安全で信頼性の高いオペレーションを、清潔さへの強いこだわりをもって確実に回復させることを最優先にしています。そして、夏の間だけでなく、これまでの累計でも、すべての主要なオペレーション指標で業界をリードしていることを誇りに思います。重要な指標のひとつに、「ブランド・パーフェクト・デイ」というものがあります。

メインラインとリージョナルの両方で一度もキャンセルが発生しなかった日のことです。嬉しいことに、2021年のブランド・パーフェクト・デイは116日で、パンデミック前の水準に匹敵しており、従業員が優れた信頼性を提供しています。私たちは、サービスレベルをパンデミック前のパフォーマンスに戻すだけでなく、今年末までにそのレベルを超えるというコミットメントを実現しています。

デルタ航空のサービスレベルをパンデミック前の水準に戻すだけでなく、今年末までにそれを上回ることを目指しています。これらの新しい人材は、未来の航空会社を構築するために貢献してくれています。私たちの文化は、失礼しました。

社員とお客様を第一に考える私たちの文化は、デルタブランドへの強い支持を生み出しています。デルタブランドは、お客様とのユニークな関係を築き、強いエンゲージメント、高いロイヤリティ、そして業界に対する持続的な収益プレミアムをもたらします。これまで以上に多くのお客様がデルタ航空を利用しており、「Fly Delta」アプリの記録的なダウンロードやスカイマイル・ロイヤルティ・プログラムの記録的な登録が行われています。

当社のデルタ・アメリカン・エキスプレス・カード・ブランド・プログラムは、カード獲得数が約95%回復し、カード利用額は2019年の水準まで115%回復するなど、引き続き強い回復力を示しています。その結果、第9四半期のアメリカン・エキスプレスからの報酬は2019年の水準を超え、総額10億ドル強となりました。お客様との関係を深めていく中で、当社のブランド嗜好の耐久性を実証することができました。

当社の収益プレミアムと顧客満足度は、パンデミックに耐えただけでなく、パンデミックを通じて強化され、ともに2019年の水準を上回りました。これらの結果は、当社の顧客中心の戦略と人間を第一に考えるアプローチの真の検証です。同時に、私たちはよりシンプルで効率的な航空会社を目指しています。

オペレーションの規模を変更し、機材を一新することで、効率化を図るとともに、製品やお客様の体験を向上させていきます。当社の船隊戦略とコスト見通しについては、ダンがまもなく詳しく説明します。今後の見通しについては、回復が引き続き不安定であることは明らかですが、いくつかの心強い傾向が見られます。

当社の収益基盤の残り1/3を回復させるには、ビジネスおよび国際的な需要のさらなる改善が必要です。9月第1四半期の国内企業の販売台数は、6月第1四半期から10ポイント増加し、40%回復しました。症例数が急増し、オフィスの再開が遅れたため、特にレイバーデー以降は、四半期の初めに期待していたような進行は見られませんでした。

しかし、変動が収まるにつれ、先月からビジネストラベルが回復し、現在では回復期に見られる最高レベルの数量に達しています。先週、国内のビジネスボリュームは50%近くまで回復しました。年明けにはオフィスが再開されるため、引き続き改善が見込まれます。

また、年明けからはビジネストラベルが大幅に加速すると予想しています。企業のお客様からは、出張を再開し、お客様と直接お会いして、ビジネス関係を更新したり、新しい関係を築いたりする準備ができているという声をよく耳にします。最近の企業調査でも、このような声がはっきりと聞こえてきます。

回答者の90%以上が、12月期の旅行量は9月期と同程度かそれ以上になると回答しています。また、60%近くの企業がすでにオフィスを再開しており、さらに10%の企業が年内にオフィスを開設する予定だと答えています。また、212(f)の解禁が決定したことにより、国際的にも改善傾向が見られます。

この重要な政策変更のおかげで、ホリデーシーズンには多くの家族が約2年ぶりに再会することになります。このような背景から、当四半期の売上高の勢いは12月まで順調に推移し、11月と12月の合計で75%の回復を見込んでいます。

現在の水準から10ポイント改善したのは、オフィスの再開、国際的な規制の緩和、そして消費者の強さがホリデーシーズンにも続くと期待しているからです。今年を振り返ってみると、当社の全事業の復旧率はわずか25%でスタートしました。そして、今年の終わりには75%が回復しています。

一進一退の状況ではありますが、当社には明確な基礎的モメンタムがあり、22年に向けて明るい見通しを持っています。これらのファンダメンタルズが改善するにつれ、燃料価格が上昇し続け、12月の四半期に利益を確保することが難しくなると考えています。現時点では、第4四半期は小幅な損失を見込んでいますが、これは原油価格が年初来で約60%、先月だけでも15%以上上昇したためです。

私たちは不安定で不確実な環境の中で事業を行っていますが、新年に向けて回復が進む中、持続的な収益性を取り戻すことができると確信しています。航空会社の復旧を進めるにあたり、私たちは3つの短期的な優先事項に基づいて行動します。1つ目は、お客様のために、お客様がデルタ航空に期待する素晴らしいサービスを提供することです。

予約センターでの待ち時間の短縮、セルフサービスの改善、機内での飲食メニューの復活、Wi-Fiや機内エンターテインメントのアップグレード、2021年7月のデルタスコープ・スカイクラブネットワークの全面再開など、スタッフの配置にも力を入れています。メダリオン資格やスカイマイルの特典を2023年まで延長する方針を打ち出し、最もご愛顧いただいているお客様に旅行再開時の柔軟性を提供することで、お客様のニーズに応えていきます。私たちの次の優先事項は、航空会社の規模を効率的かつ確実に縮小することです。

私たちは、ネットワークの再構築、オペレーションの優先順位付け、供給と需要のマッチングについて、規律を守っています。キャパシティを回復するための慎重なアプローチは、お客様にサービスを提供し、燃料価格が上昇する環境に対応するために不可欠です。最後に、私たちは、デルタ航空が復興の次の段階、そしてその先でも成功するために、将来に向けて準備しています。

慎重に輸送能力を回復させる一方で、価値の高いお客様がいらっしゃる主要な市場でシェアを拡大しています。私たちは、お客様の体験を向上させるために、事業に賢明な投資を行っています。これには、LAX、ラガーディア、JFKなどの主要空港での建設プロジェクトを加速させるとともに、効率化を可能にする技術やデジタル機能の向上が含まれます。

バランスシートについては、パンデミックの発生時に強固なバランスシートがいかに重要であったかを身をもって体験したことから、投資適格基準に戻すことに注力しています。機体の更新を進め、柔軟性を維持しながら機会を捉えて航空機を取得し、長期的なコスト構造と二酸化炭素排出量の改善につながると期待される効率性を追求しています。カーボンニュートラルな航空会社になるというコミットメントは、世界的に見ても当社を差別化するものです。

ご存知のように、お客様は信頼できるブランドを選び、従業員は持続可能な未来のために尽力する企業で働くことを望んでいます。カーボンニュートラルは、私たちのミッションの基本的な部分であり、将来の世代のために世界を守るために、今すぐにでも実行できる意義深いステップです。デルタ航空は、パリ協定に基づき、Science Based Targets(科学的根拠に基づく目標)イニシアチブと協力して、2050年のニアネット・ゼロ目標と、航空事業の暫定的な排出強度目標を設定することを発表しました。

