米国株決算

Azure Power Global Limited (アジュール・パワー)2022年度第一四半期決算【AZRE】

AZRE-2022-1Q_title

2021年8月30日の寄り前にインドの再生可能エネルギー事業者アジュール・パワー・グローバル(ティッカーシンボル:AZRE)の2022年第1四半期決算発表がありました。

概要は以下の通りです。

  • EPS: 予想$0.07に対し、$0.20
  • 売上高:予想5,751万ドルに対し、5,970万ドル
  • 売上高成長率:前年同期比+14.37%
  • 稼働しているメガワット数は昨年の同時期と比べて23%増加
  • 営業資産からのEBITDAは前年同期比11%増、営業資産からのキャッシュフローは12%増
  • 2022年第2四半期の売上高ガイダンス:36億~38億インドルピー(約4,900万~5,170万USドル※2021.6.30レート/決算発表資料より)
  • 2022年通期の売上高ガイダンス:179億~189億インドルピー(約2.41億~2.54億USドル※2021.6.30レート/決算発表資料より)
  • 2022年第2四半期のPLF(設備利用率)ガイダンス:20.5%~21.5%
  • ESG格付け機関であるMSCIは、Azure PowerをAAに格付け(全世界の電力会社の中で上位4分の1に位置)

 

決算発表資料要旨

最近の開発状況のハイライト【P.4】
AZRE_P4
  • インドで2番目に大きい太陽光発電ポートフォリオ:6,955MW
  • 稼働中:2,102MW AC(2,672MW DC)
  • 建設中:853MW AC
  • 落札済み:4,000MW

 

2022年度第一四半期 主要パフォーマンス指標【P.9】
AZRE_P9

 

2022年度第一四半期 実績レビュー【P.10】
AZRE_P10

 

2022年度第二四半期及び通期ガイダンス【P.14】
AZRE_P14

 

資料出典:アジュール・パワー・グローバルIRサイト(リンク)

カンファレンスコール日本語訳

Azure Power Global Limited (AZRE) CEO Ranjit Gupta on Q1 2022 Results – Earnings Call Transcript
2021年8月31日 2:24 PM ETA アジュール・パワー・グローバル・リミテッド (AZRE)
第1四半期:2021-08-30決算概要
EPSは0.20ドルで0.13ドルの増収|収益は59.70Mドル(前年同期比14.37%)で2.19Mドルの増収
アジュール・パワー・グローバル・リミテッド (NYSE:AZRE) Q1 2022 Results Earnings Conference Call August 31, 2021 8:30 AM ET

会社の参加者

Vikas Bansal – インベスター・リレーションズ

ランジット・グプタ(最高経営責任者

ムラリ・スブラマニアン – 共同創立者兼最高執行責任者

パワン・クマール・アグラワル:最高財務責任者

電話会議参加者

ジャスティン・クレア – ROTHキャピタル・パートナーズ

プニート・グラティ(HSBC

マヒープ・マンローイ – クレディ・スイス

モーゼス・サットン – バークレイズ

オペレーター

皆さん、ようこそ、アズールパワーの2022年第1四半期決算カンファレンスコールにお越しください。ご注意として、すべての参加者の回線はリスニングオンリーモードになっており、プレゼンテーション終了後に質問の機会を設けています。[オペレーターの指示】です。] この会議は録音されていますのでご注意ください。

それでは、Azure Power社インベスター・リレーションズ部長のVikas Bansal氏に会議を引き継ぎます。ありがとうございました。バンサルさん、よろしくお願いします。

Vikas Bansal

ありがとうございます。皆さん、おはようございます。また、ご参加いただきありがとうございます。当社は月曜日の夜にプレスリリースを発表し、2021年6月30日に終了した2022年度第1四半期の業績を発表しました。プレスリリースのコピーとプレゼンテーションは、アズールパワーのウェブサイト(azurepower.com)の「Investors」セクションでご覧いただけます。

本日は、CEOのRanjit Gupta、COOのMurali Subramanian、CFOのPawan Kumar Agrawalが同席しています。ムラリは、建設中のプロジェクト、技術革新、業界の最新情報について説明します。続いて、ムラーリが建設中のプロジェクト、技術革新、業界の最新情報を説明し、パワンが当四半期の状況を説明します。最後に、ランジットが2022年度第2四半期と2022年度のガイダンスについて説明し、電話会議を締めくくります。この後、電話での質問を受け付けます。

なお、当社のセーフハーバー・ステートメントは、プレスリリース、プレゼンテーション資料、および当社ウェブサイトに掲載されていますのでご了承ください。これらの記述は、当社のすべての発言にとって重要かつ不可欠なものです。このような将来の見通しに関する記述によって明示的または黙示的に示された内容と当社の業績が大きく異なる可能性があるリスクや不確実性を含んでいます。そのため、より詳細な記述については、Form 6-Kに掲載したプレスリリースおよび当社ウェブサイトに掲載したプレゼンテーションをご覧いただくことをお勧めします。また、プレスリリース、プレゼンテーション資料、アニュアルレポートには、最も比較可能なGAAP基準に調整した特定のNon-GAAP指標が含まれており、これらの調整はプレスリリース、プレゼンテーション資料、アニュアルレポートの中で当社ウェブサイトにも掲載されています。