今期、デルタ航空は、2030年までにSAF消費量を10%にするために、持続可能な航空燃料の2億5000万ガロンの引き取り契約を発表しました。また、「The Leaf Coalition」、「The World Economic Forums」、「Clean Skies Tomorrow」、国連が主導する「Race to Zero」など、いくつかの連合に参加する計画も発表しました。これらの取り組みについては、12月16日にニューヨークで開催されるCapital Markets Dayで詳しくご説明します。

デルタ航空は、目的意識の高いブランド力、人材、そして戦略によって、将来に向けて非常に有利な立場にあります。私たちは、デルタ航空のリーダーとしての地位を今後も維持し、従業員、お客様、オーナー、そして私たちが暮らし、働き、奉仕する地域社会など、すべてのステークホルダーのために長期的な価値を生み出すための強固な基盤を築いています。それでは、グレンに電話をおつなぎします。

グレン・ハウエンシュタイン

ありがとうございます、エド。皆さん、おはようございます。収益の3分の1がまだ残っているにもかかわらず、第4四半期に利益を計上できたことは素晴らしい成果であり、回復への道を歩み続けるための重要なマイルストーンです。この18ヵ月間、私たちはお客様へのコミットメントという中核的な強みを忠実に守ってきました。主要市場でのポジションの向上から、価値の高いお客様とのインフィニティの拡大、プレミアム製品や多様な収益源でのアウトパフォーマンスの推進まで、私たちは競争上の優位性を拡大しています。

9月の四半期は好調なスタートを切り、消費者の需要環境は当四半期を通して堅調に推移しました。欧州では、ワクチンを接種した米国人観光客が再び欧州に戻ってきたため、収益性の高い夏を過ごすことができました。

8月初旬の天候不順に伴い、多くの企業がオフィスの再開計画を遅らせたため、特にビジネストラベルの需要に一時的な停滞が見られました。この変動の影響にもかかわらず、売上高は2019年に比べて33.8%減少し、2/3に回復し、当初のガイダンスの範囲内に収まりました。この結果、総売上高は前四半期比で19億円増加し、83億円となりました。

ロードファクターが11ポイント改善し、イールドが4%改善したことにより、総収入は6月期比で17%増加しました。勤労感謝の日以降、日次の現金販売額が毎週増加し、需要の改善が見られました。国内消費者向け収入は、引き続き2019年の水準まで完全に回復しています。

また、国内の法人向け販売収入も引き続き改善しており、エドが述べたように、回復期に見られた最高水準となっています。当四半期も引き続き改善を見込んでいます。国際線では、引き続き中南米を中心とした好調な動きが見られ、ビーチへのレジャー客を中心に旅客収入は2019年比で84%回復し、前四半期比で20ポイントの改善となりました。

大西洋航路の回復は、2019年9月期に対して35%と、6月期比で20ポイント改善しました。法人向け販売とこの事業体で、現在は30%近く回復しています。また、最近、政権が212Fまでの規制を解除する決定をしたことにも勇気づけられました。この発表を受けて、ヨーロッパの店頭での11月と12月の予約は、この発表前の6倍以上になっています。今年の最後の数ヶ月間は、感謝祭とクリスマスに向けて好調な業績を期待しています。

10月は変形の影響が残っており、その結果、収益は約65%回復すると見込んでいます。しかし、11月、12月に入ると、212個のアプリの日没や、消費者のトラフィックの構成比が高くなることから、2019年のレベルまで75%台の収益回復をサポートできる見込みです。このような月ごとの傾向から、12月の四半期の収益回復率は70%台前半になると予想しています。

新たな需要環境へのキャパシティのマッチングに関する規律あるアプローチに基づき、12月の四半期のキャパシティは2019年の水準の約80%になると予想しています。キャパシティの回復と需要のバランスをとることは、デルタ航空の戦略的な優先事項であり、回復の不均一性や燃料価格の上昇を考えると、これまで以上に重要です。燃料費は短期的には当社の業績にマイナスの影響を与えますが、中長期的には燃料費と売上高の相関関係が過去のものに戻ることで、燃料費の上昇分を取り戻すことができると考えています。

22年に向けては、需要に合わせてネットワークの復旧を進める予定です。来年下半期には2019年のキャパシティレベルを達成する能力があります。当四半期の業績に加えて、当社が誇りに思っている成果がいくつかあります。

当社のプレミアム製品は引き続きアウトパフォームしています。当四半期は、有償ロードファクターとコンフォートプラスおよびファーストクラスのキャビンが2019年の水準を上回ったことから、国内線の短距離路線のラテントにおけるプレミアム収入がメインキャビンを約10ポイント上回りました。これは、特に消費者の需要がより高いミックスであることを考慮すると、当社のプレミアム戦略の大きな検証となります。

当社の多様な収入源は、引き続き堅調です。当四半期のその他の収益は、2019年の水準まで91%回復しました。その中で、ロイヤリティ収入は、獲得傾向の強いカード支出に支えられ、80%以上回復しています。

今後も成長を続け、将来の国際線の収益性を高めると期待している貨物収入は、2019年の同時期と比較してワイドボディの国際線の半分以下しか飛んでいないにもかかわらず、40%近く増加しました。また、MRO収入は、エンジン台数の増加により90%以上回復しました。キャパシティの回復に向けた当社の保守的なアプローチは、当社のプレミアム製品の強みと多様な収益源の回復力と相まって、パンデミックの期間中、業界に比べて単位収益のプレミアムを得ることができました。

第9四半期の決算を終えた時点で、この傾向は継続し、ビジネスおよび国際部門の回復率が50%未満であるにもかかわらず、業界に対する収益プレミアムは第3四半期としては過去最高を記録しました。この結果は、基本的だが強力な前提条件を立証するものです。お客様をすべての中心に置き、多様な収益源を追求することが、持続的な収益プレミアムにつながります。

お客様が空に戻ってきたとき、私たちは安定性と信頼性を高めることに注力してきました。また、変更手数料の廃止、セルフサービスの充実、柔軟性を最も重視するお客様のために全額払い戻しが可能なフレックス商品の開発などにより、摩擦要因を減らしています。さらに、コスト効率と燃費に優れた機材を導入するとともに、プレミアムシートの比率を高め、WiFiやIFP製品を充実させることで、より優れた機内体験を提供できるようにしています。

お客様の体験を向上させることは、航空機の中だけではありません。それは地上での体験にも及んでいます。私たちは、空港への投資を加速させ、革新を続けています。アトランタでは、デジタルIDを導入し、お客様が顔認証を利用してチェックインから搭乗までのシームレスな空港体験を提供しています。

また、22年3月と4月にオープン予定のロサンゼルスとラガーディアの2つの大型スカイクラブを含め、スカイクラブへの投資も行っています。エドが述べたように、私たちはお客様の強い関心と、ブランドへの好意を感じています。より多くのお客様が、非常に効果的な販売やセルフサービスのプラットフォームである当社のデジタルチャネルを選択しています。

例えば、当社のFly Deltaアプリのダウンロード数は、9月期に過去最高を記録し、2019年と比較して25%増加し、月間ダウンロード数は史上初めて100万を超えました。バイヤーのデジタルエンゲージメントは、当社のスカイマイルプログラムの成長を促進しており、米国のニュースランキングでは、すべての航空会社のロイヤルティプログラムに対して第1位を確保しました。

この快挙を成し遂げたカスタマーエンゲージメントおよびロイヤリティチームの皆様、おめでとうございます。お客様のスカイマイルへの入会は、旅客数の回復を上回るペースで進んでいます。当四半期のスカイマイルの獲得数は、2019年に比べて100%以上回復しました。

そして最後に、当社の共同ブランドプログラムは引き続き回復力を示しており、当社のデルタ航空とパートナーのアメリカン・エキスプレスの両方に多大な価値をもたらしています。また、最も価値の高いお客様にとっても重要です。プレミアムCo-brandクレジットカードは、新規および既存のカード会員からの需要が高まっており、価値ある提案を見出すお客様が増えています。

お客様に焦点を当てるという明確な改善戦略により、デルタ航空はこの先何年にもわたって良好な状態を保つことができます。当社の成功の鍵は、業界で最も優秀な人材を擁し、日々、お客様にブランドの約束を果たしていることです。それでは、ダンに電話をおつなぎします。

ダン・ヤンキ

素晴らしいですね。ありがとうございます、Glen。デルタ航空のチームが持つ世界水準の能力と、クラス最高のサービスと信頼性を提供するための継続的な取り組みが、当社の財務的成功の基盤となっていますが、今期も例外ではありませんでした。当四半期も例外ではありませんでした。 デルタ航空の社員は、ダイナミックな環境の中で優れた実行力を発揮し続けています。

チーム全体で、回復の次の段階に向けて事業を準備することに集中し、デルタ航空を将来に向けて配置するために必要なステップを踏み、今後数年間で業界のリーダーとしての地位を築いていきます。まず、第9四半期のハイライトをいくつかご紹介します。回復のペースが止まっているにもかかわらず、当四半期の1株当たり利益は0.30ドル、税引前利益は2億1,600万ドル、利益率は約3%、売上高は83億円となり、目標としていた黒字化を達成しました。

第3四半期の営業費用総額は78億ドルでした。これは、主に航空会社の継続的な復旧にともなう燃料費以外の費用により、第2四半期から12%増加しました。燃料費は、燃料価格の低下により前四半期比で5%増加し、15億ドルとなりましたが、第2四半期比で11%増加した輸送量により一部相殺されました。

調整後の1ガロンあたりの燃料価格は1.94ドルで、第2四半期の損失に対して製油所の貢献により、第2四半期比で8%低下しました。燃料効率は2019年同期比で4%向上しましたが、これは機材更新の効果を引き続き享受しているためです。燃料費以外の費用は、前四半期比14%増の63億ドルとなりました。

これは、キャパシティの増加とロードファクターの2桁改善により30%の増収となったためです。当四半期には、さらなる需要回復に向けた体制を整える一方で、オペレーショナル・パフォーマンスやコンデンサの販売量の増加を支えるための費用が増加しました。これらのコストの影響に加え、ネットワークが30%縮小したことにより、第9四半期の燃料電池以外のCASMは2019年に比べ15%増加しました。

次に、キャッシュフローと貸借対照表について説明します。9月期の営業キャッシュフローは1億5,100万円でした。9月期の調整後純負債は193億円でした。回復のペースが一服したことに加え、夏のピーク時からの移行に伴う季節性により、航空運送事業の負債残高は前四半期比で5億6,200万円減少し64億円となりました。

2022年に入ると、旅行規制が緩和され、多くのお客様が春・夏シーズンの計画を立て始めるため、航空運送賠償責任は増加に転じると予想しています。バランスシートの管理は引き続き優先事項であり、今後数年間で投資適格基準に戻すことを目指しています。第9四半期には、余剰資金を活用して総負債および支払利息を削減するとともに、使途不明の資産を再構築し、負債の満期プロファイルを管理しました。

これには、10億ドル規模の株式公開買付けの実施、保有する航空機の大半を現金で購入したこと、5億ドル規模の追加的な負債削減施策の開始などが含まれ、過去12ヵ月間で120億ドルの財務上の負担を削減しました。これらの施策により、利息の節約、年金の積立、負債の満期プロファイルの円滑化を実現しています。次に、資本と機材について説明します。

第9四半期の設備投資額は約6億2,000万ドルでした。これは、中古航空機の納入時期に起因するもので、ガイダンスの8億ドルを下回っています。2021年通年の設備投資総額は32億ドルで変更ありません。機体については、よりシンプルで効率的な機体への変革と整備を引き続き進め、回復の形に合わせて柔軟性を維持しながら、機会を逃さないことを優先しています。

2020年には、200機以上の航空機を退役させ、2つの系列機を廃止することで、航空機の更新を加速させました。また、50億ドル以上の納入延期を行った結果、2020年および2021年の計画設備投資額が減少しました。この回復を利用して、退役した航空機を資本的に規律ある方法で交換します。

55機のA321 NEOオプションを確定発注に切り替え、2022年から2027年の間に納入を予定しています。また、機会を見て、38機の中古機を魅力的な経済性で購入する契約を締結しました。当社の決定は、簡素化、機種内の規模拡大、ゲージ率の向上、持続可能性に重点を置いた機材戦略に基づいています。機体の簡素化と活性化により、当社のコスト構造に恒久的な変化をもたらし、2021年には約4億ドル、2022年には約6億5,000万ドルの効果があると推定されます。

これは2019年との比較です。これらの削減効果は、次世代航空機の導入や飛行量の回復、機体のさらなる簡素化に伴い、今後も継続的に拡大していきます。これらのアクションにより、当社は効率性を高めると同時に、製品やお客様の体験を向上させます。

来年の夏までに、ナローボディ機の座席数の約半分を、最も収益性の高いカテゴリーである大型機で生産する予定です。これは、2019年に対して10ポイントの改善です。当社のワイドボディフリートの次世代機は、来年の夏までにフリートの25%を占めるようになります。

これは、2019年に対して15ポイントの改善で、効率化、プレミアム製品の強化、貨物機能の拡大を推進します。さて、第4四半期に目を向けると、最近の燃料価格の上昇が当四半期の収益性を維持するための圧力となり、小幅な損失を見込んでいます。調整後の1ガロンあたりの燃料価格は2.25ドルから2.40ドルになると予想しています。

これは、市場価格が急激に上昇したことにより、9月時点と比較して1ガロンあたり約0.40ドルの上昇となります。なお、燃料費の0.05ドルの変動は、約4,000万ドルの費用に相当します。燃費は、2019年12月期に比べて約4%向上する見込みです。

燃料以外の費用は、2022年にカバーする需要の加速に向けてオペレーションを準備するために人に関する費用が発生するため、前四半期比で2%から4%増加すると予想しています。第4四半期の非燃料CASMは、2019年に対して6%から8%高くなると予想しています。2019年と比較すると、非燃料分野のCASMプロファイルは、オペレーションの復旧に必要なコストやネットワークの適用方法によって影響を受けます。

来年の夏、より多くのスケジュールをこなすためには、機材とクルーの準備のために追加のメンテナンスやトレーニング費用が必要です。これらのコストは来年も続くでしょう。ネットワークの規模と機材の配置も要因のひとつで、2019年に比べて第4四半期のネットワークは20%縮小しています。また、飛行している構成も異なっています。長距離国際線のキャパシティが減少していますが、これは飛行時間が長いという性質上、構造的にCASMが低くなっています。

より完全に回復するまで、燃料以外のCASMは2019年の水準を上回ると予想しています。当社のオペレーションが正常化するにつれて 私は、当社が営業レバレッジを推進し、機材の更新から得られる利益を認識する能力に自信を持っています。

2022年に向けては、需要の回復が続くことを楽観視しており、利益率、収益性の向上、バランスシートの回復を優先しています。私は、財務規律とバランスのとれた資本配分に関するチームの強力な実績を基に、12月にニューヨークで開催されるキャピタル・マーケッツ・デイで、長期的な期待と目標について皆様と共有できることを楽しみにしています。最後になりましたが、デルタの従業員との時間を重ねるごとに、私たちの未来に対する確信はますます強くなっています。