それでは、ランジットに引き継がせていただきます。

ランジット・グプタ(Ranjit Gupta)

皆さん、おはようございます。ご存知のように、インドはこの第1四半期の4月から5月にかけて、COVID-19の最も醜い局面に直面しました。第1四半期半ばのピーク時には、国中で大規模な医療緊急事態が発生し、地域的な規制もあって人や物の移動が大幅に制限されました。

6月末頃には1日の感染者数が減少し、その間にワクチン接種のペースも上がりました。現在までにインドでは6億回以上の接種が行われ、対象となる成人人口の約3分の1が少なくとも1回の接種を受けています。

アジュールでは、医薬品の補充、チームメンバーとその家族の健康状態の把握、啓発活動やメンタルヘルスに関する講演会の開催、チームメンバーが必要とするサポートの提供など、さまざまな取り組みを通じて、パンデミックとの戦いにおいて社員やステークホルダーを支援してきました。

また、従業員を対象とした2回のワクチン接種活動を実施し、現在、対象となる従業員の99%がワクチンを接種したことを報告します。世界にはまだパンデミックと闘っている国があると思いますが、COVID-19への対応に最善を尽くしてほしいと思います。

続いて、当四半期にヒューマン・グローバル・コンパクトに加盟したことをご報告します。私たちは、人権、労働、環境、腐敗防止に関する強さと流れに完全に一致しました。サスティナリティクス社による当社のESGリスクスコアはさらに改善され、サスティナリティクス社は当社を中リスクのカテゴリーから低リスクのカテゴリーに分類しています。

ESG格付け機関であるMSCIは、Azure PowerをAAに格付けしました。これは、彼らがカバーしている全世界の電力会社の中で上位4分の1に位置し、国内の同業他社の中ではおそらく最高位です。

また、2019年と2020年のスコープ1と2の排出量を相殺するために、検証済みの炭素ユニットVCUを最近退役させました。今後も、カーボンニュートラルの実現に向けて、この取り組みを継続していきます。当社は、ESGパフォーマンスを向上させ、当社のリーダーシップを発揮するために、引き続き努力していきます。当四半期末には、いくつかの大きな組織の更新がありました。IFCとIFC GIFは、Azureの初期の頃から長い間支援してくれており、Azureの歩みにおいて重要な役割を果たしてきましたが、先日、保有していたAzureの株式19.4%を、純資産1,000億カナダドルを超えるカナダ最大級の年金基金に売却しました。

このように、世界的な長期投資家から信頼を得ていることは、当社の強みを示すものであり、強力なガバナンスと収益性の高い成長の実績を持つインド有数の再生可能エネルギー発電会社としての地位を確立しています。

また、CDPQ(Technical difficulty)の投資見解の存在は、利益のパイプラインに必要な資本を満たすという点で、当社の立場を強化するものです。また、最近、主に第1回目のグリーンボンドを償還するために、3回目のグリーンボンドを負債資本市場で支払いました。この社債は、非常に大きな反響(技術的困難)を呼び、世界のトップレベルの資産運用会社からの参加を得て、5倍を超えるブックビルディングが行われ、すべてのブックが地域に分散されました。この社債は、インドの再生可能エネルギー企業がこれまでに提供した社債の中で、ハイ・イールド・セグメントにおける史上最低のクーポンでクローズしました。これにより、当社の611メガワットの原資産において、年間200ベーシスポイント以上のコスト削減と固定金利の実現が可能になります。

これら2つの出来事は、エクイティおよびデットキャピタル投資先としてのアズールの地位をさらに強固なものにしました。また、前四半期には、ルーフトップ・ポートフォリオをRadiance Renewables社に売却することで合意したことを報告しました。これは、アズール社の歴史の中で初めての資産売却であり、資本規律に向けた当社のコミットメントを示すと同時に、資本をより高いリターンのコミット型プロジェクトに再利用するものです。現在、オフテイカーとレンダーの内容を確認しており、今後数ヶ月のうちに取引が完了すると考えています。

前述の通り、当社は風力発電や太陽電池とのハイブリッド分野に参入することで、対応可能な市場を拡大しようとしています。引き続き、ここ2、3ヵ月の間にいくつかのオークションに参加し、いくつかの容量を獲得しましたが、これは連邦法の適用を待っているところです。今後、再生可能エネルギーの分散供給に向けて業界が動いていく中で、風力発電と蓄電は当社のポートフォリオに加えなければならない重要な技術であると確信しています。

私は前の発言で、グリーン水素とストレージのコスト低下が業界を混乱させる可能性があることを述べました。私たちは、これらのエキサイティングな技術の動向を注視しています。そして、これらの技術を導入して[Indiscernible]を向上させるためのステップを踏む際には、皆様にお知らせします。

4ギガワットのプロジェクトについては、SECIからLetter of Awardを授与されましたが、電力購入契約の締結には至っていません。SECIからは、いくつかの配電会社と合計800メガワットの売電契約を締結したとの前向きな報告がありました。これはおそらく、SECIが製造業の一部として締結を目指している3,000メガワットのPSAの最初のトランシェとなるでしょう。近々、800メガワットの3分の1程度のPPAS(Power Purchase Agreement)が締結される予定です。

第2の波が見られるように – 配電会社からの電力購入に再び関心が集まっています。パンデミックにもかかわらず、インドの電力需要の回復は明らかに回復しており、先月はピーク時の需要が200ギガワットも減少しました。これにより、DISCOMは将来のニーズに備えて電力の購入に投資するようになりました。

現在、ルーフトップポートフォリオを除くと、稼働しているメガワット数は昨年の同時期と比べて23%増加しています。当四半期の営業資産からのEBITDAは前年同期比11%増、営業資産からのキャッシュフローは12%増となりました。

この指標は引き続き着実に改善しています。政府はインドの再生可能エネルギー分野を引き続き支援しています。インドは最近、国内の再生可能エネルギー設備容量が100ギガワットを達成し、世界第4位となりました。高名な首相は、独立記念日にレッドフォートの城壁から行った演説で、2030年までに450ギガワットの再生可能エネルギー容量を確保するという政府の使命を改めて表明しました。さらに重要なことは、2047年(インド独立100年)までにエネルギーの自給自足を実現することを発表したことです。

気候変動への対応とエネルギー自給率の目標が相まって、再生可能エネルギーの義務化が大きく進むことを考えると、これは重要な発表です。インドの石油・ガス需要の大半は輸入に頼っており、エネルギー自立に向けた唯一の方法は、再生可能エネルギーへの依存度を高めることです。

また、最近、インドの電力控訴裁判所が、タミル・ナードゥ州での太陽光発電の抑制に対する補償関税を認めるという画期的な判決を下しました。これにより、この分野に対する投資家の信頼が大きく高まり、2030年までに国内の設備容量を450ギガワットにするという当社の成長軌道に良い兆しが見えてきました。

インドでは初めて、電力の上訴裁判所が、電力購入契約に補償条項がない場合でも、違法な電力削減については開発者が補償しなければならないという法律を定めました。私たちは引き続き、投資家やステークホルダーの皆様から、どのようにすれば情報開示をさらに改善し、その価値をより簡単に理解していただけるかについて、ご提案をいただきたいと考えています。

以上をもちまして、ムラーリに交代させていただきます。

ムラリ・スブラマニアン

ありがとうございます、ランジット。前回お伝えしたように、COVIDの第2波がピーク時には建設中のプロジェクトにも影響を与え、サプライチェーンを混乱させただけでなく、いくつかのサイトの建設活動にも影響を与えました。しかし、その後、COVIDも供給状況も大幅に改善しました。

本日現在、当社は600メガワットのRajasthan 6プロジェクトのうち400メガワットを完成させ、試運転を行っており、さらに100メガワットも完成して試運転を待っているところです。このプロジェクトの残りの容量は、次の四半期に稼働する予定です。MNREの通知により、2021年4月1日以降に試運転開始予定のすべてのプロジェクトに延長が認められたおかげで、遅延によるペナルティは発生しないと思われます。300メガワットのRajasthan 8プロジェクトの建設作業は現在本格的に行われており、300メガワットのRajasthan 9プロジェクトの建設も本格的に開始されています。

COVIDの影響で遅れていたアッサム州での作業は、COVIDの第2波とモンスーンの影響で打撃を受けています。しかし、当初の25メガワットに続き、5月にはさらに12.5メガワットの生産を開始しました。現在、次の12.5メガワットの試運転を行っています。90メガワットのアッサムプロジェクトは、今年度末までに完成し、試運転を開始する予定です。

ESGに関する成果については、6ページにハイライトを掲載しています。先ほどランジットが述べたように、当社はMSCIからESGに関するAA評価を受け、サステイナリティクスによる当社のESGリスクスコアは低リスクカテゴリーに改善されました。今年の初めにISO 45001認証を取得したことを強調しましたが、これはAzureが労働衛生と安全に重点を置いていることを示すものです。

また、最近、Green Tech Foundationから2021年のGreen Tech effective safety culture awardを受賞しました。

カーボンフィー発電により、今期は約100万トンのCO2換算量を回避し、創業以来の累計で1,050万トンのCO2換算量となり、正味のカーボンニュートラルを維持しています。今年度中に、600メガワットのラジャスタン6プロジェクトのサイト周辺に15,000本の木を植えることを計画しています。また、事業を展開している地域社会と積極的に関わり、特にパンデミック対策として、医療・健康施設への積極的な支援を行っています。また、今年度中に持続可能性憲章を策定し、持続可能性を高めるためのベストプラクティスを継続的に実施していきたいと考えています。

技術面では、Azureは引き続きアーリーアダプターとしての役割を担っています。当社は、モノラルパネルを使った大規模なプロジェクトをインドで最初に導入した企業のひとつです。また、ラジャスタン州の9つのプロジェクトでは、30%を超える利回りを期待しています。このように、業界をリードする取り組みにより、当社のプロジェクトは最高の収益基準で建設・運営されています。