最初の90日間で、私が最も感銘を受けたのは、従業員とお客様に対するチームの強いコミットメントであり、それは事業所内でのあらゆる行動に現れています。デルタ・ファミリーには本当に特別なものがあるということがよくわかりました。エドとグレンの言葉を借りれば、「人と人をつなぎ、世界をつなぐ」という私たちのミッションを遂行してくれているすべてのデルタ航空の従業員に感謝したいと思っています。

最高の従業員、お客様への明確なフォーカス、そして継続的な財務規律により、私たちはすべてのステークホルダーのために長期的な価値を創造することができると確信しています。それでは、質疑応答をジュリーにお任せします。

ジュリー・スチュワート

ありがとう、ダン。注意事項として、質問は1つだけにして、簡単なフォローアップをお願いします。ジェン、アナリストの皆さんに質問の列の並び方を教えてください。

質疑応答セッション

オペレーター

ありがとうございました。[オペレーターの指示】です。] それではまず、J.P.モルガンのジェイミー・ベイカーさんにお話を伺います。

ジェイミー・ベイカー

皆さん、おはようございます。最初の質問は、基本的にGlenとDanにお願いします。COVIDの前に、デルタ航空が燃料価格の上昇を再調整するのに、通常どのくらいの時間がかかるのか、ポールに質問しました。記録には目を通していませんが、その時間の見積もりは4〜6ヶ月で、過去のレベルよりも改善されていました。そこで、グレンに質問ですが、現在の予約カーブは十分に深く、それよりも早くトップラインを回復できる可能性があるのでしょうか?同様にダンには、プロセスを加速するためにコストやオペレーション面で考えるべきことはないか、基本的には4~6ヵ月という見積もりがまだ正しいのかどうかを理解したいと思っています。

Glen Hauenstein

私からもコメントさせていただきます。回復が続く中で、私たちは少し未知の領域にいると思います。壊れたカーブが少し動き出したにもかかわらず、超短期的には難しいかもしれませんが、来年の春までには需要とキャパシティが非常に良いバランスに戻ると考えているので、4〜6ヵ月という見積もりは妥当だと思います。

ジェイミー・ベイカー

わかりました。それでは、この状況を大きく変えるような構造的な変化はないということですね?

Glen Hauenstein

そうですね、私が思うには、同じ窓の中でそれが現れてくるのではないかと思います。

ジェイミー・ベイカー

次に2つ目の質問ですが、バイデンの発表以降、ヨーロッパで見られる国際的な需要に関連して、その改善がヨーロッパの店頭でどの程度偏っているのかを教えてください。私は、欧州の店頭販売をほとんど除いたデータを調整しようとしているのですが、70-30なのか、60-40なのか、80-20なのか、そのような感じを知りたいと思っています。

Glen Hauenstein

この時期は、夏よりも冬の方がヨーロッパでの販売が多いですね。ですから、おそらく通常の割合である、米国産60%、欧州産40%ということになるでしょう。そして興味深いのは、ヨーロッパ製だけでなく、両方とも増加しているということです。ここでの仮定は、アメリカには多くのヨーロッパ人がいて、その人たちが戻ってくることを心配しているということです。だから、212(f)が解除された後の11月、12月に向けて、非常に素晴らしい取り込みが行われているのです。

ジェイミー・ベイカー

わかりました。とても参考になりました。ありがとう、Glen。

運営者

次は、エバーコアISIのドゥエイン・フェニグワースさんです。

ドゥエイン・ファイニグワース(Duane Pfennigwerth

時間を割いていただきありがとうございます。今朝、多くの質問が寄せられているコストガイダンスについてですが、9月上旬に発表したコメントからのブリッジをお願いします。9月初旬に発表されたコメントにあったように、コストが減少しているのは好ましくないということですね。少しの差で2を超えていますね。そして今日は、台数ベースで6~8台の増加となっています。主なバケットは何ですか?また、5~6週間の間に何が変わったのでしょうか。

Dan Janki

まず第1に、第4四半期にスケジュールを縮小したことによるキャパシティの増加、そして再建と2022年の需要に向けた準備に関連したペースの増加です。この2つが要因となっています。

ドゥエイン・フェニックスワース(Duane Pfennigwerth

はい。フリートの修復については、いくつかの数字を挙げていただけますか?2021年には何が起こっているのでしょうか?また、2022年にはどのくらいになると予想していますか?また、飛躍的な回復のための投資から、少し前に耳にしたフリートの簡素化による利益へと移行する時期についてもご存知でしょうか。質問にお答えいただきありがとうございました。

ダン・ヤンキ

そうですね。2021年から22年にかけて航空機を就航させることを考えると、160機から170機を就航させることになります。これが、再建の大部分を占める航空機の復帰に焦点を当てた要素です。そして、19年までに完全に回復した容量レベルに戻ると、それは解消され、一過性のものになるでしょう。

エド・バスティアン

デュエーン、エドです。全体的なコストの見通しについて、2、3点補足させていただきます。当社は長期的な目標を掲げており、今後数年間のコストの見通しについては、12月のCapital Markets Dayで詳しく説明します。当社のビジネスにおいては、利用可能な需要を取り込み、前例のないレベルの混乱の後にビジネスを立ち上げ、サービスレベルやお客様の期待に応えるための業務上の制限を受けないようにするための競争が行われていることは明らかです。19年以下のレベルに到達するには、さらに数四半期かかるかもしれませんが、それが私たちの目標です。

ドゥエイン・フェニックスワース(Duane Pfennigwerth

ご意見ありがとうございました。ありがとうございました。

オペレーター

次は、バークレイズのブランドン・オグレンスキーさんにお願いします。

ブランドン・オグレンスキー

お早うございます。質問を受けてくださってありがとうございます。しかし、ダンさん、2019年のコストを基準に考えることは、特に経済全体で見られる賃金インフレを考えると、やはり正しいのでしょうか?

ダン・ヤンキ

そうですね、私たちにとっては明確な指標です。私たちは、この航空会社を復元する際に、2019年のコストレベル以上になると信じています。

ブランドン・オグレンスキー

これは文字通り、ネットワークがパンデミック前の状態に戻り、特に長距離路線が戻ってきたことによるものですか?

ダン・ヤンキ

そうですね、確かに今回の事態を乗り切って、復旧して、再構築していくうちに、それは解消されていくでしょう。キャパシティを戻せば、レバレッジをかけることができます。また、国内と海外のバランスも取れます。さらに、より構造的な要素を考えると、フリートの簡素化に関連する要素が出てきて、燃料や燃料効率、さらには営業コストの面でもメリットが出てきます。

エド・バスティアン

ブレンダン、エドです。ダンが言ったことと同じことが言えます。私たちは昨年、この航空会社を少しずつ再構築する機会を得ました。ケータリングにしろ、オペレーションにしろ、効率化が図られるまで、事業のどの部分を維持し、どの部分を維持する必要がないのか、コスト構造について多くのことを学んでいます。当社の生産能力が2019年の水準の80%以上にとどまっていることを考えると、それは難しいことです。しかし、私たちは、この期間の価値を確実に維持し、効率性を実現することを強く決意しています。だからこそ、Capital Markets Dayでは、そこに至るまでの道筋をお見せすることがとても重要になります。そうですね。