7ページの「業界・規制の最新情報」では、インドの再生可能エネルギー設備容量が100ギガワットを達成したことは大きな節目であり、インドは引き続き、再生可能エネルギー分野への投資家に十分な信頼性を提供するとともに、堅実な成長機会を提供しています。インド政府は先日、配電会社に対する400億米ドルの改革連動パッケージの詳細を発表しました。これにより、財務的に弱いDISCOM(インドの配電会社)の健全性が改善されます。また、第2次COVIDの波と関税の低下によって顕著になった、PSAを締結していないDISCOMとの間で締結する電力供給契約の滞りを解消することも期待されています。良いニュースは、インドが第2の波から抜け出したことで、現在、インドの電力需要全体が伸び始めていることです。

私たちは、風力発電やハイブリッドなどの新しい機会を追求しています。そして、商業的に実現可能な価格でのみプロジェクトに入札することをお約束します。私たちは、中核となるギガワット級のPPAを付加価値のある価格で獲得できると信じています。これにより、契約済みのパイプラインが増え、資本コストに見合ったリターンが得られるでしょう。

それでは、パワンに四半期の業績について説明してもらいましょう。

パワン・クマール・アグラワル

ムラリさん、ありがとうございます。2021年6月30日時点で、当社はPPAまたはACベースで2052メガワットを運用しており、これは前年比で23%増となっています。当社のポートフォリオは6955メガワットで、前四半期に比べて安定しています。このポートフォリオのメガワット数には、ラディアンスに譲渡中のルーフトップ・ポートフォリオは含まれていませんが、財務数値では、譲渡手続きが完了するまでルーフトップを連結しています。

10ページの第4四半期を見ると、プロジェクトの建設が進むにつれ、収益は引き続き増加しています。株式報酬費用を調整した後のEBITDAは、前年同期比13%の増収に対し、5,070万米ドル、14%の増収となりました。

次に、11ページの販売費・一般管理費について説明します。当四半期の販売費・一般管理費は、5%の微増となりました。現金支出を伴わない項目を除くと、販売管理費は前年同期比横ばいでした。引き続きコスト管理に注力していることから、2022年度の現金ベースの販売管理費は、2021年度比で約10%増加すると引き続き見込んでいます。

すでに述べたように、当社は最近、インドの最高水準のセグメントにおいて過去最低のクーポンで4億1,400万米ドルのグリーンボンドを発行しました。国内および海外市場における最近のすべての借り換えにより、金利が大幅に削減され、自己資本利益率が向上しました。低コストでの借り換えは、CDPQやOMERSなどの強力なスポンサーに支えられたグループの信用力の向上を反映しています。今後も、新規の資金調達や借り換えだけでなく、継続的な資金調達についても金利の低下を見込んでいます。

株式報酬費用については、販売価格の上昇にともない、販売費及び一般管理費との相殺により、株式報酬費用が増加します。2022年度第1四半期の株式報酬費用は130万米ドルでした。過去数四半期の課題と同様に、DSOはかなり安定しており、ここ数四半期の平均で約120日となっています。今後、信用度の高い取引先とのプロジェクトの受託や、回収の改善に引き続き注力することで、さらなる改善が期待できると考えています。

12ページには、営業資産からのEBITDAが前年同期比で約11%増加し、営業資産からの株主資本キャッシュフローが約12%増加したことが記載されています。営業資産の純負債は約11億9,000万ドル、過去12ヵ月間のEBITDAは約1億8,200万ドルで、2021年6月13日時点の営業資産の純負債EBITDA倍率は約6.6倍となりました。

最後に、13ページのバランスシート情報をご覧ください。現金および現金同等物は約9,060万ドル、純負債は約13億4,000万ドルとなっています。

なお、負債比率を計算する際、貸借対照表のその他の資産に含まれる1億580万ドルのヘッジ資産は、グリーンボンドに関連して実施した為替ヘッジに直接関連しているため、負債総額と相殺する必要があることを覚えておいてください。

第2四半期には、最初のグリーンボンドに関連するこれらの資産の一部を、グリーンボンドポートフォリオのレバレッジを下げるために使用しました。以上を受けて、ランジットが当社のガイダンスについて説明します。

ランジット・グプタ

ありがとう、パワン。当四半期はCOVIDの影響で大きな混乱がありましたが、前四半期に発表した当四半期の売上高およびPLFのガイダンスの上限を達成することができ、大変うれしく思います。現時点では、第2波からの回復プロセスに着手したばかりですが、現行システムの数値を再度提示します。しかし、今後のアップデートで市場に情報を提供していきます。

2022年第2四半期の売上高は36億インドルピーから38億インドルピー、PLFは20.5%から21.5%になると予想しています。

以上をもちまして、ご質問をお受けしたいと思います。どうもありがとうございました。

質疑応答

運営者

ありがとうございました。それでは、質疑応答を始めさせていただきます。[最初の質問は、ROTH Capital PartnersのPhillip Chenさんからお願いします。どうぞよろしくお願いします。

ジャスティン・クレア

皆さん、こんにちは。今日はフィルに代わってジャスティン・クレアです。まず最初に始めたいことがあります。最近、PSAが締結されたマニュファクチャリングリンク入札に関連する800メガワットのプロジェクトがありますね。そして、このプロセスの次のステップを理解したいと思いました。近いうちにPPAを締結することができるようですね。しかし、現在そのPPAの交渉を行っていて、来週か来月には実現する可能性があるのでしょうか?あるいは、どのくらいの期間が予想されますか?

ランジット・グプタ

ジャスティン、ご質問ありがとうございます。これは私たちにとって最も重要な質問です。SECIが800メガワットのPSAに署名してくれたことを大変うれしく思っています。つまり、当社の割り当てである800メガワットのうち、3分の1は同業他社に、3分の2は当社に割り当てられることになります。つまり、3分の1は私たちに、3分の1は800メガワットのPPAに割り当てられますが、交渉などは一切行われていません。彼らは、PPAを見つけるための承認を得るために、内部プロセスを続けています。そして、それは今日の問題であり、明日、明後日にはPPAへのサインを求められると言われています。つまり、SECIは社内プロセスで承認を得て、その後、電力購入契約のために我々を招待してくれるということです。

ジャスティン・クレア

はい、わかりました。次に理解したいのは、そのPPAに対してマークダウンが必要になるかもしれない、あるいは少なくともその可能性があるということです。その可能性は今もあり、過去には10%から15%あったと思います。マークダウンの可能性はどのくらいですか?金額はどのくらいになるのでしょうか?そして、そのための交渉が行われているのでしょうか?それとも、本当にSECIがPPAの内容を提示してくるのでしょうか?

ランジット・グプタ

はい。間違いなく、交渉は一切ありません。PSAはすでに配電会社とINR2.61のタリフで締結されています。ですから、PPAはINR2.61からSECIのマージンを差し引いた金額で締結されます。ここには何の交渉もありません。

Justin Clare

了解しました。わかりました。これではっきりしましたね。ありがとうございます。それから、これまでに締結されたPSAの数は800件です。製造連動型入札に関連する残りのキャパシティについてはどのように予想していますか?そして、その容量の3分の1を得ることができるということでしょうか。つまり、PSAが締結されるたびに、その3分の1を得ることになるのでしょうか?それとも、何か別の方法があるのでしょうか?

ランジット・グプタ

ですから、Justin、PSAが締結されるたびに、3分の1を取得することになります。800件の他に1150件のPSAがありますが、これは各配電会社の取締役会で承認されています。これらの契約は間もなく締結される予定です。これで約2000メガワットになります。さらに1000メガワット、他に500メガワットの配電会社が2社あり、配電会社の取締役会で初期承認を得ています。これにはもう少し時間がかかり、数週間かかるかもしれません。しかし、私が話している最初の1000メガワットと1150メガワットについては、それよりも早く実現するはずです。来週か再来週には実現するでしょう。

Justin Clare

わかりました、ありがとうございます。私の質問に答えてくれてありがとう。お伝えします。

オペレーター

ありがとうございました。[オペレーターの指示】 次の質問は、HSBCのPuneetさんからです。どうぞお進みください。

Puneet Gulati

Ranjitさん、ありがとうございました。おめでとうございます。質問ですが、PSAが締結された後、いつ製造面での投資を開始しなければならないのでしょうか?

Ranjit Gupta

Puneetさん、ご質問ありがとうございます。製造に関しては、SECIとの間で製造契約を締結する必要があります。製造契約が締結されれば、その日から2年間で工場を建設することができると思います。製造契約が締結されれば、あとは発注などを行うことになるでしょう。投資は、製造契約が結ばれてから1年から15ヵ月後くらいに行われると思います。

プニート・グラティ

わかりました。契約書にサインしたときと同じように、比例していくのでしょうか?それとも、500メガワット分の投資を行うのですか?

ランジット・グプタ

これはSECIとの話し合いで決めたことです。また、技術パートナーや製造パートナーとも話し合い、彼らにとって何が意味を持つかを検討します。また、技術パートナーや製造パートナーとも協力して、彼らにとって何が意味を持つのか、彼らのモジュラー・コンストラクション・プランとの相性はどうなのかを検討します。それを見てみないとわかりません。例えば、50メガワットの箱では無理だと思います。ですから、実際に設置できる適切なサイズを見極める必要があります。ですから、SECIは私たちに、そして私たちもSECIに、まずPPAを締結してから議論しようと言っています。急ぐことに恐れはありません。私たちは、製造能力を高めることを約束します。ですから、SECIも製造能力を高めることが我々の助けになることを理解しています。ですから、PPAを締結した後に、まずこの件について話し合うことを喜んでいます。

Puneet Gulati

2つ目の質問ですが、INR2.61からINR7.00を引いても十分魅力的だとおっしゃいましたね。しかし、プロジェクトコストを見てみると、今回開示されたのはDCベースで0.02ドル[ph]でしたね。2019年9月の時点では、約0.46ドルでした。つまり、まだ悪化しており、関税も低いのです。何よりも好意的に変わったことは何でしょうか?