ブランドン・オグレンスキー

ありがとうございました。

運営者

次は、ゴールドマン・サックスのキャサリン・オブライエンさんにお願いします。

キャサリン・オブライエン(Catherine O’Brien

皆さん、おはようございます。コストの見通しについて、最後にひとつだけ確認させてください。皆さんがおっしゃったように、ASMの回復が進むと思われます。それは、キャパシティの総量だけではなく、もちろんネットワークの割り当てや、長距離の輸送にも影響します。ただ、ペースについてもう少しお話をさせてください。そのためには完全に復旧する必要があるのか、あるいは90%から100%に復旧した場合、事業全体で得られるレバレッジが急に加速されるのか、あるいはそれに近づくためのペースについてどのように考えればよいのか、ハイレベルなコメントをお願いします。

Dan Janki

キャピタルマーケッツ・デイでは、より詳細な情報を提供し、見通しを明らかにし、20年から22年のガイダンスについても具体的に説明します。私が思うに、注目すべきは2つの要素です。それは、船隊に関連する再建費用を取り戻すこと、そしてそれをいつ回復させるかということです。そしてそれは、容量の回復と密接に関連しているでしょう。そして、明らかにレバレッジの増加です。この部分については、その期間中に得られると思いますが、実際には、フリートの再建費用を削減することが重要です。それは、この期間が進むにつれて起こるでしょう。

Catherine O’Brien

わかりました。分かりました。それから、もう一つだけ国際的な話をしましょう。今朝のTNBCでは、2週間前の米国の国境に関する発表を受けて、海外からの予約が10倍になったと述べていましたね。この勢いがいつ頃から収益に反映されるのかを教えていただけますか?10月に比べて11-12月の見通しを楽観的にしているのは、11-12月にヒットするものがあるからだと思います。しかし、来年の春や夏に向けて、何か早い兆候があるのでしょうか?収益にもう少し反映されるようになると思われる時期を教えていただきたいです。ありがとうございました。

エド・バスティアン

はい、ケイティ。はい、11月と12月には見えてくると思います。10月から11月にかけて、10ポイントの回復を見込んでいます。10月には65%の回復を見込んでいましたが、これはここ2、3ヵ月間の水準であり、11月と12月に急上昇しました。国際線はその一部であり、唯一の原動力でもあります。ビジネストラベルは重要な要素であり、今後も改善が見込まれています。今朝のCNBCの記事にもありましたが、先週の現金販売額は前週比で9%増加しています。

この傾向はしばらく続いています。夏に見られたように、旅行をしたい人、旅行をしなければならない人たちが、旅行に出かけようと殺到すると思います。1月、2月に入ると、少し小休止するかもしれません。しかし、春と夏はさらに高いレベルでバックアップすることになると思います。私の考えでは、特に当社の海外拠点の中で最も大きな部分を占めるヨーロッパでは、来年の春から夏にかけて、これまでの米国の春から夏によく似た光景が見られると思います。

Catherine O’Brien

わかりました。ありがとうございました。

オペレーター

次は、ウォルフ・リサーチのハンター・キーイさんです。

ハンター・キィー

おはようございます。グレンさんがおっしゃっている調査は、企業のトラベルマネージャーに聞いているのでしょうか、それとも旅行者自身に聞いているのでしょうか?また、もし来年の秋口になっても出張がCOVID以前の80%しか増えないとしたら、どのような危機管理計画を立てているのでしょうか?

Glen Hauenstein

まず、質問の最初の部分にお答えします。これは旅行会社のマネージャーを対象としたアンケートです。これが彼らの回答ですね。

ハンター・キー

わかりました。

Glen Hauenstein

2つ目は、スカイマイルプログラムで行っている、フリークエント・トラベラーを対象としたアンケート調査です。これらの調査は、ほぼ一致していると言えるでしょう。明らかに、消費者はビジネス旅行者よりもはるかに自信を持っており、より多くの旅行を期待していますが、ますますビジネス要素が加速しています。これは私たちにとって非常にエキサイティングなことです。不測の事態に備えて、私たちは非常に柔軟な姿勢で臨んでいます。まだ完全に森を抜け出せていないことはわかっています。もっと厳しい状況になることもわかっています。直線的な脱出ではなく、紆余曲折することになるでしょう。燃料にしても何にしても、それは我々のビジネスの一部であり、常にすべてのインプットの合計を管理しています。

ビジネストラベルに関連して言えば、私たちが非常に興奮しているのは、40〜60%のビジネストラベラーがまだ出張していないにもかかわらず、黒字の四半期を報告できたことです。来年は60%以上になることはわかっていますが、90%になるかどうかはわかりません。来年の終わりには、80から100の間になるでしょう。しかし、フードの下を見ると、私たちが指摘したいのは、ビジネス旅行者がいなくなったことで、プレミアム製品の需要が実際にコーチ製品を上回っているということです。つまり、ビジネス旅行者だけではなく、もっと幅広い需要があるということがわかったのです。そして、もしその席を埋めるためにハイエンドのレジャー需要に軸足を移さなければならないとしたら、それはトレードオフであり、どのようなシナリオであっても利益を上げることができるものだと思います。

ハンター・キー

わかりました。

エド・バスティアン

それから、Glenのコメントにも触れさせていただきます。私たちは誰も、古典的なビジネス旅行がどうなるか、数量が戻ってくるかどうかを知りません。私たちの業界では、明らかに大胆で、楽観的な見方をしていますが、それは違う形で戻ってくると言ってもいいでしょう。ある程度の需要減退が起こることは間違いありません。また、行動様式が変化することは間違いありませんが、旅行の新しい機会もあります。ハイブリッドは、人々がどこでどのように働いているかという点で、非常に異なった展望を与えてくれます。

私はこの数ヶ月間、公の場で何度も話してきましたが、ビデオ技術は、家に閉じこもることを強いるだけでなく、外出時にオフィスを持ち出して、より良い接続状態を保つことができるのです。ビジネストラベルの未来について、多くの人が大きな疑問を抱いていると思いますので、12月にはこの話をしたいと思います。この回復期には、ビデオ技術やその他の要素、そして行動の変化によって引き起こされた需要の破壊と同様に、多くの明るい兆しが見えてきます。

ハンター・キー

デルタ航空にとって組合がないことは、コスト面でのメリットではなく、サービス面でのメリットだと思っていました。来年はもう少し工夫して、現場のモラルを犠牲にすることなく、CASMを有利に進めることができる方法はありませんか?ご説明いただけますか?

エド・バスティアン

私は、組合の利点や不足についてコメントするつもりはありません。当社には組合があり、パイロットとは素晴らしい関係を築いていますし、多くの従業員は非組合員です。彼らとの関係も良好で、生産性も向上しています。私たちの社員について言うと、彼らは素晴らしいです。私たちがプレミアム収益を得ている理由は、必ずしも私たちが他の誰よりも賢いからではありません。私たちは、最高のサービス、最高の信頼性、最高の製品を提供しています。そして、それはコストではなく、パフォーマンスの問題です。

その結果、収益が向上し、さらに生産性の高いコスト効率を実現することができるのです。ここ数四半期、スタッフの数を回復させる必要があると何度も話してきました。今朝も申し上げましたが、今年は8,000人を復帰させています。忘れてはならないのは、1年前のこの時期には1万7,000人が退職していたということです。このように、将来に向けてチームから大きな柔軟性と生産性を得ています。そして、これからも私たちの社員が道を切り開いていくことでしょう。

ハンター・キー

わかりました。ありがとうございました。

運営者

次は、MKMパートナーのコナー・カニンガムさんです。

コナー・カニンガム(Conor Cunningham

皆さん、お待たせしました。お時間をいただきありがとうございます。皆さんが悩んでいるのは、需要環境が流動的であることを考慮した上で、キャパシティの基準を決めることだと思います。あなたは、収益への逆風と燃料の高騰について言及しました。しかし、ここ2、3ヵ月の間に、上半期のキャパシティに対する考え方はどのように変化したのでしょうか。2019年のキャパシティは下半期に達成される可能性があるというコメントを聞いたことがあります。今はそのように考えていますか?