ランジット・グプタ

つまり、DCコストがそのように描かれているのは残念なことなのです。その理由は、当四半期に試運転を行ったメガワット数が非常に少なかったからです。この数字は会計上のものであり、3月31日時点で資産計上されていたものが、6月30日には資産計上されています。6月30日の時点で資産計上されているもの、この2つの数字を試運転済みのメガワット数で割ったものが、この数字になります。つまり、この数字はプロジェクトのコストを完全には反映していないということです。というのも、今期のメガワットあたりのACコストは0.53ドルですよね。また、DCコストは0.52ドルです。つまり、ACコストとDCコストはほとんど同じなのです。これは残念ながら、会計処理の方法によるものです。ですから、コストはまだCOVID以前のレベルには達していません。コストはCOVID以前のレベルには達していませんが、それよりも若干高くなっています。しかし、徐々に下がってきています。

Puneet Gulati

この数字は何ですか?

ムラリ・スブラマニアン(Murali Subramanian

補足させていただきます。ムラリと申します。というのも、DCの構成要素が変わってしまったからです。昔はテクスチャー付きの多結晶モジュールでした。今日、私たちはモノポッドモジュールに注目しています。現在は、モノポッドモジュール、バイフェイシャルモジュール、トラッカーモジュールなどがあります。トラッカーにも注目しています。つまり、多くのことが変わったのです。また、メガワットあたりの収率も上がっています。係数も向上しています。全体的な性能は実際に上がっています。ですから、技術が標準的なものであれば、1ワットあたりのコストは指標になるかもしれません。しかし、技術が変化して歩留まりが変わると、これを考慮しなければならないでしょう。もう1つは、ご存知のように、金利が2年前よりも下がっていることです。このように、環境が変化していることがあります。

プニート・グラティ

では、まだ試運転が必要な残りの903メガワットについては、どのようなPLSが期待できるのでしょうか?

Murali Subramanian

申し訳ありません。もう一度質問していただけますか?

プニート・グラティ

903メガワットのバランスのとれたプロジェクトで、まだ試運転をしていないものについては、PLFはどのように期待すればよいのでしょうか?

Murali Subramanian

現在試運転中のプロジェクトでは、400台が試運転済み、100台が準備完了、さらに100台が進行中です。これは、1.5倍のオーバーロードを前提としています。そのため、PLFは29%から30%の範囲になると考えています。次のプロジェクトは40%のオーバーロードで作られています。そのため、PLFは少し下がるかもしれません。そして次のプロジェクトは、トラッカーとバイフェイシャルを搭載しているので、30%を大きく超えるでしょう。31%から32%の範囲になるかもしれません。

プニート・グラティ

二層式のコストは変わらないのでしょうか?それとも上昇するのでしょうか?

Murali Subramanian

いいえ、二眼レフのコストは上がります。また、トラッカーを使用しているので、コストも上がるでしょう。だからこそ、1ワットあたりのコストを見ただけでは、全体像を把握することはできないのです。

プニート・グラティ

わかりました。どうもありがとうございました。最後の質問は、グリーンボンドの発行についてです。平均的な金利コストはどのくらいでしょうか。また、現在のマジョリティプロファイルはどのようになっていますか?

ムラリ・スブラマニアン(Murali Subramanian

今回の社債の金利コストは、実際にはクーポンが8%に近づいていますが、8%以下になっています。そして、プロジェクトのリファイナンスを行い、マジョリティになってからは、ほとんど死んだような状態になっています。レンダーからの反応は非常に心強いものがあります。借り換えの過程で、新たな借り換えの金利は7.5%という低さになっています。つまり、7.5%から9%の範囲で、プロジェクトごとに、あるいは借り換えが完了したか、あるいは借り換えを進めているかなどの作業に応じて設定しています。

Puneet Gulati

どうもありがとうございました。ありがとうございました。そして、ありがとうございました。

運営者

ありがとうございました。[オペレーターの指示】です。] 次の質問は、マヒープ・クレディ・スイスからです。どうぞお進みください。

マヒープ・マンドロイ

こんばんは。クレディ・スイスのマヒープです。質問にお答えいただきありがとうございます。ただ、残りの1ギガワットのPSAについてです。どのようなPSAが予想されるのか、お話しいただけますか?また、1キロワット時あたり2.61インドルピーで、SECIマージンは0.07ドル(7パイサ)のままでしょうか。これについてはどのようにお考えですか。

Murali Subramanian

こんにちは、Maheepさん。ご質問ありがとうございます。最初の60,000メガワット分はINR2.61になりそうです。1,000メガワットや850メガワットについては、それぞれの配電会社の取締役会で承認されており、INR2.61のマークがついていると聞いています。

マヒープ・マンドロイ

完璧ですね。今後のプロジェクトでは、PSAやPPAをどのように考えていますか?というのも、今月落札したソーラーと風力のハイブリッドはINR2.35で契約したんですよね?つまり、今後のオークションではINR2.61の圧力がかかるのでしょうか?あるいは、どのようにお考えですか?