Glen Hauenstein

今回の危機の間、私たちは非常に流動的であったと思いますし、完全に復旧するまでは流動的であることを約束します。それがいつになるかは正確にはわかりませんが、私たちは今、今よりも大きな存在になりたいと思ってマーカーを出しました。少しは大きくなれるかもしれません。しかし、他のキャリアで見られるようなオペレーション上の問題を起こさずに、これ以上大きくなることはありません。私たちは、自分たちが発表したスケジュールを実際に飛ばすことができると確信できる場所に留まりたいと思っています。

また、再建費用や従業員の確保、航空機の確保についても検討しています。来年後半には2019年の100%達成を目指して、現在、水面下ですべての作業を行っています。この柔軟性を実際に利用するかどうかについては、投資家説明会で詳しくご説明します。しかし、現在の私たちの方針は、柔軟性を維持することです。ダンが言ったように、今の四半期でも、8~12週間前に想定していた収益をわずかに下回っています。

Conor Cunningham

そうですね。そうですね。ハンターさんの質問の続きですが、プレミアム製品は引き続き非常に好調です。振り返ってみると、これは潜在的な需要や、消費者が現金を求めていることを意味していると思います。しかし、需要が正常化し始めたときに、プレミアムキャビンをどのようにお考えですか?この変化は構造的なものだと思いますか?それとも、まだ時期尚早で、この先の需要環境に左右されるのでしょうか?

Glen Hauenstein

パンデミックによって、新しいクラスのお客様が生まれました。それは、これらの製品を必要とするハイエンドの消費者です。そのため、より高いレベルの需要に対応するために、私たちのフリートはどのように対応したらよいのか、ということを検討しているところです。これらについては、Investor Dayで詳しくご説明する予定です。しかし、これらの製品に対するより高いレベルの需要が今後もあると考えています。

コナー・カニンガム

わかりました。ありがとうございました。

エド・バスティアン

コナーさん、私は、需要が溜まっていることや消費者が現金を持っていることだけが原因ではないと思います。パンデミック後の世界では、消費者の旅行に対する見方は変わってきており、提供者の質や、提供者が自分にしてくれるケアなど、航空会社でもホテルでもレストランでも何でもいいのですが、これまで以上に高いレベルで好みや影響力を持つようになってきています。私たちは、自分たちがアメリカで最高のサービスを提供していると考えているので、今後もそのシェアを拡大していきたいと思っています。

コナー・カニンガム

ご意見ありがとうございました。

運営者

では、次はレイモンド・ジェームズのSavi Sythさんです。

Savi Syth

皆さん、おはようございます。まず最初にコナーの質問に簡単にお答えします。キャパシティの回復を考えたとき、機材の変更があった場合、ナローボディとワイドボディの機材能力に違いはありますか?

Glen Hauenstein

そうですね、答えはイエスです。違いはあります。その違いについて何を質問されているのかわかりません。私が言いたいのは、投資家説明会でもう少し詳しく説明しますが、ワイドボディ機の非効率性については、現在、かなりの数のワイドボディ機を、設計されていないステージの長さで飛行させているということです。例えば、今日、アトランタとソルトレイクシティ間を飛行する場合、すべてのフライトがフラットベッドで、すべてのフライトにプレミアムプロダクトが搭載され、すべてのフライトが1,200~1,500マイルを飛行するように設計されていない航空機で行われています。長距離フライトをしないという機会を増やしているだけでなく、既存の国内線環境でより高いコスト構造をもたらしていますが、これらの計画が削減されるにつれて正常化するでしょう。

なぜかというと、初期の段階では現金主義だったので、メンテナンスの必要がなく、パイロットの空きがある飛行機を使いたかったからなのです。現在、再建に向けて取り組んでいますが、これらはすべて再建費用の一部であり、特定してもう少し説明しなければなりません。なぜなら、国内ではコスト構造が改善され、海外では低コストの航空会社をより重く待つことになるからです。これらは2つの異なる要素であり、お互いに相乗効果をもたらします。

Savi Syth

それは助かります。また、ボストンの新市場についても、かなりの数を発表されていますよね。パンデミック前の戦略に沿った計画なのか、それとも何か別の新しい機会があるのか、ボストンの成長について少し説明していただけないでしょうか。

Glen Hauenstein

パンデミック前には、ボストンで選ばれる航空会社になるという意図を明確にしていたと思います。パンデミックではいくつかのチャンスがありましたが、来年の夏はヨーロッパへの需要が比較的堅調に推移すると考えています。来年の夏はヨーロッパへの需要が比較的旺盛になると考えているので、ボストンから海外の大きな需要がある市場を補い、パンデミックの中でボストンのビジネスにチャンスがある市場を補いたいと考えました。ボストンには素晴らしいチームがあり、非常に満足しています。驚異的な仕事をしています。ボストンには素晴らしい施設があります。クラス最高の施設です。私たちの製品とサービスを組み合わせれば、ボストンにとってまさに勝利の手となるでしょう。

Savi Syth

そうですね。そうですね。ありがとう、Glen。

オペレーター

次は、サスケハナ・インターナショナルのクリス・スタトゥーロプロスさんにお願いします。

クリス・スタトゥロポウロス

おはようございます。私の質問にお答えいただきありがとうございます。来年の下半期についてですが、2019年の生産能力レベルまで回復し、非燃料のCASM Xを2019年以下にすることができると考えています。繰り返しになりますが、これは投資家説明会での質問に近いのですが、効率化について考えています。2019年から約10億ドルの減少とおっしゃっていましたが、効率化のための燃料の取り組みや、ボストンからの長距離市場を追加することによるネットワークの変更についても考えています。来年下半期のCASM Xを考える上で、これらの項目に色をつけることができればと思います。ありがとうございました。

エド・バスティアン

クリス、こちらはエドです。2022年にCASM Xを導入するのは時期尚早だと思います。CASM Xへの関心の高さには感謝していますが、これについては数ヶ月後の12月に発表する予定です。まず、22年の回復状況をより正確に把握する必要があります。それが私たちの計画を後押しすることになりますが、私たちの目標は2019年のレベルかそれ以下にすることであることを確認しておきます。そして、規模を縮小し、事業を回復させた後には、私たちが望む状態になるでしょう。

クリス・スタトゥロポウロス

わかりました。それから、ちょっとしたフォローアップです。英国やEU、その他いくつかの地域からのインバウンドが緩和されたことで、これらの国際便の再開時期はどのくらいになるのでしょうか?数週間後でしょうか、それとも第1四半期のイベントとして考えるべきでしょうか?ありがとうございました。

グレン・ハウエンシュタイン

余裕を持って、冬のスケジュールにいくつかの便を追加しています。しかし、ご存じのように、冬はヨーロッパ旅行のピークシーズンではありません。私たちが本当に考えているのは、禁輸措置が解除されれば、来年の春と夏のシーズンは素晴らしいものになるだろうということです。夏までにヨーロッパでの活動をほぼ完全なものにするために、多くの再建費用や様々な準備をしています。

クリス・スタトゥーロポウロス

ありがとうございました。

オペレーター

次は、シーポート・リサーチ社のダン・マッケンジーです。

ダン・マッケンジー

どうもありがとうございます。おはようございます。最初の質問はダンさんにお願いしたいのですが、バランスシートの投資適格性についてのコメントがありました。それを達成するための時間軸をより明確にしていただけないでしょうか。過去、デルタ航空は5年かけてバランスシートを修正してきました。それを達成するには5年と考えるべきなのか、それとももっと早く達成できる可能性もあるのでしょうか?