Ranjit Gupta

最初の3000メガワットが割り当てられると、SECIは次のトレンドのマーケティングプロセスを開始します。その時にわかることです。というのも、その時点でのプロジェクトは、その時点での太陽光発電のタリフがどうなっているか、例えば4、5ヶ月先のことになると思います。SECIはそのように判断しますし、配電会社はそのように質問します。私たちが話している現在の状況は、数ヶ月前の価格を反映しています。そして、新たな第2弾を実施する際には、このあたりの太陽光発電のタリフを反映したものになるでしょう。

Maheep Mandloi

わかりました。また、タイミングについてですが、SECIとのPSAの締結やオークションは、政府が今すぐ対応しなければならないことが多いのは明らかです。しかし、時期的に、あるいは資本的な観点から、これらのプロジェクトのための1億5,000万ドルの資本を満たすのはいつになるのでしょうか。また、現在どのような計画を立てているのでしょうか?また、最初のギガワットの資金を調達するための選択肢として、どのようなことをお考えですか?

ランジット・グプタ

建設に関しては、第1トランシェの300メガワット近くと、3分の1の800メガワットの契約が済み次第、ファイナンシャル・クローザーなどのプロセスを開始します。前回の電話でもお伝えしましたが、私たちはすでに土地の取得を開始しています。つまり、土地の取得は順調に進んでいるということです。そのため、電力購入契約が締結され次第、製品の建設計画を開始することができ、非常に有利な立場にあります。ご存知のように、このプロジェクトの建設には2年の猶予があります。つまり、一般的に出資金が必要になるのは、プロジェクトが稼働する9~12ヶ月前ということになります。したがって、今週中に電力購入契約が締結されたと仮定すると、資本が必要になるのは今から約1年後ということになります。そうなると、株式が必要になるのは約1年後です。ですから、その前に投資家や株主、ステークホルダーに働きかけ、どのように資金を調達するかを考えなければなりません。時間はたっぷりありますからね。

マヒープ・マンドロイ

わかりました。ありがとうございました。最後にもう1つだけ、私からの質問があります。太陽電池の全体的な供給環境についてですが、現在は風力発電にも参入していますよね。今後2年間のモジュールの供給や価格、タービンの供給や価格について、どのようにお考えですか。

ランジット・グプタ

風力タービンのモジュール価格に関しては、風力タービン、つまり風力発電機の価格はもう少し安定しています。技術的にも少し安定しています。タービンの製造において、四半期ごとに多少の変動があったとしても、それは鉄鋼の価格に大きく依存しています。このように考えています。風力発電機のコストを予測するのは、より簡単です。モジュールに関しては、ポリシリコンのコストに大きく依存することを理解しています。現時点では、ポリシリコンの価格はある程度安定してきています。供給が緩和されていることもわかっています。メーカーからは、今後2、3四半期のうちに価格がCOVID以前の水準に戻ることを期待していると聞いています。

つまり、これが私たちが持っているものであり、私たちが行かなければならないものなのです。インドでは、今後1年ほどの間に調達されるモジュールのほとんどが、インドのメーカーを通じて行われる予定です。そのため、インドのメーカーとも連絡を取り合い、モジュールの価格に関する見解を確認しています。ポリシリコンの製造が開始される2、3四半期以内には、価格の上昇は緩やかになると思われます。

Maheep Mandloi

ありがとうございます。もしよろしければ、その続きをお聞かせください。2.35のPPAにはどのような関税が組み込まれているのでしょうか。はい、これが私からの最後の質問です。

ランジット・グプタ

それに答えるのはとても難しいです。答えるべきかどうかもわかりません。ですから、この件についてはマヒープさんにお任せしたいと思います。

マヒープ・マンドロイ

申し訳ありませんが、私はオフラインで取り上げることになりました。ありがとうございました。

オペレーター

ありがとうございました。[オペレーターの指示】 次の質問は、バークレイズのモーゼス・サットンさんからです。どうぞよろしくお願いします。

モーゼス・サットン

質問を受けていただきありがとうございます。引き続き、インバータの負荷率についてお伺いします。私たちのモデルでは、どのように使用すべきでしょうか?あるプロジェクトでは1.4まで下がっているとのことですが、長期的には1.5を想定すべきでしょうか。長期的には1.5を想定すべきでしょうか?バイフェイシャルの場合は1.5にするのでしょうか?さらに、ファースト・ソーラーが現地生産を開始したことで、将来的に対症療法的なモジュールを使うことも考えているのでしょうか?

Ranjit Gupta

このサイトの故障機能は、どれだけクリッピングが発生するかにかかっていますね。600メガワットのラジャスタン6プロジェクトは、ビカネールに位置していますが、8プロジェクトを建設している100キロ西に比べて設置率が2~3%低くなっています。そのため、1.5から1.4に下げました。これが1つのパラメータです。もう1つのパラメータは、もちろん関連するすべてのコストです。刈り込みによる損失と、歩留まりのための増額投資をトレードオフするのですね。そして、次の質問であるバイフェイシャルについてですが、確かにモジュールのコストは少し高くなります。私たちは、バイフェイシャルとトラッカーを併用しています。私たちはいくつかのパイロットを行いました。私たちはいくつかのパイロットを行い、国内の他のパイロットのパフォーマンスを検討しました。そして、トラッカーに取り付けられたバイフェイシャル・モジュールのトラッカーで得られる利益を理解しました。そのため、過負荷に関しては1.3~1.35の範囲となっています。

ファースト・ソーラーについては。すみません、薄膜についての質問があったと思っていました。ファースト・ソーラーについては、彼らに登場してもらおうと思います。彼らはシリーズ7で参加する予定だと思います。施設がどのように進行し、いつ生産できるようになるのか見てみましょう。その時、市場の状況に応じて、どのような形で適合するかを検討します。

モーゼス・サットン

ありがとうございます。いえ、とても参考になりました。また、インバータの搭載率についても考えるべきでしょうか。1.3から1.4の範囲は、製造する製品の大部分が保障措置の影響を受ける2022年4月以降のより良い仮定と考えるべきでしょうか。それとも、そのように考えるべきではないのでしょうか?

ランジット・グプタ

いいえ、そのように考えるべきではないと思います。というのも、パネル、バイフェイシャル、トラッカーなど、現場の条件や歩留まり、コストによって大きく左右されるからです。最終的に1.3にするか1.4にするかを決めるのは、これらの要素の組み合わせなのです。バイフェイシャルとトラッカーの歩留まりが良ければ、インバータの負荷は下がります。カルナタカ州やタミル・ナードゥ州のような南半球に行くと、全体的に日射量が少ないので、1.5にするかもしれません。全体的に日射量が少ないので、反転したときの有効エネルギーは少し低くなるかもしれません。

モーゼス・サットン

分かりました。その通りです。太陽電池と風力発電のハイブリッド・プロジェクトのIRRはどのくらいでしょうか。10代半ばより少し低いくらいでしょうか。そこに足を踏み入れることができます。それとも、他のポートフォリオと同じようなものでしょうか?

Ranjit Gupta

IRRに大きな違いはないと思います。どれも似たようなものでしょう。私はこれらのモデルをどのように作成したらよいかわかりませんが、ある言葉があります。しかし、一般的に使われている言葉に、リスク調整後のリターンというものがあります。ですから、調整後のリターンはどれもよく似ていると思います。風力発電プロジェクトの場合は、太陽光発電に比べて風力発電には不確実性があることを考慮してモデル化しています。設置量の偏差は、前年比でわずか数%の間です。一方、風力の場合は、その偏差がもう少し大きくなる可能性があります。そのため、この偏差を考慮して、エネルギー収量の推定値は若干低くなっています。EYA調査(収率評価調査)では、この点はすでに考慮されています。この点を考慮すると、建設リスクはほぼ同じです。それ以上でもそれ以下でもありません。実際、太陽光発電では、継続した土地が必要となるため、土地取得の可能性が少し高くなります。一方、風力発電では、タービンの設置や基礎工事が太陽光発電に比べて少し厄介です。このように、お互いにトレードオフの関係にあるのです。これらはお互いにトレードオフの関係にありますが、決定的な問題ではありません。全体的な観点から見ると、お互いに大きな違いはありません。ですから、風力発電の資源の変動性が太陽光発電よりも若干大きいことを考慮すれば、その先は、太陽光発電でも風力発電でも、収益はほぼ同じだと考えられます。

モーゼス・サットン

そうですか。いいえ、とても参考になりました。そして、最後にトラッカーについて。鉄鋼や運賃がトラッカーの経済性に影響を与えるという話をよく目にします。インドの設備投資額は、他の国のフルスタック型の設備投資額よりもはるかに低い。トラッカーのコストは、1ワットあたりの米セントで、あるいはプロジェクトの総設備投資に占める割合で、どのように考えればよいのでしょうか。もちろん、これはコストプロファイルから見てすでに二重膜を使用しているため、上限の範囲にあるプロジェクトの場合です。しかし、広範なスタックの中で、トラッカーのタイプとそのコストプロファイルをどのように考えるべきでしょうか。

ランジット・グプタ

いい質問ですね。トラッカーの大部分は、ITや技術を超えたところにあります。コストの大部分は、スチールにかかっています。残念なことに、ここ6〜8ヵ月の間に鉄鋼価格が大幅に上昇しました。そのため、例えば昨年の同時期に期待していたよりも、トラッカーのコストが上昇していますね。鋼材価格の上昇を考慮しなければ、トラッカーのコストは、たとえトラッカーを設置しなかったとしても、基本的なコストはかかりますよね?ですから、私は増額分のコストだけを見るつもりです。つまり、スチールの増加分を考慮しなければ、増分コストはおそらく0.05ドルか0.06ドルの範囲になったはずで、これがスチールの中心になるでしょう。

モーゼス・サットン

素晴らしいですね。とても参考になりました。ありがとうございました。

オペレーター

ありがとうございました。[オペレーターの指示】です。] 皆さん、質問はありませんか?アジュール・パワー社を代表して、この会議を終了します。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。これで回線を切断することができます。ありがとうございました。

ランジット・グプタ

ありがとうございました。皆さん、ありがとうございました。ありがとうございました。

運営者

ありがとうございました。

ABOUT ME
赤虎めだか
こんにちは。【赤虎めだか】です。 よろしくお願いします。 ・アラフィフ(男) ・うお座のB型 ・職業:BPMコンサルタント ・副業で太陽光発電所を2基 ・グロース銘柄を中心に米国株投資を実践 ・趣味はめだかのブリーディングと焼き物(食器)集め