ダン・ジャンキ

資本市場の日にお話ししたように、マルチ – あなたの見通しについてお話しします。確かに、バランスシートの回復のための投資とのバランスは、複数年にわたる重要な優先事項となるでしょう。また、デルタ航空の過去の実績について言及されたと思います。2010年から19年までの期間を見ると、デルタ航空は、航空会社の建設と投資を行いながら、負債を返済するという真の規律を示しています。これらの哲学は、今後の事業展開を考える際にも当てはまるものであり、投資とバランスシートの回復の両方をどのようにバランスさせていくか、そのペースをどうするかということは、キャピタルマーケッツデーの一環として、当社の見通しの一部となることは間違いありません。

ダン・マッケンジー

わかりました。理解しました。それから、グレンさん、企業の出張費が2022年末までにほぼ80%から100%回復するということですが、現在の状況を見て、第4四半期の様々な支出のバケツの中で点と点を結びつけて考えてみてください。中小企業と大企業の違いは何でしょうか。また、海外と国内では少し異なる切り方をしていただけますか。つまり、企業の出張において、回復の年に遅れをとっている分野と、それに沿っている、あるいはもう少しうまくいっている分野やセグメントを比較してみてください。

Glen Hauenstein

確かに良い面もあります。管理されていない企業向けの出張は、管理されている企業向けの出張に比べて5~10ポイントほど進んでいます。小規模でハングリーな企業は、大規模な多国籍企業よりも早く旅行に出かけています。もちろん、現在は国内旅行に比重が置かれていますが、212(f)規制が解除されたことで、大幅に増加しています。欧州では、第2四半期と第3四半期に企業向けに約15%の回復が見られました。

それがここ数週間で2倍の30%まで回復したのです。また、長距離の南米にはほとんど存在していませんでしたが、南米の深部にも活気の兆しが見え始めました。また、太平洋地域では、いまだに大部分が閉鎖されています。しかし、韓国や日本といった重要な地域でのワクチン接種率が70~80%に近づいていることから、ここを通過することで、これらの地域が大幅に改善されることを期待しています。韓国や日本といった重要な地域でのワクチン接種率が70~80%に近づいていることから、今後数カ月のうちに、この地域から良いニュースがもたらされることを期待しています。今のところ、私が持っている色はこれだけです。

ダン・マッケンジー

はい、お時間をいただきありがとうございました。

運営者

次はバーンスタインのデビッド・バーノンさんです。

デビッド・バーノン

やあ、おはようございます。お時間をいただきありがとうございます。コストに関する質問は、非常に変わった形でお聞きしたいと思います。4Qの生産能力は80%減少すると言われています。第4四半期の2019年に対する運用リソースの状況を教えてください。私は、このキャパシティが20%レベルでダウンしていることに関連して、[Indiscernible]スケジュールを生み出すために働いているクルーやパイロット、スタッフがどれくらいいるのかを考えています。生産性の問題を整理してください。生産性の問題を整理してみてください。

Dan Janki

この質問の本質を完全に理解しているわけではありませんが、労働力が相対的にどこにあるのかを尋ねているのでしょうか?

デビッド・バーノン

そう、生産力です。昨年は100%の生産をしていた100人が、今は80人を生産しているとしたら、2019年のリソースの85%がその80人を生産していることになります。私は、生産能力の低下によって起こったデレバレッジを理解しようとしています。

ダン・ヤンキ

グループ別の生産性を考えると、あなたが回復させたように、生産性のレベルを取り戻し、2019年に近づけたり、超えたりすることができると思います。つまり、空港でもケータリングやその他の活動でも同じです。それを取り戻していくことで進歩していきます。また、増員のために先行して採用する場合もあります。つまり、生産性の低い人たちです。そこで、オペレーションに投入する前にトレーニングを行い、規模を拡大していくのです。その際に、再構築に関連した詳細な情報を提供しています。

David Vernon

私はただ、生産性の低下によるマイナスの影響をどのように表現すればいいのか、その意味を理解しようとしただけです。

エド・バスティアン

これは私の考えですが、Davidさん、いかがでしょうか。私たちは長期にわたって多くの保険料を支払っています。ダンが言ったように、航空会社の急速な再建に伴い、人員を配置し、将来への準備をしている状況では、「生産性」が不足しており、オペレーションをカバーするだけになっています。そのため、ビジネスが回復した後に最終的に到達する場所に比べて、ただ単にキャパシティよりも人が多いだけではありません。それに加えて、基本的な能力が低下した状態で、優れたサービスの提供と将来への備えを同時に実現するために、現在のファネルにはより高いレベルの追加コストがかかっています。

これが大きな部分を占めています。また、修復費用やメンテナンス、トレーニングなど、別の要素もありますが、これは数字でははっきりとはわからないので、ご了承ください。しかし、これらは12月のCapital Markets Dayでトレンドラインを示すためにお話しする予定のことです。私たちの誰もが、今回のような破壊的な出来事を経験したことはありません。このような混乱を経験したことはありません。しかし、第1四半期に見るよりも、もう少し長い期間で見たほうがより明確になると思います。

デビッド・バーノン

それは助かります。ありがとうございます。グレン、もう1つだけ質問させてください。ロードファクターが前期比で回復する時期については、どのようにお考えですか?あなたは、航空会社が18年の高水準に戻るのは22年か23年だと予想していますか?ロードファクターの回復についてはどのように考えるべきでしょうか。

グレン・ハウエンシュタイン

今年の夏は、2019年の水準から数ポイント以内のロードファクターで推移していましたから、来年の春から夏にかけては、業界がそのゾーンに戻ってくると思いますよ。

デビッド・バーノン

そうですね。どうもありがとうございました。

Glen Hauenstein

ありがとうございました。

オペレーター

次は、ドイツ銀行のマイク・リネンバーグさんです。

マイク・ライネンバーグ

皆さん、おはようございます。ダン、次の[Indiscernible]について、190億円から220億円へ、そして12月の四半期へと続く主な要素を説明していただけますか?

Glen Hauenstein

考えてみると、実際には3つの要素があります。1つは、フリーキャッシュフローの要素とその動きを見ていくことです。収益ですね。最終的には運転資本の動きであり、これは航空管制負債のことです。そして、最終的には設備投資です。つまり、ガイダンスの枠組みと収益の枠組みが関連しているのです。設備投資は、年間で3.2億円とお伝えしましたが、累計で20億円の設備投資を行い、第4四半期には1.2%になると考えています。

また、運転資本の動きもありますが、これは実際には航空運送事業の負債です。通常、このような時期にこれを考えると、より季節的な伝統的な時期には10%台前半で動くことになるでしょう。しかし、今回の目標を通してお話ししたように、私たちは必ずしも伝統的な季節の時期にいるわけではありません。そのため、この目標からの動きに関しては、もう少し穏やかになると予想しています。しかし、これらが原動力となっています。

マイク・ライネンバーグ

とても参考になりました。それからGlenに2つ目の質問です。政府との契約に関連する売上は、全体の何パーセントですか?航空会社やTSAのCity-Pairプログラムがあることは知っていますが、最近ではアフガニスタンの人々を移動させましたよね。このように、あなたのビジネスの中での位置づけを問うためには、複数の視点が必要なのです。ありがとうございました。

エド・バスティアン

マイク、こちらはエドです。私がこの質問に答えます。先日、私も同じ質問をしたところです。そして、2019年のレベルで見てみる必要があります。必ずしも今日のレベルではありません。連邦政府がほとんど開いていないことを考えると、政府の出張はかなり減っています。多くのオフィスを見ても、人々はまだ外出していません。しかし、チャーター便やデルタ航空を利用する連邦政府関係者を考えると、デルタ航空にとっては年間で数億ドルの規模となります。我々はその中でもかなり大きなシェアを占めています。私たちが運んでいる米国の郵便物を考えると、かなり大きな収益基盤となっています。

ジュリー・スチュワート

それでは、最後のアナリストからの質問に移りたいと思います。

オペレーター

モルガン・スタンレーのラビ・シャンカーさんにお願いします。

ラヴィ・シャンカー

呼んでいただいてありがとうございます。いくつか質問があります。11月と12月に75%の回復があったということですが、これはブッキングカーブが示している数字なのでしょうか、それとも現在の改善率に基づいて予測した数字なのでしょうか?申し訳ありません。この先68週間で状況が改善していけば、11月と12月の回復率は75%以上になると思います。

Glen Hauenstein

明らかにその両方ですね。手元にあるものと、予想されるもの、この2つの組み合わせですね。

ラヴィ・シャンカー

わかりました。了解しました。プレミアム・キャビンで見られる強力なミックスについてのフォローアップです。それは構造的なものだとおっしゃいましたね。それは構造的なものだとおっしゃっていましたが、実際に搭乗後に行っているアンケート調査でもそのような結果が出ていますか?その証拠は何ですか?そしてB、企業や国際線が完全に戻ってきたら、例えば来年の今頃、もしあなたが見ているこの変化が本当に構造的なものであれば、2019年よりもプレミアムシートを多く飛ばすことになると予想しますか?

グレン・ハウエンシュタイン

ええ、どちらもお答えしたいと思っています。投資家説明会では、プレミアムシートを増やすことが私たちの目指す方向であると確信している理由について、私たちがどのように進化していくと考えているのか、またその背景にあるすべての調査結果をお見せしたいと思います。

ラヴィ・シャンカー

わかりました。ありがとうございました。

ジュリー・スチュワート

以上でアナリスト向けの通話を終了します。それでは、最高マーケティング・コミュニケーション責任者のTim Mapesからメディア向けの質問を始めさせていただきます。

ティム・メイプス

皆さん、おはようございます。本日お集まりの報道関係者の皆様、ありがとうございます。あと20分ほどで終了します。一つだけ質問とフォローアップをさせてください。できるだけ多くの質問を取り上げたいと思っています。ジェンさん、皆さんに質問へのアクセス方法をリマインドしていただけますか。

オペレーター

まずはウォール・ストリート・ジャーナルのアリソン・サイダーさんにお願いします。

アリソン・サイダー

どうもありがとうございます。11月初旬と言われていますが、「Indiscernible」の処方箋が出ることを考えると、今からそれまでの間に何をしなければならないのでしょうか。国際的な活動を活発化させるために、今からそれまでにすべきことがあれば教えてください。また、どのような準備を進めていますか?

Glen Hauenstein

たくさんの飛行機がまだ砂漠にあるので、それを手に入れるための作業をしています。また、多くの内装工事も行っています。来年は、来年の夏までに、すべての長距離国際線に新しいプレミアム・エコノミーを導入する予定です。これも私たちが取り組んでいることのひとつです。このプレミアム・エコノミーは、本当に新しいクラスです。19年に始めましたが、あまりうまくいきませんでした。

これは国内線のファーストクラスよりも少し良い程度のもので、私たちがとても楽しみにしているクラスです。これは国内のファーストクラスよりも少し良いクラスで、私たちはとても楽しみにしています。空港も重要なポイントで、シアトルの国際線ターミナルに限らず、空港の整備にも力を入れています。来年の夏までにはほぼ完成する予定のロサンゼルスにしてもそうです。スケーリングの再開に向けて多くの作業が行われており、それは航空会社全体で行われています。

エド・バスティアン

ロサンゼルスでは、明らかに多くの座席が販売されています。昨年、ヨーロッパではほとんど50%に近い積載率しかなかったので、空席がたくさんあります。Glenが言ったように、多くの作業が行われていますが、市場にはすでに多くのフリートが存在しています。

アリソン・サイダー

来年以降の長期的なパイロットのパイプラインについてはどのようにお考えですか。また、退職者の動向や、今後のパイロット採用の競争状況についても教えてください。

エド・バスティアン

今後数年間はパイロットの採用を進めていくつもりです。現時点では、今後1年半ほどの間に数千人のパイロットを採用することを考えています。同時に、1年前には約2,000人というかなりの数の退職者が出ました。このように、我々はかなり効率的に計画を立てています。もちろん、国際的な需要がどこに行くのかを予測して、それを確実に供給できるようにし、適切な場所にパイロットを配置する必要があります。しかし、需要の動向に合わせて、パイロットやクルーの人員配置を維持することは、かなりうまくいっていると思います。

アリソン・サイダー

ありがとうございます。

オペレーター

次はCNBCのLeslie Josephsさんです。

レスリー・ジョセフス

皆さん、おはようございます。採用に関して2つだけ質問があります。現在、平均給与は低くなっていますが、これは2019年の増員時と比べて継続すると思われますか?また、プレミアムキャビンについては、ロードファクターのペースはどうなっているのでしょうか。また、9月は記録的な数字となっていますが、現在の傾向はどうでしょうか。

エド・バスティアン

最初の質問は私が担当し、2番目の質問はGlenが担当することになっています。全体的な人件費については、基本的に会社のすべてのレベルで新世代の従業員を迎え入れることで、素晴らしい新人賞の恩恵を受けています。1年前には2万人近くが退職しました。経験豊富な従業員の多くが退職したことで、若い人たちにチャンスが広がったのです。これにはメリットがあります。人を採用するために、採用のウェイトスキルを変えたわけではありません。

現在の体重で人を採用することができ、優秀な人材の確保に問題はありません。また、プレミアムシートに関しては、パンデミック前よりも10ポイント高く販売しており、搭乗率の観点からも常に満席状態です。しかし、その多くは無料のアップグレードです。しかし、私たちが目にしているのは、お客様がそれらの席に対してお金を払ってくれるということです。だからこそ、時間をかけてもっと増やしていきたいのです。投資家説明会でお話しする内容は明かせませんが、お金を払ってアップグレードしてくださるお客様の需要と、当社の大切なお客様のための無料アップグレードの十分な供給の両方を満たすために、十分な量を確保したいと考えています。

レスリー・ジョセフス

わかりました。ありがとうございます。2022年に採用したい人材の数や人数はありますか?

エド・バスティアン

まだ数字は公表していませんが、パイロットや客室乗務員、メカニックは確実に採用します。来年は、おそらく我々が[Indiscernible]採用することになると思います。

レスリー・ジョセフス

ありがとうございます。

<以下略>

ABOUT ME
赤虎めだか
こんにちは。【赤虎めだか】です。 よろしくお願いします。 ・アラフィフ(男) ・うお座のB型 ・職業:BPMコンサルタント ・副業で太陽光発電所を2基 ・グロース銘柄を中心に米国株投資を実践 ・趣味はめだかのブリーディングと焼き物(食器)集め